メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    カテゴリ:国内外プレイヤー > ヴォーカリスト

    ダウンロード


    1: みつを ★ 2018/01/11(木) 21:44:47.21 ID:CAP_USER9
    http://www.afpbb.com/articles/-/3158197?cx_part=topstory&cx_position=4

    2018年1月11日 19:33 発信地:ロサンゼルス/米国
    【1月11日 AFP】米自治領プエルトリコ(Puerto Rico)出身の歌手リッキー・マーティン(Ricky Martin)さん(46)が、シリア生まれの芸術家ジュワン・ヨセフ(Jwan Yosef)さん(33)と2年の交際を経て結婚した。マーティンさん本人が11日、発表した。

    「リヴィン・ラ・ヴィダ・ロカ(Livin' La Vida Loca)」などのヒットで知られるマーティンさんは、米エンターテインメント専門テレビ局「E!」のインタビューで「私は夫になった。数か月後に盛大なパーティーをするつもりだ」と語った。正式な結婚日は明かしていない。

     アーティストのヨセフさんは、シリア生まれでスウェーデン国籍を持つ。2人は2016年に交際を始め、同年11月に婚約を発表。ここ数か月はロサンゼルスで生活していた。

     同局はマーティンさんのコメントとして、「私たちは誓いを交わし、婚前契約など署名が必要な書類へのサインは全部済ませた」と伝えている。(c)AFP

    米カリフォルニア州ロサンゼルスで行われたイベントに登場したリッキー・マーティンさん(右)とジュワン・ヨセフさん(2017年4月29日撮影)。(c)AFP/Getty Images for MOCA/John Sciulli
    http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/9/3/375w/img_93b1ba94ae357c3c4fd183ec488a73ce174255.jpg 
    img_93b1ba94ae357c3c4fd183ec488a73ce174255

    【【ゴールドフィンガー(意味深】歌手リッキー・マーティンさん、シリア生まれの芸術家と同性婚。】の続きを読む

    images


    1: みつを ★ 2018/01/03(水) 19:02:21.41 ID:CAP_USER9
    https://www.cnn.co.jp/m/showbiz/35112710.html
    (リンク先に動画ニュースあり)

    2018.01.03 Wed posted at 15:21 JST
    (CNN) 米カントリー界のスーパースター、キャリー・アンダーウッドが、昨年11月の転倒事故による負傷が当初の発表よりも深刻であることを明らかにした。

    アンダーウッドは自宅で転倒して手首を負傷したため、慈善コンサートへの出演を見送り、理学療法を受けていたが、今週、公式ファンサイト上で手首だけでなく顔も負傷していたことを明らかにした。

    アンダーウッドは投稿の中で、「転倒事故についてまだ話していなかったことがあります。発表を控えていたのは、今もその状況が続いており、今後の成り行きが非常に不透明だったからです」とし、さらに「偶然の事故でこんなにも人生が変わるなんて恐ろしい。実は手首だけでなく、顔も負傷してしまいました」と付け加えた。

    アンダーウッドは「ぞっとする詳しい話」は控えるとしながらも、医師から「40~50針縫った」と聞かされたことを明かした。

    事故からすでに数週間が経過したが、現在も治療は続いており、アンダーウッドは「容姿も以前と全く同じではない」としながらも、「これよりもはるかに悪い状況に至らず」感謝していると述べた。アンダーウッドは来週にもスタジオに復帰するという。

    アンダーウッドはファンに向け、「私がカメラの前に立てるようになった時、私の顔が以前と少し違って見える理由を皆さんに理解していただきたいのです」と述べ、さらに「それまでに違いが最小限になるよう願っていますが、すでに述べたように、どうなるかは全く分かりません」と付け加えた。

    【歌手キャリー・アンダーウッド、顔を40針以上縫う。】の続きを読む

    images


    1: muffin ★ 2017/12/10(日) 20:03:37.69 ID:CAP_USER9
    http://news.livedoor.com/article/detail/14005822/
    2017年12月9日 14時5分 トピックニュース

