メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    音楽関係を中心にしたエンタメ関連のまとめブログ

    カテゴリ: 雑談・議論など

    ダウンロード


    1: 鉄チーズ烏 ★ 2019/05/19(日) 06:32:20.77 ID:WC5kmkY89
    歌手のmisonoが18日、ブログを更新し、精巣がんで闘病している夫でドラマーのNosukeの手術後の姿を「さらに変わり果てた」と大きな衝撃を受けたことを告白。病室を「1分くらいで、出ました」と記した。

    misonoは手術当日、複数の仕事を抱えていたが、事情を知るスタッフらから「病院に行った方が良い」とすすめられ、
    「もし何かあったら、後悔してたから…」との気持ちも手伝って病院に向かったという。

    深夜0時前に病院側から「終わりました」「麻酔が切れたら少しだけ会えます」と告げられ、「集中治療室で会えたのは、夜中の1時くらいだったかと?!」と記した。
    続けてmisonoは「Nosukeの『さらに変わり果てた姿』が、衝撃的すぎて…1分くらいで、出ました。何も出来ないし、見てられなかったし…」と相当なショックを受けたことをうかがわせた。

    医師の説明を家族全員で聞いたそうで、「取ったモノを見たのですが…寝不足、疲労、体調不良は、ピークだったし。
    精神的にも体力的にもスケジュール的にも金銭面も、全てにおいて限界だったし…『無理矢理、前向きにとらえてきたけど…もうポジティブになれなくても、仕方ないよね?もう笑わなくて良いよね?もう頑張らなくて良いよね?』」
    などとさまざまな思いがめぐったことを記した。

    「『あともう少しだ』と思えたから、辛抱できていたのに?もうこれ以上は、耐えられません。と、なってしまいました…笑顔でいられたこの私が、絶句…『言葉を失う』とは、この事か。
    全てに向き合って来たこの私でも、現実逃避したい位…絶望的でしたが」と胸中を表した。

    しかし、ブログで発信することにより、「皆様の力になれますように」との思いでブログに書いているという。
    misonoは「・早期発見に繋がりますように。
    ・皆様が人間ドックに行ってくれますように。・がん保険のことも意識するようになりますように。
    ・『精巣がん』という病気の正しい情報が広まりますように。
    ・Nosuke official Blogの存在を知ってもらえますように。
    ・応援し合える人、励まし合える場所、支え合える時間が、増えますように。
    ・仕事がしたいというNosukeに、オファーがきますように。
    ・misoNosukeが『世の為、人の為になれてますように」と真摯(しんし)な思いをつづった。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16480335/
    2019年5月18日 21時37分 デイリースポーツ

    https://www.youtube.com/watch?v=QoWEK8BNHgk


    day after tomorrow - My faith

    ★1が立った日時:2019/05/18(土) 23:35:23.55

    前スレ
    【芸能】misono 手術後のNosukeに「さらに変わり果てた姿」、金銭面も限界
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1558190123/

    【misono、手術後の夫・Nosukeに「さらに変わり果てた姿。」】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 名無し募集中。。。 2019/05/19(日) 17:48:17.22 0

    【『モーニング娘。’19』、全員ブス。】の続きを読む

    ダウンロード (5)


    1: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/10/07(日) 12:27:24
    海外のロックバンドは3~4年に1枚くらいしかアルバム出さないなんて
    ざらなのに日本のロックバンドは1~2年に1枚は必ず出す。
    ニホンザルは金儲けしか脳みそにないのでしょうか?

