メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    音楽関係を中心にしたエンタメ関連のまとめブログ

    カテゴリ:国内外プレイヤー > ヴォーカリスト

    ダウンロード (1)


    1: muffin ★ 2018/07/14(土) 14:04:57.82 ID:CAP_USER9
    https://natalie.mu/music/news/291194
    2018年7月14日 13:00

    Coccoがアパレルブランド・Composition-aを設立した。

    彼女は今年メジャーデビュー21周年を迎えたことを記念し、21着限定の「夢のポケット付ティアード・スカート」を制作。価格は7万7760円で、7月16日12:00よりComposition-aのオフィシャルサイトにて販売される。なおCoccoは、このたびの西日本豪雨被害を受け同商品の売上利益金全額をチャリティに寄付することを直筆のコメントと共に発表した。

    夢のポケット付ティアード・スカート
    https://cdnx.natalie.mu/media/news/music/2018/0714/Cocco_skirt_fixw_640_hq.jpg
    Cocco_skirt_fixw_640_hq

    https://cdnx.natalie.mu/media/news/music/2018/0714/Cocco_letter_fixw_640_hq.jpg 
    Cocco_letter_fixw_640_hq

    https://cdnx.natalie.mu/media/news/music/2018/0714/Cocco_art201807_fixw_640_hq.jpg 
    Cocco_art201807_fixw_640_hq

    【Coccoがアパレルブランドを設立。21着限定のスカートを販売。売上全額を豪雨被害チャリティに寄付。】の続きを読む

    images


    1: 記憶たどり。 ★ 2018/06/12(火) 02:29:31.90 ID:CAP_USER9
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180612-00236070-nksports-ent

    1976年(昭51)年に「ぼくたちの失敗」がヒットするなど、1970年代にシンガー・ソングライターとして活躍し、
    1983年(昭58)に引退した森田童子さん(もりた・どうじ=本名不明)が、4月24日に亡くなっていたことが
    11日、分かった。66歳だった。日本音楽著作権協会(JASRAC)の会報に、訃報が掲載された。
    死因は明らかにされていない。

    森田さんは、1975年(昭50)に「さよなら ぼくの ともだち」でデビュー。若さとむなしさが充満する歌詞と、
    語り掛けるような歌声が特徴で「孤立無援の唄」や「男のくせに泣いてくれた」などヒット曲を出した。
    ライブハウスを中心に活動を展開し、若者に支持されたが、83年に東京・新宿ロフトでの公演後、活動を休止した。
    明確な引退宣言はなかったが、引退後は主婦として暮らし、表舞台には出なかった。

    その中、1993年(平5)に「ぼくたちの失敗」がTBSドラマ「高校教師」の主題歌となり再ブームを呼んだ。
    2016年には、最新技術でリマスターされたアルバム全集や全曲集の楽譜も出版されるなど、再び脚光を浴びていた。

    【ドラマ『高校教師』の主題歌で有名なシンガー・ソングライターの森田童子さん、4月に死去。享年66。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 湛然 ★ 2018/05/07(月) 23:13:46.02 ID:CAP_USER9
    2018/05/06 07:39
    ティナ・ターナーのオフィシャル・ドキュメンタリー映画が製作決定

    ティナ・ターナー(Tina Turner)のドキュメンタリー映画が製作決定。ティナ自身が初めて公認したオフィシャル作品で、今夏より制作が開始されます。

    『Tina Turner』という仮タイトルが付けられた本作は、『アンディフィーテッド 栄光の勝利』『LA 92』などで知られる監督コンビ、ダニエル・リンジーとT・J・マーティンが、プロデューサーのサイモン・チン(『マン・オン・ワイヤー』『シュガーマン 奇跡に愛された男』『ホイットニー』)、ジョナサン・チン(『LA 92『ホイットニー』)と共に手がける作品。

    ドキュメンタリーには、ティナ自身のほか、友人、家族、音楽コラボレーターなどのインタビューがあり、またこれまで未公開であった映像(パフォーマンス他)も含まれる予定です。


