メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    カテゴリ: 日本国内アーティスト(50音順)※編集途中

    images


    1: ジョーカーマン ★@無断転載は禁止 2017/09/20(水) 17:38:52.37 ID:CAP_USER9
    元AKB48でタレントの小嶋陽菜(29)が19日のInstagramにセクシーで刺激的な画像を投稿した。
    「チェリーパイきゃあ」「すごい! マシュマロみたい!」と大きな反響を呼んでいる。

    今月2日に放送されたフジテレビ系『有吉の夏休み2017密着77時間inハワイ 過去最多!芸能人15人で海、風、グルメを大満喫したら笑顔がこぼれすぎちゃったSP』で、大胆な水着を披露していた小嶋陽菜。
    同番組に出演していた田中卓志(アンガールズ)は、8月30日放送のラジオ番組『アッパレやってまーす!』で「こじはるの水着、オッパイ7割くらい出てた」と興奮気味に報告していた。
    小嶋は今年4月にAKB48を卒業してから、より大胆な露出が増えてきているようだ。

    今回の『Haruna Kojima nyanchan22 Instagram』で披露したのは鼻から下、胸の部分が大写しになった写真だ。
    真っ白な肌が眩しい胸の谷間にはさくらんぼが一つあり、キャミソールがベージュピンクと肌に近い色のためか妙に艶かしい。

    フォロワーもこの写真には驚いたようで「悩殺されました!」「女が見てもうっとりします」「えろいきれいかわいいよ」「美しすぎてLINEの背景にしました」などのコメントが殺到している。
    その一方で「こんなことあまりしないでほしいな」「ん~、なんか違う」と小嶋陽菜のセクシー路線に抵抗を示す声も見受けられた。

    http://news.infoseek.co.jp/article/japantechinsight_426158/

    小嶋陽菜がセクシーショット公開
    http://scontent-sjc2-1.cdninstagram.com/t51.2885-15/e35/21879399_169169636992698_4508786277121785856_n.jpg
    21879399_169169636992698_4508786277121785856_n

    http://pbs.twimg.com/media/DJwAdPuUEAAEHUN.jpg
    DJwAdPuUEAAEHUN

    元AKB48 小嶋陽菜
    http://pbs.twimg.com/media/DH4SKYLWsAAjZNy.jpg
    DH4SKYLWsAAjZNy

    http://pbs.twimg.com/media/DIuhMwiUwAAMqWe.jpg
    DIuhMwiUwAAMqWe

    http://pbs.twimg.com/media/CA88ER7UgAAoSeQ.jpg 
    CA88ER7UgAAoSeQ

    【小嶋陽菜のセクシー大胆ショットに「こんなことあまりしないで。」】の続きを読む

    images (1)


    1: 砂漠のマスカレード ★@無断転載は禁止 2017/09/18(月) 13:23:31.76 ID:CAP_USER9
    ファンの方々はいったい、どんな顔でこの発表を見届けていたのでしょうか?

    6月17日に実施された毎年恒例のAKB選抜総選挙。ご存知の通り、指原莉乃のV3達成・渡辺麻友の卒業表明も霞むほどのサプライズが起こりました。
    そう、20位にランクインしたNMB48・須藤凜々花の「結婚します」宣言です。

    なぜ、このタイミングで? ……誰もが首をかしげずにはいられない、順位発表のスピーチ中に放たれたまさかの爆弾発言。
    いうまでもなく、AKBグループのメンバーたるもの「恋愛禁止」が大前提であり、それを信じて須藤を応援していた人たちもたくさんいたはず。
    にも関わらず、それを大幅に逸脱する事実をファンと喜びを分かち合うための場で宣告するなんて、あまりにも酷な話ではありませんか。

    これに対し、ネット上では非難が殺到。
    さらに、NMB48の山本彩はツイッタ―で「今は、正直何と言って良いのか分かりません。申し訳ないです。」
    と謝罪し、OGの大島優子はインスタで「何考えてんのかしら。何でもアリなんですね」と苦言を呈しました。混乱はいまだ、収まりそうにありません。

