メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    音楽関係を中心にしたエンタメ関連のまとめブログ

    カテゴリ: 海外アーティスト(アルファベット順)※編集途中

    ダウンロード


    1: 湛然 ★ 2018/10/22(月) 22:23:37.18 ID:CAP_USER9
    2018/10/22 11:10
    イエスの来日公演が2019年2月に決定 結成50周年記念特別公演

    イエス(Yes)の来日公演が2019年2月に決定。結成50周年記念特別公演。19日(火)に名古屋・Zepp Nagoya、20日(水)に大阪・あましんアルカイックホール、22日(金)23日(土)24日(日) に東京ドームシティホールにて行われます。東京公演はコンセプト、セットリストが異なるスペシャル3DAYS。大阪・名古屋公演はベスト・セレクション公演です。

    <CELEBRATING 50 YEARS OF YES>

    【来日メンバー(予定)】
    スティーヴ・ハウ(G)、アラン・ホワイト(Dr)、ジェフ・ダウンズ(Key)、ジョン・デイヴィソン(Vo)、ビリー・シャーウッド(B)
    スペシャル・ゲスト:トニー・ケイ(Key)

    ●2019年2月19日(火) 名古屋・Zepp Nagoya
    18:30 open/19:00 start
    ※名古屋公演はベスト・セレクション

    (中略)

    ●2019年2月20日(水) 大阪・あましんアルカイックホール
    18:15 open/19:00 start
    ※大阪公演はベスト・セレクション

    (中略)

    ●2019年2月22日(金) 東京・東京ドームシティホール
    18:15 open/19:00 start
    ●2019年2月23日(土) 東京・東京ドームシティホール
    16:15 open/17:00 start
    ●2019年2月24日(日) 東京・東京ドームシティホール
    16:15 open/17:00 start

    <DAY1> 2月22日(金) アンコールに応えて傑作『危機』完全再現
    <DAY2> 2月23日(土) ベスト・セレクション
    <DAY3> 2月24日(日) 名作『サード・アルバム』全曲再現

    (中略)

    詳細は以下のURLのページでご覧になれます。
    https://udo.jp/concert/Yes


    http://amass.jp/112310/

    【『イエス』、結成50周年記念特別来日公演が2019年2月に決定。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 風吹けば名無し 2018/10/23(火) 07:12:01.22 ID:1coMpNOCM
    米プロバスケットボールNBAで乱闘騒ぎが起き、興奮したファンがスタッフから退場を命じられ、会場を後にしています。
    そのファンがレッド・ホット・チリ・ペッパーズ(Red Hot Chili Peppers)のアンソニー・キーディス(Anthony Kiedis)だったと話題に。
    アンソニーはバンドメイトのフリーらと共に試合を観戦していたようです。
    アンソニー退場の様子を撮影した映像あり。

    映像では、
    興奮するアンソニーをフリーが静かに見ている様子も映されています。

    この試合は10月20日(現地時間)にロサンゼルスのステイプルズセンターで行われたロサンゼルス・レイカーズ対ヒューストン・ロケッツ戦。
    この乱闘でレイカーズのブランドン・イングラムとレイジョン・ロンド、そしてロケッツのクリス・ポールの3人が退場となり、その後、出場停止処分が言い渡されています
    http://amass.jp/112337/

    https://www.youtube.com/watch?v=uukSbxZIycI


    【NBAで乱闘騒ぎ。興奮したファンが退場を命じられる。→レッチリだった。】の続きを読む

    ダウンロード (5)


    1: 名無し募集中。。。 2018/10/14(日) 10:47:26.92 0
    アメリカでまたしてもロック、メタルが不人気であることが明らかに

    コリィ・テイラー、AMAsの結果に「メタルはダーティ・マネーだと見なされている」
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181012-00000680-bark-musi
    >今週開かれた<American Music Awards>でのポップ/ロック部門:最優秀デュオ/グループについて、スリップノット/ストーン・サワーの
    フロントマン、コリィ・テイラーがコメントした。

