メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    音楽関係を中心にしたエンタメ関連のまとめブログ

    カテゴリ: 日本国内アーティスト(50音順)※編集途中

    images


    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/06/16(日) 09:46:41.23 ID:pvM25oGw9
    6月13日に発売された週刊誌『女性セブン』で、スーパーで買い物中の女優・剛力彩芽の姿がキャッチされ、
    その独特なファッションに「何、この服」「恥ずかしいからちゃんと着な」などといったツッコミの声が続出している。

    同誌が剛力をキャッチしたのは、6月上旬の都内の庶民派スーパー。付き添いらしき女性とともに買い物をした剛力の手にはスーパーの袋があり、中から3、4本長ネギが飛び出している。
    居合わせた客によると、スマホでレシピを見ながら、長ねぎ、ひき肉、ボイルえびなどを購入したようだ。

    この後、交際している『ZOZO』前澤友作社長の高級マンションへ向かったとされる剛力は、気分が高揚しているのかその表情は明るく、足取りも軽そうな様子。
    前澤社長のマンションからほど近くのスーパーとのことだが、さすが女優の剛力、白いノースリーブシャツの上に淡い色のストライプ柄のシャツを羽織り、
    ショート丈のパンツからはスラッと細い脚が見え、髪型は黒髪のきれいな〝おかっぱ頭〟という斬新なセンスをいかんなく発揮している。

    変なスイッチが入ってダサくなる?
    しかし、ネット上ではこのファッションに衝撃を受け、ツッコミの声が殺到。特に〝シャツ・オン・シャツ〟に衝撃を受けたようで、

    《襟on襟!?》
    《だっせー! 何、この服 ちゃんと着ろ》
    《服のずり下がりが二層構造になってるの本当笑う》
    《だらしなく見えて抵抗あるわ…》
    《上の服いる? だらしない格好だこと》
    《服、はだけてるよ。 恥ずかしいからちゃんと着な》

    さらに、服装だけでなく〝おかっぱ頭〟も大きな注目を集め、

    《金太郎カット めちゃ変だよ!》
    《髪型w 楠田えりこかと思った》
    《自分に何が似合うか分からない人なんだね~》

    などと、総じて剛力のセンスを疑う声が多く上がった。

    「剛力さんは学生時代からモデルとしてデビューし、人気ティーンファッション誌『Seventeen』で大政絢や佐藤ありさなどと同時期に活動していました。
    そういった洗練されたファッション業界に若いころから身を置いているためか、普段の私服はすごくセンスがいいんです。
    しかし、前澤社長とともにいるときの剛力は〝変なスイッチ〟が入ってしまうのか、スクープ写真に写るファッションはことごとくダサい。
    常に新しいものを求め続ける前澤社長に飽きられないよう、剛力さんも〝常に前衛的な〟ファッションでいようとした結果、今回のような〝シャツ・オン・シャツ〟になってしまったのだと思います」(女性ファッション誌ライター)

    剛力には驚かされてばかりだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1877631/
    2019.06.16 07:32 まいじつ

    https://geitopi.com/wp-content/uploads/2019061304-1.jpg
    2019061304-1

    https://news-postseven.kusanagi-cdn.com/wp-content/uploads/2019/06/goriki_ayame_04.jpg 
    ダウンロード (4)

    【剛力彩芽“シャツ・オン・シャツ”ファッションに笑撃。「だっせー!」「めちゃ変だよ!」 】の続きを読む

    ダウンロード (6)


    1: 名無しさん@涙目です。(四国地方) [US] 2019/06/16(日) 16:21:37.81 ID:y+3pZl8s0● BE:201615239-2BP(2000)
    sssp://img.5ch.net/ico/anime_jien03.gif
     ロックバンド・KANA-BOONが16日、公式サイトを更新。今月5日から連絡が取れなくなっていたベースの飯田祐馬が帰宅したと、15日深夜に家族から一報を受けたことを報告した。

     公式サイトでは「6月5日(水)より、音信不通の状態が続いておりました飯田祐馬(Ba)ですが、昨日6月15日(土)の深夜にご家族より、本人が帰宅したとの一報を受けました」と発表。

