メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    音楽関係を中心にしたエンタメ関連のまとめブログ

    カテゴリ: リリース・インタビュー

    ダウンロード (1)


    1: 湛然 ★ 2019/09/23(月) 04:37:50.17 ID:N21ebcHi9
    9/23(月) 4:00 スポニチアネックス
    イエモンが来春から充電 ボーカル吉井が明かす 年末開始ツアーで再集結総決算「一度リセット」 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190923-00000002-spnannex-ent

    パワフルかつ色っぽい歌声で観客を魅了するTHE YELLOW MONKEYの吉井和哉
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20190923-00000002-spnannex-000-1-view.jpg
    20190923-00000002-spnannex-000-1-view


     ロックバンド「THE YELLOW MONKEY」の全国ツアーが22日、グランメッセ熊本で最終日を迎えた。ボーカルの吉井和哉(52)は来春からバンドが充電期間に入ることを本紙に明かした。年末にスタートする3大ドームツアーを「総決算」と位置づけて完全燃焼し「一度リセットして新しい姿を見せたい」と意気込んだ。

     台風17号が九州に接近する中で開催した熊本公演。吉井はアンコールで「台風が来ている中、命懸けて来てくれて言葉にならない。相変わらずばかなロックバンドだけど、これからもよろしく。ドームで待ってるぜ」と観客6500人に呼びかけ、大歓声を浴びた。

     結成30周年記念日の12月28日にナゴヤドームでスタートする初の3大ドームツアー。来年4月5日の東京ドームで全4公演を終了後、バンドは期限を設けず充電期に入る。

     「ドームツアーは“シーズン2”の総決算。再集結して4年間、突っ走ってきて、ドームで100%を出し尽くして、一度リセットする。いろんなことに挑戦して、またイエローモンキーというホームに帰ってきたい」

     「シーズン2」とは、04年に解散したバンドを「再集結」と称し再結成した16年1月以降の活動のこと。さらに進化し「シーズン3」に突入するための充電だと明かす。吉井は「曲を(作り)ためて、人間的にもいろんな経験をして、新しいイエローモンキーを見せたい。そんな遠くない未来にアルバム(の発売)とともにツアーもやりたい」と構想を描いた。

     再集結後初のアルバム「9999」を引っさげての今ツアー。「アルバムを出すとパフォーマンスもこんなに変わるのかと実感した。バンドがまた一つ成長した」と手応え。「天道虫」などアルバム収録曲を中心にヒット曲「JAM」など22曲を披露した。

     シーズン2でメンバー全員が50代に突入した。吉井は「40代、50代はまだハナ垂れ小僧だとおふくろに言われます。まだまだこれからだと思っている」。ドームツアーは4公演いずれも曲目リストを変えて臨む。イエモンの挑戦が楽しみだ。

    (おわり)

    【『イエローモンキー』が来春から充電。】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: muffin ★ 2019/09/18(水) 12:06:08.08 ID:eTSY+Za/9
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201909180000217.html
    2019年9月18日

    元ビートルズのリンゴ・スターとポール・マッカートニーが、故ジョン・レノンの曲「グロウ・オールド・ウィズ・ミー」をカバーすることが17日までに明らかになった。スターが自身のサイトで、10月25日発売の新たなアルバム「ワッツ・マイ・ネーム」に収められると発表した。

    カバーではスターが歌とドラム、マッカートニーがベースなどを担当。故ジョージ・ハリスン作曲の「ヒア・カムズ・ザ・サン」の一節も入っているといい、ビートルズの4人が“参加”するアルバムとなる。

    「グロウ・オールド・ウィズ・ミー」はレノンが作曲。妻のオノ・ヨーコさんと共に制作し、亡くなった後の1984年に発売されたアルバム「ミルク・アンド・ハニー」に収録された。(共同)

    【元『ビートルズ』、ポールとリンゴが故ジョン・レノンの曲「グロウ・オールド・ウィズ・ミー」カバー。】の続きを読む

    ダウンロード (2)


    1: ひかり ★ 2019/09/17(火) 22:05:50.02 ID:AlORqzVt9
     とんねるず・石橋貴明(57)が17日、自身のインスタグラムを更新し、新ユニット「B Pressure」を結成することを発表した。