    >同部門には、ミーゴス、イマジン・ドラゴンズ、マルーン5が候補に挙がり、ミーゴスが受賞した
    >ロック・ジャーナリストEddie Trunkの「全てのメジャーなアワードで、ロック・ミュージックが不当で無礼な扱いを受けていることにウンザリ。
    不快、むかつく、侮辱だ。昨晩の@AMAsで新たな軽視。
    #AMAs = アメリカン・ポップ&ヒップホップ・アワーズ。冗談だろ…」とのつぶやきをリツィートしたコリィは、
    その後、Twitterユーザーからの「なぜロックとメタルは無視されるのだろう? 
    なぜもっとテレビ/ラジオでプレイされないんだろう? 

    >46回開催される中、いわゆるヘヴィ・メタル・バンドの受賞はない。

    テイラーは以前、メタル部門を最優秀メタル・パフォーマンスの1つにしたグラミー賞に対しても「メタルをリスペクトしていない」と苦言を呈していた。

    【『SLIPKNOT』コリィ・テイラー「アメリカの全てのメジャーな音楽賞で、ロック・メタルが不当で無礼な扱いを受けている。」】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 湛然 ★ 2018/10/16(火) 22:47:03.22 ID:CAP_USER9
    2018/10/16 21:54
    ストレイ・キャッツ、25年ぶりのスタジオ・アルバムを2019年にリリース

    ストレイ・キャッツ(Stray Cats)は2019年に40周年を迎えることを記念して、25年ぶりのスタジオ・アルバムをリリースすると発表。またツアーも行うことも発表しています。

    ブライアン・セッツァー(Brian Setzer)、リー・ロッカー(Lee Rocker)、スリム・ジム・ファントム(Slim Jim Phantom)の3人はナッシュビルのスタジオで、
    プロデューサーにピーター・コリンズ(Rush, Bon Jovi, The Brian Setzer Orchestra)を、エンジニアにヴァンス・パウエル(Jack White, Chris Stapleton, Arctic Monkeys)を迎えてアルバムを制作します。
    リリース元はSurfdog Records。アルバムの詳細や発売日は後日発表されます。スタジオ・アルバムのリリースは1993年の『Original Cool』以来。

    またツアーの日程も今後発表されます。


    [source] http://straycats.com/stray-cats-to-mark-their-40th-anniversary-in-2019-with-a-new-album-tour/
    http://straycats.com/wp-content/uploads/2018/10/Stray-Cats-_-Suzie-Kaplan-1-732x488.jpg
    Stray-Cats-_-Suzie-Kaplan-1-732x488

    http://amass.jp/112025/

    【ストレイ・キャッツ、復活。25年ぶりのスタジオ・アルバムを2019年にリリース。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: アルテミス@ ★ 2018/10/15(月) 12:05:15.02 ID:CAP_USER9
    歌手のアリアナ・グランデ(25)が、コメディアンのピート・デヴィッドソン(24)と破局し、婚約を破棄したとPEOPLE.comなど複数媒体が報じた。

     アリアナとピートは今年6月、交際数週間で電撃婚約。
    約10万ドル(約1,100万円・1ドル110円計算)だという巨大なダイヤモンドの婚約指輪も話題になったが、わずか4か月での婚約破棄となった。

     アリアナの関係者は「全て急ぎ過ぎたんです。今回のことでは誰もショックを受けていません」とPEOPLE.comに証言。TMZ.comによると、アリアナとピートが別れたのは先週末で、互いに関係を進めるのにふさわしいタイミングではなかったと考えているという。
    二人の広報は何もコメントしておらず、ピートのInstagramは削除されている。

     現地時間9月7日には、アリアナが2年交際した元恋人でラッパーのマック・ミラーが26歳で死去するという悲報も。アリアナは打ちひしがれており、その10日後に開催された第70回エミー賞授賞式への出席も取りやめていた。(編集部・市川遥)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181015-00000020-flix-ent

