メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    音楽関係を中心にしたエンタメ関連のまとめブログ

    カテゴリ:国内外プレイヤー > ドラマー

    ダウンロード (2)


    1: muffin ★ 2019/05/15(水) 12:08:26.25 ID:MfbeYtFt9
    http://amass.jp/120571/
    2019/05/15 01:26

    レッド・ツェッペリン(Led Zeppelin)のドラム演奏映像が世界中で話題を集めた、9歳の日本人女子ドラマー“よよか”。米TV番組『The Ellen DeGeneres Show(エレンの部屋)』に出演。フー・ファイターズ(Foo Fighters)の「The Pretender」のドラム・カヴァーを披露し、またインタビューも行われています(けん玉も披露)。最後にはサプライズで、彼女が大好きというデイヴ・グロール(Dave Grohl)が特別なビデオメッセージを寄せています。

    Dave Grohl Surprises Kid Drummer with a Special Message
    https://youtu.be/kKQuG0qXinQ



    https://i.ytimg.com/vi/kKQuG0qXinQ/maxresdefault.jpg
    maxresdefault

    ●ドラマー“よよか”プロフィール
    (公式YouTubeチャンネルより)
    2009年10月生まれ。2歳からおもちゃ代わりにドラムを始め、4歳からライブ活動を始める。
    5歳で 『かねあいよよか』を結成、幼稚園在籍中の6歳でファーストCDを発売。
    作詞作曲、ボーカル、ピアノも担当。ライブやイベントなどこれまでに100本以上のステージを経験。
    国内外のテレビやラジオ、新聞や雑誌など各メディアで50回以上出演&特集が組まれる。吉幾三やタカアンドトシ、COW COW、バービー、EXILE SHOKICHI、大泉洋など多数の芸能人やアーティストと共演。
    2017年8月、『第2回 スーパーキッズパフォーマンスコンテスト』小学校低学年の部で優勝。
    2018年6月、世界的な女性ドラマーのコンテスト『Hit Like A Girl 2018』の18歳以下の部にて、最年少の8歳でウイークリーチャンピオンとなる快挙を達成。
    Led Zeppelinの『Good Times Bad Times』をカヴァー演奏した応募動画は、アメリカのローリングストーン誌やビルボードで特集され、世界中に拡散。
    Red Hot Chili Peppersのチャド・スミス、KISSのエリック・シンガー、Sonic Youthのキム・ゴードン、シェリル・クロウ、ショーン・レノンらから称賛される。
    国内でも、矢野顕子、佐藤竹善、ハマ・オカモト、亀田誠治、ピエール中野らも驚きとともにSNSでよよかを紹介。
    さらにLed Zeppelinのヴォーカリスト、ロバート・プラントもよよかの演奏動画を称賛。
    2018年8月11日、国内最大級の野外ロックフェスティバル『RISING SUN ROCK FESTIVAL 2018 in EZO』に史上最年少出演。オリジナル曲のほか、Char、奥田民生、KenKen、聡一郎(CROSS ROAD)をゲストに迎え、Led Zeppelinの『Good Times Bad Times』を演奏。
    2018年9月11日、さいたまスーパーアリーナで開催された『第27回東京ガールズコレクション2018 AUTUMN/WINTER8』でドラム演奏を披露。3万人の観客を沸かせた。
    タイで撮影された世界的スポーツブランド"Nike"のワールドワイドCMに抜擢。セリーナ・ウィリアムズらとの共演。動画再生1500万回。
    2018年10月8日、札幌の道新ホールにてアマチュアとして異例の700名チケットソールドアウト。KenKenらをゲストに迎え、全18曲を完奏。
    2018年10月21日、東京ビックサイトで開催された国内最大の楽器総合イベント『2018楽器フェア』"ベースの日×ドラムの日 楽器フェア50周年スペシャル"に出演。ベーシストの亀田誠治やドラマーのピエール中野、KOUHEI(4 Limited Szabys)と共演。
    同11月29日、札幌のhitaruにてNHK「いまこそ、ひとつに、北海道ライブ」にアマチュアで唯一出演。細川たかし、大黒摩季、AKB48、Littele Glee Monster、SHISHAMO、大泉洋と共演。
    大黒摩季のステージでは「ららら」のドラムで参加。
    2019年1月、“The Ellen DeGeneres Show”に出演。また、老舗ライブハウス「Whisky A Go Go」にて海外初ライブを大盛況で終える。


