メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    音楽関係を中心にしたエンタメ関連のまとめブログ

    カテゴリ: 日本国内アーティスト(50音順)※編集途中

    ダウンロード (3)


    1: ひかり ★ 2020/01/01(水) 00:21:01.55 ID:fRjD9heU9
     歌手のMISIAさんが2019年12月31日、東京・渋谷のNHKホールから生中継された「第70回NHK紅白歌合戦」に登場。紅組のトリを飾ったMISIAさんの圧倒的な歌唱力に昨年に続き、
    今年もSNSが沸いた。

     MISIAさんは「アイノカタチメドレー」と銘打ち、「アイノカタチ」「INTO THE LIGHT」「Everything」のダンスバージョンを披露。
    「ふああああああああ素晴らしい!!」「MISIAの歌唱力どうなってんや」「懐かしい! イントゥーザライト」「INTO THE LIGHTキタアアアアアアア」
    「さすが歌姫」「圧巻!すごい!」「圧倒的な歌唱力。これぞトリにふさわしい」と盛り上がりを見せた。

     「第70回NHK紅白歌合戦」は、白組司会を人気グループ「嵐」の櫻井翔さん、紅組司会を女優の綾瀬はるかさんが担当。総合司会は、3年連続となるお笑いコンビ
    「ウッチャンナンチャン」の内村光良さんが同局の和久田麻由子アナウンサーと共に務めた。

    まんたんウェブ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200101-00000002-mantan-ent

    【『MISIA』紅白で今年も圧倒的な歌唱力。 懐かしの「INTO THE LIGHT」も。】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: Egg ★ 2019/12/28(土) 22:49:26.04 ID:UdJ/NaEt9
    大みそかの「第70回NHK紅白歌合戦」のリハーサルが28日、東京・渋谷のNHKホールで行われた。

    【一覧】紅白歌合戦の出場歌手と曲順

     デビュー20周年を迎え、20回目の出場となった氷川きよし(42)は「紅白限界突破スペシャルメドレー」を披露する。

     今年、様々な意味で「限界突破」した氷川。5月にYouTubeで公開したアニメ映画「ドラゴンボール超」の主題歌「限界突破×サバイバー」の歌唱では細い眉にメイクの妖艶な外見が大きな話題となり、再生回数400万回超。

     8月のヤクルト―阪神戦の始球式には登場した際にはムダ毛が全くない生足のショートパンツ姿を披露。同月に日本テレビ系「スッキリ」生出演の際、自らを「あたし」と呼称し、話題にもなった。

     11月にはインスタグラムも開設。ドレス姿などを披露し、話題を呼び続けている。

     この日もばっちりメイクし、マニキュアも黒で決めて登場。「今回はすごいことになるんです。リハも緊張で震えちゃって」と取り囲んだ取材陣に震える手を見せつけた。

     「言えないんですけど、演出が大変なことに。紅組のような、白組のような。皆さんが期待してくれるようなものになると思います」と続けた氷川。様々な新しい姿を見せた今年について「今までイメージされていた氷川きよしというイメージをぶち壊したかった。自分らしく、ありのままの姿で自分を表現したい。カテゴライズされたり、人にあてはめられてやるのは苦しいので、今年初めにありのままの自分、本当の自分を表現しよう! 持っているものを全部、表現しようと決めたんです」と一気に話した。

     さらに「限界突破で、このドアを開こう。誰も切り開いていない道を1人で切り開くのは大変だけど、摩擦とか怖がっていたら、次のドアは開けない」と熱弁。「きよし君にはさよなら。きーちゃんとして、より自分らしく、ありのままの姿で紅白で輝きますから」と笑顔で決意表明していた。

    12/28(土) 17:26配信
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20191228-12280139-sph-000-8-view.jpg

    写真
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20191228-12280139-sph-000-8-view.jpg 
    20191228-12280139-sph-000-8-view

    【『氷川きよし』20周年に”限界突破”宣言。「きよし君にはさよなら。きーちゃんとしてありのままに生きていく。」】の続きを読む

    ダウンロード (2)


    1: 湛然 ★ 2019/12/25(水) 22:56:30.67 ID:kWOnw9BH9
    春畑道哉 - @HaruhataMichiya
    21:41 - 2019年12月22日
    https://twitter.com/HaruhataMichiya/status/1208985985666576387

    Kingdomギター選手権
    開催します
    是非ご参加ください

    ◆詳細
    「Kingdomギター選手権」特設サイト
    https://youngguitar.jp/web/202002-kingdom-guitar-title-match


    ◆動画
    【見本動画】YOUNG GUITAR presents「Kingdomギター選手権」開催(春畑道哉)
    https://www.youtube.com/watch?v=_BJBQj2XILg



