メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    音楽関係を中心にしたエンタメ関連のまとめブログ

    カテゴリ: 海外アーティスト(アルファベット順)※編集途中

    ダウンロード


    1: muffin ★ 2018/07/20(金) 11:10:09.01 ID:CAP_USER9
    https://eigaland.com/topics/?p=81409
    2018年7月20日

    史上最高のエンターテイナー、フレディ・マーキュリーの姿を描くミュージック・エンターテインメント『ボヘミアン・ラプソディ』が11月9日(金)に公開される。この度、本作の予告編が解禁となった。

    「世界で最も売れたアーティスト」に名を連ね、マイケル・ジャクソンやエアロスミスらと共にロックの殿堂入りを果たし、日本でもスポーツシーンやドラマ、CMなどで世代を問わず誰もが耳にしたことのある伝説のロックバンド・クイーン。

    本作は、『X-MEN』シリーズのブライアン・シンガーが監督を務め、今もなお世界中を魅了し続けるクイーンの現メンバーのブライアン・メイとロジャー・テイラーを音楽総指揮に迎えて、1991年に惜しくもこの世を去った史上最高のエンターテイナー、フレディ・マーキュリーの姿を描く。

    予告編には、本作のタイトルにもなっている不朽の名曲「ボヘミアン・ラプソディ」が流れる中、ラミ・マレック演じるフレディ・マーキュリーが“ライブ・エイド”のステージに登場するシーンから、エモーショナルな曲と共に、伝説のロックバンド<クイーン>結成の瞬間、そして誰もが耳にしたことのある名曲の数々が生み出されていくさまが描かれている。

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』は11月9日(金)より全国公開

    『ボヘミアン・ラプソディ』最新予告編
    https://youtu.be/0UkG8GnfCCY



    https://i2.wp.com/eigaland.com/wordpress/wp-content/uploads/2018/07/40221f22609532444e43e77c87c7ee43.jpg
    40221f22609532444e43e77c87c7ee43

    https://i1.wp.com/eigaland.com/wordpress/wp-content/uploads/2018/07/10e355e69f795141eda04470f2bf7299.jpg 
    10e355e69f795141eda04470f2bf7299

    【QUEEN・フレディ・マーキュリーの姿を描く『ボヘミアン・ラプソディ』日本公開決定、予告編解禁。】の続きを読む

    ダウンロード (3)


    1: muffin ★ 2018/07/19(木) 19:10:36.74 ID:CAP_USER9
    https://mdpr.jp/news/detail/1780638
    2018.07.19 18:19

    人気バンド『ONE OK ROCK』(以下、ワンオク)のボーカルTakaが19日、カナダ出身シンガーのアヴリル・ラヴィーンとのツーショットを公開し、反響が寄せられた。

    Takaは「とっても楽しかった!」英語でコメントし、2人で寄り添ったショットを公開。アヴリルもTakaとの写真を投稿し、「#Japanesefamily」とメッセージ。コメント欄には「ステキなコラボ」「かっこいい!」「お似合い!」などたくさんの反響が寄せられている。

    アヴリルは2017年1月に発売されたワンオクのアルバム「Ambitions」に収録されている「Listen」でコラボレーション。

    また、同年2月には、自身の妹ミシェルさんとワンオクのベース・Ryotaが結婚。同年10月には第1子が誕生している。

    https://scontent-nrt1-1.cdninstagram.com/vp/6c75d867d1600e24465869460bc91d03/5BCE7C5A/t51.2885-15/sh0.08/e35/p750x750/37144987_1028452727318636_3391077293819428864_n.jpg 
    37144987_1028452727318636_3391077293819428864_n

    https://scontent-nrt1-1.cdninstagram.com/vp/07e7929d21beb98ef1f07e3a811e4623/5BD71A8D/t51.2885-15/sh0.08/e35/s750x750/37213012_1626663180793453_3875955071195807744_n.jpg 
    37213012_1626663180793453_3875955071195807744_n

    【ワンオクTaka、アヴリル・ラヴィーンと豪華2ショット。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 湛然 ★ 2018/07/14(土) 20:30:22.34 ID:CAP_USER9
    2018/07/14 01:45
    ラモーンズ『Road to Ruin』の発売40周年記念デラックス・エディション発売、1曲試聴可

