メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    音楽関係を中心にしたエンタメ関連のまとめブログ

    カテゴリ:国内外プレイヤー > ギタリスト

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    images


    1: 鉄チーズ烏 ★ 2020/04/01(水) 06:56:17.99 ID:MHnksDiK9
    2020/04/01 06:03掲載
    http://amass.jp/132994/

    エクソダス(Exodus)やスレイヤー(Slayer)で知られるギタリストのゲイリー・ホルト(Gary Holt)は、自身が新型コロナウイルスの検査で陽性反応が出たことを明らかにしています。ゲイリーは以前に「コロナのすべての症状に苦しんでいる」と語り、自己隔離を行っていました。彼は現在、回復したと伝えています。

    Blabbermouthによると、ホルトは自身のInstagramページに以下を投稿しています。(その後に削除)

    「ようやく検査結果が返ってきて、陽性だった。(妻の)リサは検査で陰性だったが、症状が出てから十分な時間が経ったので、自分で食料品を買うなど、自分に許可されていることができるようになった。辛い時期を乗り越えて、体調も100%正常になったと感じている。祈ってくれていた皆、ありがとう。いま家に閉じこもっている間にエクソダスの新しいリフの制作に取り掛かるよ」

    3月上旬に一緒にヨーロッパツアーを行ったエクソダス、テスタメント、デス・エンジェル(Death Angel)。メンバーやスタッフは帰国後に体調不良を訴え、テスタメント(Testament)のチャック・ビリー(Chuck Billy)や彼の妻、ツアー・スタッフの何人が新型コロナウイルスの検査で陽性反応が出ています。また公式には発表されていませんが、デス・エンジェルのドラマーであるウィル・キャロルも陽性反応が出て集中治療室にて治療を受けていると言われています。

    【『エクソダス』/『スレイヤー』のゲイリー・ホルト、新型コロナウイルス検査で陽性。現在は回復。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (1)


    1: 湛然 ★ 2020/03/24(火) 07:09:06.79 ID:rU6Z4KxT9
    レディオヘッドのエド・オブライエン、新型コロナウイルスに感染しているだろうと話す
    2020/03/24 05:37掲載
    http://amass.jp/132685/


    レディオヘッド(Radiohead)のギタリスト、エド・オブライエン(Ed O'Brien)はサイトUPROXXの電話インタビューの中で、自身が新型コロナウイルスに感染しているだろうと話しています。

    オブライエンは、自身が10日前からインフルエンザのような症状で体調を崩し、最近では嗅覚や味覚も失っていると説明。「ここでは高齢者でない限り、検査を受けることはできないので」と検査を受けてはいませんが、「昨夜グーグルで調べてみたらコロナウイルスの典型的な症状だった」と話しています。現在、オブライエンはウェールズの自宅で家族と共に自己隔離をしているという。UPROXXは電話では彼は元気そうに感じたと伝えています。

    「僕にとっては、これはただのインフルエンザの悪さだ。僕は危険な状態ではない」「天気が素晴らしいので、基本的に一日中外に座っていました。この春初めての日差しだ。悪い場所ではない」とオブライエンは話しています。

    [source] https://uproxx.com/indie/ed-obrien-radiohead-coronavirus/

    【『レディオヘッド』のエド・オブライエン「新型コロナウイルスに感染しているだろう。」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (3)


    1: muffin ★ 2020/03/17(火) 12:09:17.89 ID:9vsYpyKg9
    https://news.j-wave.fm/news/2020/03/post-5543.html
    2020年03月17日

    J-WAVEで放送中の番組『STEP ONE』のワンコーナー「MUSIC+1」(ナビゲーター:サッシャ・増井なぎさ)。3月12日(木)のオンエアでは、GLAY・HISASHIが登場。GLAYはベストアルバム『REVIEW II ~BEST OF GLAY~』をリリースしたばかりだ。

    HISASHIはこの日、ギターを始めたきっかけや、ギターの可能性ついて語った。
    中略
    ■HISASHIが弾けないコードは…

    サッシャがギターの演奏について、1本の指で複数の弦を同時におさえる「バレーコード」で苦戦したことを明かすと、HISASHIが「僕もバレーコードできないですよ」と驚きの告白をした。

    サッシャ:ウソでしょ!? どうしてですか?