    Brian Rasic/Getty Images Tina Turner
    https://cdn1.thr.com/sites/default/files/imagecache/portrait_300x450/2016/06/tina_turner_2_h_2016.jpg 
    tina_turner_2_h_2016

    https://www.hollywoodreporter.com/news/cannes-tina-turner-doc-works-man-wire-producers-1108681

    http://amass.jp/104636/

    【ティナ・ターナーのオフィシャル・ドキュメンタリー映画が製作決定。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: シャチ ★ 2018/05/06(日) 13:24:04.45 ID:CAP_USER9
    5/6(日) 6:20配信 クランクイン!
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180506-00055789-crankinn-musi
    画像
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20180506-00055789-crankinn-000-1-view.jpg
    20180506-00055789-crankinn-000-1-view

     昨年デビュー30周年を迎えたアーティストの永井真理子。1980年代から90年代にかけて『ミラクル・ガール』や『ZUTTO』など
    数々のヒット曲を世に送り出した人気歌手として知られるが、結婚や出産、海外移住などを経て、2006年以降、音楽活動を
    休止していた。そんな彼女が昨年、約11年ぶりに新曲を発表し、スペシャルライブを行うと、多くのファンが詰めかけた。
    さらに今年も7月に東京・大阪でライブを開催する(東京公演はソールドアウト)。なぜ彼女は音楽活動を再開したのか――率直な胸の内を聞いた。

     2003年、家族と共にオーストラリア・シドニーに移住した永井。そこからも、新しい音楽の模索を含め、活動を継続していたというが
    「走り続けているときは見えなかったのですが、すこし時間ができて、立ち止まってこれまでの音楽活動を客観的に振り返ったとき、
    後悔や自分の理想とするものができていないのでは…という思いが沸いてきて、自信喪失してしまったんです」と当時を振り返る。

     ここからは苦悩の日々が始まる。「自分がたくさんの人の前で歌う姿が想像できなくなってしまい、深いところまで落ちてしまいました。
    もう歌うことができない状態になってしまったのです。一方で、私のことを待ってくださっている方々がいるという思いも強く、
    それは私にとって見過ごすことができなかった。だから余計、自分のなかで葛藤が生まれ、本当に心から歌に向き合えるまで、
    音楽活動は無理だと判断したのです」。

     “苦悩”とは言いつつも、音楽から遠ざかっていた10年は、永井にとってかけがえのない時間でもあった。
    「人として母親として奥さんとして、という側面からみれば、とても有意義な時間でした」とプライベートでの充実を明かすと
    「また、こうして音楽を再開できたいま考えると、ブランクがあった10年は絶対必要な時間だったと思えるのです。
    なぜなら、音楽に対して本当に新鮮な気持ちで取り組むことができているから」としみじみと語る。

     では、なぜ昨年、深く落ち込んでしまった音楽を再開しようと思ったのか――。この点について永井は
    「なにがきっかけになったのかを考えたとき、一つに限定できないのですが、大きな力になったのはファンと
    ミュージシャン仲間ですね」と語ると「30周年という節目に向けて、ファンの方が『また是非歌って欲しい』と
    大きな声を上げていただいたり、仲間が『会場を押さえておくから』と背中を押してくれたりしたんです」と説明する。
    >>2に続く

    【永井真理子、11年ぶりの音楽活動再開への思いを語る。「自信喪失した時期も。」】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 胸のときめき ★ 2018/04/11(水) 08:22:26.86 ID:CAP_USER9
    4月1日付で所属事務所を独立したビートたけしの新情報が舞い込んできた。実娘である北野井子(しょうこ)から絶縁状を叩きつけられたというのだ。
    4月10日に更新された『女性自身』(光文社)のウェブ版によれば、愛人にのめり込んでゆくたけしを、娘が「気持ち悪い」「顔も見たくない」と拒絶するようになり、絶縁状も叩きつけたという。

    https://npn.co.jp/article/detail/58068460/

    【ビートたけしと絶縁状態の娘“北野井子”、手厚いデビューをした恩があるのになぜ。】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: 湛然 ★ 2018/04/15(日) 06:01:03.31 ID:CAP_USER9
    2018/04/15 05:45
    ジョー・リン・ターナーが心臓発作を起こして入院 「現在は安定している」

