メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    音楽関係を中心にしたエンタメ関連のまとめブログ

    カテゴリ: リリース・インタビュー

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード


    1: muffin ★ 2021/04/10(土) 18:11:54.39 ID:CAP_USER9
    https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/2104/10/news035.html

    ロックバンド[Alexandros]が4月10日、新メンバーとしてロックバンド「BIGMAMA」の元メンバーであるリアド偉武さんの加入を発表しました。

    2019年に[Alexandros]のドラマーで“サトヤス”こと庄村聡泰さんが局所性ジストニアのため休養に入ったことから、リアドさんがBIGMAMAのドラマーとして活躍するかたわらサポートドラムを担当。その後、庄村さんは活動継続が困難な状況が続き、ベストアルバムの発売を最後にバンドから“勇退”することが発表されていました。

    リアドさんは2020年5月に、「ドラマーとして、新しい冒険を始めたい。自分の可能性をもっと試したい」との思いからBIGMAMAからの脱退を発表。今回の[Alexandros]加入についてバンド公式サイトで、「自分の中のすべての情熱を燃やして[Alexandros]のドラマーとして生きていきたいと思います」と新たな居場所への思いを明かしています。

    https://image.itmedia.co.jp/nl/articles/2104/10/l_mofigalxsmbdrm001.jpg 
    l_mofigalxsmbdrm001

    【『[Alexandros]』、元『BIGMAMA』リアド偉武の加入を発表 庄村聡泰の病気休養中にサポートドラマーを担当。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    images (1)


    1: 湛然 ★ 2021/04/08(木) 23:21:48.17 ID:CAP_USER9
    スティーヴ・ガッド・バンド、凄腕プレイヤー達と繰り広げた日本公演をパッケージしたライヴ・アルバムを発売
    2021/04/02 12:44掲載 CDジャーナル
    https://www.cdjournal.com/main/news/steve-gadd/90595
    https://www.cdjournal.com/image/jacket/large/Z3/Z347012054.jpg
    Z347012054


     幅広いジャンルで活躍する唯一無二のセッション・ドラマー、スティーヴ・ガッド(Steve Gadd)が、2019年12月16日から18日まで東京・Blue Note Tokyoにて行なったジャパン・ツアーの中から、12月18日公演のステージを収録したライヴ・アルバム『AT BLUE NOTE TOKYO』を4月2日(金)にリリース。

     スティーヴ・ガッドは“スティーヴ・ガッド・バンド(Steve Gadd Band)”名義の作品を発表して以来、2015年より作品を続々とリリースし、本作のライヴ・アルバムを含めて実に8年の間で5作のアルバムを発表するなど、精力的に快進撃を続けています。
    2018年に発表した前作セルフ・タイトル『スティーヴ・ガッド・バンド』は、2018年グラミー賞ベスト・コンテンポラリー・インストゥルメンタル・アルバムを受賞し、今作は受賞後初の作品。
    今回のライヴ盤では、朋友でもあり、伝説的ギタリストでもあるデヴィッド・スピノザをはじめ、ケヴィン・ヘイズ、ジミー・ジョンソンら、凄腕ミュージシャン達と、2019年12月16日から18日まで敢行したジャパン・ツアーの模様を収録。
    しなやかながら音楽全体を俯瞰し、“音楽が必要とされた時に、必要な音だけを出す”、それでいてダイナミックスを伴うガッドのパフォーマンスと鉄壁なグルーヴ&完璧なテクニック、そして非常にスキルの高いミュージシャン達との白熱のステージを堪能することが出来る作品です。


    ■スティーヴ・ガッド・バンド『アット・ブルーノート・トーキョー』
    配信URL
    https://www.jvcmusic.co.jp/-/Linkall/VICJ-61787.html

    【スティーヴ・ガッド・バンド、凄腕プレイヤー達と繰り広げた日本公演をパッケージしたライヴ・アルバムを発売。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード


