メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    音楽関係を中心にしたエンタメ関連のまとめブログ

    カテゴリ:国内外プレイヤー > ヴォーカリスト

    ダウンロード (1)


    1: 湛然 ★ 2019/02/09(土) 21:58:44.89 ID:HevTNmim9
    2019-02-09 15:34 オリコン
    顔出しNGシーア、『フジロック』で初来日決定 歌唱方法に注目集まる

     23回目を迎える野外ロックフェス『FUJI ROCK FESTIVAL’19』(7月26~28日、新潟・苗場スキー場)の出演アーティスト第1弾が発表となり、顔を見せないことで知られる豪シンガー・ソングライター、シーアの初来日が決定した。

     ケミカル・ブラザーズ、ザ・キュアーとともにヘッドライナーを務めるシーアは、アーティスト写真で紙袋をかぶったり、前髪を覆ったりと顔を露出しないことで知られる。2015年の『第57回グラミー賞』でも背中を向けたままパフォーマンスして話題に。
    「ベストミュージックビデオ」候補ともなった代表曲「シャンデリア」では、シーアのトレードマーク、金髪ボブのウィッグをかぶった当時11歳の天才美少女ダンサー、マディー・ジーグラーのバレエをベースとしたコンテンポラリーダンスと表現力に世界中の音楽ファンを驚嘆させ、YouTubeでの再生回数は20億回に迫ろうとしている。

     日本では女優の土屋太鳳が、シーアがアデルと共作した楽曲「アライヴ」の日本版MVに主演し、鬼気迫るコンテンポラリーダンスを熱演したことでも話題に。
    最近ではナタリー・ポートマンが出演する『ミス・ディオール』のCMソングとして「シャンデリア」が使用されている。SNSでは「シーア初来日やば」「シーア来るの?行きたすぎる」「生シャンデリア聴きたい」と歓喜の声が続々。
    「顔見せないで歌うのかな」と日本初ステージでのパフォーマンス方法にも注目が集まっている。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    『FUJI ROCK FESTIVAL’19』ヘッドライナーとして初来日が決定したシーア
    https://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20190209/2129267_201902090499699001549701369c.jpg
    2129267_201902090499699001549701369c

    https://www.oricon.co.jp/news/2129267/full/

    【顔出しNG『シーア』、フジロックで初来日決定。歌唱方法に注目集まる。】の続きを読む

    images


    1: 湛然 ★ 2019/01/22(火) 22:31:14.98 ID:U5mmAbpu9
    2019年1月21日 12:00
    bird デビュー20周年プロジェクト始動、約4年ぶりアルバム「波形」発売決定

    ソウルフルな歌声と独創性に満ちた楽曲で、ジャンルを問わず多くの音楽ファンを魅了するシンガー&ソング・ライターのbird。通算11枚目となる最新アルバム「波形」が3月20日にリリースされることになった。

    1999年3月20日発売のシングル「SOULS」によってデビューし、ちょうど20年目をむかえる記念すべきタイミングでのリリースとなる。

    前作の「Lush」に引き続き、プロデュースおよびサウンドメイキングは現代の音の名匠こと冨田ラボ(冨田恵一)によるもの。

    アルバムタイトルの「波形」という言葉の通り、様々なインストゥルメンツが生み出す音の“波形”の中に、birdの唯一無二の歌声が重なり、さらに研ぎ澄まされた音楽が展開されていく。

    本日1月21日、TBSラジオ「アフター6ジャンクション」通称“アトロク”に出演することも決まった。番組内では新譜に関しての制作状況を本人が語り、さらにはアコースティック・ギターを交えて代表曲をスタジオ生ライブを行う予定である。

    また、bird 20周年を記念した特設サイトがソニー・ミュージックダイレクトが運営する「otonano」内にオープンされた。最新アルバムに関する情報や、20周年スペシャルコンテンツが順次更新されていく予定だ。


    https://www.musicman-net.com/sites/default/files/2019-01/bird_ap_main_color.jpg
    bird_ap_main_color

    https://www.musicman-net.com/artist/83143

    bird 20th Anniversary『波形』
    http://www.110107.com/s/oto/page/bird

    【『bird』デビュー20周年プロジェクト始動。約4年ぶりアルバム「波形」発売決定。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 風吹けば名無し 2019/01/17(木) 21:00:32.52 ID:koGuyJ0aM