    8日深夜放送の「バズリズム02」(日本テレビ系)で、歌手のaikoが、自身の結婚観を明かした。
    デビュー20周年を迎えるaikoがゲストとして出演。日常から生み出したという名曲の制作秘話やプライベートについて、MCのバカリズムとマギーと語り合った。

    この中で番組は、私生活のaikoを「ストック人間」だと説明。aikoは心配性で、「洗濯槽用のカビキラー」や「入浴剤」「歯ブラシ」などの生活雑貨を大量に保管していないと気がすまないらしい。

    その他、全く浪費しないというaikoの私生活が紹介される。その生活ぶりから、バカリズムが「絶対いい奥さんになる」「何で結婚しないんだろう」と、同い年で未婚のaikoに疑問を漏らすと、aikoは「だから破綻しているんです。人間が」と自身を説明したのだ。

    スタジオが爆笑に包まれる中、バカリズムは、生活雑貨のストック癖は「奥さんとしてはすごくちゃんとしてるし申し分ない」とフォロー。
    だが、aikoは、「同じ時間に絶対寝られへん」「ひとり遊びも絶対せなあかん」「ああいうストックも絶対ないとイヤやし」と不安要素を挙げた上で、「(自分は人と)一緒に行動ができないんですよね」と結婚生活に不向きだと語った。

    ここで、マギーが、生活リズムについてaikoとバカリズムの相性が良さそうだと指摘すると、バカリズムが「(僕と)結婚します?」と軽はずみに発言。さらなる笑いを誘っていた 
    【歌手・aikoが結婚できない理由を自己分析。「破綻しているんです。人間が。」】の続きを読む

    ダウンロード


    1: すらいむ ★ 2017/12/03(日) 18:52:19.89 ID:CAP_USER9
    河合奈保子 電撃デビューの娘が“引退状態”になっていた!

     今年、創刊2800号を迎えた『女性自身』。その表紙を飾ったスターたちの“今”は――。

     百恵さん、明菜に続く80年代アイドルとして一世を風靡した河合奈保子(54)。
     娘のKaho(18)が13年に大々的に歌手デビューして話題を呼んだが――。

    「翌14年4月にレコード会社との契約が切れて“引退状態”です。独特な歌声で期待されていましたが、“第2の宇多田ヒカル”的に売り出す計画を、本人が嫌がったようです」(レコード会社関係者)

     河合本人は、日本と豪州を年に何度も往復する生活を送っているという。

    「じつは子育てを終えた彼女は作詞作曲を始めていて、豪州の自宅は楽器でいっぱいでした。娘さんより、河合さんの“活動再開”のほうが早いかもしれませんね」(知人)

    女性自身 2017年12月3日 6時0分
    http://news.livedoor.com/article/detail/13974929/

    【伝説のアイドル「河合奈保子」、電撃デビューの娘・Kahoが“引退状態”に。 “第2の宇多田ヒカル”的に売り出す計画を本人が嫌がり・・・】の続きを読む

    images


    1: Egg ★ 2017/12/02(土) 19:39:34.10 ID:CAP_USER9
    1日放送の「アナザースカイ」(日本テレビ系)で、歌手の青山テルマが、自ら味わったレコード会社の露骨な対応を暴露した。

    番組では、青山が中学生時代に暮らしていた米国・ロサンゼルスを訪問したVTRを放送。青山といえば、デビューから4カ月後にリリースしたセカンドシングル「そばにいるね」が、オリコン1位を獲得している。当時について青山が「電車で(オリコン順位を聞いて)『え?』みたいな。ビックリで、口が塞がらなかったですよね」と振り返っていた。

    VTRが終わると、スタジオの今田耕司が当時のレコード会社の反応を質問。青山は「行くたびに拍手! ですね。レコード会社に行くたびに…。スタンディングオベーションみたいな」と自ら手を叩いて、照れくさそうに明かした。