    1: 47の素敵な(東京都) (7級) 2021/04/04(日) 18:28:22.34
    AKB48の柏木由紀が、2021年7月15日に30歳の誕生日を迎える。
    2年前に表明した「30歳までAKB48を卒業しません」という宣言が現実のものとなり、30代の正規メンバーが誕生すればグループ史上初の事例(期間限定在籍メンバーを除く)ということになる。

    ABEMA TIMESではそんな柏木の胸中を探るべく、柏木本人に加えて前AKB48グループ総監督の横山由依、現総監督の向井地美音、現エースの小栗有以の計4人に集まってもらい座談会を実施。
    それぞれの立場から、柏木の決断に対する思いを率直に語ってもらった。

    ■ゆきりんさんは、年齢を感じさせないところがすごい
    ─ 柏木さんは一昨年「30歳までAKB48を辞めない」宣言をされて、今年7月にはその言葉がいよいよ現実のものとなります。まず、どんな思いがあっての宣言だったのかを改めて教えてください。

    柏木由紀:その当時は、絶対に30歳までいると決めていたわけでもなかったんですよ。ただ、卒業するつもりもまったくなかったし、なんとなく話の流れで「何かそういうことを言ったら面白いんじゃないか」となったのが始まりで。とはいえ、言ったら絶対めちゃくちゃ批判されるだろうなと思いましたけど(笑)。アイドルに若さとかフレッシュさが必要なことは自分でもわかるぶん、どうなのかなと。

    ─ それでも宣言に踏み切ったのは?

    柏木:当時私は28歳で、普通ならそろそろアイドルを卒業している年齢じゃないですか。ファンの方からも「これが最後の握手になるかもしれない」「アイドルとして最後の姿かもしれない」のような声が聞こえ始めていた時期だったんです。だからはっきりと「まだ辞めないよ」と宣言することで、安心して応援してもらいたいという気持ちが一番大きかったと思います。

    ■アイドルを“先がない仕事”にしたくない
    ─ 柏木さんの宣言は、いま横山さんがおっしゃったような「なんとなくアイドルってこういうものだよね」という謎のルールに対する「本当にそうか?」という問題提起でもあったわけですよね。

    柏木:そうですね。私が48グループ最年長になったときにもいろいろな意見を耳にしたり目にしたりしましたが、だんだん「それで何かに迷惑をかけているかな?」っていう気持ちになってきて(笑)。
    純粋に応援してくれる方が目の前にいて、私はその人たちに「楽しい」と思ってもらえることをしたいだけなんですよ。「その気持ちを持つことに、悪いことがあるのだろうか?」ってやっと思えてきたというか。
    だから応援してくれる人がいる限りは続けたいし、この年齢だからといって「なんとなくそういう決まりみたいだから辞めます」というのは、応援してくださる方に失礼だなと思って。

    ─ 実際、「なんで30歳でアイドルをやっちゃいけないのか」という問いに明確な答えを出せる人ってあまりいないんじゃないかと思うんですよ。

    柏木:結局、今までのメンバーはみんな20代の間にAKB48を卒業しているので、それがある種の先入観になっている可能性はありますね。

    ─ そこで柏木さんが前例を作ることで、あとに続く人たちも続きやすくなりますよね。

    柏木:なったらいいなあとは思いますけど。“先がない仕事”としてアイドルを選ぶって、めちゃくちゃ悲しいことじゃないですか。「アイドルは一生続けられるお仕事だ」というふうになったらいいなと思いますね。

    全文
    http://news.yahoo.co.jp/articles/46f2d592ee7d7e3cfc4f9b295515efd29f90ed02

    AKB48 小栗有以、向井地美音、柏木由紀、横山由依
    http://pbs.twimg.com/media/EyF0421XMAAGuEW.jpg
    VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:512:: EXT was configured

    【柏木由紀や横山由依「30才のアイドルがいてもいい。」→ 300名を越えるAKBではだめと批判殺到。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    images


    1: 豆次郎 ★ 2021/04/02(金) 19:25:04.33 ID:CAP_USER9
    4/2(金) 19:15
    配信
    スポニチアネックス
    有吉弘行&夏目三久が電撃結婚 エープリルフールに婚姻届提出 「…怒り新党」で共演から10年

