メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    音楽関係を中心にしたエンタメ関連のまとめブログ

    カテゴリ:国内外プレイヤー > ドラマー

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    images (1)


    1: 湛然 ★ 2021/01/25(月) 05:22:18.32 ID:CAP_USER9
    「最も過小評価されているドラマー TOP25」 Ultimate-Guitar.Com読者投票結果
    2021/01/24 23:18掲載 amass
    http://amass.jp/143689/


    海外サイトUltimate-Guitar.Comは、同サイトの読者が選ぶ「最も過小評価されているドラマー TOP25」を発表。投票と約400件のコメントに基づいてランキングを作成

    25. Jose Pasillas

    24. Clive Burr

    23. Gar Samuelson

    22. Chad Smith

    21. Tommy Aldridge

    20. Alex Van Halen

    19. Ingo Schwichtenberg

    18. Jimmy Chamberlin

    17. Dale Crover

    16. Martin Lopez

    15. Phil Taylor

    14. Sean Reinert

    13. Ringo Starr

    12. Ian Paice

    11. Tre Cool

    10. Charlie Benante

    9. John Otto

    8. Scott Travis

    7. Abe Cunningham

    6. Jonathan Moffett, aka "Sugarfoot"

    5. Josh Freese

    4. Mike Bordin

    3. Sean Kinney

    2. Tim Alexander

    1. Nyango Star
    https://youtu.be/dJSOo9xd3Y4



    Ultimate-Guitarコメント:
    今は2021年だが、あのリンゴと猫のマスコット、Nyango Starの正体はまだわかっていない。漫画のような外見は、頻繁にかなりヘヴィな領域にも入る素晴らしいドラムのスキルとの強い対比を生み出す。それは奇妙でありながらも素晴らしい。この衣装で完璧な演奏を想像してみてください。

    詳細は以下のURLのページでご覧になれます。
    https://www.ultimate-guitar.com/articles/features/friday_top_25_most_underrated_drummers-115553

    【「最も過小評価されているドラマー TOP25」海外サイトの読者投票結果1位に”にゃんごすたー”。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (7)


    1: 湛然 ★ 2021/02/01(月) 13:06:47.78 ID:CAP_USER9
    モトリー・クルーのトミー・リー、盆栽を始める
    2021/02/01 12:06掲載 amass
    http://amass.jp/143906/

    tommylee
    https://www.instagram.com/p/CKuaIP5lDqq/
    09587ca5181fb63047bfb9b27e93961e


    モトリー・クルー(Mötley Crüe)のトミー・リー(Tommy Lee)、盆栽を始める。自身のInstagramページにて「新しい趣味」として、彼自身の作品と思われる盆栽を紹介しています。「また、この新しい趣味で日本人になったような気がする」というコメントを添えています。

    トミー・リーは以前に顔に“眞実”(「眞」は「真」の旧字体、真実)、首元に“令和”のタトゥーを入れています。

    (おわり)

    【『モトリー・クルー』のトミー・リー、盆栽を始める。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (1)


    1: 湛然 ★ 2021/01/25(月) 05:00:19.48 ID:CAP_USER9
    シーラ・E、プリンスとの長年の関係を描いた伝記映画『Girl Meets Boy』を制作中
    2021/01/24 19:31掲載 amass
    http://amass.jp/143685/


    プリンス(Prince)との交流でも知られるパーカッション奏者/ドラマー/シンガー、シーラ・E(Sheila E)によると、プリンスとの長年の関係を描いた伝記映画『Girl Meets Boy』が制作されています。

    シーラ・Eは自身のFacebookページで「近日公開...シーラ・Eは、プリンスと過ごした美しい日々を描いた映画『Girl Meets Boy』をリリースします。お楽しみに」と報告しています。

    発表はこの投稿のみで、詳細は明らかにされていません。シーラ・Eは以前の著書『The Beat of My Own Drum: A Memoir』の中で、プリンスについて語っています。

    (おわり)

    【シーラ・E、プリンスとの長年の関係を描いた伝記映画「Girl Meets Boy」を制作中。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード


