メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    ダウンロード (2)


    1: 湛然 ★ 2017/12/20(水) 22:36:11.69 ID:CAP_USER9
    2017.12.20 10:08

    J・ペイジ、ツェッペリン50周年を記念し、来年、未発表曲をリリース予定

    ジミー・ペイジは、レッド・ツェッペリンの結成50周年を迎える2018年、これまで公開されていなかった音源のリリースを計画しているそうだ。

    2014~2015年にペイジが手掛けたレッド・ツェッペリンの最新リマスタリング・シリーズに多くの未発表音源が収録されたが、ファンにとってのお宝はまだ底をついていないようだ。

    『Academy of Achievement』のインタビューで、50周年記念の計画を問われたペイジは、こう答えた。
    「レッド・ツェッペリンのプロダクトが発表される。間違いない、みんなは聴いたことがない。
    いま、僕はそれに取り掛かっているからね。来年は50周年だ。だから、ありとあらゆる種類のサプライズがある」

    『Ultimate Classic Rock』によると、最新リマスタリング・シリーズでエンジニアを務めたJohn Davisは、このインタビューが行なわれた頃(10月)、すぐに削除されたが、
    「今日は主にレッド・ツェッペリンのマスタリングをしている」とのメッセージをFacebookに投稿していたそうだ。

    「あらゆる種類のサプライズ」というが、今回、それをリユニオンと結びつける人は少ない。

    Ako Suzuki


    https://img.barks.jp/image/review/1000150141/001.jpg
    001

    ※動画はソースにてご確認ください。
    https://www.barks.jp/news/?id=1000150141

    【レッドツェッペリン50周年を記念し、来年”未発表曲”をリリース予定。】の続きを読む

    ダウンロード (3)


    1: 湛然 ★ 2017/11/24(金) 22:29:30.66 ID:CAP_USER9
    2017.11.24 金曜日
    ロバート・プラント、凱旋公演が観客の入れ過ぎで議論を呼ぶことに

    元レッド・ツェッペリンのロバート・プラントは現地時間11月20日にウルヴァーハンプトンで公演を行ったが、会場の中の暑さで数人が失神する事態となったという。

    ウェスト・ブロムウィッチ出身のロバート・プラントだが、同都市の定員3000人のシヴィック・ホールで今週公演を行っている。

    しかし、この公演については観客を入れ過ぎだという苦情に見舞われており、会場側も場内の暑さのために数人の観客が失神したことを認めている。

    公演を訪れた一人であるスコット・キャンベルは、会場に入ろうとしたものの入ることができず、最終的に家に帰ったと『エクスプレス&スター』紙に語っている。

    「最初の20分で6?7人の観客が倒れて会場の外に運び出されるのを目にしました」とスコット・キャンベルは語っている。「多くのコンサートに行っていますが、これまでにこんなことは見たこともありません」

    「セント・ジョンの救急車の大所帯がいて、全員ずっと忙しい状態でした。バルコニーに入ろうとしましたが、立つことができたのは視界を遮る大きな柱の後ろしかありませんでした。30分後には帰ることにしました。何も観えなかったからです」

    「支配人に会おうとしました。というのも、もし火事が起きて、会場の真ん中にいたら、逃げる道がないからです」と彼は続けている。「彼女は非常扉が開かれることになると語っていましたが、既に非常扉は開いていたようでしたよ」

    「これまでもロバート・プラントは観ていますが、地元で彼を観られることを楽しみにしていたのです。これまでシヴィック・ホールには行ったことがありませんでした。こんなことの後では二度と行くことはないでしょう」

    ウルヴァーハンプトン議会の広報担当者はこの観客の入れすぎと観客が失神したことについて短い声明を発表している。「シヴィック・ホールでのロバート・プラントの公演はソールド・アウトで、3000人以下の人々が訪れました」

    「残念なことに、慌ただしい満員の屋内会場では時折起こることですが、暑さで失神した少数の方がいらっしゃいました。セント・ジョンの救急隊が治療を必要としている人々に応急手当を行いました」

