メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    音楽関係を中心にしたエンタメ関連のまとめブログ

    カテゴリ: 海外アーティスト(アルファベット順)※編集途中

    ダウンロード


    1: 湛然 ★ 2018/04/19(木) 22:26:16.58 ID:CAP_USER9
    2018.4.19 木曜日
    スティング、文化の盗用について持論を語る

    スティングはしばしば批判の対象になっている音楽における文化の盗用について言及し、「文化の盗用」という言葉について「なんてひどい言葉なんだ」と批判している。

    元ポリスのフロントマンであるスティングは、シャーギーと共にレゲエ・アルバム『44/876』をリリースする。

    音楽業界では昨今、ブルーノ・マーズを初めとするアーティストが文化の盗用であるとして批判の対象となっている。スティングはBBCに文化の盗用について問われ、次のように語っている。「なんてひどい言葉なんだろうね」

    彼は次のように続けている。「僕からしてみれば、レゲエは価値を見出した、尊敬する対象であり、真剣なものであってね。それが僕が学んできたことなんだ」

    「レゲエのベースのコミュニティに大きな借りがある。僕にとって精神的にも、音楽的にも師と言えるのは、知り合いでもあったボブ・マーリーだった。自分にとって本物だと感じられものをやってると思ってるけどね」

    「シャギーと仕事をしたことで、新たな強みが加わった気がしているよ」とスティングは語っている。「彼は紛れもないダンスホール・レゲエのスーパースターだからね。僕もちょっと手を加えたりはしたけど、僕らには共通の地盤があったんだ」

    スティングとシャギーはジョイント・アルバム『44/876』を4月20日にリリースする。プレス・リリースによれば、アルバムは「二人のお互いのジャマイカやその音楽と文化への愛を反映した楽曲をジャムして、書いた」ことで実現したという。

    (以下略、全文はソースをご覧ください。)


    Photo: GETTY
    https://nme-jp.com/nmesite/wp-content/uploads/2018/04/Sting-Shaggy-1-720x457.jpg
    Sting-Shaggy-1-720x457

    https://nme-jp.com/news/53429/

    【スティング、文化の盗用について持論。「なんてひどい言葉なんだ。」】の続きを読む

    images (2)


    1: みつを ★ 2018/04/21(土) 02:19:24.57 ID:CAP_USER9
    http://www.afpbb.com/articles/-/3171948?cx_module=latest_top

    2018年4月20日 22:31 発信地:ストックホルム/スウェーデン
    【4月20日 AFP】スウェーデンの伝説的ポップグループ「アバ(ABBA)」の元メンバー、ビョルン・ウルバース(Bjorn Ulvaeus)は19日、今年の秋に放送予定のテレビの特別番組で、デジタル技術で再現されたアバの「アバター(分身)」がパフォーマンスを披露する予定だと明らかにした。

     アバはアグネッタ・フォルツコグ(Agnetha Faltskog)、アンニ・フリード・リングスタッド(Anni-Frid Lyngstad)、ベニー・アンダーソン(Benny Andersson)、ウルバースの4人によるグループで、「恋のウォータールー(Waterloo)」、「ダンシング・クィーン(Dancing Queen)」、「マンマ・ミーア(Mamma Mia)」、「スーパー・トゥルーパー(Super Trouper)」などのヒット曲で10年以上もの間ディスコシーンを席巻し、1982年に解散した。

     英BBCと米NBCが制作する特別番組ではトップアーティストたちがアバの曲を演奏するほか、アバのメンバー4人のアバターも1曲披露する予定だという。何の曲を演奏するのかは明らかにされていない。

     ウルバースはAFPに「初めての試みだ」と述べた一方で、「アバのトリビュートショーのようなものだが、肝心なのは『アバターズ』だということだ」と強調した。

     元メンバーのアバターを制作するため、米シリコンバレー(Silicon Valley)の「テクノアーティストたち」が元メンバー4人の頭を採寸し、あらゆる角度から4人の写真を撮ったという。

     またウルバースによると、番組ではアルバム「ヴーレ・ヴー(Voulez-vous)」がリリースされた1979年ごろのメンバーの姿が「映像と口パクで」デジタル再現されるという。(c)AFP

