メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    音楽関係を中心にしたエンタメ関連のまとめブログ

    カテゴリ: 日本国内アーティスト(50音順)※編集途中

    ダウンロード (4)


    1: Egg ★ 2019/10/13(日) 22:16:56.68 ID:lickMa199
    野猿、復活。その知らせに往年のファンは歓喜した。とんねるずの石橋貴明が、元「野猿」の平山晃哉、神波憲人とともに新ユニット「B Pressure」を結成することを発表したのだ。11月1日に3曲入りの1stシングル『Freeze』がリリースされる。10月28・29日には大阪のROCKTOWNでお披露目ライブ「サビ落とし」が開催される。

     野猿とは、約20年ほど前にとんねるずと彼らの番組スタッフ数人で結成された音楽ユニットだ。1998年にシングル『Get Down』でCDデビューを果たし、2001年まで約3年半にわたって活動を続けた。シングル11枚、アルバム3枚をリリースして、日本武道館でもコンサートを行い、「NHK紅白歌合戦」にも2年連続で出場を果たした。現代の若者にわかりやすく説明するなら「ちょっとコミカルなEXILE」である。

    ■「ソロ活動」進む石橋と木梨

     石橋の相方である木梨憲武も歌手として動き始めた。9月14日に行われた氣志團主催の野外フェス「氣志團万博2019」に出演。ヘッドライナーとして会場を沸かせた。その舞台上では、ソロアーティストとしてユニバーサルミュージックから音源をリリースすることも発表された。

     「とんねるずのみなさんのおかげでした」が終了してから、とんねるずの2人はそれぞれ別の形でソロ活動を続けてきた。今回、音楽活動においてもそれぞれが別ユニットで本格的に始動することが明らかになった。

     芸人の音楽活動には大きく分けて3つのパターンがある。1つ目は、音楽と笑いが初めから一体となっているような活動をしている場合だ。もともとコミックバンドであるクレージーキャッツやザ・ドリフターズはその典型例だ。彼らにとっては「音楽=笑い」であり、コントの中にも音楽的な感覚が含まれている。

     2つ目は、テレビ番組などの企画物として歌を歌ったりする場合だ。地上波テレビに今よりも勢いがあった80~90年代には、バラエティ番組から多くの音楽ユニットや楽曲が生まれていた。番組内で「オリコン○位以内に入らなかったら解散」というような企画が行われることも多かった。

    10/13(日) 16:00配信 東洋経済
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191013-00307128-toyo-soci

    写真
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20191013-00307128-toyo-000-1-view.jpg 
    20191013-00307128-toyo-000-1-view

    【『とんねるず』の”音楽活動”を軽視する人の大盲点。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: ひかり ★ 2019/10/13(日) 16:15:08.01 ID:Ii2UPKdU9
     デビュー20周年を迎えた氷川きよし(42才)が、新境地を開拓している。今夏、アニメソング(通称アニソン)の祭典『アニメロサマーライブ2019』に出演した氷川は、
    シースルーの衣装で登場し、頭を上下に激しく振りながらアニソンをロック調に熱唱。観客を沸かせた。公演後は取材陣に対応し、「ズンドコの氷川とのギャップで
    注目してくださっている!」と胸を張った。

     イメチェンは、目下開催中の全国ツアーでも見られている。

     10月3日の静岡公演。この夜も、演歌だけにとどまらず、アニメ『ドラゴンボール超』の主題歌『限界突破×サバイバー』を、紫のアイシャドーがばっちりの
    ビジュアル系メイクで、ハードロックに熱唱。まるで若手ロックアーティストのようなライブを見せた。

     さらなるギャップはライブ後に待っていた。氷川は鮮やかな黄色のワイシャツとデニム、黄色が蛍光に輝くスニーカーという服装で、颯爽と静岡の夜の街に繰り出した。 
    スタッフとみられる中年女性、外国人男性、若い日本人男性の3人と、静岡おでんや海の幸が堪能できる炉端焼き店に入った。

