メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    カテゴリ:楽器 > ギター

    ダウンロード


    1: 湛然 ★ 2017/11/06(月) 22:32:41.31 ID:CAP_USER9
    2017/11/06 20:49

    プリンスのギターが8000万円で落札

    プリンス(Prince)のギターがオークションに出品され、70万ドル(約8000万円)で落札されています。
    プリンスのギターはこれまでにも競売にかけられたことがありますが、今回が過去最高額です。
    主催元のジュリエンズ・オークションは落札価格を60,000ドル~80,000ドル(約685万円~約914万円)と予想していましたが、それを遥かに上回る10倍ほどの値段で落札されています。

    今回のオークションでは、このほかにも、デヴィッド・ボウイ(David Bowie)の手書きによる「Starman」の歌詞が81,000ドル(約925万円)で、
    マイケル・ジャクソン(Michael Jackson)の白いラインストーン入りの手袋が102,000ドル(約1160万円)で、
    マイケルが「Beat It」のミュージックビデオで着用していた赤いスネーク・スキン・ジャケットが118,000ドル(約1340万円)で、
    ジミ・ヘンドリックス(Jimi Hendrix)が着用していたネール・シャツが106,000ドル(約1200万円)でそれぞれ落札されています


    https://i.cbc.ca/1.4388375.1509901570!/fileImage/httpImage/image.png_gen/derivatives/original_220/prince-cloud-guitar.png
    prince-cloud-guitar

    http://amass.jp/96917/

    【プリンスのギターが8000万円で落札。】の続きを読む

    ダウンロード (2)


    1: 湛然 ★@無断転載は禁止 2017/09/13(水) 12:53:49.77 ID:CAP_USER9
    2017-09-12 12:12:34

    エリック・クラプトン、ギターの売り上げ減少に「多分、ギターは終わったんだろう」

    EDMの台頭などによりギターの売り上げが落ちていると知らされた“ギターの神様”エリック・クラプトンは、がっかりするでもなく、「ギターはもう終わったのかもしれない」と笑って応えたそうだ。

    『Washington Post』紙によると、エレクトリック・ギターの年間売り上げはこの10年減少しており、ギブソンやフェンダーに続き、PRS Guitarsも経営不振に陥っているという。

    自身のドキュメンタリー『Eric Clapton: A Life in 12 Bars』が上映されたトロント国際映画祭の記者会見で、『Billboard』誌からそれを告げられたクラプトンは、こう話したという。
    「そんなに悪いとは知らなかった(笑)。僕は実態を把握していない。何が起きてるか、知らないし、どちらに転ぶかもわからない。物事には自然の成り行きってものがあり、収まるべきところに収まるんだと思う」

    「僕の子供たちはクラシック・ロックを聴いている。だが、それは単に僕のせいだろう。彼らにそれを聴かせてきたからね。彼らはお腹の中にいるときから音楽を聴いている。
    僕はプレイリスト作って、彼らを洗脳したんだ。そこには、いつだってギターかソロ・インストゥルメント、もしくはシンガーがあった。
    僕は音楽に関しては、全てがいいって信念がある。そう見えないものでさえ、全ていい。わからないな。多分、ギターは終わったんだ(笑)。いい質問だけどね」

    (以下略、全文はソースをご覧ください。)


    https://img.barks.jp/image/review/1000146762/001.jpg
    001

    https://www.barks.jp/news/?id=1000146762


    前スレ(★1=2017/09/12 22:17:13.76)
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1505222233/

    【エリック・クラプトン、ギターの売り上げ減少に「多分、ギターは終わったんだろう。」 】の続きを読む

    ダウンロード (4)


    1: 湛然 ★@無断転載は禁止 2017/08/24(木) 22:38:50.57 ID:CAP_USER9
    2017-08-23 20:20:00

    ギター炎上パフォーマンスから50年、ジミヘンのあのストラトキャスターが蘇る! 限定モデル「Jimi Hendrix Monterey Stratocaster」リリース

    ジミ・ヘンドリックスが1967年のモントレー・ポップ・フェスティバルのステージで燃やした、あのギターがついに現代に蘇る。
    SUMMER NAMM 2017で発表され、発売が待たれていたジミ・ヘンドリックスのアーティストシグネイチャーモデル「Jimi Hendrix Monterey Stratocaster」がフェンダーミュージックよりリリース、8月24日より出荷開始となる。

    モントレー・ポップ・フェスティバルのステージで燃やされたのは、今やジミ・ヘンドリックスの象徴ともいうべき手書きのペイントが印象的なストラトキャスター。その伝説から50年を記念して現代に蘇ったのが、限定モデル「Jimi Hendrix Monterey Stratocaster」だ。 