     石橋は「新ユニット“B Pressure”出来たよ!」とコメント。フジテレビ系人気バラエティー「とんねるずのみなさんのおかげでした」のスタッフで結成した
    11人の人気ユニット「野猿」のメンバーだったTeru(平山晃哉氏)、Kan(神波憲人氏)と並んだアーティスト写真を公開した。

     ユニットの公式サイトもこの日オープンし、「野猿」の楽曲を手がけた作曲家・後藤次利氏が音楽プロデューサーを務めることも発表。また、10月28、29日に
    大阪のライブハウス「ROCK TOWN」で「サビ落とし」と銘打ったお披露目ライブを行い、11日1日に初シングル「Freeze」発売することも報告した。

     石橋は最近のインスタで2人と談笑する写真やレコーディング風景をアップし、ファンから「野猿復活!?」と反響を呼んでいた。今回の発表を受け
    「いやーーー!!!待ってました!!」「マジですか!?楽しみです!!」「めっちゃ嬉しい」など歓喜と驚きの声が集まっている。

    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190917-00000047-sph-ent
    https://pbs.twimg.com/media/EEosmhmVUAIXL7_.jpg
    EEosmhmVUAIXL7_

    伝説の完全撤収から18年の時を越えこの3人が集まった。
    その名は『B Pressure』(ビープレッシャー)
    抜群のプロデュース力『Taka』(タカ)
    類まれな歌唱力『Teru』(テル)
    アイドル性No1『Kan』(カン)
    Music Producerにはもちろん野猿の楽曲全作曲の
    『後藤次利』

    B Pressure
    https://fannect.jp/bpressure/

    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1568693535/

    【石橋貴明、『野猿』メンバーと新ユニット『B Pressur』結成。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 湛然 ★ 2019/09/17(火) 05:11:38.86 ID:PKboe7fu9
    ストーン・ローゼズ解散、ジョン・スクワイア認める
    2019/09/17 03:37掲載
    http://amass.jp/125659/


    ストーン・ローゼズ(The Stone Roses)が再び解散。数年にわたる憶測の後、バンドのギタリストであるジョン・スクワイア(John Squire)は、ストーン・ローゼズが再び解散したことを明らかにしています。

    スクワイアは、南ロンドンのニューポート・ストリート・ギャラリーで開催された新しいビジュアルアート展について、英国の新聞ガーディアン紙からインタビューを受けた際、ストーン・ローゼズが解散したのかどうかを尋ねられ、単に「はい」と答えています。彼はまた、バンドについてマスコミには話さないという約束をフロントマンのイアン・ブラウン(Ian Brown)と結んでいたことを認め、「それを尊重します」とも語っています。

    スクワイアはストーン・ローゼズとの時間を振り返って「それはまだ多くの注目を集める非常に短い期間でした。ステージに戻ったときのサポートのレベルに驚きました」と話しています。

    ストーン・ローゼズは1996年に一旦解散した後、2011年に再結成。2016年には新曲2曲「All for One」「Beautiful Thing」を発表し、新しいアルバムに取り組んでいるとも言われていましたが、2017年6月のグラスゴー公演にてイアン・ブラウンが観客に向かって「終わるからって悲しむな。実現したことを喜ぼう」と語ったことから、バンドの解散の噂が広まり始めます。その後、2017年12月にメンバー4人が設立した会社Second Touring Limitedが解散したことが報告されていました

    https://www.theguardian.com/artanddesign/2019/sep/16/john-squire-interview

    (おわり)

    【『ストーン・ローゼズ』、また解散。】の続きを読む

    images (4)


    1: Egg ★ 2019/09/16(月) 12:32:08.58 ID:kyPGKB+C9
    BABYMETALの現在のメンバーはグループを離れたYUIMETALこと水野由結の脱退について語っている。

    『メタル・ハマー』誌のインタヴューでSU-METALは次のように語っている。「長い間、一緒にやってきたから、YUIMETALはこのグループにとって家族の一員のようなものなの」

    「彼女は脱退したけど、私たちは彼女のことを応援しているし、彼女が今後やりたいことを追求してくれることを願ってる」

    KOBAMETALとして知られるマネージャーもインタヴューに参加しており、最初はバンドメンバーが脱退することにそれぞれがどう反応するか心配していたと語っている。

    「間違いなく彼女たちのことを心配していましたが、同時にそれぞれのメンバーを尊敬していました。両者とも大人になったわけで、それぞれがBABYMETALを続けているのです。というのも、彼女たちはそうしたかったからです。本当にそれには感謝しています。このグループには信頼関係のようなものがあり、彼女たちもそうしたいと信じています」