    【アリアナ・グランデ、わずか4か月でスピード婚約破棄。 】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 湛然 ★ 2018/10/11(木) 22:40:32.07 ID:CAP_USER9
    2018.10.11 木曜日
    リンジー・バッキンガム、フリートウッド・マックを追い出された顛末について語る

    元フリートウッド・マックのリンジー・バッキンガムはなぜフリートウッド・マックを解雇されたのかについて初めて説明している。

    リンジー・バッキンガムはニューヨークでミュージケアーズのためのチャリティ・コンサートを行った、その数日後に解雇されている。スティーヴィー・ニックスはバンドを脱退した理由として、リンジー・バッキンガムが自身のソロ作に集中するための時間をあまりに主張しすぎたと述べていた。

    米『ローリング・ストーン』誌のインタヴューでリンジー・バッキンガムは自身に起きたことを振り返っている。
    彼によればミュージケアーズのためのコンサートの2日後にバンドのマネージャーであるアーヴィング・エイゾフから電話をもらって、スティーヴィー・ニックスからのメッセージを伝えられたという。「スティーヴィーはもう君と一緒のステージに立ちたくないと言うんだ」

    「僕らは2日間のリハーサルをやって、すべてがうまくいっていたんだ」とリンジー・バッキンガムは電話がかかってくる前の数日の様子について語っている。「僕らは非常に仲良くやってたんだよ」

    しかし、アーヴィング・エイゾフとの会話のなかでニューヨークの公演で「スティーヴィー・ニックスが問題にしている」事柄のリストを言われたとのことで、
    そこには彼女が感謝の言葉を述べている時に薄ら笑いを浮かべていたことや、バンドの入場時の音楽としてスティーヴィー・ニックスの“Rhiannon”が使われたことに怒ったことなどが挙げられていたという。

    「あれは“Rhiannon”だったから怒ったわけじゃないんだ」と彼は語っている。
    「入ってくる時のインパクトが単に弱まってしまうということなんだ。何かをやるにあたって、正しいか間違っているかということについて、すごく細かくなってしまうのが僕なんだよ」

    リンジー・バッキンガムは「薄ら笑いを浮かべていたかもしれない」としつつも、他のメンバーもスティーヴィー・ニックスが喋っている間、ふざけていたと語っている。
    「クリスティン・マクヴィーとミック・フリートウッドを見たら、スティーヴィー・ニックスの後ろでワルツを冗談でやってたけどね」

    リンジー・バッキンガムは最初、スティーヴィー・ニックスがバンドを抜けると思ったそうで、ミック・フリートウッドに彼女なしでもバンドはできると伝えたものの、返事はなかったという。
    数日後、彼がアーヴィング・エイゾフに電話をして、「これは笑えるね。スティーヴィーがバンドを抜けるか、僕が追い出されるってことかい」と言うと、アーヴィング・エイゾフはスティーヴィー・ニックスがバンドに「最後通牒」を突きつけ、どちらかを選べと言ったので、追放されるのは君のほうだと伝えてきたという。

    ソロ活動をやる期間を求めたのかと訊かれると、リンジー・バッキンガムはソロ・ツアーを行うための「3?4ヶ月の期間」を求めたものの、「強硬な拒否」に遭って、ミーティングを離れたとしている。

    「解雇される原因がなにかあったとは思えないんだよね」と彼は語っている。
    「僕ら全員、建設的とは言えないようなことをやってきたからね。お互いの性格にイライラしてきたんだ。それがこのバンドの歴史なんだよ」

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    Photo: GETTY
    https://nme-jp.com/nmesite/wp-content/uploads/2018/10/GettyImages-1044749976-720x458.jpg
    GettyImages-1044749976-720x458

    https://nme-jp.com/news/62330/

    【リンジー・バッキンガム、『フリートウッド・マック』を追い出された顛末を語る。「スティーヴィーがもう一緒のステージに立ちたくないと。」】の続きを読む

    ダウンロード (2)


    1: 湛然 ★ 2018/10/12(金) 22:44:17.06 ID:CAP_USER9
    2018.10.12 金曜日
    アイアン・メイデン、全スタジオ・アルバム16作品が最新リマスターで再発されることが決定