    「氷川さんは派手ないで立ちだったもんだから、私も含めて店内の多くの客がすぐに気づいちゃいました。顔を指されても笑顔で返す気さくなかたでした。
    4人は個室に入って、たくさんのお酒を注文していましたね。漏れ聞こえる会話は英語。氷川さんは、“SEXY(セクシー)”という単語を連発していました。
    どうやら“もっとセクシーになりたいけどどうしたらいい?”ということを言って、同席していた外国人男性に意見を求めていたようです」(居合わせた客)

     不惑を超え、昨年には本厄も終えて、自分のやりたいこと、目指すことに遠慮がなくなったという氷川。

     9月23日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)に生出演すると、中性的なメイクを施し、自らを「あたし」と言い、スタジオ内を笑いに包んだ。
    「若いかたがたからは『覚醒した』とか言っていただけるようになって、うれしいです。演歌もロックも、アニソンもシャンソンもなんでも歌っていきたい。
    振り幅を大きく、自分を生きてきたい」と話していた。

    ※女性セブン2019年10月24日号 全文
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191013-00000010-pseven-ent&p=1
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191013-00000010-pseven-ent&p=2
    炉端焼き店の客たちは氷川の美貌を前に体が固まったという
    https://news-postseven.kusanagi-cdn.com/wp-content/uploads/2019/10/hikawa_kiyoshi_04.jpg
    hikawa_kiyoshi_04

    https://news-postseven.kusanagi-cdn.com/wp-content/uploads/2019/10/hikawa_kiyoshi_05.jpg
    hikawa_kiyoshi_05

    https://www.news-postseven.com/wp-content/uploads/2019/10/hikawa_kiyoshi_07.jpg
    hikawa_kiyoshi_07

    炉端焼きを堪能した氷川
    https://news-postseven.kusanagi-cdn.com/wp-content/uploads/2019/10/hikawa_kiyoshi_06.jpg
    hikawa_kiyoshi_06

    白Tシャツ姿で抜群の“SEXY”を見せていた
    https://news-postseven.kusanagi-cdn.com/wp-content/uploads/2019/10/hikawa_kiyoshi_02.jpg
    hikawa_kiyoshi_02

    https://news-postseven.kusanagi-cdn.com/wp-content/uploads/2019/10/hikawa_kiyoshi_03.jpg 
    hikawa_kiyoshi_03

    外国人と会話していたという
    https://www.news-postseven.com/wp-content/uploads/2019/10/hikawa_kiyoshi_09.jpg
    hikawa_kiyoshi_09

    https://www.news-postseven.com/wp-content/uploads/2019/10/hikawa_kiyoshi_08.jpg 
    hikawa_kiyoshi_08

    【『氷川きよし』、蛍光色に身を包み、静岡の夜で「セクシー」連発。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 名無し募集中。。。 2019/10/12(土) 20:38:29.92 0
    永ちゃんライブ、台風で中止「非常に残念」…来場予定者にリハ映像限定配信
    https://www.sanspo.com/geino/news/20191011/geo19101105030007-n1.html



    NEWS
    メールをくれた君へ。
    FAN CLUB 2019.10.12

    矢沢永吉に届いた下記のメールに対し、矢沢永吉からのメッセージです。

    ーーーー
    ・年齢
    48

    ・メッセージ
    日比谷参戦の方々に無料配信

    なぜ台風直撃の時に?
    ライフライン使って

    モラル無いですねぇ

    もっと一般常識があると思ってましたが

    トップが常識ないのなら
    そりゃあファンもモラル無いですよねぇ
    だこらいつまで経っても
    変わらないのですよ
    世間知らなすぎて
    頭悪い人の集まりなんだなぁと
    今年の行動でわかりました

