メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    音楽関係を中心にしたエンタメ関連のまとめブログ

    ダウンロード


    1: 湛然 ★ 2019/11/19(火) 22:51:00.92 ID:Q44OBKFi9
    2019.11.19 火曜日
    リアム・ギャラガー、ノエル・ギャラガーによってツイッターを凍結させられそうになったと批判
    https://nme-jp.com/news/81763/

    GETTY
    https://nme-jp.com/nmesite/wp-content/uploads/2019/06/liamgallagher-noelgallagher-GettyImages-1148427150-720x458.jpg
    liamgallagher-noelgallagher-GettyImages-1148427150-720x458

    @liamgallagher
    https://twitter.com/liamgallagher/status/1196347230111842304


    リアム・ギャラガーは兄であるノエル・ギャラガーからツイッターのアカウントを凍結せられそうになったと批判して2人の論争が続いている。

    オアシスは2009年にパリで開催のフェスティバルに出演する直前に解散しており、以来2人は言葉の応酬を繰り広げている。

    リアム・ギャラガーはツイッターで次のように述べている。「そういうわけで俺のツイートが気に入らないことを理由にノエル・ギャラガーの陣営が俺のアカウントを凍結させようとしているという知らせが入ってきたよ」と彼はツイートしている。「せいぜい幸運を祈るよ、ちょっとしたオナラでしかないけどな」

    リアム・ギャラガーは別の投稿で次のようにツイートしている。「分断や征服をしようとしたって無駄だよ。お前が不意にしたんだ。お前のことなどお見通しだよ」


    ノエル・ギャラガーは先日、インタヴューでオアシスの再結成についてリアム・ギャラガーのツイートによる度重なる暴言の結果、これまで通りあり得そうもないと語っている。彼はもう一度2人が協力すると信じているファンの願いに対して、リアム・ギャラガーのツイートこそが「命取り」になっていると語っている。

    加えて、ノエル・ギャラガーはツアーのために人生を持て余すことになるとして、「能なし」の弟とステージに立つ気はないとしている。

    ノエル・ギャラガーは『ビッグ・イシュー』紙に次のように語っている。「俺をこけにしてきた奴が電話をかけてきて、一緒にやろうなって言ってくるなんておかしな振る舞いなわけでさ。オアシスを再結成するために、あいつは人生を持て余すことになるだろうね。でも、あいつが投稿しているツイートがさ、再結成に対する命取りになっているよな」

    リアム・ギャラガーに向けて彼は次のように続けている。「お前がこれまで言ってきたことを考えた上で俺がお前と一緒にやると思ってるなら、思った以上に能なしだよな」

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

    【リアム・ギャラガー、ノエル・ギャラガーによってツイッターを凍結させられそうになったと批判。】の続きを読む

    ダウンロード (3)


    1: 湛然 ★ 2019/11/15(金) 22:36:23.37 ID:B8vFlkz79
    2019.11.14 木曜日
    オアシスの初代ドラマーのトニー・マッキャロル、また5人のメンバーで集まりたいと語る
    https://nme-jp.com/news/81515/

    GETTY
    https://nme-jp.com/nmesite/wp-content/uploads/2016/05/Oasis_getty85216701_250214-1-720x479.jpg
    Oasis_getty85216701_250214-1-720x479


    オアシスの初代ドラマーとして知られるトニー・マッキャロルは脱退後にバンドを相手取って起こした訴訟を振り返り、また当時と同じ5人のメンバーで集まりたいと語っている。

    トニー・マッキャロルはオアシスが結成された1991年からバンドのドラマーを務め、1995年まで在籍していた。1995年からはアラン・ホワイトが彼に代わって2004年までオアシスのドラマーを務めている。

    トニー・マッキャロルはノエル・ギャラガーから解雇を言い渡される形でオアシスを脱退している。トニー・マッキャロルはその後、支払われるべき報酬があるとしてオアシスに対して訴訟を起こしており、バンドが彼に60万ポンド(当時のレートで約1億1940万円)を支払うことで示談が成立している。