     人気お笑いタレントの有吉弘行(46)とフリーアナウンサーの夏目三久(36)が結婚したことが2日、分かった。



     エープリルフールの1日に都内で婚姻届を提出。夜には所属事務所を通じ、連名の直筆ファクスで「穏やかで幸せな家庭を築いていきます」と喜びを報告した。

     出会いは2011年4月から放送されたテレビ朝日「マツコ&有吉の怒り新党」での共演。出会いからちょうど10年でのゴールインとなった。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/334cd88f7734eae6191d21302374579a1016d355

    【有吉弘行&夏目三久が電撃結婚。エープリルフールに婚姻届提出。 「…怒り新党」で共演から10年。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (3)


    1: 爆笑ゴリラ ★ 2021/03/26(金) 08:27:03.64 ID:CAP_USER9
    3/26(金) 7:05
    NEWSポストセブン

    志村けんさん一周忌 実兄・知之さんが語る1年「遺品整理で唖然」
    志村けんさんの兄・知之さんが語る1年(時事通信フォト)
    「弟にむけた曲があるっていうのは、テレビで見て知っていたんだけど、いざ曲を聴いたら、もう、泣けて仕方がなくてね……」

     こう語るのは、志村けんさん(享年70)の兄・知之さん(74才)だ。彼が聴きながら目に涙を浮かべていたのは、吉幾三(68才)が1月下旬にリリースした『二人のブルース』。知之さんもまた志村さん同様、吉のファンだというが、リリースされてすぐには聴くことができなかったという。

    「吉さんの歌声は、独特の深みや味わいがあって、胸を打つんだよね。弟がちびちびとお酒を飲んでいる姿を思い出して、とにかく涙が止まりませんでした」(知之さん・以下同)

     最愛の弟である志村さんを失ってから1年。ようやく落ち着きを取り戻しつつあるという知之さんが、この1年を振り返る。

     知之さんが志村さんと最後に会ったのは、亡くなる1か月ほど前の2020年2月25日。麻布十番の寿司店で開かれた志村さんの古希を祝う会だった。

    「息子(志村さんの甥)が選んだ紫色のちゃんちゃんこを着て、終始楽しそうだった。“今年はドラマと映画でも頑張らないと”と話していたんだよね」

     ドラマとは、NHK連続テレビ小説『エール』、映画とは初主演の予定だった山田洋次監督作『キネマの神様』のことだ。来年の誕生日もみんなでお祝いをできるとばかり思っていたが、その願いは叶わなかった──。

     通夜と葬儀は2020年4月11日と12日に親族のみでとり行われ、四十九日法要もひっそりと済ませた。コロナ禍という状況を鑑み、関係者やファンが参列できるお別れ会はまだ開催されていない。その影響もあるのだろう。「志村さんに感謝を伝えたい」と、東京・東村山市内にある志村家のお墓を訪れるファンが後を絶たないという。墓を掃除して花を手向けたり、手紙を置いていくファンも多く、その数は段ボール3箱分以上にもなっている。ファンの心残りは、いまだ開催されていない「お別れの会」だ。

    「お別れの会については、まだ何も決まっていないんです。いまのところは、オンラインでの会も予定していません。一周忌の法要も親族のみで行う予定です」

     三鷹市内にある志村さんの自宅も、まだ整理が進んでいないそうだ。

    「弟が亡くなった後、家には何度か行っているんですが、とにかく物がありすぎて、どこから手をつければよいのかわからない状態なんです。レコードやDVD、洋服が途方もない量があって、唖然としました。遺産についても、まだ何も着手できていないんですよ」

     月日が経っても喪失感が薄らぐことはないが、そんな日々の中でも、知之さんの希望になっているものがある。東村山駅前に設置される予定の志村さんの銅像だ。設置のためのクラウドファンディングでは、6600人以上が支援し、約2700万円もの資金が集まった。銅像のポーズは、バカ殿様の“アイ~ン”に決まったという。