     家族によると「憔悴してはいるものの、怪我などはない」とのことで、警察にもその旨を報告していると伝えた。

     その上で「KANA-BOONの今後の活動につきましては、本人の体調をみつつ、メンバーと共に話し合いを進めたいと考えております」と伝えている。

     飯田をめぐっては、13日に公式サイトで連絡が取れなくなっていることが伝えられた。「6月5日より、飯田祐馬(Ba)と連絡が取れておらず、あらゆる手段を講じてコンタクトをとろうとしておりますが、
    現在まで音信不通の状態が続いております」とし、「すでに、ご家族より警察へは捜索願を提出しております」と説明。あわせて、15日の企画ライブ『KANA-BOONのOSHI-MEEN!!』の中止を発表していた。

     翌14日にはメンバーの谷口鮪、古賀隼斗、小泉貴裕が同サイトを通じ「メンバーとして、友達として、とても心配です。ただただ無事を祈るばかりです」と胸中を明かしていた。

    https://www.oricon.co.jp/news/2137793/

    【『KANA-BOON』飯田、帰宅。】の続きを読む

    ダウンロード (4)


    1: 江戸領内小仏蘭西藩 ★ 2019/06/15(土) 11:08:59.16 ID:xPKdnI+l9
    2019年06月15日09時56分 日刊スポーツ
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201906150000254.html
    https://www-nikkansports-com.cdn.ampproject.org/i/s/www.nikkansports.com/entertainment/news/img/201906150000254-w1300_0.jpg
    YOSHIKI

    XJAPANのYOSHIKIが、SNSでの投稿内容について一部から批判的な声があがっていたことを受け、謝罪した。

    YOSHIKIは14日、ツイッターを更新。海外のファンに向け英文で「親愛なるファンへ。もし私の投稿のいずれかが、皆さんの状況を考慮していないと感じさせてしまったとしたら、深くお詫び申し上げます」と謝罪し、「私はファンと友だちのすべてを本当に気にしています。愛しています」とした。

    YOSHIKIはツイッターやインスタグラムで、訪問した台湾で、大規模デモが続いている香港出身のアクション俳優ジャッキー・チェンと会食したことを写真付きで報告し、話題となっていた。

    ※ 参考
    YOSHIKIの食事の相手は台湾総統ではなく、あの大スターだった
    https://www.recordchina.co.jp/b720865-s0-c30-d0063.html
    https://hochi.news/images/2019/06/13/20190613-OHT1I50063-L.jpg 
    20190613-OHT1I50063-L

    【『YOSHIKI』、台湾で蔡総統の誘いをスルーし『ジャッキー・チェン』と食事。批判の声が上がる。】の続きを読む

    images (1)


    1: muffin ★ 2019/06/13(木) 21:24:46.51 ID:Vtt0jzvD9
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201906130001007.html
    2019年6月13日21時9分

    4人組ロックバンドKANA-BOONは13日、公式ホームページで、ベースの飯田(めしだ)祐馬(28)が音信不通状態のため、15日に東京・Zeppダイバーシティで開催予定だった企画ライブの中止を発表した。

    発表によると、今月5日から連絡が取れていないといい、「あらゆる手段を講じてコンタクトをとろうとしておりますが、現在まで音信不通の状態が続いております」とした。

    家族から警察に捜索願が提出されているという。

    15日のライブはデビュー5周年企画の締めくくりでもあり、「皆様にこのようなご報告をしなければならないことを、メンバー、スタッフ一同、大変心苦しく感じております。改めてこの度は、多大なるご心配、ご迷惑をおかけしますことをお詫び申し上げます」とした。

    同バンドは、大阪・堺出身のボーカル兼ギター谷口鮪、ギター古賀隼斗、ドラムス小泉貴裕、ベース飯田による4人組。08年に結成され、インディーズ時代のシングル「ないものねだり」がヒット。13年にシングル「盛者必衰の理、お断り」でメジャーデビュー。20代を中心に支持を集める。メロディー、歌詞ともキャッチーで覚えやすく踊れるロックとして人気。音楽フェスにも多数出演してきた。

    https://pbs.twimg.com/media/D88OdQLVsAAwkv_.jpg
    D88OdQLVsAAwkv_

    関連スレ
    【音楽】「KANA-BOON」ライブ中止を発表、ベース飯田祐馬が連絡取れない状態
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1560427723/

