メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    音楽関係を中心にしたエンタメ関連のまとめブログ

    カテゴリ: 日本国内アーティスト(50音順)※編集途中

    ダウンロード (1)


    1: 湛然 ★ 2019/01/14(月) 05:32:49.07 ID:9XB6ii629
    2019.01.13.
    舘ひろし 18歳の歌手Annaに失恋のススメ…「恋をして、たくさん捨てられろ」

     俳優の舘ひろし(68)が13日、都内で行われた歌手・Anna(18)の新曲「初恋のワルツ」発売記念イベントにゲストとして登場した。

     同曲は、昨年12月に放送された舘と神田正輝(68)のダブル主演ドラマ「クロスロード3」の主題歌。Annaはドラマの前作「クロスロード-声なきに聞き形なきに見よ-」でも主題歌を担当し、2017年ごろから一緒に食事をするなどプライベートでも親交があるという。

     花束を持って駆けつけた舘は「『恋をして、たくさん捨てられろ』って言ってるんです。夢をみたり、傷ついたり、心のひだみたいなものがアーティストにとっていい、いい影響を与えると思う。私もなくした恋の分だけ大人になってきました」と“失恋のススメ”。Annaは「私を捨てられさせたいみたいなんです」と苦笑いだった。

     舘はラグビー部出身で芸能界きってのラグビー通。前日12日に明大が優勝した全国大学選手権にも言及し、戦前は敗れた天理大を推しており「明治の攻撃陣のディフェンスを褒めるべきだね」と称賛した。

     フランスリーグなど世界各地の試合をテレビ観戦しており「前に出るディフェンスのチームが強いね」と現代ラグビーの潮流を分析。一方、天理大のスクラムにも目を付け「10キロ近く(体重差が)あるのに、小さくてもしっかりパックをして押す。そこに日本ラグビーの未来を見た気がする」と熱く語った。


    応援に駆けつけた舘ひろし(右)とAnna=東京・新宿タワーレコード
    https://i.daily.jp/gossip/2019/01/13/Images/d_11976325.jpg
    d_11976325

    https://www.daily.co.jp/gossip/2019/01/13/0011976324.shtml

    【舘ひろし、18歳の歌手Annaに失恋のススメ。「恋をして、たくさん捨てられろ。」】の続きを読む

    ダウンロード


    1: muffin ★ 2019/01/14(月) 18:41:31.55 ID:ev/j+EFS9
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201901140000624.html
    2019年1月14日17時28分

    12日に心不全のために亡くなった女優市原悦子さん(享年82)の17日の通夜(東京・青山葬儀所)で、「ゴダイゴ」のミッキー吉野(67)が追悼のピアノ演奏をすることが14日、分かった。

    ミッキーは市原さんと20年来の親交があり、「二人だけの舞踏会」という2人だけのショーライブを行っていた。市原さんが歌って踊り、朗読も行い、ミッキーが演奏するショーで、演出は市原さんの夫塩見哲さんが担当した。

    吉野は市原さんが亡くなる5日前の7日に病室を訪れ、そこで市原さんから「心臓に突き刺さる演奏をしてね」と言われたという。通夜は無宗教式で行われ、ミッキーが演奏する曲は未定だが、市原さんにささげる、渾身(こんしん)の演奏になる。

    18日の葬儀も無宗教式で、一般の献花を受け入れる準備もしているという。

    また、市原さんは映画やCMのナレーションの収録を予定していたことも分かった。関係者によると、昨年12月に盲腸で入院するまで、市原さんは比較的元気で、声だけ出演する仕事に意欲的だったという。
    映画は今年秋以降に撮影に入る予定で、CMも近々、収録する予定だったという。

    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/img/201901140000624-w500_0.jpg 
    201901140000624-w500_0

    【市原悦子さん通夜でミッキー吉野が追悼ピアノ演奏。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: ひかり ★ 2019/01/12(土) 11:41:30.26 ID:zyHKslv49
     女優の剛力彩芽(26)が長年キャラクターを務めていた、ヤマザキ「ランチパック」のCMが年明けから山崎賢人(24)に交代。
    やはり「ZOZOの悪影響か」と囁かれている。

