メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    音楽関係を中心にしたエンタメ関連のまとめブログ

    カテゴリ: 日本国内アーティスト(50音順)※編集途中

    ダウンロード


    1: 神々廻 ★ 2020/01/07(火) 15:52:04.45 ID:t18AXl5b9
    12月31日、第70回NHK紅白歌合戦に出場したPerfume。公式インスタグラムが、楽屋裏の3人の様子を掲載したのですが、その中の1枚が波紋を呼んでいます。

    公式インスタグラムでは「#紅白歌合戦 ありがとうございましたー!!!!!!緊張から解放!!#prfm @nhk_kouhaku #Swipeして最後まで見てねThank you NHK K?haku Utagassen!!!!#swipetoseemore」
    という文面とともに、パフォーマンスを終えた3人の楽屋裏のオフショットを4枚、動画を1つ投稿。

    スワイプしていくと、3枚めの投稿写真が、3人のうちのっちさんのみにモザイクがかかったように姿がぼやけている、という衝撃の内容。これにショックを受けたファンは多く、コメント欄には「のっちにモザイクをかけないでほしかったです」
    「三枚目なぜのっち消したしー?」「なんでのっちばかりこんな扱いなの? これでのっち笑とか言ってる人もどうかしてる。新年から気分悪い。アップしてるのは運営だかなんだかしらないけどがっかり」「かわいいのにのっちモザイク!!?? 嘘でしょ」
    「のっちがなんでボヤけてるの? 公式がこういうの出していいの?」などといった反応が。

    またTwitterでも、同じようにのっちさんのモザイクに関する怒りのツイートが続出。「のっちモザイク問題でプツンと糸が切れたのか、曲も聴く気になれないし動画も見る気もしなくなった」
    「これをファンが『面白い!さすがのっち!』と思っても、ファン以外からは『何でのっちだけモザイクかかってるの? いじめ?』『Perfumeって仲良いと思ってたけどこういう事をする陰険なグループなんだね』
    としか思われないし、そう思われる画像を公式で上げちゃったらマイナスにしかならないんだわ」「Perfumeのことファンクラブ入ってテレビもリアルタイムでチェックしたりヒールも買うくらいにはファンなんだけど今回の、
    インスタでのっちにモザイクかけてるのだけはどうしても許せなかったのでお問い合わせしてしまった…」といった声が上がっていました。

    https://news.biglobe.ne.jp/trend/0106/3190036476/tbl_Perfume_thum800.jpg
    tbl_Perfume_thum800

    https://news.biglobe.ne.jp/trend/0106/tbl_200106_3190036476.html

    【『Perfume』不仲説が拡散された決定的写真?】の続きを読む

    images


    1: 風吹けば名無し 2020/01/07(火) 18:23:15.28 ID:7jcWiPAT0
    へへっ‼?俺は安倍晋三が大っ嫌いです。
    だってこいつ国民の為に何をやってくれたんですか⁉?。
    消費税上げて民の生活を苦しくしてくれるだけじゃあないですか⁉?。
    あのなぁこんなのは政治家とは言わないんだよ‼?。みんな気が付けよ‼?。バカに任せてるとこの国終わるぜ‼?。ま

    https://twitter.com/atomicdrum/status/1213485910764863488?s=19@atomicdrum
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account) 
    DUNOhgz

    【『BOØWY』のドラマー・高橋まこと「俺は安倍晋三が大っ嫌いです。バカに任せてるとこの国終わるぜ!」】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: muffin ★ 2020/01/03(金) 18:19:02.50 ID:Bz4RX/+69
    http://amass.jp/129827/

    人間椅子の和嶋慎治が、NHK Eテレ『NHK俳句』に出演決定。『NHK俳句』は、俳人が俳句を楽しみながら上達するコツを伝授する俳句講座。和嶋慎治の出演は1月12日(日)。この日のお題は「雪女」。投稿句から呼び起こされるイメージを和嶋慎治がギターで演奏します

    ■『NHK俳句 題「雪女」』
    NHK Eテレ 1月12日(日)午前6時35分~ 午前7時00分
    NHK Eテレ 1月15日(水)午後3時00分~ 午後3時25分

