メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    音楽関係を中心にしたエンタメ関連のまとめブログ

    カテゴリ: ライブ・ツアー・イベント・フェス

    images (2)


    1: 湛然 ★ 2018/11/07(水) 22:16:37.42 ID:CAP_USER9
    リンゴ・スターが約3年ぶり来日公演 来年3月から全国9会場で開催
    2018/11/07 17:00

    リンゴ・スターの来日公演が、2019年3月から4月にかけて開催される。

    リンゴ・スターにとって2016年以来の来日公演となる今回は、「RINGO STARR And His All Starr Band」としてライブを披露。3月27日の福岡サンパレス ホテル&ホール公演を皮切りに、3月29日に広島・上野学園ホール、4月1日に宮城・仙台の東京エレクトロンホール宮城、4月2日に福島・けんしん郡山文化センター(郡山市民文化センター)大ホール、4月3日に東京・昭和女子大学 人見記念講堂、4月5日に東京ドームシティホール、4月9日に愛知・Zepp Nagoya、4月10日に大阪・あましんアルカイックホール、4月11日に大阪・オリックス劇場で公演を行なう。

    来日予定メンバーは、リンゴ・スターに加えて、スティーヴ・ルカサー(Gt,Vo)、グレッグ・ローリー(Key,Vo)、ヘイミッシュ・スチュワート(Ba,Gt,Vo)、コリン・ヘイ (Gt,Vo)、ウォーレン・ハム(Sax,Per)、グレッグ・ビソネット(Dr)。ライブでは“Yellow Submarine”“With a Little Help from My Friends”といったThe Beatlesの楽曲も披露する予定だ。

    (中略)

    ◆イベント情報
    『RINGO STARR And His All Starr Band』

    2019年3月27日(水)
    会場:福岡県 福岡サンパレス ホテル&ホール

    2019年3月29日(金)
    会場:広島県 広島上野学園ホール

    2019年4月1日(月)
    会場:宮城県 仙台 東京エレクトロンホール宮城

    2019年4月2日(火)
    会場:福島県 郡山 けんしん郡山文化センター(郡山市民文化センター)大ホール

    2019年4月3日(水)
    会場:東京都 三軒茶屋 昭和女子大学 人見記念講堂

    2019年4月5日(金)
    会場:東京都 水道橋 TOKYO DOME CITY HALL

    2019年4月9日(火)
    会場:愛知県 名古屋 Zepp Nagoya

    2019年4月10日(水)
    会場:大阪府 尼崎 あましんアルカイックホール

    2019年4月11日(木)
    会場:大阪府 オリックス劇場


    https://www.cinra.net/uploads/img/news/2018/20181107-ringostarr_full.jpg
    20181107-ringostarr_full

    ※動画は引用元サイトにてご確認ください。
    https://www.cinra.net/news/20181107-ringostarr

    【リンゴ・スターが約3年ぶり来日公演。来年3月から全国9会場で開催。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 湛然 ★ 2018/11/02(金) 22:40:11.91 ID:CAP_USER9
    11/2(金) 13:07 rockinon.com
    「現代のレッド・ツェッペリン」グレタ・ヴァン・フリート、来日公演が決定!

    グレタ・ヴァン・フリートが、来年1月に来日公演を行うことが決定した。

    デビュー・アルバム『アンセム・オブ・ザ・ピースフル・アーミー』を引っさげ東京・大阪で3公演が開催される。


    来日公演の詳細は以下。

    ●来日公演情報

    【大阪】
    2019年1月21日(月)@ Zepp Osaka Bayside
    OPEN 18:00/START 19:00
    (中略)

    【東京】
    2019年1月24日(木)@ Zepp DiverCity Tokyo
    OPEN 18:00/START 19:00
    (中略)

    2019年1月25日(金)@ 新木場STUDIO COAST
    OPEN 18:00/START 19:00

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    公演特設サイト
    https://www.creativeman.co.jp/artist/2019/01greta-van-fleet/common/img/key.jpg
    key

    https://www.creativeman.co.jp/artist/2019/01greta-van-fleet/

    Greta Van Fleet - When The Curtain Falls [Greta Van Fleet]
    https://www.youtube.com/watch?v=86_vnQc1oBE



    https://rockinon.com/news/detail/181314

    【現代のレッド・ツェッペリン『グレタ・ヴァン・フリート』の来日公演が決定。】の続きを読む

    images


    1: muffin ★ 2018/11/03(土) 11:39:57.43 ID:CAP_USER9
    https://www.barks.jp/news/?id=1000161410
    2018.11.3 9:15