    レインボー(Rainbow)やディープ・パープル(Deep Purple)等での活躍でも知られるジョー・リン・ターナー(Joe Lynn Turner)が、東ヨーロッパの国ベラルーシの首都ミンスクで心臓発作を起こして入院しています。地元メディアは、ベラルーシ保健省の報道担当官の話として「現在は安定している」と伝えています。友人のグラハム・ボネット(Graham Bonnet)もジョーが「心臓の問題」で入院したことを自身のFacebookページに投稿しています


    Graham Bonnet - My friend Joe was hospitalized in Minsk... | Facebook
    https://www.facebook.com/graham.bonnet.5/posts/2073396256270652

    http://amass.jp/103743/

    【ジョー・リン・ターナーが心臓発作を起こして入院。「現在は安定している。」】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: muffin ★ 2018/03/29(木) 19:35:01.54 ID:CAP_USER9
    https://mdpr.jp/news/detail/1756455
    2018.03.29 19:04

    歌手の家入レオが29日、自身のブログにて、5月からの全国ツアーでペンライトを「お休みしたい」とファンに呼びかけた。

    家入は「わたしからのお願い」というタイトルでブログを更新。「勝手やなって怒る人もいるかもしれません」と切り出すと、「今回のツアーね、わたし、みんなを前とは少し違った形で感じたいと思ってます。なんのことかと言うと、ペンライトをお休みしたいんです」と明かした。

    「グッズでずっと出していたのに、どうして?ってなるよね。ごめんなさい」と謝罪した家入。「これまで会場で見させてもらったペンライトの色、すごく綺麗だった。みんながここにいてくれるってことが伝わってきて、歌の力になりました。ありがとう」と、今までのペンライトの応援に感謝しつつ「そしたら、もっとみんなを深いところで感じたくなりました。目を閉じても、照明がなく真っ暗でも、みんなを感じて、歌いたいと思いました」と禁止の理由をつづった。

    「それでもやっぱり、小さい子たちが一所懸命にペンライトを振ってわたしの歌を味わってくれているのが嬉しくて。わたしも、歌いながらクラップしたりすると気持ちいいもんなー、って」という家入は、「だから、ペンライトとは少し違いますが、ちょっと照れ屋さんな人とかが気持ちを少しでもオープンできたりする、違ったアイテムを今作ってます」と、ペンライト以外のアイテムを企画していることを報告。

    また会場では、スタッフにもペンライト禁止のインフォメーションをしてもらうといい、「大丈夫かと思います、が。それでもわたしの不手際で、ライブに来てくれている誰かが気を利かせてその方に『ペンライト今回はお休みみたいです』って伝えさせてしまうことになってしまったら。まず、ごめんっ!!笑。そして、その時はどうか、こころで!笑顔で!伝えることをどうぞ、お忘れなく!」と呼びかけた。

    最後に家入は「やだなぁ、みんなにお願いしてばっかりだ、わたし。でもその分ちゃんと歌にする」と決意をつづり、「ペンライト、よろしくお願い致します」と締めくくった。(modelpress編集部)

    https://cdn.mdpr.jp/photo/images/ab/412/w700c-ez_4e631b5ef2d612df715784bd406ef870193f24eb2f4242f4.jpg
    w700c-ez_4e631b5ef2d612df715784bd406ef870193f24eb2f4242f4

    https://cdn.mdpr.jp/photo/images/31/b3c/w700c-ez_1007889e0847d8d347d17ac228bd8403e2efa7d1c312a784.jpg 
    w700c-ez_1007889e0847d8d347d17ac228bd8403e2efa7d1c312a784

    【家入レオ、ライブで“ペンライト”使用禁止に。理由も明かす。】の続きを読む

    images


    1: ストラト ★ 2018/03/20(火) 20:33:21.61 ID:CAP_USER9
    ロリータシンガーソングライターを称する有坂愛海が、亡くなったファンのための追悼ライブを開催すると発表した。

    有坂は20日に「ファンを亡くした気持ち」とのタイトルでブログを更新し、追悼ライブ開催に至るまでの経緯と心情を綴った。
    ファンの間で「おっきゃん」の愛称で知られていた55歳の男性は、10年間ほとんど全てのライブに来場していた。
    しかし、昨年に大動脈乖離の手術を受けることになり入院。
    その後、SNSの更新は止まり、ライブにも訪れなくなっていた。