    言ってる事と
    やってる事
    支離滅裂
    ーーーー


    メールをくれた君へ。
    君はまぁ言いたいことを好き勝手に書いてくれたもんですね。
    君に、僕たち日比谷ライヴ制作立ち上げ側の(矢沢&裏方&バックミュージシャン…)苦労と努力と意気込み…
    何がわかるのですか?
    なにも知りもしないで、よくここまでいいたい放題で書けたもんですね!
    君こそ本当に自分では何も知らない、
    何もできないくせに、人の揚げ足ばかり取ってて楽しいですか?
    僕たちがどれだけ、この43年ぶりの日比谷を成功させたかったか…
    招待に当選されたファンの皆さんに喜んでもらいたかったか君にわかりますか? 
    今日の12日の夜からの配信予定でしたが、やはり今夜はやめようということになりました。
    理由、あまりに大きな台風、今は配信どころではない… 被害が本当に本当に心配です!!
    どの立場の人も、その人その人で頑張ってんだよ!
    メールごときで言いたいこと言ってんじゃねーよ、たくっ。
    矢沢永吉

    https://www.eikichiyazawa.com/news/detail/180

    【『矢沢永吉』がファンからのメールにブチキレ中。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: muffin ★ 2019/10/10(木) 12:44:40.11 ID:M8XBYx0C9
    https://natalie.mu/music/news/350992
    2019年10月10日 12:00

    矢沢永吉が10月12日に東京・日比谷野外大音楽堂で開催予定だったワンマンライブ「EIKICHI YAZAWA SPECIAL LIVE『THE STAR IN HIBIYA 2019』」の中止が発表された。

    この公演は矢沢が9月14日に70歳の誕生日を迎えたあと、初めて行う予定だったライブ。今年最大規模と言われる台風19号の接近を受け、公共交通機関の乱れや来場者の安全を考慮して中止が決定した。振替公演は実施されない。

    ♦矢沢永吉「EIKICHI YAZAWA SPECIAL LIVE『THE STAR IN HIBIYA 2019』」(※公演中止)
    2019年10月12日(土)東京都 日比谷野外大音楽堂

    【矢沢永吉の日比谷野音70歳初ライブ、台風接近により中止。】の続きを読む

    ダウンロード (4)


    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/09/25(水) 20:00:04.96 ID:TzgsG5o+9
    本当に不倫騒動などあったのだろうか思ってしまうほどだ。斉藤由貴(53)がかかりつけの医師と不倫関係になり、週刊誌で報じられたのは、2017年9月のこと。
    医師には妻子があり、W不倫の関係であったのもさることながら、キス写真やその医師とおぼしき男性がパンティーをかぶった写真が流出するなど、予想外の盛り上がりを見せた。

    上原多香子「母の日」投稿は“鍵付き”アカウントなのに炎上

    結果、斉藤は出演が決まっていた18年放送のNHK大河ドラマ「西郷どん」の幾島役を辞退するハメになった。

    CM降板などもあり、騒動の影響は長引くかと思われたが、その後は映画や舞台の仕事が続き、ドラマ復帰もそれほど時間がかからなかった。

    同じ不倫騒動に巻き込まれた女性でも、第4次安倍再改造内閣で内閣府政務官に“スピード起用”された元SPEEDの今井絵理子参院議員(35)などとは大違いだ。
    今井議員は18日放送のTOKYO MX「バラいろダンディ」で、遠野なぎこ(39)から「不倫疑惑の説明責任も果たさないで、
    それで(政務官に)なれちゃうってさ」と指摘されていた。不倫が許されない人と許容されてしまう人の違いはどこにあるのだろうか。

    結論から言うと、斉藤はみんなに好かれていることが大きい。

    芸能人が不倫騒動を起こすと、さまざまな意見が飛び交う。もちろん当事者を非難するものが圧倒的だ。
    だが中には、「あの人ならしょうがない」「あの人だったらいいんじゃないの」という意見がみられることがよくある。ワイドショーでも同様のコメントをする人もいる。

    それは、年齢を重ねた大物俳優であったり、世間によくある「何をやっても憎めない人」だったりする。その多くは男性である場合が多いため、「芸能界は不倫男に甘い!」なんて言われてしまう。

