メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    音楽関係を中心にしたエンタメ関連のまとめブログ

    カテゴリ: ライブ・ツアー・イベント・フェス

    images (1)


    1: muffin ★ 2019/07/29(月) 17:13:00.83 ID:vR5bVPcU9
    https://rooftop.cc/report/2019/07/29133624.php
    2019.07.29

    7月26日、東京・豊洲PITにて、人間椅子が〈三十周年記念オリジナルアルバム『新青年』リリースワンマンツアー〉の最終夜を華々しく締め括った。6月末より全国12都市で展開された本ツアーは、各地で過去最高の動員数を記録。早々にソールドアウトとなったここ豊洲PITには、彼らの勇姿を見届けようと、期待で胸いっぱいの観客が詰めかけた。なお、この夜の模様はYouTubeにて生配信され、期間限定でアーカイヴ配信中なので、是非ともお見逃しなく。

     午後7時を少し回った頃、客電が落ち、周囲が真っ暗になると同時にSE「新青年まえがき」が妖しく高らかに響く。フロアからの大きな歓声と手拍子を受けて、和嶋慎治(Vo&G)、鈴木研一(Vo&B)、ナカジマノブ(Vo&Dr)の3人が悠然とステージに歩み出る。アルバム『新青年』からの「あなたの知らない世界」で幕を開け、見事なまでの一体感を生むと、続いて炸裂したのは、このアルバムのボーナス・トラックにして怒涛のヘヴィネスを誇る「地獄のご馳走」だ。この楽曲の中間部で和嶋がテルミンを奏でるなど、視覚的にも楽しませてくれる彼らのサービス精神に、オーディエンスは夢中で拳を振り上げ応えている。

    和嶋、鈴木、ナカジマの3人の阿吽の呼吸は今宵も絶品。どこか不気味な曲調であるにもかかわらず、観ていて清々しくなるのが人間椅子のマジックだ。緻密かつ大胆に表現された怪奇世界を目の前にすると、不思議なことに笑顔が止まらなくなってくる。隙あらば互いのプレイを褒め合うなど、ユーモア溢れるMCは今夜も絶好調だ。

    江戸川乱歩の同名小説を題材とした「鏡地獄」でミステリアスな狂気を見せたかと思えば、「地獄の料理人」でどっしりとコミカルに爆音を轟かせる。こうしたバランスがいつ観ても巧みである。「人間椅子がやらなくなった曲ベストテンに入る古い曲」と鈴木が紹介した「盗人讃歌」や終盤のポリリズムがたまらない「幻色の孤島」といったレアな大曲が連続で放たれると、フロアには感嘆の声が広がってゆく。
    続きはソースをご覧下さい

    https://rooftop.cc/report/aae4704d9dddd5cc8d99c3ffa8ab3f35116b0d87.JPG
    aae4704d9dddd5cc8d99c3ffa8ab3f35116b0d87

    https://rooftop.cc/report/IMG_1647.JPG
    IMG_1647

    https://rooftop.cc/report/IMG_1845.JPG
    IMG_1845

    https://rooftop.cc/report/assets_c/2019/07/IMG_1437-thumb-600x400-120471.jpg
    IMG_1437-thumb-600x400-120471

    https://rooftop.cc/report/2826b88df249bb0517197d063d36805b4866f13d.JPG
    2826b88df249bb0517197d063d36805b4866f13d

    https://rooftop.cc/report/IMG_2025.JPG 
    IMG_2025

    【人間椅子、デビュー30周年記念『新青年』ツアーファイナル。豊洲PITが満員。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 風吹けば名無し 2019/07/27(土) 23:40:16.85 ID:11yBh9XI0

    【今年のフジロックが大惨事に。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 湛然 ★ 2019/07/25(木) 23:08:15.37 ID:Kq8YsJxc9
    2019.7.24 水曜日
    レッド・ツェッペリンのジョン・ポール・ジョーンズ、9月に来日公演が決定
    https://nme-jp.com/news/76372/