    HISASHI:僕らが始めたころって「楽器の位置がいかに低いか」が大事だったんですよ(笑)。なんなら膝ぐらいのやつが優勝みたいな。のちのち、(音楽プロデューサーの)佐久間(正英)さんにめちゃくちゃ怒られるっていう。もう、それはシド・ヴィシャスのせいですよ。特にかっこよく見えたし、実際アウトロー気味だったし。

    サッシャ:低く弾く人は、バレーコードは絶対に弾けないですよね。だって高く持たないと指が曲がらないから。

    HISASHI:絶対に弾けないです。僕らが始めたころもギターが低い人が多かったんです。日本人にはそのほうが似合っているような気がして。「親指で押さえて」みたいな、いろいろな逃げ方はあったんですけども、6本(の弦)全部弾くことって、GLAYの今のライブのなかではあまりないんです。ツインギターだったり音数が多かったり……。ただでさえGLAYは中域のレンジが詰まっていたりするんですよ。なので、いろいろな工夫をして曲を表現するということを考えると、シンガーソングライターのF(コード)とは違うんです。

    サッシャ:じゃあ別にバレーコードでつまずいてもギターをあきらめる必要なんかないと?

    HISASHI:全然大丈夫です。

    最後にHISASHIは「楽しくやればいい」とアドバイスを送った。

    全文はソースをご覧ください
    https://news.j-wave.fm/news/assets_c/2020/03/0312_5-thumb-900x675-63227.jpg 
    0312_5-thumb-900x675-63227

    【『GLAY』HISASHIが”弾けないコード”とは? 「バレーコード。シド・ヴィシャスのせいですよ。」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード


    1: 湛然 ★ 2020/02/19(水) 22:42:32.24 ID:V4+58QwU9
    2020.2.19 13:20 13:27 BARKS
    K.K.ダウニング、KK’s プリースト結成
    https://www.barks.jp/news/?id=1000178908
    K.K.ダウニング、KK’s プリースト結成
    https://img.barks.jp/image/review/1000178908/001.jpg
    001


    元ジューダス・プリーストのK.K.ダウニングが、同じく元ジューダス・プリーストのティム“リッパー”オーウェンズ(Vo)、レス・ビンクス(Ds)らと新バンド、その名もKK’s プリーストを結成した。

    ダウニングは火曜日(2月18日)、「ニュー・バンドの詳細を発表」と、アーティスト写真を公開。彼ら3人ほか、ベースにTony Newton(Voodoo Six)、ギターにA.J. Mills(Hostile)というラインナップで活動を始めるという。

    昨年夏、ジューダス・プリースト脱退以来10年ぶりにライブ活動を再開したダウニングは、今年1月、Explorer1 Music Group (E1)とマネージメント契約を交わしたことを明かし、本格的なシーンへの復帰が予測されていた。

    KK’s プリーストはすでに、「ジューダス・プリーストとその創設メンバーであるK.K.ダウニングのキャリア50周年を祝い、フェスティバル出演やツアー開催を計画している」そうだ。公演では、ジューダス・プリーストの曲に加え、新曲もパフォーマンスするという。

    ダウニングは、「世界中のファンからの多大な要望と支援により、俺の居場所はここだと感じてる」と、コメントしている。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

    Ako Suzuki

    【元『ジューダス・プリースト』のK.K.ダウニング、『KK’s プリースト』結成。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (3)


    1: 湛然 ★ 2020/02/07(金) 22:35:26.39 ID:49tSv30l9
    2020.2.7 金曜日
    ローリング・ストーンズのキース・リチャーズ、ついにタバコを止める
    https://nme-jp.com/news/85462/
    GETTY
    https://nme-jp.com/nmesite/wp-content/uploads/2020/02/keith-720x458.jpg
    keith-720x458


    ザ・ローリング・ストーンズのキース・リチャーズは1年前にニコチンを止めるのは「ヘロインを止めるよりも難しい」と語っていたものの、ついにタバコを止めたことを明かしている。