    YUIMETALの脱退は2018年10月に正式発表されており、次のように発表されている。「昨年12月の広島公演を体調不良のため欠席して以降、活動をお休みしておりましたYUIMETALですが、本人の復帰への希望を受けて、メンバーおよびスタッフによる長きにわたるサポートを続け、ステージへの復帰を待っておりましたが、この度、本人の意向により『BABYMETAL WORLD TOUR 2018 in JAPAN』10月公演への出演を見送るとともに、BABYMETALを離れることとなりました」

    今年のグラストンベリー・フェスティバルでBABYMETALは『NME』のインタヴューにもおうじており、MOAMETALはYUIMETALの脱退後、「SU-METALとの絆が深まった」ように感じていると語っている。

    BABYMETALは来月、ニュー・アルバム『METAL GALAXY』をリリースし、日本公演では他でもないブリング・ミー・ザ・ホライズンと共演することが決定している。

    2019.9.15 日曜日
    https://nme-jp.com/news/78724/

    【『BABYMETAL』、YUIMETALの脱退について語る。】の続きを読む

    ダウンロード (5)


    1: 47の素敵な(東京都) (8段) 2019/09/14(土) 22:21:31.25
    2019年9月8日(日)、ザ・コインロッカーズのメンバー38人をくじ引きでシャッフルしてバンドを再編成するという期間限定企画が開催されました。
    10月~12月23日(Zepp Tokyoワンマンライブ)までの約2ヶ月間の期間限定です。
    赤チームhttps://pbs.twimg.com/media/ED60mrLUUAId2eW.jpg
    ED60G1xVAAIyT8l

    ボーカル:宇都宮未来
    エレキギター:HANNA
    アコースティックギター:髙橋美紗稀
    キーボード:後藤理花
    ベース:鏡味のぞみ
    ドラム:立花明音

    青チームhttps://pbs.twimg.com/media/ED60HuhUEAECfyG.jpg
    ED60HuhUEAECfyG

    ボーカル:竹内月音
    エレキギター:長妻美久
    アコースティックギター:橋本朋夏
    キーボード:泉真凛
    ベース:YURI
    ベース:寺田もも
    ドラム:染谷悠美

    黄チームhttps://pbs.twimg.com/media/ED60IsuU8AA1cDX.jpg
    ED60IsuU8AA1cDX

    ボーカル:山本朱莉
    エレキギター:カヨン
    エレキギター:野原衣純
    アコースティックギター:戸谷奈桜実
    キーボード:田村愛美鈴
    ベース:早坂つむぎ
    ドラム:山本愛華

    緑チームhttps://pbs.twimg.com/media/ED60KDpU8AAsRQ4.jpg
    ED60KDpU8AAsRQ4

    ボーカル:船井美玖
    エレキギター:吉田桃
    エレキギター:絹本夏海
    アコースティックギター:Emily
    ベース:山岸詩
    ドラム:松本璃奈

    紫チームhttps://pbs.twimg.com/media/ED60lo9U8AAmcBw.jpg
    ED60lo9U8AAmcBw

    ボーカル:菅野伊吹
    エレキギター:手塚愛乃
    エレキギター:髙橋菜月
    キーボード:ゴリヤノバズラータ
    ベース:中島すみれ
    ドラム:森ふた葉

    オレンジチームhttps://pbs.twimg.com/media/ED60G1xVAAIyT8l.jpg
    ED60mrLUUAId2eW

    ボーカル:中村雪音
    エレキギター:下島輝星
    エレキギター:福田瑠佳
    キーボード:有働優菜
    ベース:Яuu
    ドラム:成澤愛実

    【リハ不足でライブを中止した『ザ・コインロッカーズ』、くじ引きシャッフルでバンドを再編成してしまう。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: ターキッシュバン(長野県) [CN] 2019/09/07(土) 10:10:12.38 ID:79oKwS0a0 BE:323057825-PLT(12000)
    sssp://img.5ch.net/ico/u_okotowari.gif
    ソニーは、ドイツ・ベルリンで9月6日(現地時間)に開幕するエレクトロニクスショー「IFA2019」の会場で、
    1979年に発売した初代ウォークマン「TPS-L2」の外観を再現したウォークマン40周年記念モデル「NW-A100TPS」を披露した。
    中身はAndroidを搭載した最新型だが、付属のソフトケースを装着するとTPS-L2にそっくりになる。

