メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    音楽関係を中心にしたエンタメ関連のまとめブログ

    カテゴリ: リリース・インタビュー

    ダウンロード (4)


    1: 湛然 ★ 2019/11/12(火) 22:59:27.90 ID:lCIg4bEO9
    X JAPAN 「ENDLESS RAIN」と「Silent Jealousy」のミュージックビデオ(HD版)をアーカイブ公開
    2019/11/12 16:36掲載
    http://amass.jp/127957/

    X JAPAN 『ENDLESS RAIN』(HD)
    https://www.youtube.com/watch?v=QhOFg_3RV5Q



    X JAPAN 『Silent Jealousy』(HD)
    https://www.youtube.com/watch?v=Oj9bvmzTR2A




    X JAPANのYouTubeチャンネルにて、「ENDLESS RAIN」と「Silent Jealousy」のミュージックビデオ(HD版)がオフィシャル・アーカイブ公開されています

    (おわり)

    【『X』が「ENDLESS RAIN」と「Silent Jealousy」のミュージックビデオ(HD版)をアーカイブ公開。】の続きを読む

    ダウンロード (2)


    1: muffin ★ 2019/11/12(火) 19:42:22.54 ID:h2LD7Ujr9
    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/1619070/
    2019年11月12日

    ロックバンド「KANA‐BOON」のベースで、活動を休止している飯田祐馬(29)が12日、バンドの公式サイトで脱退することを発表した。

    飯田は今年6月5日、メンバーらと連絡が取れなくなり、事実上の失踪となった。15日に自宅に戻り、無事が確認されたが、19日には公式サイトで活動休止を発表。失踪の理由は「個人的な不安やプレッシャー」とされた。

    12日の発表では「かねてより音楽活動を休止していたベーシスト 飯田祐馬ですが、この度、KANA‐BOONを脱退することになりました」と報告し「応援してくださっていたファンの皆様には、残念なお知らせとなってしまい申し訳ございません」と謝罪。なお、飯田が抜けてもバンドは活動を続けるという。飯田は以下のようにコメントした。

    「応援してくださったファンの皆様、関係者の皆様、この度は僕の個人的な理由により、ご心配とご迷惑をおかけしてしまい本当に申し訳ございませんでした。

    病院で精神的な病気だと診断されて、しばらくお休みをいただいていましたが、その病気が治るまでに何ヶ月かかるのか、それとも何年もかかってしまうのか、はっきりとは分かりません。そんな状態で、応援してくださるファンの皆様やメンバーをこのまま待たせてしまうことや、僕の好きなKANA‐BOONの活動がこのまま止まってしまうことが一番嫌なので、脱退という形が今できる自分の最善の選択だと考えました。

    メンバーと出会って12年。

    KANA‐BOONに加入して8年。

    家族以外でこんなに長い間一緒に泣いたり笑ったり、感動したりした人たちは他に居ないです。

    メンバーは好きとか嫌いとかを超越した存在なので、自分が脱退するのは、今更仲が悪くなったとかそういったことが理由ではありません。

    本当に自分よがりな選択ですみませんが、KANA‐BOONが次に進むためには今はそれしかないと考えているので、この選択に後悔はありません。

    メンバーのおかげで、そして応援してくださる皆様のおかげで、今まで最高の時間を過ごすことができました。

    僕にKANA‐BOONという居場所をくれて本当にありがとうございました」

    https://img.tokyo-sports.co.jp/wp-content/uploads/2019/11/fa961a2628b10dfbdfcbafa4a3748f86-343x450.jpg 
    fa961a2628b10dfbdfcbafa4a3748f86-343x450

    【『KANA-BOON』ベーシスト・飯田祐馬が脱退。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 16文キック(テレビ大阪) [GR] 2019/11/10(日) 18:47:58.02 ID:sI22Xnt40 BE:697145802-PLT(15610)
    sssp://img.5ch.net/ico/goo_1.gif
    マキシマム ザ ホルモン、亮君の体調不良を受けて年内の全公演をキャンセル
    https://natalie.mu/music/news/354829

     マキシマム ザ ホルモンが、年内に予定されていたすべての公演の出演を
    見送ることを発表した。

     マキシマムザ亮君(歌と6弦と弟)の体調不良のため、11月4日から8日にかけて
    予定されていたツアー「令和上原組直系太会~東北ライブハウス大作戦ツアー~」への
    出演をキャンセルしたマキシマム ザ ホルモン。その後、亮君の回復を待っていたが、
    根本的な治療が難しい病気である可能性があるという医師の所見を踏まえて、
    現時点では激しいライブを行うのが難しいと判断したという。