    Pearl、VIC FIRTHと史上世界最年少エンドース契約。
    Zildjian、CYMPAD、DWともエンドース契約。
    "Yoyoka"の衝撃は今も世界へ広がり続けている。
    好きなドラマーはジョン・ボーナム、ベニー・グレブ、クリス・コールマン、ネイトスミス、山木秀夫など。

    【9歳の日本人女子ドラマー『よよか』が米TV番組でパフォーマンスを披露。デイヴ・グロールが称賛のビデオメッセージを寄せる。】の続きを読む

    images (1)


    1: 湛然 ★ 2019/05/04(土) 13:06:07.81 ID:npyeGOzE9
    2019/05/04 11:00
    ピンク・フロイドのニック・メイスンに大英帝国勲章 
    http://amass.jp/120164/

    英王室のウィリアム王子は5月2日、ロンドンのバッキンガム宮殿でピンク・フロイド(Pink Floyd)のニック・メイスン(Nick Mason)にCBE(大大英帝国三等勲爵士)を授与。ニックは「名誉であり、喜びである。ただ、この賞が中古車の取引ではなく音楽への貢献について与えられることに驚いています」と語っています

    Nicholas Mason, the drummer from rock band @pinkfloyd received a CBE for services to Music from The Duke of Cambridge. Nicholas featured on every album produced by the band since he co-founded them in 1965.
    - The Royal Family (@RoyalFamily) 2019年5月2日
    https://pbs.twimg.com/media/D5kciBzWwAYTXJF.jpg
    D5kciBzWwAYTXJF

    Congratulations, Nick, who received his CBE yesterday. On being awarded the honour, Nick said that he was "honoured and delighted" but "just surprised that the Award is given for services to music rather than to the used car trade!"
    - Pink Floyd (@pinkfloyd) 2019年5月3日


    (おわり)

    【『ピンク・フロイド』のニック・メイスンに大英帝国勲章。】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: 湛然 ★ 2019/03/28(木) 22:33:17.47 ID:Ag4dt8LV9
    2019.3.28 木曜日
    マリリン・マンソン、ドラマーのギル・シャロンがメンバーから外れることが明らかに

    マリリン・マンソンのドラマーであるギル・シャロンは5年の活動を経て、もうマリリン・マンソンと仕事をすることはないと発表している。

    2015年発表の『ザ・ペイル・エンペラー』と2017年発表の『ヘヴン・アップサイド・ダウン』に参加してきたギル・シャロンだが、フェイスブックの投稿でもう参加しないことを明らかにしている。

    「マリリン・マンソンのためにドラムを演奏する素晴らしい5年を経て、バンドを去ることを決めたよ」とギル・シャロンは述べている。

    「僕のキャリアのハイライトの一つだけど、現在やっていたり今後やっていく別のプロジェクトを追求する時が来たんだ。ステージを共にしてきたマリリン・マンソンや仲間であるトゥイギー・ラミレズ、タイラー・ベイツ、ポール・ワイリー、ホアン・アルデレッテ、そしてファンには多くの愛を。とても楽しかったよ」

    https://www.facebook.com/GilSharone/posts/2596927193669800

    ギル・シャロンは2014年よりレコーディングとツアーの両方に参加してきた。ギル・シャロンは他にもチノ・モレノとチーム・スリープとして活動しているほか、チノ・モレノやバッド・ブレインズ、メデスキ・マーティン&ウッドのメンバーが参加しているスーパーグループであるサウダーデにも参加している。

