メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    音楽関係を中心にしたエンタメ関連のまとめブログ

    カテゴリ: 雑談・議論など

    ダウンロード


    1: 湛然 ★ 2018/04/19(木) 22:26:16.58 ID:CAP_USER9
    2018.4.19 木曜日
    スティング、文化の盗用について持論を語る

    スティングはしばしば批判の対象になっている音楽における文化の盗用について言及し、「文化の盗用」という言葉について「なんてひどい言葉なんだ」と批判している。

    元ポリスのフロントマンであるスティングは、シャーギーと共にレゲエ・アルバム『44/876』をリリースする。

    音楽業界では昨今、ブルーノ・マーズを初めとするアーティストが文化の盗用であるとして批判の対象となっている。スティングはBBCに文化の盗用について問われ、次のように語っている。「なんてひどい言葉なんだろうね」

    彼は次のように続けている。「僕からしてみれば、レゲエは価値を見出した、尊敬する対象であり、真剣なものであってね。それが僕が学んできたことなんだ」

    「レゲエのベースのコミュニティに大きな借りがある。僕にとって精神的にも、音楽的にも師と言えるのは、知り合いでもあったボブ・マーリーだった。自分にとって本物だと感じられものをやってると思ってるけどね」

    「シャギーと仕事をしたことで、新たな強みが加わった気がしているよ」とスティングは語っている。「彼は紛れもないダンスホール・レゲエのスーパースターだからね。僕もちょっと手を加えたりはしたけど、僕らには共通の地盤があったんだ」

    スティングとシャギーはジョイント・アルバム『44/876』を4月20日にリリースする。プレス・リリースによれば、アルバムは「二人のお互いのジャマイカやその音楽と文化への愛を反映した楽曲をジャムして、書いた」ことで実現したという。

    (以下略、全文はソースをご覧ください。)


    Photo: GETTY
    https://nme-jp.com/nmesite/wp-content/uploads/2018/04/Sting-Shaggy-1-720x457.jpg
    Sting-Shaggy-1-720x457

    https://nme-jp.com/news/53429/

    【スティング、文化の盗用について持論。「なんてひどい言葉なんだ。」】の続きを読む

    images


    1: みやび ★ 2018/04/17(火) 21:08:42.78 ID:CAP_USER9
    3月8日、日本音楽著作権協会(JASRAC)は記者会見を開き、音楽教室からの音楽著作権料徴収を4月1日より始めると発表した。
    対象となるのは楽器メーカーや楽器販売店が運営する全国の約7300教室で、個人が運営する音楽教室は当面対象外にするとのこと。
    我が子を音楽教室に通わせている方もいれば、近年“大人の音楽教室”がブームになりつつあるため、自分自身に関係があるという方もいるのではないだろうか。

    ■徴収は行っているが契約手続の督促はしないようにとの行政指導がなされている

    ことの発端は2017年2月、JASRACがそれまで対象外だった音楽教室から著作権料を徴収すると発表したことにある。
    これに対し、一般財団法人ヤマハ音楽振興会などの音楽教室事業者は「音楽教育を守る会」を発足。

    同団体は同年6月にJASRACに徴収権がないことを確認するため東京地裁へ提訴、同年12月には司法判断が確定するまで徴収を保留するよう文化庁長官に求めていた。
    しかし本年3月7日、宮田亮平文化庁長官がJASRACによる音楽教室からの著作権使用料の徴収を認める裁定を下しており、それを受けてのJASRACの発表というわけだ。 

    余談だが、問題が露見した昨年2月、歌手の宇多田ヒカル氏は自身のツイッターで、「もし学校の授業で私の曲を使いたいっていう先生や生徒がいたら、著作権料なんか気にしないで無料で使って欲しいな」とツイート。
    今回の問題は営利目的で運営されている音楽教室などが焦点となっており、小中学校など非営利の教育機関は著作権法が及ばないので宇多田氏が勘違いをした可能性もある。

    9 自分:名無しさん@お腹いっぱい。 [ヌコ][sage] 投稿日:2018/04/17(火) 21:03:49.47 ID:DLF2VfnM0 [2/6]
    ただ、宇多田氏のツイート内の「学校の授業」が営利目的の音楽教室などを指しているとしたら、ビッグアーティストが明確にJASRACの方針に異を唱えたとも見て取れるのだ。
     