    ラジオ局「Q104.3」のジム・カーとのインタヴューの中でキース・リチャーズは昨年10月以来、タバコに触っていないと語っている。

    キース・リチャーズはタバコをやめた決断について「そうなったんだ。そういうことにね」と語っている。

    「俺もミックも両方がこの間やっていた最後のツアーでそう思ったんだよ」

    「これを続けなくちゃならないからね」

    キース・リチャーズは2019年にタバコを止めることについて次のように語っていた。

    「ヘロインを止める時は地獄だけど、短い地獄という感じなんだ。タバコというのは常にそこにあって、いつも手を出してしまうんだよ。ただ手に取って、火を点けてしまうんだ。考えもせずにね」

    「実のところ最近は、このニュースを広めてほしいんだけど、日々の量をかなり減らすことができているんだ」

    「強めのはやめているんだよね。食事中はワインを1杯だけ飲んで、ギネスかビールを1?2杯飲んでいるんだ」

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

    【『ローリング・ストーンズ』のキース・リチャーズ、ついにタバコを止める。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (1)


    1: muffin ★ 2020/01/21(火) 00:41:26.82 ID:ATShbxrG9
    https://news.careerconnection.jp/?p=86133
    2020.1.20

    シンガー・ソングライターの山下達郎さんが自身のラジオ番組でヘヴィメタルバンドの曲をかけ、ネット上が騒然とする事態になっている。

    達郎さんは1月19日放送の「山下達郎のサンデー・ソングブック」(Tokyo FM)で、子年にちなんだ曲をセレクトして紹介。ジャズやAORが中心だったが、番組中盤でインペリテリの『Rat Race』を取り上げた。

    インペリテリは、1980年代にデビューしたヘヴィメタルバンド。リッチー・ブラックモアやイングウェイ・マルムスティーンから影響を受けたネオクラシカルメタルに分類される。米国人ギタリストのクリス・インペリテリが見せる高速かつ正確無比の速弾きが有名で、当時そのピッキングは「世界最速」とも言われていた。

    達郎さんはクリス・インペリテリを「速弾きギターの鬼でございます」と笑いながら紹介。続いて『Rat Race』の一部(和訳)を独特のおっとりとした声で読み上げた。
    中略
    ミドルテンポの『Rat Race』が1番盛り上がる終盤のギターソロでは、高速のスイープピッキングとタッピングを組み合わせた超絶技巧テクニックの応酬が繰り広げられる。4分強の曲をフルで流し終えると、達郎さんはゆっくりと話し始め、同曲が収録されたアルバム『スクリーミングシンフォニー』(1996年)の印象を語った。

    「あの、嫌いじゃないんです、このアルバム。いいアルバムです、これね」
    「上手いんですね、この人。フィンガリング(指使い)の正確さっていうんですかね。すごいですね」
    「ディープ・パープルの進化系って感じがしますね。番組が違う、すみません(笑)」

    メタルというと、一般的な人気どころはメタリカやアイアンメイデンら。インペリテリは1980~90年代にギターキッズに人気を博したが、一般のメタルファンからすると若干マニアックなバンドだろう。音楽マニアの達郎さんが本当に幅広いジャンルを抑えていることがわかる。

    ラジオの放送を受け、ツイッター上では
    「山下達郎がインペリテリをラジオで紹介するって絵面を想像するだけで面白いじゃん」
    「メタル好きというのは知ってたけどインペリテリてw」
    「山下達郎がメタルを聴くということよりも、数あるメタルの中でインペリテリが達郎的にツボにハマったということが重要だと思う」

    とまさかのチョイスに驚く声が後を絶たなかった。

    全文はソースをご覧ください

    【山下達郎、ネオクラ系メタル流してリスナー騒然。『インペリテリ』を「速弾きギターの鬼でございます。」「いいアルバム。」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (1)


    1: muffin ★ 2020/01/03(金) 18:19:02.50 ID:Bz4RX/+69
    http://amass.jp/129827/

    人間椅子の和嶋慎治が、NHK Eテレ『NHK俳句』に出演決定。『NHK俳句』は、俳人が俳句を楽しみながら上達するコツを伝授する俳句講座。和嶋慎治の出演は1月12日(日)。この日のお題は「雪女」。投稿句から呼び起こされるイメージを和嶋慎治がギターで演奏します

    ■『NHK俳句 題「雪女」』
    NHK Eテレ 1月12日(日)午前6時35分~ 午前7時00分
    NHK Eテレ 1月15日(水)午後3時00分~ 午後3時25分