    画面にカセットテープが回る動画を映し出す機能を備えた。
    ソフトケースを装着すると、透明な窓から画面の一部が露出し、初代ウォークマンでカセットテープを再生しているように見える仕掛け。

    動画は再生中の音源によって変化する。例えばテープのインデックス(ラベル部分)には音源の曲名やアーティスト名が表示され、早送りや早戻しボタンを押すとテープはそれぞれの回転方向で高速に回る。
    さらに音源がCD音質以下なら、動画のカセットはノーマルポジション、CD相当ならハイポジション、ハイレゾ音源ではメタルポジションと音質によってテープが変わるという。

    音源 表示されるカセットテープ
    MP3/AAC/WMA(128kbps以下) CHF ノーマルポジション
    MP3/AAC/WMA(160kbps以下) BHF ノーマルポジション
    MP3/AAC/WMA(256kbps以下) AHF ノーマルポジション
    MP3/AAC/WMA(320kbps以下) JHF ハイポジ
    FLAC/ALAC APE/MQA(CD相当) UCX ハイポジ
    AIFF(CD相当) UCX-S ハイポジ
    PCM(CD相当) DUAD フェリクローム
    FLAC/MQA/ALAC PCM/AIFF/APE(ハイレゾ) METAL メタル
    DSD(ハイレゾ) METAL Master

    本体の背面にはウォークマンロゴを模した「40周年特別ロゴ」をプリントした。
    製品のパッケージも特別仕様で2種類のステッカーが付属する。
    16GBのメモリを内蔵して価格は440ユーロ(約5万2000円)。
    欧州で11月の発売を予定しているが、ソニーによると日本での販売は未定としている。

    初代ウォークマンを再現した40周年記念モデル登場 音質でカセットが変わる
    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1909/06/news113.html
    https://image.itmedia.co.jp/news/articles/1909/06/ts0153_sonyw06.jpg
    ts0153_sonyw06

    https://youtu.be/CT8BCUsSdU4


    【SONYがカセットウォークマンを再現した40周年記念モデルを発表。】の続きを読む

    images (1)


    1: muffin ★ 2019/09/09(月) 23:28:54.61 ID:uDVuYHci9
    https://www.sanspo.com/geino/news/20190909/geo19090916410024-n1.html
    2019.9.9 16:41

    “呪われた名古屋バンド”のキャッチフレーズで活動するヴィジュアル系バンド・ゼツが9日、高速道路で自動車事故に遭い、メンバー4人が病院に搬送された。
    バンドの公式ツイッターが状況を伝えている。

     この事故で機材車は破損。メンバーは命に別状はないものの、ヴォーカルのさとるくんはけがの症状が重く、病院で治療中。ドラムの殺は首の頚椎の骨が3本折れるけがを負い、ギターの輪廻、ベースのタタリ。も安静が必要な状態だと伝えた。

     これにともない予定されていた、9日高田馬場AREA、10日池袋Blackhole、12日池袋EDGE、16日池袋Blackholeの4公演への出演をキャンセルとし、今後のスケジュールについてもメンバーの容態を見ながら、出演を検討するとした。

    https://pbs.twimg.com/media/EEAPKmsUcAABjWk.jpg
    EEAPKmsUcAABjWk

    https://zetu-official.com/images/zenntai_hutsuu.jpg 
    zenntai_hutsuu

    【“呪われた名古屋バンド” 『ゼツ』が自動車事故。メンバー4名が搬送。】の続きを読む

    images


    1: ジョーカーマン ★ 2019/09/07(土) 15:54:20.76 ID:oc9naWBP9
    8月7日に1st写真集「PRIVATE」を発売した元NMB48の市川美織(いちかわ・みおり/25)が、モデルプレスのインタビューに応じた。

    市川美織、1st写真集「PRIVATE」が話題
    AKB48、NMB48での活動を経て、2018年から女優として活動中の市川美織。
    今年2月には25歳を迎え、ますます魅力的となっている。
    代名詞である「レモン」要素も散りばめられ、沢山の笑顔カットが掲載された今作では、レモン風呂や浴衣姿、大胆な下着姿も披露。
    「フレッシュレモンになりたいの~」のキャッチフレーズで親しまれているが、アイドル時代のあどけないイメージのまま止まっている人には驚きの連続かもしれない中身になっており、話題を呼んでいる。