    Photo: PRESS
    https://nme-jp.com/nmesite/wp-content/uploads/2019/07/content_SonsOfChipotle_LR-720x462.jpg
    content_SonsOfChipotle_LR-720x462


    レッド・ツェッペリンのベーシストであるジョン・ポール・ジョーンズは9月に来日公演を行うことが決定している。

    この公演はジョン・ポール・ジョーンズとチェロ奏者のアンシ・カルトゥネンのデュオ、サンズ・オブ・チポトレによるもので、全編即興演奏のなか、ジョン・ポール・ジョーンズはピアノとエレクトロニクスを、そしてアンシ・カルトゥネンはチェロとエレクトロニクスを担当し、ゲストとしてジム・オルークと大友良英も参加する。

    来日公演の詳細は以下の通り。

    2019年9月3日(火)、5日(木) @ 新宿PIT INN
    1st 開場19:30 開演20:00 / 2nd 開場21:30 開演22:00(入れ替え制)
    チケット:¥6,000+税

    <9月3日>
    1st set:
    ジョン・ポール・ジョーンズ(P, Electronics)、アンシ・カルトゥネン(Cello, Electronics)
    ゲスト:大友良英(G)、ジム・オルーク(Electronics)

    2nd set:
    ジョン・ポール・ジョーンズ(P, Electronics)、アンシ・カルトゥネン(Cello, Electronics)
    ゲスト:大友良英(G)、ジム・オルーク(Electronics)

    <9月5日>
    1st set:
    ジョン・ポール・ジョーンズ(P, Electronics)、アンシ・カルトゥネン(Cello, Electronics)
    ゲスト:大友良英(G)、ジム・オルーク(Electronics)、芳垣安洋(Per)

    2nd set:
    ジョン・ポール・ジョーンズ(P, Electronics)、アンシ・カルトゥネン(Cello, Electronics)
    ゲスト:大友良英(G)、ジム・オルーク(Electronics)、芳垣安洋(Per)

    更なる公演の詳細は以下のサイトでご確認ください。

    http://www.pit-inn.com/index_j.php

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

    【『レッド・ツェッペリン』のジョン・ポール・ジョーンズ、9月に来日公演が決定。「内容がイマイチ分からない。」と話題。】の続きを読む

    images


    1: 湛然 ★ 2019/07/24(水) 22:52:58.00 ID:+fCHotjW9
    7/24(水) 17:00 Rolling Stone Japan
    シンディ・ローパー来日公演、東京2デイズ即完につき追加公演が決定
    https://rollingstonejapan.com/articles/detail/31562
    10月に4年9か月ぶりのジャパン・ツアーを開催するシンディ・ローパー(Courtesy of SONY MUSIC)
    https://images.rollingstonejapan.com/articles/31000/31562/ORG/9c44772f938f7d14b4222a15e82ba2e7.jpg
    9c44772f938f7d14b4222a15e82ba2e7


    10月に4年9か月ぶりとなる来日公演を行うシンディ・ローパーが、東京2公演が即日ソールドアウトとなったことを受けて、急遽追加公演を発表した。

    今回の来日公演は、シンディのデビュー35周年を記念したアニバーサリー・ツアー。東京以外にも既に大阪と名古屋がソールドアウトしており、他地域も売れ行き好調とのこと。追加公演はツアー千秋楽となる10月25日に、Bunkamuraオーチャードホールにて開催。チケットは本日から7月26日9:59まで、ウドープレミアム・メンバーズにて先行予約を実施中だ。

    また、彼女のデビュー35周年&来日を記念して、8月28日に日本独自企画の最新ベスト盤『ジャパニーズ・シングル・コレクション -グレイテスト・ヒッツ-』もリリースされる。2枚組のDISC1には、1984年~1995年に日本で発売された全シングル曲(マキシ・シングルを除く)を、発売順にシングル・バージョンに準じて収録。さらに、シンディ自身も患っている皮膚病「乾癬」についての意識向上キャンペーンにあわせて、2017年末に発表された最新曲「HOPE」もボーナス・トラックとして追加収録。「HOPE」は、彼女自身の病気の経験からインスピレーションを得た、乾癬に苦しむ人々に希望と勇気を与える楽曲で、このたび世界初CD化となる。