    浜田麻里が、2019年4月19日(金)に日本武道館でワンマンライブを開催することが決定した。

    これは11月2日、Zepp Tokyoで開催された<Mari Hamada The 35th Anniversary Tour 2018 “Gracia”>東京公演のステージ上で発表となったものだ。1980年代、そして90年代初頭とヒットチャートを賑わせてきた浜田麻里が、即日ソールドアウトの武道館公演をラストにライブ活動を休止したのが1993年6月のこと。それからおよそ25年、真摯に音楽に向き合い、数々の名盤を生みながら活動を積み重ねてきた彼女が、それを見守り応援し続けたファンたちと共に再び武道館へ帰還する。

    10月にスタートした<Mari Hamada The 35th Anniversary Tour 2018 “Gracia”>は、世界のトップミュージシャンらが参加した最新アルバム『Gracia』を携えての全国ツアーである。2018年を締めくくる東京公演はアルバム同様に「Black Rain」で幕を開け、「Disruptor」「Right On」と超絶技巧とハイトーンを駆使する最新曲から「Nostalgia」などの代表曲まで緩急あるステージを展開。「Prayer」では盟友・増崎孝司(G)のアコースティックギターとその詞世界に寄り沿った温かみある表現で観客の心を鷲づかみにした。

    後半はこのツアーから新たに加わったISAO(G)、BOH(B)、原澤秀樹(Dr)の新加入陣も超ハイレベルな演奏でたたみ掛け、終盤には最新アルバムからの「Heart Of Grace」「Orience」を披露。本編ラストの「Zero」では圧倒的な歌声と演奏に会場が釘付けとなり、惜しみない拍手と共に2時間18曲の本編が終了した。アンコールでは恒例のTシャツ姿で登場し、「Sparks」「Return to Myself」など新旧の代表曲で会場は大合唱に包まれた。

    武道館公演の開催決定と併せて、リクエストベストアルバムの企画制作も発表となっている。アルバムやシングルなど、特設サイトに掲載される全てのCD作品の中から3曲を選んで投票できる、自身初のファン投票によるオールタイムベスト・アルバムが予定されているとのことだ。投票受付は特設サイトにて、11月12日(月)18:00よりスタート。2019年初旬頃の発売を予定しており、リクエスト結果は発売日情報と共に年内に発表される予定となっている。

    https://img.barks.jp/image/review/1000161410/003.jpg
    003

    https://img.barks.jp/image/review/1000161410/002.jpg
    002

    https://img.barks.jp/image/review/1000161410/001.jpg 
    001

    【浜田麻里、25年ぶりの武道館公演が決定。 BABYMETALの神バンドベーシスト・BOHも参加。】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: ストラト ★ 2018/10/26(金) 09:41:42.85 ID:CAP_USER9
    1983年9月21日にデビューし、92年に解散した7人組ロックバンド・チェッカーズの元メンバー、武内享(ギター)、大土井裕二(ベース)、藤井尚之(サックス)にバンド・アブラーズが、結成15周年を迎え、24日に大阪・なんばHatchで『アブラーズライブ2018 "Roots Of Groove』を開催した。
    そこにチェッカーズのリードボーカルで、ソロ歌手として活動している藤井フミヤがゲスト出演。
    4人ともデビューしてから35周年の節目をともに祝った。

    デビュー当時、最年少18歳だった尚之でさえも53歳。
    武内は56歳、大土井は55歳になり、年齢の話から武内は「昔話をするなら、俺よりも年上を呼ぶしかない」と、武内の10日前に生まれたフミヤをスペシャルゲストとして呼び入れると、場内は割れんばかりの歓声に包まれた。

    MCでは、35年の思い出と感謝をトークにのせた。
    チェッカーズのデビュー当時、「スーパーアイドルだった頃」(フミヤ)の楽曲の中で「何が好き?」(武内)という話になり、武内は「意外と、『あの娘とスキャンダル』が好き。ポップだったと思う」。
    ほかの3人は「ジュリアに傷心(ハートブレイク)」を推した。
    さらにフミヤは「いまとなっては『ギザギザハートの子守唄』も好き」といい、武内も「当時は抵抗あったけど、いま聴くとかっこいい」などと話していた。