    一方で青山は、手のひらを返されたような対応も体験したそう。「けどやっぱり、売れなくなると露骨にみんな『お疲れ様でーす』みたいな感じで…」と、無愛想にされたあいさつを紹介した。今田が「売上が減ったら?」「怖っ!」と漏らすと、青山は「そうそう。分かりやすいですね」と、業界で味わった露骨な対応を振り返っていた。

    2017年12月2日 10時59分 トピックニュース
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13972060/

    写真
    http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/8/0/80146030fb3ae50b1bb348e87187d23f.jpg 
    80146030fb3ae50b1bb348e87187d23f


    【青山テルマ、自ら味わったレコード会社の露骨な対応を体験。音楽業界の手のひら返し。「売れなくなると露骨。」】の続きを読む

    ダウンロード (3)


    1: 砂漠のマスカレード ★ 2017/11/08(水) 20:31:12.85 ID:CAP_USER9
    来年、デビュー40周年を迎える歌手の杏里(56)が7日、神戸市のデイリースポーツを訪れ、「CAT’S EYE」「悲しみがとまらない」
    「SUMMER CANDLES」といった多くの大ヒット曲を生んだキャリアや、初のスタジオライブアルバム「FUNHOUSE」、40周年への思いなどを語った。

    第1回では、今や日本ポップス史に残るスタンダード・ナンバーとなったデビュー曲「オリビアを聴きながら」(1978年)の秘話が明かされる。

      ◇  ◇

    -デビュー曲の「オリビアを聴きながら」は、大ヒット曲というイメージですが…。

    「あれは16(歳)の時にアメリカにレコーディングに行きまして、17でデビューしたんですけど、チャートには入っていないんですよね。
    60位以内には入っていなかったような気がしますね。(『オリビア-』は)いまだに1位になったことがないんですよ。後にスタンダード・ナンバーになるんですけど。

    自分自身が長年かけて、色んな場所で歌い続けてきた。それがスタンダードとしてね(残った)。皆さん、あれには1位になったヒット曲っていうイメージがあるみたいなんですけど。
    ヒット曲は、デビューして6年目ぐらいで『CAT’S EYE』がヒットしたので、6年間は修行の期間だったというかね。
    本当にまめに、日本全国を回って旅をしてプロモーションして、ライブをやりながら、音楽を伝えていったっていう」

    -ヒットしなかった「オリビア-」を歌い続けた理由は。

    「やはりデビュー曲ということもあったし、
    当時は年に2枚のペースでアルバムを出したり、シングルも年に2~3枚とか。すごくスピードが早かったというか、出す量もすごかったので。
    その都度プロモーションすると同時に、デビュー曲は必ず伝えていきたいっていう気持ちがあったので。
    歌い続けたのがヒットと申しますか…あれはもう、チャートに入っていないヒット曲というか。
    今は私だけではなくて、みんなの作品、曲になってますよね。
    あの曲だけがけっこう独り立ちした感じで。ホントにホントに時間をかけて育てていったという感じで」

    -16歳であの内容の歌詞を歌われたのにも驚かされます。

    「正直、最初にレコーディングで歌入れをした時になかなか、あの歌の世界を自分で消化できなかった。
    失恋の曲なんですけど、女性が男性を電話で振るっていう曲で、そういう経験って16ではなかなかない。
    あの詞を(作詞作曲した尾崎)亜美さんからいただいた時に、歌入れするまで理解して消化していくのがすごく大変だった思い出がありますね。
    歌入れは苦労しましたね、すごく。歌入れだけで2日間ぐらいかけて。
    ある程度、大人になった時に『大人になるってこういうことなんだな、大人の恋愛ってこういうものなんだな』って知ったっていう」