    この須藤の結婚宣言で思い出されるのは、今から10年ほど前に起こった、元モーニング娘。
    飯田圭織の「バスツアー事件」です。ファンの間では既に伝説と化し、虚実入り混じりながら語り継がれる悲劇の全貌は以下の通りです……。

    大勢の飯田ファンが参加した19000円のツアー

    2007年7月7日。…

    七夕のこの日、ファンクラブ会員限定イベント『飯田圭織・前田有紀の“大人の七夕祭り”日帰りバス旅行』の開催が決定しました(※前田有紀とは、かつて飯田と同じ事務所に所属していた演歌歌手)。

    費用は19000円。決して安くはありません。けれども、間近で憧れの女性と触れ合えるのであれば、多少の出費は惜しくないというのがファンの心理。
    かくして、大勢のカオリンファンがこのツアーへ応募し、指折り数えて開催日を待っていたのでした。

    ツアー前日の夕方、衝撃的ニュースが……

    ところが、そんなウキウキ気分も最高潮に高まっていたであろう7月6日の夕方、とんでもないニュースが飛び込んできます。
    「飯田圭織 できちゃった結婚発表」。まさかの結婚。それもオメデタ付き……。


    http://www.excite.co.jp/News/90s/20170619/E1497848567981.html
    90s チョベリー 2017年6月19日 14時35分

    http://articleimage.nicoblomaga.jp/image/153/2016/9/4/94f71fa8ac56673bca042a0aba4a600c28c2ec2e1464168535.jpg 
    94f71fa8ac56673bca042a0aba4a600c28c2ec2e1464168535

    https://stat.ameba.jp/user_images/20170421/22/babachandesu/38/87/j/o0234015513919263330.jpg 
    o0234015513919263330

    https://stat.ameba.jp/user_images/20170421/22/babachandesu/49/63/j/o0320024013919269608.jpg 
    o0320024013919269608

    http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/0e/1d/da9bb1ba00ad0120e74007c7e439e8a7.jpg 
    da9bb1ba00ad0120e74007c7e439e8a7

    http://asotalk.com/wp-content/uploads/2017/05/yjimage-3-1.jpeg 
    yjimage-3-1

    http://blog-imgs-102.fc2.com/n/a/2/na2ka4/livejupiter_1492414180_10401.jpg
    livejupiter_1492414180_10401

    http://aikru.com/file/parts/863/368b939b26e3623e179efbf353706197.jpg
    368b939b26e3623e179efbf353706197

    http://ysaigusa.up.n.seesaa.net/ysaigusa/image/002-7bd2e.jpg
    002-7bd2e

    http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/70/d7/3b33cde50365b8baadf6a9436495ef7c.jpg 
    3b33cde50365b8baadf6a9436495ef7c

    http://stamp.bokete.jp/4709873.png
    4709873

    http://aikru.com/file/parts/863/ee87b40f51c8599f76d08dbcc7a39aa0.jpg
    ee87b40f51c8599f76d08dbcc7a39aa0

    http://top1news.net/wp-content/uploads/2017/05/c2b9a99f-300x222.jpg
    c2b9a99f-300x222

    http://blog-imgs-100.fc2.com/t/i/k/tikaidolmatome/070707-03.jpg 
    070707-03

    【元NMB48・須藤凜々花より悪質? 伝説の「飯田圭織バスツアー」を振り返る。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 砂漠のマスカレード ★@無断転載は禁止 2017/09/18(月) 21:02:01.41 ID:CAP_USER9
    元NMB48須藤凜々花の迷走が止まらない。14日に放送された『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)に出演した須藤は、「禁断の恋」について激白。

    松本人志から「アホなんですね」といわれるなか、母親の誕生日パーティで相手に一目惚れしたこと、1年間温めてしたのちに連絡先を交換し、交際に発展したことを明かす。

    それを受けた浜田雅功が「その間ファンはずっと応援していた」「ファンのことは考えなかったんですか?」と問うと、須藤は「アイドルも恋も両方も諦められなかった。
    投票してくださいと言うこともアイドルとしては大事な仕事で、営業じゃないですか」とコメント。