    「シヴィック・ホールは必要な安全基準を満たしていますが、この建物は築80年で、空調や暖房の更新は改修計画にも組み込まれています」

    (以下略、全文はソースをご覧ください。)


    https://nme-jp.com/nmesite/wp-content/uploads/2017/11/GettyImages-586092322-720x457.jpg
    GettyImages-586092322-720x457

    https://nme-jp.com/news/46785/

    【レッドツェッペリンのロバート・プラント、凱旋公演が観客の入れ過ぎで議論を呼ぶことに。】の続きを読む

    images (1)


    1: 湛然 ★ 2017/10/17(火) 21:52:28.27 ID:CAP_USER9
    2017.10.17 火曜日

    ロバート・プラント、レッド・ツェッペリンの再結成について語る

    ロバート・プラントはレッド・ツェッペリン再結成の可能性について水を差し、メンバーが再び協力する可能性は極めて低いことを認めている。

    ロバート・プラントは1980年に解散したレッド・ツェッペリンのフロントマンであり、2007年にはアーメット・アーティガンの追悼コンサートでジョン・ポール・ジョーンズやジミー・ペイジと共に一夜限りの再結成を果たしており、ジョン・ボーナムの息子のジェイソン・ボーナムもドラマーとしてこのライヴに参加している。

    しかし、ロバート・プラントは今なおソロ・ライヴでレッド・ツェッペリンの楽曲を演奏しているものの、再結成は実現しそうもないことを認め、「進み続け」ていきたいとしている。

    「後退することはできないわけでね。1年前のことでも同じことを繰り返すのは厳しいわけで、49年前のことならなおさらでね。進み続けるしかないんだよ」とロバート・プラントは『テレグラフ』紙に語っている。

    続けて、ロバート・プラントは最新アルバム『キャリー・ファイアー』をリリースする準備を進めるなかで、同世代の人々の死が自分自身の死への意識を増加させたことについて認めている。

    「どれだけの声が失われてしまったのか、っていうね。我々の時代の音楽と偉業に貢献してきたわけでね。旅は常に別れを告げるものなんだ」と彼は語っている。

    「おそらく、僕についてもみんなそんなふうに考えてるんじゃないかな。『そうだ、ロバート・プラントを見といたほうがいい。あと、どれだけ頑張ってられるんだ?』ってね」

    (以下略、全文はソースをご覧ください。)


    http://nme-jp.com/nmesite/wp-content/uploads/2017/10/RobertPlantGettyImages-545396876-720x457.jpg
    RobertPlantGettyImages-545396876-720x457

    http://nme-jp.com/news/44951/

    【ロバート・プラント、レッド・ツェッペリンの再結成について語る。】の続きを読む

    ダウンロード (2)


    1: 名無しさん@涙目です。(大阪府)@無断転載は禁止 [US] 2017/06/30(金) 21:52:44.31 ID:Rwr5/4DT0● BE:793572921-PLT(16000) ポイント特典
    Led Zeppelin Japan 1971 (home movie)

    https://www.youtube.com/watch?v=Q2W7damuY5c



    ライブのついでに観光した時のホームビデオ
    全員カメラであちこち撮りまくり
    マフィアみたいな巨デブはバンドの辣腕マネージャー、ピーター・グラント

    っつかこの時代にフルカラーのビデオカムって幾らしたんだ
    俺の家なんか幻灯だったぞ幻灯、おまえら知ってるか幻灯

    【【こりゃすげえ】1971年、レッド・ツェッペリン来日時のプライベート動画が発掘される。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: Glide Across The Line ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/05/05(金) 13:53:54.45 ID:CAP_USER9
    レッド・ツェッペリンに再結成の噂
    ナリナリドットコム5月5日(金)7時25分

    https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0505/nrn_170505_5531798775.html

    https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0505/5531798775/nrn_2017-05-05-072437_thum630.jpg
    nrn_2017-05-05-072437_thum630

    レッド・ツェッペリンのフロントマン、ロバート・プラント(68歳)が、自身の公式ウェブサイトで意味深なメッセージを発したことで、バンド再結成の噂が浮上している。

    同サイトの画面中心部分には「今すぐにでも……」との言葉。これにより、ファンの間では、年内中にも再結成が発表されるのではと憶測が飛び交っているようだ。 

    ウェブサイトのフィール・ナムによれば、10月にカリフォルニア州インディオで開催されるデザート・トリップ・フェスティバルでの同バンドの再結成に、ロバートが同意したと「確かな情報筋」が認めたという。