    このトークの流れで、「涙のリクエスト」を演奏。
    さらに解散した年の夏に行った全国ツアー『Blue Moon Stone』のセットリストから「Hello」「運命-SADAME-」「誰もいないweekend」をメドレーで披露し、最後にフミヤが作詞、武内が作曲した「お前が嫌いだ」で会場を沸せた。

    曲間のMCでは、何かと「老い」をネタにしながらも、磨いてきた演奏技術をもって全力でパフォーマンス。
    「久しぶりにアブラで音を出すととっても楽しい」(武内)と、3人とも充実した表情を見せていた。
    アンコールの最後では再びフミヤが登壇し、チェッカーズの「BLUES OF IF」を演奏して、スペシャルな夜は幕を閉じた。

    アブラーズの面々は「あっという間の35年。
    これから何年続けられるかわかりませんが、死ぬまでと言っていおきたい」(尚之)、「3人とも音楽をやめることはないだろうし、俺らも解散する理由がない」(武内)、「健康には気をつけて。病気のないように頑張っていきたいですね。皆さんも」(大土井)と、ファンとの再会を期していた。
    アブラーズは、来年2月の終わりから夏にかけてツアーも決定している。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181026-00000341-oric-ent

    デビュー35周年、結成15周年のアブラーズ。大阪・なんばHatch『アブラーズライブ2018 "Roots Of Groove』の模様
    http://music.oricon.co.jp/data/c/photo/imgkbn1/oriconNews/ON/ON201/ON20181/20181026_090039_size640_6738-v-1540513801.jpg
    20181026_090039_size640_6738-v-1540513801

    チェッカーズ
    https://pbs.twimg.com/media/DqTn3mvU8AA072K.jpg 
    DqTn3mvU8AA072K

    【デビュー35周年 フミヤ、トオル・・・元『チェッカーズ』の4人が再集結。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: muffin ★ 2018/10/26(金) 11:25:24.01 ID:CAP_USER9
    https://www.oricon.co.jp/news/2122173/full/
    2018-10-25 23:01


    1980年代に人気を博し、92年に電撃解散した男女ツインボーカルバンド「BARBEE BOYS」(バービーボーイズ)が25日、東京・NHKホールで一夜限定復活した。メンバー5人そろってのライブパフォーマンスは、2010年3月7日の東京・日本武道館公演以来8年ぶり。観覧応募総数は過去最多となり、約30倍の高倍率をくぐり抜けて集まった強運な観客3000人を興奮させた。

    84年に「暗闇でDANCE」でメジャーデビューしたバービーボーイズは、KONTA(Vo/Sax)、杏子(Vo)、いまみちともたか(G)、ENRIQUE(B)、小沼俊明(Dr)からなる5人組。シングル「目を閉じておいでよ」、アルバム『LISTEN!』(87年)、『Black List』(88年)、『√5』(89年)などのヒットを連発し、92年1月に解散。2009~10年3月にかけてはデビュー25周年を記念してライブ活動を再開していたが、今回、8年の沈黙を破って帰ってきた。

     復活ステージとなったのは、NHK BSプレミアムの音楽番組『The Covers』が年に一度、開催している『The Covers’Fes.2018』(公開収録)。司会のリリー・フランキーは「『Coversフェス』のために集まっていただきました。『SONGS』でいいのに! 『紅白』でいいのに!」とNHK総合の音楽番組の名前をあげて観客を笑わせた。

    暗転したステージにバービーボーイズが登場すると割れんばかりの拍手が沸き起こり、メンバーそれぞれを呼ぶ歓声が飛び交うなか、代表曲「目を閉じておいでよ」からスタート。杏子はかつてのようにスカートの裾をたくしあげてくるくるとターンして沸かせ、続いて「女ぎつねon the Run」へ。KONTAのサックスが復活を告げるファンファーレのように響き渡ると、KONTAと杏子のツインボーカルが絡み合い、イマサ、エンリケ、コイソの演奏力も健在。ステージ脇で観ていた司会のリリーと池田エライザ、出演者の向井秀徳、TOSHI-LOWも大興奮し、嵐のような喝采が鳴り止むことなく続いた。

    息の合った熱い演奏後、いまみちが「おととい久々に会って」とリハーサルをしたことを明かすと、杏子は「ライブが多かったバンドだから体に染み付いてる」とにっこり。続けて「私はバービーをやりたいんですけど、男子がどう思うかなと思ったらOKとなったのでびっくりして」と告白すると、KONTAは「スケジュールが合ったんじゃないですかね」ととぼけ、小沼は「俺はやることに決まったからって言われた」と暴露して観客は大爆笑した。