    斉藤は女性だが、実はこれに近いのかもしれない。W不倫騒動が起きた時、彼女は51歳。高級ブランド品でもなく、特に何の変哲もない白いワンピース姿で謝罪会見に姿を見せた時、“萌え”た記者が多かった。
    記者だけでなく、ネットで記者会見を見た男性たちから、「斉藤由貴、いいじゃないか」という声が噴出した。

    斉藤を責める男性などいないと言っても過言ではない。

    3回の不倫騒動と、そのたびに口に出る名言からか、彼女は「魔性の女」と呼ばれるようになったが、「魔性の女」に不倫は付き物だ。それを世間は認めているということなのだろう。

    加えて、芸能ニュースの賞味期限は昔に比べてはるかに短くなっている。自分たちの生活に何の関係もない芸能人の不倫など、
    1年も経てば記憶の彼方に追いやられても仕方ない。もはや斉藤のことをとやかく言う人はいないだろう。こんな意見もある。

    「斉藤さんの女優としての才能は誰もが認めるところですが、あの吸い込まれるような色気は彼女しか持ちえない個性です。
    ドラマでも映画でも、使ってみたいと思っている監督、演出家は多いです。またスタッフのウケがよく、業界内で彼女を悪く言う人は見当たりませんね」(キー局プロデューサー)

    それに対し、今井議員は元アイドルとはいえ、今は公人として襟を正す立場にある。そんな人間が不倫に走ると世間から叩かれ、事あるごとに過去を蒸し返されてしまうのだ。

    斉藤は稀有なキャラクターの持ち主なのだ。もしかしたら次の不倫騒動を期待している男性さえいるかもしれない。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17123614/
    2019年9月23日 9時26分 日刊ゲンダイDIGITAL

    https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/0/b/0b177_28_6ca454ee_0d19d3fe.jpg
    0b177_28_6ca454ee_0d19d3fe

    https://www.youtube.com/watch?v=xI0M_xm2r2g


    斉藤由貴 / 情熱

    https://www.youtube.com/watch?v=EpbGa3Z1-tk


    斉藤由貴 / 砂の城

    【不倫した斉藤由貴と今井絵理子の違い。 】の続きを読む

    ダウンロード (3)


    1: 鉄チーズ烏 ★ 2019/10/09(水) 19:43:03.86 ID:LhmpBlOV9
     伝説のロックバンド「AUTO―MOD(オートモッド)」が9年ぶりに新作CD+DVD「祈り」(11月13日発売)をリリースする。それに先駆け19日に東京・高円寺のKOENJI HIGHでの主催イベント「時の葬列~方舟の章 Vol.6」にて先行発売する。


     ボーカルのGENET(ジュネ)は「世界が本気でヤバくなりだしている。無力のかけらができることは人を愛すること、そして祈ること…AUTO―MODはそんなバンドです…。昔のロックが持っていた愛と自由と戦い、そして祈り、AUTO―MODはそんなロックが好きなんです。ロックしましょうよ」と語る。

     同バンドは、「BOOWY」のギタリスト・布袋寅泰とドラムの高橋まこと、「PERSONZ」のベーシストの渡邉貢、「レベッカ」のギタリストの友森昭一らを輩出した。

     音楽ライターは「海外に日本のビジュアル系、耽美的なロックが認識されるきっかけになったバンドの一つで、寺山修司の世界をほうふつとさせる劇場型のステージが伝説となり、ヨーロッパでも人気があります。商業的なビートロックとは異なるゴシック路線。ティム・バートン監督のような世界観も女性受けがよく、新たな若いファンをもつかんでいます」と言う。

     1980年に結成され、日本のポジティブパンク・シーンをけん引し85年にメジャーデビュー。同年、解散を最終目的とした13回限定のシリーズ・ギグ「時の葬列」を主催し、同11月3日に「時の葬列・終末の予感<最終夜>」を後楽園ホールで行い解散した。

     97年に再結成。令和の新活動のメンバーは耽美系の祖「EX―ANS」出身ギタリストYukino、ベースにHikaru(「JUSTY―NASTY」)、ドラムは「LUNA SEA」などのプロデューサーして活躍するEBY(元「ZI:KILL」)という90年代のビジュアル系ブームを引っ張った布陣だ。