    心配していた有坂は、事務所に所属しておらず、迷惑をかけるメンバーもいないことから、このファンの会いに行くことを決意。
    住所や電話番号、メールアドレスなどの連絡先は知らなかったが、本名を頼りに自宅を突き止めて訪問。
    その際、近所の住人から、退院後の昨年8月29日に自宅で亡くなったと聞いたという。

    ファンには家族がなく、葬式も行わなれなかったと知った有坂は、「みんなで集まって故人の思い出話を話す日がないと、寂しすぎる」とお別れ会の開催を決定。
    現在、有坂のほかにファンが応援していたアーティストを集めている。
    追悼ライブは、
    東京・渋谷の「初台DOORS」で「おっきゃん追悼ライブ おっきゃんがいナイト」と題し4月11日に開催する。

    http://news.livedoor.com/article/detail/14461305/

    有坂愛海
    http://pbs.twimg.com/media/DX6brWGVMAACjP-.jpg

    【シンガーソングライター・有坂愛海、10年間応援してくれていたファンが孤独死していたことを知り、そのファンの為に追悼ライブを開催すると発表。【4/11・東京・渋谷「初台DOORS」】】の続きを読む

    ダウンロード (8)


    1: Egg ★ 2018/03/11(日) 13:49:36.76 ID:CAP_USER9
    長渕剛(61)といえば「とんぼ」「巡恋歌」をはじめ、数々のヒット曲を持つシンガー・ソングライターだ。
    これまでに様々な騒動が取りざたされてきたものの、そのカリスマ性は今もなお衰えていない。

    その長渕の次男・蓮(24)こと「ReN」が、父と同じシンガー・ソングライターの道を歩んでいることをご存じだろうか。

    長渕の関係者が語る。
    「もともとはレーシングドライバーでした。車好きが高じて12歳からレースを始めたそうです。

    2010年にイギリスに渡って転戦し、ベストルーキーアワードを2回受賞したほど才能があったんですが、腰を負傷し、15年には引退してしまいます。
    で、イギリスにいたときに衝撃を受けたのがロックでした。そこで、ミュージシャンに転身したのです」

    オフィシャルHPのプロフィルを見ると、長渕や母の志穂美悦子のことはまったく触れられていないが、鼻筋から唇、顔の輪郭は父親にそっくり。ギターを肩に担いだ姿は、まさに長渕の面影がありありと分かる。
    「父と母のことを隠しているわけではありませんが、あえて触れないようにしているんです。というのも、自分と父はそれぞれの音楽をやっているという自負があるし、やはり父の七光りというのはイヤだという思いがあるんですよ」(同関係者)

    とはいえ、やはりミュージシャンとしてのDNAは確実に息子に受け継がれているようだ。レーシングドライバーを引退した15年に、いきなり102本のライブを敢行。しかも「FUJI ROCK FESTIVAL」にも出演を果たす。

    翌年には初アルバム「Lights」をリリースし、iTunesオルタナティブ部門で1位を獲得。ツアーファイナルとなった渋谷のライブハウス「エッグマン」を超満員にさせた。
    17年にはスペースシャワーTVの「New Force2017」に選出されるなど、破竹の勢いなのだ。

    音楽関係者の話。
    「音楽活動をやる上で背中を後押してくれたのが『ONE OK ROCK』(以下ワンオク)のTakaです。偶然知り合いだったそうで、Takaにデモテープを聞かせたところ『これ、いいじゃん!』と大絶賛。
    当時、TakaはReNの父親が長渕と知らなかったようですが(笑い)。そこで『ワンオク』のオープニングアクトに抜てきされたのが大きいでしょうね」

    今でもTakaとは大の仲良しだという。それにしても、気になるのは長渕本人だ。息子の活動をどう思っているのだろうか。

    前出の長渕の関係者が明かす。
    「それはそれは喜んでいます。やはり子はかわいいですからね(笑い)。ReNがあるアイドル雑誌に取り上げられることがあったんですよ。そしたら、掲載用の写真を何百枚の中から自ら選んだほどです。
    『これがいいんじゃねえか』と我が子のことに真剣そのものでした。親子ライブ? ReNがキャリアを積み重ねればあり得るでしょうね」