    1: muffin ★ 2021/01/17(日) 00:59:27.06 ID:CAP_USER9
    https://deview.co.jp/News?am_article_id=2181970

    北海道石狩市在住の天才少女ドラマー「よよか」が、世界的なドラム関連サイト「ドラマーワールド」にて「世界TOP500ドラマー」に史上最年少11歳で選出された。

    ジョン・ボーナム(Led Zepellin)、デイヴ・グロール(Nirvana) 、イアン・ペイス(Deep Purple)、ジェフ・ポーカロ(TOTO)ら世界のドラムレジェンドに名を連ねるという栄誉に加え、日本人としては3人目となる快挙。「私たちは通常、神童を選出することはないが、よよかは特別」と運営者から称賛を受けた。

    先日よよかのYoutubeチャンネルに投稿されたディープ・パープルの名曲「Burn」のカバー動画に対し、イアン・ペイス本人から「凄い!ニクいね!これだって感じだね」「この曲は凄くパワーが必要なんだ。彼女は既に恐ろしいレベルのプレーヤーだ!」「いつか彼女に会って直接賛辞を送りたいね」と大絶賛のコメントも寄せられた。

    後日にはイアン・ペイス本人から「一緒に作品を作りましょう!」というメッセージとともにコラボレーションのオファーもあり、更なる世界的な活躍が期待されている。

    ■よよか プロフィール
    2009年10月生まれ。2歳からドラムを始め、4歳からライブ活動を開始。5歳で家族バンド『かねあいよよか』を結成。幼稚園在籍中の6歳で1stCDを発表。作詞作曲、ボーカル、ピアノなども担当。2018年6月、世界的な女性ドラマーのコンテスト『Hit Like A Girl 2018』の18歳以下の部にて、史上最年少の8歳でウイークリーチャンピオンとなる快挙を達成。ロバート・プラント、チャド・スミスなど海外のビックアーティストや海外メディアが絶賛したLed Zeppelinのカバー動画が世界中で話題となる。シンディー・ローパー、Fall Out Boy、Char、奥田民生、三浦大知など国内外のアーティストとも共演し、アメリカの有名番組にも2度出演を果たす。2019年「News Week 日本版」の『世界が尊敬する日本人100』にも史上最年少で選出。Moncler、Nike、UNIQLOなどのCMにも出演。登録者16万人を超えるYouTubeチャンネルでは様々なドラムカバーを投稿している。

    https://prtimes.jp/i/25517/198/resize/d25517-198-172537-0.jpg
    d25517-198-172537-0

    ■ドラマーワールド公式サイト
    https://www.drummerworld.com/drummers/Yoyoka_Soma.html
    ■イアン・ペイス(Deep Purple) リアクションコメント
    https://youtu.be/0RyJKiollcA

    ■よよか「Burn/Deep Purple」ドラムカバー動画
    https://youtu.be/uhzX9QbH3js

    【『ディープ・パープル』のイアン・ペイスも絶賛。11歳の少女ドラマー・よよか、”世界TOP500ドラマー”に史上最年少で選出。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード
    イゴール・カヴァレラ

    1: 湛然 ★ 2021/01/06(水) 23:28:28.02 ID:CAP_USER9
    特集「この曲のドラムを聴け! 60~80年代の躍動感溢れる名演を徹底解説」 『レコード・コレクターズ2月号』発売
    2021/01/06 19:08掲載 amass
    http://amass.jp/143142/
    レコード・コレクターズ2020年2月号
    https://pbs.twimg.com/card_img/1346760465133621248/2CLD-C-i?format=jpg&name=240x240&.jpg
    2CLD-C-i


    『レコード・コレクターズ2月号』の特集は「この曲のドラムを聴け! 60~80年代の躍動感溢れる名演を徹底解説」。
    “本誌執筆陣によって選ばれた必聴の101曲”や“リズムからたどる60~70年代ポップス史”など。1月15日発売

    ■『レコード・コレクターズ2020年2月号』

    <内容>

    【特集】 この曲のドラムを聴け!

