メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    音楽関係を中心にしたエンタメ関連のまとめブログ

    カテゴリ: 日本国内アーティスト(50音順)※編集途中

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (2)


    1: jinjin ★ 2021/02/13(土) 18:36:32.71 ID:CAP_USER9
    上原多香子がまたも“大暴走”! 無計画発言に呆れ声「絵に描いた様な転落人生」


    4人組ダンスボーカルグループ『SPEED』の上原多香子がまたもや〝迷走〟していると、ネット上で話題になっている。

    上原は昨年10月11日に〝ゆうが風花〟の名前で新しくインスタグラムを開設。景観アーティストでガーデニングの第一人者・石原和幸氏に弟子入りしたことを明かしていた。
    にも関わらず、実質的な活動はほぼ皆無。

    インスタグラムのアカウントも程なく削除されている。


    「2月8日付の『週刊女性PRIME』によると上原は、石原氏の助言の元、3人ユニット『ゆうが風花』を結成。本格的に園芸について学ぶ姿勢を見せていました。しかし、石原氏が企画した長崎市の庭園で行われたイベントを『やっぱり行けません』とドタキャン。新型コロナを理由に休業し、一向にヤル気を見せていない模様です。将来は花や緑を広める講演会を中心に活動していくと表明していましたが、その決意もどこへやら、お茶を濁しているようです」(芸能記者)



    上原多香子は堕落する一方?
    上原の言動に、ネット上では、

    《『SPEED』の再結成も幻になったし、お世話になった人のイベントをドタキャンして、あまりにもイメージが悪すぎる》
    《庭園デザイナーがやりたいと夢を語っただけみたいですね。何も勉強もしてないみたいだしこのまま有耶無耶になって終わるのが目に見える》
    《そんないい加減だとまた仕事が完全に無くなるのでは? 全てにおいていい加減なんだよね、この人》
    《素直に師匠の教えを聞いて、苦しい下積みを耐え……なんて芸能界でチヤホヤされて生きてきた上原にできるわけないよ。石原氏も無駄な時間を使ったね》
    《絵に描いた様な転落人生…自業自得とは言え元旦那が不憫。もう芸能界に戻らずに、質素に一般人として生活した方がいいのでは?》
    《本人からなんの説明もなく逃げてるようにしか思えない。真実じゃなければそう伝えれば良いのに。それもしないということはこの人がしたことが本当なんでしょうね》

    などと、非難轟々だ。


    夫で演出家のコウカズヤ氏は現在、ネット民による、上原への〝罵詈雑言〟にツイッターで反論するも、炎上した末に所属していた劇団を退団。
    現在は、ソーラーパネルの販売員に転職している。


    夫の収入は月給100万円という報道もあるが、園芸そっちのけであれやこれやと手を出しているようだ。
    だが、数々の騒動を引き起こし、猛バッシングを受けていた上原に手を差し伸べた石原氏にとってみれば、「いい加減にしろ」という気持ちだろう。


    https://myjitsu.jp/archives/261566

    【『SPEED』上原多香子がまたも“大暴走”。 無計画発言に呆れ声。 「絵に描いた様な転落人生。」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード


    1: 鉄チーズ烏 ★ 2021/02/10(水) 07:25:12.65 ID:CAP_USER9
    週刊女性2021年2月23日号
    2021/2/10
    https://www.jprime.jp/articles/-/20041?display=b
    https://jprime.ismcdn.jp/mwimgs/e/a/620/img_ea5ad4a7558f745da021f3676bd654fb475082.jpg
    img_ea5ad4a7558f745da021f3676bd654fb475082

     ベッキー(36)・川谷絵音(32)の“ゲス不倫”騒動から丸5年が過ぎた。発覚が2016年の年明けで、ベッキーは1月末に活動休止。その年の5月に復帰したが、テレビではめったに見かけない状態が続いている。