    (※抜粋)
    YOUNG GUITAR presents 「Kingdomギター選手権」開催!
    あなたなりの【「Kingdom of the Heavens」弾いてみた動画】をTwitterに投稿して下さい!(2020年1月26日(日)23:59締め切り)

    ◆動画
    【Message from 春畑道哉】YOUNG GUITAR presents「Kingdomギター選手権」開催
    https://www.youtube.com/watch?v=UDFU3z_r0N8


    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

    【『TUBE』のギタリスト・春畑道哉、”Kingdomギター選手権”開催決定。 】の続きを読む

    ダウンロード (2)


    1: 湛然 ★ 2019/12/25(水) 22:33:05.29 ID:kWOnw9BH9
    松山千春「ハッキリ言って迷惑」札幌で五輪マラソン
    [2019年12月25日22時0分]日刊スポーツ
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201912250000623.html

    全国ツアーの最終公演を出身地の北海道・札幌市民ホールで開催した松山千春
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/img/201912250000623-w500_0.jpg
    201912250000623-w500_0


    歌手松山千春(64)が25日、全国ツアー「かたすみで」の最終公演を、出身地の札幌市民ホールで行った。埼玉・越谷を皮切りに全国17都市で全21回のステージを繰り広げてきた。

    「銀の雨」で幕を開けたステージは、2部構成で前半では「青春」「かざぐるま」「恋」と、デビュー当時のヒット曲を中心に披露し、後半は「平凡」「働きましょう」などフォークシンガーとしてメッセージ性のある作品を選曲した。

    前回のツアーは急性喉頭炎の悪化で大阪、名古屋公演など一部の公演を中止するなど体調が心配されたが、今回の秋のツアーは万全な態勢で挑んできた。

    おなじみの毒舌も絶好調で、東京オリンピック(五輪)のマラソン、競歩が札幌開催になったことにも触れ「札幌だって暑いんですよ。ハッキリ言って迷惑。マラソンや競歩は東京での開催に向けて準備を進めてきたのだから、やはり東京でやるのが筋。そもそも東京オリンピックなんですからね」と持論を述べた。

    新曲「かたすみに」や「長い夜」などアンコールを含め全17曲を熱唱。最後はツアー開催地のイベンターの代表者を紹介し、ラストでは「大空の大地の中で」を歌い切った。

    (おわり)

    【『松山千春』、札幌で五輪マラソン「ハッキリ言って迷惑。」 】の続きを読む

    ダウンロード (3)


    1: muffin ★ 2019/12/26(木) 12:19:14.17 ID:t8EXJdTi9
    https://natalie.mu/music/news/361104
    2019年12月26日

     MAN WITH A MISSIONの新曲「Change the World」が、2020年のNHKサッカーテーマソングに決定した。

     「Change the World」は元日放送の「天皇杯JFA第99回全日本サッカー選手権・決勝」を皮切りに、Jリーグや天皇杯などの国内大会、日本代表が出場する試合やヨーロッパを中心とした海外サッカーなど、NHKのサッカー中継や関連番組で使用される。Jean-Ken Johnny(G, Vo, Raps)は今回のタイアップについて、「世界中ガ熱狂スルコノスポーツヲ、曲ニシテ奏デルコトデ応援デキル喜ビヲ噛ミ締メテオリマス」とコメントしている。

    ♦MAN WITH A MISSION Jean-Ken Johnny(G, Vo, Raps)コメント
    美シクモ厳シクソシテ圧倒的ナドラマヲ魅セテクレルサッカー。
    好キデ良カッタ。
    世界中ガ熱狂スルコノスポーツヲ、曲ニシテ奏デルコトデ応援デキル喜ビヲ噛ミ締メテオリマス。
    2020年ハ日本スポーツ界全体モ盛リ上ガル一年。
    サッカーデマタ心ガ震エル瞬間ニイッパイ出会エソウデス。

    https://ogre.natalie.mu/media/news/music/2019/0901/manwithamission_art201909.jpg 
    4001864fcb526f5feb2c95890062550f

    【『MAN WITH A MISSION』、新曲が2020年NHKサッカーテーマソングに決定。】の続きを読む

    ダウンロード (3)


    1: 名無し募集中。。。 2019/12/23(月) 07:13:31.45 0
    今日発売のプレイボーイのインタビュー
    https://pbs.twimg.com/media/EMY3lAAUwAYVFEb.jpg 
    EMY3lAAUwAYVFEb