    「6月末には銅像が出来上がり、7月には設置されると聞いています。私も完成が楽しみですし、ファンのかたにも喜んでいただけるといいなと思っています」

     志村さんが日本中にもたらしてくれた笑いは、銅像とともに、ファンの心の中で永遠に生き続ける

    https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20210326-00000003-pseven-000-2-view.jpg
    20210326-00000003-pseven-000-2-view

    https://news.yahoo.co.jp/articles/ab6ce78e14584d4c14a25dc8b0a1f7f18cd4cf47

    【志村けんさん一周忌、実兄・知之さんが語る1年。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード


    1: ビクテグラビルナトリウム(日本のどこかに) (8段) [ニダ] 2021/03/27(土) 07:34:34.80 ● BE:788472642-2BP(2000)
    sssp://img.5ch.net/ico/ukiwa.gif
    AKB48長谷川百々花が活動終了 運営「弊社との信頼関係を損ねる行為があり」
    本紙取材に対し運営側は「弊社との信頼関係を損ねる行為があり、本人より活動辞退の申し出がありました」と回答した。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/c22ac040789e1eeb49ec87fa15d08134891fdf7c
    AKB異例のセンター抜てき!14歳の長谷川百々花は「顔面国宝」
    https://news.yahoo.co.jp/articles/7c4078a5194fdff9655f84b006018eb3922f92bd

    長谷川百々花14歳がセンター抜擢
    https://imgur.com/UbQWZsG.jpg
    UbQWZsG

    https://imgur.com/nq8VcyI.jpg
    0da6e1a859d942b4c36e7b4949443336

    https://imgur.com/9OKWvje.jpg
    9OKWvje

    https://imgur.com/c2AsNG3.jpg
    c2AsNG3


    飲酒流出
    https://imgur.com/pqruzH5.jpg
    pqruzH5

    2019年の終わりから2020年のはじめのコロナ前にチーム8の3人(布谷梨琉・井上美優・塩原香凜)が即日解雇
    3人と共に飲酒していた

    3人「私たちは解雇されたのに長谷川百々花センターでずるい」

    Twitterに飲酒画像が貼られる

    本人に聞き取り、認めて解雇

    【AKB最強美少女・長谷川百々花(14歳)がセンター大抜擢。 → 翌日、飲酒発覚で解雇に。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    1: 湛然 ★ 2021/03/20(土) 06:04:15.57 ID:CAP_USER9
    30周年記念MQA-CD/SACDも展開
    Mr.Big『Lean Into It』の全世界2000セット限定7インチボックスセット発売
    ファイルウェブオーディオ編集部・筑井真奈
    2021年03月19日
    https://www.phileweb.com/news/audio/202103/19/22348.html
    全世界2000セット限定の7インチボックスセット
    https://www.phileweb.com/news/photo/audio/223/22348/m01.jpg
    m01

    https://www.phileweb.com/news/photo/audio/223/22348/m02.jpg
    m02


    MR.BIGが1991年に発売したアルバム『Lean Into It』の30周年記念盤としてMQA-CDとSACDが、7月16日より発売となる。さらに全世界2000セット限定で7インチボックスもリリース。価格はすべてオープンプライス、7インチボックスは3月26日より予約を開始する。レーベルはEvolution Limited。

    MR.BIG『Lean Into It』(MQA-CD : EVSD982M / SACD : EVSA982S)

    今回の記念盤では、オリジナルマスターテープから192kHz/24bitで新たにリマスタリング。MQA-CD盤に収録されるボーナス・ディスクには、ギターやベースの練習に使用できるよう、ギターとベースのパートを抜いた4曲を収録。SACD盤には5.1chサラウンド音源が収録される。いずれも伊藤政則氏による解説も封入される。

    7インチボックスセットには、5枚の7インチ、ポスター、ギター・ピックが同梱される。『Lean Into It』のシングルカット曲「To Be With You」などのほか、東京・NHKホールでのライブ音源なども収録されている。

    (おわり)

    【『Mr.Big』、「Lean Into It」の全世界2000セット限定7インチボックスセット発売。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (1)


    1: jinjin ★ 2021/03/21(日) 20:50:50.93 ID:CAP_USER9
    地下アイドルがSNSで闇を告発…! 50万円の“示談金”請求にドン引き
     