     彼らが出演をキャンセルするのは、MOROHAのツアー
    「『MOROHA IV』RELEASE TOUR“対”」の11月17日に行われる大阪・ユニバース公演と、
    THE ORAL CIGARETTESのツアー「BKW!! STRIKES BACK 2019」の11月19日に行われる福岡・Zepp Fukuoka公演、
    11月24日に台湾で行われるフェス「FireBall Fest. 火球祭 2019」、
    12月1日に北海道・Zepp Sapporoで行われるイベント「POWER STOCK 2019 in ZEPP SAPPORO」、
    12月21日に京都・京都パルスプラザで行われるROTTENGRAFFTY主催イベント
    「ポルノ超特急2019」、そして12月29日に千葉・幕張メッセ国際展示場1~11ホール
    および幕張イベントホールで行われるフェス「COUNTDOWN JAPAN 19/20」。
    MOROHAとTHE ORAL CIGARETTESのツアーはこれに伴い、希望者を対象に
    チケットの払い戻しを実施する。なおTHE ORAL CIGARETTESツアーの福岡公演は、
    THE ORAL CIGARETTESの単独公演となる。

    【『マキシマム ザ ホルモン』ギターボーカル弟・亮君の体調が回復せず年内全公演のキャンセルを発表。】の続きを読む



    1: マロン派 ★ 2019/11/09(土) 20:49:57.32 ID:R5LSS2KY9
    HYDE、故郷・和歌山で開催した感動のアコースティックコンサートを映像作品化
    M-ON!Press(エムオンプレス) 11/9(土) 10:39配信

    ■HYDE、『HYDE ACOUSTIC CONCERT 2019 黒ミサ BIRTHDAY -WAKAYAMA-』を自身の誕生日の2020年1月29日に発売!
    2019年1月29日、HYDEの誕生日当日に故郷・和歌山市の和歌山ビッグホエールで開催された『HYDE ACOUSTIC CONCERT 黒ミサ BIRTHDAY -WAKAYAMA-』の映像商品が、1年の時を経てBlu-ray & DVDで来年のHYDEの誕生日の2020年1月29日に発売されることが決定した。
    ※「黒ミサ」の「黒」は、旧字体が正式表記。

    【画像】HYDEの誕生日を祝うサプライズプレート
    https://www.m-on-music.jp/admin/wp-content/uploads/2019/11/191108-st-191902.jpg
    191108-st-191902

    節目の誕生日を故郷・和歌山で迎えたこのコンサートを、サプライズで参加したKen(L’Arc~en~Ciel)のMCを除き完全ノーカット収録。さらに歌詞の世界観も堪能できるよう全曲歌詞字幕対応付で収録される。2日間で2万7,000人が感動に包まれた至高のコンサートが、いよいよ映像化される。

    初回限定盤は、コンサート映像とコンサートドキュメンタリー映像を収録したBlu-rayと、コンサート音源を収録したCDに加え、全曲解説も付いた豪華ブックレット付。そのドキュメンタリーには、前夜祭でのバースデーカウントダウンの模様や、コンサートの舞台裏、そして2日目追加公演の1月30日に行われた『和歌山市ふるさと観光大使』の委嘱式の模様など盛りだくさんの映像が収録される。通常盤は、Blu-rayならびにDVDでコンサート映像が収録される。

    HYDEは、この和歌山でのアコースティックコンサートで今年の活動を始動。6月にはHYDEソロとしてのニューアルバム『ANTI』を発売し、全国ライヴハウスツアーをスタート。その後、9月13日から11月1日までシネマティック・ロックバンド、STARSETのUSツアーのサポートアクトとして36公演に出演し、その最終公演を終えたばかりだ。

    12月7日・8日には、自身の『HYDE LIVE 2019 ANTI FINAL』を千葉・幕張メッセで開催する。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191109-00000008-mnet-musi
    https://lpt.c.yimg.jp/im_sigg1H7Nbx680z2DaWvdfspC3Q---x600-y900-q90-exp3h-pril/amd/20191109-00000008-mnet-000-view.jpg 
    20191109-00000008-mnet-000-view