    ポピュラー音楽の大きな魅力の一つとして、リズムの面白さ、楽しさがあります。それらはドラムを中心とするリズム・セクションによって生み出されてきました。今回は1960~80年代のロック/ポップス/ソウル/ファンクなど、数々の名ドラマーによって編み出された多様なスタイル、その躍動的なビート/グルーヴの魅力をじっくりと味わっていただきたいと思います。
    20人の筆者の方々にドラムの演奏が印象的な作品を選んでいただき、編集部で101曲に調整いたしました。

    ■ 本誌執筆陣によって選ばれた必聴の101曲(青山陽一、池上尚志、犬伏功、宇田和弘、大鷹俊一、奥村裕司、金澤寿和、ガモウユウイチ、小出斉、近藤正義、サエキけんぞう、柴崎祐二、立川芳雄、鳥居真道、中重雄、中森泰弘、萩原健太、舩曳将仁、増村和彦、和久井光司)
    ■ リズムからたどる60~70年代ポップス史(鳥居真道)
    ■ ドラム録音術概論(中村公輔)


    【特集】 リイシュー・アルバム・ベスト10/5

    読者の皆様、2020年は大変な一年となりましたが、お変わりありませんでしょうか。コロナ禍を受けて、自宅で過ごす時間が増えた方も多いでしょう。
    このベスト10/5で目利きの方々が太鼓判を押すアイテムをチェックすれば、ともすれば退屈になりがちな巣ごもりも楽しいひとときとなること請け合いです。
    音楽遺産をじっくり味わうことが、すなわち自衛につながる。命あってのリスニング生活、今年も健康第一でよろしくお願いします。

    ■ 読者が選んだリイシュー・アルバム
    ■ ロック(大鷹俊一)
    ■ ロック(萩原健太)
    ■ リマスター/ハイレゾ(武田昭彦)
    ■ オールディーズ(中村彰秀)
    ■ プログレッシヴ・ロック(松井巧)
    ■ ハード&ヘヴィ(山崎智之)
    ■ パンク/ニュー・ウェイヴ(行川和彦)
    ■ トラッド/ブリティッシュ・フォーク(山岸伸一)
    ■ フォーク/カントリー(宇田和弘)
    ■ ロック発掘映像(赤岩和美)
    ■ ブルース/ゴスペル(小出斉)
    ■ R&B/ソウル(鈴木啓志)
    ■ ジャズ(大村幸則)
    ■ ジャズ・ヴォーカル(高田敬三)
    ■ 日本のロック(湯浅学)
    ■ 歌謡曲/芸能(鈴木啓之)
    ■ ブラジル(駒形四郎)
    ■ レゲエ(米光達郎)
    ■ ラテン(山本幸洋)
    ■ ワールド・ミュージック(深沢美樹)
    ■ サウンドトラック(上原昭一)
    ■ 新作アルバム(編集部)

    【特集「この曲のドラムを聴け! 60~80年代の躍動感溢れる名演を徹底解説。」 『レコード・コレクターズ2月号』発売 。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    images


    1: ひかり ★ 2020/12/26(土) 21:31:24.58 ID:CAP_USER9
     ロックバンド「LUNA SEA」のメンバーでドラム担当の真矢さんが、新型コロナウイルス感染症に感染したことが2020年12月26日、明らかになった。

     これを受け、12月26日と27日に開催予定だった「LUNA SEA -RELOAD- さいたまスーパーアリーナ公演」が急遽、延期振替となることが公式サイトで発表された。

    ■「今は療養に専念して必ず再会を約束したいと思います」

     公式サイトでは、

    「ドラム担当の真矢が、公演当日の朝、急遽体調不良を訴え、会場入り前に新型コロナウイルス感染症のPCR検査を実施した結果、陽性反応が確認されたため、本日と明日の2公演を、延期振替とさせていただくことになりました」

    などと説明。手持ちのチケットについては、各日の振替公演に有効となるため、保管しておくようアナウンスされている。振替公演日程や払い戻し等の詳細については、「決まり次第、近日中にLUNA SEAオフィシャルサイトにて発表させていただきます」としている。