    アイアン・メイデンは全スタジオ・アルバム16作品が最新リマスター音源を使用した「ザ・スタジオ・コレクション ─ リマスタード」シリーズとしてリリースされることが決定している。

    2014年と2017年にアナログ盤シリーズを発表し、2015年にはハイレゾ音源のデジタル配信を行ってきたアイアン・メイデンだが、
    英国オリジナル発売時の収録曲に準じた今回のCDリイシュー・シリーズは2015年のハイレゾ・デジタル配信時のリマスター音源を使用し、年代順に4回に分けて全16枚のスタジオ・アルバムがリリースされるという。

    (中略)

    アイアン・メイデンの結成メンバーの1人であり、バンドのベーシストでもあるスティーヴ・ハリスはこうコメントしている。
    「俺たちは長い間、今まで発表してきたアルバムを生まれ変わらせたいと考えてきたんだが、2015年にデジタルでリリースしたリマスター音源の仕上がりに大きな喜びを感じたんだ。
    俺たちのアルバムが、最高のサウンドとなって生まれ変わっていたからね。だから、CDでもこの最高のサウンドを発表することは当然の流れなんだ」

    国内盤発売に関しては、後日詳細が発表される予定となっている。

    海外でのリリース予定は以下の通り。

    ザ・スタジオ・コレクション ─ リマスタード 第1弾ラインナップ
    海外発売: 2018年11月16日
    『IRON MAIDEN / 鋼鉄の処女』(1980年作品)
    『KILLERS / キラーズ』(1981年作品)
    『THE NUMBER OF THE BEAST / 魔力の刻印』(1982年作品)
    『PEACE OF MIND / 頭脳改革』(1983年作品)
    ※『THE NUMBER OF THE BEAST』はフィギュア&パッチ付コレクターズ・エディションも同時発売

    ザ・スタジオ・コレクション ─ リマスタード 第2弾ラインナップ
    海外発売: 2019年2月発売予定
    『POWERSLAVE / パワースレイヴ』(1984年作品)
    『SOMEWHERE IN TIME / サムホエア・イン・タイム』(1986年作品)
    『SEVENTH SON OF A SEVENTH SON / 第七の予言』(1988年作品)
    『NO PRAYER FOR THE DYING / ノー・プレイヤー・フォー・ザ・ダイイング』(1990年作品)
    ※『SOMEWHERE IN TIME』はフィギュア&パッチ付コレクターズ・エディションも同時発売

    ザ・スタジオ・コレクション ─ リマスタード 第3弾ラインナップ
    海外発売: 2019年4月発売予定
    『FEAR OF THE DARK / フィア・オブ・ザ・ダーク』(1992年作品)
    『THE X FACTOR / Xファクター』(1995年作品)
    『VIRTUAL XI / ヴァーチャル・イレヴン』(1998年作品)
    『BRAVE NEW WORLD / ブレイヴ・ニュー・ワールド』(2000年作品)
    ※『FEAR OF THE DARK』はフィギュア&パッチ付コレクターズ・エディションも同時発売

    ザ・スタジオ・コレクション ─ リマスタード 第四弾ラインナップ》
    海外発売: 2019年6月発売予定
    『DANCE OF DEATH / 死の舞踏』(2003年作品)
    『A MATTER OF LIFE AND DEATH / ア・マター・オブ・ライフ・アンド・デス~戦記』(2006年作品)
    『THE FINAL FRONTIER / ファイナル・フロンティア』(2010年作品)
    『THE BOOK OF SOULS / 魂の書~ザ・ブック・オブ・ソウルズ~』(2015年作品)
    ※『THE BOOK OF SOULS』はオリジナル・マスターを使用


    Photo: PRESS
    https://nme-jp.com/nmesite/wp-content/uploads/2015/08/IronMaiden-720x512.jpg
    IronMaiden-720x512

    https://nme-jp.com/news/62431/

    【アイアン・メイデン、全スタジオ・アルバム16作品が最新リマスターで再発されることが決定。】の続きを読む

    ダウンロード (4)