    「ジミ・ヘンドリックスは想像を超えたものを作り出しました。伝説ともいえる彼の手描きペイントのストラトキャスターで、まるで彼はその時、モントレーと一体化したようでした。」

    そう語るのは、Experience Hendrix LLCおよびAuthentic Hendrix LLCのCEO であるジェイニー・ヘンドリックス。

    「あらゆる意味で、あのパフォーマンスは彼が何者であるかを物語っています。私たちは彼のこの芸術的なまでの奇跡を、彼の熱狂的なファンに楽しんで欲しいと願います。
    あのギターをこのように素晴らしい出来栄えで甦えらせたことは、あの信じられないような瞬間から50年という時を記念して祝福するには最適の方法でしょう。」

    そして、開発責任者のジャスティン・ノーベルはこう語っている。

    「モントレーポップフェスティバルから50周年の記念ということもさることながら、ジミ・ヘンドリックスを象徴するパフォーマンスに使用されたその遺産を甦らせることができたのはこの上なく光栄なことです。

    ストラトキャスターはジミ・ヘンドリックスの数え切れないパフォーマンスの中心でしたが、モントレーのそれはアメリカ合衆国に彼の音楽の力が刻まれたものでもありました。フェンダーがそんな伝説的瞬間の一部を担えたことは誇りです。
    ジミ・ヘンドリックスの燃え上がるような全盛期は、20 世紀で最も象徴的なものとして私たちの記憶に残されています。残念ながら彼の死後、そのギターはほとんど残っておらず、写真やビデオを詳細に検証し、マニキュアのように芸術的な塗装に至るまで細かく分析し開発しました。」

    (以下略、全文はソースをご覧ください。)


    https://img.barks.jp/image/review/1000146007/news_photo01.jpg
    news_photo01

    https://img.barks.jp/image/review/1000146007/news_photo02.jpg
    news_photo02

    https://img.barks.jp/image/review/1000146007/news_photo03.jpg
    news_photo03

    https://img.barks.jp/image/review/1000146007/news_photo05.jpg
    news_photo05

    https://img.barks.jp/image/review/1000146007/news_photo07.jpg
    news_photo07

    https://www.barks.jp/news/?id=1000146007

    【ギター炎上パフォーマンスから50年。ジミヘンのストラトキャスターが蘇る。限定モデル「Jimi Hendrix Monterey Stratocaster」出荷開始。】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: 湛然 ★@無断転載は禁止 2017/07/17(月) 18:17:24.70 ID:CAP_USER9
    2017/07/17 03:40

    スティーヴ・ヴァイ、スティーヴ・ハウ、ジョー・サトリアーニ他 「火事からギター、アンプ、ペダルを1つずつだけ救うことができるなら何を選ぶ?」


    スティーヴ・ヴァイ、イエスのスティーヴ・ハウ、ジョー・サトリアーニ、デヴィン・タウンゼンドが「もしも火事が起きて、ギター、アンプ、ペダルをそれぞれ1つずつだけ救うことができるとしたら何を選ぶ?」の質問に回答。
    海外の音楽サイトUltimate-Guitar.Com企画

    ●スティーヴ・ヴァイ

    Guitar: Ibanez JEM EVO


    Amp: Carvin Legacy


    Pedal: Ibanez Jemini Distortion Pedal


    ●スティーヴ・ハウ

    Guitar: 1964 Gibson ES-175


    Amp: Gibson Explorer amp with a 10-inch speaker


    Pedal: Fender volume pedal


    ●ジョー・サトリアーニ

    Guitar: One of my JS2450 guitars


    Amp: Marshall JVM410HJS


    Pedal: Vox Time Machine Delay


    ●デヴィン・タウンゼンド

    Guitar: Single-coil '50s-style Tele


    Amp: Blackface Fender Champ


    Pedal: Mooer Ocean Machine Pedal


    ※映像等はソースにてご確認ください。
    http://amass.jp/91584/

    【スティーヴ・ヴァイ、ジョー・サトリアーニ他に聞いてみた。 「火事からギター、アンプ、ペダルを1つずつだけ救うことができるなら何を選ぶ?」】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 鉄チーズ烏 ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/07/09(日) 17:43:01.33 ID:CAP_USER9
    2017/07/07 20:53

    超絶ギタリストを10時間に渡って紹介 NHK FM『今日は一日“超絶テクニカル・ギタリスト”三昧』が7月17日放送

    世界のロック系超絶ギタリストたちを10時間に渡って紹介するNHK FM『今日は一日“超絶テクニカル・ギタリスト”三昧』が7月17日(月・祝)放送

    ●『今日は一日“超絶テクニカル・ギタリスト”三昧』
    NHK FM 7月17日(月・祝)
    午後0時15分~6時50分(前半)
    午後7時20分~10時45分(後半)