    【『違法路上ライブを絶対に許さないマン』、路上ライブをしていた歌手・小出美里さんが販売していたCDを買い、目の前で踏み潰す。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 湛然 ★ 2019/01/18(金) 22:24:56.80 ID:vsaoSzZS9
    2019.1.18 金曜日
    ブライアン・アダムス、3月リリースの新作よりエド・シーランとの共作曲“Shine A Light”が公開

    ブライアン・アダムスは来たるニュー・アルバムよりエド・シーランと共作した新曲“Shine A Light”が公開されている。

    ブライアン・アダムスは3月1日に通算14作目となるニュー・アルバム『シャイン・ア・ライト』をリリースすることが決定している。アルバムにはジェニファー・ロペスとのデュエット曲“That’s How Strong Our Love Is”も収録される。

    新曲“Shine A Light”はこちらから。
    https://www.youtube.com/watch?v=EA-1MdGTra4



    エド・シーランとの共作に至った経緯についてブライアン・アダムスは次のように語っている。「昨年のエドのダブリン公演で彼と会い、それから連絡を取り合っていたんだ。その後、“Shine A Light”のアイデアとしてあたためていたコーラスを彼に送って、この曲でコラボするのはどうだろうと尋ねてみた。すると、数日後、ヴァースがいくつか戻ってきたんだ」

    アルバムについて彼は次のように続けている。「この新しいスタジオ・アルバムには本当にワクワクしている。ロックとポップとR&Bがほどよくブレンドされている。ジェニファー・ロペスとの共演は夢のように素敵だった。僕らの声の響きは最高だよ」

    現時点でのリリースの詳細は以下の通り。

    ブライアン・アダムス
    『シャイン・ア・ライト』 2019年3月1日発売
    SHM-CD: UICP-1191 / ¥2,600(税抜)+税
    日本盤ボーナス・トラック1曲収録


    https://nme-jp.com/news/67098/

    【『ブライアン・アダムス』、3月リリースの新作よりエド・シーランとの共作曲“Shine A Light”が公開。】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: 湛然 ★ 2019/01/14(月) 05:32:49.07 ID:9XB6ii629
    2019.01.13.
    舘ひろし 18歳の歌手Annaに失恋のススメ…「恋をして、たくさん捨てられろ」

     俳優の舘ひろし(68)が13日、都内で行われた歌手・Anna(18)の新曲「初恋のワルツ」発売記念イベントにゲストとして登場した。

     同曲は、昨年12月に放送された舘と神田正輝(68)のダブル主演ドラマ「クロスロード3」の主題歌。Annaはドラマの前作「クロスロード-声なきに聞き形なきに見よ-」でも主題歌を担当し、2017年ごろから一緒に食事をするなどプライベートでも親交があるという。

     花束を持って駆けつけた舘は「『恋をして、たくさん捨てられろ』って言ってるんです。夢をみたり、傷ついたり、心のひだみたいなものがアーティストにとっていい、いい影響を与えると思う。私もなくした恋の分だけ大人になってきました」と“失恋のススメ”。Annaは「私を捨てられさせたいみたいなんです」と苦笑いだった。

     舘はラグビー部出身で芸能界きってのラグビー通。前日12日に明大が優勝した全国大学選手権にも言及し、戦前は敗れた天理大を推しており「明治の攻撃陣のディフェンスを褒めるべきだね」と称賛した。

     フランスリーグなど世界各地の試合をテレビ観戦しており「前に出るディフェンスのチームが強いね」と現代ラグビーの潮流を分析。一方、天理大のスクラムにも目を付け「10キロ近く(体重差が)あるのに、小さくてもしっかりパックをして押す。そこに日本ラグビーの未来を見た気がする」と熱く語った。


    応援に駆けつけた舘ひろし(右)とAnna=東京・新宿タワーレコード
    https://i.daily.jp/gossip/2019/01/13/Images/d_11976325.jpg
    d_11976325

    https://www.daily.co.jp/gossip/2019/01/13/0011976324.shtml

    【舘ひろし、18歳の歌手Annaに失恋のススメ。「恋をして、たくさん捨てられろ。」】の続きを読む

    images


    1: 湛然 ★ 2019/01/05(土) 23:00:47.88 ID:CAP_USER9
    2019/01/04 13:01
    パンテラ/DOWNのフィル・アンセルモが「俺の人生を変えた10枚のアルバム」発表