    今回、トニー・マッキャロルは『アイリッシュ・イグザミナー』紙のインタヴューに応じてオアシスに在籍していた当時を振り返っている。

    トニー・マッキャロルは1995年の脱退後、2016年にバンドの映画『オアシス: スーパーソニック』のプレミアでリアム・ギャラガーやボーンヘッドとは20年ぶりに再会を果たしたと語った一方で、ノエル・ギャラガーや元ベーシストのポール・マクギガンとは脱退以来会っていないとして次のように語っている。

    「また全員で集まりたいよね」と彼は語り、バンドに対して起こした訴訟に言及しながら次のように続けている。「今となってはだけど、僕は(脱退した当時は)24歳だったわけでさ。法律家でもなければ、事務弁護士でもないわけで、何が起きていたのかを知るために、事務弁護士に連絡を取る必要があったんだよ」

    「当時の僕の感情としては、裏切られたという気持ちと、傷ついたという気持ちしかなかった。人生における最も大きなことだったんだからね。バンドが(“Some Might Say”で)初めて全英No.1シングルを獲得したその時に、走行中のバスから放り出されたんだ」

    「ノエルの成功には敬意を払うけど、『もう少しだけマシな終わらせ方はできなかったのかい?』って訊きたいね。僕の人生におけるあまりに大きなマイルストーンだったんだからさ」

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

    【『オアシス』初代ドラマーのトニー・マッキャロル「また5人のメンバーで集まりたい。」】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: 湛然 ★ 2019/09/15(日) 05:10:48.85 ID:qLg7Gx/H9
    2019.09.13
    リアム・ギャラガー、カイザー・チーフスのメンバーと揉める
    https://www.daily.co.jp/gossip/foreign_topics/2019/09/13/0012695025.shtml

    リアム・ギャラガー
    https://i.daily.jp/gossip/foreign_topics/2019/09/13/Images/f_12695026.jpg
    f_12695026


     リアム・ギャラガー(46)が、カイザー・チーフスのキーボードのニック・ピーナッツ・べインズ(41)とひと悶着を起こした。ルーマニアで開催されたフォール・イン・ラヴ・フェスティバル出演をリアムが取り止めたことをニックが咎め、騒動が勃発したかたちだ。

     今月1日(日)同イベントに出演予定だったリアムだが、ステージの安全性に問題があるとしてキャンセルする運びとなっていた。

     「ステージの安全性に問題があって、俺たちは今夜のフォール・イン・ラヴ・フェスティバルには出ないよう勧められたんだ。最悪な気分さ、わざわざ来て、お前らのためにパフォーマンスができないなんて。しかし常に安全第一だろ。愛を込めて」とリアムはツイートしている。

     しかしリアムの出演予定時刻の30分前にカイザー・チーフスは同じステージで演奏を繰り広げており、ニックはこうツイートを返していた。「ステージが安全でないことを俺たちがわかっていたなら、同じ場所で演奏する他のバンドにも言うけどな、違うか?常に安全第一だ、全ての人間のためにな。それ(安全第一)を俺らは破ってしまったわけだ。ロックンロールのショーをお前たちの30分前にしたことで」

     そして焚きつけられたリアムは更にこう返信している。「これはカイザー・チーフスのビラビラ野郎に向けて。お前が小道具に支払っている全ての金、その間抜けな頭部とかにな。俺ならその金で安全なんかを指摘してくれるちゃんとしたツアーマネージャーを雇うわ。そうしないとお前とそのバンドは仕事を失うぞ」「追伸。お前みたいなダサい奴のせいで(カイザー・チーフスの故郷)リーズの評判も悪くなるってことだ」(BANG Media International/デイリースポーツ)

    (おわり)

    【リアム・ギャラガー、『カイザー・チーフス』のメンバーと揉める。】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: 僕らなら ★ 2019/08/30(金) 14:06:43.09 ID:wTdexmMS9
    https://nme-jp.com/news/77983/