    選者は長嶋有さん。ゲストはロックバンド「人間椅子」の和嶋慎治さん。題は「雪女」投稿句から呼び起こされるイメージを和嶋さんにギターで演奏してもらう。司会 岸本葉子

    http://www.nhk.or.jp/pr-image/f6968c89c005cf2b138beb9958cdd427_ll.jpg 
    f6968c89c005cf2b138beb9958cdd427_ll

    【『人間椅子』の和嶋慎治が「NHK俳句」に出演。投稿句から呼び起こされるイメージをギターで演奏。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 牛丼 ★ 2020/01/06(月) 09:49:10.04 ID:UjA2Mrps9
    大手レコード会社「エイベックス」の松浦勝人会長が年末年始に大荒れだ。

    エイベックスでは昨年、マネジメントを行っている女優・沢尻エリカが薬物事件で逮捕。松浦氏自身も、歌手・浜崎あゆみの自叙伝『M 愛すべき人がいて』にかつて恋愛関係だったことを匂わせる記述があり話題になった。しかも、その浜崎は1月1日に、未婚のまま男児を出産していたことを発表し驚かせた。

    松浦氏は‘19年10月12日からツイッターの更新が滞っていたが、12月上旬からツイートを再開。

    12月28日にまず「年末にひとこと」と題した長文メッセージを公開し、沢尻の事件を踏まえ、

    《反論したい人はすればいい。僕らは普通の世界で生きているとは思っていない。そんな普通の世界でエンタテインメントなんて出来るわけがない。だから今の厳しく矛盾した世の中と闘っている》と擁護。

    ビートルズやアップルの故スティーブ・ジョブズ氏などの“改革者”には薬物の使用歴があり、そうした経験も素晴らしい作品や社会のアイデアに寄与したと主張した。

    止まらない松浦氏は現代社会について「くだらない現在の縛られた偽善ともいえるコンプライアンスとガバナンス」「腐った偽善の正義」「くだらない、くだらなすぎる」とバッサリ。最後は「だから、僕は今、原点に戻りクリエイティブに専念する」とつづった。音楽関係者は次のように話す。

    「松浦氏は‘16年に同社が社員に違法な長時間労働をさせたとして労基署から是正勧告を受けた時も『好きで仕事をやっている人は仕事と遊びの境目なんてない』『時代に合わない労基法なんて早く改正してほしい』と反発していた。そう思うのは個人の自由だが、エイベックスは東証一部上場企業。そのトップがコンプライス遵守に逆行する発言を堂々とするのはいかがなものか」

    その後も松浦氏は意味深発言を連発した。

    《あの人を助けるためにお金を貸したけど、その人は返す気もないという。意味がわからん。‘23年に一括返済の予定だけど、あなたの得意なあれを差し押さえでもする以外方法はないなぁ》

    とつぶやき、フォロワーから「小室哲哉のこと?」と突っ込まれ、一旦は否定したが、その後追認。小室が「松浦くんとはもう10年も付き合いづらい関係なんだ」と話していることを知り「萎えた」とした上で、

    《KEIKOをほっておいて、挙句の果てに僕にまでそんなこというって、どういうことなのかなぁ》

    と苦言を呈した。小室は妻のKEIKOと離婚を求めて係争中。一部報道によると別居に伴う生活費にあたる婚姻費用として「月額8万円」の支払いを主張しており「あまりにも少なすぎる」と物議を醸している。

    松浦氏は過去、詐欺事件で有罪判決を受けた小室の5億円にものぼる賠償金を肩代わりしたとされている。同氏のツイートを見た小室から慌てて電話が入り、近く緊急会談するようだが、両者の間に亀裂が入っていることだけは間違いないようだ。

    沢尻の事件がひと段落ついたタイミングで、堰を切ったかのように“暴走ツイート”を繰り返す松浦氏。その中で唯一、あとで削除されたツイートがあったという。

    「当該ツイートはすでに削除されてしまいましたが、何でも元エイベックス社員が松浦氏や同社の看板アーティストに関する暴露をSNS上で連投していたそうなのです。その人物は松浦氏に対して金銭も要求していたとか。この手の話は無視するのが一番ですが、暴露の中身に内部関係者しか知りえない情報が盛り込まれていたため、松浦氏はナーバスになり、ツイッターで『これ以上やったら訴える』と警告していました。わざわざ呟いたせいで、業界では『何があったんだ!?』と騒ぎになっています」(実際に見た芸能関係者)