    話を戻すが、争点となっているのは、音楽教室のレッスン内での実演が「著作者は、その著作物を、公衆に直接見せ又は聞かせることを目的として上演し、又は演奏する権利を専有する」という内容の「上演権および演奏権」にあたるかどうか。
    レッスンは公衆に対する演奏であると主張するJASRACに対し、レッスンは閉鎖的空間で行われる教授目的のものであり、公衆に対する聞かせるための演奏行為ではないと音楽教育を守る会は主張している。

    ■最大の危惧は、学習教材用の楽曲を自由に選択できなくなること

    ただ、今回は徴収を容認する裁定と同時に、判決が確定するまでは契約手続の督促をしないよう行政指導がされている。
    つまり現状としては、著作権料の徴収のための契約手続は行っているが、現時点で契約するかしないかは事業者ごとの判断に委ねられているのである。

    仮に今後裁判でJASRAC側が勝訴し、音楽教室は著作権料を支払わなければならなくなった場合、音楽教室の運営形態、および受講者側にどのような影響があると考えられるだろうか。
    音楽教育を守る会に話を聞いた。

    ■使用料算定は困難

    今回の文化庁長官による裁定やJASRACの発表に対し、音楽教育を守る会は「『司法判断確定まで使用料規程の実施を留保してほしい』という要望が通らなかったことは残念です」と述べている。

    「徴収の督促はしないようにとの行政指導がされていますが、JASRACは手続案内を繰り返し送付すると明言しており、それが督促にあたらないのかどうか疑問です。
    また、徴収する際も楽曲の利用実態を踏まえ、適切な使用料の額にするようにという行政指導が行われているのですが、音楽教室での演奏の、どの部分について演奏権が及ぶのか、司法判断で明らかにされてない現時点では適正な使用料の算定は困難でしょう。
    社会的混乱の回避という観点からいえば、仮に音楽教室側が敗訴した場合、遡及請求されることになるとしても、司法判断の確定までは使用料徴収は行わないよう、もう一歩踏み込んだ行政指導をしていただきたかったです」(音楽を守る会 事務局担当者)

    今回のJASRACの方針に対し、多くの方々が反対の意を示しているという。

    「この問題が報じられて以来、多くの権利者、一般市民の皆様が反対の意思を表明しており、昨年行った署名活動ではわずか3カ月間で56万筆の署名が集まりました。
    これは、音楽や楽器演奏を習いたいという生徒が、閉鎖的な教室で、誰かに披露するわけでもなく、練習のために行っている演奏について、なぜ対価が発生するのかという素朴な疑問を、多くの皆様が抱いているからだと考えています。

    http://biz-journal.jp/2018/04/post_23018.html

    【音楽教室、「JASRAC管理曲外し」が加速か。】の続きを読む

    images (1)


    1: 風吹けば名無し 2018/04/20(金) 13:57:43.63 ID:zqzMBemA0
    財務省の福田淳一事務次官のセクハラ発言問題を巡り、野党議員が20日午前、
    国会内の会合で「#Me Too」と書かれた紙を掲げ、そろって抗議の意思を
    示した。米国発のセクハラ告発運動のシンボルにならい、財務省事務方トップの
    セクハラ疑惑と、同省が被害女性に名乗り出ることを求めた対応の問題の深刻さを国内外に訴えた。


    両会合とも、米国の運動にならい、抗議の意味を込めて黒い服に身を包んだ女性議員を中心に、
    男性議員も参加。尾辻かな子衆院議員(立憲)が「セクハラを泣き寝入りする社会にしない。
    被害者を絶対一人にしない」とアピールした。

     ヒアリングでは、同省の調査方法への疑問や、麻生太郎財務相の辞任を求める声が相次いだ。
    行動に加わった蓮舫参院議員(立憲)は記者団に、「次世代の女性が同じ悔しい思いをしないよ
    うに先輩たちが頑張ってきたものを、福田次官や麻生大臣はたった一瞬で壊した。ここへの怒りは、
    継続して声を上げていく」と述べた。

    https://www.asahicom.jp/articles/images/c_AS20180420001305_comm.jpg
    c_AS20180420001305_comm

    https://www.asahicom.jp/articles/images/c_AS20180420001226_comm.jpg
    c_AS20180420001226_comm

    https://www.asahicom.jp/articles/images/c_AS20180420001548_comm.jpg 
    c_AS20180420001548_comm

    【野党議員、ハリウッド女優気取りで喪服に見える黒い服を着用し、趣旨を間違えた「#me too」を叫ぶ”悪手”をやらかす。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 名無し募集中。。。@無断転載は禁止 2017/08/09(水) 19:32:39.28 0
    2007年や08年ごろの集客が特に酷かったと言われてるけど
    どれだけ酷かったの?