    ロバートのメッセージはただ単にロバートのニューアルバム「センセーショナル・スペース・シフターズ」をほのめかすものだという可能性もあるが、ファンたちはレッド・ツェッペリンが来年で50周年の節目を迎えることから、再結成への期待を膨らませている。

    最後に同バンドの全メンバーがそろってパフォーマンスを行ったのは、2007年12月のアーメット・アーディガンの追悼コンサートの時だった。

    以下ソース参照

    【レッド・ツェッペリンに再結成の噂。】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: どれみ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/03/31(金) 20:50:32.23 ID:CAP_USER9
    昨年ロックの殿堂入りを果たし、4月7日にはニュー・アルバム『インフィニット』をリリースするディープ・パープル。

    日本では1970年代初期から、ディープ・パープルとレッド・ツェッペリンのライバル関係について、
    当時レッド・ツェッペリンをどのように見ていたのか、ベースのロジャー・グローヴァーは以下のように答えている。

    「大好きだったよ。最高だと思うね。ライバル関係があったように言われるけど、そんなことはないよ。
    向こうがこっちのことをどう思っていたのか判らないけど、こちらはツェッペリンの活動をずっと追いかけていた」

    「僕はファンだったからレコードも買っていた。彼らのニュー・アルバムが出るのを楽しみに待っていて、『今度は
    どんなことをやっているんだろう』と、期待が凄かった。最初に“移民の歌”を聴いた時の衝撃は、今でも覚えている」

    また、ツェッペリン同様インタープレイで観客を沸かせていた当時のプレイスタイルをどう思うかという質問については
    「リッチーやジョン・ロードのようなミュージシャンをバンドに抱えていたら、そうなるのは必然だった。
    演奏のテクニックが破格で、まさに名手と呼べるメンバーが揃っていたからね。それだけに、そういうミュージシャンに
    同じ演奏を繰り返してもらうのはほぼ無理だったんだ」

    http://ro69.jp/news/detail/158323?count=2&topic=2

    【ディープ・パープルがレッド・ツェッペリンを語る。「移民の歌は衝撃的だった。」】の続きを読む

    images (2)


    1: (*‘ω‘ *)ノシ(新潟県)@無断転載は禁止 [US] 2016/11/20(日) 10:30:57.44 ID:fWupPTW30 BE:419096316-DIA(252525) ポイント特典
    502+54 :名無しでいいとも! [sage] :2016/11/20(日) 10:22:16.67 ID:xSeJlWO40HAPPY (5/7)
      客席ガラガラ、ジミーペイジがステージで演奏すると告知したのに終盤にトロフィー持ってステージ出てきただけで演奏せずそのまま終了w
      https://pbs.twimg.com/media/Cw-HxZpUcAAN0zE.jpg
    Cw-HxZpUcAAN0zE

      https://pbs.twimg.com/media/Cw-IIzHUkAADmK2.jpg
    Cw-IIzHUkAADmK2

    【30万円のイベントでジミーペイジが演奏しなかた問題、真実は・・・「客席がガラガラだったので演奏しなかった。」】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 取り分 ★@無断転載は禁止 2016/11/20(日) 13:36:50.02 ID:CAP_USER9
    ダウンタウンの松本人志(53)が20日、フジテレビ系「ワイドナショー」(日曜、前10・00)
    に出演し、ロック界の大御所ギタリスト、ジミー・ペイジを断罪した。

    番組では、11日に東京・両国国技館で行われた「クラシック・ロック・アワード」で、
    出演を告知していたペイジが演奏を披露せずにトラブルとなっている問題を取り上げ、
    松本はペイジに対して「サービス精神として、ちょっとは弾けよと思っちゃう」と意見した。

    VIP席は定価30万円だったが、松本は「ご本人が30万のチケットとどれだけ認識していたのかな?と思う。
    僕は主催者側の悪い意図があったかなとも思う」としながら、「なんだよ、ジミー・ペイジ。たとえば、
    コロッケさんが出てきたら、絶対、美川憲一さんやるでしょ、ノーギャラでも。エンターテイナーとして疑問」
    と英国の伝説的ギタリストの今回の姿勢に疑問府を付けた。