    ラモーンズ(Ramones)が1978年にリリースした通算4作目のスタジオ・アルバム『Road to Ruin』。発売40周年を記念した40thアニヴァーサリー・デラックス・エディションが発売決定。海外で9月21日発売。リイシュー元はRhino/Warner Bros.。

    1stアルバム『Ramones』、2nd『Leave Home』、3rd『Rocket to Russia』に続く発売40周年記念盤で、今回の『Road to Ruin』もCD3枚+アナログレコード1枚の計4枚組。

    CD1には、『Road to Ruin』のオリジナル・ステレオ・ミックスの最新リマスター・ヴァージョンと、エド・ステイシアムによる『Road to Ruin』の40th Anniversary Road Revisited Mixを収録。ステイシアムによる新しいミックスは、オリジナル・アルバム・ミックスの商業的なコーティングを剥し、そのパンク・ロックの核を剥きだしにしたもの。この新しいミックスは、デラックス・エディションのアナログLPにも収録されます。

    CD2には、アルバム収録曲それぞれのラフ・ミックス、2曲のオリジナルとは全く違う別テイク、そして2曲の未発表アウトテイクを含む20曲以上の未発表音源を収録。未発表アウトテイクの「I Walk Out」と「S.L.U.G.」は、1978年のオリジナル・レコーディング・セッション時には未完成だったものを、ステイシアムが今作の為に完成させたもの。その他、1988年の『RAMONES MANIA』コンピレーションの時に制作された”Ramones-on-45-Mega-Mix!”を含む3つの異なるヴァージョンの「I Wanna Be Sedated」や、「Questioningly」、「Needles and Pins」そして「Don't Come Close」のアコースティック・ヴァージョンなども収められています。

    CD3には、バンドが1979年12月31日に行ったニューヨーク公演をフル収録。WNEW-FMで放送されたこのライヴのミックスを手掛けているのは、エド・ステイシアム。今回のライヴ音源は、トミー・ラモーン所有のPA卓から録音したカセットをオーディオソースとしています。

    (中略)

    同日には、リマスター音源を収めた1CD版も発売される予定です。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    Ramones - The Ramones released the band’s fourth studio... | Facebook
    https://scontent-nrt1-1.xx.fbcdn.net/v/t1.0-0/p480x480/37015862_10156073985975379_5014086288983195648_n.jpg?_nc_cat=0&oh=d735e994baaabd98013d5f645f06f514&oe=5BDD940A
    37015862_10156073985975379_5014086288983195648_n

    https://www.facebook.com/theramones/photos/a.10151197504400379.494562.12789020378/10156073985965379/

    ※試聴(SOUNDCLOUD)は引用元サイトにてご確認ください。
    http://amass.jp/107794/

    【ラモーンズ『Road to Ruin』の発売40周年記念デラックス・エディション発売。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 湛然 ★ 2018/07/14(土) 20:25:38.53 ID:CAP_USER9
    2018/07/14 06:04
    レディオヘッドのトム・ヨークと元R.E.M.のマイケル・スタイプ 手をつないだ2人の写真が話題に

    レディオヘッド(Radiohead)のトム・ヨーク(Thom Yorke)と元R.E.M.のマイケル・スタイプ(Michael Stipe)。手をつないだ2人の写真が公開されて話題に。マイケルはニューヨークのブルックリンにあるギャラリーで新たなアート展を開催しており、そこにトムが訪問。トムは今週、ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンでレディオヘッドの4days公演を行っており、休日を利用して、このアート展を訪れています。記念の写真をマイケルが自身のInstagramページに投稿しています


    The Journal Gallery [michaelstipe]
    https://scontent-nrt1-1.cdninstagram.com/vp/4bd406bc9b9bf44aa41dcfe35671ad25/5BD42AE4/t51.2885-15/e35/36648326_207112599945649_1865416837680857088_n.jpg
    36648326_207112599945649_1865416837680857088_n

    http://amass.jp/107800/

    【レディオヘッドのトム・ヨークと元R.E.M.のマイケル・スタイプが手をつないだ写真が話題。】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: サイカイへのショートカット ★ 2018/07/13(金) 22:32:59.48 ID:CAP_USER9
    マイケル・ジャクソンの元主治医、「マイケルは父親に去勢されていた」
    先月末に亡くなったマイケル・ジャクソンの父ジョー・ジャクソン。マイケルの元主治医がジョーについて衝撃的な告発をしている
    7/13(金) 21:04配信 ELLE ONLINE
    https://www.elle.com/jp/culture/celebgossip/a22130540/michael-jackson-180713/
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180713-00010000-elleonline-ent