    インタビューでは【<1>大胆露出に挑んだ写真集】【<2>可愛さの秘訣】【<3>フレッシュレモンの向かう先】の3つのキーワードから迫り、“大人になったフレッシュレモン”を徹底解剖。
    最後まで読めば、ふわふわした外見からは想像がつかないほど、芯が強く戦略的な彼女の素顔が伝わるはずだ。

    ― 写真集発売おめでとうございます。ファンの方からの反響はいかがですか?

    市川:「すごく大人っぽい」と言ってもらえることが多くて嬉しいですね。こんなキャラだったので、やっぱり昔のイメージのままの方が多くて、その方たちからしたら、すごく大人になったのが分かるかなと。後はお母さんに「『いつの間にこんな大人になっていたんだな』と思ったらすごく泣けた」と言われて、感慨深かったです。

    ― 元メンバーや、芸能界のお友達にも見せましたか?

    市川:たかみな(高橋みなみ)さんにも見て頂いたんですけど(インタビュー前にラジオにゲスト出演)、「25歳なんだね~」って(笑)。お尻や背中を大胆に露出している写真もあるので、「意外と綺麗」と言って頂けて、自分でも今まで露出をしたことがなかったので、新しい発見でした。

    ― 48グループというとグラビアのイメージも強いので、市川さんが現役時代からあまり露出したことがないのは意外でした。

    市川:私はやってもお洋服を着ていることが多く、水着はそんなに着ていなくて、ましてランジェリーショットは撮影したことがなかったんです。見せるものがないと思っていたので、今回意外とお尻がプリッとしていたとか、自分でも知らない魅力が見つかった気がします。

    ― やると決まったとき、抵抗はなかったですか?

    市川:なかったですね。本当に私がお家で自由にしている感じを撮られていた感覚なので、全然恥ずかしさはなかったです。


    市川美織(いちかわ・みおり)プロフィール
    1994年2月12日生まれ、埼玉県出身。
    2010年AKB48第10期研究生オーディションに合格し、AKB48のメンバーとして活動をスタートする。
    2013年のNMB48との兼任を経て2014年にNMB48へ完全移籍。
    2016年の第67回NHK紅白歌合戦では番組内企画「AKB48夢の紅白選抜」で第10位に選出。
    初主演映画「放課後戦記」が2018年4月に公開。
    2018年5月1日NMB48を卒業。
    2018年5月17日に自身初となるPHOTOBOOK「なりたいの、わたし。」を発売。

    全文
    http://mdpr.jp/interview/detail/1868150

    市川美織1st写真集「PRIVATE」 大胆な下着姿披露
    http://img-mdpr.freetls.fastly.net/article/umVn/nm/umVnTDbJZmGQ-AvhyAXB8k7yE47b9_uhy031dRdUzCU.jpg
    umVnTDbJZmGQ-AvhyAXB8k7yE47b9_uhy031dRdUzCU

    http://img-mdpr.freetls.fastly.net/article/kbbj/nm/kbbjUGAHhGlkUN05MyU2tTqb_6tw8A469zGtnXw4smI.jpg 
    kbbjUGAHhGlkUN05MyU2tTqb_6tw8A469zGtnXw4smI

    http://img-mdpr.freetls.fastly.net/article/MM7Q/nm/MM7Q40abvYQkeiyurGkMm248be3faDemuuoKtgmJj8U.jpg 
    MM7Q40abvYQkeiyurGkMm248be3faDemuuoKtgmJj8U

    http://img-mdpr.freetls.fastly.net/article/RbVn/nm/RbVniKICBMEp4IykufJJ2zjpyXFWezio8bjmImOrSYE.jpg 
    RbVniKICBMEp4IykufJJ2zjpyXFWezio8bjmImOrSYE

    http://img-mdpr.freetls.fastly.net/article/JCIh/nm/JCIhtLOoDt1s8ye5lGAhsoFLA5GfyX9ktU2b3GvFcEs.jpg 
    JCIhtLOoDt1s8ye5lGAhsoFLA5GfyX9ktU2b3GvFcEs

    http://img-mdpr.freetls.fastly.net/article/E4Gq/nm/E4GqKMzV5aDfpnacBTfDFbtJPB0eh9iPCquV-CDdyU4.jpg
    E4GqKMzV5aDfpnacBTfDFbtJPB0eh9iPCquV-CDdyU4


