メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    音楽関係を中心にしたエンタメ関連のまとめブログ

    カテゴリ:国内外プレイヤー > ギタリスト

    ダウンロード (1)


    1: きゅう ★ 2018/04/07(土) 18:44:33.66 ID:CAP_USER9
     「テケテケサウンド」で1960年代にエレキギターブームを巻き起こし、音楽面でも風俗面でも日本ではビートルズをしのぐ影響を及ぼしたのが米国のロックバンド、ベンチャーズだ。その中心的ギター奏者だったノーキー・エドワーズさんが3月12日、82歳で亡くなった。生前何度も日本を訪れた。親交を結んだ音楽家らが、「ギターの神様」の足跡と素顔を振り返る。(>>3月29日にアップされた記事を再掲載しています)

    哀愁

     タレントのエド山口さん(69)は、「東京ベンチャーズ」と命名したバンドを率いてギターの腕前を披露している。ベンチャーズ愛の深さを物語る。

     エドさんは、「ノーキーの演奏はしっとりとしていて哀愁を漂わせている。短調の曲に合う音色が、『わび・さび』を愛する日本人の胸に響いた」と日本で彼らが突出して愛される理由を分析する。

     ビートルズ旋風が吹き荒れる依然、ベンチャーズを含めギター演奏を売り物にしたバンドが多数いた。にもかかわらず、ベンチャーズが日本で圧倒的に支持されたのは、その哀愁の音色に秘密があるというわけだ。

    http://www.sankei.com/entertainments/news/180407/ent1804070002-n1.html
    http://www.sankei.com/entertainments/news/180407/ent1804070002-n2.html
    http://www.sankei.com/entertainments/news/180407/ent1804070002-n3.html
    http://www.sankei.com/entertainments/news/180407/ent1804070002-n4.html
    http://www.sankei.com/entertainments/news/180407/ent1804070002-n5.html

    船上でほほえむ加山雄三さん(左)とノーキー・エドワーズさん(C)加山プロモーション
    http://www.sankei.com/images/news/180407/ent1804070002-p1.jpg
    ent1804070002-p1

    ノーキー・エドワーズさんの略歴
    http://www.sankei.com/images/news/180407/ent1804070002-p2.jpg
    ent1804070002-p2

    ノーキー・エドワーズさん(右から2人目)らと共演する加山雄三さん(手前)(C)加山プロモーション
    http://www.sankei.com/images/news/180407/ent1804070002-p4.jpg 
    ent1804070002-p4

    【ベンチャーズのギター奏者、ノーキー・エドワーズさんが日本に残したもの。】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: ストラト ★ 2018/03/13(火) 17:42:25.91 ID:CAP_USER9
    60年代「ウォーク・ドント・ラン」「ダイアモンド・ヘッド」「ハワイ・ファイブ・オー」などが世界中でヒットし、2008年にロックの殿堂入りを果たしたザ・ベンチャーズのリード・ギタリストだったノーキー・エドワーズが月曜日(3月12日)、腰の手術後もたらされた合併症により亡くなった。
    82歳だった。

    5歳で弦楽器をプレイし始めたエドワーズは、当初、ベーシストとしてザ・ベンチャーズに加入。
    すぐにギターへ転向し、1968年に脱退するまで数多くのアルバムを発表。
    その独自の演奏法はギター・プレイヤー達に多大な影響を与えた。

    ソロ活動を行った後、復帰と脱退を繰り返し、2012年までザ・ベンチャーズの一員として活躍し続けた。
    2016年には最後の日本ツアーを行なっている。

    エドワーズは昨年12月に手術を受けて以来、感染症と闘い続けてきたという。
    ザ・ベンチャーズは追悼文の中で「今朝、ノーキーが亡くなったと知り、大変なショックを受けている」と、その死を惜しんだ。
    また、「彼は革新者で、偉大なギタリストの1人だった。多くの若いプレイヤーに影響を与えた」とエドワーズの功績を称え、「彼の曲Ginza Lights(二人の銀座)はザ・ベンチャーズの日本での最初のヒット曲の1つで、いまでも日本でスタンダードであり続けている」と綴った。

    合掌。

    Ako Suzuki

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180313-00000798-bark-musi

    ノーキー・エドワーズ
    http://img.barks.jp/image/review/1000152798/001.jpg 
    001

    【元ザ・ベンチャーズのノーキー・エドワーズ氏が死去。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 湛然 ★ 2018/02/23(金) 22:24:06.27 ID:CAP_USER9
    2018.2.21 15:24