    暗黒期の辛いエピソード詳しく知ってる人いたら教えて

    【モー娘。が一番ヤバかった暗黒期ってどれだけ酷いものだったの?】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: 名無し募集中。。。 2018/04/13(金) 17:47:29.63 0
    漫画タウン【公式】@mangataun
    いくらサイトを潰したって、もう漫画の売り上げは増えないよ。みんな無料で音楽聴くし、無料でエロ動画を見るし、もう出来上がったコンテンツにお金を払う時代じゃないんだよ。漫画だけを叩くのはおかしいんだよ。
    https://twitter.com/mangataun/status/984512842463248384

    漫画タウン【公式】@mangataun
    サイトのせいで漫画の売り上げ落ちたの?ほんとに落ちたの?それはサイトのせいじゃなくて出版社の努力不足だよ。これからも今のままの売り方をするなら漫画は売れないよ。
    https://twitter.com/mangataun/status/984514015756865536

    漫画タウン【公式】@mangataun
    漫画タウンはすでにネット上にアップされてる画像を集めて読みやすいように整理してるだけなんだよ。だからもともと漫画はアップロードされてるんだ。もうコンテンツは無料の時代なんだ。
    「著者の利益が~」って言う人は、そんなに好きな著者がいるなら直接募金したらいいよ。
    https://twitter.com/mangataun/status/984517046292570112

    【漫画村「なんで怒ってるの?みんな無料で音楽もセクシー動画も見てるじゃん。」】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 湛然 ★ 2018/02/20(火) 22:37:30.36 ID:CAP_USER9
    Rob Sheffield | 2018/02/19 19:00

    有名ロックスターたちの引退ラッシュ、突然引退を宣言する理由とは何か

    エルトン・ジョンからポール・サイモン、ニール・ダイアモンドまで、ベテランたちがそれぞれの花道の飾り方を考えている。ローリングストーン誌名ライターのロブ・シェフィールドが、有名ロックスターたちの引退ラッシュを解説しながら、ロックの未来への影響を語った。

    ロックの歴史の中で、これほどまでに引退ラッシュが起きたことはなかった。わずか数週の間に、何人ものロックンロールのレジェンドが栄光の道から下りることを宣言した。エルトン・ジョンは、『フェアウェル・イエロー・ブリック・ロード』ツアーを最後に、最高のショーマンに幕を引くことを発表した。ポール・サイモンは、ロンドンのハイドパークを自分のラストコンサートの場所に決めた。ニール・ダイアモンドは、50周年記念ツアー中にパーキンソン病と診断され、ドクターストップにより残りの日程をキャンセルした。ラッシュのギタリスト、アレックス・ライフソンは明かす。「今後のツアーやレコーディングの予定はない。基本的にバンド活動は終わっているんだ。41年やってきて、メンバー全員がもう十分だと思ったよ」

    「もう十分だ(enough)」という発想はロックンロールでは常にエキゾチックだが、それと同時に多くのレジェンドたちからサヨナラを言われるのは、間違いなくショックだ。我々は、ロックスターたちの引退ラッシュを目撃するという歴史的瞬間にいる。引退を表明したベテランたちは、魔法のパワーを失った訳ではない。2017年にニール・ダイアモンドの姿を見たラッキーな人たちは、彼の足取りがしっかりしていたことを知っているだろう。もちろん、ポール・マッカートニー、スモーキー・ロビンソン、ボブ・ディラン、フリートウッド・マックなど、80歳近くになってもなおステージ上で輝くツアーの強者たちもいる。しかしポール・サイモンに言わせると、引退を決めて「なんだかホッとした」という。去りゆく老兵たちは、歴史上存在しなかった“ロックンロールの引退後”をこれから作っていこうとしている。

    “フェアウェル・コンサート”といえば、その多くがマユツバものだった。高価な決別の儀式は、ショービズの世界の典型的なトリックといえる。シェールのフェアウェル・ツアーは言うまでもないだろう。しかし、今回は事情が違う。「シェールのような格好は好きだが、僕は彼女とは違う」とエルトン・ジョンは会見で語った。「これで終わりだ」と言う彼は、冗談を言っているのではなさそうだ。「僕の子どもたち、夫、家族が人生の中での優先事項になったんだ。引退後は家で過ごしたい」