    ■“ゲス不倫”から5年、ベッキーの現在地

     その間、プロ野球・巨人の片岡治大(37)コーチと結婚。昨年3月には母親になった。が、ほとぼりが少し冷めたぶん、彼女への世間の関心自体も低下したようだ。

     1月23日には『きじまりゅうたの小腹すいてませんか?』(NHK総合)に出演。30代になってから料理に目覚めたそうで「料理番組、やったことは?」と振られると「今、やりたいんです。そのアピールで来てたりして、今日は」と語った。

     また、不祥事タレントの“避難場所”ユーチューブにも興味があるらしい。きじまから「料理番組、一緒にやりません?」と誘われると「やりましょうよ。か、ユーチューブ」と答えていた。ゲス不倫後の主婦ウケの悪さを思えば、テレビで料理番組はさすがに無理、ユーチューブのほうが安全だと考えたのかもしれない。

     ただ、このやりとりも話題にはならなかった。それでも、実際にテレビで料理番組を始めたら、やはり非難はされるだろう。モグラ叩きみたいなもので、目立つところに顔を出せば、引っ込めと言い出す人がいるはずだ。

     矢口真里もそうだった。不倫騒動から3年後に、カップヌードルのCMで自虐ネタをやったところ、炎上。わずか8日で打ち切りとなった。今の時代、不倫のダメージはそれくらい尾を引くのだ。

     それにしても、このつらい5年を経て、ベッキーは結婚・出産以外に何か変わったのだろうか。実は昨年9月、興味深い発言を耳にした。

    ■メールは騒動のもと……

    『華丸大吉&千鳥のテッパンいただきます!』(フジテレビ系)に水川あさみが出演。その友人として、ベッキーがVTRで交流エピソードを明かしたのだ。

     水川はせっかちな性格のため、メールの返し方がかなり雑なようで、ベッキーはこんなアドバイスをした。

    「ちゃんとメール読んで! 納得した文章を送り返して! って思います。焦んないで、って感じ」

     思わず笑ってしまったのは、5年前に注目された川谷とのLINEの会話を思い出したからだ。

    べ「友達で押し通す予定!笑」川「逆に堂々とできるキッカケになるかも」べ「 私はそう思ってるよ!」川「ありがとう文春!」べ「センテンス スプリング!」

     これが叩かれ、痛い目に遭ったことで、SNSでのやりとりは慎重にしなくてはと学んだのだろう。なにせ彼女は、口は騒動のもと、ならぬ、メールは騒動のもと、の時代を切り開いた人だ。

     彼女のおかげで、不倫が犯罪並みに非難されることも、文春砲には二の矢三の矢があることもわかった。そのわりに教訓にできているタレントは少ないが、ある意味、功労者といえる。

    『小腹すいてませんか?』では、今後の目標について「ずっとテレビのなかにいられたらいいなとは思います」と答えたベッキー。あれだけテレビに愛されていたのに、今ではそのなかにいられるだけで幸せだという切実な心境のようだ。

     全盛期には有吉弘行に「元気の押し売り」というあだ名をつけられたが、できれば、その元気を買い戻したいくらいだろう。

     まぁ、こうして地道に頑張っていれば、そのうち、テレビの派手な仕事も回ってくるかもしれない。料理番組はちょっと難しいとしても。

    PROFILE●宝泉 薫(ほうせん・かおる)●作家・芸能評論家。テレビ、映画、ダイエットなどをテーマに執筆。近著に『平成の死』(ベストセラーズ)、『平成「一発屋」見聞録』(言視舎)、『あのアイドルがなぜヌードに』(文藝春秋)などがある。

    【ベッキー”ゲス不倫”から5年、ゲス極・川谷絵音から学んだ“メールは騒動のもと”。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (3)


    1: 名無し募集中。。。 2021/01/29(金) 23:19:37.89 0
    衝撃的だったの?