    【『KANA-BOON』のベーシスト・飯田(めしだ)が音信不通。警察に捜索願を提出。 「今月5日から連絡が取れていない」 】の続きを読む

    images (2)


    1: ひかり ★ 2019/06/12(水) 20:21:08.59 ID:FQmzHoh69
     歌手の奥田民生が『SWITCHインタビュー 達人達』(NHK Eテレ)に出演し、自身が歩んできたアーティスト半生と、音楽業界の未来について語った。

     1987年、ロックバンド「UNICORN」のボーカルギターとしてデビューした奥田は、音楽活動を始めるきっかけについて話し始めた。

    「母は歌が上手いんですよ。いまも自分より上手いと思います。そして、父はとにかく声がでかい。だから、2人のいいところを受け継いだと思います」

     1993年、いったんバンドを解散し、ソロを経て、2009年にUNICORNを再結成。足かけ32年、プロとして歌い続けている。奥田のモチベーションは
    どこにあるのだろうか。

    「楽器を演奏することが好きなんですよ。録音するために、CD作るために曲を作る人もいますが、僕は『何回も演奏するため』に作る。

     個人的にはこの先を考えると、『もうCDいらねえや』って思います。CDでは儲からないし、配信で提供することがスタンダードになっているいま、
    スピード感が全然足りないんですよ」

     最近の奥田は、ユーチューバーとしての活動も注目を集めている。牛乳パックで作った疑似ドラムや、折りたたみ傘の収納袋などを楽器として使いながら、
    遊び心いっぱいに楽曲制作する過程の、一部始終を配信している。

    「ユーチューバーのスピード感にあこがれました。音楽でそれができないかと、始めたのがこれ。楽曲収録を公開しているプロのミュージシャンは、
    ほかにいないでしょう? おれも逆だったら見たいもん(笑)」

     チャンネル名は「RCMR」。「Ramen/ラーメン」「Curry/カレー」「Music/ミュージック」「Records/レコーズ」の略だ。

    「最初はグッズを作るために、イラストと、好きなものの名前をつなげて『RCM』という文字を組み合わせて、ロゴを作りました。

     RCMという名前は当初、ラーメン、カレー、あと明太子の頭文字だったんですけど(笑)。ミュージシャンらしくしなきゃなと思って、明太子を『Music』に変えました。
    それから、実際にユーチューブで作曲活動するにあたり、『Records』をつけて、個人レーベルにしたわけです」

     時代の流れを取り入れ、大物ミュージシャンのなかでも一歩先を行く奥田が、今後の展望を語った。

    「お客さんの前で演奏するライブが、より重要になる。そしてそれを『もっとお茶の間で体感できないか』と考えています。

     前に、ライブの後に、すぐにそのライブをCDにして売ったことがあるんですが、たとえばこれからは、会場を出たらすぐ携帯にライブ音源が入っているように
    するとか。聴けるところすべてで聴ける、ということが大切なんです」

     最新の技術を採り入れる一方、アナログの温かみを重視し、RCMRの音源をレコード盤でリリースするなど、従来のメディアのよさも生かしている奥田。
    レジェンドになったいまも、「大好きな演奏をファンに届ける」音楽に夢中なのだ。

    FLASH
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190612-00010007-flash-ent

    【奥田民生「CDいらねえや。」 】の続きを読む

    ダウンロード


    1: nita ★ 2019/06/11(火) 03:41:03.35 ID:70DnP9/N9
     女優・吉岡里帆のインスタグラムの文章が椎名林檎を“ディスっているのではないか”として、批判を集めている。

     問題になったのは6月2日の投稿。ここで吉岡は自身のラジオ番組「UR LIFESTYLE COLLEGE」(J-WAVE)に、歌手の椎名林檎がゲスト出演したことを報告。番組の告知を行った。

     合わせて椎名に対する熱い想いをつづっている。〈本日のゲストはずっとずっとずーっと、ラブコールしていた椎名林檎さんです〉と切り出し、〈林檎さんが、これからも大好きです。頑張っていたらこんな日が来るんだなぁ…とこの日染み染みしました。〉と喜びをあらわにした。