    -「オリビアを聴きながら」がしっくり来るようになったのは何歳頃でしたか。

    「少なくとも二十歳は過ぎてですね」

    http://news.livedoor.com/article/detail/13861250/
    2017年11月8日 11時33分 デイリースポーツ

    http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/f/b/fbda5_50_6d06b6d9_8158a9f0.jpg
    fbda5_50_6d06b6d9_8158a9f0

    https://www.youtube.com/watch?v=CNljXbVrYvQ


    杏里 オリビアを聴きながら

    https://www.youtube.com/watch?v=Xd6GTkojQWI


    杏里 悲しみがとまらない

    【杏里「”オリビアを聴きながら”はヒット曲じゃなかった。」】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: 湛然 ★ 2017/10/19(木) 22:22:01.29 ID:CAP_USER9
    2017/10/19 07:06

    ビリー・ジョエル(68歳)の妻アレクシスが妊娠、11月出産予定

    ビリー・ジョエル(68)がThe Belfast Telegraphのインタビューで、妻アレクシス(35)が来月、第三子を出産予定であることを公表した。

    2人は2009年から交際を始め、2015年にアレクシスの妊娠を機に結婚。当時ビリーが65歳、アレクシスが33歳という年の差婚で、ビリーにとっては4度目の結婚だった。
    同年8月に誕生した女児はデラ・ローズと名付けられた。ビリーには、2人目の妻クリスティ・ブリンクリーとの間に31歳になる長女アレクサ・レイ・ジョエルがいる。

    (以下略、全文はソースをご覧ください。)


    ビリー・ジョエルとアレクシス・ジョエル写真:ロイター/アフロ
    https://data.jisin.jp/contents_img/133/991/133991.jpeg
    133991

    https://jisin.jp/serial/%E3%A8%E3%B3%E3%BF%E3%A1/hollywood/30985

    【ビリー・ジョエル(68歳)の妻アレクシスが妊娠。11月出産予定。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 湛然 ★@無断転載は禁止 2017/09/15(金) 05:03:20.71 ID:CAP_USER9
    2017-09-15 04:00

    SUGIZO、20周年アルバムに豪華ボーカル集結 第1弾はRYUICHI・Toshl・TERUら

     ロックバンド・LUNA SEA、X JAPANおよびJUNO REACTORのギタリスト/バイオリニストを兼任するSUGIZOが、11月29日にソロデビュー20周年を記念したオリジナルアルバム『ONENESS M』を発売する。さまざまな音楽ジャンルを代表するボーカリストが集結し、第1弾の5人が発表された。

     自身のバンドLUNA SEAからRYUICHI、兼任するX JAPANからToshl、SUGIZOを慕い23年のつきあいになるというGLAYのTERUが参加。さらに、芥川賞作家でロックシンガーの辻仁成、日本のHIP HOPオリジネーター・Kダブシャインが名を連ねる。

     本作はSUGIZOの飽くなき音楽への探求を形にし、エレクトロ、トランス、テクノ、ダブ、アンビエント、ノイズ、インダストリアル、ニューウェーヴ、オルタナティヴ、プログレッシヴロック、ソウル、ジャズ、民族音楽、現代音楽、クラシックといったあらゆるカテゴリーを超越した内容となっている。

     SUGIZOは「ソロデビュー20周年という節目にふさわしい、特別なアルバムが生まれました。ぜひ楽しんでいただけたらうれしいです」「これからも未知なる感動をみなさんと共に体験していけたら本望です」とファンにメッセージを送っている。

     初回限定盤(2SHM-CD+Photo Book)、通常盤(SHM-CD)の2形態。初回盤のDISC1はフィーチャリング・ボーカル・アルバム、DISC2はDISC1のボーカルレスのインストアルバムで、約100ページ(予定)のPhoto Bookには撮り下ろし写真集とライナーノーツが掲載される。