    いつか富士山の麓で、一緒にギターをかき鳴らす日が来るかもしれない。

    2018年3月11日 11時0分 東スポWeb
    http://news.livedoor.com/article/detail/14416607/

    写真
    http://care-send.com/wp-content/uploads/2017/08/ReN201702top.jpg

    ReN - Lights [Offcial Video]
    https://www.youtube.com/watch?v=wrtiKQ3B25M


    【長渕剛の息子ReN、七光り頼らず独力で躍進。ワンオクのTakaも「いいじゃん!」と大絶賛。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 湛然 ★ 2018/02/23(金) 04:50:37.28 ID:CAP_USER9
    2018.2.23 0:00

    アン・ルイス、1972?1977年に発売した初期アルバム全7枚を初復刻/紙ジャケ仕様で3月7日に一挙発売

    「ラ・セゾン」「六本木心中」「あゝ無情」などをヒットさせ、1980年代中盤に“歌謡ロック”というジャンルを創り上げたアーティスト、アン・ルイス。彼女がデビューした翌年1972年に発売した1stアルバム『雨の御堂筋/アン・ルイス・ベンチャーズ・ヒットを歌う』から、1977年に発売したオールディーズ・カヴァー集『ロッキン・ロール・ベイビー』まで、彼女の初期のアルバム7枚をCD紙ジャケット仕様で初復刻、3月7日に一挙発売となる。

    アン・ルイスは、1971年2月25日、シングル「白い週末」でデビューし、1972年に初のアルバム『雨の御堂筋/アン・ルイス・ベンチャーズ・ヒットを歌う』を発表。その後も、1974年に初のシングル・ヒット「グッド・バイ・マイ・ラブ」を発表しながら、ポール・アンカ、カスケーズ、ザ・ロネッツ、マーヴェレッツ、スタイリスティックス、カーペンターズなど、良質のオールディーズ・カヴァー作品も数多く発表している。

    そして彼女の初期のオリジナル作品は「グッド・バイ・マイ・ラブ」をはじめ、「明日になったら」「フォー・シーズン」など、アメリカン・ポップスを彷彿させる作品が多く、そこにも彼女のルーツを垣間見ることができる。のちに、彼女はカヴァー集『チーク』を1980年代に3枚リリースしているが、今回リリースする初期のアルバムにも、そのエッセンスを感じとることができる。本企画は、これまで単独アルバムの形としては入手不可能だった彼女の初期の作品を7枚まとめて復刻する。

    歌謡曲+ロック=歌謡ロックを創り上げたアン・ルイス。彼女のもう一つの魅力であるオールディーズ・ポップスを感じられる初期作品をこの機会に是非、体験していただきたい。
    リリース情報
    2018年3月7日(水)発売
    『雨の御堂筋/アン・ルイス・ベンチャーズ・ヒットを歌う』 VICL-64956
    『おぼえてますか』 VICL-64957
    『グッド・バイ・マイ・ラブ』 VICL-64958
    『ハネムーン・イン・ハワイ』 VICL-64959
    『恋のおもかげ』 VICL-64960
    『恋を唄う+4』 VICL-64961
    『ロッキン・ロール・ベイビー+2』 VICL-64962

    ●紙ジャケット仕様
    ●オリジナル・マスターからの2017年最新リマスタリング(K2HD PRO マスタリング)
    ●オリジナルLP付属物(歌詞カード、ポスター等)及びシングル・ジャケット縮小封入
    ●完全生産限定盤
    ●各2,500円+税

    <配信情報>
    iTunes Store、レコチョクほか主要配信サイト、Apple Music、LINE MUSIC、Spotify、Amazon Music Unlimitedなど主要定額制音楽ストリーミングサービスにて4月11日より配信予定


    https://img.barks.jp/image/review/1000152159/an1.jpg
    an1

    https://www.barks.jp/news/?id=1000152159

    【アン・ルイス、1972〜1977年に発売した初期アルバム全7枚を初復刻/紙ジャケ仕様で3月7日に一挙発売。】の続きを読む

    ダウンロード (2)