    終演後には司会の2人とバービーボーイズの5人が報道陣の取材に応じた。いまみちは「お客さんの前で生演奏する機会に呼んでもらって非常にありがたかったです。スタジオでカメラに向かってやるのと違うので」と感謝し、KONTAは「リハのときに聞いたら、出演者の方がうちらが今日演る曲をカバーしようと思っていたらしいと聞きまして、カバーされる時代になったんだなと感じました」としみじみ。杏子は「ライブバンドなのでお客さんの前でライブできたのがめちゃめちゃ楽しかったですね。もっとやりたかったなぁ…という感じもします」と余韻にひたった。

    エンリケは「記者会見初めてだね」と笑いつつ、「昔からのファンの人たちがハガキを出して争奪戦でいっぱい来てくださって、本当にうれしい。懐かしい顔も客席にいっぱいいた」と喜び、小沼は「出演が決定してから約1ヶ月。この4人とは違って僕は現役ミュージシャンではないので、コンディションを整えたり、軽く練習したり、最初は散歩から始めましたけど(笑)ライブができてよかったなと思いました。お声がけいただきありがとうございました」「もっと練習してきます」と前向きな発言。リリーは「出演者にとっても特別な夜になりました」と感激していた。

    この模様は11月30日に放送予定(後10:00~11:29)。バービーボーイズはテレビ番組出演も8年ぶりとなる。ほかに、OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND、シシド・カフカ、田島貴男(ORIGINAL LOVE)、向井秀徳、Little Glee Monsterが出演した。

    https://img-mdpr.freetls.fastly.net/article/_jsc/nm/_jscghm0kzdpdVWmQlq9k64Dct7lHanBzq1i0taiBC0.jpg 
    _jscghm0kzdpdVWmQlq9k64Dct7lHanBzq1i0taiBC0

    【『バービーボーイズ』8年ぶり復活ステージ 。喝采鳴り止まず。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 湛然 ★ 2018/10/22(月) 22:23:37.18 ID:CAP_USER9
    2018/10/22 11:10
    イエスの来日公演が2019年2月に決定 結成50周年記念特別公演

    イエス(Yes)の来日公演が2019年2月に決定。結成50周年記念特別公演。19日(火)に名古屋・Zepp Nagoya、20日(水)に大阪・あましんアルカイックホール、22日(金)23日(土)24日(日) に東京ドームシティホールにて行われます。東京公演はコンセプト、セットリストが異なるスペシャル3DAYS。大阪・名古屋公演はベスト・セレクション公演です。

    <CELEBRATING 50 YEARS OF YES>

    【来日メンバー(予定)】
    スティーヴ・ハウ(G)、アラン・ホワイト(Dr)、ジェフ・ダウンズ(Key)、ジョン・デイヴィソン(Vo)、ビリー・シャーウッド(B)
    スペシャル・ゲスト:トニー・ケイ(Key)

    ●2019年2月19日(火) 名古屋・Zepp Nagoya
    18:30 open/19:00 start
    ※名古屋公演はベスト・セレクション

    (中略)

    ●2019年2月20日(水) 大阪・あましんアルカイックホール
    18:15 open/19:00 start
    ※大阪公演はベスト・セレクション

    (中略)

    ●2019年2月22日(金) 東京・東京ドームシティホール
    18:15 open/19:00 start
    ●2019年2月23日(土) 東京・東京ドームシティホール
    16:15 open/17:00 start
    ●2019年2月24日(日) 東京・東京ドームシティホール
    16:15 open/17:00 start

    <DAY1> 2月22日(金) アンコールに応えて傑作『危機』完全再現
    <DAY2> 2月23日(土) ベスト・セレクション
    <DAY3> 2月24日(日) 名作『サード・アルバム』全曲再現

    (中略)

    詳細は以下のURLのページでご覧になれます。
    https://udo.jp/concert/Yes


    http://amass.jp/112310/

    【『イエス』、結成50周年記念特別来日公演が2019年2月に決定。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/10/21(日) 04:38:19.10 ID:CAP_USER9
    来年デビュー45周年を迎える人気バンド・THE ALFEEが20日、東京国際フォーラムで秋ツアーの東京公演を行い、通算コンサート本数2700の大記録を達成した。
    日本のグループ史上、最多のコンサート本数。2015年1月31日に2500本、16年11月24日2600本と記録を作り続け、現在も更新中だ。