    1: X_ファイル ★ 2018/10/13(土) 23:43:34.08 ID:CAP_USER9
    ガンズ・アンド・ローゼズのアクセル・ローズ(Vo)が、ホワイトハウスでのカニエ・ウェストのスピーチに対し発したと思われる言葉をツイートした。

    ◆アクセル・ローズ画像

    カニエ・ウェストは木曜日(10月11日)、ホワイトハウスを訪れ、ドナルド・トランプ大統領や報道陣を前に、彼の故郷シカゴが抱える問題や学校、刑務所、北朝鮮に関することまで10分以上に渡る独白劇を繰り広げた。

    アクセルは、このニュースが流れると「なんてたわ言だ。シカゴだろうがどこだろうが、あんなかまってちゃんのナンセンスで何も解決するわけがない」とつぶやいたのに続き、「ああそれと、こんなことにカショギ殺害からの目をそらさせるな」と、トルコで行方不明になったサウジアラビアのジャーナリスト、ジャマル・カショギ氏について触れた。

    アクセルは現政権に批判的で、これまで何度もTwitterでトランプ大統領を非難している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181013-00000719-bark-musi

    【ガンズ・アンド・ローゼスのアクセル・ローズ、カニエ・ウェストを批判。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 湛然 ★ 2018/10/10(水) 05:03:47.99 ID:CAP_USER9
    2018.10.9 火曜日
    ガンズ・アンド・ローゼズのスラッシュ、アクセルがAC/DCに参加したことへの思いを語る

    ガンズ・アンド・ローゼズのスラッシュはアクセル・ローズがAC/DCのフロントマンを務めると聞いた時の最初に考えたことを明かしている。

    アクセル・ローズは、AC/DCのブライアン・ジョンソンが聴覚を失う危険性があると医師から警告されて、ライヴを止めるよう迫られたのを受けて、2016年にAC/DCのツアーに参加している。

    アクセル・ローズのAC/DCへの参加についてスラッシュは『ロサンゼルス・タイムズ』紙に次のように語っている。「アクセルがAC/DCをやったことについては、俺も観に行ったけど、素晴らしかったね。あれだけ伝説的なバンドだっただけに、俺もみんなと同じくらい懐疑的だったんだけどね」

    しかし、そうした最初の懸念もアクセル・ローズがAC/DCとやったのを観て、晴れることになったという。「彼は見事にやってのけていて、素晴らしかったよ」

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    Photo: GETTY
    https://nme-jp.com/nmesite/wp-content/uploads/2018/10/GunsGettyImages-836621522-720x458.jpg
    GunsGettyImages-836621522-720x458

    https://nme-jp.com/news/62156/

    【ガンズ・アンド・ローゼズのスラッシュ、アクセルがAC/DCに参加したことへの思いを語る。】の続きを読む

    images (1)


    1: muffin ★ 2018/09/11(火) 13:36:58.15 ID:CAP_USER9
    https://nme-jp.com/news/60962/
    2018.9.10

    ポール・ウェラーは、ロックンロールの現状と今後について語り、今後新たなオアシスのようなバンドが出現することはないだろうという考えを明かしている。

    ポール・ウェラーは、『Q』誌の別冊『Qレジェンド』のインタヴューで公営住宅のキッズがバンドを始める時代は終わったという意見について語っている。

    「僕はずっとバンドに入ることにロマンチックなイメージを抱いてきたんだ」と彼は語っている。「今でもある意味ではそうなんだけどさ。でも、ノエルがこんなことを言っていて、それは正しいと思うんだけど、公営住宅のキッズたちがバンドを組んで世界を変えてやりたいと思う、というような時代は終わったんだよ。本当にね」

    「そういうものを見いだせるのは、もはやポップとかよりもグライムのシーンのほうのわけでね。もう公営住宅の4人の若者なんて、まったく見かけないわけでさ。そうした時代が戻ってくるとは思わないね。ザ・ジャムやオアシスみたいなことにはならないよ。すっかり変わっちゃったんだと思うね」