    【つんく「いろいろやろうとしたが事務所がうちのカラーと違うとか言ってるうちにAKBやももクロが出てきた」 】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/24(火) 15:11:05.01 ID:UCOt1xBx9
    男性デュオ『コブクロ』の2人が12月23日、『CDTV クリスマス音楽祭』(TBS系)に出演。往年の名曲と新曲の2曲を披露したが、「小さい方(小渕健太郎)に加えて大きい方(黒田俊介)までヘタになってる…」などと、視聴者から驚きの声が続出した。

    小渕といえば去る9月15日、五輪マラソン代表を決める『マラソングランドチャンピオンシップ』(MGC)で国歌斉唱を務めたものの、高い音程にアレンジしたのが災いしたのか「音程が合っていない」「ヘタ過ぎる」など、ネット上で話題になった。

    「モノマネ似選手権かと思った」の声も…
    『CDTV』で、2人は午後8時台に登場。まず、2010年に発表した名曲『流星』をしっとりと披露。遠距離恋愛する2人をつなぐ究極のラブソングとして作られた曲だ。午後10時台には今年、小渕が作ったという大阪国際マラソンのテーマ曲『大阪SOUL』を披露した。ギターを手にした小渕が歌い始め、サビもしくはサビ前に黒田が声を合わせる展開はいつもと同様。『大阪SOUL』では後ろにオーケストラやバックシンガーを従えて明るく歌い上げた。

    しかし、2人の歌唱後に視聴者からは呆れ声が続出することとなった。小渕に加えて黒田も高い音程を立て続けに外し続けていたとの感想が多かった。

    《やっぱりコブクロ歌ヘタになったねえ。特にノッポの方》
    《てか、黒田の方もヘタになったのか、喉がつぶれてるのか。。?》
    《大きい方も変に伸ばしたりクセが強くて声も出しづらそうなのをそれでごまかしてる感あって全部聞くのしんどかった…》

    MGCに続き、小渕に対する評価も散々。原曲にアレンジを加えたのが曲の仕上がりに悪影響を及ぼしているのではとの指摘が続出した。

    《アレンジきついし、歌えないなら無理に歌わずキー下げるとかしないんかな》
    《めちゃくちゃヘタじゃなかった? モノマネ似選手権かと思ったわ》
    《歌こんなにヘタだったっけ? てか声出てた??》
    《このアレンジイケてるとか思ってんのかな》

    口パク歌手にならないことを祈りたい。

    http://dailynewsonline.jp/article/2129281/
    2019.12.24 11:00 まいじつ

    【『コブクロ』の生歌が“ヒド過ぎる”と話題に。 】の続きを読む

    ダウンロード (2)


    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/22(日) 07:32:52.39 ID:ee/l/LPV9
    モノマネ芸人のコロッケが12月17日放送の「ものまねグランプリ2019冬」(日本テレビ系)に出演し、シンガーソングライターの米津玄師を模したネタを披露している。

    “AIの米津玄師”と銘打ち、ヒット曲「Lemon」に合わせながらロボットの動きを見せたコロッケは、米津のトレードマークである無造作ヘアーのウィッグを被るなど、
    随所に米津を意識した要素を散りばめたが、中盤からは“故障した米津”という演出のもとで、
    音程やリズムを外しながら「Lemon」の歌唱を続けると、変顔を織り混ぜるお決まりのネタも挟みつつ、巧みに時代の寵児を自身の十八番芸へ落とし込んでみせた。

    しかし、これを見た米津ファンが決して愉快な印象を受けなかったことは、その後のネットの反応を見れば明らかだ。

    「コロッケからすれば、かねてより続けてきたお馴染みの変顔を取り入れたモノマネのスタイルなのですが、米津の持つ空気感やカリスマ性などを大きく崩した今回の芸には、
    『面白かったけど、米津玄師さんが好きすぎるから、見るに耐えないものだった』『コロッケの米津モノマネ最低。米津さん大好きだから半泣き。何この顔芸』『馬鹿にしてる』
    『似てないし、馬鹿にしてるみたいで嫌だった』との批判がSNSで続出しています。
    若い層からの支持を集めるためにあえて米津のモノマネを披露したのでしょうが、似せることよりも笑いを取りに行く従来のスタイルに固執してしまった為、
    米津を愛する若者からは逆に嫌われてしまいましたね」(テレビ誌ライター)

    とはいえ、モノマネ芸人による“炎上”は常に付き物であり、芸歴40年を誇るベテランにとっては痛くも痒くもないのかもしれないが…。

    http://dailynewsonline.jp/article/2125841/
    2019.12.21 18:14 アサジョ

    【『コロッケ』の”米津玄師モノマネ”がファンの怒りを買ったワケ。】の続きを読む

    images


    1: フォーエバー ★ 2019/12/22(日) 12:18:05.84 ID:ncuec4T89
    ミュージシャンで俳優の泉谷しげる(71)が22日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。クレームが増えたことで、年越しに欠かせない伝統行事「除夜の鐘」が相次いで中止になっていることに言及した。