    1: サイカイへのショートカット ★ 2018/02/10(土) 18:05:36.60 ID:CAP_USER9
    松崎しげる、「愛のメモリー」でカラオケ100点に挑戦も…
    2/10(土) 17:58配信 スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180210-00000161-sph-ent

    大阪・アメリカ村でのカラオケバトルイベントで、「愛のメモリー」を情感たっぷりに歌いあげた松崎しげる
    https://lpt.c.yimg.jp/amd/20180210-00000161-sph-000-view.jpg
    20180210-00000161-sph-000-view

    歌手の松崎しげる(68)が10日、大阪・心斎橋のアメリカ村で開催された「JOYSOUNDカラオケ採点バトル」にゲスト出演。1977年発売の大ヒット曲「愛のメモリー」を歌い、100点満点ゲットに挑んだ。

    発売35周年の2012年には、12曲すべて「愛のメモリー」のアルバムをリリースしたほど、歌い倒した代表曲。「風邪を引いても声は変わらない」という自慢ののどで熱唱し、雨傘を差して立ち止まる通行人を魅了したが、採点は中途半端な「84・763点」。松崎は「『愛のメモリー』はいつも90点以上、出ないんだよな」と、日焼けして真っ黒な顔で苦笑いした。

    機械が表示した総評は「惜しい事に音程がすこし安定していないようです。『音程強化モード』で、苦手な部分を繰り返し練習しましょう」。100点の内、30点分ある「安定感」は22・539点だった。

    松崎は歌唱後、「機械に左右されてしまった感じ。いつもはもっと自由に歌っているからね。でも、初心に戻れた」とサバサバ。「(『愛のメモリー』を)40年以上歌ってきて、変化しているから。自分では進化だと思う」と、プロとしてのプライドをアピールしながら、カラオケファンに「アマチュアが練習するには最高の機械。練習を重ねて、いい意味で崩していくのがいいですね」と歌の上達法を指南した。

    【松崎しげる、「愛のメモリー」でカラオケ100点に挑戦も・・・】の続きを読む

    ダウンロード


    1: muffin ★ 2018/01/29(月) 21:13:10.48 ID:CAP_USER9
    https://www.m-on-music.jp/0000251173/
    2018.01.29

    シンガーの二井原実が自らのすべてを語りつくす『二井原実 自伝 真我Singer』(リットーミュージック)が3月12日に発売される。

    ヘヴィメタル/ハードロックシーンを支え続け、今なおトップに君臨するLOUDNESSのボーカリストとして知られる二井原実が、自身の音楽遍歴とともに、プライベートも交えながら、これまでの歩みのすべてを紐解いていく待望の書籍『二井原実 自伝 真我Singer』。

    本書では、これまであまり詳細に語られなかった、LOUDNESSとの別離にまつわる衝撃の真実を始め、ソロボーカリスト、DED CHAPLIN、SLYといった華々しいバンド活動の裏でつねに抱え続けた“喉のトラブル”という苦しみ、“音楽活動からの引退”を考え転職活動をした日々、結婚生活と離婚、そして家族との絆など、あらゆる視点からの“知られざる二井原実の姿”が克明に記された、まさに注目の一冊となっている。

    さらには幼少期の初公開写真や、シンガーとしての喉のケア、ボイストレーニングに対する考えなども公開。また、愛用している機材(イヤーモニター、ギター、サングラス、ほか)の解説なども収録されるなど、ここでしか読めない二井原実の世界が収録されている。

    本書の発売を記念して、オンデマンドTシャツサイトのTODでは、本日1月29日より『真我 記念Tシャツ』と同書の先行予約がスタート。こちらも要チェックだ。
    (続きはソースをご覧下さい)

    https://www.m-on-music.jp/admin/wp-content/uploads/2018/01/20180129-TR-160009.jpg 
    20180129-TR-160009

    【二井原実、自叙伝でLOUDNESS脱退の真相を衝撃告白。「LOUDNESSの解雇をメンバーから通告されたんだ。」】の続きを読む

    このページのトップヘ