    先日、マリリン・マンソンは通算11作目となる新作が完成に近づいていることを明かしているが、アルバムにギル・シャロンが参加しているかは明らかになっていない。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    Photo: GETTY
    https://nme-jp.com/nmesite/wp-content/uploads/2019/03/sharone-720x458.jpg
    sharone-720x458

    https://nme-jp.com/news/70696/

    【『マリリン・マンソン』、ドラマーのギル・シャロンがメンバーから外れる。】の続きを読む

    ダウンロード (2)


    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/03/03(日) 19:23:35.048 ID:QP+tpLTr00303

    【 14歳の中性的イケメンドラマーさん、数年後にメタルに目覚めてこうなる。】の続きを読む

    ダウンロード (3)


    1: 湛然 ★ 2019/02/27(水) 07:44:21.39 ID:gQu6VkGQ9
    2019/02/27 07:32掲載
    元ザ・キュアーのドラマー、アンディ・アンダーソンが死去

    元ザ・キュアー(The Cure)のドラマー、アンディ・アンダーソン(Andy Anderson)が死去。
    正式な発表はまだありませんが、彼の友人Sean DunmoreがFacebookページで亡くなったことを伝え、またサイトPost-Punk.comも訃報を伝えています。68歳でした。
    アンダーソンは先週(2月17日)、末期ガンを患っていることを自身のFacebookページで明らかにしていました。

    アンダーソンは、1983年から1984年にかけてザ・キュアーに在籍。スタジオ・アルバム『The Top』のほか、コンピレーション・アルバム『Japanese Whispers』、ライヴ・アルバム『Concert』、シングル「Love Cats」「The Caterpillar」に参加しています。
    また、イギー・ポップ、ピーター・ガブリエル、スティーヴ・ヒレッジ、ミッジ・ユーロらとも共演しています。


    https://pbs.twimg.com/media/D0XVwZpX0AEISHK.jpg
    D0XVwZpX0AEISHK

    https://pbs.twimg.com/media/D0XYDeeXcAAOC4A.jpg
    D0XYDeeXcAAOC4A

    http://amass.jp/117525/

    【元ザ・キュアーのドラマー、アンディ・アンダーソンが死去。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 湛然 ★ 2019/01/28(月) 22:15:19.94 ID:ngxiB6Uw9
    2019.1.24 12:49
    ロジャー・ダルトリー「キース・ムーンは面白いというより痛ましかった」

    ザ・フーのドラマー、キース・ムーンにはさまざまな伝説がともない、彼の奇行をユーモラスに見る向きもあるが、バンド・メイトだったロジャー・ダルトリーは痛ましかったと考えているそうだ。

    ダルトリーは昨秋、自伝『Thanks a Lot Mr Kibblewhite』を出版。『Los Angeles Times』のインタビューで、「本の中で、あなたはキースの破壊的な逸話をユーモラスというより悲劇だと見ている」と指摘されたダルトリーはこう話した。
    「ファンは、自分たちが聞きたいことを聞きたがる。僕は……。これは僕の見方だ。キースはいろんな意味で、ものすごく痛ましかった。デンマークで喧嘩した後、僕らの関係は2、3年、とてもよそよそしかった。
    でも最後のほうでは、僕は彼が最も親しくしている連中の1人だった。僕と妻のヘザーは、朝の4時にキース・ムーンが泣きながらかけてきた電話に答えた最後の人物だ」

    ダルトリーは、キース・ムーンの映画制作を計画しているが、それについては「バイオグラフィ映画を作りたいわけではないから、すごく難しい。
    僕は素晴らしい映画を作りたいんだ。どれも同じわなにはまっているように見える。ブライアン・ウィルソンの『Love And Mercy』を除いてはね。あれはよかった」と話した。

    ダルトリーの自伝『Thanks a Lot Mr Kibblewhite』は、バンド・メイト、ピート・タウンゼントの自伝『Who I Am』に比べると、ページ数が半分以下だが、それは「この本は僕を振り返ったものだからだ」という。
    「僕と僕の性格についてだ。ザ・フーの本ではない。僕の旅だ。バンドによりもたらされた問題に僕がどう対処したかは書いてる。
    フーのファンはガッカリしてたよ。音楽について十分語っていないからね。でも、音楽について語るのは…食器洗い機くらいつまらない」