    DISC2のDVDには、シンディがEPIC在籍時に発表したすべてのミュージック・ビデオを収録。加えて56ページにおよぶブックレットには、収録曲の当時の日本盤全シングル・ジャケット(ドーナツ盤/一部8㎝CD盤)を12㎝CDジャケット・サイズで復刻再現して掲載した、ファン垂涎のコレクションとなっている。

    <来日公演情報>

    シンディ・ローパー デビュー35周年Anniversary Tour

    【仙台】10月8日(火)仙台サンプラザホール
    【東京】10月10日(木)・11日(金)Bunkamuraオーチャードホール
    【名古屋】10月15日(火)名古屋市公会堂
    【金沢】10月18日(金)本多の森ホール
    【広島】10月21日(月)広島上野学園ホール
    【大阪】10月23日(水)グランキューブ大阪
    【東京追加】10月25日(金)Bunkamuraオーチャードホール

    詳細:https://udo.jp/concert/CyndiLauper

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

    【『シンディ・ローパー』来日公演、東京2デイズ即完につき追加公演が決定。】の続きを読む

    images (2)


    1: 湛然 ★ 2019/07/17(水) 22:24:45.36 ID:vpxemewX9
    REBECCA、1989年の東京ドーム公演ライブ映像を16都市で上映会開催
    2019年7月17日 12:29
    https://natalie.mu/music/news/340014

    REBECCA
    https://cdnx.natalie.mu/media/news/music/2015/0629/REBECCA_art201506_fixw_730_hq.jpg 
    REBECCA_art201506_fixw_730_hq

    REBECCA「ライヴ・フィルム『REBECCA BLOND SAURUS TOUR' 89 in BIG EGG-Complete Edition-』(5.1chリマスター版)」ティザー画像
    https://cdnx.natalie.mu/media/news/music/2019/0717/REBECCA_1989_fixw_640_hq.jpg
    REBECCA_1989_fixw_640_hq

    REBECCA BLOND SAURUS TOUR '89 in BIG EGG-Complete Edition-
    https://www.youtube.com/watch?v=_EPnfQI6r-c




    REBECCAが1989年に行った公演のライブ映像が、9月23日に全国の映画館で同時上映される。

    REBECCA「ライヴ・フィルム『REBECCA BLOND SAURUS TOUR' 89 in BIG EGG-Complete Edition-』(5.1chリマスター版)」ティザー画像

    このライブ映像は、今からちょうど30年前の1989年7月17日にREBECCAが実施したライブツアー「REBECCA BLOND SAURUS TOUR' 89」の東京・東京ドーム公演の模様を収めたもの。1990年2月にVHSとレーザーディスクで販売された映像作品「BLONDSAURUS IN BIG EGG」には10曲分のライブ映像しか収められていなかったが、今回はREBECCAが東京ドームで披露した全18曲が1日限定で上映される。映像にはレストアリマスタリングが施され、音源はミックスエンジニアのGOH HOTODAがリミックスを手がけている。

    ローソンチケットでは、8月17日まで上映会のチケットの先行抽選予約を受け付けている。

    また上映会の開催を記念して、「BLONDSAURUS IN BIG EGG」のティザー映像がYouTubeで公開された。


    ◆REBECCA「ライヴ・フィルム『REBECCA BLOND SAURUS TOUR' 89 in BIG EGG-Complete Edition-』(5.1chリマスター版)」

    2019年9月23日(月・祝)全国各地の映画館
    START 16:30

    主催・企画・配給 ソニー・ミュージックダイレクト (c) 2019 Ki/oon Music . All rights reserved. 