     この中で吉岡は椎名に関する思い出を〈小学生の頃、VHSで林檎さんのPVを見て惚れて…何年経っても力を貰い続けて…〉と明かしているが、「VHSで林檎さんのPVを」という部分が思いもよらぬ“注目”を集めてしまっているのだ。

    「VHS、つまりビデオテープが使われていたのはかなり昔になります。ハードディスクレコーダーやDVDレコーダーが登場したことで、00年代の前半には廃れてしまいました。椎名をそんな“過去の遺物”と言えるVHSとセットにすることで、昔の人扱いしているという理解を呼んでしまったのです。吉岡にしてみれば、『それぐらい昔から好き』だと言いたかったのでしょう。ですが、奇しくも椎名を年寄り扱いし、ディスっているととらえられてしまいました」(芸能ライター)

     言いがかりにも思えるが、今の吉岡は…何をしても一定の向きから叩かれる状態であることも事実。「VHSを出してくる必要ないだろ。ただ単に『昔からPV見てました』でいいだろ」「相手のことを考えたら、こういう表現はしないと思う。それも女性に対して」と厳しい言葉がネットに上がっている。

    「吉岡は93年生まれですから、椎名のPVを見ていた小学生の頃というと、00年代に入ってからになります。VHSからDVDに移行する時期、多くのアーティストはPVをVHS版、DVD版の両方でリリースすることが主流だったので、吉岡はまさに『テープが擦り切れるほど見た』ということを言いたかったのかもしれません。それにしても、小学生でありながら椎名林檎がササる感受性を持っていたのならば大したものです」(週刊誌記者)

     真相は知る由もないが、吉岡里帆が辻希美や紗栄子といった“何をしても悪く取られる”という現実には、同情を禁じ得ない。

    アサジョ 2019年6月10日 10時15分
    https://news.infoseek.co.jp/article/asajo_73610/

    写真
    https://media.image.infoseek.co.jp/isnews/photos/asajo/asajo_73610_0-small.jpg
    asajo_73610_0-small

    ★1:2019/06/10(月) 19:43:11.2

    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1560163391/

    【吉岡里帆、椎名林檎を「VHSで見てました。」と発言。何故かディスりと捉えられ批判される。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 豆次郎 ★ 2019/06/08(土) 15:28:55.13 ID:aACYsNPT9
    6/8(土) 15:22配信
    デイリースポーツ
    青山テルマ「そばにいるね」大ヒット後、作詞者主張し「印税」求める手紙多数届く

     歌手の青山テルマ(31)が8日、読売テレビで放送された「特盛!よしもと」に出演。「そばにいるね」が大ヒットした後、印税を要求する手紙が多数届いたことを明かした。

     「そばにいるね」は08年に発売された青山のセカンドシングルで、作詞はSoulJaとの共作。青山によると、この楽曲のヒットで「けっこうなファンレター」が届いたが、その中の「何十通ぐらい」が「僕が歌詞書いたんで、印税ください」という手紙だったという。「俺が書いた、みたいなのがすごくきまして…」と当時を振り返っていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190608-00000078-dal-ent

    【青山テルマ「そばにいるね」大ヒット後、作詞者主張し”印税”求める手紙が多数届く。】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: ニライカナイφ ★ 2019/06/06(木) 23:24:04.97 ID:ivsYd0ts9
    ◆ 氷川きよし、V系メイクとシャウトで豹変の背景に「非・演歌志向」「業界の苦境」

    まさか演歌を歌うことに「やだねったら やだね」と言ったわけではあるまいが、ヴィジュアル系さながらのメイクとシャウトに業界関係者は度肝を抜かれたのだった。
    今年でデビュー20年目。それでも、このままでは生き残れないという氷川きよし(41)、魂の叫びである。

    映像が所属レコード会社の公式YouTubeチャンネルにアップされたのは5月20日のこと。
    昨年末に東京国際フォーラムで行われたスペシャルコンサートの模様を映したそれには、演歌のイメージとはあまりにかけ離れた氷川の姿があった。

    芸能記者が言う。
    「歌っているのはフジテレビ系列のアニメ『ドラゴンボール超』の主題歌となっていた『限界突破×サバイバー』という曲です。
    ド派手なラメ入りの衣装に濃いアイシャドウを施し、長髪をなびかせる。ヴィジュアル系バンドのような激しいリズムのナンバーを歌う姿が話題になりました」