    ソース
    http://www.daily.co.jp/gossip/2016/11/20/0009682338.shtml
    http://daily.c.yimg.jp/gossip/2016/11/20/Images/d_09682339.jpg 
     d_09682339

    【ダウンダウン松本、ジミー・ペイジに「ちょっとは弾けよ。」 】の続きを読む

    images


    1: 取り分 ★@無断転載は禁止 2016/11/20(日) 19:42:31.47 ID:CAP_USER9
    11日に東京・両国国技館で行われた「クラシック・ロック・アワード」(※以下CRA)で、
    出演を告知していた英ロック・ギタリスト、ジミー・ペイジが演奏を披露しなかった問題で、
    主催3社が20日、公式サイトで声明を掲載。今回のイベントに「失望」した観客には
    チケット代金を返金することを発表した。

    また、来年も東京で同イベントを開催し、今年の来場者には割引価格で優待することも明記した。

    主催者のKLab Entertainment、TeamRock社、PCM社の3社による声明が20日、
    KLabの公式サイトに掲載された。

    同イベントでは、ペイジの演奏を目玉とし、告知していたが、プレゼンターとして約2分間登壇しただけで、
    高額チケットを購入した入場客から「詐欺だ」「ひどすぎる」「チケット代を返してほしい」と不満が噴出していた。
    この点については、「誰がプレゼンターで誰が演奏するのかということについて
    認識の相違があったことを確認しました」と“認識の相違”であることを強調した。

    その上で、KLabの真田哲弥CEOは「CRA2016の開催は、私たちにとって大変貴重な学びの機会となりました。(中略)
    私たちはCRA2016を主催して学んだ多くのことを、次年度以降開催するイベントへの糧にしてまいります」とコメントした。

    また、主催3社は、ペイジ問題で「一部のご来場者様のご期待に応えられなかったため」として、
    「CRA2016へご来場されたすべてのお客様には、次年度開催予定の『CLASSIC ROCK AWARDS 2017』
    チケットの先行販売を行い、かつ割引価格でご提供致します」と来年度の開催時に今年度の観客を割引価格で優待することを発表。

    さらに、「一方で、CRA2016に失望されたご来場者様には、チケット代金をご返金させて頂きます」
    と返金の求めにも応じることも発表した。返金にはチケットの半券が必要だが、「客観的・合理的に確認できる場合」には、
    半券がなくても返金に応じるという。詳細はKLabの公式サイトに掲載されている。

    同イベントは最も高いチケットが30万円、最低でも1万8000円と高額だった。

    ソース
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161120-00000084-dal-ent

    【「ジミー・ペイジ演奏せず。」主催者が返金に応じると声明。来年度の割引も発表。】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: たんぽぽ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/11/18(金) 21:02:41.11 ID:CAP_USER9
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161118-00000112-dal-ent

     11日に東京・両国国技館で行われた「クラシック・ロック・アワード」で、出演を大々的に告知していた英ロック・ギタリスト、ジミー・ペイジが演奏を披露しなかった問題で、主催者のKLab Entertainmentが18日、公式サイトを更新。株式会社・TeamRock社・PCM社の3社で、近日中に共同で声明を発表することを報告した。

     公式サイトには18日夜、英語と日本語で「この度は、『CLASSIC ROCK AWARDS 2016』にご来場いただき誠にありがとうございました。本日、主催者であるKLab Entertainment株式会社、TeamRock社およびPCM社は3社で会合を開き、近日中に共同してお知らせを発表することに合意いたしましたことをご報告申し上げます」とだけ記された。

     同イベントでは、ペイジの演奏を目玉とし、告知していたが、プレゼンターとして登壇しただけで、高額チケットを購入した入場客から「詐欺だ」「ひどすぎる」「チケット代を返してほしい」と不満が噴出した。

     主催者のKLabは14日、公式サイトに「お詫びと状況の報告」と題した文書を掲載(>>1��日に削除)し、「本番直前に、ジミー・ペイジ氏の意向により、演奏が行われませんでした」とペイジ側に非があることを説明。