    【『サザンオールスターズ』が世の中に出てきた時のことを教えてほしい。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (1)


    1: 爆笑ゴリラ ★ 2021/02/03(水) 20:17:33.91 ID:CAP_USER9
    2/3(水) 20:00
    デイリースポーツ

    大槻ケンヂ「オレなんかまだ宇宙人にも会っていねぇ」16年以来のアルバムリリースで気合
    5年3カ月ぶりにアルバムをリリースする「特撮」。大槻ケンヂ(左から2人目)が思いを語った
     大槻ケンヂ率いるバンド「特撮」が、5月12日にニューアルバムをリリースすることを発表した。コンスタントな活動を継続している特撮だが、アルバムをリリースするのは2016年の「ウインカー」以来、実に5年3カ月ぶり。このコロナ禍で、特撮はどんな思いでこのニューアルバムを制作しているのだろうか。大槻ケンヂに話を聞いた。

     中将:今回、5年3カ月ぶりに特撮のアルバムを制作されようと思ったきっかけをお聞かせください。

     大槻:コロナ禍でライブがやりにくくなった今、それならアルバム制作に力を入れてみよう、と前向きに発想を転換したということです。しかし、別バンドをやっていたり、特撮では何曲かシングルを出していたので、そんなに間が空いたとは驚きです。

     中将:世間ではコロナ禍によるストレスや対立が社会問題になっていますが、コロナ禍が大槻さん、特撮のファン層になにかしら精神的影響を与えていると感じることはありますか?

     大槻:それはこれから作詞をして行く作業の中で見えて来るのではないかな、と思います。まだコロナ禍とバンド、リスナーの置かれた全体像が把握できていないというか、それを歌詞を作る事で俯瞰で観る事が可能になってくんじゃないかと。

     中将:1月15日にリリースされた「I wanna be your Muse」は“歌詞のモデルになりたがる女がいる”という大槻さんが以前からエッセイ等に書かれてきたテーマと「密」「自粛」というコロナ禍ならではのワードがミックスされていて大変興味深い内容でした。コロナ禍が大槻さんの創作に与えている影響や、今だからこそアルバム制作を通し表現しておきたいことなどあればお聞かせください。

     大槻:これは僕に限らず歌詞や物語を書く人間にはとても厄介な問題で、コロナ禍を意識して書くか、無い世界線として書くか、歌詞上の人々はソーシャルさせるべきか否か?コロナ禍収束後に「コロナの頃の歌詞かぁ、古っ、ピンと来ないね」と言われないためにはどう書けばいいのか?どんな時代になっても通じる歌詞、表現を目指さないといけないんだろなぁ、と考えています。難題。

     中将:今回収録される楽曲の制作時、レコーディンング時の印象的なエピソードがあればお聞かせください。

     大槻:今回ディスコ調なんですけど、ステイホームの時にディスコをかけるコミュニティFMの番組を毎晩聴いていて「お!ディスコ来た~」嬉しくてノリノリで歌いました。コーラスにプログレアイドルのキス・アンド・ハグ エクストリーム(キスエク)の皆さんが参加してくれたのも楽しかった。
    >>2続く

    https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20210203-00000134-dal-000-2-view.jpg
    20210203-00000134-dal-000-2-view

    https://news.yahoo.co.jp/articles/a7bb7e47e7a136e60efb3ebe8df0dc541296406c

    【大槻ケンヂ、16年以来のアルバムリリースで気合。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (10)


    1: 風吹けば名無し 2021/02/01(月) 16:56:59.24 ID:adklDl1b0
    「日本音楽史でのジュディマリの評価低すぎない?」

    一理ある

    【『JUDY AND MARY』のキツネ目のギター「後にも先にも日本にジュディマリ以上の女ボーカルバンドいた?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (2)


    1: muffin ★ 2021/02/01(月) 17:43:44.51 ID:CAP_USER9
    https://hochi.news/articles/20210201-OHT1T50088.html