    エレクトリック・ギターの超絶技巧楽曲を大特集。エドワード・ヴァン・ヘイレン、イングヴェイ・マルムスティーン、スティーヴ・ヴァイ、マーティ・フリードマン、ヌーノ・ベッテンコート、ポール・ギルバート、ジョー・サトリアーニ、エリック・ジョンソン……など、世界のロック系超絶ギタリストたちの曲を紹介。10時間に渡りその魅力に迫ります!
    タッピング、スウィープ、アーミングなどの超絶技法を実演しながら解説します。

    [出演者]

    司会:高市佳明(NHKアナウンサー)
    解説:Jun Kawai(音楽ライター)
    奏法解説:NON(ギタリスト)
    ゲスト:マーティ・フリードマン

    http://www4.nhk.or.jp/zanmai/314/


    http://amass.jp/91218/

    【NHK FM『今日は一日“超絶テクニカル・ギタリスト”三昧』が7月17日放送 。超絶ギタリストを10時間に渡って紹介。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 以下、無断転載禁止でVIPがお送りします 2017/05/05(金) 20:02:26.983 ID:vS7MnRmw00505
    新興宗教の勧誘員みたい

    でも初心者キッズには敬われてるんだから嫌になっちゃう

    【youtubeでギターとか楽器演奏講座みたいなことやってる奴って音楽的になんの魅力もないのになんであんな自信満々なの?】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 名無し募集中。。。@無断転載は禁止 2017/02/03(金) 20:03:06.08 0
    【ヤングギターの表紙がえらいことになってる。】の続きを読む

    images (1)


    1: そまのほ ★@\(^o^)/ 投稿日:2016/03/14(月) 13:26:13.81 ID:CAP
    女川発エレキギター「ケストレル」発表 デザインはフェラーリの奥山清行さん

     国産エレキギターの製造・販売を手掛けるセッショナブル(仙台市)は
    3月12日、宮城県女川町の駅前商店街「シーパルピア女川」(女川町女川浜)に
    ギターの製造工房「グライド・ガレージ」をオープンした。同日、同工房でギターの新ブランド
    「Questrel(ケストレル)」の立ち上げと新作ギターのプロトタイプを発表した。
     新ブランドとなる「ケストレル」は、主に東北の木材を使いながら、ボディーとネックのジョイント部分に
    岩手県陸前高田市の気仙大工に伝わる宮大工の技法、金属部分には同じ岩手県で開発された
    コバルト合金「コバリオン」を用いるなど、オール東北を意識した国産のエレキギター。
    しかも、デザインは山形県出身でフェラーリ・エンツォのデザイナーとして知られる
    国際的な工業デザイナーの奥山清行さん(KEN OKUYAMA DESIGN社長、東京都港区)が手掛けた。

     この日発表された白色のギターは、ボディーの後ろ部分(写真下部)が大きく削られた斬新なスタイル。
    会見の席で奥山さんは「エレキギターとして、素材、プロポーションを原点から見直しながら、
    弾く人の肩への負担を軽減した。手法はフェラーリと全く同じ3D(3次元)でデザインした」と話した。

     セッショナブルの梶屋陽介社長は「素材、技術、そしてデザインの3つの新しさで、
    ここ女川から世界に打って出たい」と意気込みを見せた。6月までに微調整を重ね、その後、注文生産で販売する計画。

     
    月産30台から始め3年後には月100台の生産を目指す。価格は25万円~35万円を予定する。

    http://sanriku.keizai.biz/phone/headline.php?id=1239
    発表されたケストレルの新作ギター
    http://images.keizai.biz/sanriku_keizai/headline/1457832441_photo.jpg 
    1457832441_photo
     

    【女川発エレキギター新ブランド「ケストレル」発表。デザインはフェラーリの奥山清行さん。】の続きを読む

    images (1)


    1: 失恋レストラソ ★@\(^o^)/ 投稿日:2016/02/05(金) 13:34:07.95 ID:CAP
    テレキャスター好きに贈るテレキャスターだらけのムック『Fender Telecaster Player's Book テレキャスターを持ったら読む本』がギター・マガジンから登場。リットーミュージックから2月25日に発売されます

    史上初の量産型エレクトリック・ソリッド・ボディ・ギターとして誕生してからおよそ65年。
    本書では、基本的なスタイルをほとんど変えないまま、いつの時代も数多くのギタリストを虜にしてきたフェンダー・テレキャスターの魅力を多角的に紹介。

    1950年製ブロードキャスターを筆頭に50年代、60年代のビンテージ・ギャラリー、キース・リチャーズやジョン・フルシアンテなどのスーパー・ギタリストの愛用テレキャスターを大公開、
    正しいパーツ交換や調整法をまとめたオーナーズ・マニュアル、その誕生から80年代以降のバリエーションにも迫った歴史、2016年の最新モデルまで、全国のテレキャスター好きに贈るテレキャスターだらけの1冊となっています。