    元NMB48 市川美織
    http://66.media.tumblr.com/454bf90a5d67520589f1f3fca51c23ef/tumblr_pkd6kd5COQ1ulbk6to1_1280.jpg 
    tumblr_pkd6kd5COQ1ulbk6to1_1280

    http://66.media.tumblr.com/9f4990e465e39938289aa2609919f11d/tumblr_n95tq69NEP1rxuqtuo1_1280.jpg 
    tumblr_n95tq69NEP1rxuqtuo1_1280

    http://img-mdpr.freetls.fastly.net/article/0ym8/hm/0ym8-m2BHiUU33Lr9vZi5bTdyp-OtjJJIJAi3QAQ_dQ.jpg 
    0ym8-m2BHiUU33Lr9vZi5bTdyp-OtjJJIJAi3QAQ_dQ

    【”大人になったフレッシュレモン”『市川美織』、美ボディ最大露出、大胆な下着姿披露。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 朝一から閉店までφ ★ 2019/09/08(日) 21:30:48.82 ID:OjanJYpY9
    2019-09-08 21:00

     1980年代に人気を博し、1992年に電撃解散した男女ツインボーカルバンド「BARBEE BOYS」(バービーボーイズ)が、90年以来29年ぶりとなる新作『PlanBee』を12月18日に発売されることが決定した。

     同バンドはKONTA(Vo/Sax)、杏子(Vo)、いまみちともたか(G)、エンリケ(B)、小沼俊明(Dr)からなる5人組。シングル「目を閉じておいでよ」、アルバム『LISTEN!』(87年)、『Black List』(88年)、『√5』(89年)などのヒットを連発し、92年1月に解散。2009年~10年3月にかけてデビュー25周年記念でライブ活動を行い、昨年10月にはNHKの音楽特番に出演したが、作品のリリースはシングル「あいまいtension」(90年10月発売)以来、実に29年ぶりとなる。

     四半世紀以上のブランクを経て発表される新作『PlanBee』は全5曲入り。“今”のバービーボーイズの世界観とサウンドを盛り込んだ本作を携え、来年1月13日に10年ぶりのワンマンライブ『突然こんなところは嫌いかい?』を東京・国立代々木競技場 第一体育館で開催することが決定している。

     バンド名(BEE=蜂)にちなみ、毎月8日の“蜂の日”にさまざまな発表を実施。きょう8日午後8時からは代々木第一体育館公演「蜂の日2次先行受付」がスタートする。この受付までにチケットを入手するとオリジナルデザインチケットが発行される。
    https://www.oricon.co.jp/news/2144002/full/
    (最終更新:2019-09-08 21:00)

    【『バービーボーイズ』29年ぶり新作「PlanBee」、12/18発売決定。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: スズムシのなく頃に ★ 2019/09/05(木) 14:58:24.66 ID:n3JmuVsL9
    2019-09-05 14:06 ORICON MUSIC
    https://www.oricon.co.jp/news/2143799/full/
    https://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20190905/2143799_201909050771847001567660105c.jpg
    2143799_201909050771847001567660105c

     沖縄を拠点に活動するバンド・HYのギタリスト・宮里悠平(35)が脱退することが5日、バンドの公式サイトで発表された。宮里は5月9日に体調不良を発表し、休養中だった。

     公式サイトでは「療養中のギター宮里悠平ですが、HYとしての活動とは別の人生を歩むこととなりました」と報告。「宮里の療養を発表してから皆さまに大変ご心配をおかけいたしました。そして、たくさんの励ましのお手紙など本当にありがとうございました。復帰を楽しみに待っていただいたファンの皆様には本当に申し訳ない気持ちで一杯です。突然このようなご報告になりましたこと深くお詫び申し上げます」とつづった。

     宮里も同サイトでファンに感謝するとともに、今後については「療養をしっかりして、ゆっくり自分の道を歩んでいきたいな。ギターはずっと弾いていきたいなと思っています」と明かし、「19年間みんな本当にありがとう。これからもHYの応援もしてね!」と呼びかけた。