    Ako Suzuki


    https://img.barks.jp/image/review/1000163871/001.jpg
    001

    https://www.barks.jp/news/?id=1000163871

    【ロジャー・ダルトリー「キース・ムーンは面白いというより痛ましかった。」 】の続きを読む

    ダウンロード (2)


    1: 湛然 ★ 2019/01/21(月) 23:39:00.85 ID:+1MuN6HH9
    2019.1.21 17:05 BARKS
    オジー・オズボーン、余命数ヶ月のリー・カースレイクの願いを叶える

    オジー・オズボーンのソロ初期のアルバム2枚『Blizzard Of Ozz』(1980年)と『Diary Of A Madman』(1981年)でドラムをプレイしたリー・カースレイクは、末期癌で余命数ヶ月と診断され、
    死ぬ前に自身が成し遂げた業績としてこれらアルバムのプラチナ・ディスクが欲しいと、最近、オジー&シャロン夫妻にお願いしたと明かしていたが、それが叶ったようだ。

    カースレイクは先月、『Metal Voice』のインタビューで、「前立腺がんだった。でも、全身に広がった。医師からは8ヶ月の命だと言われた」と明かし、
    長年、曲の印税等を巡りもめていたオズボーン夫妻に対し「全て忘れたし、許した。最近、シャロンとオジーに手紙を書いたんだ。
    死ぬ前に、壁に飾れるよう、『Blizzard Of Ozz』と『Diary Of A Madman』のプラチナ・アルバムを送ってくれないかって頼んだ」と話していた。

    オズボーン夫妻はすぐにそれに応えたようだ。先週終わり、オジーのTwitterアカウントに、オジーからの手紙とプラチナ・ディスクに囲まれ微笑むカースレイクの写真が投稿された。
    オジーは「リー・カースレイクがプラチナ・アルバムを楽しんでくれて、すごく嬉しい。良くなることを願ってる」とコメントしている。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

    Ako Suzuki


    https://img.barks.jp/image/review/1000163742/001.jpg
    001

    https://www.barks.jp/news/?id=1000163742

    【『オジー・オズボーン』、ソロ初期のアルバム2枚でドラムをプレイした余命数ヶ月のドラマー「リー・カースレイク」の願いを叶える。】の続きを読む

    images


    1: 湛然 ★ 2019/01/21(月) 06:01:56.28 ID:SJoZOHCK9
    2019/01/20 07:19
    SAHB、ロリー・ギャラガー、マイケル・シェンカー等 ドラマーのテッド・マッケンナが死去

    センセーショナル・アレックス・ハーヴェイ・バンド(SAHB/The Sensational Alex Harvey Band)、ロリー・ギャラガー(Rory Gallagher)、マイケル・シェンカー(Michael Schenker)、イアン・ギラン(Ian Gillan)などでの活躍でも知られるスコットランドのドラマー、テッド・マッケンナ(Edward 'Ted' McKenna)が死去。テッドも在籍したバンド、バンド・オブ・フレンズ(Band Of Friends)のメンバーで、ロリー・ギャラガーとの活動で知られるジェリー・マカヴォイが自身のFacebookページで明らかにしています。ジェリーはテッドが手術後の合併症のために亡くなったと伝えています。68歳でした。

    テッド・マッケンナは1972年にアレックス・ハーヴェイらと共にセンセーショナル・アレックス・ハーヴェイ・バンドを結成し1978年の解散まで在籍。解散後は、ロリー・ギャラガー、ゲイリー・ムーア&グレッグ・レイク・バンド、マイケル・シェンカー・グループ(Michael Schenker Group)、イアン・ギランなどで活躍。最近ではマイケル・シェンカー・フェスト(Michael Schenker Fest)にも参加していました。