    >>2以降につづく)

    | エルトン・ジョンを始め、多くのロックレジェンドが引退宣言をした。(Rolling Stone) |
    http://images.rollingstonejapan.com/articles/28047/ORG/059f597eff983a96b1799f5a05806e89.jpg 
    059f597eff983a96b1799f5a05806e89

    http://rollingstonejapan.com/articles/detail/28047/1/1/1

    【有名ロックスターたちの引退ラッシュ。突然引退を宣言する理由とは何か。】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: きゅう ★ 2018/04/07(土) 18:44:33.66 ID:CAP_USER9
     「テケテケサウンド」で1960年代にエレキギターブームを巻き起こし、音楽面でも風俗面でも日本ではビートルズをしのぐ影響を及ぼしたのが米国のロックバンド、ベンチャーズだ。その中心的ギター奏者だったノーキー・エドワーズさんが3月12日、82歳で亡くなった。生前何度も日本を訪れた。親交を結んだ音楽家らが、「ギターの神様」の足跡と素顔を振り返る。(>>3月29日にアップされた記事を再掲載しています)

    哀愁

     タレントのエド山口さん(69)は、「東京ベンチャーズ」と命名したバンドを率いてギターの腕前を披露している。ベンチャーズ愛の深さを物語る。

     エドさんは、「ノーキーの演奏はしっとりとしていて哀愁を漂わせている。短調の曲に合う音色が、『わび・さび』を愛する日本人の胸に響いた」と日本で彼らが突出して愛される理由を分析する。

     ビートルズ旋風が吹き荒れる依然、ベンチャーズを含めギター演奏を売り物にしたバンドが多数いた。にもかかわらず、ベンチャーズが日本で圧倒的に支持されたのは、その哀愁の音色に秘密があるというわけだ。

    http://www.sankei.com/entertainments/news/180407/ent1804070002-n1.html
    http://www.sankei.com/entertainments/news/180407/ent1804070002-n2.html
    http://www.sankei.com/entertainments/news/180407/ent1804070002-n3.html
    http://www.sankei.com/entertainments/news/180407/ent1804070002-n4.html
    http://www.sankei.com/entertainments/news/180407/ent1804070002-n5.html

    船上でほほえむ加山雄三さん(左)とノーキー・エドワーズさん(C)加山プロモーション
    http://www.sankei.com/images/news/180407/ent1804070002-p1.jpg
    ent1804070002-p1

    ノーキー・エドワーズさんの略歴
    http://www.sankei.com/images/news/180407/ent1804070002-p2.jpg
    ent1804070002-p2

    ノーキー・エドワーズさん(右から2人目)らと共演する加山雄三さん(手前)(C)加山プロモーション
    http://www.sankei.com/images/news/180407/ent1804070002-p4.jpg 
    ent1804070002-p4

    【ベンチャーズのギター奏者、ノーキー・エドワーズさんが日本に残したもの。】の続きを読む

    ダウンロード (3)


    1: Egg ★ 2018/04/18(水) 18:53:13.60 ID:CAP_USER9
    元でんぱ組.incの最上もが(29)が、左手薬指に指輪をはめた写真をインスタグラムにアップしてファンを動揺させ、その後「29歳の遊び心でした」と謝罪した。

     最上は17日、「きらりん」と左手薬指にキラリと光る指輪をはめた思わせぶりな写真をアップ。ファンから「もしかして結婚したの?」など動揺するコメントが多数寄せられ、18日に「『ちょっと紛らわしい事するのはやめなさい』と言われているみたいです。ごめんなさい」と謝罪した。

     「こんな反応がくるとは思わずびっくりしてしまいました」と反響の大きさに驚き、「ばっちり独身、そして恋人もいません」と“電撃結婚”を完全否定。「撮影で使った指輪が綺麗だったので、いつかこんな日がくるのだろうかとはめてみた29歳の遊び心でした・・・」と釈明し、「なんか、お祝いしてくれたのに申し訳なかったです・・・」と反省した。

     最上は「良さげな相手もいないです・・・ときめき皆無です・・・募集中です・・・笑」とあらためて強調。ファンからは「あせったぜ」「びっくりしました。もうやめてくださいね」と安堵(あんど)するコメントとともに、「複雑な気分です。おめでたいような寂しいような」と最上をおもんばかるコメントも寄せられた。

    4/18(水) 18:37配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180418-00183269-nksports-ent

    写真
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20180418-00183269-nksports-000-2-view.jpg 
    20180418-00183269-nksports-000-2-view

    【最上もが、”薬指に指輪”写真を謝罪。「遊び心」電撃結婚否定。「こんな反応がくるとは思わずびっくりしてしまいました。」】の続きを読む

    images (1)