    松浦氏のツイートが削除されたのも、騒動の拡大を危惧してのものかもしれない。エイベックスにとって2020年もさらに波乱の年になってしまうのだろうか。

    FRIDAYデジタル

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200106-00000001-friday-ent

    【avex松浦会長が意味深ツイート連発し大荒れ。「金を貸したけど、返す気もないという。意味がわからん。」】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/01/05(日) 14:02:52.04 ID:OztswnAp9
    フリーアナウンサーの田中みな実(33)が5日、TBS「サンデー・ジャポン」(日曜前9・54)に出演。
    インターネット衣料品通販大手ZOZOの創業者で前社長の前澤友作氏(44)と対談した。

    田中は対談の中で、前澤氏が昨年、女優の剛力彩芽(27)と別れたことに「最近までお付き合いされていた方って方って表に出るお仕事をしていたわけじゃないですか」と指摘した上で
    「それで付き合うってねえ、結構な覚悟がいるわけじゃない?お相手の方ともいろんなところにお二人でお出掛けになったりとか。
    それってもうさあ、結婚しているのと同等の扱いをされちゃうわけで」と強い口調で語った。

    前澤氏が「僕の付き合いはホント結婚なんですよ」と言うと、田中は「でも結婚しないじゃないですか」とぴしゃり。

    前澤氏が「それぐらい結婚というものに重きがないだけで、付き合ったら子どもができてもいいやとか、親とのコミュニケーションもあったり、家族ぐるみだったり」と説明しても、
    「でもそれって親からしたら、結婚なのかなって思っちゃいますよ。それでしなかったらとっても親ががっかりすると思う」と話した。

    さらに前澤氏が「じゃあ(相手の親と)会わない方がいいってこと?結婚する気ないと」と聞くと、「うん、人によると思うけど、でも中途半端に感じる人は多いかも」ときっぱり。
    「そんなに断固、絶対(結婚)しないと思ってるわけじゃないんだよ。してもいいかなと思う時もよくある」と打ち明けた前澤氏を、「でも結果しないと思います」と一蹴した。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17620664/
    2020年1月5日 13時30分 スポニチアネックス

    https://www.sanspo.com/geino/images/20200105/geo20010512520015-p1.jpg 
    geo20010512520015-p1

    【田中みな実 前澤友作氏を軽くあしらう。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 牛丼 ★ 2020/01/05(日) 10:28:03.51 ID:JTfZe63f9
    昨年大みそかに放送された『第70回NHK紅白歌合戦』では、紅組トリを飾ったMISIAの歌唱力が話題を集めた。

     本番では「アイノカタチ」「INTO THE LIGHT」そして「Everything」を歌い上げた。歌唱後、ネットでは「声量が凄い」「歌唱力がえぐい」「圧巻だった」「感動した」という声が溢れた。

     記者も、リハーサルでその歌唱力に驚いた。紅白は、ホールでリハーサル取材をし、ロビーで囲み取材などを行う。出場歌手のなかには演出の都合でリハーサルそのものを取材陣に公開することを禁止していることもある。そのため、記者はホールに居続けることが出来ず、ロビーで待機する。MISIAの場合もリハーサル取材は禁止だった。

     ホールからぞくぞくと退出する記者たち。程なくして演奏が始まり、歌声が響き出した。ロビーに居ても十分に聴こえてくるその歌声。そして、突き抜ける高音には、作業していた手が止まっただけでなく鳥肌が立つほどだった。

     過去にMISIAのライブを取材した本媒体の記者から「ライブでも第一声に鳥肌が立って涙が出るほどだった」と聞いていたが、その一端をリハーサルでも感じた。

     ちなみに、リハーサルの合間に出場者がステージに揃う「顔合わせ」で隣にいた椎名林檎と仲睦まじく談笑している姿や、出場者全員がFoorinの歌とともに「パプリカ」の振りをする場面で楽しそうにしていた姿も印象的だった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200105-00010001-musicv-musi