     同CMは7年にわたり剛力を起用。「友達より大事な人」曲中の「プロペラダンス」が話題になるなど看板娘として活躍してきた。また、
    ZOZOの前澤友作社長(43)との交際がオープンになると、前澤氏が「朝食はもちろんこれ!」とランチパックの写真を掲載、
    剛力を想起させる書き込みを行ったことも。

     山崎製パンに問い合わせると「剛力さんとは11月30日をもって契約を満了しました。剛力さんの元気でアクティブな印象が商品に合うと
    いうことで起用させていただいておりました」(広報部)と回答。同じく長年CMキャラクターを務める「ヤクルトジョア」に関しても
    夏季の期間限定フレーバーCM以来、放映はない。「現在は商品戦略としてCMの予定がないので、白紙の状態です」(ヤクルトのCM担当者)
    といい、この2社に関しては、現在CM露出はゼロだということが明らかになった。

    ■前澤氏が責任を持ってバックアップか

     剛力は今まで毎クール休みなくドラマや舞台にと活動を続けてきたが、現在はドラマどころかイベント登壇もなく、前澤氏の登壇するイベントにだけ
    同席するという、“開店休業”状態が続いている。

     一方の前澤氏は、芸能活動に関するマネジメント契約をPR会社と締結し、年末年始の特番に出演しまくり。千葉の豪邸を公開するなど
    オープン交際を続けているが、その結果が“CMゼロ”というのも残念な話である。芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

    「事務所としては安定した広告収入が得られず痛いのは確か。でも、これだけ開けっ広げに交際しているということは、このまま事実婚状態が
    続こうが、別れようが前澤氏は責任を持って経済面、イメージ面をバックアップするという表明でもあるはず。だからご本人も女優生命の危機とは
    感じていないし、想定内ということでは。むしろ、これだけ炎上しても前澤氏との恋愛を貫く姿が次第に“強い意志のある女優”という印象を
    植え付けていますから、長期的に見れば清純派から脱皮するステップアップになるでしょう」

     だんだん、話題にするのがアホらしくなってきた。

    日刊ゲンダイ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190112-00000008-nkgendai-ent

    【"ZOZO色"が着きすぎた悪影響か。“開店休業”の剛力彩芽ついに「CMゼロ」に。】の続きを読む

    ダウンロード (4)


    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/01/12(土) 16:10:48.72 ID:y28dTLt49
    ロックミュージシャンで作家の大槻ケンヂ(52)が12日、都内で行われた映画「緊急検証!THE MOVIE ネッシーVSノストラダムスVSユリ・ゲラー」(公開中)の舞台あいさつに登場した。

    同作はCSファミリー劇場のオカルト・バラエティー番組「緊急検証!」の映画版で、大槻は「この映画はオカルトを終わらせるというよりも、
    映画というジャンルに終わりを告げるかもしれない。映画への破壊活動になっている」とアピールした。

    映画は、70年代の日本をざわつかせたオカルト現象をテーマにしているが、大槻は劇作家のクラリーノ・サンドロヴィッチ(56)とのバンドで
    「寸劇で“ユリ・トオル・ゲラー”を名乗って『曲がれ!曲がれ』とやっていた」と告白。スプーン曲げで有名なユリ・ゲラー(72)とコメディアンの故由利徹さんをもじったギャグを披露していた過去を明かした。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15863340/
    2019年1月12日 12時22分 デイリースポーツ

    https://www.youtube.com/watch?v=1vbruRsRDos


    ボヨヨンロック まんが道

    https://www.youtube.com/watch?v=nwcGuHEBz_k


    筋肉少女帯 - 日本印度化計画PV

    https://www.youtube.com/watch?v=uvUOCndEby8


    [PV] 筋肉少女帯 - サボテンとバントライン

    【大槻ケンヂ、組んでたバンドでスプーン曲げのギャグを披露した過去を告白。】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/01/11(金) 21:35:33.59 ID:KyCotlQu9
    2018年大みそか、平成最後の紅白歌合戦は、見どころが多かった。
    サザンオールスターズは35年ぶりにNHKホールでパフォーマンス、ユーミンこと松任谷由実(64)もNHKホールにサプライズ登場、
    サブちゃんこと北島三郎(82)の復活、米津玄師(27)初のテレビ生出演など、多くの話題を集めた結果、2年ぶりに視聴率40%超えを記録した。