    2019年10月09日 11時00分
    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/1578156/
    https://img.tokyo-sports.co.jp/wp-content/uploads/2019/10/fc61118431ebaa06ee456c727a06a6f4.jpg 
    fc61118431ebaa06ee456c727a06a6f4

    【布袋寅泰らを輩出した伝説伝説のロックバンド『AUTO-MOD』とは。 】の続きを読む

    images


    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/10/07(月) 19:16:16.06 ID:Pg/qHJvM9
    10月1日発売の「週刊女性」が、バラエティ番組「石橋貴明のたいむとんねる」(フジテレビ系)の内情を報じた。
    記事によると、同番組は視聴率が苦戦しているという。

    「業界関係者によれば、同番組は石橋のこれまでの貢献を考慮し、フジが採算度外視で制作しているのだとか。
    しかし視聴率は初回から苦戦を強いられており、いつ打ち切られてもおかしくない状況のようです。
    そんな焦りから、かつて一世を風靡した音楽グループ・野猿の再結成に繋がった可能性があるようです」(芸能記者)

    そんな石橋は9月17日、元「野猿」の平山晃哉、神波憲人と共に新ユニット「B Pressure」を結成することを発表した。
    しかし、野猿の重要メンバーだった相方の木梨憲武は、不在だという。

    「昨年、『細かすぎて伝わらないモノマネ選手権』(フジテレビ系)が特番で復活しましたが、その時も木梨は不在でした。
    10月3日の『日刊ゲンダイDIGITAL』によると、木梨は『みなさんのおかげです』時代から30年近く続いた長寿番組を見限ったフジのやり方に不信感を抱き、
    同番組に出演しなかったと噂されているそう。
    そのため、今回の野猿再結成もそのあたりの事情が関係している可能性があるようです」(前出・テレビ誌記者)

    とはいえ、現在の木梨は朝の冠ラジオ番組や絵の個展など、マイペースで自由な活動が好評を博している。
    もう彼が過去を振り返ることはないのかもしれない。

    http://dailynewsonline.jp/article/2031276/
    2019.10.07 18:00 Asagei Biz

    【『野猿』再結成も木梨憲武が不在のワケ。】の続きを読む

    images (1)


    1: Egg ★ 2019/10/08(火) 06:22:57.28 ID:/aBz8Ilt9
     9月12日発売の『週刊文春』(文藝春秋)の記事で、サンプラザ中野くんが前妻への生活費などの送金を中断していた事が明るみになった。告発したのは、中野の前妻の33歳の娘だ。

     記事の中では、前妻の妊娠が判明した時期に、最盛期だった中野が中絶を懇願したエピソードや、娘自身に命名された名前への不服、離婚後の養育費の未払いや財産分与の不満などの金銭的な問題について列挙されていた。

     娘によって語られたその不幸な境遇の内容について、世間の反応と言えば「無責任極まりない」「そんなひどい人とは知らなかった」「勝手すぎる」といった中野に対する批判の声が上がっている。これらは告発した娘の思惑通りといった所だろう。

     ところがその一方で、同性である女性からの感想には、「とっくに離婚した元夫の事をネチネチと子供に言い聞かせる母親もどうかしてる」「毒親なんだね」「アラサーでフルネーム出して親のことやら金のこと…」「結局は相続の取り分が減る事を懸念してか。この33歳の娘もどうなの」等、同情の声よりもむしろ母娘に対する批判の声が目立った。

     生い立ちは確かに不幸であるにも関わらず、母娘は何故批判される立場となってしまったのか。その答えは、批判の声の主たちの心理の裏側にある。

     近年、離婚家庭はそう珍しくはない。似たような辛い境遇であっても、誰に頼るでもなく苦労や努力を経て自立した女性達からすれば、中野を告発した娘の内容はただの「甘え」とも取れる。当然、それを咎めたくなる心理が働きやすいものと思われる。