    ノエル・ギャラガーはフー・ファイターズを解散させる署名募集を始めたいと語っている。

    これはフー・ファイターズが現地時間8月25日にレディング・フェスティバルに出演した際、フロントマンのデイヴ・グロールとドラマーのテイラー・ホーキンスがオアシスの再結成を呼びかける署名募集を行いたいと語ったことに反応を示してのものとなっている。

    ノエル・ギャラガーは現地時間8月28日にカリフォルニア州サンディエゴで行った公演で、バスドラムにノエル・ギャラガーとリアム・ギャラガーの写真を掲げてレディング・フェスティバルに出演したフー・ファイターズに言及している。

    「フー・ファイターズを解散させるための署名募集を始めたいね」とノエル・ギャラガーは語っている。

    ノエル・ギャラガーが観客に語りかけているところを収めた映像はこちらから。

    https://www.reddit.com/r/oasis/comments/cx10gs/noel_wants_to_start_a_petition_to_split_the_foo/

    フー・ファイターズはレディング・フェスティバルのステージでオアシスの再結成に言及して、「取り組んでいるところなんだ」とデイヴ・グロールが語っている。

    「取り組んでいるところなんだよ。ぜひ署名してくれ。ここにいるみんながね。いいかい?」とテイラー・ホーキンスは語り、デイヴ・グロールが次のように続けている。「どれだけ多くの人がオアシスをライヴをやるのを観たいんだい?」

    オアシスは8月29日にデビュー・アルバム『ディフィニトリー・メイビー』がリリースから25周年を迎えており、本日8月30日には『ディフィニトリー・メイビー』が2種類の限定アナログ盤として再発されている。

    オアシスは『ディフィニトリー・メイビー』の25周年を記念して“Fade Away”の新たなリリック・ビデオが公開されている。

    先日、リアム・ギャラガーはオアシスの解散からちょうど10年経ったことを振り返っている。

    【ノエル・ギャラガー「『フー・ファイターズ』を解散させる署名募集を始めたい。」】の続きを読む

    ダウンロード (3)


    1: 湛然 ★ 2019/08/13(火) 22:42:40.49 ID:KKldw7v39
    8/13(火) 17:30 rockinon.com
    ノエル、エミネムについて語る。「ヤツはリハビリ施設に入った、そのことについて20年も歌ってやがる」
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190813-00000007-rorock-musi

    https://amd.c.yimg.jp/amd/20190813-00000007-rorock-000-1-view.jpg
    20190813-00000007-rorock-000-1-view


    9月27日にノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ名義での新EP『ディス・イズ・ザ・プレイス』を配信&アナログ盤限定でリリースするノエル・ギャラガーが、エミネムやロンドンから引っ越したことなどについて語っている。

    「Irish Independent」の記事を報じた「SPIN」によると、2005年に「The Observer」とのインタビューで「あいつはアホだ」とコメントしていたエミネムについて現在どのように思っているかを尋ねられたノエルは、以下のように答えたという。

    ヤツはリハビリ施設に入った一人で、そのことについて20年も歌ってやがる。ちょっとぐらいコカインをキメて酒を飲むぐらい、誰だってやってることだろ。俺は、そんなクソみたいな人間の一人になる必要を感じたことなんてねえな。退屈だぜ。ドラッグについて曲を書くなんて、他のドラッグをやめる曲を書くぐらいウンザリするね。

    そして、ロンドンから引っ越したことについては、治安を考慮した結果だと明かしている。

    少し前に、自宅の外で殺傷事件が2件起こったんだ。想像できると思うが俺は富裕層の地域に住んでるんだが、通りの端っこにある住宅団地同士が争ってて、ある男が真昼間に刺されてさ。救急ヘリが道の真ん中に着陸して、通りが封鎖されたんだ。