    パンテラ(Pantera)やDOWN等で知られるフィル・アンセルモ(Philip Hansen "Phil" Anselmo)が「俺の人生を変えた10枚のアルバム」を発表。英メタル雑誌Metal Hammerの企画

    ●初めて買ったアルバム
    Kiss / Alive


    ●最も良いと思うアルバム・アートワーク
    Mercyful Fate / Mercyful Fate EP


    ●俺が作ったものだったらいいのにと思うアルバム
    Slayer / Hell Awaits


    ●誰も俺が持っているとは信じないだろうアルバム
    Aztec Camera / Stray


    ●語り継がれて欲しいアルバム
    Pantera / Vulgar Display Of Power


    ●最高速度を破るアルバム
    Dark Angel / Darkness Descends


    ●あってはならない残念なアルバム
    Metallica / Load


    ●セックスの時に初めて流したアルバム
    Mercyful Fate / Melissa


    ●自分の葬式で流してほしいと思うアルバム
    U2 / War


    ●子供から“メタルってなに?”と尋ねられた時に渡すアルバム
    Judas Priest / British Steel


    各作品毎のコメントもある詳細は以下のURLのページでご覧になれます。
    https://www.loudersound.com/features/discs-of-doom-philip-h-anselmo


    http://amass.jp/115401/

    【『PANTERA』/『DOWN』のフィル・アンセルモ「俺の人生を変えた10枚のアルバム」】の続きを読む

    ダウンロード (3)


    1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/12/23(日) 15:07:18.00 ID:CAP_USER9
    2018年も様々な芸能ニュースが駆け巡ったものの、多くの人に惜しまれつつも引退した安室奈美恵のニュースも今年だ。
    引退から数カ月が経過した今も安室ロスを嘆く人は存在するものの、謎の野望を抱いているアーティストがいると聞きつけた。それは一体誰なのか。

    「倖田來未です。彼女は安室奈美恵が引退すれば自分自身がいよいよ国内のトップアーティストに君臨できると信じていたんです。
    歌姫として祭り上げられ、自分の時代が来ると考えていたようです」(音楽業界関係者)

    たしかに人気アーティストではあるが、安室奈美恵の引退がどうして自分の活動に影響すると感じたのだろうか。

    「自分は既に国内最高峰の歌姫であるとの自覚があった模様ですが、安室奈美恵がいるために影に潜んでいたと思っていたと聞いています。
    そのため、安室引退後は音楽番組からもオファーが来て、自分が平成最後の歌姫と称される可能性があると思っていたみたいです。もちろん、そんなことはないんですけどね」(同)

    なんだか痛々しい。

    「そもそも本当に求心力や才能があれば、誰がいようともその人がトップに立つのが実力主義の芸能界という世界です。
    それなのに自分がイマイチスターダムにのし上がれない理由を安室奈美恵に押し付けているんですから、イタいですよ。
    関係者も呆れていると聞きます」(同)

    だが、そこまで考えていたのであれば今はどのような思いで過ごしているのだろうか。

    「本人は落胆していると関係者から聞きます。ライブや音楽番組、密着取材などのオファーがくると思っていたようですが、何ひとつ以前と変わっていませんからね。
    とはいえ、まだまだトップアーティストの1人です。来年以降、実力でまた昔のような輝きを取り戻すかもしれません」(同)

    才能のない若手アーティストというわけではなく、実績も人気もある実力派なのだから、意味不明な妄想など捨てて地に足をつけて頑張っていただきたいものだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1622002/
    2018.12.23 09:00 トカナ

    【『安室奈美恵』の引退で“No.1歌姫”になれると信じる『倖田來未』が痛々しい?】の続きを読む

    images


    1: 朝一から閉店までφ ★ 2018/12/10(月) 15:40:48.25 ID:CAP_USER9
    [2018年12月10日15時13分]
    デーモン閣下が、英ロックバンド「クイーン」とそのボーカリスト、フレディ・マーキュリーの生涯を描いた映画「ボヘミアン・ラプソディ」に関してテレビ番組で語った自身の発言について、一部を修正した。