    ステージに3人が登場すると、5000人のファンはいつも以上に大熱狂。
    3人は「サファイアの瞳」や「FLOWER REVOLUTION」などのヒット曲を、最初から最後までフルスロットルで魅せて聞かせた。

    坂崎幸之助(64)は「2700本目のコンサートへようこそ!2700本目といっても今日は2700分の1です」とあいさつ。
    高見沢俊彦(64)も「数十年前、明治学院(大学)で坂崎に出会っていなければ教職免許を取って教師になり今頃定年退職を迎えていました。
    3000本が見えてきましたね。
    今こうしてやれているのもこつこつと積み上げてきたたまもの。皆さんの声援があったからできたことだと思います」と感謝した。

    また、12月19日に大阪国際女子マラソンのイメージソングコンプリートアルバム「Last Run!」を発売することをサプライズ発表した。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15474790/
    2018年10月21日 4時0分 デイリースポーツ

    http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/d/4/d4509_50_2daf9226_cae96a8f.jpg
    d4509_50_2daf9226_cae96a8f (1)

    https://www.youtube.com/watch?v=hSL0_0sgWuo


    メリー・アン ALFEE 1983

    https://www.youtube.com/watch?v=cpq2p_U3D8Q


    星空のディスタンス ALFEE 1984

    【THE ALFEE、コンサート2700本達成! 】の続きを読む

    ダウンロード (5)


    1: ひかり ★ 2018/10/17(水) 18:34:28.71 ID:CAP_USER9
     歌手・沢田研二(70)が17日、さいたまスーパーアリーナで午後5時から予定していた公演「沢田研二 70YEARS LIVE『OLD GUYS ROCK』」が急きょ
    中止となった。同所の管理会社が認めた。

     会場スタッフは、困惑する来場者に向け「重大な契約の問題が発生したため、主催者、所属事務所が協議を重ねた結果、本日の公演は中止とさせて頂くことになりました」と説明。

     来場客はツイッターで「本日の公演は契約上の問題が発生した為、中止とさせていただきます。ご来場いただきましたお客様におきましてはご迷惑をお掛けいたしまして、
    大変申し訳ございませんでした」との掲示を投稿。ファンは「ドタキャン、中止かよ!」「まさかの中止」「勝手にしやがれ!」など突然の発表に困惑している様子を投稿している。

    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181017-00000117-sph-ent
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20181017-00000117-sph-000-8-view.jpg 
    20181017-00000117-sph-000-8-view

    【沢田研二のコンサートが急きょ中止に。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 湛然 ★ 2018/10/15(月) 05:07:05.65 ID:CAP_USER9
    [ 2018年10月14日 21:00 ]
    MAX メンバー全員40代で初の単独ライブ NANAは「栄養ドリンクを飲んでライブに」

     4人組ダンスボーカルユニット「MAX」が14日、都内で1夜限りのスペシャルライブを行った。メンバー全員が40代になって初の単独ライブ。ヒット曲「Give me a Shake」「TORA TORA TORA」など全25曲を熱唱した。

     昨年は荻野目洋子(49)の「ダンシング・ヒーロー」がリバイバルヒットし、今年はDA PUMPの「U.S.A」がヒット中。所属事務所の先輩後輩の活躍にNANA(42)は「ユーロビートの波が来ている気がします。私たちもユーロビートの素敵な曲があるので、一緒に歌って踊って!」と盛り上げた。

     MCでNANAは「栄養ドリンクを飲んでライブに挑んでいる」と告白。LINA(41)は「みんなを盛り上げようと思ったけど、逆にみんなに助けられた」と笑顔で感謝を伝えた。


    メンバー全員が40代になって初の単独ライブを行った「MAX」のメンバー
    Photo By スポニチ
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/10/14/jpeg/20181014s00041000293000p_view.jpg
    20181014s00041000293000p_view

    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/10/14/kiji/20181014s00041000294000c.html

    【MAX、メンバー全員40代で初の単独ライブ。NANAは「栄養ドリンクを飲んでライブに。」 】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 湛然 ★ 2018/10/15(月) 22:23:35.38 ID:CAP_USER9
    2018/10/15 12:15
    <Download Japan 2019>第1弾ラインナップ発表、オジー・オズボーン、スレイヤー、アーチ・エネミー、アンスラックス、ヘイルストーム

    <Download Festival>日本上陸。2019年3月21日(木、祝)に幕張メッセで開催される<Download Japan 2019>が第1弾ラインナップを発表。
    オジー・オズボーン、スレイヤー、アーチ・エネミー、アンスラックス、ヘイルストームの出演が発表されています