    (おわり)

    【『REBECCA』、1989年の東京ドーム公演ライブ映像を16都市で上映会開催。】の続きを読む

    images


    1: 湛然 ★ 2019/07/15(月) 05:18:09.56 ID:kUECRcvB9
    ポール・マッカートニーの最新ライヴにリンゴ・スターがゲスト参加
    2019/07/14 19:38
    http://amass.jp/123135/
    ※引用元サイトにて動画をご覧になれます。


    ポール・マッカートニー(Paul McCartney)の最新ライヴ(7月13日 米ロサンゼルス)にリンゴ・スター(Ringo Starr)がゲスト参加。「Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise)」「Helter Skelter」の演奏に加わっています。ファン撮影の映像あり。

    またこの公演にはイーグルス(Eagles)のジョー・ウォルシュ(Joe Walsh)もゲスト参加しており、「The End」の演奏に加わっています。ファン撮影の映像あり。

    ■with Ringo Starr
    Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise)
    Helter Skelter
    https://www.setlist.fm/widgets/setlist-image-v1?id=639e826f
    setlist-image-v1

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

    【「ポール・マッカートニー」の最新ライヴに「リンゴ・スター」がゲスト参加。】の続きを読む

    images (1)


    1: 鉄チーズ烏 ★ 2019/07/09(火) 19:59:56.16 ID:7p0rH/259
     1980年代の日本のヘビーメタルブームをけん引したハードロックバンド「EARTHSHAKER」のボーカルのMARCYこと西田昌史が8日に60歳の誕生日を迎えた。11日には都内で還暦記念ライブを行う。

    「これだけ歌い続けることができるのも両親に感謝しています」と西田は話している。

     年間にライブを150本以上もこなし、移動を含めると1年の3分の2は自宅に戻らない。体力と強い喉を両親から授かった。還暦とは思えない若々しさと元気がみなぎっている。自宅にはホームジムを完備、ツアー先ではビジターでジムに入ったり、町の体育館に行ったりするという。

     パワフルな歌声の秘訣について「今まで僕の人生の中でボイトレとかなかったんですよ。バンドのリハ、レコーディング、ライブでしか歌わないんです。この年になったからケアのためにボイトレを始めようかとは思っています」(同)。

     今回の還暦ライブに関しては「僕がメインで歌うというより後輩たちが僕の還暦を祝ってくれるというスタイルです」と西田。

     出演者は、日本のヘビメタシーンを彩った伝説のミュージシャンら。元「BLIZARD」ベースの寺沢功一、元「ANTHEM」ドラムの大内貴雅。また、「JUDY AND MARY」ベースの恩田快人が出身の伝説のジャパニーズヘビーメタルバンド
    「PRESENCE」も一夜限りの再結成をする。


    2019年07月09日 17時00分
    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/1464891/
    https://img.tokyo-sports.co.jp/wp-content/uploads/2019/07/37933ba1ad41e47955a19b00d2f6ee29.jpg' 
    37933ba1ad41e47955a19b00d2f6ee29


    【だっせー(誉め言葉)ジャパメタの重鎮『EARTHSHAKER』ボーカル西田昌史の還暦ライブにレジェンド集結。元『JUDY & MARY』恩田快人が所属していた『PRESENCE』も復活。】の続きを読む

    images


    1: ジョーカーマン ★ 2019/07/08(月) 19:18:29.13 ID:8i/BoSOw9
    2012年3月に東京・NHKホールのコンサートもって解散した、アイドルグループ・SDN48が、8月1日に東京・秋葉原AKB48劇場で結成10年記念『誘惑のガーター』特別公演を開催するこが決定した。
    大河内美紗、芹那、光上せあらがブログやツイッターなどのSNSを通じて発表した。

    芹那は「SDN48 今年で結成10年目になりました 私たちはみんなで卒業してしまいましたが一夜限りで8月1日の結成日にAKB48劇場にて誘惑のガーター公演の開催が決定しました」と報告し「皆さまにまた観てもらえる日が来て本当に嬉しいです」とメッセージ。