    女性アイドルグループ『+Sugar.(プラスシュガー)』のメンバー・天衣ゆなが3月18日、自身のツイッターを更新。
    グループ卒業の条件として、〝示談金〟を請求されたことを明かし、ファンの間に衝撃が走っている。


    天衣は《いつも応援して下さる皆様へ》と題したツイートを投稿。

    添付された画像には《この度天衣ゆなは、+Sugar.を本日付で脱退することに致しました。何故この決断をしたのか、その経緯をお話します。+Sugar.に加入して活動していくにつれて、自分自身パフォーマンス面と活動する内容においてもっと高められる環境にいきたいと感じ、+Sugar.をいずれ辞めさせてもらう事をリーダーに伝えました》とつづられていた。


    しかし、リーダーを含めたメンバーから《卒業なんて形で絶対に発表させない》と言われたことを明かし、《初期投資25万、精神的苦痛を受けたので+25万、示談金として計50万を払えと言われました》と暴露するのだった。


    事務所の不明瞭な“契約内容”が物議

    まさかの告白にネット上からは、

    《これは酷い。それにしても冷たいメンバーだなぁ。もともと不仲だったの?》
    《どういう契約になってたんだろう。今の時代アイドルを辞めるのにも金が必要なのか? 正直、あり得ないと思う》
    《「卒業なんて形で絶対発表させない」って、これ、事務所とかマネじゃなくてメンバーが言ってるのが怖すぎる》
    《ライブアイドル界の悪い面をまさに体現しているな。セルフプロデュースであるが故の闇みたいなものを感じる》
    《契約がないなら、不法行為による損害賠償でもない限り請求はできないと思う。真っ黒すぎて怖い》

    などと、驚きの声が殺到している。


    「天衣のツイッターには告発文とともに、誓約書を撮影した写真が添付されており、衣装代、写真撮影代、フライヤー代などの明細が記載された精算書がアップされています。今のところ、天衣がメンバーや事務所とどんな契約をしたのか不明なため、詳細は分かりません。しかし、手弁当で活動している地下アイドルの場合、メンバーが脱退した後に金銭を要求されるケースもないわけではありません。事務所がどの程度関与しているのかも気になるところです」(アイドルライター)


    また、19日に更新された同グループの公式ツイッターでは、天衣の脱退については触れられていないものの、同日に開催予定のトークポートを中止すると告知している。

    〝いつもの生活にちょこっと甘いお砂糖をプラスしたようなセルフプロデュースユニット〟をキャッチコピーに活動を開始した同グループ。
    しかし天衣にとっては、〝苦い〟経験になってしまったようだ。


    https://myjitsu.jp/archives/269329


    Twitterでの告発全文と誓約書
    https://i.imgur.com/1IQPVty.jpg
    1IQPVty

    https://i.imgur.com/fUOazgt.jpg
    fUOazgt

    https://i.imgur.com/OeiAKKP.jpg
    OeiAKKP

    https://i.imgur.com/OV3B0Ie.jpg
    OV3B0Ie

    https://twitter.com/yunatenten/status/1372527097596452867
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

    【女性アイドルグループ『+Sugar.(プラスシュガー)』のメンバー・天衣ゆなさんが”闇”を告発。グループ卒業の条件に50万円の示談金を請求される。誓約書も公開。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (5)


    1: muffin ★ 2021/03/19(金) 12:17:48.77 ID:CAP_USER9
    https://tfm-plus.gsj.mobi/news/IpFbjefG0V.html?showContents=detail

    アーティストの坂本美雨がお届けするTOKYO FM「坂本美雨のディアフレンズ」。3月11日(木)の放送は、シンガーソングライターの岸谷香さんがゲストに登場。ここでは、プリンセス プリンセスを再結成した当時を振り返りました。