    【なんで日本のロックバンドは多作なの?】の続きを読む

    ダウンロード


    1: Egg ★ 2019/05/12(日) 15:17:50.62 ID:lYXThqu+9
    元AKB48の西野未姫が、5月6日に放送された『陸海空 こんなところでヤバいバル』(テレビ朝日系)へ出演。AKBのファンについて、「みんな歯が無い」とコメントして物議を醸した。

    同日は、モデルやアイドルなどが一緒にサバイバル生活を送る企画が放送された。「オタクは金持ち」という会話の流れで西野未姫は、「でもさ、だから見た目あぁなっちゃってるんだよね」と発言。
    お金がないわけではないが、アイドルの応援に全てつぎ込んでしまっているため健康的な生活を送るには足らず、それゆえ「見た目」がひどい、という意味だ。

    さらに西野は、「AKBのファンみんな歯無いよ。歯溶けてるの」「この(CDの)枚数のお金で歯治してって思うくらい」「マジでびっくりするくらい歯溶けてるの」「女も溶けてるよ」と続けた。

    この発言が拡散されると、ネット上からは「街中で歯が無いやつなんて見かけないけど。話盛りすぎじゃない?」「君の握手会に行ってた私も歯が無いみたいな発言やめてくれ」といった声が。
    1日10万人訪れることもある握手会には歯の抜けた状態のファンも少なからずいるだろうが、さすがに“みんな”というのは言い過ぎだろう。ちなみに60?70歳以上の世代は男女問わず大体みんなどこかしらの歯は抜けている。
    そこに差し歯やインプラントをするか、また入れ歯を作るか作らないかだ。

    ぶっちゃけ発言でメディア露出を激増させている西野未姫だが、別の出演番組では「ゲロを吐くほど握手会が嫌いだった」と打ち明けたこともある。
    彼女の場合はあえて露悪的な煽りをして目立とうとしている可能性も否めないが、実は彼女以外にも、AKBグループで「握手会が嫌だ」と吐露したメンバーは結構いる。

    以前、『HKT48のごぼてん!』(テレビ西日本)で、当時HKT48だった草場愛は指原莉乃に「男性が怖い」という悩みを告白。草場愛は「握手会とか嫌になりませんか?」と質問、
    その理由は「『この前の公演は、もっとこうした方がいい』などと説教されるから」「ファンが自分をアイドルとしてではなく女として見ているから」だという。それじゃあ嫌になるのももっともだ。
    この質問を受けた指原莉乃は、「自意識過剰。ホントに重い」「私と真逆」などと突き放している。指原莉乃はどれだけキモいファンでも受け入れているように見せつつ適度にスルーして、自分の心をガードする術に長けているのだろう。

    指原莉乃のように握手会が余裕なメンバーもいるようだが、握手会では実被害も出ている。男がノコギリを振り回し、2名のメンバーが大怪我を負った事件は決して忘れてはならない。

    messy / 2019年5月11日 19時0分
    https://news.infoseek.co.jp/article/messy_69864/

    写真
    https://image.infoseek.rakuten.co.jp/content/news/og/infoseeknewslogo.jpg

    1 Egg ★ 2019/05/12(日) 01:02:27.34
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1557590547/

    【元AKB48・西野美姫「ゲロを吐くほど握手会が嫌いだった。握手会が嫌だと吐露したメンバーは結構いる。」】の続きを読む

    images


    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/05/16(木) 17:09:18.31 ID:6Vn9jW509
    きょう16日に放送されるフジテレビ系番組『直撃!シンソウ坂上』(毎週木曜21:00~)では、2日放送の2時間SPに入り切らなかったGACKTの未公開シーンを紹介する。

    GACKTに密着した2日の放送は、番組最高視聴率13.1%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)を記録。
    取材班はマレーシアの豪邸で、靴置き場の靴一足一足のそれぞれの脇に、
    なぜか香水の瓶が置かれているのを目撃していた。これが何を意味するのか取材すると、「完璧主義者」らしいGACKT流の理由が。

    そして、玄関のすぐ近くに置かれた大人の身長ほどの黒い物体は何なのか…。
    第1弾では伝えられなかったGACKTのマレーシアの大豪邸に隠された謎が明かされる。

    また、前回はGACKTと俳優の故・緒形拳さんとの心のつながりを放送したが、今回はさらに別の人物との知られざるエピソードを紹介。
    「テレビなのでどこまで言っていいか分からないが、謝りたかった」と神妙な表情で語ったGACKT。彼が20年間、ずっと謝りたかった人物とは…。

    さらに、1999年にGACKTが当時人気絶頂だったビジュアル系バンド「MALICE MIZER」を脱退した理由についても打ち明ける。

    今夜の放送では他にも、GACKT「いい弟ができた」と公言する“ホスト界の帝王”ROLAND(ローランド)に密着する。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16466039/
    2019年5月16日 7時0分 マイナビニュース

    https://www.youtube.com/watch?v=WqD7gknnc_k


    MALICE MIZER - 月下の夜想曲.