    【『L'Arc-en-Ciel』HYDE、故郷・和歌山で開催した感動のアコースティックコンサートを映像作品化。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/11/08(金) 16:49:10.48 ID:vEbdt8Db9
    中山美穂が12月4日にリリースするニューアルバム「Neuf Neuf」のジャケット写真が公開された。

    「Neuf Neuf」は6月にデビュー35周年イヤーを迎えた中山が約20年ぶりにリリースするアルバム。ジャケットは、中山の一連の動きを切り取る手法でカメラマンの舞山秀一によって撮影された。このジャケット写真と共に、本作の初回限定盤に付属する卓上カレンダー、新たなアーティスト写真も公開された。

    また中山は自身の誕生日である2020年3月1日、初めてコンサートを行った東京・中野サンプラザホールで「MIHO NAKAYAMA BIRTHDAY CONCERT」を行う。

    2019年11月8日 12:46
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191108-00000052-natalien-musi

    https://i.imgur.com/4Q5qv5u.jpg
    4Q5qv5u

    https://i.imgur.com/KgsDoPM.jpg
    KgsDoPM

    https://i.imgur.com/nwat27W.jpg
    nwat27W

    https://youtu.be/RnaiiQHHPIE


    ただ泣きたくなるの

    https://youtu.be/_l107YziKVk


    メドレー

    【『中山美穂』、20年ぶりアルバム「Neuf Neuf」のジャケ写がピンボケで話題に。】の続きを読む

    ダウンロード (9)


    1: 湛然 ★ 2019/11/08(金) 23:03:38.37 ID:KtqP0vvj9
    11/8(金) 17:40 rockinon.com
    オジー・オズボーン、9年ぶりとなる新曲"Under The Graveyard”公開! 「全身全霊を注ぎ込んだ」新ALは来年初めにリリース予定
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191108-00000011-rorock-musi

    OZZY OSBOURNE - "Under The Graveyard" (Official Audio)
    https://www.youtube.com/watch?v=fMAAMfHgO4Q




    オジー・オズボーンが、ソロとしては約9年ぶりとなる新曲”Under The Graveyard”をリリースした。

    また、オリジナル・アルバムとしては2010年の『スクリーム』以来となる新作『オーディナリー・マン』も2020年初めにリリースを予定しているそうだ。

    アルバムはロサンゼルスでレコーディングされ、プロデューサーのアンドリュー・ワットがギター、ダフ・マッケイガン(ガンズ・アンド・ローゼズ)がベース、チャド・スミス(レッド・ホット・チリ・ペッパーズ)がドラムスとして参加しているとのこと。

    なお、ニュー・アルバムについて、オジーから以下のコメントが届いている。

    おそらく『ノー・モア・ティアーズ』以来の、久々の重要な作品になりそうだ。このアルバムは崇高なる力からの贈り物だった。俺にとっては決して諦めてはいけないということの証拠だね。

    (娘の)ケリーがやってきて「ポスト・マローンの曲を手掛ける気はない?」と訊いてきたのがすべての始まりだった。俺の最初の反応は「ポスト・マローンってのは一体誰だ?」だったよ。

    アンドリューを訪ねたら、すぐに作ろうと言われた。一緒にその曲を作り終えると、あいつは「アルバムを作り始める気はないか」と言ったんだ。「それはファッキン素晴らしいことだな。ただ、地下室に半年も篭って作業するのはごめんだ!って思っているんだ」と言ったよ。

    そうしたらほんの短い間にアルバムが仕上がったんだ。ダフとチャドが加わって、日中はみんなでジャムって、夜は俺が曲作りに取り組んだ。自分がアルバムを作るべきだというのは(妻でマネージャーの)シャロンにも以前話したことがあったけど、心の奥では「でもそんなファッキンな力はないんだ…」と考えていた。

    でも、アンドリューが力を引き出してくれたんだ。俺が全身全霊を注ぎ込んだこのアルバムを、みんなが聴いて楽しんでくれることを心から願っているよ。


    ●リリース情報
    オジー・オズボーン
    "Under The Graveyard”
    iTunesでの購入及び各ストリーミング・サービスで配信中

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

    【『オジー・オズボーン』、9年ぶりとなる新曲「Under The Graveyard」公開。 ”全身全霊を注ぎ込んだ”新ALは来年リリース予定。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 湛然 ★ 2019/11/08(金) 23:08:07.78 ID:KtqP0vvj9
    ギターウルフセイジ、パスポートの破損により出国出来ずEUツアー2本キャンセル
    Rolling Stone Japan 編集部 |2019/11/08 11:55
    https://rollingstonejapan.com/articles/detail/32409