    あっという間に動画の視聴回数は70万回を突破。
    フジテレビ系の「めざましテレビ」などでも取り上げられた。

    氷川ファンを公言する放送作家の山田美保子氏は当時の様子をこう語る。

    「年末恒例のコンサートでは、クリスマスソングやKIYOSHI名義のポップス調の歌を披露することもあります。
    ですから、演歌以外を歌うのは珍しいことではありません。
    ファンとしては“メイクには驚いたけど、何を歌ってもやっぱりカッコいい”と感想を持った方が多いと思います」

    ファンの心を掴んでいるのは相変わらずのようだ。

    所属事務所に聞くと、
    「路線を変更したわけではなく、デビュー以来、色々なジャンルの曲を歌ってまいりました。これからも挑戦していきたいと思います」

    そう言うのだが、ならばなぜこの時期に動画を公開したのか。
    先の山田氏が続ける。

    「今年でデビュー20年目なので、世間の注目を集めるという意味合いもあったと思います。
    実際、ライブでも本人が“今年は色んなことにチャレンジしたい”と話していました」

    氷川自身の事情があったと漏らすのは、芸能関係者。

    「氷川さんは長年演歌を歌い続ける中で、他のジャンルでも歌いたいと事務所とレコード会社に訴えていたんです。
    中でもやりたがっているのはシャンソンでした。ですが、そればかりでは、と今回のような楽曲も歌うことになったのです。
    また、演歌だけではテレ朝の『ミュージックステーション』など、地上波の有名音楽番組には出られない。
    動画をアップすることで、そうした番組に出演したいという思惑もありました」

    20年もの月日は様々な思いが去来するのに十分な時間である。
    一方で、その背景に業界の苦境があると指摘するのは、音楽評論家の富澤一誠氏だ。

    「1998年に6千億円あった音楽ソフト売り上げが、現在は半分以下です。
    しかも、演歌に限れば、客層は60代以上で、売り上げは全体の数%しかありません。
    デジタル配信があるものの、大御所の演歌歌手も本業以外の仕事を入れないと新規にファンを獲得することは難しい。
    最近では、細川たかしさんもNTTドコモのCMに出演して、一休さんの替え歌を披露するなど、新分野に挑戦しています」

    作詞家の阿久悠氏は生前、「曲作りは時代とのキャッチボールだ」と語っていた。
    演歌界の貴公子であっても“時代”からは逃れられないのである。

    2019/6/6(木) 13:50 デイリー新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190606-00564292-shincho-ent
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20190606-00564292-shincho-000-3-view.jpg 
    20190606-00564292-shincho-000-3-view

    【氷川きよし、”V系メイク”と”シャウト”で豹変の背景に、非・演歌志向と業界の苦境。「このままでは生き残れない!」  】の続きを読む

    ダウンロード (2)


    1: ニライカナイφ ★ 2019/06/05(水) 02:39:19.57 ID:8lv1nTgM9
    ◆ 布袋寅泰、BOOWY解散理由は「チャート1位で燃え尽きる時が来た」

    布袋寅泰が6月1日放送の『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)で、BOOWYの結成から解散までを語った。

     布袋は群馬県高崎市出身で、父親について「すごい厳しい人。貿易の仕事をしていて、年の半分以上は外国にいた。部屋には、射撃をやってたのでライフルがあったり、葉巻があってジェームズ・ボンドみたい」と明かした。

     父は厳しかったが母は優しく、ある日、母の財布から抜き取った1万円で初めてギターを買ったという。だが布袋は「抜き取ったんじゃなく、羽が生えて出てきた」と笑っていた。

     16歳でバンドを結成。ライバルのバンドのボーカルに氷室京介がおり、「目がカッと鋭くて、近寄りがたい印象でしたね」と当時の印象を語った。

     高校を3年の3学期に中退し、プロのギタリストを目指して上京した布袋。なかなかチャンスにめぐり合えなかったが、「一緒にやろう」と氷室が声をかけてきたという。

     そうして結成したバンドの名前は「暴威」。当時所属していた事務所のプロデューサーが「君たちのバンド名を考えたよ。『群馬暴威』っていうのはいかが?」と提案してきた。

     横浜銀蝿にあやかったバンド名で、布袋は「群馬暴威は勘弁してくださいよ」と頼み、「漢字もちょっと怖すぎる」と「BOOWY」となった。

     活動わずか6年で伝説となり、1988年4月に東京ドームで最終公演『LAST GIGS』を行ったBOOWY。そのとき布袋は「最高のところまで力を合わせて一つになって、そうやってパーンと花火のように散ろうぜ」とメンバー同士で話し合っていたという。