     泉谷は「煩悩百八つですからね。だからあれがあって当たり前だと思い込んじゃってるところがあるから、あの煩悩の鐘の音を嫌う人間はよほどの不心得者」と持論を展開した。 

    12/22(日) 11:53配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191222-00000152-spnannex-ent

    【泉谷しげる、クレームによる除夜の鐘中止に「煩悩の鐘の音を嫌う人間はよほどの不心得者。」 】の続きを読む

    ダウンロード (2)


    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2019/12/22(日) 16:20:30.67 ID:drqkqtA29
    11人組ガールズユニット「E―girls」が来年いっぱいで解散する。
    22日、神奈川・トレッサ横浜で行った新曲「別世界」の発売記念イベントで発表した。

    11人が登場する前にスクリーンで発表され、リーダーの佐藤晴美(24)は
    「映像にあったように私たちは2020年をもちましてそれぞれの道に進んでいくという決断に至りました。

    今年の春ぐらいからこれからの未来を話し合う機会があって、
    方向性をみんなで伝え合った時にそれぞれの道で頑張っていこうということになりました」と説明。

    ファン2000人の多くが涙を流して決断に至った経緯を聞き入った。

    来年2月1日~7月4日にラストツアーを開催する。藤井夏恋(23)らは7人組ユニット「Happiness」の活動に専念。
    鷲尾伶菜(25)はソロデビューする。石井杏奈(21)は女優業に専念する。

    2011年12月にシングル「Celebration!]でデビュー。13年にNHK紅白歌合戦に初出場し、17年まで5年連続で出場した。
    17年には人気メンバーのAya(32)、Ami(31)らが卒業し、新生グループとして指導していた。
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/12/22/kiji/20191222s00041000267000c.html

    【11人組ガールズユニット『E-girls』 解散発表。】の続きを読む

    ダウンロード (2)


    1: 湛然 ★ 2019/12/21(土) 05:11:51.55 ID:MZw9Sx4t9
    12/21(土) 5:00 スポーツ報知
    村治佳織、離婚していた 人気クラシックギタリスト初エッセーで告白「“最高の元夫婦”でありたいな」
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191221-12210033-sph-ent

    初エッセーで離婚を告白した村治佳織
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20191221-12210033-sph-000-1-view.jpg
    20191221-12210033-sph-000-1-view


     才色兼備の音楽家として国内外で活躍するクラシックギタリストの村治佳織(41)が昨年、離婚していたことが20日、分かった。23日に出版される初エッセー「いつのまにか、ギターと」(主婦と生活社刊)の中で明かしている。村治は2014年7月、「以前からご縁があった」という一般男性との結婚を公表していた。

     村治は同書の後半で「突然ではありますが、お伝えいたします。2018年の中頃、私、『マルイチ』となりました」とつづっている。京都の友人から、祇園などでは離婚のことを「バツイチ」ではなく「マルイチ」と言うと聞き、この表現を使用。離婚から1年以上たっていることもあり、自身を客観的に見つめる文章になっている。

     すでに親しい関係者には報告しており「人様の反応も様々」と書いている。びっくりした人や自分の経験談を聞かせてくれる人、新しい人生の背中を押してくれる人…実にさまざまで新鮮だったという。

     法律上、夫婦でなくなっても「“最高の元夫婦”でありたいな」とも。会う機会は減ったが「お互いの無事を確認し合うことは、いまもあります」とし、「一度は家族になった義理のご両親とも、結婚していた時と変わらず連絡を取らせていただいている」。出会えた幸せに感謝する気持ちが丁寧につづられている。

     ◆吉永小百合の夫・岡田氏と対談も

     村治は女優の吉永小百合(74)と公私にわたって交流が深いことでも有名。本書では、吉永の夫で元テレビマンだった岡田太郎氏(89)との激レア対談も収録されている。2人は知り合って約20年だそうで岡田氏は村治を「佳織ちゃん」と呼んでいる。出会いのきっかけや意外なエピソードも紹介。吉永の“素顔”にも触れられており、ほのぼのとした内容になっている。

     ◆村治 佳織(むらじ・かおり)1978年4月14日、東京都生まれ。41歳。幼少期から父の村治昇にギターの指導を受け、数々のコンクールで優勝する。15歳でCDデビュー。仏留学を経て2003年に英の名門レーベル「デッカ」と日本人初の長期専属契約。13年に舌腫瘍で一時療養したが翌年復帰。ギタリストの村治奏一は実弟。

    (おわり)

    【人気クラシックギタリスト『村治佳織』、離婚していた。「“最高の元夫婦”で。」 】の続きを読む

    このページのトップヘ