    とにかく、俺の息子は11歳で中学に通ってて、地下鉄に乗り帰宅したら強盗に遭い、スマホを盗まれたりしたらストレスにしかならない。だから田舎に引っ越して子どもを郊外の学校に入れて、俺はロンドンに通うことにしたんだ。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

    【ノエル・ギャラーガーがエミネムについて語る。「ヤツはリハビリ施設に入った、そのことについて20年も歌ってやがる。」 】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: 僕らなら ★ 2019/06/18(火) 23:06:25.80 ID:h9PIXeGb9
    https://nme-jp.com/news/74578/
    https://nme-jp.com/nmesite/wp-content/uploads/2018/06/Liam-Gallagher-Noel-Gallagher-1-720x457.jpg
    Liam-Gallagher-Noel-Gallagher-1-720x457

    ノエル・ギャラガーはリアム・ギャラガーのライヴを観に行くくらいなら自分のクソを食べたほうがマシだと語っている。

    ノエル・ギャラガーは現地時間6月14日にワイト島フェスティバルでヘッドライナーを務めており、バックステージで「アブソリュート・ラジオ」のインタヴューに応じている。

    マンチェスター・シティを長年応援していることで知られるノエル・ギャラガーはインタヴューの中で、「(ライバルである)マンチェスター・ユナイテッドが(リーグ戦やカップ戦を含む)4冠を達成するのを見るか、ウェンブリー・スタジアムでリアム・ギャラガーが彼の新曲だけをやるライヴを観るのとではどちらがマシか」というファンから寄せられた質問に答えている。

    「自分のクソでも食ったほうがマシだな。それで、どっちも見ないっていうね」とノエル・ギャラガーは答えている。「ピザに自分のクソを乗せて、それを強制的に食わされたほうがマシだよ。アイツが自分の曲を殺しているのを聴くくらいならな」

    「もしかしたら変装して行くかもしれないな。漁師みたいな格好をして、サングラスを四重にかけた上でならアイツの公演に行くかもしれない。それで、『失せろ! 最悪だよ、失せろ!』ってことを言うことになるんだろうな。どこかの時点で、ステージの上に掲げられた俺の肖像がゆっくり燃やされていくのを見なきゃならないんだと思うよ」

    【ノエル・ギャラガー「リアムのライヴを観るくらいならピザにクソを載せて強制的に食わされるほうがマシ。」 】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: 湛然 ★ 2019/04/12(金) 22:44:08.13 ID:lbDb4O+l9
    2019.04.12 13:30
    ノエル・ギャラガー、鼻に痛々しい傷を負っている姿を地元スーパーで目撃される

    ニュー・アルバムへの期待が高まっているノエル・ギャラガーが、鼻にアザか切り傷のようなものを負っている姿が地元のスーパーにて目撃された。

    @Simplenewsuk

    https://pbs.twimg.com/media/D33unpRX4AU308H.jpg
    D33unpRX4AU308H

    「RadioX」によると、先週末、女優のリリー・ジェームズの30歳の誕生パーティーに出席し、英国女王の仮装をしたコメディアンのデヴィッド・ウォリアムスと写真を撮影したのが、傷を負った写真以前の最新のものだという。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    https://rockinon.com/news/detail/185430

    【元・『オアシス』のノエル・ギャラガー、鼻に痛々しい傷を負っている姿を地元スーパーで目撃される。】の続きを読む

    ダウンロード (3)


    1: 湛然 ★ 2019/02/18(月) 22:11:13.71 ID:bQpOmAZp9
    2019.2.18 月曜日
    リアム・ギャラガー、ドキュメンタリーをめぐってノエルから訴えられそうになっていると明かす

    リアム・ギャラガーはノエル・ギャラガーから来たるドキュメンタリー作品でオアシス時代の映像を1曲でも使えば訴訟を起こすと言われたことを明かしている。

    リアム・ギャラガーは今年『アズ・イット・ワズ(原題)』と題されたドキュメンタリーを公開することが見込まれている。『アズ・イット・ワズ』は、オアシス解散後の波乱に満ちたビーディ・アイ時代や、リアム・ギャラガーがソロとして成功するまでを描いた作品になっている。