    この言葉に出演者陣が苦笑いを浮かべるなか、「ビッチといわれた」「初めての恋人で一人しか居ないと言ったらめっちゃ怒ってました」などと、まるで被害者のような発言をする。

    さらに松本から「アイドルは続けるんですか?芸能界やめるってこと?」と問われると、「芸能界に残ります」と断言。
    気を利かせた浜田雅功が布川敏和・つちやかおり元夫妻に「ここはどう会ってたの?」と話を変え、つちやが「家」と答えると、突如「一緒です」と割り込み。

    空気の読めない発言には、浜田雅功が「あんまり言うな!」と怒るほど。そ
    れでも須藤は、「1年間ちょいちょい会っていました」とあっけらかんとコメント。そ
    こにファンを裏切り続けていた罪悪感を覚えている様子はかけらもなかった。

    この発言に、須藤凜々花を推してきたファンは発狂。「金を返せ」「芸能界をやめろ」「幸せなら表に出るな」などと、猛反発の声を上げる。

    さすがにまずいと思った須藤は、16日にTwitterで「私は極悪人」「私は悪いアイドルだけど他のメンバーは違う」「クズでごめんなさい」などと謝罪文を掲載。
    火消しを図ったものの、一連の発言について憤るファンが圧倒的だ。

    「須藤は悪気なくありのままを話しているのでしょうが、そもそもNMBが恋愛禁止という前提が頭にない。つまり悪いことだとは思っていないわけです。

    恋愛していないことを信じて応援してきた人間にとっては裏切りでしかなく、なるべくなら話さないようにするものですが、
    ルールを破ったことをネタに笑いを取ろうとしたうえ、被害者面までしたわけですから、批判されても仕方がないでしょう。

    今回の『ダウンタウンDX』出演は、失敗だったと言わざるを得ません」(芸能ライター)

    今後の生きる道は、炎上タレントだろうか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1356210/
    2017.09.18 17:15 リアルライブ

    【何をやってもファンを逆なでする状態に陥った須藤凜々花。】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: 江戸領内小仏蘭西藩 ★@無断転載は禁止 2017/08/29(火) 12:23:11.26 ID:CAP_USER9
    明菜の「少女A」、実は沢田研二の曲だった 作詞家売野雅勇氏明かす
    2017.8.29(Tue)
    https://www.daily.co.jp/gossip/2017/08/29/0010504728.shtml
    https://daily.c.yimg.jp/gossip/2017/08/29/Images/f_10504740.jpg
    f_10504740

    売野雅勇氏

     作詞家の売野雅勇氏が27日放送のBS朝日「ザ・インタビュー~トップランナーの肖像~」に出演し、売野氏が作詞した歌手・中森明菜のヒット曲「少女A」が、実は沢田研二のために原曲を書き下ろしていたことを明かした。

     「少女A」は売野雅勇作詞、芹澤廣明作曲で1982年7月に明菜の2枚目のシングルとしてリリースされ、大ヒット。明菜はこの年の新人賞を総なめとした。
     売野氏は書き下ろした経緯について、「アルバムの曲を集めているから」とスタッフから言われ、明菜には直接会うことはなく、明菜のチラシを1枚もらって書き上げたという。

     当時について「アイドルの人に書くのは初めてだったが、売れるとも思っていなかったし、そんなに書きたい訳じゃなかった。
    書くんだったら変わったものを書きたいなというコピーライター的な本能があって、まず少女Aというタイトルが出来てから書いた」と振り返った。
     コピーライターから作詞家に転身した売野氏は「新聞を見ていて、少女Aってこういうのがタイトルだと面白いだろうなと思った。それが事の始まりというか、勝因。
    最初は違う曲が付いていたが、詞だけが生き残って、いまみなさんが知っている少女Aのメロディーが付いた」と説明した。