    大河内も「嬉しいお知らせです!! なんとなんと!!! 2012年3月NHKホールのコンサートを持って惜しまれながら解散したSDN48が一夜限りの再結成!!! SDN48のデビューの地、秋葉原AKB48劇場にて結成10年記念誘惑のガーター公演の開催が決定しました!!! 本当に嬉しいよー」と喜びをつづった。

    出演メンバーについては1期生、穐田和恵、伊藤花菜、今吉めぐみ、梅田悠、大河内美紗、甲斐田樹里、加藤雅美、河内麻沙美、芹那、手束真知子、なちゅ、西国原礼子、畠山智妃、三ツ井裕美。

    2期生、相川友希、大山愛未、木本夕貴、KONAN、たかはしゆい、二宮悠嘉、福田朱子、福山咲良、藤社優美、細田海友。
    3期生、光上せあら、駒谷仁美、尻無浜冴美、シヨン、戸島花、mirayで「メンバーは体調不良などの理由により、不参加となる場合がございますことを予めご了承ください」と伝えている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190708-00000368-oric-ent

    SDN48が一夜限りの再結成
    http://pbs.twimg.com/media/D-8dWXgUcAASyF2.jpg
    ダウンロード (1)

    http://pbs.twimg.com/media/D-8dXMBU8AA7vBN.jpg
    D-8dXMBU8AA7vBN

    芹那
    http://66.media.tumblr.com/1ad43089293174462d1d30ef2919b0fb/tumblr_nahe837Fb81tebixro7_1280.jpg 
    tumblr_nahe837Fb81tebixro7_1280

    【『SDN48』、一夜限りの再結成で特別公演決定。】の続きを読む

    ダウンロード (2)


    1: 朝一から閉店までφ ★ 2019/07/08(月) 21:10:37.79 ID:dcOMXtq19
    2019-07-08 21:00

     1980年代に人気を博し、92年1月に電撃解散した男女ツインボーカルバンド「BARBEE BOYS」(バービーボーイズ)が、10年ぶりとなるワンマンライブ『突然こんなところは嫌いかい?』を行うことが決定した。来年1月13日に東京・国立代々木競技場 第一体育館で開催する。

     バービーボーイズはKONTA(Vo/Sax)、杏子(Vo)、いまみちともたか(G)、エンリケ(B)、小沼俊昭(Dr)からなる5人組。シングル「目を閉じておいでよ」、アルバム『LISTEN!』(87年)、『Black List』(88年)、『√5』(89年)などのヒットを連発し、92年1月に解散。2009年からはデビュー25周年を記念してライブ活動を再開していたが、10年3月の日本武道館公演が最後となっていた。

     昨年9月にはNHK BSプレミアムの音楽番組『The Covers』の公開収録で一夜復活を遂げ、今月13日には野外フェス『JOIN ALIVE』(北海道・いわみざわ公園)の出演も決まっているが、満を持して10年ぶりとなるワンマンライブ開催を発表。毎月8日を「蜂の日」とし、今後もさまざまな発表を行うとしている。
    https://www.oricon.co.jp/news/2139541/full/
    (最終更新:2019-07-08 21:00)

    【『バービーボーイズ』、10年ぶりワンマン決。 来年1月に代々木第一体育館。】の続きを読む

    ダウンロード (3)


    1: 湛然 ★ 2019/07/04(木) 22:34:55.68 ID:febe1ayO9
    2019.7.4 木曜日
    メタリカ、土砂降りのなか披露した“Master Of Puppets”のパフォーマンス映像が公開
    https://nme-jp.com/news/75432/

    Metallica: Master of Puppets (Manchester, England - June 18, 2019) [MetallicaTV]
    https://www.youtube.com/watch?v=G9kz-tag04U




    メタリカはマンチェスターのエティハド・スタジアムで行った公演で披露した“Master Of Puppets”のパフォーマンス映像が公開されている。

    メタリカは現地時間6月18日に「ワールドワイアード」ツアーのヨーロッパ・ツアーの一環としてエティハド・スタジアムで公演を行っている。

    メタリカはこの日、雨がよく降ることで知られるマンチェスターの洗礼に見舞われており、野外のステージに大雨が容赦なく降り注いでいる。

    今回、メタリカは大雨に見舞われたマンチェスター公演より、先月に公開されていた“St. Anger”に続いて“Master Of Puppets”のパフォーマンス映像が公開されている。