     解散理由は「チャートで1位になったんですよ。あっ、来たな。燃え尽きる時が近づいてきたなっていうのが、4人の中にあったと思いますね」と振り返った。

     布袋は5月29日に行われた『Advertising Week Asia 2019』のトークショーでもBOOWYの解散について語っている。「東京ドームまで、短いですけど青春を駆け抜けた。ある種、あのころは『燃え尽きたい症候群』だった」と語り、『あしたのジョー』のラストのように「燃え尽きたかった」と明かしていた。

     新作アルバム『GUITARHYTHM VI』では元BOOWYのベース・松井常松とドラムの高橋まことが参加した新曲『Thanks a Lot』も収録されている。「最新の布袋が最高の布袋」というスタンスで活躍してきた。盟友との31年ぶりの共演作は必聴だ。

    2019年6月4日 7時0分 Smart FLASH
    http://news.livedoor.com/article/detail/16565907/

    【布袋寅泰、『BOOWY』解散理由を語る。 「チャート1位になって、あっ、燃え尽きる時が近づいて来たなって。」 】の続きを読む

    ダウンロード


    1: ニライカナイφ ★ 2019/06/06(木) 12:12:40.60 ID:ivsYd0ts9
    ◆ 椎名林檎の顔がまた激変!? あの“有名グラドル”そっくりだと騒然

    5月31日、女性ソロ歌手の椎名林檎と『BUCK-TICK』の櫻井敦司が、『椎名林檎と櫻井敦司』として『MUSIC STATION』(テレビ朝日系)に出演した。

    椎名はデビュー20周年企画のラストを飾るアルバム『三毒史』を同月27日にリリースしたばかり。また、同アルバムはコラボやタイアップ楽曲を多数収録した豪華な1枚で、櫻井の他にも『ウルフルズ』トータス松本や『エレファントカシマシ』宮本浩次といった、さまざまな著名アーティストが名を連ねている。

    この日の「Mステ」は「豪華コラボスペシャル」と題されており、椎名はアルバム内で櫻井とツインボーカルを務めた楽曲『駆け落ち者』を披露。自慢のバストを強調した派手な衣装と、衣装の色に合った淡いピンク系統の髪でスタジオに登場した。

    ■ キワモノ楽曲が話題のグラドルにそっくり!?

    番組中には過去の放送をVTRで振り返るコーナーもあり、椎名が当時の自分を見てニコやかな表情を浮かべる場面も。しかし、心なしか目は以前よりもパッチリとしたように見え、顔全体の印象が変化したようにも感じられる。

    実際、ネット上には、

    《顔変わり過ぎ林檎》
    《椎名林檎って毎回見るたびに顔変わる気がする》
    《椎名林檎の本当の顔が分かんない! 見るたびに違う!》
    《毎回、誰?って思う》

    などといった、椎名への違和感を指摘する声が。さらに、

    《椎名林檎が手島優に見えるのは私だけ?》
    《『ハミ乳パパラッチ』歌ったりしてwww》
    《椎名林檎と手島優の区別つかん》
    《手島優と椎名林檎の境界線が曖昧になってきてる》
    《手島優にしか見えないんだけど》

    など、先ごろ発表した楽曲『ハミ乳パパラッチ』が話題になっているグラビアアイドル・手島優にそっくりだという声も続出した。

    手島と椎名の〝巨乳セクシーコンビ〟によるコラボ楽曲が生まれれば、今回のアルバムより話題になるかもしれない!

    music station @Mst_com
    今日もMステの裏側こっそり見せちゃいます!
    #椎名林檎 #櫻井敦司 Mステみてね
    https://pbs.twimg.com/media/D748B1XUIAAiqWF.jpg
    D748B1XUIAAiqWF

    https://twitter.com/Mst_com/status/1134410208787124224

    まいじつ 2019.06.06 10:32
    https://myjitsu.jp/archives/85314
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