     女性2人組ユニット「PUFFY」の大貫亜美(47)が1日までに自身のインスタグラムを更新。1月30日に46歳の誕生日を迎えた吉村由美(46)を祝福し、2ショットを公開した。

     大貫は31日夜の投稿で「昨日はウチの由美ちゃん、いや、オレの由美ちゃんのお誕生日でした!おたおめ~!短い時間だったけどお祝いできて良かった~」とし、花束を持った吉村との2ショットをアップ。「いくつになってもマジで一番可愛いので25年も隣で見つめていられるんだと思います。しかもめちゃおもろいです。そして色々乱暴です」とつづった。

     続けて「占いによると今年は破天荒ヨシムラが復活するらしいです。純正マフラーが竹ヤリになるぐらい破天荒な一年にするそうです」と記し、ハッシュタグにも「最近韓国ドラマ見てくれて」「話が出来て嬉しい」「けどメンズの趣味は合わず」「だからうまくやっていけるのさ」などと思いをつづった。

     ファンからは「二人とも可愛すぎます」「まぶしいー!」「なんでいつまでもそんなに可愛いんですか?」「永遠の13歳」などの声が寄せられている。

    https://hochi.news/images/2021/02/01/20210201-OHT1I50108-L.jpg
    20210201-OHT1I50108-L

    https://hochi.news/images/2021/02/01/20210201-OHT1I50109-L.jpg 
    20210201-OHT1I50109-L

    【『PUFFY』大貫亜美、46歳を迎えた吉村由美との最新2ショットが可愛すぎる。「永遠の13歳」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (1)


    1: 数の子 ★ 2021/01/29(金) 18:46:45.41 ID:CAP_USER9
     大ブレーク中の音楽ユニットYOASOBI。1月上旬、都内のラジオ局から出てくると、疲れを感じさせないほどの笑顔をみせていた。昨年大みそかのNHK紅白歌合戦にも初出場を果たした、今、最も話題性のある2人である。

     ともに黒いマスクを着用。ボーカルのikura(幾田りら、20)は、黒のレザーコートにグレーのつば付きハット、コンポーザーのAyase(26)はブラックのタートルニットにアクセサリーを合わせ、2人ともオシャレさが際立っていた。

     YOASOBIは、2019年10月1日に結成して、配信限定のシングル曲「夜に駆ける」でデビュー。約半年後の昨年4月に、LINE MUSICの月間ランキングで初の1位になった。ショート動画アプリ・TikTokやYouTubeなどで若い世代の支持を得て爆発的に広がっていき、昨年10月には同曲のMVが1億回再生数を超えて、紅白へとつながっていったのである。

     ikuraは、デビュー前から業界内で努力家として知られていた。

     小6から作詞作曲を始めて、14歳のときにはブログで「歌うことの意味をとても感じてます。それで、人の心を動かすことができることを知ったからです」と綴るほど。レコード会社・ソニーミュージックが主催する新人アーティスト養成講座にも参加していた。

     そして2018年、高校2年生のときには、関ジャニ∞の村上信五(39)が司会をした音楽バラエティ番組『今夜、誕生!音楽チャンプ』(テレビ朝日系)に“24時間音楽漬け女子高生”というキャッチフレーズで出演。秦基博(40)のヒット曲「ひまわりの約束」を歌って、惜しくも1回戦で敗退したが、当時から透明感のある歌声は、審査員たちにも高く評価されていた。当時のikuraは「これからも進み続けて、挑戦し続けます。見守っていただけたらうれしいです」と誓っていた。

     その後も、インディーズでミニアルバムを制作するなど歌手活動を続けていたikura。2019年夏にスキマスイッチの「全力少年」をカバーで歌い、東京海上日動あんしん生命保険のCMソングに採用されるころから、注目され始めた。