    ■SUGIZOコメント

    ソロデビュー20周年という節目にふさわしい、特別なアルバムが生まれました。
    ぜひ楽しんでいただけたらうれしいです。

    今作に魂を注入してくれた、敬愛するシンガーの友人達に心から感謝します。
    今もなお共に歩んでくれているリスナーのみんなの存在に心から感謝します。
    そして、波乱万丈の中、20年間走り続けてこれたこの現実に心から感謝します。

    音の探求の旅はさらに続きます。
    これからも未知なる感動をみなさんと共に体験していけたら本望です。


    ソロ活動20周年記念アルバムをリリースするSUGIZO
    http://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20170915/2097262_201709150157170001505415616c.jpg 
    2097262_201709150157170001505415616c

    RYUICHI
    http://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20170915/2097262_201709150157238001505415616c.jpg 
    2097262_201709150157238001505415616c

    Toshl
    http://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20170915/2097262_201709150157288001505415616c.jpg 
    2097262_201709150157288001505415616c

    TERU
    http://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20170915/2097262_201709150157334001505415616c.jpg 
    2097262_201709150157334001505415616c
     
     
    辻仁成
    http://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20170915/2097262_201709150157379001505415616c.jpg 
    2097262_201709150157379001505415616c

    K DUB SHINE
    http://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20170915/2097262_201709150157425001505415616c.jpg 
    2097262_201709150157425001505415616c

    http://www.oricon.co.jp/news/2097262/full/

    【SUGIZO、20周年アルバムに豪華ボーカル集結。第1弾はRYUICHI・Toshl・TERUら。】の続きを読む

    images (1)


    1: 砂漠のマスカレード ★@無断転載は禁止 2017/09/15(金) 21:22:51.67 ID:CAP_USER9
     最近急激にバラエティ番組への露出が増加している青山テルマ(29)。ネット上では「最近テレビで青山テルマよく見るけどなんで?」「なんでテレビ出まくってるの? いつの間にか歌姫からヤンキーになってるし…」「最近めっちゃテレビ出てるのマジで謎過ぎるし髪型も意味わからんし」と疑問の声が続出している。

     テルマのテレビ露出が増え始めたのは7月頃からである。7月に『痛快TV スカッとジャパン 3時間SP』(フジテレビ系)、8月には『有吉ジャポン』(TBS系)『スクール革命!』(日本テレビ系)『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)、9月にいたっては『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)、『有吉の夏休み2017』(フジテレビ系)、『ザ! 世界仰天ニュース』(日本テレビ系)、『うちのガヤがすみません!』(日本テレビ系)、『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)、『ホンマでっか!? TV』(フジテレビ系)など数々の人気番組にゲスト出演し、存在感をアピールしてきた。



     青山テルマの露出が増加している理由のひとつは、9月6日にリリースしたデビュー10周年アニバーサリーアルバム「10TH DIARY」のPRだ。しかし、iTunes「J-POP」アルバムランキングでは48位と健闘しているものの、9月18日付けの「オリコン週間アルバムランキングランキング」では、売上枚数964枚で65位。Amazonの「MUSIC J-POP」カテゴリでも定価3,240円(税込)の通常盤がランキング555位、定価4,104円(税込)の初回盤は829位と苦戦している。

     そもそもテルマの生み出した曲は、2008年の「そばにいるね」でオリコンシングルランキング1位を獲得して以降、次にリリースした「何度も」以外はすべてトップ10圏外。2012年リリースの「君に会えるから… feat. SPICY CHOCOLATE,RYO the SKYWALKER」が180位を記録して以降CDシングルのリリースはなく、デジタルシングルを配信する形を取っている。2016年4月にミニアルバム「PINK TEARS」を発売しているが、こちらのオリコン最高順位は262位と非常に低く、推定累積売上枚数は324枚だった。

    http://dailynewsonline.jp/article/1355391/
    2017.09.15 20:30 messy / メッシー

    【”キャラ変”大失敗。青山テルマがテレビ露出急増で必死PRも、最新アルバムは964枚の大爆死。】の続きを読む

    1: ブッカ ★@無断転載は禁止 2017/08/07(月) 11:27:12.73 ID:CAP_USER9
    大貫妙子が大好きなアメリカ人で、日本の70年代、80年代の音楽をこよなく愛する男性が「幻のレコード」を探しに来日。レコード店を探し回るYOUに密着するテレビ東京『YOUは何しに日本へ?』が8月7日(月)夕方6時55分より放送。