    「この間、仲間とこの件について話していたんだけどさ。ジャズにも同じことが言えて、一時期は最も人気のあった音楽だったわけだけど……今もあるけど、もうポピュラー・ミュージックとは呼ばないだろ。多分、ロックンロールも同じことなんじゃないかな」

    ポール・ウェラーは先日、来たるニュー・アルバムより新曲“The Soul Searchers”のリリック・ビデオが公開されている。

    新作『トゥルー・ミーニングス』はソロでは14作目となるアルバムで、9月14日にパーロフォンからリリースされる。
    “The Soul Searchers”のリリック・ビデオはこちらから。

    Paul Weller - The Soul Searchers (Lyric Video)
    https://youtu.be/Bfg-VWlopq8



    https://nme-jp.com/nmesite/wp-content/uploads/2018/07/2018_04_18_Paul_Weller_S4_0054_SMALLER-720x457.jpg 
    2018_04_18_Paul_Weller_S4_0054_SMALLER-720x457

    【ポール・ウェラー「今後オアシスのようなバンドが出現することはない。」】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 湛然 ★ 2018/10/09(火) 22:54:38.72 ID:CAP_USER9
    2018.10.9 13:192 BARKS
    オジー・オズボーン、手術が必要となった手の感染症、小さな傷が原因

    オジー・オズボーンは週末、感染症により手術を受けなくてはならず、週末(10月6日)予定していた公演を延期したが、これは指にできた小さな傷がもとだったという。

    奥さんのシャロンは、彼女が司会を務めるアメリカのTV番組『The Talk』で、こう説明した。「親指に小さな切り傷ができたの。爪の横を引っ張りぬくとできることあるでしょ。彼はそれを放っておいたのよ。それで、ドアにそこをぶつけたの。そしたら、どんどん大きくなっちゃって、その後、中指にも同じことが起きたのよ…。だから、土曜日の朝、緊急治療室に連れて行ったわけ。爪の横にできた小さなものが、指2本に別の感染症を引き起こすことになったのよ」

    「本当に何でもないって思うことだったのに、彼、まだ病院にいるわ。信じられない。抗生剤の点滴しながら、じっとしてて…アイスクリーム食べてるわ!」

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

    Ako Suzuki


    https://img.barks.jp/image/review/1000160550/001.jpg
    001

    https://www.barks.jp/news/?id=1000160550

    【オジー・オズボーン、手術が必要となった手の感染症。小さな傷が原因。】の続きを読む

    images


    1: 湛然 ★ 2018/10/10(水) 07:14:40.09 ID:CAP_USER9
    2018/10/09 13:40 Billboard Japan
    ケイティ・ペリー、しばらく音楽から離れることを明かす

     最新作を引っさげた【ウィットネス:ザ・ツアー】を終えたばかりのケイティ・ペリーが、靴雑誌Footwear Newsの2018年10月8日号の巻頭インタビューで、しばらく音楽から離れることを明かした。

     ケイティは、「10年ぐらいツアー生活を続けているから、ゆっくりしようと思うの。すぐには新しいアルバムの制作に取り掛からない」と話し、「私はたくさんのことをやってきた。
    ポップスターとして十分なインパクトを残すことができて、とても感謝している」とその胸の内を語った。

     9歳の頃からポップスターになりたかった彼女は、それ以降ずっと自身の才能に磨きをかけることに時間を費やしてきたと話し、
    「音楽を作るのは大好きで、曲を書くのも大好き。けれど、今は勝負に参加している気はしない。ただのアーティストだと感じている。何かを証明しなければならないと思わなくなって、解放感がある」と自身の心境の変化について明らかにしている。


    ◎Footwear Newsによる投稿
    https://www.instagram.com/p/BorIIEpFvR6
    https://www.instagram.com/p/BorOy4uA0hA

    http://www.billboard-japan.com/scale/news/00000068/68535/650x_image.jpg
    650x_image

    http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/68535/2

    【ケイティ・ペリー「しばらく音楽から離れる。」】の続きを読む

    このページのトップヘ