    中略

     なお真矢さんは17時頃、公式ツイッターで

    「今日の日まで一緒に音を作り上げてきたメンバー。一緒に走ってきたスタッフ。 そしてこの日を心待ちににしてくれてた(原文ママ)ファンのみんなには、本当にご迷惑をお掛けしてます。 本当に本当にごめんなさい。 今は療養に専念して必ず再会を約束したいと思います! この度は本当にごめんなさい 真矢」

    とツイートしている。

     新型コロナウイルス感染拡大の影響は大きく、今回のように出演者の感染が確認されなくても開催中止となる事態も増えている。

     たとえば12月27日~31日に幕張メッセで開催予定だった国内最大の年越しフェス「COUNTDOWN JAPAN 20/21」は、21日になって中止が発表されている。

     また大晦日に大阪で開催予定だった倖田來未さんのカウントダウンライブ「KODA KUMI LIVE TOUR 2020-2021 MY NAME IS... COUNTDOWN EDITION」は新型コロナウイルス感染症の感染拡大が全国規模で想像を超えて加速していることなどを受け、開催中止が公式サイト上で発表されている。

    JCASTニュース

    https://news.yahoo.co.jp/articles/acaab26edbce4c90297418b194fd137149d1363d

    【『LUNA SEA』真矢、コロナ感染でライブ延期をうけ謝罪。「本当に本当にごめんなさい。」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (1)


    1: muffin ★ 2020/12/10(木) 14:19:42.82 ID:CAP_USER9
    http://amass.jp/142277/
    2020/12/10

    デフ・レパード(Def Leppard)のリック・アレン(Rick Allen)は、英国の音楽&楽器のサイトMusicRadarの読者投票で「世界最高のロック・ドラマー」の第1位に選ばれています。

    MusicRadarは、サイト訪問者に「今世界で一番のロックドラマー」を選ぶように求める投票を行い、その投票結果を「あなたが決めた、今世界で一番のロックドラマーTOP10」として発表しています

    1. Rick Allen
    2. Jon Larsen
    3. Ashton Irwin
    4. Scott Phillips
    5. Simon Phillips
    6. Roger Taylor
    7. Tommy Lee
    8. Travis Barker
    9. Dave Grohl
    10. Phil Rudd

    詳細はこちら
    https://www.musicradar.com/news/the-10-best-rock-drummers-in-the-world-right-now-as-decided-by-you

    https://cdn.mos.cms.futurecdn.net/aJSz5QbSMKqE9LZbtXd5FF-1024-80.jpg 
    aJSz5QbSMKqE9LZbtXd5FF-1024-80

    【”今世界で一番のロックドラマーTOP10”英MusicRadarが読者投票結果発表。1位は『デフ・レパード』のリック・アレン。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    images (1)


    1: muffin ★ 2020/11/05(木) 17:24:49.50 ID:CAP_USER9
    https://www.asagei.com/excerpt/161964
    2020年11月5日

     10月31日放送のNHKスペシャル「筒美京平からの贈りもの 天才作曲家の素顔」に出演した元CCBのドラム兼ボーカル担当・笠浩二が話題になっているようだ。

     番組タイトルからもおわかりのように、10月7日、誤嚥性肺炎のため東京都内の自宅で死去した筒美さんを、関係者からの証言を紡いで浮き彫りにする50分番組だったのだが、そのうちの10分ほどが、まるで笠の特集番組かのように作られていたのだ。

     笠は「紅白歌合戦」への出演が決まった時に筒美さんからプレゼントされたという赤いネクタイが心の支えだったこと、1985年1月にリリースした松本隆氏作詞、筒美さん作曲の「Romanticが止まらない」で筒美さんからメインボーカルとして指名されるも、バンドメンバーからは異論を唱えられて板挟みになったことを明かした。さらに、笠が勝手に筒美さんの作ったメロディラインを変更して歌うとバンドメンバーからは責められたものの、筒美さんからは「うん、これでいいよ。自分が歌いやすいところで歌ってるんだからいい。これが君のメロディなんだから」と認めてくれたことなど、これまでに聞いたことのなかった貴重なエピソードが大放出となった。