     そして、その数か月後にはAyaseと組んで、「小説を歌にする」というプロジェクトユニット・YOASOBIが生まれたのである。音楽雑誌編集者が語る。

    「従来のようなCDシングルをリリースして売っていく手法ではなく、配信限定で曲をどんどんリリースしていき、YouTubeやTikTokでブームを広げていく戦略がハマっています。今年に入ってからMVがリリースされた新曲『怪物』は、早くもランキング入りしています。これはTVアニメ『BEASTARS』のオープニングテーマで、アニメの世界観に合わせて作られました。3月にCDが発売される予定となっていますが、今から大ヒットが予想されています」

    『怪物』はCD発売より2か月も早くYouTubeでMVが配信されているわけで、先に無料で聴ける状況を作り出しているのだ。振り返れば、YOASOBIは紅白がテレビ初歌唱であり、これまでのアーティストが行ってきた「音楽番組に出演してプロモーションする」という戦略とは順番がまったく異なる。

     異例づくしでヒット街道を突き進むYOASOBIだが、もちろん販売戦略だけではここまでの国民的人気とはならない。根底に前述のような地道な努力があったからこそ、結果が出たのだろう。今年も“怪物”級の活躍をしてくれるはずだ。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/5de2fee2ce2cd06edf42235690f78e387efb401f

    【『YOASOBI』ボーカルikura、”オーディション番組1回戦敗退”からの逆転人生。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    images (1)


    1: 名無し募集中。。。 2021/01/24(日) 09:25:08.32 ID:XC/kLl5o0
    顔出ししなけりゃ良かったのに(´・ω・`)

    【『YOASOBI』のボーカルに続いて『ado』のボーカルもブスだった件】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (2)


    1: ネギうどん ★ 2021/01/25(月) 13:59:59.04 ID:CAP_USER9
    1月22日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に、大人気音楽ユニット『YOASOBI』が登場。ネット上では、パフォーマンスそっちのけで、ベース担当の女性がかわいいと話題になっている。

    この日が『Mステ』初登場の「YOASOBI」は、代表曲『夜に駆ける』を披露。「YOASOBI」はボーカロイドプロデューサー・Ayaseと、シンガーソングライター・ikuraの2人組で、楽曲は歌声以外、AyaseがPCと楽曲制作ソフトだけで作っているという。そのため音楽番組などに出演する場合は、サポートメンバーがメロディラインを演奏するのだ。

    そして今回は、『第71回NHK紅白歌合戦』にもサポートとして出演していたメンバーが登場していた。

    ひそかに注目を集める“やまもとひかる”
    楽曲が始まると、メンバーたちがメロディラインを演奏。それぞれが圧巻のパフォーマンスを披露した。その中でも特に注目を集めていたのが、ベースを担当したやまもとひかる。彼女は心底楽しそうな表情で、ベースラインが難しいと言われている「夜に駆ける」を完璧に演奏してみせる。超絶技巧を披露しつつも、それを微塵も感じさせない姿と、どことなく新垣結衣を彷彿とさせるルックスに視聴者は心を奪われたようだ。

    『紅白』に出場した時にも〝かわいい〟などと話題を集めていたやまもと。今回もネット上には、

    《ikuraちゃんもカワイイけど、後ろのベースの子もカワイイ》
    《バックバンドの誰よりも楽しそうにゴリッゴリのベース弾いてる女の子に目がいっちゃうんだけど、誰か理解者いない?》
    《バックのベースの人のノリ方めちゃくちゃ好き》
    《出たらベース見ちゃうよね》
    《YOASOBIのハモリとベースの人が気になるこの頃》

    などと、やまもとに対する絶賛の声が上がっていた。

    美麗な容姿と確かな技術力を持ち合わせているやまもと。「YOASOBI」のサポートメンバーとして以外でも、見かける日が増えるかもしれない。

    https://pbs.twimg.com/media/EsWAfe6UUAENe_0?format=jpg&name=large
    EsWAfe6UUAENe_0

    https://myjitsu.jp/archives/256990

    【『YOASOBI』のベーシストが可愛いと話題に。 新垣結衣ソックリで視聴者メロメロ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (1)