     詞の内容については、映画「ベニスに死す」を原点として以前、沢田研二のために書き下ろしていたことを明かし、「ああいうのを書いたら格好いいだろうなと書いたが、ボツになって」と苦笑い。
    そこで「じゃあ、あのコンセプトを使おうと、(男女を)ひっくり返して少女Aになった」という。原曲は沢田がプールサイドから少女を上目使いに見ている詞だったという。
     一方、明菜は少女Aについてあまり気に入らず、売野氏は「明菜のAだと思って私生活を誤解する人がいると言って嫌いだったらしい。聖子ちゃんの世界とはあまりにかけ離れていて。
    マネジャーが1回だけ歌ってっていって、レコーディングしたらしい。ずっと知らなくて去年知りました」と制作エピソードを披露していた。

    【中森明菜の「少女A」、実は沢田研二の曲だった。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 47の素敵な(空)@無断転載は禁止 ©2ch.net (ブーイモ MMff-Mbna) 2017/09/13(水) 10:20:14.88 ID:g2KlTbDsM
    ――第4章では、「努力は報われると思うか」のアンケートで「そう思う」が30代以下のわずか十数%だったことにも触れられていました。
    一方、夏さんの教え子の一人、高橋みなみさんは「努力は必ず報われる」と常々おっしゃっていましたね。

    そのことについては、ちょっと責任を感じています。
    彼女の発する言葉ですし、私がとやかく言うことではないかもしれませんが、彼女たちを指導していた時、
    私はそれを言い続けてきたので、彼女のその言葉を聞くたびに、もうそろそろ別の考えでもいいんだよと解放してあげたくなります。
    http://news.mynavi.jp/articles/2017/09/13/natsumasyumi/002.html

    【夏まゆみ「AKBを指導してる時『努力は必ず報われる』と言い続けて高橋みなみが使ってるけどその言葉に今は責任を感じてる。」 】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: muffin ★@無断転載は禁止 2017/09/19(火) 18:08:41.22 ID:CAP_USER9
    https://www.j-cast.com/2017/09/19308837.html?p=all
    2017/9/19 15:53

    B'zがデビューしたのは、まだ年号が「昭和」だった1988年だ。それから約30年、当時23歳だったボーカル・稲葉浩志さんも、すでに52歳である。ギターの松本孝弘さんは56歳だ。

    2017年9月18日、特別番組「MUSIC STATION ウルトラFES2017」(テレビ朝日系)に出演した稲葉さんの姿に、ツイッターなどでは「老けた」などといった声が一時噴出した。
    ところが、歌が始まると、その反応は一変することになる。

    約10時間という大型音楽番組として放送された「ウルトラFES」、B'zは最後から2番目に登場した。

    稲葉さんのこの日の衣装は、黒の長袖シャツにやはり黒のパンツという、落ち着いた雰囲気のものだ。
    出番に先立ち、番組が独自アンケートで選定した「元気が出る超(ウルトラ)ソング」で、B'zの「ultra soul」(2001年)が1位となったことが紹介され、司会のタモリさんが、「ultra soul、1位でしたね」と話を振るが、稲葉さんは、「ありがとうございます」と低い声で返すばかり。

     これまでの活動についての感想を聞かれても、「節目節目で野外でライブをやってきたんですけど、そのたびに雨が降る、みたいな感じだったんですけど、最近は少し天気も味方につけて、晴天のことが多いんですけど......」といった具合で、元々テレビ番組では「うまくしゃべれない」と公言しているとおりのローテンションが続く。

     そのトークの姿に、「年齢」を感じた視聴者も多かったようだ。直前には、過去の「Mステ」出演時の映像が流れていたこともあってか、「稲葉さんちょっと老けたなー...」「目元をみると年を感じてしまうな」「稲葉さん52歳か...ワイプで若い頃の映像と並べるの止めて」といった書き込みが、ツイッターには相次ぐ。

      ところが歌が始まると、評価は一変した。「さっきまで歳取ってたのに歌い出したら若返った」「稲葉さん歌始まった瞬間若返ってね?」「歌い出すと-(マイナス)15歳くらいなる不思議」「ステージに上がったら肌のハリがアップするのなんなの」