    【『MISIA』、ロビーにも響いた歌声。リハから鳥肌が立ったえぐい歌唱力。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/01/04(土) 03:54:26.05 ID:ZvevkRTt9
    歌手の浜崎あゆみ(41)が元旦深夜、公式ファンクラブサイトで、昨年末に出産していたことを報告した。

    出産日などの詳細については明かしていないが、一部スポーツ紙によると11月だったのだとか。
    逆算すると、昨年の春から夏にかけてのツアーは妊娠中にこなし、出産からわずか1カ月で昨年末のカウントダウンライブをこなしたことになる。

    「ありえない働きぶりに、ネット上では『代理母か』との声もあがっている。
    いくら普段から体力作りで体を鍛えているとはいえ、普通に出産したとは信じ難い」(週刊誌記者)

    浜崎は3日にインスタグラムを更新。
    ネット上の声に反論するべく、「肉体的にも精神的にも難しい産褥期(=分娩が済み、女性の体が妊娠前の状態に戻っていくための期間)を身をもって実感している」
    と、自身がお腹を痛めた子供であることをアピールした。

    どうやら、浜崎は“未婚の母”を選ぶようだが、それにしても気になるのが子供の父親だ。

    「候補は3人にしぼられている。本命視されているのが、昨年交際が発覚した20歳年下の専属バックダンサー。
    今度のツアーで彼がはずれていれば間違いないだろう。
    そして対抗が、浜崎の出産と同じタイミングで16年に離婚していたことが明らかになったエイベックス・松浦勝人会長。浜崎との“不倫”が離婚原因になった可能性もある。
    そして大穴が、昨年4月に暴行事件を起こして活動を休止しおおみそかに脱退を発表した元AAAのリーダー・浦田直也。一時期は交際がうわさされていた」(音楽業界関係者)

    子供の父親以前に、とにかく浜崎の周囲には“穴きょうだい”が多そうだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/2141832/
    2020.01.03 21:30 週刊実

    【出産を公表した『浜崎あゆみ』の子供の父親候補に浮上した3人の男たち。】の続きを読む

    ダウンロード (4)


    1: 名無し募集中。。。 2020/01/02(木) 10:36:48.98 0
    CDジャーナル 2020冬号
    柚木麻子・朝井リョウとの鼎談記事より抜粋

    朝井「最近ツイッターで書いてらっしゃいましたよね。才能のある子がいたら何か作りたいって」

    つんく「歌える子が俺の作品を歌ってくれたらどうなるかな、とか。自分の声がこうなったのもあるから、仮歌を入れられないストレスがあるんです。
    "俺が仮歌入れなくても使える歌手いないのかなあ"っていう」

    朝「仮歌で伝えていたニュアンスってやっぱりとっても大きいんですね。田中れいなさんはそのコピー能力がすごかったという話がありますが……」

    つ「れいなは本当に気持ちよかった」

    朝「リズム感やピッチ含めて、伝えたように歌えるということですか?」

    つ「あいつは歌心がある。音楽に対して概念がないというか、ハロプロしか知らないのかなって思うぐらい。今は知らないけど、
    当時は与えられる曲をこなすので精一杯だったと思うんですが、お手本はつんく♂の仮歌ぐらいしかなくて
    "これをなんとかすればいいんでしょ?"っていう以上の邪心がないというか。
    どっかで書いたかもわからんけど、あいつは一回小学5年生でオーディションに来て条件に年齢が達してなかったので不合格で。
    でもなんとも言えないスター性があって、あのとき条件とか気にせず採っときゃよかったなっていまだに思います」

    朝「邪心のなさ!じつはいちばん難しいことなのかも。歌手になりたいような子は"心をこめて歌うぞ!"とか思いますもんね」

    つ「マネージャーとかが熱く言うからあかんねん。ステージ立った事ないやつが長々と説教してるんだろうね。
    "心こもってないよ"とか"歌詞の意味、考えてるか?"とか。現場じゃそんなこと考えながら武道館に立ってられない。
    必死でこなしてるぐらいがちょうどいいような気がしてる。ただ和田さんじゃないけど、あれこれ言ってくれるスタッフがいるからアーティストも考えるようになるのも事実」