    選者は長嶋有さん。ゲストはロックバンド「人間椅子」の和嶋慎治さん。題は「雪女」投稿句から呼び起こされるイメージを和嶋さんにギターで演奏してもらう。司会 岸本葉子

    http://www.nhk.or.jp/pr-image/f6968c89c005cf2b138beb9958cdd427_ll.jpg 
    f6968c89c005cf2b138beb9958cdd427_ll

    【『人間椅子』の和嶋慎治が「NHK俳句」に出演。投稿句から呼び起こされるイメージをギターで演奏。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (2)


    1: 湛然 ★ 2019/12/25(水) 22:56:30.67 ID:kWOnw9BH9
    春畑道哉 - @HaruhataMichiya
    21:41 - 2019年12月22日
    https://twitter.com/HaruhataMichiya/status/1208985985666576387

    Kingdomギター選手権
    開催します
    是非ご参加ください

    ◆詳細
    「Kingdomギター選手権」特設サイト
    https://youngguitar.jp/web/202002-kingdom-guitar-title-match


    ◆動画
    【見本動画】YOUNG GUITAR presents「Kingdomギター選手権」開催(春畑道哉)
    https://www.youtube.com/watch?v=_BJBQj2XILg



    (※抜粋)
    YOUNG GUITAR presents 「Kingdomギター選手権」開催!
    あなたなりの【「Kingdom of the Heavens」弾いてみた動画】をTwitterに投稿して下さい!(2020年1月26日(日)23:59締め切り)

    ◆動画
    【Message from 春畑道哉】YOUNG GUITAR presents「Kingdomギター選手権」開催
    https://www.youtube.com/watch?v=UDFU3z_r0N8


    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

    【『TUBE』のギタリスト・春畑道哉、”Kingdomギター選手権”開催決定。 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (3)


    1: ぽんちきぽんぽんちき ★ 2019/12/21(土) 19:08:03.79 ID:CAP_USER
    2019.12.20 金曜日
    元ガンズ・アンド・ローゼズのギルビー・クラーク、バンド脱退時のことを振り返る

    「だから、実のところ、彼らが僕を辞めさせたということはなかった。
    でも、支払いが止まったんだ。そして、1週間後にスラッシュはこう言ってきたんだ。
    『俺たちがギルビーを代えさせようとしてるって? いいか。すべて問題ないよ。君はバンドにいるんだ。心配しないでくれ』ってね。でも、支払いが戻ることはなかった。そういうことだよね。
    だから、正式にバンドを辞めさせられたことはないんだけど、終わったんだよ。でも、僕は忙しかったからね。自分のソロ・アルバムもあったし。スラッシュの作品もあったからね」

    kwskソース読んで
    https://nme-jp.com/news/83431/

    【元大物バンドメンバー「バンドって怖いよね。雇われメンバーは突然クビだって解雇されるんだよ。金が絡むと怖いね。」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    images


    1: マロン派 ★ 2019/12/10(火) 01:06:15.58 ID:H0wcmzOu9
    SUGIZOの「ビジュアル系は差別用語」発言をめぐって

    Yahoo!ニュース特集に掲載されたアーティストSUGIZOのインタビュー記事は、大変に読み応えのあるものだった。
    【「一度全てを失って、半分はもう死んだ身」――成功と挫折を経たSUGIZOが今、ボランティアに励む理由12/6(金) 8:00 配信】
    https://news.yahoo.co.jp/feature/1514
    https://giwiz-tpc.c.yimg.jp/q/iwiz-tpc/images/story/2019/12/6/1575584787_1575584760_top-019-x828-y552.jpg
    1575584787_1575584760_top-019-x828-y552

    ウェブメディアの可能性を感じるものであるし、音楽ファン以外にも届く人間ドラマだった。

    LUNA SEA、X JAPAN、さらにはJUNO REACTORなどのギタリストとして活躍し、ソロ活動にも没頭している日本が世界に誇るアーティストである。彼は災害時にボランティアに没頭したり、中東でチャリティー演奏をしたりする社会活動家でもある。山本太郎を応援しており、よく選挙イベントでは応援演説などに登壇する。

    そんな彼の生き様を赤裸々に伝えるインタビューだった。あっぱれである。これが無料で読めるなんて。ウェブメディアの「功」の部分を感じた。

    もっとも、非常に複雑な心境で受け止めたのは、次の発言である。そうか、彼にとって「ビジュアル系(ヴィジュアル系ではないのは、どういう意図なんだろう)」は、それほど吐き気を催すワードだったのか、と。