    ジョー・ジャクソン(Joe Jackson)、マイケル・ジャクソン(Michael Jackson)
    https://hips.hearstapps.com/hmg-prod.s3.amazonaws.com/images/michael-jackson-gettyimages-88799054-1531417559.jpg
    michael-jackson-gettyimages-88799054-1531417559

    コンラッド・マーレイ(Conrad Murray)
    https://hips.hearstapps.com/hmg-prod.s3.amazonaws.com/images/michael-jackson-2-gettyimages-96500874-1531417713.jpg
    michael-jackson-2-gettyimages-96500874-1531417713

    ニュースサイト「The Blast」はマイケル・ジャクソンの元主治医コンラッド・マーレイの独白ビデオを入手。マーレイはマイケルに強力な麻酔薬を投与し過失致死罪に問われ実刑判決を受けた人物である。
    ビデオでマーレイはジョーを「史上最悪の父親の1人」と非難。「マイケルは父親にされた残酷な行為を語ってくれた」「マイケルに高い声を維持させるため父親が化学的に彼を去勢したという事実は言葉では語れない」。

    ここでは具体的な方法には触れていないけれど、マーレイは過去にもこの化学的去勢について主張していたことが。
    2016年に出版した著作『This Is It! The Secret Lives of Dr. Conrad Murray and
    Michael Jackson』の中で「ジョーはマイケルが12歳のときにニキビの治療と声変わりを防ぐためにホルモン注射を強制した」と書いている。

    ビデオでは「ジョー・ジャクソンが地獄で報いを受ければいいと思う」とまで言っているマーレイ。
    マイケルやジョーの遺族はまだこれに反応していないけれど、祖父ジョーと父マイケルを深く愛しているパリス・ジャクソンら家族がこの発言に怒る可能性は大。続報にも注目したい。

    ──────────────────

    Michael Jackson’s Doc, Conrad Murray, Hopes Joe Jackson ‘Finds
    Redemption in Hell’
    July 6, 2018 at 3:00 am PDT
    https://theblast.com/conrad-murray-michael-jackson-joe-jackson/

    【マイケル・ジャクソンの元主治医、「マイケルは父親に去勢されていた」と主張。】の続きを読む

    images


    1: 湛然 ★ 2018/07/10(火) 22:17:03.61 ID:CAP_USER9
    2018/07/10 01:08
    トゥイステッド・シスターのディー・スナイダーが新曲「Become The Storm」のミュージックビデオを公開

    トゥイステッド・シスター(Twisted Sister)のフロントマン、ディー・スナイダー(Dee Snider)が新曲「Become The Storm」のミュージックビデオを公開。この曲は新ソロ・アルバム『For The Love Of Metal』に収録。

    アルバムは海外、日本で7月27日発売。日本盤ボーナストラックあり。リリース元は海外はNapalm Records、日本はワードレコーズ。

    ソロ・アルバムのリリースは2016年の『We Are The Ones』以来。

    新作のプロデューサーにはヘイトブリード(Hatebreed)のヴォーカリスト、ジェイミー・ジャスタを起用。このアルバムでディーのブレーンになっているのがジェイミー・ジャスタと、彼が別プロジェクトで一緒にプレイしているチャーリー・ベルモアとニッキー・ベルモアの3人。大半の曲をこの3人が作り、チャーリーとニッキーはレコーディングにも全面的に参加しています。

    アルバムには

    Howard Jones (Light The Torch, ex-Killswitch Engage, etc.)
    Mark Morton (Lamb Of God)
    Alissa White-Gluz (Arch Enemy)
    Joel Grind (Toxic Holocaust)
    Nick Bellmore (Toxic Holocaust)
    Charlie Bellmore (Kingdom Of Sorrow)