    しかしながら、リアム・ギャラガーは今回、ノエル・ギャラガーのマネージメントを手がけるイグニションから、ドキュメンタリー作品でオアシス時代の映像を一つでも使えば訴訟を起こすと脅されたことを明かしている。

    「もし俺が『アズ・イット・ワズ』でオアシスの曲を歌っている映像を使ったら、大して偉大でもないチビ野郎と、イグニションにいるあいつの取り巻き連中から訴えられるらしいんだ」とリアム・ギャラガーはツイートしている。

    「根に持ってるのはどっちだよ。追伸。チケットは手売りしてほしいか?」

    『NME』はこの件についてノエル・ギャラガーの担当者にコメントを求めたものの、回答を拒否されている。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    Photo: GETTY
    https://nme-jp.com/nmesite/wp-content/uploads/2018/08/GettyImages-86140596_oasis_reunion_1000-1-720x457.jpg
    GettyImages-86140596_oasis_reunion_1000-1-720x457

    https://nme-jp.com/news/68757/

    【リアム・ギャラガー「ドキュメンタリーをめぐってノエルから訴えられそうになっている。」】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 湛然 ★ 2018/12/21(金) 22:43:04.31 ID:CAP_USER9
    12/21(金) 14:58 rockinon.com
    ノエル・ギャラガーが2018年でムカついたこと。「スーパーでクーポンを使ってる奴」

    ノエル・ギャラガーが、今年で5回目となる年末恒例の「BBC Radio 6 Music」のラジオ企画「Noel's Noel Christmas」に出演し、2018年でムカついたことについて話していたことが分かった。

    同番組中で「イラッとさせられること」の話になった際、司会者のSteve Lamacqが今年もっともムカついたのは「バーで客がカードではなく現金で払うとちょっとイラっとする店員」だと話すと、ノエルは自身がムカついたことについて以下のように話していたとのことだ。

    スーパーに行ってさ、大量の商品をクーポン使って買おうとしてる奴を見るとちょっとイラつくんだよな。

    ポール・カーフ(>>0�っぽくなりたくはないんだけど、この前家の近くのウェイトローズ(英高級スーパーマーケット)に行った時レジに列ができててさ、「何が起きてんだ?」って見たんだよ。

    そしたら、なんでか知らないけど、とんでもない量のオレンジを買ってる男がいて、すげー量のクーポンを持ってるわけ。

    それを見て、俺はポール・カーフがよく言ってた「フィッシュ・アンド・チップス屋にいる男子学生が小切手で支払ってる」ってのを思い出して、ポール・カーフみたいに文句言いたくなったんだよな。

    クーポン? 頼むぜ。今どき誰がクーポンなんて持ってんだよ。ダサすぎ。クーポンは禁止にすべき。
    ※英コメディアンのスティーヴ・クーガンが演じる架空のキャラクター。無職で浪費家で、特に学生のことを嫌っているマンチェスター出身者という設定。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181221-00000014-rorock-musi

    【ノエル・ギャラガーが2018年でムカついたこと。「スーパーでクーポンを使ってる奴。」 】の続きを読む

    images (1)


    1: muffin ★ 2018/09/11(火) 13:36:58.15 ID:CAP_USER9
    https://nme-jp.com/news/60962/
    2018.9.10

    ポール・ウェラーは、ロックンロールの現状と今後について語り、今後新たなオアシスのようなバンドが出現することはないだろうという考えを明かしている。

    ポール・ウェラーは、『Q』誌の別冊『Qレジェンド』のインタヴューで公営住宅のキッズがバンドを始める時代は終わったという意見について語っている。

    「僕はずっとバンドに入ることにロマンチックなイメージを抱いてきたんだ」と彼は語っている。「今でもある意味ではそうなんだけどさ。でも、ノエルがこんなことを言っていて、それは正しいと思うんだけど、公営住宅のキッズたちがバンドを組んで世界を変えてやりたいと思う、というような時代は終わったんだよ。本当にね」