    “「ビジュアル系は、僕にとって差別用語。いまだにそう揶揄されると吐き気がする。デヴィッド・ボウイやJAPANといったアーティストに影響を受けたから、ステージで着飾ってメイクをするのは当たり前だと思っていた。でも、ボウイはメイクをしていたけど、ビジュアル系なんて言われなかった。僕らの音楽のクオリティーが、思い描いたビジョンに届かなかった」”

    もちろん、この言葉は文脈を読まなければならない。この発言の最後にもあるとおり、初期作品のクオリティが理想とはいえないものだったということも含めて解釈すべきだ。

    ただ、「差別用語」という言葉が出たが、具体的には書かないものの所謂「差別用語」として取り上げられる言葉とビジュアル系が同等かどうかは疑問だ。もっとも、この「それくらいのことを差別と言えるのか?」という問題は当事者とそれ以外で感じ方が違い。当事者にとっては一大事である。それを差別だと感じない私たちも悪い。

    「○○系」「○○派」というのは自称と他称があり。他称の場合はレッテル貼りやスティグマ化にもつながるわけで、心地よいものではない。同意というか、同情する。

     <中略>

    別の論点として、その言葉を褒め言葉と捉えるか否か、さらには(褒め言葉ではないにしろ)誇りを持つかどうかというものもある。たとえば、X JAPANで一緒のYOSHIKIは海外からのインタビューでも「bヴィジュア系」とローマ字で語っている。むしろ、ビジュアル系という言葉に誇りを持つという方向もあったのではと思ったのだ、私は。ビジュアル系が一大ムーブメントになった今、そしてSUGIZOさんが唯一無二の存在である今、この言葉に寛容であるというあり方もあってよかったのではなかったか。

    ただ、これは本人が決めることだ。SUGIZOさんは「ビジュアル系」という言葉が嫌いであり、差別用語だとすら思っている、と。

    https://blogos.com/article/422380/

    【ギタリスト・SUGIZO「ビジュアル系は差別用語。」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード


    1: フォーエバー ★ 2019/11/27(水) 18:29:33.95 ID:jbIayQVW9
    ジューダス・プリーストは2020年、50周年記念ツアーを開催するが、元メンバーのK.K.ダウニングはこれに参加することを断られたそうだ。

    ◆K.K.ダウニング、ジューダス・プリースト画像

    ダウニングは月曜日(11月5日)、ファンへの声明をフェイスブックに投稿。この夏の<Bloodstock>フェスティバル出演と今月初め、メガデスのデイヴィッド・エレフソンらと開いた公演へのポジティブな反響に感謝した後、「それに俺は、来年行なわれるジューダス・プリーストの50周年記念祝典に参加して欲しいとの、ファンの切実な叫びにも面食らっている」と綴った。

    「それ故、俺は、このことについてどう思うか、元バンド・メンバーたちと接触してみるのは正しいことだと感じた。彼らの答えは、俺がバンドに参加するのを受け入れようとは思わないし、50周年記念式典に俺を含む気はないというものだった。しかしながら、ファンにとって素晴らしいニュースは、俺は前に進み続ける。2020年、ツアーでみんなに会えるのをものすごく楽しみにしている。一緒に世界を制覇しよう」

    これに関し、ジューダス・プリースト側からコメントはないが、ファンから非難されたリッチー・フォークナー(G)は「前にも言ったけど、これは俺が決めることじゃない。俺には彼らのように50年におよぶ関係はない。彼らの判断だ。 RHRF DOTF」とつぶやいている。

    ジューダス・プリーストは先週、50周年記念ツアーのドイツでの公演(6~7月)にサクソンが参加することを発表した。

    11/26(火) 13:42配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191126-00000116-bark-musi
    https://i.imgur.com/JA0532M.jpg 
    JA0532M

    【K.K.ダウニング、『ジューダス・プリースト』の50周年記念ツアーへの参加を断られる。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (2)


    1: 風吹けば名無し 2019/10/18(金) 19:55:08.76 ID:qXBGBciD0
    自分を誤魔化してない?

    【『スピッツ』のあいつって本当に今の音楽性で満足してるの? 】の続きを読む

    このページのトップヘ