    欧州国別対抗歌謡祭「ユーロビジョン・ソング・コンテスト」に出場した際に撮影されたアバのメンバー。(左から)ビョルン・ウルバース、 アグネッタ・フォルツコグ、アンニ・フリード・リングスタッド、ベニー・アンダーソン(1974年2月9日撮影、資料写真)。(c)AFP PHOTO / SCANPIX SWEDEN / LINDEBORG
    http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/7/4/375w/img_74269f38753ab021b6c0badc89ba2966264190.jpg 
    img_74269f38753ab021b6c0badc89ba2966264190

    【ABBAが「アバター」で今秋復活、デジタル技術で再現。】の続きを読む

    images


    1: 湛然 ★ 2018/04/18(水) 22:10:24.47 ID:CAP_USER9
    2018/04/18 02:44
    レニー・クラヴィッツが4年ぶりの新アルバム『Raise Vibration』を9月発売

    レニー・クラヴィッツ(Lenny Kravitz)が4年ぶりの新アルバム『Raise Vibration』を9月発売。スタジオ・アルバムのリリースは2014年の『Strut』以来。通算11作目。今回もレニー・クラヴィッツがほとんどの楽器を自ら演奏。長年のコラボレーションであるギタリストのクレイグ・ロスが、ストリングやホーン奏者を除けば、唯一演奏に参加しています。

    レニクラ史上最もさまざまな要素を含んだという本作。タイトル・トラックはパワー・トリオ・ロックで、彼のピアノとストリング・セクションだけで公開されたバラード「Here to Love」、伝説の人物との出会いに触発されて書いた曲でレニクラが“サイケデリック・ファンク・コンクール・カントリー”と呼んでいる「Johnny Cash」などが収録される予定です。詳細は今後発表されます


    Lenny Kravitz details his upcoming new album 'Raise Vibration.' Mathieu Bitton
    https://img.wennermedia.com/article-leads-horizontal-800/lenny-kravitz-new-album-7deb931d-e4ce-483c-8979-4b3952caef75.jpg
    lenny-kravitz-new-album-7deb931d-e4ce-483c-8979-4b3952caef75

    [source] https://www.rollingstone.com/music/news/lenny-kravitz-talks-overcoming-dry-spell-for-new-album-raise-vibration-w519119

    http://amass.jp/103840/

    【レニー・クラヴィッツが4年ぶりの新アルバム『Raise Vibration』を9月発売。】の続きを読む

    ダウンロード (5)


    1: 湛然 ★ 2018/04/18(水) 22:24:10.10 ID:CAP_USER9
    2018.4.17 火曜日
    ザ・ダムド、41年のキャリアで初めてUKアルバム・チャートのトップ10に入る見込みであることが明らかに

    ザ・ダムドは、デビュー以来41年のキャリアの中で初めて全英アルバム・チャートでトップ10に入る見込みであることが明らかになっている。

    ザ・ダムドは4月13日にトニー・ヴィスコンティがプロデュースした新作『イービル・スピリッツ』をリリースしており、週半ばの時点で最新チャートの5位にランクインしている。

    シングルでは“Eloise”のカヴァーが全英3位を獲得しているものの、アルバム・チャートでの最上位を記録したのは惜しくもトップ10入りを逃した1985年リリースの『ファンタマスゴリア』の11位となっている。

    「まだ完全に決まったわけではないけどね」とフロントマンのデイヴ・ヴァニアンは笑いながら語っている。「ただ、ようやく到達できたっていうのは嬉しいよ。長い時間を要したわけだからね。トップ10入りしたシングルはあったけど、アルバムは1枚もなかったからね。“Eloise”が大ヒットを飛ばした時ですら、(イギリスのコメディ女優でシンガーの)スー・ポラードのテレビ用の曲に負けたからね(その時はザ・ダムドの“Eloise”が3位で、ドキュメンタリー番組のテーマソングであったスー・ポラードの“Starting Together”が2位)。今回の競争相手は、カイリー(・ミノーグ)やマニックスだ。もちろん、ファンにはとても感謝しているよ。彼らがいなかったら、このアルバムは作られなかったからね。ようやく世に出すことができて嬉しいよ」