    前スレ                     2019/05/16(木) 08:35
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1557963342/

    【GACKT、人気絶頂で『MALICE MIZER』を脱退した理由を告白。】の続きを読む

    images


    1: 湛然 ★ 2019/05/16(木) 05:05:07.19 ID:8xqGetgm9
    2019年5月15日 23時28分 ナリナリドットコム
    Chara、「まだやってるんですか?」に傷つく
    https://www.narinari.com/Nd/20190554494.html

    https://cdn.narinari.com/site_img/photox/201905/15/20190514095.jpg
    20190514095


    ミュージシャンのCharaが5月5日、自身のTwitterで、「まだやってるんですか?」と言ってくる人たちに対して、「傷つく」とツイートし、話題を呼んでいる。

    Charaはこの日、「まだやってるんですか? とか言うの 本当によくわからない ダメよそれ 傷つくわよあたし」とツイート。

    これに歌手の日暮愛葉が「それ言われるーマジいやです。傷つくよね」と反応すると、Charaは「やめるつもりで、やってないしね 初めから」と答え、日暮は続けて「懐かしい!って言われるのも微妙」と投稿した。

    こうしたやり取りに、ファンからは「Charaさん大好き」「Charaさんのこと好きな人がこんなにたくさんいます。どうか悲しまないで」「Charaさん、失礼な人は華麗にスルーですよ!」「まだまだこれからも歌い続けてください。お願いします」などの声が上がっている。

    (おわり)

    【Chara、「まだやってるんですか?」に傷つく。】の続きを読む

    images


    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/05/14(火) 09:55:24.26 ID:DjD0MkHa9
    元FUNKY MONKEY BABYSのボーカルだったファンキー加藤が、13日放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系)に出演。
    不倫騒動後の曲作りの変化を自ら語った。

    2016年6月、アンタッチャブル柴田英嗣の元妻A子さんとW不倫した加藤。この発覚後、柴田はA子さんと離婚した。
    A子さんはのちに妊娠、出産した。加藤は本妻との婚姻関係を継続しながら、誕生した子どもを認知して養育費を払うことを決めたと、当時報じられていた。

    騒動以来3年ぶりのバラエティー番組出演となった加藤。チュートリアル徳井義実が「曲作りってやっぱり変わってくる?」と質問。
    すると加藤は「ラブソングは一切なくなりました」と即答。「何回かラブソングも挑戦したんだけど」と筆を動かす仕草をしながら、
    「どの口が言ってんだよ!全然つじつま合わねえよ!」と途中で放棄すると言及。
    「すぐ応援ソングへ……」と自身の招いた影響を語っていた。

    ちなみに加藤は番組からオファーがあったことを明かしながら、出演について「正直悩んだんですけど、7人の皆様に思い切り抱かれてみようと……」と、
    しゃべくりメンバーに身を預けようとしたと説明。
    これに上田晋也は「あんまり抱くっていうフレーズもどうかな……」と苦言。
    チューリアル福田充徳からは「まだ反省してないの?」と責められていた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16455168/
    2019年5月14日 8時43分 RBB TODAY

    【『ファンキー加藤』、不倫騒動後はラブソング一切書けず。「どの口が言ってんだ。」 】の続きを読む

    ダウンロード (5)


    1: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/06(土)21:07:33 ID:q2r
    彡(゚)(゚)「学ぶスレは初めてだから至らぬところがあっても勘弁してクレメンス」