    ミューズ「ギターはもはやリード楽器ではない」

    ミューズのフロントマン、マット・ベラミーが現代の音楽について持論を述べた。ベラミーはもはやギターはリード楽器ではなく、それはいいことだと考えているそうだ。

    彼はBBCにこう話した。「ギターはリード楽器というより、(曲を)織りなす楽器の1つになった。それって、僕は多分、いいことだと思うよ。この時代の音楽がエキサイティングなのは、1つの曲でクラシックをヒップホップやロックとミックスできるとこだ。ギター、ベース、ドラムのような楽器をプレイしているロック・バンドは、一歩遅れてるってことだよね」

    「ジャンルっていうのはかつて、自分が属する美学的思想みたいなものだった。音楽だけじゃなく、ファッションや付き合う友人にも影響を与えてた。僕は、そういう時代は終わったと思ってる。いまの音楽が興味深いのは、スタイルの融合だけじゃなく、時代を融合してるところだ。ラナ・デル・レイみたいなアーティストがそうだ。彼女の曲は50年代が舞台のようで、ビデオ・ゲームについて歌ってる。時代を融合し、タイムレスでどの時代にも属さないものを作るのは面白い」

    また、ミューズは昔から、「常にいま起きていることに目を配っていて、現代の音楽で僕らがクールだと思ったことから影響を受けている。それがいつもテーマだ」という。

    ミューズは先週金曜日(2月16日)、新曲「Thought Contagion」をリリースした。

    Ako Suzuki


    https://img.barks.jp/image/review/1000152077/001.jpg
    001

    https://www.barks.jp/news/?id=1000152077

    【ミューズ「ギターはもはやリード楽器ではない。」】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: れいおφ ★ 2018/02/19(月) 20:49:37.90 ID:CAP_USER9
    90年代、世界的ヘビーメタルバンドのギタリストとして、全世界でメガセールスを記録したマーティさん。

    「自分が求める音楽は日本にある」と2004年、東京に活動拠点を移して以降、
    B’z、石川さゆり、ももクロ等、幅広い日本のアーティストと共演&プロデュースしてきた。

    3月2日に世界190ヶ国で同時配信される日本のオリジナルアニメシリーズ「B: The Beginning」では
    主題歌の作曲・プロデュースを担当、イメージアルバムが発売される
    〔公式サイトは http://www.b-animation.jp/  監督は映画『キル・ビル』アニメ制作の中澤一登氏〕。

    「ダークな感じのミステリーで、ストーリーに引き込まれます。
    楽曲もドラゴンアッシュのKenKenさん他、すごい方たちが参加してくれて、1年、試行錯誤して完成した作品です」

    ソロデビュー30周年を前に、昨年夏、渾身のアルバム『Wall of Sound』を発売。母国アメリカに続き、4月からは南米ツアーが始まる。

    「文化庁から“日本遺産大使”に任命されまして、アルゼンチンでは日本について講演するんです。
    本当に名誉だけれど、大使にならなくても僕は日本の良いこと、普段から世界のあちこちで話してますよ(笑)」

    日本びいきの外国の方は沢山いるが、マーティさんはJポップ、コンビニ、町で接する店員さん達の
    働きぶりといった「日本の普通の暮らし」に惹かれて独学で日本語を学び始め、
    アリゾナ州立大学の日本語弁論大会で第2位になり、やがて日本に移り住んだ。

    「日本では音楽以外の色んな仕事をさせてもらいます。屋外でのナレーションは、カンペを間違えずにいかに早く読むかの練習だし、
    政治の話題を頼まれたら、そのために勉強します。日本語ぺらぺらのガイジン目指して(笑)」

    東京暮らしも14年。日本に対する印象は変わったりしないのだろうか?

    「全然、日本は飽きない。日本の生活には毎日“有難さ”が溢れてますよ。
    外国人が日本に着いて、京都や奈良へ行けば千年前の日本を見られて、東京の大型電気店に行けば、
    10年先の近未来が手に入る。日本はすごく変わるけど、何も変わらない。
    こんな先進国は他に例がない。伝統と新しさを両方持っているところが美しいんです」

    2月25日の東京マラソンでは、去年に続き、スタート地点でギターを演奏し、ランナー達を力強く送り出す。
    「テレビに出てる僕を見て興味を持った人が、1人でも僕の音楽を聴いてくれたら嬉しいです。
    音楽を続けるのは大変かって? 僕にとって音楽は“歯を磨くぐらい”自然なこと。努力だと思わないから続けられるんじゃないかな」