    バンドは先日、アルバムからのニュー・シングルとなる、カムデンの伝説的なライヴハウスであるココで撮影された“Look Left”のミュージック・ビデオを公開している。
    (以下略、全文はソースをご覧ください。)


    Photo: Steve Gullick / Press
    https://nme-jp.com/nmesite/wp-content/uploads/2018/01/theDAMNED071017_Gullick_Y1A2889-720x457.jpg
    theDAMNED071017_Gullick_Y1A2889-720x457

    ※動画はソースにてご確認ください。
    https://nme-jp.com/news/53299/

    【ザ・ダムド、41年のキャリアで初めてUKアルバム・チャートのトップ10に入る見込みであることが明らかに。】の続きを読む

    images (2)


    1: 名無し募集中。。。 2018/04/17(火) 20:07:33.16 0
    https://youtu.be/qOoJP4hAvdg


    そして炎上へ

    【ブルーノマーズのライブを最前で自撮りしていたモデルの野崎萌香さん、ブルーノマーズにガチギレされる。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 湛然 ★ 2018/04/17(火) 22:55:10.67 ID:CAP_USER9
    2018/04/17 18:19
    ピンク・フロイドのニック・メイスンが初期のフロイド楽曲を演奏する新バンドを結成

    ピンク・フロイド(Pink Floyd)のニック・メイスン(Nick Mason)が、初期のフロイド楽曲を演奏する新バンド、Nick Mason's Saucerful Of Secretsを結成。5月に英ロンドンで4公演を行う予定です。

    他のメンバーは、スパンダー・バレエ(Spandau Ballet)のギタリストであるゲイリー・ケンプ(Gary Kemp)、元ザ・ブロックヘッズ(The Blockheads)のドラマーであるリー・ハリス(Lee Harris)、ピンク・フロイドのレギュラー・ライヴ/セッション・ベーシストであるガイ・プラット(Guy Pratt)、プロデューサー/サウンドトラックの作曲家ドン・ベケン(Dom Beken)。

    <ライヴ日程>

    Sunday, May 20 - Dingwalls, Camden
    Monday, May 21 - Half Moon, Putney
    Wednesday, May 23 - Half Moon, Putney
    Thursday, May 24 - Half Moon, Putney


    Pink Floydさんのツイート: "The secret is now revealed... Nick Mason's Saucerful Of Secrets will be playing early Pink Floyd
    https://pbs.twimg.com/media/Da-Jf_-X0AAh2jm.jpg
    Da-Jf_-X0AAh2jm

    https://twitter.com/pinkfloyd/status/986168178056286209/photo/1

    http://amass.jp/103828/

    【ピンク・フロイドのニック・メイスンが初期のフロイド楽曲を演奏する新バンドを結成。】の続きを読む

    images


    1: 湛然 ★ 2018/04/15(日) 19:50:05.14 ID:CAP_USER9
    2018.4.15 13:31
    ボン・ジョヴィ、ロックの殿堂でリッチー・サンボラとリユニオン

    ボン・ジョヴィが、土曜日(4月14日)米オハイオ州クリーブランドで開かれたロックの殿堂入りの式典で、2013年にバンドを離脱したリッチー・サンボラ(G)、1994年に脱退したアレック・ジョン・サッチ(B)とリユニオンしパフォーマンスした。

    ラジオDJ、ハワード・スターンの紹介により殿堂入りした彼らは、「You Give Love A Bad Name」「It's My Life」「When We Were Us」「Livin' On A Prayer」の4曲をプレイ。リッチーが、彼の離脱後発表されたアルバム『This House Is Not for Sale』(2016年)のリイッシュー盤に収録される「When We Were Us」をライブ・パフォーマンスするのは初めてで、ジョン・ボン・ジョヴィとマイクをシェアする一幕も見られたという。

    ボン・ジョヴィは、デヴィッド・ブライアン(Key)、ジョン・ボン・ジョヴィ(Vo)、ヒュー・マクドナルド(B)、リッチー・サンボラ(G)、アレックス・ジョン・サッチ(B)、ティコ・トーレス(Ds)が殿堂入りした。

    (以下略、全文はソースをご覧ください。)