    ■「プリンセス プリンセスを好きでいてくれたファンの心を…」

    坂本:東日本大震災から10年が経ちました。当時、みなさんを励ますためにプリンセス プリンセスを再結成されましたよね。

    岸谷:そうでしたね。

    坂本:あのときは、たくさんの方に勇気を与えたのではないのかなと思います。

    岸谷:結果として、みなさんから「元気をたくさんもらった」というお声をいただきました。私たちがっていうよりも、(プリンセス プリンセスの楽曲)「Diamonds」や「M」が、プリンセス プリンセスのことを好きだった世代の方たちを集めてくれたんだと思います。あのときのライブには、13万ぐらいの人たちが来てくれました。
    そのチケット代は、すべて復興支援の義援金になりました。プリンセス プリンセスを好きでいてくれたファンの心を、曲を通じて私たちが橋渡しをしたわけです。あのライブをやってよかったなって、10年経った今でも思います。

    坂本:プリプリの存在もそうですけど、曲の一つひとつが別の存在意義を持って、ずっと歌い継がれている気がしますね。

    岸谷:そうですね。あのときばかりは「音楽ってすごいな!」って、まざまざと感じました。

    坂本:そのあとも(東日本大震災 復興応援ライブ)「The Unforgettable Day」というライブイベントを続けていらっしゃるんですね。

    岸谷:はい。ホストという形で、いろんなアーティストの方々と何年もやってきています。3.11のことは忘れてはいけないし、みなさんの義援金から仙台PITというライブハウスを建てました。そこを盛り上げたいなって気持ちもあるので、年に1度、ライブイベントを実施しています。

    坂本:東北への思いは、ずっと伝え続けていきたいですよね。

    岸谷:そうですね。あっという間に10年が経ちましたが、次はコロナという問題が目の前にあって、新しいフェーズというか、新しい今の自分になっています。あのときから時間が止まった方たちも、まだまだたくさんいらっしゃって、まだまだ大変な方たちは多いと思います。

    坂本:そうですね。先日も大きな地震がありましたし、フラッシュバックと言いますか、また不安な気持ちに包まれている方たちも多いのではないかと思います。そんな方たちの気持ちに、寄り添っていきたいなと思います。

    https://tfm-plus.gsj.mobi/news/contents/d6nkc2RP4u2a.jpg 
    d6nkc2RP4u2a

    【岸谷香、『プリンセスプリンセス』再結成を振り返る。復興ライブは「10年経った今でも“やってよかったな”って思います。」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (3)


    1: 少考さん ★ 2021/03/20(土) 20:08:36.98 ID:CAP_USER9
    元ZOC香椎かてぃがKATYに改名して再始動、妖艶な表情捉えたコンセプトビデオ公開 - 音楽ナタリー
    https://natalie.mu/music/news/421024

    2021年3月20日 20:00

    https://ogre.natalie.mu/media/news/music/2021/0320/KATY_art202103.jpg
    KATY_art202103

    元ZOCの香椎かてぃがKATYに改名し、本日3月20に活動を再開した。

    今年2月に東京・日本武道館で開催されたワンマンライブ「ZOC NEVER TRUST ZOC FINAL」をもってZOCを卒業したかてぃ改めKATY。彼女は再始動の発表と合わせて、クラシカルなワンピースを纏った妖艶なコンセプトビデオ「KATY/BABY」をYouTubeで公開した。このコンセプトビデオは映像監督を加藤マニが務め、音楽をサクライケンタが手がけた。

    KATYは今後、モデルやタレント活動以外にもマルチに活動の幅を広げていく予定。また彼女の直筆コメントも公開された。

    KATY/BABY - YouTube
    https://youtu.be/M5q1UPBXI7k

    【元『ZOC』香椎かてぃがKATYに改名して再始動、妖艶な表情捉えたコンセプトビデオ公開。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (2)


    1: muffin ★ 2021/03/20(土) 14:33:59.35 ID:CAP_USER9
    https://www.daily.co.jp/gossip/2021/03/20/0014166511.shtml

    タレントの渡辺直美が19日深夜、インスタグラムを更新。東京五輪・パラリンピックの開閉会式を巡り、クリエイティブディレクターの佐々木宏氏が渡辺の容姿をブタにたとえて侮辱する演出を提案した問題に対して、「過去の私も未熟で無知な言動で人を傷つけたこともあります」と謝罪し、今回のことを機に「みんなで理解しあっていけたら」と前向きにつづった。