     母親への批判の声については、女性特有の「エレクトラコンプレックス」の関与が挙げられる。「エレクトラコンプレックス」は、同性である母親に対して嫌悪感や対抗意識を抱く状態を指すものだが、女性の御意見番が父親としての中野の所業よりも、母親としての前妻の欠点や失敗の方が批判的に扱われた理由の一因と言えるだろう。

     また、それらを別としても、他人の毒親ぶりを批判することで自分の考えの正当性、特に子育てについての価値観の正当性を主張したいという心理の働きも反映している。人を批判するという事は、裏を返せば自分の正当性をアピールする事でもあるのだ。

     他人の家庭の事情ゆえ、本来なら他人が意見する余地はない。しかし、情報を自ら世間に公開したからには、ある程度の批判は避けて通れないだろう。特に、女性から女性へ向けられる厳しい意見には覚悟が必要である。

    文:心理カウンセラー 吉田明日香

    写真
    https://images.npn.co.jp/article/1/1/15/90135715.jpg
    90135715

    社会 2019年10月08日 06時00分
    https://npn.co.jp/sp/article/detail/90135715/

    【『爆風スランプ』サンプラザ中野くんの娘”養育費中断”告発。母娘ばかり批判する人の心理とは。】の続きを読む

    images (2)


    1: muffin ★ 2019/10/08(火) 13:20:33.42 ID:7exkcYhT9
    https://www.barks.jp/news/?id=1000172685
    2019.10.8

    https://img.barks.jp/image/review/1000172685/001.jpg
    001

    人間椅子が2020年2月、初の海外ツアーをドイツおよびイギリスで開催することが発表となった。

    <NINGEN ISU EU TOUR 2020>と題したツアーは、2月19日にベルリン、2月20日にボーフム、2月21日にロンドンで開催されるもの。今夏、YouTubeで公開した「無情のスキャット」MVが海外を中心に未だに再生回数を伸ばしているなど、海外ファンには待望のライブだ。

    なお、先ごろリリースが発表となった2枚組ベスト盤『人間椅子名作選 三十周年記念ベスト盤』には全楽曲の英語の翻訳詞をブックレットに収録しており、海外へのステップアップの1枚となる。

    人間椅子は年内、全7公演のワンマンツアー<バンド生活三十年~人間椅子三十周年記念ワンマンツアー>を開催することも決定している。以下、海外ツアーに関するメンバーのコメントをお届けしたい。

    「バンド生活30年、ついに海外に行ける運びとなりました。ロックの本場にご恩返しをすべく、また日本男児の心意気を見せるべく、褌を締め直して行って参ります」──和嶋慎治

    「ドイツとイギリスのお客さんに喜んでもらえるよう、いつも通りのライブをしてきます」──鈴木研一

    「ずっと切望してきた、海外公演!嬉しい!嬉しすぎる!気合い入れて叩いてくるぜ!」──ナカジマノブ

    人間椅子 / 30周年ベスト盤 Release Comment
    https://youtu.be/xFHpDOGIJxY



    人間椅子 / 無情のスキャット
    https://youtu.be/CbI79e5iZKs




    関連
    人間椅子の和嶋慎治、地元の先輩・吉幾三のラップ曲をギターで弾いてみた
    https://natalie.mu/music/news/350632

    人間椅子の和嶋慎治(G, Vo)が吉幾三「TSUGARU」の“弾いてみた”動画をYouTubeで公開した。
    「TSUGARU」は1984年にラップを取り入れた楽曲「俺ら東京さ行ぐだ」をヒットさせた吉が、ひさびさにラップに取り組んだ全編津軽弁の楽曲。9月12日に配信リリースされ、10月30日にCDも発売される。
    青森県弘前市出身である和嶋にとって、青森県五所川原市に住む吉は地元の先輩。さらに所属レーベルである徳間ジャパンコミュニケーションズの先輩でもある。今回の動画で和嶋は、ヘビーに歪んだギターサウンドで吉の津軽弁ラップに彩りを与えている。

    https://youtu.be/fVCcgsrUaeU


    【『人間椅子』、初の海外ツアーを2020年春開催。「褌を締め直して行って参ります。」 】の続きを読む

    images (2)