    が参加しています。


    ●『For The Love Of Metal』

    1. Lies Are a Business
    2. Tomorrow's No Concern
    3. I Am the Hurricane
    4. American Made
    5. Roll Over You
    6. I'm Ready
    7. Running Mazes
    8. Mask
    9. Become the Storm
    10. The Hardest Way
    11. Dead Hearts (Love Thy Enemy)
    12. For the Love of Metal

    13. ソー・ホワット *日本盤限定ボーナストラック


    DEE SNIDER - Become The Storm (Official Video) | Napalm Records
    https://www.youtube.com/watch?v=hljBz0zTEKQ



    DEE SNIDER - Tomorrow's No Concern (Official Lyric Video) | Napalm Records
    https://www.youtube.com/watch?v=7RnNTBnAjRE



    http://amass.jp/107563/

    【トゥイステッド・シスターのディー・スナイダーが新アルバムから「Become The Storm」のミュージックビデオを公開。】の続きを読む

    images


    1: 湛然 ★ 2018/07/05(木) 22:00:31.69 ID:CAP_USER9
    2018/07/02 07:40
    「アイアン・メイデン(Iron Maiden)のベスト・ソング TOP50」を英Metal Hammerが発表

    1) Hallowed Be Thy Name
    2) Paschendale
    3) The Trooper
    4) Iron Maiden
    5) Aces High
    6) The Evil That Men Do
    7) Fear Of The Dark
    8) Running Free
    9) Blood Brothers
    10) 2 Minutes To Midnight

    11) Wasted Years
    12) The Red And The Black
    13) The Number Of The Beast
    14) Wrathchild
    15) These Colours Don't Run
    16) Powerslave
    17) Phantom Of The Opera
    18) Can I Play With Madness
    19) Run To The Hills
    20) The Wicker Man
    21) If Eternity Should Fail
    22) Infinite Dreams
    23) Murders In The Rue Morgue
    24) Afraid To Shoot Strangers
    25) Children Of The Damned
    26) The Clansman
    27) Moonchild
    28) Killers
    29) Rime Of The Ancient Mariner
    30) Ghost Of The Navigator

    31) Prowler
    32) No More Lies
    33) Revelations
    34) The Clairvoyant
    35) When The Wild Wind Blows
    36) Heaven Can Wait
    37) Flight Of Icarus
    38) Bring Your Daughter... To The Slaughter
    39) Stranger In A Strange Land
    40) Seventh Son Of A Seventh Son
    41) Coming Home
    42) The Longest Day
    43) Sign Of The Cross
    44) Where Eagles Dare
    45) Tailgunner
    46) Montsegur
    47) Alexander The Great
    48) Man On The Edge
    49) Be Quick Or Be Dead
    50) Empire Of The Clouds


    詳細は以下のURLのページでご覧になれます。
    https://www.loudersound.com/features/the-50-best-iron-maiden-songs-of-all-time
    http://amass.jp/107268/

    【「アイアン・メイデンのベスト・ソング TOP50」を英Metal Hammerが発表。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 湛然 ★ 2018/07/02(月) 23:10:34.35 ID:CAP_USER9
    2018.7.2 12:25
    ジューダス・プリースト、3年ぶり来日公演が決定

    ジューダス・プリーストの3年ぶりのジャパン・ツアーが11月に開催されることが決定した。

    同公演は、3月にリリースされたばかりの最新アルバム『ファイアーパワー』を携えて国内5都市を巡るもの。結成50周年目前にして、1978年の初来日公演からちょうど40年目という節目の来日ツアーとなる。ファンにとっては、グレン・ティプトンのサプライズ登場がここ日本でも実現するのか否かも大いに気になるところだろう。

    開催が発表されているのは、11月21日(水)の北海道・Zepp Sapporoから11月29日(木)の東京・武蔵野の森アリーナまで全5公演だ。チケット発売情報等、公演に関する詳細は今後順次発表される予定となっている。