    EUツアーを敢行中のギターウルフ
    https://images.rollingstonejapan.com/articles/32000/32409/ORG/4917ff0ea3adfc15658b383e6735459b.jpg
    4917ff0ea3adfc15658b383e6735459b


    ギターウルフのセイジが、パスポートの破損の為、ヨーロッパツアーのうち、パリとベドフォードの2本の公演が中止となった。

    パスポートの破損により出国出来ず

    現在、パスポートの再発行が無事に終了し、残りの22公演は予定通り行われる。また、セイジはギターウルフ公式Twitterにて「なんてこった! パスポートが破れていた! 航空会社曰く、日本の機械は読み取れても、ヨーロッパの機械が読み取れない可能性があります、だってさ。だったら、人間が読めよーーーー! はっきり読めるだろう! 何の為に人間がいるんだ!」とコメントしている。

    また今回のヨーロッパツアーのみのサポートドラムウルフとしてDMBQ、巨人ゆえにデカイで活動する和田晋侍が参加する。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

    【『ギターウルフ』セイジ、パスポートの破損により出国出来ずEUツアー2本キャンセル。】の続きを読む

    images


    1: 47の素敵な(武蔵國) (無能) 2019/11/08(金) 16:51:49.79
    「尻職人」の異名を持つグラビアアイドル・倉持由香が11月5日、プロゲーマーとして活動している「ふ~ど」氏(33)と結婚したことをブログで発表した。

     ネットでは、彼女の結婚に対し祝福の声が相次いだその一方、一部では彼女の結婚に対し、
    「グラビアアイドルの闇を見た」「あまりにファンに対して失礼」「いくらなんでも悪質では」といった厳しい声が相次ぎ、炎上状態が続いているという。

     倉持は2016年に行われた自身のDVD発売イベントにて、「結婚したいけど、恋人がいない」「13歳から芸能の仕事をしているのでちゃんとした恋愛をしたことがない」
    「バレンタインデーもクリスマスも女友達しか来なかった」と、「モテない」「非リア充」アピールを行っていた。
    しかし、蓋を開けてみると、高校在学中の17歳からこの男性と交際しており、上記の発言はかなりの誇張があったと思われる。

    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/17342766/

    https://imgur.com/4VJZcQc.jpg
    4VJZcQc

    【アイドル倉持由香(27歳)「彼氏いません!私モテないんです~。」→ 結婚発表「10年間付き合ってました。」 】の続きを読む

    images


    1: 牛丼 ★ 2019/11/06(水) 21:10:34.04 ID:V0iEGogK9
    ジョージ・マイケルの未発表曲が公開。12月6日公開映画『ラスト・クリスマス』サントラにも収録Published on 11月 6, 2019

    「Last Christmas」他、ワム!やソロ・キャリアを通して史上最高のポップ・ソングをいくつも世に送り出したジョージ・マイケルの未発表楽曲「This is How (We Want You to Get High)」が2019年11月6日より配信開始となった。これは海外では11月8日より、日本では12月6日から公開される、ジョージ・マイケルとワム!の音楽にインスパイアされた映画『ラスト・クリスマス』に提供されたものとなる。

    https://youtu.be/M1kWLPGUKcs



    「This is How (We Want You to Get High)」は、ジョージ・マイケルとジェームズ・ジャックマンによる共作、共同プロデュースの楽曲。2012年の早い時期に制作が始まり、その後ロンドンのエア・スタジオでのセッションで録音され、2015年の終わりにジョージにとって最後となった複数のレコーディング・セッションで仕上げられた。2012年以来、過去7年で初めて公開される彼のオリジナル曲だ。ジョージが一人で書いた歌詞には、彼のトレードマークである自虐的でひねくれたユーモアを交えながら社会の病を告発する、というスターの姿が映る。

    高揚感があり、社会を意識したメッセージも有するこの曲は、映画『ラスト・クリスマス』のフィナーレにもってこいだ。ワム!の同名ヒット曲に着想を得たこの映画のサウンドトラックにはワム!の3曲とジョージ・マイケルのソロ・キャリアから12曲が収録される。監督のポール・フェイグはこの映画を「ジョージへのラブレター」と表現している。