    公開された映像では、ドラムキットに降り注ぐ雨を弾きながらドラムを叩くラーズ・ウルリッヒのパフォーマンスを観ることができるほか、ペダルボードとマイクが置かれた花道をずぶ濡れになりながら歩くジェイムズ・ヘットフィールドの姿も観ることができる。

    “Master Of Puppets”のパフォーマンス映像と、先月公開された“St. Anger”のパフォーマンス映像はこちらから。

    「容赦なく降り注ぐ土砂降りの中で、ギターやマイク、スピーカーたちがどうしてまだ機能できているのかは分からないけど、彼らは見事にやってのけてしまっている」と一人のユーザーはこの動画にコメントしているほか、別のユーザーは次のようにコメントしている。「土砂降りの雨だって、偉大なるメタリカを止めることはできないんだ」

    メタリカはこの日、地元のバンドにオマージュを捧げるパフォーマンスも披露しており、ギタリストのカーク・ハメットとベーシストのロバート・トゥルージロはセットの途中で花道の先にあるステージまで移動して、ザ・ストーン・ローゼズの1989年発表のヒット曲“I Wanna Be Adored”をカヴァーしてしている。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

    【『メタリカ』が土砂降りのなか披露した“Master Of Puppets”のパフォーマンスがカッコよすぎると話題に。】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: 湛然 ★ 2019/07/03(水) 22:27:42.48 ID:w4TtZXBh9
    2019.07.03.
    吉田拓郎 10年ぶりに新幹線に乗った…小田和正にツアーも相談
    https://www.daily.co.jp/gossip/2019/07/03/0012483022.shtml

    コンサートツアーの最終公演を行った吉田拓郎=パシフィコ横浜・国立大ホール
    https://i.daily.jp/gossip/2019/07/03/Images/d_12483023.jpg
    d_12483023


     シンガー・ソングライターの吉田拓郎(73)が3日、パシフィコ横浜・国立大ホールでコンサートツアーの最終日公演を行った。今回のツアーでは、初めて自身が作詞・作曲した曲だけを歌唱。1曲目に生ギターの弾き語りで「大いなる~今日までそして明日から」を披露すると、4300人の観客から「拓郎」「拓郎」の大歓声が起こり、すぐさま会場は総立ちとなった。

     MCで、拓郎はフィギュアスケートの紀平梨花(16)が大のお気に入りであることを明かし、アイスショーの音楽を担当しているキーボードの武部聡志(62)にサインを依頼したと披露。拓郎は「“吉田拓郎様”と漢字で書かれたサインをもらった。うずくじゃない」と超ご機嫌だったが、残念ながら紀平は拓郎を知らなかったという。

     今ツアーで拓郎は、6月に10年ぶりに名古屋公演を行い「新幹線に10年ぶりに乗った」という。ツアーは健康面を配慮し、これまで日帰りを前提としていたが、名古屋では2泊したことから、今後のツアーについて小田和正(71)と相談。スイーツを食べながら4時間話し合ったという。拓郎は「結論は出なかったけど、音楽はすてきなものだと断言する。音楽は絶対やめない。生涯曲を作ったり、そういう生活をしたい」と宣言した。

     さらに、拓郎は「歌うことでぜい肉がそがれて、広島から東京に出てきた時の吉田拓郎に帰ってきたような満足感がある」とファンに感謝。「ガンバラナイけどいいでしょう」、「この指とまれ」、「人生を語らず」などアンコールを含め全20曲を熱唱した。

     なお、コンサートにはTHE ALFEEの高見沢俊彦(65)と坂崎幸之助(65)が姿を見せた。

    (おわり)

    【吉田拓郎「10年ぶりに新幹線に乗った。」】の続きを読む

    このページのトップヘ