    Ako Suzuki


    Rock & Roll Hall of Fame: Class of 2018. [bonjovi]
    https://scontent-nrt1-1.cdninstagram.com/vp/55f16cab19b14e5a0709d7845bd2055a/5B50D788/t51.2885-15/e35/30078269_624715801202862_8018831832873172992_n.jpg
    30078269_624715801202862_8018831832873172992_n

    https://img.barks.jp/image/review/1000153999/001.jpg
    001

    https://www.barks.jp/news/?id=1000153999

    【ボン・ジョヴィ、ロックの殿堂でリッチー・サンボラとリユニオン。】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: 湛然 ★ 2018/04/15(日) 06:01:03.31 ID:CAP_USER9
    2018/04/15 05:45
    ジョー・リン・ターナーが心臓発作を起こして入院 「現在は安定している」

    レインボー(Rainbow)やディープ・パープル(Deep Purple)等での活躍でも知られるジョー・リン・ターナー(Joe Lynn Turner)が、東ヨーロッパの国ベラルーシの首都ミンスクで心臓発作を起こして入院しています。地元メディアは、ベラルーシ保健省の報道担当官の話として「現在は安定している」と伝えています。友人のグラハム・ボネット(Graham Bonnet)もジョーが「心臓の問題」で入院したことを自身のFacebookページに投稿しています


    Graham Bonnet - My friend Joe was hospitalized in Minsk... | Facebook
    https://www.facebook.com/graham.bonnet.5/posts/2073396256270652

    http://amass.jp/103743/

    【ジョー・リン・ターナーが心臓発作を起こして入院。「現在は安定している。」】の続きを読む

    images


    1: 湛然 ★ 2018/04/13(金) 21:58:35.27 ID:CAP_USER9
    2018.4.12 木曜日
    リッチー・ブラックモア、一度限りでディープ・パープルでライヴをやりたいと語る

    レインボーのリッチー・ブラックモアは一度限りでディープ・パープルとしてのライヴをやりたいと語っている。

    1997年以降、ブラックモアズ・ナイトに専念していたリッチー・ブラックモアだが、2016年に19年ぶりにリッチー・ブラックモアズ・レインボー名義でハード・ロックに復帰を果たしており、2017年にもイギリスで3公演を行っている。

    これまでも自らのディープ・パープルに対する思いを語ってきたリッチー・ブラックモアだが、4月4日に日本先行発売されたレインボーのライヴ・アルバム『メモリーズ・イン・ロックII~ライヴ・イン・イングランド2017』のDVDインタヴューで、ディープ・パープルについて次のように語っている。

    「ディープ・パープルの残っているメンバーと、僕らは憎み合ってないということを示すために一度、そうおそらく一度限りのライヴをやりたいんだ」と彼は語っている。「それで、『ほら、みんな、第2期のラインナップを好きだったファンにためのライヴだよ』っていうね。それが最初の僕の考えだったんだ。でも、ディープ・パープルのマネージャーと話している内に複雑になってきてね。彼らはお金を求めてきたんだよね。それで、旧友が集まってみるものじゃなくなって、『演奏して、いい時間をすごう。聴きたいファンはたくさんいるぞ』ってことになったんだ」

    「マネージメントやエージェント、プロモーターが関わると、複雑になってしまって、『これはあまりに面倒じゃないか』ってみんなが電話してくることになったんだけどさ。でも、昔の連中と1回ライヴをやるのは問題ないよ。そして、それで終わるっていうね。ファンのためなんだ。やらなきゃいけないわけじゃない。みんなに僕らがなお友人であるっていうことを示すためにやるのは問題ないよ。僕らは歳もとって、ジョン(・ロード)も亡くなって、誰が次に亡くなるか分からないんだからね」

    「友好的な集まりだったらね。でも、知ってるかもしれないけど、ビジネスとなると友情がなくなってしまうんだ。全部、お金やビジネスになってね。残念ながら、僕らはお金を稼ごうとする人と付き合わなきゃいけないわけで、それがいつも問題なんだ」

    ライヴ・アルバム『メモリーズ・イン・ロックII~ライヴ・イン・イングランド2017』は2017年6月にイギリスで行なわれた3公演を収録しており、日本限定のボーナスCDは“Land Of Hope and Glory”、“I Surrender”、“Waiting For A Sign”の3曲入りで、いずれも初CD化になる。