    映画の脚本に参加し、出演もしているアカデミー受賞女優エマ・トンプソンは、2013年春にノース・ロンドンにあったジョージの自宅を訪ね、脚本について思うところをじっくり話し合った。ジョージは彼女の主張を大いに気に入り賛同。女優兼脚本家として彼女は、2016年のクリスマス当日にジョージが急逝する以前に何パターンかの脚本を書き上げていたのだ。

    2018年春、映画に使用する楽曲を巡って話し合いを重ねる中で、完成しながら発表されていなかったジョージ・マイケルの新曲を4曲、独占的に試聴する機を得たエマ・トンプソンは、すぐさま「This is How (We Want You to Get High)」と恋に落ちた。歌詞が映画の中核となるテーマと共鳴することに気づいたからだ。

    映画『ラスト・クリスマス』は日本では12月6日(金)TOHOシネマズシャンテほかで全国公開。オリジナル・サウンドトラックは11月20日に発売される。

    https://youtu.be/vo4m0nPDm9Y



    https://www.udiscovermusic.jp/new-releases/george-michael-this-is-how-we-want-you-to-get-high

    【『ジョージ・マイケル』の未発表曲が公開。12月6日公開映画「ラスト・クリスマス」サントラにも収録。】の続きを読む

    9il7yPB


    1: フォーエバー ★ 2019/11/07(木) 18:27:18.87 ID:j1qSBEsx9
    来年3月1日をもって“全員卒業”する「さんみゅ~」(左から)西園みすず、野田真実、木下綾菜、新原聖生、小林弥生

     1980年代に松田聖子、早見優、酒井法子ら人気アイドルを輩出してきた芸能事務所サンミュージック初のアイドルグループとして誕生した「さんみゅ~」が7日、来年3月1日のライブ『さんみゅ~ FINAL LIVE -夢で逢いましょう-』をもって“全員卒業”することが明らかになった。

     全員卒業を決めた理由について所属事務所は「メンバーそれぞれがグループ活動の先にある個々の夢に向かう活動を、これまで以上に邁進していくタイミングと判断したからです」と説明。「これまでも、グループ活動を続けながらという選択肢も幾度となく考え、今日に至るまでなんとかそうなるように努力を続けてきましたが 、活動をするうえでグループに甘えない環境が、本来は一番正しいのではないかと考えるようになり、一つの前向きなけじめとして」決断したという。

     2011年に発足した「さんみゅ~β」プロジェクトを経て、13年1月に事務所の先輩にあたる岡田有希子さんのヒット曲「くちびるNetwork」でメジャーデビューした。80年代の王道アイドルサウンドを継承するスタイルで、これまでにシングル12枚、アルバム2枚をリリース。先輩のベッキーとコラボレーションした9thシングル「トゲトゲ」でオリコン週間シングルランキング最高位5位を記録。グループ名はサンミュージック創業者の相澤秀禎会長(当時)が社名から命名した。

     公式サイトでは「『さんみゅ~を始めよう!』とこのグループを結成するチャンスを与えてくれた、故・相澤秀禎(サンミュージック元会長)の理想には程遠く、期待通りの結果は残せなかったと思います。ただ、会長からの言葉、『みんなから愛されるタレントになりなさい』その言葉は今も忘れていません。きっとこれからも忘れることなく、メンバーは次のステージに進んでいくことでしょう」とつづられている。

     サイトにはメンバーの木下綾菜(23)、小林弥生(23)、新原聖生(20)、西園みすず(24)、野田真実(23)それぞれのメッセージも掲載。木下は「さんみゅ~というグループで活動できた時間、出会えたメンバー、スタッフさん、そして応援してくれるみんなは私の人生の宝物です。そんな大好きなグループを最後まで見届けられて私は幸せです」とし、「残り、約4ヶ月。一瞬でもさんみゅ~に関わって下さった全ての方に、全力で感謝の気持ちを伝えていきたいです。会いに来て頂けたら嬉しいです!」とつづった。

     野田は「全員が20歳を超え、それぞれの道を考えることは当たり前だと思うし、明確に見えていることはとても素晴らしいこと」とし、小林は「メンバーがそれぞれ違うところで違う形で新しく輝くのだと思います」と確信。新原は「終わってしまうのは悲しいけれど、自分にとっての新しいスタートだと思って、まだまだ最高の景色を皆さんと一緒に見るために私はこれからもずっと歌い続けます」と約束、西園は「私達の新しい決断をどうか暖かく見守ってもらえたらと思います」と呼びかけた。