    彡(゚)(゚)「今年105周年を迎えた宝塚歌劇について紹介するスレやで」
     
    彡(゚)(゚)「敷居が高そうだと思ってるニキやネキに届いてほしいンゴ」

    彡(゚)(゚)「初心者が知ればいいことは網羅して書くつもりやで」

    【彡(゚)(゚)で学ぶ宝塚歌劇。】の続きを読む

    images (1)


    1: muffin ★ 2019/05/07(火) 15:39:52.60 ID:UMn0of9c9
    2019.05.05 12:00 rockinon.com
    速すぎて止まっているようにみえる?! 「アホほど」速弾きギタリスト10人
    ※動画は引用元サイトにてご確認ください。
    https://rockinon.com/news/detail/185794


    ギタリストは世界中に星の数ほどいるが、目が追いつかないほどの速弾きテクニックを誇るギタリストは多いとは言えない。そんな、「アホほど速弾き」のメタル・ギタリストを「LOUDWIRE」が10人選出している。

    そのトップ5は以下の通り。
    1位:ポール・ギルバート
    2位:イングヴェイ・マルムスティーン
    3位:ジェイソン・ベッカー
    4位:マイケル・アンジェロ・ベティオ
    5位:バケットヘッド


    5位にランクインしたバケットヘッドは、300枚以上のスタジオアルバムをリリースしている多作なアーティストで、その完璧なテクニックにより伝説的な存在となっているギタリストだ。


    3位のジェイソン・ベッカーは音楽史上において最も偉大なギタリストとして知られていた。現在多発性硬化症を患っており、ソフトウェア「Becker」を目で使用して作曲活動を続けているという。

    そして、「速弾きの帝王」の異名を誇るイングウェイ・マルムスティーンは2位に留まり、イングウェイを抑えて、MR.BIGのギタリスト、ポール・ギルバートが栄光の座に輝いている。


    なお、日本メディアでも活躍するメガデスの元メンバー、マーティ・フリードマンは10位にランクインしている。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    10 Stupidly Fast Guitarists in Metal
    https://loudwire.com/stupidly-fast-guitarists-metal/

    ★1が立った日時:2019/05/06(月) 22:35:52.93
    前スレ
    【音楽】速すぎて止まっているようにみえる?! 「アホほど」速弾きギタリスト10人
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1557149752/

    【速すぎて止まっているようにみえる。 ウルトラ速弾きギタリスト10人。】の続きを読む

    images (2)


    1: 湛然 ★ 2019/05/13(月) 21:05:59.15 ID:gAhmUpLe9
    アレキサンドロス、ベースの磯部がライブ中に膝を骨折
    2019年5月13日 20時34分スポーツ報知
    https://hochi.news/articles/20190513-OHT1T50185.html


     4人組ロックバンド「ALEXANDROS」(アレキサンドロス)が13日、公式ツイッターでベースの磯部寛之(36)が12日のライブ中に転倒し、膝を骨折したことを明かした。

     アレキサンドロスは「昨日の福岡最高でした!ただライブ中にステージで派手に転んじゃいまして。ライブ最後まで出来たんですが念の為に診察を、、、したらなんと膝を骨折してました! ご心配おかけしてすみません。今後のライブもテレビも予定通り出演しますのでご安心ください。逆に、楽しみにしていてください。笑 ひろ」と松葉づえ姿の磯部の画像と一緒にツイートした。

     同バンドは、ドラムの庄村聡泰(35)が疲労の蓄積による筋膜性腰痛症で療養を続けているため、「サトヤスもヒロくんも心配」「サトヤスも腰やってるのに」「膝骨折!!ヤバいやつ」などファンからは心配する声が寄せられている。

    (おわり)


    @alexandroscrew
    https://pbs.twimg.com/media/D6cQlZoUEAAUdqi.jpg
    D6cQlZoUEAAUdqi

    https://twitter.com/alexandroscrew/status/1127888474369957888
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

    【『[ALEXANDROS]』ベースの磯部がライブ中に膝を骨折。】の続きを読む

    このページのトップヘ