     2000年の結成時からのメンバー、新里英之(Vo/G)、仲宗根泉(Key/Vo)、許田信介(B)、名嘉俊(Dr)もそれぞれコメント。来年、20周年を迎える目前での脱退となり、新里は「本当に残念です」「絶対に悠平の手を離さないで何があっても、支えて、一緒に乗り越えて行くと決めていたのに…」と悔やみながらも、「これからHYは4人で走ります」と4人体制でのバンド継続を宣言した。

    【『HY』ギターの宮里悠平が脱退。「療養をしっかりして、ゆっくり自分の道を。」 】の続きを読む

    ダウンロード


    1: ひかり ★ 2019/09/06(金) 19:02:52.48 ID:+sGH2WJI9
     2007年に40歳の若さで亡くなった坂井泉水さんがボーカルを務めたZARDをトリビュートしたアルバム『ZARD tribute』(18日発売)でデビューする
    女性4人組バンド、SARD UNDERGROUND(サードアンダーグラウンド)がこのほど、東京・六本木のオリコン本社を訪れ作品をアピールした。

     SARD UNDERGROUNDは、ZARDが所属するBeingのレーベル、GIZA studioでメジャーデビューを目指してレッスンを受けていた神野友亜(Vo)、
    赤坂美羽(G)、杉岡泉美(B)、坂本ひろ美(Key)によって結成。ZARDのプロデューサーでBeingの創始者である長戸大幸氏が「ZARDの作品を後世に
    伝えていってくれる存在」として後押し。バンド名もZARDの「Z」を反転させ、SARD UNDERGROUNDと名付けられた。

     デビューを間近に控え、坂本は「最初はうれしいという気持ちがありつつ、夢のようなお話だったので全然実感がなかったんですけど、メンバーで
    活動していくうちにだんだん実感がわいてきました」と話す。一方、“ZARDが残した楽曲を後世に伝える”という使命に杉岡は「(デビューが)
    うれしい半面、プレッシャーも感じていました。でも、やるしかない、頑張ろうと思いました」と正直な気持ちものぞかせた。

     平均年齢20歳とあり、メンバー全員がリアルタイムでZARDの楽曲を聴いていたわけではないが、大きな影響を受けたという。なかでも神野は
    「1つひとつストーリーが違う曲を、その曲に合うようにピッタリ歌っている。聴く人への“伝え方”が本当にすごいと思います」と、ボーカルの
    坂井泉水さんの表現力を改めて実感。「坂井さんの歌い方を自分のなかで1回消化したうえで、自分なりにZARDさんの曲・歌詞をしっかり
    伝えていけたらと思います」と目標を明かした。

     デビューアルバム『ZARD tribute』には、「君がいない」「マイ フレンド」などの名曲から、「突然」「DAN DAN 心魅かれてく」といった
    ZARDが他アーティストに提供した楽曲も収録。赤坂は「個人的には『Don’t you see!』がおすすめです。ZARDさんのオリジナルのすごくすてきなんですが、
    私たちが(カバー)させていただいたものも、また違った形でありなのかなと思います。ぜひ聴いていただきたいです」とアピール。

     さらに今後についても、赤坂は「デビューアルバムで発表した曲以外にも、まだまだやりたい曲がたくさんあるので、プレッシャーを感じながらも、
    楽しみのほうが大きいです」と話し、神野は「今の世代にZARDさんの曲を伝えていくために、バンドとして大きくなりたい。CDだけじゃなく、
    ライブなども行っていきたいです」と胸を高鳴らせていた。

    オリコン
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190906-00000355-oric-ent
    アルバム『ZARD tribute』(18日発売)でデビューするSARD UNDERGROUNDがオリコン来社
    https://amd.c.yimg.jp/im_siggiJNzVn0g8hZBiUaFuj7w1A---x900-y601-q90-exp3h-pril/amd/20190906-00000355-oric-000-1-view.jpg

    SARD UNDERGROUND
    https://pbs.twimg.com/media/EADJSQ0VUAwJrC5.jpg
    EADJSQ0VUAwJrC5

    https://pbs.twimg.com/media/EADJSQpU8AAHmSV.jpg 
    EADJSQpU8AAHmSV

    【『ZARD』トリビュートバンドの『SARD UNDERGROUND』、9/18デビュー。ビーイング系特有の”色々とヤバい感じ”が滲み出てて話題に。】の続きを読む

    このページのトップヘ