     最後のツアーは来年2月2日からスタート。3月1日の東京・YAMAHA銀座スタジオ公演をもって終幕する。

    ■さんみゅ~現体制ラストツアー日程
    ▽2020年
    2月2日(日):東京・赤羽ReNY alpha
    2月15日(土):愛知・名古屋RAD HALL
    2月23日(日):大阪・アメリカ村BEYOND
    2月29日(土):東京・YAMAHA銀座スタジオ【昼】3MAN LIVE 【夜】銀座で逢いましょう#FINAL
    3月1日(日):東京・YAMAHA銀座スタジオ【昼】個別握手会 【夜】さんみゅ~ FINAL LIVE -夢で逢いましょう-

    11/7(木) 18:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191107-00000356-oric-ent
    https://i.imgur.com/9il7yPB.jpg 

    【サンミュージック初のアイドルグループ『さんみゅ~』、来年3月で全員卒業「前向きなけじめ。」 】の続きを読む

    ダウンロード (4)


    1: muffin ★ 2019/11/05(火) 18:15:25.78 ID:tP0bssW99
    http://amass.jp/127641/
    2019/11/03

    昭和の時代に一世を風靡したポータブルレコードプレーヤー『GP-3-R』を完全復刻。音声回路や部品は最新の技術に置き換え、レコード再生カートリッジはオーディオテクニカ製を使用し高音質を実現。『フリースタイル ポータブル・プレーヤー GP-N3R』は12月上旬発売

    株式会社太知ホールディングスでは常に、サムシングユニークな商品の開発に努めていますが今回は、アナログレコードが最盛期の時代に大ヒットモデルでありました小型レコードプレーヤーを完全に復刻いたしました。

    当時と同様に17cmレコードはセットを柱や壁に掛けても演奏が楽しめます。
    また、音声回路や部品は最新の技術に置き換え、レコード再生カートリッジは評価の高いオーディオテクニカ製を使用し高音質を実現いたしました。

    1970~80年代に青春時代をすごされた方には実に懐かしいモデルとなります。現在のレコードブームを支えている方々や初めてレコードを目にする方々に世代を超え幅広く受け入れられるものと確信しております。

    全文はソースでご覧ください

    https://prtimes.jp/i/50277/3/resize/d50277-3-214312-0.jpg
    d50277-3-214312-0

    https://prtimes.jp/i/50277/3/resize/d50277-3-736167-2.jpg 
    d50277-3-736167-2

    【昭和の時代に一世を風靡したポータブルレコードプレーヤー『GP-3-R』を完全復刻。】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: 湛然 ★ 2019/11/03(日) 05:16:05.25 ID:JYwUU9Dn9
    2019/11/01 Billboard JAPAN
    http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/81710/2
    Superfly、NHK朝ドラ主題歌「フレア」MV公開 1500本のロウソクを使用したコマ撮りキャンドルアニメーション
    http://www.billboard-japan.com/scale/news/00000081/81710/650x_sub_image192590.jpg
    650x_sub_image192590

    Superfly-フレア(Music Video) NHK連続テレビ小説「スカーレット」主題歌
    https://www.youtube.com/watch?v=0vJrBbcsfac




     Superflyが、NHK連続テレビ小説主題歌「フレア」のミュージックビデオを公開した。

     この楽曲はタイトル通り“炎”がテーマに歌詞が書かれており、ミュージックビデオは心の中の小さな炎をあらわした沢山のロウソクをコマ撮りで撮影したキャンドル・アニメーション映像となっている。

     撮影には総数1500本ものロウソクが使用され、一本一本のロウソクを実際につけたり消したりしてコマ撮りで制作されたキャンドル・アニメーションが完成した。

     中には8時間以上ロウソクを灯し続けて撮影されたカットもあり、時間と手間をかけ実写で撮影したからこそ表現できる炎のゆらめきが美しい、デジタルでは表せないあたたかみあふれる作品となっている。

     企画・監督は川村真司(whatever)が担当。同氏はNHK連続テレビ小説『スカーレット』のオープニング・タイトルバック映像のクレイアニメーションも手がけている。


    ◎配信情報
    「フレア」
    2019/11/1 RELEASE

    (おわり)

    【『Superfly』、NHK朝ドラ主題歌「フレア」MV公開。1500本のロウソクを使用したコマ撮りキャンドルアニメーション。】の続きを読む

    このページのトップヘ