    マーティ・フリードマン/
    アメリカ・ワシントンD.C.出身。世界的ロックギタリスト。
    来日公演を通じ、日本とJポップが好きになり、独学で日本語を学び始め、日本語弁論大会第2位に。
    2004年、活動拠点を東京に移す。
    音楽活動のほか、数々のTV出演で音楽ファン以外も魅了するマルチ・アーティストとして活躍中。

    http://bunshun.jp/articles/-/6220

    マーティさん
    http://bunshun.jp/mwimgs/4/d/-/img_4d8d081b4f27b7eaf9b7c5915bb2cb75232007.jpg 
    img_4d8d081b4f27b7eaf9b7c5915bb2cb75232007

    http://bunshun.jp/mwimgs/8/9/-/img_8992ed384502c9ff2e9b1e4dc5f57512112239.jpg 
    img_8992ed384502c9ff2e9b1e4dc5f57512112239

    【世界的ギタリストのマーティ・フリードマン「日本には全く飽きない。毎日“有難さ”が溢れてますよ。」】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 湛然 ★ 2018/02/19(月) 00:23:26.89 ID:CAP_USER9
    2018年2月19日 0:13

    ウルフルケイスケがウルフルズでの活動を休止、ソロ活動に専念

    ウルフルケイスケ(G)がウルフルズでの活動を休止することが発表された。

    活動休止の理由はウルフルケイスケがソロ活動に専念するため。ウルフルズメンバーとスタッフで話し合いを重ねた結果、本人の意志を尊重し今回の発表に至った。

    昨年デビュー25周年を迎えたウルフルズ。バンドはウルフルケイスケの活動休止中も新たな音楽を届けるべく3人で活動していく。


    ウルフルズ。右上がウルフルケイスケ(G)。
    https://cdnx.natalie.mu/media/news/music/2017/0407/ulfuls_art201704_fixw_640_hq.jpg 
    ulfuls_art201704_fixw_640_hq

    https://natalie.mu/music/news/270076

    【ウルフルケイスケがウルフルズでの活動を休止。ソロ活動に専念。】の続きを読む

    ダウンロード (2)


    1: 湛然 ★ 2018/02/05(月) 20:56:11.96 ID:CAP_USER9
    2018/02/05 05:22

    ザック・ワイルドが大好きなオジー・オズボーン楽曲は?

    ザック・ワイルド(Zakk Wylde)が大好きなオジー・オズボーン(Ozzy Osbourne)楽曲は? 
    少年がメタル・アーティストらにインタビューをするLittle Punk Peopleの人気企画にザック・ワイルドが登場し、自身が好きなオジー・ソングについて語っています。映像あり。

    “俺がオジーと一緒に書いた曲、それについては全て愛している。
    だが、ライヴで演奏するのが好きなのは「Mama I'm Coming Home」「No More Tears」「Miracle Man」のようなオジーと一緒に書いた最初の曲だな”

    “俺がオジーと一緒に書いていない曲、ランディ・ローズ(Randy Rhoads)のものは好きだ、ジェイク・E・リー(Jake E. Lee)のも同じく好きだ。
    俺は2人の大ファンだから。それぞれから1曲ずつ選ばなければならないのなら、ランディは「Flying High Again」、ジェイクは「Rock 'n' Roll Rebel」かな”


    ※映像はソースにてご確認ください。
    http://amass.jp/100739/

    【ザック・ワイルドが大好きなオジー・オズボーン楽曲は? 】の続きを読む

    ダウンロード (2)


    1: muffin ★ 2018/01/30(火) 17:22:29.77 ID:CAP_USER9
    https://www.oricon.co.jp/news/2104888/full/
    2018-01-30 17:11

     病気療養中だったギタリストの弥吉淳二さんが、26日午後9時31分に入院先の病院で死去したことが30日、わかった。49歳だった。

     所属事務所は「生前のご厚誼に深く感謝するとともに謹んでお知らせいたします。約2年半の闘病ではありましたが、本人の希望により病気を公表しておらず、みなさまには突然のお知らせとなりましたことをお詫び申し上げます」と文書で発表した。

     葬儀は故郷で近親者のみで行われ、「訃報のご連絡も葬儀後とさせていただきました。後日、東京にて『お別れの会』を予定しておりますので改めてご案内させていただきます」としている。

     弥吉さんは、椎名林檎のバックバンドのギタリストを務め、2001年1月に椎名と結婚。翌年1月に離婚した。吉川晃司、aikoのサポートギターなども担当し、編曲家としても多くの作品を手がけた。