    【椎名林檎の顔がまた激変?】の続きを読む

    ダウンロード


    1: muffin ★ 2019/06/07(金) 12:33:00.31 ID:Z2N/p+tH9
    https://www.narinari.com/Nd/20190654871.html
    2019/06/07 11:05

    女優の剛力彩芽(26歳)が6月6日、自信のInstagramで“キス顔”を披露している。

    剛力はこの日、目を閉じ、少し上を向いて唇を出した“キス顔”を投稿。唇の先には、人気菓子「雪の宿」(三幸製菓)、剛力は「スキ(ハート)」とコメントを添えた。  

    これにファンからは「剛力さんかわいい」「良い顔」「わかる~」「私も好き!」などの声が上がっている。  

    https://cdn.narinari.com/site_img/photox/201906/07/20190607017.jpg
    20190607017

    https://cdn.narinari.com/site_img/photox/201906/07/20190607018.jpg 
    20190607018

    【剛力彩芽、ついにキュートな“キス顔”を披露。 】の続きを読む

    images


    1: ニライカナイφ ★ 2019/06/06(木) 11:48:40.85 ID:ivsYd0ts9
    ◆ 広瀬香美が“歌自慢”もライブ映像に呆れ声「まともに歌えてない」

    『梅沢富美男のズバッと聞きます!』(フジテレビ系)6月5日放送回に歌手の広瀬香美が出演。
    米ロサンゼルスの豪邸や私生活を公開した。ここ数年で歌のレベルもアップしたとアピールしたが、視聴者からは「聞くに堪えない」と批判する声が相次いでいる。

    広瀬は高級絵画やバーカウンターをしつらえた自宅を公開しつつ、自宅での歌の練習風景も公開。
    くちびるを震わせ、声のつやを出す練習などを朝4時半から3時間、じっくりと繰り返した。
    トレーナーを呼び寄せて、1時間の筋肉トレーニングも。そうした努力からか、原曲と比べて音域が「+2」上がったと広瀬は強調した。

    ■ 「キーが2つ上がった」ライブで有名曲披露も「歌い方が雑」

    番組側は広瀬が1993年に公開した原曲と、ライブで広瀬が披露した現在の『ロマンスの神様』の歌声を比較。
    ライブで広瀬は高いキーにやや苦しみながらも、「+2」の高いキーを歌い上げていた。

    広瀬は「+3」のキーで歌うためにスクワットなど新しいトレーニングを取り入れているという。
    9~10月に広島、名古屋、東京で開くコンサートでは「キー2つで申し訳ないですけど…」と、「+3」のキーで歌うことは否定したものの、原曲とは違うキーで歌うとあらためて強調。
    今後、よりレベルアップした歌声を披露すると誓っていた。

    しかし、現在の歌声を聞いた視聴者からは否定的な声が上がった。
    ツイッターでは現在の広瀬の歌声について、

    《原キーで余裕で歌ってほしいな》
    《歌手は聴衆のためにあるということを知らないらしい。それにしても酷い歌声だった》
    《どうにも苦しそうにしか見えなくて、すごくもったいなかった》
    《まともに歌えてなかったやん。歌ってた場が無料イベントならまだしも、客が金払ってるイベントだったらやってること最低》
    《上がった分歌い方が雑になってるよ。それじゃあオーディエンスに伝わらないよ》
    《元の音域で「ちゃんと歌えること」の方がいいと思うけど。何か間違ってるよ》

    などと批判。
    キーを2つ上げた分、歌い方が雑になっていると批判されていた。

    ライブでは、歌手が歌いやすいようにキーを変えることが多い。
    あえて歌いにくく変える広瀬はプロ意識がスゴいのかもしれないが…。

    まいじつ 2019.06.06 11:10
    https://myjitsu.jp/archives/85468
    https://myjitsu.jp/wp-content/uploads/2018/06/hirose_koumi.jpg 
    hirose_koumi

    【広瀬香美、ライブで 有名曲を“キーを2つ上げて”披露する意味不明な演出。「歌い方が雑。」「まともに歌えてない。」】の続きを読む

    このページのトップヘ