    柚木「なるほど」

    つ「ツアーでも何回かやって慣れてきたら考え始めて、かえってそれがよくなかったりする。
    俺らもそうだった。初日はミスは多いけど、なんとなくいい結果になる。段取りに追われてるから」

    柚「そういう意味で石川梨華さんは……」

    つ「石川はずっとヘタッピでいてくれた。それがすごく大事」

    朝「"心をこめて"みたいな方向に行かなかったってことですか?」

    つ「歌に"押し付け"がないんです。小田さくらはヘタすると威圧感が出てしまう。そこは常に注意しなきゃね。でも石川梨華は常に安定してる。ある種すごい」

    【つんく♂さん、小田さくらを壮絶にdisってしまう。】の続きを読む

    ダウンロード (4)


    1: 風吹けば名無し 2019/09/11(水) 21:28:17.71 ID:I/5H+e2ma
    くーだらねえと つーぶやいてー 冷めたツラーして歩ーくー いつの日か また会うだろう 今宵の月のようにー

    ワイ「ファッ?!なんでこんなのが無名バンドなんや..」



    【ワイ「エレファントカシマシ?へんな名前のバンドだな。」 】の続きを読む

    ダウンロード (5)


    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2020/01/02(木) 01:19:46.85 ID:fmWJ62jh9
    歌手の浜崎あゆみ(41)が第1子を極秘出産していたことが2日、分かった。

    スポニチ本紙の取材では男の子で、昨年11月に出産。
    子供の父親は年下の一般男性で、結婚はしておらず、今後もその予定はない。

    平成10年の1998年4月にデビューして以来、女性ソロ歌手歴代最多の5200万枚以上のCDを売り上げてきた
    文字通りの「平成の歌姫」が、令和にママになった。
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/01/01/kiji/20200102s00041000002000c.html

    【『浜崎あゆみ』、極秘出産。父親は年下の一般男性。結婚の予定なし。】の続きを読む

    ダウンロード (4)


    1: muffin ★ 2019/12/30(月) 20:42:39.34 ID:8llm9K2d9
    https://smart-flash.jp/entame/89894

    12月27日放送の『陽水の50年~5人の表現者が語る井上陽水~』で、奥田民生が井上陽水とPUFFYについて語った。

    PUFFYのデビュー曲『アジアの純真』の歌詞は陽水が書いているが、奥田は「歌詞が面白すぎて。さっき道すがら見たようなことを書いて、作品になって仕上げてしまうのがすごい」と手放しで絶賛。

    新人だったPUFFYへの提供に、奥田は「何も知らない小娘に歌わせたのが一番でかい」と強調。「『誰が責任取るんだ?』って誰も(責任)取らないパワーがあった」と、当時の奥田と陽水の勢いが化学反応をもたらした作品だと明かした。

    また、同じく陽水作詞のPUFFY『渚にまつわるエトセトラ』は、「カニ食べ行こう」のフレーズが印象的だが、奥田は「(陽水が)そこまでカニが好きとは思わなかった。何かあるとカニって出てくる。ツアーをするモチベーションの半分はカニじゃないですか」と陽水のカニ好きぶりに驚いたことを話した。

    一方、陽水は「20年以上前でも若い人の音楽に興味を持てなかった」と回想。それでも奥田と組んだ理由について、自身の息子に聴いている音楽を質問したところ、奥田所属のユニコーン『雪が降る町』をあげたという。その曲の歌詞に「いいな~。お若いのにわかってらっしゃる」と共感したことを明かしていた。

    2人はユニット「井上陽水奥田民生」でも活動。その再開について奥田は「やろうと思えば自然にできると思います。あとはスケジュールの話。何かできればいいなと思います」と前向きだった。

    小泉今日子の『月ひとしずく』も手がけている2人。またコラボする姿もぜひ見たい。

    【奥田民生、井上陽水と手がけた『PUFFY』は「何も知らない小娘に歌わせたのが一番でかい。」「誰も責任取らないパワーあった。」】の続きを読む

    このページのトップヘ