    【椎名林檎さんの元夫でバックバンドのギタリスト、弥吉淳二さん死去。49歳。】の続きを読む

    images


    1: muffin ★ 2018/01/21(日) 12:29:38.61 ID:CAP_USER9
    https://www.barks.jp/news/?id=1000151065
    2018.1.20 21:01

    https://img.barks.jp/image/review/1000151065/001.jpg
    001

    https://img.barks.jp/image/review/1000151065/002.jpg
    002


    MIYAVIが1月18日、フランス・パリで開催されたヨウジヤマモト(YOHJI YAMAMOTO)の2018-19年秋冬メンズコレクションのランウェイに登場した。

    MIYAVIのパリコレ出演は今回が初。この日のショーについてMIYAVIは、「ヨージヤマモトという、40年近く世界と闘い続けてきた日本男児のブランドを、パリで纏えたということ、非常に光栄に思います。本番前、ヨージさんに着付けをされている時、その手のひらから何か魂みたいなものを授かったような感覚がしました」とコメントを残している。

    2017年にデビュー15周年を迎え、国内外でのライブ活動や作品リリース、さらに日本人としては初となるUNHCR(国連難民高等弁務官事務所)の親善大使に就任するなど、一年間を通じて幅広い活動を展開してきたMIYAVI。このあと3月からは、日本を皮切りに7度目のワールドツアーをスタートさせる。

    【MIYAVI、パリコレデビュー。「ヨウジヤマモトという日本男児のブランドをパリで纏えたこと、非常に光栄。」】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 名無しさん@涙目です。(茨城県) [US] 2018/01/09(火) 22:12:59.41 ID:HJr8L3V30● BE:679785272-2BP(2000)
    sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
    ギタリスト・藤岡幹大さん死去、36歳…BABYMETALのバックバンドで活躍
    1/9(火) 20:24配信

    メタルダンスユニット「BABYMETAL」のバックバンドなどで活躍していた
    ギタリストの藤岡幹大さんが、5日に亡くなっていたことが9日、分かった。
    36歳だった。

    藤岡さんのツイッターに「訃報のお知らせ ギタリスト藤岡幹大が
    平成29年12月30日に天体観測中高所から落ち療養の最中、
    平成30年1月5日夜容態が急変し娘2人に見守られながら
    享年36歳で永眠いたしました。ファンの皆様、関係者様、
    全速力で生きた彼のことを今後も愛して頂けたら幸いです。
    ありがとうございました。妻」と投稿された。

    ファンからは「楽しそうにギターを弾いている藤岡さんが好きでした」
    「言葉が無いです…」「嘘だ、信じたくない」など
    突然の訃報に悲しみのコメントが寄せられている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180109-00000158-sph-ent

    【「BABYMETAL」の神バンドギタリスト・藤岡幹大さん死去。】の続きを読む

    ダウンロード (3)


    1: 湛然 ★ 2017/12/21(木) 22:45:46.41 ID:CAP_USER9
    2017/12/20

    75年と94年にディープ・パープル脱退のリッチー・ブラックモア、バンドとの共演を希望

    ディープ・パープルを1975年と1994年に脱退したオリジナル・メンバー、リッチー・ブラックモアがバンドとの共演を希望しているようだ。

    リッチーは1968年にジョン・ロードやイアン・ペイスらとともにディープ・パープルを結成。1975年に一旦脱退しソロ活動を開始した後、1984年のディープ・パープル「第2期」再結成に参加。しかしその後1994年にイアン・ギランとの対立から再び脱退している。

    「Blabbermouth」によると、リッチー・ブラックモアの妻でバンド・メイトであるキャンディス・ナイトが米ラジオ番組「95.9 The RAT」のインタビューに応じ、夫のリッチーとバンドとの関係について以下のように話していたという。

    (ディープ・)パープルを脱退してからの彼のインタビューは色々とあるわよね……そのインタビューの中で、(ディープ・パープルのボーカルのイアン・)ギランについてネガティブな話をしてるものは全然ないと思うの。ギランのことをネガティブな文脈で表現したりしないのよ。

    でも、インターネットなんかでむこうのみんな(ディープ・パープルの現メンバー)がリッチーの悪口なんかを言ってるのを見ると、なんで? って感じなのよね。だって、こっちからは何も悪いことを言ってないのに。リッチーは今を生きてるの。今やるべきことだけをやっていて、たわ言なんかを吐く時間なんてないのよ。