     「ツイッター上には《筒美さんとCCBの濃いつながりに驚いた》《バンド内の軋轢で「地獄だった」と言っていた笠さんの言葉の重さたるや…》《ロマンティックが止まらないのサビが、笠さんによって変えられていたとはびっくりした》など、いろいろな種類の驚きの声が相次いでいるようです」(女性誌記者)

     1999年に心身ともにボロボロになったことで熊本県・南阿蘇村に移住したという笠。筒美さんとは近年は会う機会がなく、訃報も報道で知ったというから、さぞかし悔しかったことだろう。

    https://cdn.asagei.com/asagei/uploads/2020/11/20201105_asagei_ccb.jpg 
    20201105_asagei_ccb

    【『C-C-B』笠浩二、筒美京平さん追悼特番に登場で話題。「バンド内軋轢で「地獄だった。」と言っていた笠さんの言葉の重さたるや・・・」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    images


    1: muffin ★ 2020/11/06(金) 15:41:10.03 ID:CAP_USER9
    https://natalie.mu/music/news/403704
    2020年11月6日

    X JAPANのYOSHIKI(Dr, Piano)によるドラムソロ映像「YOSHIKI-1st DRUM SOLO after 2 neck surgeries 二回の首の手術後-最初のドラムソロ-NoAudienceLive 無観客ライブXJAPAN(LINE CUT)」がYouTubeで公開された。

    この映像は2018年9月30日に千葉・幕張メッセ国際展示場1~3ホールで行われた無観客ライブで撮影されたもの。このライブはもともと3日間におよぶワンマンライブ「X JAPAN Live 日本公演 2018~紅に染まった夜~ Makuhari Messe 3Days」の最終公演として観客を迎えて行われる予定だったが、台風24号の接近に伴う悪天候のため、急遽無観客で行われた。YOSHIKIはチャイコフスキー「弦楽セレナード」が流れる中、祈りを捧げるような仕草を見せてからドラムソロに移り、全身全霊のプレイを繰り出している。

    YOSHIKI-1st DRUM SOLO 人工椎間板手術後のドラムソロ after 2 neck surgeries-NoAudienceLive 無観客ライブ-X JAPAN (LINE CUT)
    https://youtu.be/dmlPNTeqPDQ



    https://ogre.natalie.mu/media/news/music/2015/0517/XJapan_art201505.jpg 
    ダウンロード

    【『X JAPAN』YOSHIKIが見せた渾身のドラムソロ、YouTubeで公開。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (1)


    1: ひかり ★ 2020/10/21(水) 09:29:00.52 ID:CAP_USER9
    ロックバンド、マキシマムザホルモンのドラマー、ナヲ(44)が、公開中のアニメ映画「劇場版 鬼滅の刃 無限列車編」(外崎春雄監督)を鑑賞した映画館で、一部観客による盗撮などの違反や迷惑行為に、怒りをあらわにした。

    ナヲは20日、ツイッターを更新。「鬼滅の映画、子供と3人で観てきました。すぐ泣くおばさんのナヲちゃんはもちろん何回も泣いたんだけどw」と書き出し、「なんと隣に5分おきに携帯見てるクソ野郎がいて、目を疑った。。しかもそいつ貧乏ゆすりも酷くて、かなりイライラしてたんだけど おい…まじか動画撮り出したし!まじかよ!映画泥棒やんけ!!」と、目撃した違反行為についてつづった。

    「あたしの隣だったら携帯見てる時点で声かけてやめさせたんだけど 長女挟んでの隣だったし 娘に何かされてもやだし 何より鬼滅の映画を超楽しみにしてた長女の邪魔をしたくなくてもうひたすら我慢。。でも長女もあたしも携帯の光やら貧乏ゆすりやら結局全然集中出来なくて(まぁ泣いてたんだけどさw)すごく楽しみにしてただけに、本当に悔しい!!涙」と、ユーモアを交えながらも不愉快な思いをした出来事をつづり、「久しぶりに怒りで手がプルプル震えて太ももがワナワナしました…」とした。