    1: 湛然 ★ 2021/01/24(日) 15:26:17.35 ID:CAP_USER9
    聖飢魔II、35周年再集結活動を続行 有観客での大黒ミサツアー開催と教典の発表を宣言
    1/23(土) 23:48MusicVoice
    https://news.yahoo.co.jp/articles/e97eea751207bd614b58b1f1f50b7d8a6fd61a07


    聖飢魔IIが23日、35周年再集結活動を続行し、有観客での大黒ミサツアーの開催と新教典の発表を表明した。デーモン閣下は「我々聖飢魔IIとしては、35周年はまだ未消化であり終わってはいない。このままでは終わる訳にはいかずリベンジが必要だ」とコメントした。

     新型コロナ禍での激動の音楽業界、更に激震が襲うコンサート・エンターテインメント業界にあって、悪魔集団の聖飢魔IIは昨年、地球デビュー35周年を迎え5年振りの期間限定再集結をし、「ヴィデオ黒ミサ&生トークツアー『特別給付悪魔』」を全国15ヶ所で合計30公演という全国ツアーをやり遂げた。

     そして、この期間限定再集結のスケジュールは、魔暦23(2021)年1月23日に「秘密結社 魔人倶楽部35th」(ファンクラブのようなもの)会員限定で行う『信者の集ひ』(生配信)を残すのみとなり、この公演終了後には構成員は魔界に帰還するものだと思われていた。

     再集結活動の最後のスケジュールとなった「信者の集ひ」は、もちろん通常ならば有観客で行うものだが、新型コロナウイルス蔓延というゼウスの妨害によって、生配信という形で行わざるを得なかった。このような形式の中、この日の為にリアレンジされた楽曲と昨年のツアーで更に磨きがかかった構成員のトークで公演は進行していく。そして誰もが35周年再集結の別れの時を覚悟した公演終盤、デーモン閣下から重大発表が行われた。

     デーモン閣下「我々聖飢魔IIとしては、35周年はまだ未消化であり終わってはいない。このままでは終わる訳にはいかずリベンジが必要だ。落とし前を付ける為に、今年10月から昨年予定していた規模の大黒ミサツアーを行いたいと思っている。その時社会情勢がどうなっているかは判らないが、我々は40周年を待つのではなく、35周年の活動は継続する。そして、もともと昨年に大黒ミサツアーの開催に伴い新曲を含む大教典(アルバムのようなもの)を発表する予定であった。ツアーはヴィデオ形式に変更になった為に一旦教典の話はペンディングになっていたが、今年秋からツアーを予定通り行うのであれば発表する可能性がある。」

     それは、35周年再集結活動を続行し、有観客での大黒ミサツアーの開催と新教典の発表を表明するものであった。そしてこの発表を聞いた信者からは歓喜のメッセージが溢れた。昨年開催した「ヴィデオ黒ミサ&生トークツアー『特別給付悪魔』」は、文字どおりヴィデオにて楽曲の演奏をマルチトラックレコーディングした音源と映像を大迫力の音と画で上映し、構成員全員が舞台に登場して生トークを行うという、このコロナ禍にあって究極の形態ではあったが、生演奏大黒ミサを行う事は出来なかった。それは、信者そして構成員にとっては、不完全燃焼なことであった。具体的な内容は今後の発表となる。

     そして、同日、聖飢魔IIにはもう1つの発表があった。再集結活動継続情報の第1弾として、雑誌『BURRN!』の表紙&大特集が発表となった。実は魔暦前14(1985)年発布のデビュー大教典(アルバムのようなもの)が、当時ヘヴィメタル/ハードロック専門誌として洋楽を中心に邦楽メタルバンドにも絶大な影響力を誇っている音楽専門誌『BURRN!』のレコードレビューにて、当時の編集長に前代未聞の『0点』を付けられたという一件があった。それ以来BURRN!と聖飢魔IIの間には35年間に及ぶ厚く長い壁が存在していた。