    そして、以前にも「懐かしみたいという理由で」ディープ・パープルと1度だけ演奏を共にしたいと語っていたリッチーの気持ちは今も変わっていないようだ。

    そんな話をしていたことがあるわ……ここ数年の間、パープルと一緒にステージに上がって、何公演か一緒にやりたいって言っていたわね。何も問題はないんだって話してたわ。


    なお、リッチーはディープ・パープルが2013年の「ロックの殿堂」入りを果たした際、「(授賞式には)絶対に行かないね。俺はあれってあんまり好きじゃないんだよね。殿堂入りしてる一部の人たちについてもどうかな思うから、どう転んでも関心がないんだ」と式へは参加しなかった。


    https://rockinon.com/news/detail/171062

    【75年と94年にディープ・パープル脱退のリッチー・ブラックモア、バンドとの共演を希望】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 湛然 ★ 2017/12/07(木) 22:49:58.09 ID:CAP_USER9
    2017/12/07 05:50

    ナイル・ロジャース 癌の手術を受けていた 「100%回復」を宣言

    ナイル・ロジャース(Nile Rodgers)がブログを更新し、今年に癌の手術を受けていたことを明かし、現在は「100%回復」していると説明しています。

    ナイルは今年8月、体調を崩してシック(Chic)のコンサートを一日だけ休んだことがありましたが、それは大腸菌に感染して入院したものであったと今回のブログで明らかにしています。
    その入院時に行われた検査で、腎臓に癌(1つの塊の中の2つの異なる癌があったとのこと)が見つかっています。その後、発癌物質を取り除く手術を受けて無事成功。
    現在は癌なしで「100%回復」をしていると説明しています。

    (以下略、全文はソースをご覧ください。)


    http://amass.jp/98315/

    【ナイル・ロジャース、癌の手術を受けていた。「100%回復」を宣言。】の続きを読む

    images


    1: ◆Penguin/Js @( ´ヮ`)<わはーφ ★ 2011/02/10(木) 20:23:04 ID:???0
     2月6日におそらく睡眠中の心臓発作で亡くなったゲイリー・ムーアだが、
    メタリカのギターのカーク・ハメットはゲイリーの熱狂的なファンだったことでも
    知られ、自分に影響を与えた5大ギタリストのひとりだったと語っている。
    ちなみに、ほかの4ギタリストはジミ・ヘンドリックス、エディ・ヴァン・ヘイレン、
    スティーヴ・レイ・ヴォーン、マイケル・シェンカーだとか。
     カークはメタリカでの自身の演奏でもゲイリーからの影響を反映させていて、
    メタリカの代表作ともいわれる1986年の『メタル・マスター』のタイトル曲
    “メタル・マスター”のオープニングのギター・ソロのフレーズも実はゲイリーが
    得意していたギター・フレーズを借用してきたものだとカークはローリング・ストーン誌に
    語っている。
     特にゲイリーのブルース・アルバムを初めて聴いた時にはゲイリーのギターの
    スタイルだけでなく、ギターの音色そのものに「ぶっ飛んだ」とカークは語っていて、
    カーク自身、ゲイリーのサウンドとフィーリングだけをベースにしたリフもいくつか
    書いていて、そのリフを使った曲が1991年の『メタリカ』収録の“ジ・アンフォーギヴン”
    なのだとも明かしている。
     そんな自身にとってのヒーローといってもいいゲイリーにカークが実際に初めて
    会ったのは意外にもわずか1年半前のことだったとか。「ドイツのホテルに泊まってて、
    ホテルのジムに行こうとしてたんだよ。5階でエレべーターに乗ったら、4階で止まって、
    そこにゲイリー・ムーアがいきなり乗り込んできたんだ。もう信じられなかったね!」
     「すぐに自己紹介してさ、どれだけ影響を受けたかっていう話をさせてもらう機会に
    ありついたというわけなんだ。実は一時期ゲイリーは最近のギタリストで自分を
    パクっているやつに非常に腹を立てていたっていう話を聞いていたから、俺もちょっと
    ビクビクもんだったんだけどさ、あれ以上に優しく接してもらうことは考えられないって
    いうくらいに対応してもらってね、今振り返ってみて、本当にああやって会える機会に
    恵まれてよかったと思うよ」

    ソース:RO69
    http://ro69.jp/news/detail/47652
    メタリカ公式サイト
    http://www.metallica.com/

    【メタリカのカーク・ハメット「”メタル・マスター”のギター・ソロはゲイリー・ムーアへのオマージュ。」】の続きを読む

    このページのトップヘ