    テッドの訃報を受け、マイケル・シェンカーらが追悼コメントを発表しています


    https://pbs.twimg.com/media/DxR9gx7UUAMcI_Y.jpg
    DxR9gx7UUAMcI_Y

    http://amass.jp/116012/

    【SAHB、ロリー・ギャラガー、MSG等でプレイしたドラマー『テッド・マッケンナ』が死去。】の続きを読む

    images


    1: 湛然 ★ 2019/01/12(土) 22:56:33.22 ID:4oKZ7zVq9
    2019/01/12 07:58
    にゃんごすたーのドキュメンタリーを米VICE Newsが制作 『にゃんごすたー:日本の農家を救う』公開

    青森県黒石市を拠点にする、ゆるキャラ/ドラマー“にゃんごすたー”のドキュメンタリーを米VICE Newsが制作。
    にゃんごすたーを支えるスタッフや関係者らのインタビューなどで構成された作品で、タイトルは『Nyango Star: The Heavy Metal Cat Mascot Saving A Japanese Farm(にゃんごすたー:ヘヴィメタル・キャット・マスコット、日本の農家を救う)』。映像あり


    Nyango Star: The Heavy Metal Cat Mascot Saving A Japanese Farm (HBO) [VICE News]
    https://www.youtube.com/watch?v=Dntu3VDep8w



    http://amass.jp/115688/

    【青森が産んだスーパードラマーゆるキャラ『にゃんごすたー』のドキュメンタリーを米VICE Newsが制作「にゃんごすたー:日本の農家を救う」公開。】の続きを読む

    ダウンロード (2)


    1: 湛然 ★ 2018/12/13(木) 22:50:21.60 ID:CAP_USER9
    ANDY GREENE |2018/12/12 16:30
    Rolling Stone Japan
    ピンク・フロイドのドラマー、長年のメンバー同士の不仲を語る「本当にがっかり」

    ピンク・フロイドのニック・メイスンが、ロジャー・ウォーターズとデイヴィッド・ギルモアによる長年の不和について語った。
    「いい歳をした大人たちが長い間仲違いしたままなんて、本当にがっかりだ。今でもいがみ合っているなんて愚かなこと」。

    ニック・メイスンは、ピンク・フロイドのドラマーとしてバンド内で常に特異なポジションを占めてきた。ソングライターとしてのクレジットは他のメンバーと比べて圧倒的に少ないものの、バンド内で唯一、全てのアルバムでプレイしてきたメンバーだ。
    そして唯一、バンドの分裂に異を唱えているメンバーでもある。もしも彼がピンク・フロイドのリーダーだったら、バンドは今なおザ・ローリング・ストーンズのようにヘッドライナーとして世界中のスタジアムでプレイし続けていることだろう。
    残念ながらピンク・フロイドのリーダーではないニック・メイスンは2019年、自らのニュープロジェクトであるニック・メイスンズ・ソーサーフル・オブ・シークレッツを率いて初の北米ツアーを行い、1973年以前のピンク・フロイドの楽曲をプレイする。

    バンドを始めるにあたりメイスンは、デイヴィッド・ギルモアとロジャー・ウォーターズ両人の了解を取りつけた。
    近年、ギルモアとウォーターズが直接言葉を交わすことはほとんどないものの、それぞれメイスンとは連絡を取り合っていた。
    「とても不自然な状況だと思う」と両者がにらみ合う現在の状態についてメイスンは言う。「問題は、ロジャーがデイヴィッドをリスペクトしないことにあるんだと思っている。
    ロジャーはソングライティングが最も重要だと考えている。ギターを弾いたり歌ったりは、誰でもできるとは言わないが、演奏よりも作詞・作曲で楽曲の良し悪しは判断されるべきだ、と彼は思っている」

    メイスンはまた、1985年にウォーターズがバンドを離れた後もギルモアがピンク・フロイド名義で活動を続けていることも、争いのもとだと考えている。
    「自分なしには続かないだろうと思ってバンドを去ったものの、思うように事が進まなかったことがロジャーを悩ませているんだと思う」とメイスンは言う。
    「彼が今もずっと引きずっているせいで、にらみ合いが続いている。2人の間の問題だから、僕はなるべく首を突っ込まないようにしている。僕はそれぞれとは仲良くやっている。いい歳をした大人たちが長い間仲違いしたままなんて、本当にがっかりだ」