    1: サイカイへのショートカット ★ 2018/04/17(火) 21:40:53.61 ID:CAP_USER9
    ゲス川谷が友人に忠告 結婚式で自身の楽曲使用は「やめとけ」
    2018年4月17日 21:11 スポニチ Sponichi Annex 野球
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/04/17/kiji/20180417s00041000281000c.html

    「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音 Photo By スポニチ
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/04/17/jpeg/20180417s00041000280000p_view.jpg
    20180417s00041000280000p_view

    ロックバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音(29)が17日、自身のツイッターを更新。結婚式で自身の楽曲を使用することを望む友人に対し、「やめとけ」と告げたことを明かした。

    川谷は「友達が結婚式で僕の曲をかけたいと純粋な感じで言ってきたが『やめとけ』って純粋に言っておいた」とツイート。
    フォロワーからは「式場でバイトしてますがめっちゃかかってますよ」「自分も嫁に辞めなさいと言われました」などのコメントが寄せられた。

    川谷は16年1月にタレントのベッキー(34)との不倫騒動が報じられ、同年5月に離婚を発表している。

    【ゲスの極み乙女。の川谷絵音が友人に忠告。「結婚式で自身の楽曲使用はやめとけ。」】の続きを読む

    ダウンロード (2)


    1: 湛然 ★ 2018/04/18(水) 22:35:46.39 ID:CAP_USER9
    ザ・カーズ、ロックの殿堂のリハーサルを機に「もっと曲を作るべきだと思った」
    2018.4.18 16:54

    ザ・カーズのフロントマン、リック・オケイセックはこの数年、音楽活動から離れアートの制作に専念してきたそうだが、ロックの殿堂入りが決まり、リハーサルで久しぶりにメンバーが集まりプレイしたとき、もっと曲を作るのもいいなと思ったそうだ。

    週末(4月14日)開かれたロックの殿堂セレモニーで『Rolling Stone』誌のインタビューに応じた彼は、「数年ぶりにリハーサルでプレイしてみてどうだったか?」と問われ、こう答えた。「かなり良かったよ。初日はちょっと不安定だったけど、すぐにスムーズになった。自転車に乗るようなものだよ」

    これをきっかけにツアーを始めることはないのかとの質問には「みんな、僕を見る。やりたくないって思ってるのは僕だけみたいだからね。エリオットとグレッグは多分やりたがってる。僕は、わからないな」と答えたが、「ほかのアートをやってて、音楽はしばらくご無沙汰だった。でも、こう言っとくよ。このリハーサルを始めてから、多分、もっと曲を作るべきだと思ったよ」と、話した。

    ザ・カーズが最後にアルバムをリリースしたのは2011年。ライブ・パフォーマンスもその年8月に出演した<Lollapalooza>フェスティバル以来だった。ロックの殿堂式典では「My Best Friend’s Girl」「You Might Think」「Moving In Stereo」「Just What I Needed」をパフォーマンスし、故ベンジャミン・オールの代わりに、ウィーザーのスコット・シュライナーが参加した。

    (以下略、全文はソースをご覧ください。)

    Ako Suzuki


    https://img.barks.jp/image/review/1000154106/001.jpg
    001

    https://www.barks.jp/news/?id=1000154106

    【ザ・カーズ、ロックの殿堂のリハーサルを機に「もっと曲を作るべきだと思った。」】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2018/04/15(日) 16:51:52.58 ID:CAP_USER9
    間もなく始まるライブツアーに向けての体力づくりか、真っ昼間の西麻布・南青山界隈で
    連日グレーと黒のツートンカラーのジャージーを着てウオーキングに励んでいるアーティストがいる。

    90度に曲げた両肘を交互に顔の横まで大きく振り上げ、足早に歩いていく。
    かなりのカロリー消費を狙ったウオーキング方法なのだろう。

    一心不乱に歩き続けている姿が何度も目撃されているこのアーティストは、元AKB48の板野友美(26)である。

    事務所関係者が嘆く。

    「4月21日から全国5カ所のライブハウスで行われるツアーですが、実はチケットが全然売れていない。
    最終日の赤坂BLITZ以外は400~500人前後の小さなキャパのライブハウスなのですが、それでも埋まりません。
    本人はやる気でトレーニングも怠らないし、ライブのプロモーションで地方ラジオなどにもたくさん出演しているのですが、売れ行きが伸びなくて困っています」

    ツアー5カ所合計でわずか3000人ちょっとが動員できないとは……。
    いまだにミリオンセラーが続くAKB48の元メンバーとしては悲しいかぎりだ。
    https://news.infoseek.co.jp/article/gendainet_454800/

    【元AKB「板野友美」の悲しい現在地。 】の続きを読む

    このページのトップヘ