     その上で「券売時に告知をしていなかったジョニー・デップ氏やジョー・ペリー氏が参加し、素晴らしいパフォーマンスを披露してくれました。出演者の年齢を考慮し、また多数のアーティストが出演するフェス形式というイベントの性格上、出演者・演奏内容の変更を完全に防ぐことは難しかった」とし、「チケット代金の返金は出来かねます」とチケットの返金には応じない旨を記していた。

     一方、クラシック・ロック・アワードの公式ページでは「演奏の予定は初めから存在せず」などと掲載(現在は削除)され、両者の意見が食い違っていた。

    【ジミー・ペイジ演奏せず。主催者が「近日中に共同声明を発表。」 】の続きを読む

    images (1)


    1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/11/16(水) 15:32:17.32 ID:CAP_USER9
    11月11日に行われた「CLASSIC ROCK AWARDS 2016」で出演を大々的に告知していたジミー・ペイジ氏が演奏を行わなかった件について、
    弁護士の奥山倫行氏が主催であるKLab Entertainment(以下、KLab)に公開質問状を送付したと自身のブログで発表しました。

    KLabが同イベントについて発表した謝罪文(現在は削除済み)の内容が納得できるものではないとし、
    資料の提供と払い戻し請求に対する対応を明らかにすることを求めています。

    同ブログでは、KLabのニュースリリースで「ジェフ・ベックとジミー・ペイジは、日本初共演を果たすことになり」と書かれていることや、
    KLabの社長・真田哲弥氏が自身のFacebookで「ジミー・ペイジとジェフ・ベックのセッションは多分これが見納め」と発言していた点について言及。
    これらの情報を見た人間からすれば、「ジェフ・ベックとジミー・ペイジの共演が実現すると信じてしまう」としています。

    また、謝罪文にある

    ジミー・ペイジ氏の演奏を本イベントの目玉として予定しており、当日ギターとアンプの用意をしておりました。
    ところが本番直前に、ジミー・ペイジ氏の意向により、演奏が行われませんでした。演奏が行われなかった理由について、
    ジミー・ペイジ氏側に問い合わせをしておりますが、現在のところ回答を得られておりません

    という部分は、「ジミー・ペイジ側との契約内容を確認することなく、ジミー・ペイジとジェフ・ベックとの共演が実現されるかのように告知したとすれば、
    それ自体が、同社の過失を裏付ける事実になるのではないか」と指摘。その他にも、内容全般に渡って反論しています。

    同氏はこの質問状で、KLabに以下の4点を求めています。


    1. 同イベントにおいて「ジミー・ペイジとジェフ・ベックの共演」が行われる予定だったことを示す事情と資料を提供すること

    2. 同イベントにおいて「ジミー・ペイジとジェフ・ベックの共演」が行われなくなった経緯と理由の詳細を説明すること

    3. 特に同イベントにおいて「ジミー・ペイジとジェフ・ベックの共演」が行われなくなったことが決定した時期を明確にして資料を添えて説明すること

    4. 今後、同イベント手において専ら「ジミー・ペイジとジェフベックの共演」を観覧する目的でイベントのチケットを購入した観客からのチケット払い戻し請求にし対して、
    今後のような対応をするつもりか貴殿(※編集部注:真田哲弥氏)および貴社の対応姿勢を明らかにすること

    受領から7日以内に書面での回答を求めており、期限内に誠意のある回答を得られない場合には法的措置も検討しているとしています。今後の動向はブログで報告していく予定とのこと。

    なお、奥山倫行氏がここまで「The Classic Rock Awards」について拘る理由についてですが、実は本人もジミー・ペイジ氏の演奏を目当てにチケットを購入し来場していたそうです。

    さらに、同氏がパーソナリティーを務めるc(コミュニティー)FMラジオ番組「弁護士奥山倫行のロック裁判所」で、
    KLabの事前告知内容を前提に「ジミー・ペイジとジェフ・ベックの共演」が行われる旨の案内をしてしまい、社会的な責任を感じているとのこと。

    ねとらぼ 11/16(水) 12:21配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161116-00000045-it_nlab-ent 
    【【The Classic Rock Awards】出演予定のジミー・ペイジが演奏しなかったことについて、弁護士が主催のKLabに公開質問状を送付。】の続きを読む

    このページのトップヘ