    「そういうものを見いだせるのは、もはやポップとかよりもグライムのシーンのほうのわけでね。もう公営住宅の4人の若者なんて、まったく見かけないわけでさ。そうした時代が戻ってくるとは思わないね。ザ・ジャムやオアシスみたいなことにはならないよ。すっかり変わっちゃったんだと思うね」

    「この間、仲間とこの件について話していたんだけどさ。ジャズにも同じことが言えて、一時期は最も人気のあった音楽だったわけだけど……今もあるけど、もうポピュラー・ミュージックとは呼ばないだろ。多分、ロックンロールも同じことなんじゃないかな」

    ポール・ウェラーは先日、来たるニュー・アルバムより新曲“The Soul Searchers”のリリック・ビデオが公開されている。

    新作『トゥルー・ミーニングス』はソロでは14作目となるアルバムで、9月14日にパーロフォンからリリースされる。
    “The Soul Searchers”のリリック・ビデオはこちらから。

    Paul Weller - The Soul Searchers (Lyric Video)
    https://youtu.be/Bfg-VWlopq8



    https://nme-jp.com/nmesite/wp-content/uploads/2018/07/2018_04_18_Paul_Weller_S4_0054_SMALLER-720x457.jpg 
    2018_04_18_Paul_Weller_S4_0054_SMALLER-720x457

    【ポール・ウェラー「今後オアシスのようなバンドが出現することはない。」】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 湛然 ★ 2018/09/25(火) 22:41:29.58 ID:CAP_USER9
    2018.9.25 火曜日
    オアシス、アイルランドでの再結成ライヴに莫大な金額が提示されていると報道

    オアシスは、ダブリンのスレーン・キャッスルでの再結成ライヴを莫大な金額でオファーされていると報じられている。

    オアシスが最後にアイルランドで公演を行ったのは2009年の6月となっており、オアシスはそのわずか数ヶ月後に泥沼の解散劇を迎えている。

    およそ10年前にバンドが解散して以来、日に日に再結成への需要が高まる中で、アイルランドのプロモーターであるMCDは今回、オアシスの再結成に向けて莫大な金額のオファーを用意していることを明かしている。

    「私たちはリアムも招聘していますし、ノエルも招聘しています。リアムは常日頃、いつかオアシスは再結成すると語ってきました」とMCDのオーナーであるデニス・デスモンドは「エクストラ.IE」に語っている。「彼らはスレーンでR.E.M.と共演したこともあります。オファーは常に用意されていますし、それは彼らも知っていることです。金額は毎週上がっています。彼らはそのことも承知しています」

    MCDによるオファーの詳細は明らかになっていないものの、ノエル・ギャラガーは以前、2,000万ポンド(約30億円)をもらえればオアシスを再結成するだろうと語っている。

    「1公演につき2000万ポンド――それだと相当な稼ぎだよな?」とノエル・ギャラガーは以前『ザ・デイリー・スター』紙に語っている。「でも、まだ誰からもそういったオファーはないよ」

    リアム・ギャラガーは先日、ノエル・ギャラガーにオアシスの再結成を持ちかけている。

    「ノエルさんよ、よく聞いてくれ。お前が酒を飲めない場所で今回ライヴをやると聞いたんだけどさ。これまでででも最もおかしなことだよな」とリアム・ギャラガーはツイートしている。

    「もう許してやるから、ビッグなOを一緒にやって、ドリンクに関するそんなことは止めさせようぜ。俺のおごりだ」

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    Photo: GETTY
    https://nme-jp.com/nmesite/wp-content/uploads/2018/09/noelliam-720x458.jpg
    noelliam-720x458

    https://nme-jp.com/news/61566/

    【オアシス、アイルランドでの再結成ライヴに莫大な金額が提示されていると報道。】の続きを読む

    このページのトップヘ