    予告映像あり
    https://www.youtube.com/watch?v=3pz1ei2pWjs



    ●テレビ東京『YOUは何しに日本へ?』
    8月7日(月)夕方6時55分?放送。

    【70~80年代の邦楽大好きYOU】
    日本の70年代、80年代の音楽をこよなく愛するアメリカYOU。毎朝コーヒーを飲みながら、日本の音楽を聴くのが日課だがそんな彼がどうしても探したい、幻のレコードがあるという。その1枚のために来日、レコード店を探し回るYOUに密着する。

    【医学生YOU】
    ロシアからの交換留学で来日した医学生YOUが日本の医療を学ぶため、1カ月間大学病院で研修を受ける。医療の考え方がまったく違う国で、日本人の仲間とチームを組み患者さんと向き合うYOU。ロシアで学んできた日本語で、必死にコミュニケーションを取ろうとするのだが…。帰国前日に思わぬ事件が…。彼女の研修の毎日に密着する。

    http://www.tv-tokyo.co.jp/youhananishini/

    ソース
    http://amass.jp/92468/
    http://amassing2.sakura.ne.jp/image/jacket/large/2017b/74745.jpg 
    74745


    【『YOUは何しに日本へ?』、大貫妙子が大好きなアメリカ人男性が「幻のレコード」を探しに来日。 】の続きを読む

    ダウンロード (2)


    1: muffin ★@無断転載は禁止 2017/07/12(水) 19:36:35.26 ID:CAP_USER9
    https://www.barks.jp/news/?id=1000144514
    2017-07-12 17:00:00

    徳永英明が、7月20日(木)放送のNHK『SONGS』に出演する。

    番組では今回、スタジオにファンたちを招き、徳永英明の30年のキャリアを振り返るスペシャルライブを開催。
    徳永がデビュー前から使っていたというギターなど、秘蔵グッズの数々がずらりと並んだステージで、ファンの人気投票で選ばれた上位5曲が披露される。

    また、ゆかりのゲストとして、映画監督の山田洋次、女優の黒木瞳もVTRで特別出演する。『男はつらいよ』で徳永の楽曲を何度も採用してきた山田監督は、彼の声の魅力についてコメント。

    また、かつて徳永と恋人役でドラマ共演した黒木瞳からは「(徳永は)はっきり言ってタイプ」という発言も飛び出すなど、徳永も赤面するような裏話が披露される。

    『SONGS ~徳永英明~』は、2017年7月20日(木)22:50より放送される。

    https://img.barks.jp/image/review/1000144514/001.jpg
    001

    https://img.barks.jp/image/review/1000144514/002.jpg
    002

    https://img.barks.jp/image/review/1000144514/004.jpg 
    004


    【NHK『SONGS』で徳永英明、30年の歩みを振り返るスペシャルライブを20日に放送。ファン人気投票の上位5曲を披露。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 湛然 ★@無断転載は禁止 2017/07/13(木) 12:33:49.32 ID:CAP_USER9
    2017/07/13 11:30

     Cocco、20周年記念ライブ【Cocco20周年Special Live at日本武道館2Days ~ 一の巻 ~】が12日、日本武道館で開催されレポートが到着した。

     20年前、衝撃的な歌詞とヘビーなサウンドで日本の音楽シーンを揺るがせた「カウントダウン」。そのデビュー曲で幕を開けた、【Cocco20周年Special Live at日本武道館2Days ~ 一の巻 ~】。突きつけられる銃口そのもののような歌とサウンドが、20年を経た今もなお容赦なく心に突き刺さる。改めて、なんと凄まじいデビュー曲であったかと思う。