     先ほどまでのテンションの低さが嘘のように、ステージを縦横に動き回りながら、腰をくねらせ、観客を煽り、スピーカーの上に飛び乗り、高音でシャウトする。はつらつとした稲葉さんのパフォーマンスに、
    「松本さんももう56歳で、稲葉さんも52歳か~! 歌声は衰えるどころか進化し続けてるなぁ。。。」「あんだけ動いてあんだけ声出て高音シャウトもキレキレで。そして曲間に魅せるセクシーな微笑み。あんな52歳いるかね」「稲葉さん52歳だって...奇跡?奇跡なの?何したらあんなに若さキープできるの?教えて!」と、ツイッターは最終的に、その「若さ」に驚愕する声に埋め尽くされた。

    https://www.j-cast.com/assets_c/2017/09/news_20170919152532-thumb-645xauto-121815.jpg 
    news_20170919152532-thumb-645xauto-121815

    【B'z稲葉浩志、テレビでの「豹変」に驚き。 トーク中は「老けた?」→歌い出したら「若返った。」】の続きを読む

    ダウンロード


    56: 名無し募集中。。。@無断転載は禁止 2017/09/20(水) 18:56:06.95 0
    ファンの皆様へ

    ファンの皆様、
    いつも応援していただきありがとうございます。

    先日9月16日に無事、デビュー25周年を迎えることができました。
    皆さんの応援、支えがあって25周年目をスタートできた事に
    心から感謝しております。

    ありがとうございます。


    今日は、私が長年心に思い、
    この25周年という節目の年に決意した事を書きたいと思います。


    「わたくし安室奈美恵は、
    2018年9月16日をもって引退することを決意致しましたので、
    この場を借りてファンの皆様にご報告させていただきます。」


    引退までのこの1年
    アルバムやコンサート、
    最後にできる限りの事を精一杯し、
    有意義な1年にしていきたいと思ってます。


    そして、私らしく
    2018年9月16日を迎えたいと思います。


    皆様、
    安室奈美恵の最後の1年を、
    どうぞよろしくお願い致します。


    安室奈美恵
    http://namieamuro.jp/news/2017/20170920_msg/

    7: 名無し募集中。。。@無断転載は禁止 2017/09/20(水) 18:52:24.21 0
    え…マジやんけ

    【安室奈美恵、来年9月で引退。】の続きを読む

    images (1)


    1: 砂漠のマスカレード ★@無断転載は禁止 2017/09/18(月) 16:39:05.53 ID:CAP_USER9
    17日放送のラジオ番組「山下達郎のサンデー・ソングブック」(TOKYO FM)で、歌手・山下達郎がライブ会場で曲に合わせて歌う客に対して、苦言を呈した。

    番組では、山下が「ひとつ気になるお便りですが」とリスナーメールを紹介した。投稿者は、山下のライブに行くと盛り上がった場面で、つい大声で合唱してしまうという。
    そのため、隣の席の妻から「あなたの声しか聞こえない」と文句を言われ、周囲の人にも迷惑をかけているのではと思ったとか。

    投稿者の「これってダメでしょうか?」という問いかけに山下は「ダメです」と即答する。
    続けて「一番迷惑」「あなたの歌を聴きに来てるんじゃない」と厳しく諭したのだ。
    山下は隣の席の人が大声で歌っていたら、「私は(文句を)言いますよ」と語り、投稿者に注意を促していた。

    なお、山下の主張はTwitterでも共感を得たようだ。とあるリスナーがこのやり取りを紹介すると、
    18日10時の時点で1万9000件以上のリツイート、1万4000件以上の「いいね」を集めるなど、多くの反響を呼んでいる。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13627726/
    2017年9月18日 11時12分 トピックニュース

    https://www.youtube.com/watch?v=U_XwXc09P_g


    山下達郎 Endless Game

    https://www.youtube.com/watch?v=is26u6mN5DA


    山下達郎 - さよなら夏の日

    【山下達郎がライブで合唱する人に苦言。「あなたの歌を聴きに来てるんじゃない。」】の続きを読む

    ダウンロード


    1: あちゃこ ★@無断転載は禁止 2017/09/18(月) 08:31:35.92 ID:CAP_USER9
     歌手、安室奈美恵(39)が17日、故郷の沖縄・宜野湾海浜公園野外特設会場で
    デビュー25周年を記念する2夜連続公演を締めくくった。沖縄での単独野外公演は初めて。
    2012年には台風の影響で同会場での20周年公演が中止となったため、“リベンジ凱旋”が実現。
    台風18号の接近でリハーサルが遅れるなど波乱もあったが、四半世紀を網羅した新旧交えた選曲で、
    2万6000人のファンに歌姫の神髄を見せつけた。

     琉球の風が吹き抜ける台風一過の野外ステージで歌姫が躍動した!