    NHK関係者も、胸をなでおろしている……と思ったが、「新たな火種が生まれてしまった。
    今年の年末が思いやられる」と、頭を抱えているという。いったいどういうことなのだろうか。

    「視聴率回復の要因となったサザンと米津玄師の遺恨です。自分たちが紅白最後の隠し球だと信じていたサザンにとって、不出場だったはずの米津玄師の出演は寝耳に水の出来事だったようです。
    また米津は、急遽出演が決定したにもかかわらず、彼の故郷である徳島県の大塚国際美術館内に5000本のキャンドルをともすという凝ったステージが用意され、
    国際的に活躍する菅原小春をダンサーに起用するなど、超特別待遇。最後の目玉アーティストが自分たちではなかったことは、サザンのプライドを大きく傷つけたはずです」(芸能記者)

    こうしたサザンのとまどいと怒りを察した一部のネットメディアは、12月28日に「米津の急な出場決定にサザンが激怒している」という記事を掲載。ネットは、この記事をめぐって一時騒然となった。

    ヒートアップするネット世論を沈静化させようとしたのか、サザンの公式ツイッターは、12月29日になって突如この記事に言及、激怒報道を完全否定したのだ。

    〈いよいよ紅白歌合戦が迫ってきました!!  米津さんの出演に、大激怒!? なんて文言をWeb見かけましたが、逆ですよー。
    ラジオでも桑田さんは、数年前から絶賛しながら曲をかけています。チーム一同おめでとうございますです。
    今年の紅白を一緒に盛り上げましょう!! 宜しくお願い致します〉(サザンオールスターズ公式ツイッターより原文ママ)

    しかし、フォローのはずのこのツイートも、更なる事態の悪化を招いてしまった。レコード会社関係者はこう言う。

    「公式ツイッターの文言は建前で、やはりはサザン側は米津玄師のふるまいを面白く思っていなかったと聞こえてきています。
    というのも、実はサザンの所属事務所は、このようなツイッターをサザンの公式見解として発信したツイッター担当者に対しても怒ったといいます。
    あんなかたちで相手にする必要はなかった。放っておけば良かったのに、と怒りを表したようですよ」

    来年以降も両者に出場してほしいであろうNHKにとって、この問題が遺恨になるという事態だけはなんとしても避けたいだろう。

    はたしてNHKは、2019年末、この問題をどう乗り越えるのだろうか?

    http://dailynewsonline.jp/article/1647443/
    2019.01.11 06:30 日刊大衆

    前スレ 2019/01/11(金) 07:39
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1547159999/

    【サザンオールスターズはやっぱり米津玄師に怒ってた? 紅白が頭を抱える”2年目の遺恨”。】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: 湛然 ★ 2019/01/09(水) 22:36:26.40 ID:ZbVZ+kw89
    2019年01月09日
    坂本龍一「何がいいんだろう」 理解するのに2年かかった音楽ジャンルとは?

    J-WAVEで2ヶ月に1度、第1日曜にお送りしている番組『RADIO SAKAMOTO』(ナビゲーター:坂本龍一)。1月6日(日)のオンエアでは、編集者でライターの若林 恵さんをゲストに迎えて、音楽について語り合いました。

    (中略)

    ■「2018年の音楽はあまりピンとこなかった」

    続いて、若林さんとの対談をお届けしました。若林さんは、IT、テクノロジー、思想、哲学、ポップカルチャーなどについて非常に詳しいうえに、坂本も舌を巻くほどの音楽通です。

    坂本:若林さんは驚くほど音楽好きですよね。
    若林:今年はちょっと……。僕、一生懸命「Apple Music」なりをちゃんと使おうと思って、60個くらいプレイリストを作りました。
    坂本:個人的に作ったの?
    若林:面白そうだなと思ったやつを、どこかのフォルダに放り込んでおかないと……。
    坂本:忘れちゃうでしょ(笑)。
    若林:忘れちゃうんです(笑)。