    リリースの詳細は以下の通り。

    2018年4月4日 日本先行発売
    リッチー・ブラックモアズ・レインボー
    『メモリーズ・イン・ロックII~ライヴ・イン・イングランド2017』
    (以下略、全文はソースをご覧ください。)


    Photo: PRESS
    https://nme-jp.com/nmesite/wp-content/uploads/2016/12/RichieBlackmoresRainbow-720x495.jpg
    RichieBlackmoresRainbow-720x495

    https://nme-jp.com/news/53053/

    【リッチー・ブラックモア「一度限りでいいから、ディープ・パープルでライヴをやりたい。」】の続きを読む

    images


    1: Egg ★ 2018/04/12(木) 20:08:29.56 ID:CAP_USER9
    マライア・キャリー(48)が長年にわたり、双極性2型障害を患ってきたことを米ピープル誌のインタビューで初めて明かした。双極性2型障害とは、躁うつ病と抑うつを繰り返す心の病気である。

     2001年に身体的疲労および神経衰弱で緊急入院し、注目を集めたマライアだが、インタビューで当時を振り返り、「信じたくなかった。最近まで否定し続けていたし、誰かに暴かれるかもしれないという恐れが常にあり、孤独だった。心理的負担があまりに重く、これ以上、隠し続けるのは無理だった」と告白した。

     当初は重度の不眠症だと思い込んでいたというが、「働きづくめで、眠れない日々が続いていた。寂しくて、悲しくて、自分のキャリアのために必要なことをしていないという罪悪感さえあった」と語った。

     2016年、オーストラリア人富豪実業家との婚約が破綻。その後、大晦日のイベント演奏も大失敗に終わり、長年のマネージャーとも決別した。人生で最も困難だったという数年を乗り越えた今、ついに精神科のカウンセリングを受けるに至ったという。

     現在は薬を服用し、病気にうまく対応できるようになったというマライアは、「適度なバランスを見つけることが、一番大事。今は本当によい状況です。病気で自分を定義づけられる必要はないし、病気にコントロールされることも拒否します」と語っている。(ニューヨーク=鹿目直子)

    4/12(木) 6:55配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180412-00176927-nksports-ent

    【マライア・キャリー、「恐れ、孤独、悲しみ」双極性障害を初告白。「適度なバランスを見つけることが、一番大事。」】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 湛然 ★ 2018/04/10(火) 22:30:57.69 ID:CAP_USER9
    2018.4.10 13:18
    オジー・オズボーン、30年かけ60歳で免許を取得も、早々に車の運転をやめる

    オジー・オズボーンの息子ジャックによると、オジーは接触事故を起こしたのを機に車の運転を止めたそうだ。

    ジャックは英国の新聞『Sunday Mirror』紙にこう明かした。「父はフリーウェイで軽く誰かとバンパーの接触があったんだ。“もう運転したくない”って言ってた。そのときすでに、どんどん運転しなくなってた。彼はそういう責任は負いたくないんだと思う。想像してみてよ。オジーが誰かに衝突したなんてことになったら、多額の訴訟が起きる。分別のない人はいるからね。そういう責任は負いたくない、もういいってことなんだと思うよ」

    オジーは2009年、初めての挑戦から30年、19回の試験を経て、60歳にしてようやく運転免許証を取得。彼は以前、試験に関し「たくさん受けたよ。ボーっとしてたからな。一度、試験の最中、居眠りしたこともある。起きたときには、“不合格”って書かれたメモがシートに置いてあった」「試験に行くと、(教官から)“やめてくれ、オズボーンさん! 他の日にしてくれ。君とは一緒に車に乗りたくない”と言われていたもんだ」と、話していた。

    (以下略、全文はソースをご覧ください。)

    Ako Suzuki


    https://img.barks.jp/image/review/1000153826/001.jpg
    001

    https://www.barks.jp/news/?id=1000153826

    【オジー・オズボーン、30年かけ60歳で免許を取得も、早々に車の運転をやめる。】の続きを読む

    このページのトップヘ