    (※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

    【『聖飢魔II』、35周年再集結活動を続行。有観客での大黒ミサツアー開催と教典の発表を宣言。ヘヴィメタル専門誌[BURRN!]の表紙&大特集も発表。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード


    1: ニーニーφ ★ 2021/01/19(火) 23:05:07.80 ID:CAP_USER9
     歌手の氷川きよし(43)が19日、NHK「うたコン」(火曜後7・57)に生出演、大みそかに行われた同局の「紅白歌合戦」に、まさに“限界突破”の覚悟で臨んだことを明かした。

     氷川は「限界突破×サバイバー」の歌唱中、白の衣装から胸元が開いた赤い衣装に網タイツを履いている姿に早着替え。
    そして最後は金の衣装に着替え、ワイヤーを使ったフライングを見せた。

    リハーサルでは「とにかく身をささげます。43年間生きたし“もういいや”という思いです。命懸けですね」と語っていたが、この日、実は高所恐怖症だったことを明かした。

     衣装替えについて「大変で…相当練習したんですけど、本当にギリギリの感じで…マイクが落ちたら歌えなくなっちゃうじゃないですか。本番が一番良かったです」と語った氷川。
    フライングについては「実は高所恐怖症…こう…きょ…高所恐怖症なんで…」と言葉に詰まり、司会を担当する俳優の谷原章介(48)から「それすらも言えてないんですけど」と声を掛けられるほどだった。
    「これも一つの限界突破だったんですね」と言われ「そうですね。見て下さる皆さんが喜んでくださったらいいなと思って…」と答えた氷川。
    さらに谷原から「よく歌えますね高所恐怖症で。あんな上から」という言葉に「もう必死ですよ……」と語り、歌手根性を見せたことを強調していた。

    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2021/01/19/kiji/20210119s00041000367000c.html

    【『氷川きよし』がカミングアウト。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (2)


    1: 朝一から閉店までφ ★ 2021/01/22(金) 18:25:12.70 ID:CAP_USER9
    2021.01.22

     元RADWIMPSのギタリスト、齊木祐介さん(35)が21日深夜に放送されたテレビ東京「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~」に出演。脳梗塞で右半身不随になったことなど、波乱の半生を明かした。
     2001年、中学2年の時に同級生だった野田洋次郎らとRADを結成。命名したのは野田。作詞作曲もすべて野田が手がけており、当時から群を抜いた才能を光らせていたという。「(野田さんを)初めて見たのは中学2年の時。学園祭で『夜空ノムコウ』を弾き語りしてた。一番光ってた」と振り返り、「今でもその時のMDとか家にあるんですけど宝物ですね」。
     高2の時、RADはインディーズでデビュー。シングル1枚、アルバム1枚を発売したが、齊木さんはほかのバンドを掛け持ちしており、高校卒業後に映像の専門学校へ。03年、19歳の時にRADを脱退した。
     20歳の時には元ザ・ブルーハーツのドラムの梶原徹也と2人でバンドを組んでいたが、22歳の時、イベントの現場で、脳梗塞で倒れた。「ああああー、ってなっちゃって。そのまま半年間、右半身不随。何もできないし、しゃべれないし」と振り返った。後遺症については「ほぼないですね。軽く(手に)あるぐらい」と微笑んだ。
     その後、音楽の会社を経営したが、倒産。ホームレスとなった。「ホームレスでした。代々木公園とかに住んでました」と告白。「今も家ないです」と1日1000円未満で泊まれるようなホステルのようなホテルを転々とする生活をしているという。
     齊木さんは現在、渋谷で、汁なし担々麺専門店を営んでいる。

    https://www.daily.co.jp/gossip/2021/01/22/0014024334.shtml

    【元『RADWIMPS』波乱の半生。”脳梗塞で右半身不随””ホームレス”】の続きを読む

    このページのトップヘ