    若林さんは「2018年の音楽はあまりピンとこなかった」そうで、これに坂本も同意します。

    ここから話題はアメリカの音楽メディア「ピッチフォーク・メディア」に移り、若林さんは、そこで高い点数を得た日本人女性シンガーソングライター・Mitskiさんのアルバム『Be the Cowboy』や、奇才といわれるイヴ・トゥモアを紹介しました。

    坂本:イヴ・トゥモアは一般的に評価が高いんだ?
    若林:2018年の「ピッチフォーク」のアルバムの点数では、一番高かったはずですよ。
    坂本:えー!


    ■“跳ね返される音楽”の魅力

    続いて、音楽ジャンルの話題から“跳ね返される音楽”について盛り上がりました。

    若林:僕はロック、しかもヘビメタから入った人間なんです。それは坂本さんとかの影響なんですけどね。現代音楽の情報とか、入ってくるわけじゃないですか。そうすると、わかんなきゃいけないんだっていう、プレッシャーを感じるわけです(笑)。何度も跳ね返されましたけどね。スッと入れないんですよ。自分の中にコンテクストみたいなのができないと。ただ、跳ね返されるのが、僕は好きなんですけどね。
    坂本:僕が跳ね返されたのはレゲエです。
    若林:「レゲエ、わかんねえ」って感じですか?
    坂本:わかんない。何がいいんだろうと思う。
    若林:面白い。
    坂本:たぶんいいんだろうと思って、わかんないんだけど聴き続けて、面白いってなるまでに2年かかりました。

    「ある日突然、レゲエ空間が見えた。幾何学的な空間」と坂本。それ以来、レゲエを面白く聴けるようになったと言います。

    若林:坂本さんでもそういうのあるんですね。
    坂本:頭で考えちゃだめなんだね。
    若林:そうですね。僕も無理して聴いて、馴染んでくると入り方がわかってくるみたいなことがあるのかなと思うんです。
    坂本:分析的に聴いたりしてたらダメなんでしょうね。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    坂本龍一
    https://www.j-wave.co.jp/blog/news/images/board/190106_radiosakamoto002.jpg
    190106_radiosakamoto002

    坂本龍一、若林恵
    https://www.j-wave.co.jp/blog/news/images/board/190106_radiosakamoto004.jpg
    190106_radiosakamoto004

    https://www.j-wave.co.jp/blog/news/2019/01/16-2-1.html

    【坂本龍一「何がいいんだろう。」 理解するのに2年かかった音楽ジャンルとは。】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: 湛然 ★ 2019/01/09(水) 22:30:25.24 ID:ZbVZ+kw89
    2019/01/09
    ストリート・スライダーズ、1988年日本武道館ライヴ映像を1/9にリマスタリングして再リリース

     伝説のロックンロール・バンド、ストリート・スライダーズの1988年日本武道館ライヴ映像が、本日(1月9日)『HD REmaster SERIES』として再リリースされる。

     2000年の解散以降、一度も再結成することなく、いまや伝説のロックンロール・バンドとなった“ストリート・スライダーズ”。
    現在、映像でしか体感することのできない彼らのライヴのうち、バンドとして音楽シーンに確固たる地位を築いた1988年日本武道館ライヴ映像の再リリースとなる。

     『HD REmaster SERIES』とは、最新テクノロジーを駆使し、貴重な映像をデジタルリマスタリング。
    過去最高のクリアな映像で、新たな発見や感動を届ける、ソニー・ミュージックダイレクトの映像商品再発シリーズだ。

     今回の再リリースにあたり、オリジナル・マスターをレストア・リマスター、しかも新たにボーナス映像として5曲を追加収録するなど、作品のグレードアップが図られた。
    この作品はスライダーズとして初めてのBlu-ray(DVDも同時発売)でのリリースとなる。全編に渡る彼らの圧巻のパフォーマンスは、文字通り“伝説のライヴが蘇る”映像作品となっている。


    ◎リリース情報
    Blu-ray/DVD『ROCK'N' ROLL DEF' SPECIAL 2019 REMASTER』
    2019/1/9 RELEASE
    <Blu-ray>
    MHXL-62 5,000円(tax out)
    <DVD>
    MHBL-335 4,000円(tax out)