     巨大スクリーンに、青のミニワンピース姿の安室が、ダンサーらと円陣を組む姿が映し出され、
    ヒット曲「TRY ME~私を信じて~」のイントロが流れるとステージ最上段に“参上”。
    安室を見た瞬間、会場に悲鳴に似た大歓声が轟いた。

     SUPER MONKEY’S時代のデビュー曲「ミスターU.S.A.」を22年ぶりに歌い、
    代表曲「Don’t wanna cry」から新曲「Just You and I」まで
    27曲を熱唱。白いワンピなど5変化でも楽しませた。

     1992年9月のデビューから25年。凱旋公演は7カ月ぶり11回目だが、野外での単独公演は
    初めて。「記念イヤーは沖縄からスタートしたい」と企画した安室は「安心感と懐かしさを感じます」と
    笑顔満開だ。

     2012年9月に同所で20周年公演を予定するも、台風の影響で中止に。今回も
    台風18号の接近で会場の設営やリハーサルが遅れたが、デビュー記念日の前日16日も同日も
    予定通りライブを行い、“リベンジ”。それだけに「騒げ、沖縄!」と普段は行わないMCで
    ファンをあおるなどノリノリ。沖縄単独公演史上最多となる約2万6000人を興奮させた。

     10代で自身のファッションをマネするアムラー現象を巻き起こし、これまでシングル47枚、
    アルバム17枚、DVD20枚を発売し、総売上数は3700万枚を突破。公演数は693回、
    動員数は415万人に達した。

     約2時間、全力パフォーマンスで駆け抜けた安室は
    「25周年という記念すべきアニバーサリーイヤーを一緒に過ごすことで、また新しい思い出が
    作れれば」と宣言。

     最後は夜空を300発の花火が彩り、25周年の幕開けを祝った。

    サンスポ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170918-00000502-sanspo-musi
    デビュー当時と変わらないスレンダーボディーでキレのあるパフォーマンスを披露した安室奈美恵
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20170918-00000502-sanspo-000-1-view.jpg 
    20170918-00000502-sanspo-000-1-view

    【安室奈美恵、故郷に“リベンジ凱旋”。普段行わないMCで「騒げ、沖縄!」】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 湛然 ★@無断転載は禁止 2017/09/15(金) 05:03:20.71 ID:CAP_USER9
    2017-09-15 04:00

    SUGIZO、20周年アルバムに豪華ボーカル集結 第1弾はRYUICHI・Toshl・TERUら

     ロックバンド・LUNA SEA、X JAPANおよびJUNO REACTORのギタリスト/バイオリニストを兼任するSUGIZOが、11月29日にソロデビュー20周年を記念したオリジナルアルバム『ONENESS M』を発売する。さまざまな音楽ジャンルを代表するボーカリストが集結し、第1弾の5人が発表された。

     自身のバンドLUNA SEAからRYUICHI、兼任するX JAPANからToshl、SUGIZOを慕い23年のつきあいになるというGLAYのTERUが参加。さらに、芥川賞作家でロックシンガーの辻仁成、日本のHIP HOPオリジネーター・Kダブシャインが名を連ねる。

     本作はSUGIZOの飽くなき音楽への探求を形にし、エレクトロ、トランス、テクノ、ダブ、アンビエント、ノイズ、インダストリアル、ニューウェーヴ、オルタナティヴ、プログレッシヴロック、ソウル、ジャズ、民族音楽、現代音楽、クラシックといったあらゆるカテゴリーを超越した内容となっている。

     SUGIZOは「ソロデビュー20周年という節目にふさわしい、特別なアルバムが生まれました。ぜひ楽しんでいただけたらうれしいです」「これからも未知なる感動をみなさんと共に体験していけたら本望です」とファンにメッセージを送っている。