     重厚でオルタナティブなロックサウンドで、「水鏡」「けもの道」と、畳み掛けるように、初期のシングル曲を続けざまに披露。Coccoは、今日この場に足を運んだ人たちの様々な感情を、すべてその華奢な身体で受けとめて歌うようでもあり、その歌声は一人一人に向き合うように、力強く濃密に響く。そして、印象的なベースのイントロから「Drive you crazy」が歌いだされると、意外な選曲に客席からは驚きの声があがる。キュートな動きで会場にハンドクラップを促すCoccoの姿には、思わず心が弾み出す。伸びやかな歌声が響き渡って、和やかな空気にも包まれた。

    「こんばんは。Coccoです」と今日初めてのMCでは、メンバー紹介を始めようとして、急に思い立ったようにリレー形式での紹介を提案。最後は初期曲のプロデューサーでもあった根岸がCoccoを紹介。

    「みなさんも彼女の声に励まされてり泣いたりしたことがいっぱいあったと思います。私がその代表です。我らが歌姫、Cocco」。その言葉に涙が溢れそうになったのは私だけではないはず。こんな温かいメンバーたちに支えられていたこと、そして、Coccoの歌声に癒されていたのはリスナーだけではなかったこと、この20年をまるごと肯定するような愛に満ちた言葉だった。

     そして中盤は、バイオリンの柔らかな音とコーラスワークが心の痛みを呼び覚ますような「Raining」、“指先から こぼれる愛を集めて 全てあなたにあげましょう”とやさしく歌う「しなやかな腕の祈り」、そして徐々に自身のルーツである沖縄が、歌のメロディにも色濃くにじむようになった中期の名曲「陽の照りながら雨の降る」と、どこか遠いところから語りかけられるような歌声に、ただただ聴き入ることしかできなかった。

     「強く儚い者たち」「樹海の糸」など、今なお心に深く刻み込まれた歌は、当時とは違った、やさしい痛みを感じさせてくれた。今はもう傷口もふさがれて、かすかに残る傷跡をやさしくそっと撫でてくれるような温かい歌声だった。そして終盤、キラキラはじけるようなシーケンスとキレ味鋭いギターカッティング、グルーヴィーなリズムに思わず身体が揺れる「音速パンチ」が繰り出されると、アッパーな高揚感がさらに会場の温度が上げていく。「焼け野が原」の前に、そのシングルのカップリング曲であった「Rainbow」を披露してくれたのも嬉しかった。切なく響くギターの音色と、ピンスポットライトに照らされて歌うCoccoの姿が今も脳裏に浮かぶ。

     最後の曲を歌う前に、Coccoは「私たちはもう大丈夫な気がする。長くかかったけど、もう死んでもいいってところから、生きててよかったってとこまで、みんなよく来たね」と語ってくれた。Coccoの目に涙が光る。そして「愛してるってわかったから大丈夫だよ。愛って一番自由な気がします」と言った。愛を自由だと、心から感じることができる今のCoccoを、そして自分自身を、誰もが祝福したい気持ちでいっぱいだったはずだ。

     その後に響いた「もくまおう」はどこまでも深く感動的だった。全20曲、余力を残すことなど考えないまさに全身全霊の歌は、当時の多感で複雑な思いをそっと眠らせるレクイエムのようでもあったと思う。それはCoccoにとっても、もちろんたくさんのリスナーにとっても。だから「もう大丈夫」だとCoccoは言った。

    (以下略、全文はソースをご覧ください。)

    Text: 杉浦美恵


    Photo: 田中聖太郎
    http://www.billboard-japan.com/common/sys/img/news/00000053/53200/sub_image122353.jpg
    sub_image122353

    http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/53200/2

    【Cocco「もう大丈夫。」 デビュー時のメンバーと20周年ライブ【一の巻】開催。】の続きを読む

    このページのトップヘ