    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/10/07(月) 14:36:11.02 ID:YLbJZjz69
    歌手の森高千里(50)が7日までに自身のインスタグラムを更新し、ライブツアーのオフショットを公開した。

    ライブツアー中の森高は「東京2日目無事に終わりました。今日も盛り上がりました~!」と昭和女子大学・人見記念講堂公演の成功を報告。
    前日のライブとは「衣装 セットリストが違うバージョンでした」とし、「好評だったので、これからのツアーでも織り交ぜてこうと思います。楽しみにしていてくださいね」と今後も継続して行きたいとした。

    ファンからは「全然変わらないなぁ」「かっこよかったです」「何歳になったらおばさんになるんすか!?(笑)」「相変わらず綺麗過ぎます」などの声が寄せられていた。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17194624/
    2019年10月7日 11時20分 スポーツ報知

    https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/e/4/e4976_60_0855ae23_18bef414.jpg 
    e4976_60_0855ae23_18bef414

    【『森高千里』、ライブで美脚披露。「何歳になったらおばさんになるんすか。」】の続きを読む

    ダウンロード (3)


    1: muffin ★ 2019/10/05(土) 12:25:50.67 ID:mBlMZU/m9
    https://www.oricon.co.jp/special/53708/

     Official髭男dism(オフィシャルヒゲダンディズム)、通称“ヒゲダン”という不思議な名前のバンドをご存知だろうか。ドラマ・映画『コンフィデンスマンJP』の主題歌や『熱闘甲子園』テーマソングを担当しており、彼らのことを知らなくても、テレビや街で曲を耳にした人も多いだろう。米津玄師やあいみょん同様、YouTube再生数も好調、ストリーミングでは19週連続1位を記録中だ。若年層だけでなく、幅広い世代に訴えかける“ヒゲダン”とは?

     Official髭男dismは、2012年に島根県松江市で結成。メイン・ソングライターの藤原聡(ボーカル&ピアノ)を中心に、歌モノのポップミュージックを追求する4人組ピアノポップバンドだ。ユニークなバンド名は、“髭の似合う歳になっても、誰もがワクワクするような音楽をこのメンバーでずっと続けて行きたい”という思いから。とはいえ、当初は驚かれることも多かったという。

    「結成した頃、バイト先のパートの奥さんに『意味がわからないから、バンド名を変えたほうがいい』と言われたこともあります(笑)。今ではみんなが漢字の部分(髭男/ヒゲダン)で呼んでくれて、公用語みたいになって。嬉しいですね」(楢崎誠/ベース&サックス)

     「音楽シーンや大きなライブハウスもなく、スポットライトが当たる機会が少なかった」という地元・山陰で活動していた彼らは、音楽に専念したいと上京。2015年に最初のミニアルバムを発表すると、ブラックミュージックの要素を取り入れた楽曲が早耳の音楽ファンや媒体関係者の耳に留まり、ネクストブレイク候補として注目される。

     「もともと“武道館でライブをやりたい”みたいな目標はなくて、いい曲を作ることだけを考えてました。将来のビジョンが少しずつ生まれてきたのは、東京に来てから。同じ事務所だったSEKAI NO OWARIを見て、刺激を受けたことも大きかったです」(藤原)

     ソウル、ファンク、ギターロックなど多彩なサウンドを質の高い日本語のポップスに結びつけたヒゲダンの楽曲は、音楽ファンはもちろん、業界関係者からも支持された。2018年1月には音楽番組『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系)で、音楽プロデューサー・蔦谷好位置がプッシュ。さらに、aikoや後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)などが絶賛するなど、その評価を高めていく。そして2018年4月に「ノーダウト」(フジテレビ系月9ドラマ『コンフィデンスマンJP』主題歌)で突如としてメジャーデビュー。今年に入り、前述した「Pretender」、「宿命」(ABC朝日放送系『熱闘甲子園』テーマソング)と次々にヒット曲を生み出し、一気にメジャーシーンに躍り出たというわけだ。