     初回限定盤(2SHM-CD+Photo Book)、通常盤(SHM-CD)の2形態。初回盤のDISC1はフィーチャリング・ボーカル・アルバム、DISC2はDISC1のボーカルレスのインストアルバムで、約100ページ(予定)のPhoto Bookには撮り下ろし写真集とライナーノーツが掲載される。

    ■SUGIZOコメント

    ソロデビュー20周年という節目にふさわしい、特別なアルバムが生まれました。
    ぜひ楽しんでいただけたらうれしいです。

    今作に魂を注入してくれた、敬愛するシンガーの友人達に心から感謝します。
    今もなお共に歩んでくれているリスナーのみんなの存在に心から感謝します。
    そして、波乱万丈の中、20年間走り続けてこれたこの現実に心から感謝します。

    音の探求の旅はさらに続きます。
    これからも未知なる感動をみなさんと共に体験していけたら本望です。


    ソロ活動20周年記念アルバムをリリースするSUGIZO
    http://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20170915/2097262_201709150157170001505415616c.jpg 
    2097262_201709150157170001505415616c

    RYUICHI
    http://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20170915/2097262_201709150157238001505415616c.jpg 
    2097262_201709150157238001505415616c

    Toshl
    http://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20170915/2097262_201709150157288001505415616c.jpg 
    2097262_201709150157288001505415616c

    TERU
    http://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20170915/2097262_201709150157334001505415616c.jpg 
    2097262_201709150157334001505415616c
     
     
    辻仁成
    http://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20170915/2097262_201709150157379001505415616c.jpg 
    2097262_201709150157379001505415616c

    K DUB SHINE
    http://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20170915/2097262_201709150157425001505415616c.jpg 
    2097262_201709150157425001505415616c

    http://www.oricon.co.jp/news/2097262/full/

    【SUGIZO、20周年アルバムに豪華ボーカル集結。第1弾はRYUICHI・Toshl・TERUら。】の続きを読む

    images


    1: 湛然 ★@無断転載は禁止 2017/09/18(月) 06:22:04.27 ID:CAP_USER9
    [2017年9月17日21時35分]

    藤井フミヤ兄弟ツアー開幕!斉藤由貴不倫騒動ネタも

     藤井フミヤ(55)尚之(52)の兄弟ユニットF-BLOODが17日、東京・Zeppダイバーシティで、結成20周年ライブハウスツアーを開幕させた。

     ツアーは前作アルバム「Ants」のタイミング以来9年ぶり。フミヤは「台風接近の中、ギリギリな感じで来てくれてありがとう」と感謝し「昨日の夜中に2人で水を浴びて祈った」と笑わせた。
    「まだ初日なので、全体的に探っている感じだけど、緩い兄弟なので緩い感じでいきます」とベテランらしい余裕をみせた。

     フミヤが「長く生きている、といろんなことが起こる。パンツ被ったり」と、斉藤由貴の不倫騒動を連想させる冗談を言うと、尚之は「ない、ない!」と応じ、「何でパンツの話?」と問い掛けた。
    するとフミヤは「旬だから」と答えて笑った。さらに「別々に暮らすまで、尚之と同じパンツをはいていた。トランクスだから、全然気にならなかった」とパンツエピソードを明かしてファンを喜ばせた。

     フミヤは終演後、「ゆっくりやっていたら20年たっていた。まあ、解散がないコンビだから。離れられない兄弟になってます。70歳までは一緒にやりたい」と強い絆を感じさせた。
    さらに「最後はギター2本で、ぴんから兄弟みたいに赤ちょうちんツアーをやりたい」と話すと、尚之も大きくうなずいた。

    (以下略、全文はソースをご覧ください。)


    F-BLOOD20周年記念ライブツアーの初日公演を行った藤井尚之(左)とフミヤ(撮影・川田和博)
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/img/201709170000703-w500_0.jpg
    201709170000703-w500_0

    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201709170000703.html

    【藤井フミヤ兄弟ツアー開幕。旬の"パンツ"エピソードも明かす。「兄弟で同じものをはいていた。」】の続きを読む

    このページのトップヘ