    また、「前に座ってたカップルも席を何回も蹴られてたみたいで終わった後 後ろ振り返って睨んでたし、こいつまじでどんだけの人達の楽しみ奪ってどんだけ迷惑かけるん、まじで!!」と、ほかの観客にも迷惑が及んでいたといい、「コロナでポップコーンも売ってないなか、ポップコーンもなしなのに黙って大人しく観てた4歳の次女の方がお利口さんだったわ!!」とつづった。

    日刊スポーツ

    https://news.yahoo.co.jp/articles/b4ee94b5a42aa61dffe2e97dd291be46b0212ea6

    【『マキシマムザホルモン』のドラマー、ナヲ(44)、映画「鬼滅の刃」鑑賞中の一部観客の迷惑行為に怒り。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (7)


    1: 少考さん ★ 2020/10/10(土) 21:50:21.49 ID:CAP_USER9
    ビリー・シーン、10歳の日本人女子ドラマー“よよか”のオリジナル新曲に参加 MV公開 - amass
    http://amass.jp/140080/

    2020/10/10 15:43掲載

    http://amassing2.sakura.ne.jp/image/jacket/large/2020b/113877.jpg

    MR.BIG等で知られるビリー・シーン(Billy Sheehan)は、10歳の日本人女子ドラマー“よよか”の10歳最後のオリジナル新曲に参加。家族バンド”かねあいよよか”の「ユートピア」のミュージックビデオが公開されています。

    ドラムはよよか、ベースはMr.Bigのビリーシーン、ギターはB'zや氷室京介のサポートでも知られるYukihide"YT"Takiyama、ミックスはグラミーを3度獲得したエンジニアの八木禎治という世代と国境を超えた豪華バンドメンバーによるファンキーでロックなサウンドに、ユニークな歌詞と家族4人のラップが絡み合う新境地となる渾身の一曲です。

    (略)

    Utopia - Kaneaiyoyoka / ユートピア - かねあいよよか (Official Music Video)
    https://youtu.be/WU7oR-R2HAY



    ※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。


    ※関連スレ
    【音楽】9歳の日本人女子ドラマー“よよか”が米TV番組でパフォーマンスを披露、デイヴ・グロールが称賛のビデオメッセージを寄せる
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1557889706/

    【音楽】<8歳女子ドラマー「よよかちゃん」>超絶テクに世界から大反響.!.「最高だ!!!!」 「レッチリ」のドラマーも絶賛
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1529101706/

    【ビリー・シーン、10歳の日本人女子ドラマー“よよか”のオリジナル新曲に参加、MV公開。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (3)


    1: 爆笑ゴリラ ★ 2020/10/06(火) 15:42:27.19 ID:CAP_USER9
    10/6(火) 14:07配信
    デイリースポーツ

    高橋まこと

     伝説的ロックバンドBOOWYのドラマー・高橋まことが5日、ツイッターで「人生カネだけじゃねえんだよ」と投稿した。高橋はアイドルグループ「CHERRY GIRLS PROJECT」のライブでバックバンドでドラムとして参加すると報じられていた。

     高橋のアイドルグループへのバックバンド参戦について「うわー、とんでもなくダサいな」「金欲しいからやるの?金欲しいなら布袋さんのドラムやればいいだろ」などと一部で中傷されていたが、これにロック仲間のダイアモンドユカイが「人生に無駄なものなどない。必ず何かを得る事ができるんだよ」と反論。

     これに高橋がツイッターで「サンキュー!ユカイ!人生金だけじゃねえんだよ」と、参加への思いを投稿。ユカイも「オッサンのドラムはサイコーだ!」とエールを送っていた。

    https://amd.c.yimg.jp/im_siggYWrU7GO6pGHIkbH7HQm2Dg---x640-y548-q90-exp3h-pril/amd/20201006-00000064-dal-000-2-view.jpg

    https://news.yahoo.co.jp/articles/fb23e650aa8510062e9a6a9f076dbb654269245b

    【高橋まこと、アイドルグループバックバンド参加に「人生金だけじゃねえんだよ。」 】の続きを読む

    このページのトップヘ