    (中略)

    ピンク・フロイドの多くのファン同様、メイスンもまた現在も続く2人の不和にフラストレーションを感じている。
    「喧嘩と和解の繰り返しだ」と彼は言う。「アルバム再発の話が出た時には、そのやり方や選択方法でより一層揉めると思う」

    しかし、メイスンは停戦を諦めた訳ではない。「望みは持っている」と彼は語る。「ピンク・フロイドとしてツアーに出ることはもうないと思うが、この歳になってまだ喧嘩しているなんて、おかしいだろう」

    では、どのようにメイスンは仲違いする2人の間でニュートラルな立場を維持するのだろうか? 
    「じっと身をかがめてやり過ごすだけさ」と彼は言う。

    Translated by Smokva Tokyo


    ピンク・フロイドのニック・メイスン、1977年2月撮影(Photo by Gijsbert Hanekroot/Redferns)
    https://images.rollingstonejapan.com/articles/29000/29602/ORG/a0e1e4003dcbe154eb52751b0d674efe.jpg
    a0e1e4003dcbe154eb52751b0d674efe

    https://rollingstonejapan.com/articles/detail/29602

    【ピンク・フロイドのニック・メイスン、長年のメンバー同士の不仲に「本当にがっかり。」 】の続きを読む

    ダウンロード


    1: シャチ ★ 2018/12/10(月) 10:17:22.50 ID:CAP_USER9
    12/10(月) 10:00配信 デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181210-00000051-dal-ent
     このスタイルで出前ライブを行っている石川浩司=大阪・本町のミュージックスポット燈門
    https://amd.c.yimg.jp/im_sigg7smrK7pBSGjXrTVOCAneFg---x675-y900-q90-exp3h-pril/amd/20181210-00000051-dal-000-1-view.jpg


     石川浩司は今年、57歳になった。90年の特大ヒット曲「さよなら人類」で社会現象となったバンド「たま」で、丸刈り頭にランニングシャツでかけ声を発しながらのパフォーマンスを記憶している人は多いだろう。

     たまは03年に解散したが「大きな理由はケンカ別れじゃない。個人の活動が忙しくなりすぎて、たまの時間がなくなった」から。今も“元たま”と紹介されることには「ポール・マッカートニーですら元ビートルズって言われるんですから」と達観。解散時のメンバー3人は「ちゃんとした再結成は大変だからしないけど、年にいっぺんぐらい(イベントで)尻軽にセッションする」という。

     現在はソロ、各種ユニット、インストバンド「パスカルズ」などで活動し、年間ライブ数は80~100本。たまの知久寿焼もメンバーのパスカルズではニューアルバム「日々、としつき」をひっさげて11月に仏ツアーを行ったばかりだ。石川のパフォーマンスは海外でも注目の的で、シルク・ド・ソレイユからオファーされたこともある。

     また、3万種を集め「おそらく世界一」の空き缶収集や、サイコロで行き先を決める「双六旅行」などの趣味は著作に発展。俳優としては大林宣彦監督の映画「この空の花」(13年)で山下清画伯を演じるなど、多方面で活躍している。

     石川は自身を「ホントにぐうたらで、遊びだけしていたい。なるたけ収入のためだけの仕事はしない。遊びを何とかお金に換えられないか考えています」と自己分析する。音楽も「自分の中では遊びで仕事。商業的な音楽をやる気は全くなく、アングラな音楽をやりたい」といい、「遊びを仕事にして、このまま人生を生きられればいいな」というスタイルは一貫している。

     なお、石川の出前ライブは公式サイトで、基本料金から各種オプションまで懇切丁寧に説明されている。今年は「たまが解散した年に生まれた15歳の女子高生」が企画したライブもあった。誰もが石川浩司を呼べるのだ。

    【元たま・石川浩司、「さよなら人類」から28年、多方面に活躍中。】の続きを読む

    このページのトップヘ