    <収録曲>
    ・風が強い日
    ・TOA-LIT-TONE(踊ろよベイビー)
    ・マンネリブギ
    ・SPECIAL WOMEN
    ・DAY DREAMER
    ・TIME IS EVERYTHING TO ME
    ・BACK TO BACK
    ・サテン・ドール
    ・HYENA

    BONUS VISUALS
    ・ダイヤモンドをおくれよ
    ・DOWNTOWN SALLY
    ・DANCIN' DOLL
    ・SLIDER
    ・のら犬にさえなれない
    ※Blu-ray DVDの収録内容は同じもの
    >>1988年武道館ライブ映像


    http://www.billboard-japan.com/scale/news/00000071/71346/650x_image.jpg
    650x_image

    http://www.billboard-japan.com/scale/news/00000071/71346/650x_sub_image168232.jpg
    650x_sub_image168232

    http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/71346/2

    【『ストリート・スライダーズ』、1988年日本武道館ライヴ映像を1/9にリマスタリングして再リリース。】の続きを読む

    ダウンロード (3)


    1: muffin ★ 2019/01/07(月) 11:11:12.72 ID:s7+oRHR09
    http://japan.techinsight.jp/2019/01/maki01061157.html
    2019.01.06 16:30

    OKAMOTO’Sのハマ・オカモトが、月刊音楽雑誌『Player 2019年2月号』(2018年12月29日発売)の『2018 PLAYER READER’S POLL』でベスト・ベーシスト部門2位に選ばれた。ミュージシャン人気投票の結果を発表する同誌の年始発売号恒例企画も今回は「平成最後」となる記念すべきランキングだ。

    彼は新年1月2日にSNSで『PLAYER READER’S POLL』に触れ、「2018年はハマ・オカモトが第2位! 本当にありがとうございます!」とツイートしている。

    『2017 PLAYER READER’S POLL』では、前回1位のポール・マッカートニーを抑えて1位になったハマ・オカモト。その件を心の声で「(どんな世界線でもありえない)」と振り返り、さらに「今年は氏が1位に返り咲き!(一生そうであってくれ!)」「ポール氏と1位、2位争いをする、自分…(笑)」とつぶやくのだった。

    そんなハマ・オカモトが出演する積水ハウスのCM『「この日を忘れない」篇』が昨年11月末より公開されており、モデル・川床明日香が演じる女子高生のとのやりとりが微笑ましい。

    楽器店店員役の彼がベースを弾いて見せると、興味津々で「一番安いベースはどれですか?」と聞いてくる女子高生(川床)に「これかな、1000円」と自分のベースを渡す場面がある。

    ベースに対して「エレキギターに比べるとボンボン弾くだけなので簡単そうだし地味」というイメージを持つ人もいるだろうが、テレビCMでベースをカッコよく弾くハマ・オカモトを見て認識を改めたのではないか。

    ちなみに『Player 2019年2月号』では、2009年のCDデビューから10周年のアニバーサリーイヤーに突入するOKAMOTO’Sのインタビューが掲載されており、ニューアルバム『BOY』(2019年1月9日リリース)についてメンバー全員で語っている。

    企業CM「この日を忘れない」篇 90秒
    https://youtu.be/f0WSPavA_zc



    http://japan.techinsight.jp/wp-content/uploads/2019/01/kawadokoasuka_hamaokamoto_cm_20181129.jpg
    kawadokoasuka_hamaokamoto_cm_20181129

    ベスト・ベーシスト順位
    https://pbs.twimg.com/media/Dv3mD9GVYAAUmH-.jpg 
    Dv3mD9GVYAAUmH-

    【ハマ・オカモト、月刊音楽雑誌『Player』誌“ベスト・ベーシスト”でポール・マッカートニーに王座を奪われるも「一生そうであってくれ!」】の続きを読む

    images


    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/01/07(月) 14:35:45.81 ID:WhhkatgU9
    http://image.dailynewsonline.jp/media/4/9/49521b8ee9430fef7fffdbd58f82ca0cf93e7aab_w=666_h=329_t=r_hs=41ee7e0bbfb982cce23c570aedd97c85.png
    49521b8ee9430fef7fffdbd58f82ca0cf93e7aab