     米津玄師、あいみょん、King Gnuなど、次世代を担うアーティストが次々と登場している現在の音楽シーン。もちろんヒゲダンもその一角を担うわけだが、「今の状況をどう捉えているのか?」と聞いてみると、「良くなくて売れてる曲なんてないし、すごくいい状況だと思う」(小笹)と前向きな答えが返ってきた。

     「米津さんもすごいと思うし、RADWIMPSがずっと進化を続けていることにも刺激を受けます。最近ヒットしてる曲って、サビがめちゃくちゃ歌いやすいかと言えば、そうでもないんですよね。洋楽っぽくて難度が高いメロディも多いし、そういう曲を聴いている世代の音楽偏差値はもっと上がっていくんじゃないかな」(松浦)

     「カッコいいアーティストが同じ時代にいてくれるのはすごく嬉しいし、僕らの音楽ももっと良くなると思う。それは競争ではなくて、いい音楽が多いほうが楽しいじゃないですか(笑)。ヒゲダンを好きな人にも、僕らが聴いてきた音楽を知ってほしいし、“こんなに素晴らしい音楽があるんだよ”ということも発信していきたいですね」(小笹)

    全文はソースをご覧ください

    https://contents.oricon.co.jp/special/img/53000/53708/detail/img660/1570094271357.jpg 
    1570094271357

    【躍進する『Official髭男dism』、ユニークなバンド名に”パートの奥さんにダメ出しされた”過去。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 鉄チーズ烏 ★ 2019/10/07(月) 18:36:15.59 ID:BgX6rEGQ9
    消費増税の影響が音楽にも出ている。ロックバンド「ヤバイTシャツ屋さん」は10月6日、ツイッターで増税に伴う歌詞の変更を発表した。

    当該楽曲は『喜志駅周辺なんもない』。「2019年10月1日からの増税に伴い、二度目の一部歌詞の変更を行います」と投稿した。

    ■喜志駅→天王寺の運賃、2014年390円→2019年410円に値上がりし、歌詞に反映

    同バンドは2012年に結成。休止と再開を繰り返しながら現在も活動している。その間、2014年4月、2019年10月と2度の増税を経験している。

    『喜志駅周辺なんもない』では、近鉄長野線喜志駅(大阪府富田林市)から天王寺までの運賃が歌詞に出てくる(正確には同線大阪阿部野橋駅までの運賃で、同駅は天王寺駅まで徒歩約1分に位置する)。近鉄は増税に伴い運賃を改定しており、同バンドはツイッターで、

    「2014年3月まで:天王寺まで390円はイタい
    2019年9月まで:天王寺まで400円はイタい
    2019年10月から:天王寺まで410円はイタい」

    とツイートした。

    コメント欄には「値上がりする歌詞」「増税に対応してくタイプのバンド」など称賛の声が相次いだ。一方で、同バンド楽曲『週10ですき家』で300円あれば牛丼が食べられる旨が歌われていることから「すき家の牛丼並も100円3枚じゃ買えなくなってますよ」など指摘する声も寄せられている。

    2000年代前半、牛丼の価格競争が白熱化し、チェーンによっては300円以下で提供されていた時期もあった。すき家も牛丼並盛を300円以下で提供していたが、2015年4月に290円から350円に引き上げ。現在も350円で提供している。すき家では現在、ミニは290円なので、300円で牛丼が食べられないこともないが、こちらの歌詞も時代にそぐわなくなっていきそうだ。

    キャリコネ編集部2019.10.7
    https://news.careerconnection.jp/?p=79723
    https://news.careerconnection.jp/wp-content/uploads/2019/10/191007ybt1.jpg 
    191007ybt1

    【『ヤバT』が「増税に伴い、二度目の歌詞の変更を行います。」 天王寺までの運賃、390円 → 400円 → 410円】の続きを読む

    このページのトップヘ