     渡辺は19日午後6時半から自身のYouTube公式チャンネルで生配信を行い、問題となった演出案について「そもそも面白くないし、意図が分からない。私が豚である必要性がない」「(今回の報道で)傷つく人がいると思った。同じようにコンプレックスに悩む人、乗り越えた人にとってもネガティブな内容」などと話した。

     配信ライブ後、24時間で投稿が消えるストーリーズ機能を使い、インスタにメッセージを投稿。まず、一部で“泣きながら”“涙で訴え”などの見だしで報じられたことについて、「YouTubeLIVE見てくれた方は分かっていると思いますが 私泣いてないから ニュース見てびっくりした」と驚きの絵文字で否定。

     「何度も言いますが、過去の私も未熟で無知な言動で人を傷つけたこともあります。完璧な人間ではなかったことも伝えたい!大変申し訳ございませんでした。」と自身の過去をしっかりと顧みながら謝罪。

     「生きて行く中で周りの方達に教えていただきながら成長できたことに本当に感謝します。なので前向きに走りながらみんなで理解しあっていけたらいいなと思います」との思いをつづった。

    https://i.daily.jp/gossip/2021/03/20/Images/14166545.jpg 
    14166545

    【渡辺直美「過去の私も未熟で無知な言動で人傷つけた。」ときちんと謝罪。「私泣いてないから」“涙で訴え”は否定。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード


    1: 爆笑ゴリラ ★ 2021/03/20(土) 19:11:11.76 ID:CAP_USER9
    3/20(土) 19:04配信
    オリコン

    KANA-BOON(左から)小泉貴裕、谷口鮪、古賀隼斗

     昨年10月より休養していたロックバンド・KANA-BOONのボーカル&ギター・谷口鮪が、4月18日の東京・Zepp Tokyoにて開催するワンマンライブ『Re:PLAY』より活動を再開することが発表された。

    バンド公式サイトでは「谷口鮪(Vo/Gt)に関して、昨年10月より休養をいただいておりましたが、2021年4月18日(日) Zepp Tokyoにて開催するワンマンライブ『Re:PLAY』より活動を再開することとなりました」と報告。「ファンのみなさま及び関係各者のみなさまにはご迷惑とご心配をおかけしてしまい、誠に申し訳ございませんでした。心よりお詫び申し上げます」と記した。

     なお、谷口鮪の復帰公演となるワンマンライブの詳細は後日発表するとし「引き続き、本人や医療機関へのお問い合わせ等はお控えくださいますよう、何卒ご配慮のほどお願い申し上げます」と呼びかけた。

     谷口も「4/18のワンマンライブ『Re:PLAY』で、またステージに復帰します」とコメント。「約半年間、たくさんご心配をおかけしてしまい、申し訳ありませんでした。言葉にするのは難しいのですが、自分の心のコントロールが出来なくなってしまい、休まざるを得なかった、というのが実情です」と伝えた。

     「ライブをすると決めた現在も、いままで通りの自分に戻れたのか、その答えは出ていません。それでもステージに立って、みんなの前で歌い演奏することで、何か答えを見つけられるのではないかと感じています」とつづり「不安を抱えながら、同時に大きな希望も描きながら、ライブをする日を楽しみに過ごしています」と思いを吐露。

     「いままで心配かけた分、安心してもらえるよう、精一杯いまの自分を音に乗せて伝えようと思います」と前を向き「KANA-BOONを応援してくださっている皆さん、長い間待っていてくださり本当にありがとうございます」と感謝の言葉で結んだ。

    https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20210320-00000358-oric-000-1-view.jpg
    20210320-00000358-oric-000-1-view

    https://news.yahoo.co.jp/articles/cda9b1833d09fc6d408fb4dc7a749262bef7cd2c

    【『KANA-BOON』谷口鮪、活動再開。「ライブをする日を楽しみに。」】の続きを読む

    このページのトップヘ