    デーモン閣下は6日放送の「クローズアップ現代+」に出演。同番組は大ヒットを記録している「ボヘミアン-」を取り上げた。デーモン閣下はクイーンにまつわる思い出などを振り返りながら、同映画がクイーンをリアルタイムで知らない10代や20代の若者にも熱烈に支持されている現象について
    「若い人たちが、自分らしく生きるっていうことに気付いた、と。自分らしく生きるっていうのは、実際にやろうと思うと、必ず何かと戦わなければならない。でも、それを乗り越えたところに、本当の自分らしさがあるというような、そんなことが描かれた映画だと思いますし、
    だからフレディはきっと、戦いを音楽で、歌で戦っていたんだなというのが非常によく分かり、若者たちは必ずしもみんな音楽じゃないけれども、自分たちなりに何かと戦っていこうというふうに共感したのかなというふうに今日、思ったね」と分析していた。

    デーモン閣下はこの発言について、8日更新のブログで「もしも吾輩の『真意』と異なる受け止め方をされていたら本意ではないので」として一部を修正。「若者たちは必ずしもみんな音楽ではないかも知れないけれど、
    自分たちなりに『自分らしく生きる』ことを阻害する(=自分の存在を否定する)ものごとや人と『何か(自分なりの武器)で』戦っていこうと共感したのかなというふうに今日、思ったね」と修正箇所を示し、「さ細な違いだが、誤解は招きたくないので修正させて貰った」とした。

    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201812100000429.html

    【デーモン閣下、「誤解招きたくない」と自身の発言を修正。】の続きを読む

    images


    1: シャチ ★ 2018/12/06(木) 11:22:13.77 ID:CAP_USER9
     歌手の徳永英明(57)が体調不良のため、6日に予定していた富山公演を延期することになった。同日、公式サイトで発表した。

     サイトによると、前日5日、富山へ移動中の新幹線の中で体調不良を訴え、長野駅で下車。県内の病院で治療を受けたところ「過度の肉体疲労による過換気症候群」との診断を受けたという。

     「本日12月6日の富山オーバードホールでのコンサートを一旦延期とさせていただくことになりました。2度にわたるコンサートの延期、当日を楽しみにされていたお客様、本当に申し訳ございません」とファンに謝罪し、今後については「自宅にて疲労回復を図るとともに神戸公演に向け、静養してまいります」とした。


    12/6(木) 11:15配信 スポニチアネックス
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181206-00000103-spnannex-ent

    徳永英明
    https://amd.c.yimg.jp/im_siggR7UsaNyWPxWQNDeQRpWPUQ---x675-y900-q90-exp3h-pril/amd/20181206-00000103-spnannex-000-3-view.jpg 


    【徳永英明、またも公演延期。体調不良で新幹線を途中下車。】の続きを読む

    ダウンロード (2)


    1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/12/04(火) 21:07:33.50 ID:CAP_USER9
    http://image.dailynewsonline.jp/media/b/4/b495c62a4c06ce253a979d14d2d1458ece12a423_w=666_h=329_t=r_hs=4094af427de04f42f570723e32e5a84a.jpeg
    b495c62a4c06ce253a979d14d2d1458ece12a423

    歌手の木村カエラが12月2日放送の「7.2 新しい別の窓」(AbemaTV)に出演。
    稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾と木村のヒット曲「HOLIDAYS」「リルラリルハ」などを熱唱した。彼女のファンにとってはうれしいステージだったが、同時に劣化が心配される事態となってしまった。

    この日の木村は髪をブルーに染め、ほぼすっぴんかと思うような薄化粧。明らかに眉が短く見える。

    「彼女らしい奇抜なビジュアルと言えるかもしれませんが、多くの人の目には残念なルックスと映ったようで、ネット掲示板などには『イタイおばさん』との書き込みもありました」(芸能ライター)

    木村カエラと稲垣たち3人が共演するのは約6年ぶり。期待して放送を待っていた人たちも多かったが、木村が登場した時は「誰が出てきたのかわからなかった」という意見がSNSなどに寄せられた。

    「中には『野沢直子が出てきたのかと思った』という声もあり、思わず笑ってしまいました。確かに似ていましたね。
    彼女の個性的ファッションは女性ファンから指示されていますが、少しは男性ファンの目も意識したほうがいいのではないでしょうか」(芸能関係者)