    <Download Japan 2019>
    2019年3月21日(木、祝)幕張メッセ国際展示場 9~11

    [出演]
    Ozzy Osbourne
    Slayer

    Arch Enemy
    Anthrax
    Halestorm


    and more

    (中略)

    詳細は以下のURLのページでご覧になれます。
    https://www.downloadfestivaljapan.com/
    https://www.downloadfestivaljapan.com/sites/default/files/posters/2018-10/DLJ-web-front-page_0.gif

    お待たせしました!Download Japan 2019の第1弾ラインナップ発表本日23:59までに下記リンクから登録すると、明日15時~の先着先行受付に参加できます!
    https://twitter.com/DownloadFestJP/status/1051669010276859904


    http://amass.jp/111959/
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

    【【Download Japan 2019】第1弾ラインナップ発表。オジー・オズボーン、スレイヤー、アーチ・エネミー、アンスラックス、ヘイルストーム・・・and more】の続きを読む

    images


    1: 湛然 ★ 2018/10/11(木) 05:03:21.21 ID:CAP_USER9
    [2018年10月10日22時0分]
    「勝手に死ぬな」ビリー・バンバンが夢スター歌謡祭

    兄弟フォークデュオのビリー・バンバンが10日、都内で開催された「夢スター歌謡祭・歌合戦」にスペシャルゲストとして出演し、「白いブランコ」「さよならをするために」などを歌った。

    兄の菅原孝(74)は脳出血、弟の進(71)は大腸がんでともに14年に病魔に襲われたが、克服し活動を続けている。この日、開演前に行われた囲み取材、孝が体調について「最低、最悪」とすると、進は「しゃべっているから大丈夫」。さらに、孝が「ころっといきたい。ステージの上かかみさんの上でいきたい」と続けると、進が「勝手に死ぬな」と突っ込み、取材陣の笑いを誘った。

    この日のコンサートは、夢グループが手掛けるのもで春組、秋組に別れた歌合戦形式で開催された。今後も首都圏や地方の大都市を中心に開催していくという。

    春組は石井明美、おりも政夫、葛城ユキ、加橋かつみ、黒沢年雄、桑江知子、ZERO、平浩二、高道、チェリッシュ、保科有里、ロザンナ。

    秋組は、あいざき進也、晃、あべ静江、伊藤咲子、江木俊夫、大野真澄、西口久美子、尾藤イサオ、辺見マリ、三原綱木、三善英史、湯原昌幸、リリーズらが出場。おりも政夫もゲストとして出演した。


    「夢スター歌謡祭・歌合戦」に参加した、左からあべ静江、江木俊夫、菅原進、おりも政夫、菅原孝、保科有里、黒沢年雄
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/img/201810100000791-w500_0.jpg
    201810100000791-w500_0

    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201810100000789.html

    【『勝手に死ぬな』ビリー・バンバンが夢スター歌謡祭。 】の続きを読む

    ダウンロード


    1: muffin ★ 2018/10/06(土) 13:29:17.14 ID:CAP_USER9
    https://www.barks.jp/news/?id=1000160503
    2018.10.6 12:00

    BUCK-TICKが、2018年のファイナルを飾る日本武道館でのライブ<TOUR No.0 -FINAL->を12月29日(土)に開催することが決定した。

    2017年9月21日より“デビュー30周年イヤー”と銘打って精力的な活動を展開してきた彼らは、2018年3月に21枚目のオリジナルアルバム『No.0』を発表。同作を携えて全国27ヶ所29公演を行なった<BUCK-TICK 2018 TOUR No.0>に続き、10月13日からは全国19ヶ所21公演からなるオールスタンディングの<TOUR No.0 - Guernican Moon ->を敢行中だ。

    これら全50公演のファイナルを飾る一夜となるのが、今回発表された<TOUR No.0 -FINAL->である。BUCK-TICKは2000年から毎年12月29日に日本武道館で公演を行なっており、今年で19年連続の開催となる。

    チケットは本日10月6日正午よりファンクラブ先行受付が開始され、12月1日に一般販売がスタートする予定となっている。詳しくはオフィシャルサイトをチェックしてほしい。

    https://img.barks.jp/image/review/1000160503/001.jpg 
    001


    【BUCK-TICK、2018年のファイナルを飾る日本武道館公演が決定。】の続きを読む

    このページのトップヘ