    歌手の浜崎あゆみ(40)が4日付で自身のインスタグラムを更新した。浜崎といえば先日、AAAの浦田直也(36)とのツーショット写真を公開したところ、再び交際疑惑が浮上した。
    ネット上では「お似合い」「結婚すればいいのに」などの声があがり話題となっていた。

    そんな浜崎はこの日、「ずっと気になってたA star is bornを観にマネージャーと悪ガキと(←この3人しかヒマじゃなかった)映画館へ。
    エンタメ界のお話は良いんだか悪いんだか、手に取るように分かり過ぎて胸が痛かった。泣いた。今鼻詰まってます」とつづり、映画を楽しんだことを報告した。

    一緒に投稿されている写真には、観賞後と思われるニーハイブーツにミニスカート姿の浜崎の様子が写っている。
    しかし、ネット上ではニーハイブーツにミニスカートというファッションの方が注目されてしまい厳し目のコメントが多く飛び交っている。

    「あゆ細ーい!顔小さーい!(棒)今年も加工するのか、呆れる」

    「どうしても露出したいならもっとしっかり身体作りすればいいのに」

    「ライブ衣装ならまだしも、私服もミニばっかりだよねー」

    昨年同様に写真を加工しているのではないかという疑惑から今年もはじまってしまった浜崎。2019年はどのような一年になるのか目が離せない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1641986/
    2019.01.07 07:00 デイリーニュースオンライン

    http://image.dailynewsonline.jp/media/4/9/49521b8ee9430fef7fffdbd58f82ca0cf93e7aab_w=666_h=329_t=r_hs=41ee7e0bbfb982cce23c570aedd97c85.png 

    【浜崎あゆみ、新年一発目の写真が加工を疑われる。 今年も安定の芸風で幕開け。 】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/01/07(月) 14:21:05.32 ID:WhhkatgU9
    歌以上に見た目のインパクトの方が大きかったようだ。

    いきものがかりが昨年大みそかに放送された「NHK紅白歌合戦」に出場。
    元気あふれるパフォーマンスで会場を盛り上げるも、視聴者は別の部分に気をとられてしまったようだ。

    いきものがかりは1年10カ月の活動休止を経て、昨年11月に活動を再開。
    2年ぶりの出場となる紅白が復帰ステージとなった。
    紅白出場は10回目となるが、今回は紅白では初披露となる09年リリースの「じょいふる」を歌唱。
    ボーカルの吉岡聖恵は曲始めに「一緒に盛り上がっていきましょう。立っちゃいましょうか」と観客にスタンディングを求め、
    観客たちも立ち上がって、タオルを振り回すノリノリの姿を見せるなど、会場は大いに盛り上がっていたようだ。

    ところが、お茶の間でテレビを見ていた視聴者からは、そのパフォーマンス以上に気になるところがあったようだ。

    「ボーカルの吉岡が随分ふっくらしたという声が多かったんです。元々吉岡は、やせ型というわけではありませんが、
    ネットには『ボーカルの子、太ったね』『顔がパツパツになってるやん』
    『太るとまず顔に出ちゃうタイプね』などといった声が上がり、活動休止前とのビジュアルの違いが指摘されていました」(エンタメ誌ライター)

    その歌唱力の高さは健在だっただけに、今後は体のコンディションも整えていってほしいところだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1642381/
    2019.01.07 13:00 アサジョ

    https://news.nifty.com/cms_image/news/entame/12168-12313695/thumb-12168-12313695-entame.jpg
    thumb-12168-12313695-entame

    https://amd.c.yimg.jp/im_sigg7E243Hdjgnqtw_JiWM8LrA---x400-y350-q90-exp3h-pril/amd/20181231-00000544-san-000-3-view.jpg 
    20181231-00000544-san-000-3-view

    【『いきものがかり』吉岡聖恵”復帰後のフェイスライン”に驚きの声。】の続きを読む

    images (2)