    夫で俳優の瑛太がどう思っているのか、ぜひ聞いてみたいものだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1596856/
    2018.12.04 18:14 アサジョ

    【「野沢直子が出てきたの?」 木村カエラの残念なルックスにファン騒然。】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: 湛然 ★ 2018/12/03(月) 22:37:06.79 ID:CAP_USER9
    Rolling Stone Japan 編集部 |2018/12/03 20:30
    トッド・ラングレン、キャリア50年の集大成となる来日公演が決定

    2019年5月の来日公演が決定したトッド・ラングレン(Photo by Facebook)

    トッド・ラングレンの来日公演『TODD RUNDGREN THE INDIVIDUALIST TOUR』が、2019年の5月22日に東京・錦糸町のすみだトリフォニーホール、5月23日に大阪・NHK大阪ホールで開催されることが明らかになった。

    今年で70歳を迎えた、ポップスの魔術師ことトッド・ラングレン。昨年最新アルバム『White Knight』をリリースし、最近はレモン・ツイッグスの2nd『Go To School』にゲスト参加したことも話題となっていたが、来日はリンゴ・スターのジャパン・ツアーに帯同した2016年以来となる。

    『TODD RUNDGREN THE INDIVIDUALIST TOUR』と題された今回のツアーは、XTCやバッドフィンガー、あるいはホール&オーツなど錚々たるアーティストを手がけてきた名プロデューサーにして、優れたシンガーソングライターでもある彼のキャリア50年を振り返る集大成的なステージとなるようだ。チケットの先行予約は本日12月3日より、一般販売は12月22日からスタートする。

    <来日公演情報>

    TODD RUNDGREN THE INDIVIDUALIST TOUR

    東京公演
    日程:2019年5月22日(水)
    会場:東京都 錦糸町 すみだトリフォニーホール
    時間:OPEN 18:30 / START 19:30
    (中略)
    大阪公演
    日程:2019年5月23日(木)
    会場:大阪府 NHK大阪ホール
    時間:OPEN 18:30 / START 19:30
    (中略)

    公演詳細ページ:
    https://www.creativeman.co.jp/event/todd-rundgren/


    2019年5月の来日公演が決定したトッド・ラングレン(Photo by Facebook)
    https://images.rollingstonejapan.com/articles/29000/29550/ORG/dbd986c24a9d67b2fc84fab9a0e07049.jpg
    dbd986c24a9d67b2fc84fab9a0e07049

    https://rollingstonejapan.com/articles/detail/29550

    【『トッド・ラングレン』、キャリア50年の集大成となる来日公演が決定。】の続きを読む

    images (2)


    1: 湛然 ★ 2018/11/27(火) 22:34:38.53 ID:CAP_USER9
    11/27(火) 21:45 rockinon.com
    アクセル・ローズ、「5時間嘔吐し続けた」にもかかわらずガンズの公演を敢行。2年半にわたるワールドツアー終盤で

    ガンズ・アンド・ローゼズが、アクセル・ローズの体調不良のためアブダビでの公演を中断していたことが明らかになった。

    「Consequence Of Sound」によると、アクセルは現地時間11月25日に行ったアブダビ公演の当日、「5時間にわたって嘔吐し続けていた」にもかかわらず公演の敢行を希望。しかし17曲を演奏したところで、中断せざるを得ない状況になったとのことだ。

    スラッシュとダフ・マッケイガンは今回のライブ中断に関し、以下のようなツイートを投稿している。

    「アブダビのみんな、今夜は最高だったぜ! アクセルはかなり体調が悪かったんだ。それをちゃんと理解してくれてありがとう。次の機会を楽しみにしてるよ! ありがとう!」

    「アブダビ、ありがとう! アクセルは奇跡を起こしたね。めちゃくちゃ体調が悪かったのに、ここ40年で見たことないぐらい最高のパフォーマンスだったよ。それもみんなのおかげさ。また会う日まで!」

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    https://rockinon.com/news/detail/181934


    @Slash
    https://twitter.com/Slash/status/1066791191071608834

    ※こちらのサイトで動画をご覧になれます。
    https://nme-jp.com/news/64632/
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

    【アクセル・ローズ、「5時間嘔吐し続けた」にもかかわらずガンズの公演を敢行。】の続きを読む

    このページのトップヘ