    ムックの掲載内容は以下ソース
    ◆amass.jp
    http://amass.jp/68580/

    【生誕65周年!テレキャスター好きに贈るテレキャスターだらけのムック『Fender Telecaster Player's Book』が登場。】の続きを読む

    images (1)


    1: 湛然 ★@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/30(水) 05:55:33.57 ID:CAP
    2015-12-29 17:56:36

    フェンダー カスタムショップ コレクションにフォーカスしたポップアップストアが、
    東京・伊勢丹新宿店メンズ館に、1月13日(水)~2016年2月1日(月)期間限定でオープンする。

    楽器ブランドとして初めて伊勢丹新宿店メンズ館で展開するフェンダーの期間限定ポップアップストア。
    まず注目はアーティストが使用したギターの展示。
    ギャラリーでは、ウドー音楽事務所の協力のもと、エリック・クラプトン、ジェフ・ベック、
    リッチー・ブラックモアが実際に使用したギターが展示される。

    また、サテライトルームではフェンダー カスタムショップ コレクションを中心とした
    世界有数のビルダーが手掛けた選りすぐりのギターや、
    「ストラトキャスター(Stratocaster)」の60周年記念の限定モデルも販売、試奏も可能となる。

    日本国内ではなかなかお目にかかれないレアなものや、貴重な限定生産の1本など、
    エクスクルーシブなラインナップを展開。フェンダーファンなら見逃せないショップだ。

    フェンダー カスタムショップ コレクション ポップアップストア
    開催期間:2016年1月13日(水)~2016年2月1日(月)
    所在地:(中略) 伊勢丹新宿店メンズ館8階 イセタンメンズ レジデンス/チャーリー・ヴァイス
    営業時間:午前10 時30 分~午後8時



    http://img.barks.jp/image/review/1000122832/news_photo01.jpg
    news_photo01

    http://www.barks.jp/news/?id=1000122832

    【クラプトン、ジェフ・ベック、リッチーのギターも展示、フェンダー カスタムショップ・ストアが伊勢丹新宿店メンズ館にオープン。】の続きを読む

    ダウンロード (2)


    1: 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です (ワッチョイ e8aa-plhN) 2015/09/14(月) 12:58:12.07 ID:UqUv06860●.net BE:603249746-2BP(2250)
    sssp://img.2ch.sc/ico/nida.gif
    なぜギタリストはステージでチューニングをするのか 兵庫慎司が“積年の謎”に迫る

    ライブ中にステージ上でミュージシャンが行う、ギターやベースのチューニング。あれ、どんな意味があるのだろうか。
    曲間でボーカルがMCをしている時に、チューニングをしているのはまだしも、客電が消えSEが流れ、ステージに登場してアンプ脇に立てられていたギターを手にし、
    いきなり1弦ずつチューニングを確かめ始めるギタリスト。みんながみんなそうではないが、けっこうな頻度で目撃する。
    その間、こっちは演奏スタートを待ってぼーっとSEを聴いていなきゃならないことになる。
    そもそもギターはきっちりチューニングが合った状態でそこに置かれているはずなわけで、あれ、意味あんの?

    何年か前に、その筋のプロである知人ふたりにたずねてみたことがある。
    ひとりは元々楽器店で働いていて、レコード会社へ転職して以降一貫して制作畑で仕事をしてきたディレクター(仮にYとします)。
    もうひとりはさまざまなバンドを手がけてきて、今も日々大忙しで日本中を飛び回っているベテランローディー(仮にQとします)。

     Qの答え。

    「意味ないですね」

    リハが終わってそこでギターが置かれた段階でもちろんしっかりチューニングしてあるし、
    温度やなんかの影響でチューニングが狂ったりしないように、開場後も自分たちローディがステージに行って確認しているので、基本的に必要のない行為であると。

    これ、昔、渋谷陽一がよく書いたり言ったりしていた彼の持論なのだが、ライブの時、海外の有名ギタリストは全然チューニングを直さない、という。
    確かに僕もライブを観ていてそう思ったことがある。で、そういうアーティストの場合、ステージにギターを置いておかないで、ギターを持って出てくることが多い。
    なるほど、それなら直前まで楽屋でチューニングできますよね。

    「え、じゃあなんなんですか?」
    「ほら、ムエタイの選手って、試合前に神に捧げる踊りをするじゃない? あれと一緒だと思う。あれをやることによって精神を集中する、みたいな」

    全文
    http://realsound.jp/2015/09/post-4537.html

    【「ギタリストがステージ上でチューニングする行為は腑に落ちない」と言う自称音楽ライター。本当に現場で仕事をしているのか疑うレベルのトンデモ持論を展開するただのアレでした。】の続きを読む

    このページのトップヘ