    <ジューダス・プリースト ジャパン・ツアー>
    2018年
    11月21日(水)北海道・Zepp Sapporo
    11月23日(金・祝)岐阜・バロー文化ホール(多治見市文化会館)
    11月25日(日)岡山・岡山市民会館
    11月26日(月)大阪・グランキューブ大阪
    11月29日(木)東京・武蔵野の森アリーナ
    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    https://img.barks.jp/image/review/1000157058/001.jpg
    001

    https://www.barks.jp/news/?id=1000157058

    【ジューダス・プリースト、3年ぶり来日公演が決定。公演会場が他に類を見ないと話題に。】の続きを読む

    images


    1: 湛然 ★ 2018/06/25(月) 05:08:15.99 ID:CAP_USER9
    6/25(月) 5:00 スポーツ報知
    ボン・ジョヴィ、5年ぶり17回目の来日公演…11月、東京D&京セラD

    5年ぶりに来日公演を行うボン・ジョヴィのボーカル、ジョン・ボン・ジョヴィ

     米ロックバンド「ボン・ジョヴィ」が11月に5年ぶり17回目の来日公演を行うことが24日、分かった。11月26日に東京ドーム、同27日に京セラドーム大阪の計2公演で7万人を動員する。

     84年の初来日以来、日本でのライブは前回13年に通算100公演を達成。総観客動員は150万人を記録した。全世界アルバム通算売り上げは1億3000万枚。今年4月にロックの殿堂入り後、初の日本公演となる。

     日本のスタジアム公演数は今回の2公演で45回に上り、海外アーティストで歴代単独1位を独走(2位はマイケル・ジャクソンの39回)。特に東京ドームは88年の初ライブから丸30年で17回目。80~2010年代の4年代で行った唯一の海外アーティストとなる。

     今回は最新アルバム「ディス・ハウス・イズ・ノット・フォー・セール」と連動したツアー。代表曲「イッツ・マイ・ライフ」などパワフルなハードロックサウンドを聴かせてくれそうだ。ボーカルのジョン・ボン・ジョヴィ(56)は「やあ、日本のみんな。ようやく僕たちは日本へ戻ることができるよ! 久しぶりの来日公演だ! 11月にまた会おう」とコメントを寄せた。

     ◆7月14日からチケット発売
    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    5年ぶりに来日公演を行うボン・ジョヴィのボーカル、ジョン・ボン・ジョヴィ
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20180624-00000224-sph-000-5-view.jpg
    20180624-00000224-sph-000-5-view

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180624-00000224-sph-ent

    【ボン・ジョヴィ、11月に5年ぶり17回目の来日公演。】の続きを読む

    images


    1: 湛然 ★ 2018/06/21(木) 22:32:27.24 ID:CAP_USER9
    2018.6.21 12:17
    ロバート・プラント、音楽スタイルを変えたきっかけの1つはレディオヘッド

    ロバート・プラントが、自身が制作・パフォーマンスする音楽のジャンル/スタイルを変えようと思ったきっかけについて語った。

    『House of Strombo』に出演したプラントは、変化は「2000年までに培われていた」と話した。「ジミー・ペイジとエジプトのオーケストラと共に世界中を周っていたとき、ある夜、その頂点に達したんだ。ドイツ、マンハイムでだ。僕らは大きなコンクリートのキューブの中でプレイし、男ばかりのオーディエンスが拳を振り上げていて…、“ああ、もう僕にこれは必要ない。ここから降りるときがきた”って思った」

    また、1998年12月に開かれた<アムネスティ・インターナショナル・ヒューマン・ライツ・コンサート>のことだと思われるが、レディオヘッドのパフォーマンスに感銘を受けたという。

    「僕ら、パリへ行き、人権宣言50周年でプレイしたんだ。レディオヘッド、ブルース・スプリングスティーンのアコースティック、ピーター・ガブリエルのアコースティックがあって、ダライ・ラマが出て…。レディオヘッドのギタリストが、ソロのときひざまずいて、ペダルをいじり始めたんだ。押しつぶしたような音を出してた。僕は“ああ、自分がいた世界とは表現方法なんかずい分違うんだな”って思ったよ。変わるときがきたって実感した。そして、曲を作り始めたんだ」

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

    Ako Suzuki


    https://img.barks.jp/image/review/1000156608/001.jpg
    001

    https://www.barks.jp/news/?id=1000156608

    【ロバート・プラント「音楽スタイルを変えたきっかけの1つはレディオヘッド。」】の続きを読む

    このページのトップヘ