    1: Egg ★ 2019/01/07(月) 16:04:01.42 ID:SrLQ5oRP9
    GLAYのボーカルTERU(47)が、大雪の影響で混乱した北海道の新千歳空港で約3時間にわたって足止めされたことを報告し、航空会社に対し「誠意を持って対応して欲しいと強く願います」とつづった。

    【写真】六本木ヒルズアリーナで熱唱するGLAY

    TERUは6日夜、新千歳空港からツイッターを更新。「どんな理由があるのか? 理解できないが。千歳から自分が乗る予定の便が2時間10分遅れになり、自分が乗る予定の便の30分後に出発する便が30分遅れで出発、1時間半後の便も30分遅れで飛ぶ予定。なぜこの便だけ2時間10分遅れなんだろう?」と書き出した。

    当初は1時間半の遅れとアナウンスされたが、その後さらに40分の遅延が決まったという。また、遅延理由についても「使用機到着遅れのアナウンスから、使用機は到着してるけど「使用機材の遅れ」と言うアナウンスに変わりました。使用機材の遅れってなんだろう? まだまだ遅れる気がします…」と混乱する現場の状況をつづり、正確な情報が得られないことに「ちゃんとアナウンスしてくれないのは困る」と不満をつぶやいた。

    それでも利用客たちは冷静だったようで、「日本は素晴らしい。誰一人としてクレームを入れる人がいない」と様子をつづり、「企業には、これに甘んじることなく誠意を持って対応して欲しいと強く願います」とした。

    一方、対応に追われた空港のスタッフについては「本当にお疲れだったと思います。企業としての対応マニュアルもあると思うのでスタッフの方々も板挟みになり大変ですよね。お疲れ様でした」とねぎらったTERU。結局、3時間以上足止めを食い、帰京後には「無事荷物を受け取りました。長い1日だった~(笑い)明日から学校の子達も多いですよね~。子供も沢山いたから心配ですね。少しでも早くお布団に入れますように お疲れ様でした!」とつづった。

    1/7(月) 11:27配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190107-00438287-nksports-ent

    写真
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/img/201901070000320-w500_0.jpg 
    201901070000320-w500_0

    【『GLAY』のTERU、大雪の影響で混乱した北海道の新千歳空港遅延に「誠意を持って対応して欲しいと強く願います。」】の続きを読む

    images


    1: 湛然 ★ 2019/01/06(日) 07:22:35.53 ID:CAP_USER9
    2019.1.6 05:02
    沢田研二、リベンジ宣言!代替公演で改めて謝罪も「諦めたわけではない」

     昨年10月17日にさいたまスーパーアリーナでの公演を“ドタキャン”した歌手、沢田研二(70)が5日、埼玉・大宮ソニックシティで代替公演を開催した。

     2曲目「彼女はデリケート」の歌唱後、「あんなことがあったのに、よく代替公演に来てくださいました。皆さんには申し訳なかった。本当に許してください」と深々と頭を下げて謝罪した。

     続けて「何をやってもどう対応をしても、あの日が帰ってくることはない。ずっと背負って歌っていきたい」と宣言。会場の約2500人からは大拍手が巻き起こった。

     昨年10月17日の埼玉公演は契約問題を理由に急きょ中止。翌18日に報道陣に直撃された際、「9000人と聞いていたが、7000人しか入っていなかった」と集客不足が原因と説明した。

     この日は2階席の当日券が発売されたが、ほぼ満席。代表曲「カサブランカ・ダンディ」など18曲を披露し、最後は「さいたまスーパーアリーナを諦めたわけではない。75歳というプレプレ喜寿辺りに。不可能なことではない!」とリベンジを誓い、大喝采を浴びた。

     代替公演は2月7日にも同所で行う。


    2016年のコンサートで熱唱する沢田。いつかさいたまスーパーアリーナに立つ姿も見られそうだ
    https://www.sanspo.com/geino/images/20190106/geo19010605020005-p1.jpg
    geo19010605020005-p1

    https://www.sanspo.com/geino/news/20190106/geo19010605020005-n1.html

    【沢田研二、リベンジ宣言。代替公演で改めて謝罪も「諦めたわけではない。」 】の続きを読む

    このページのトップヘ