メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    音楽関係を中心にしたエンタメ関連のまとめブログ

    カテゴリ: ライブ・ツアー・イベント・フェス

    ダウンロード (2)


    1: ばーど ★ 2019/08/19(月) 17:52:24.88 ID:wWgfqs4L9
    夏フェスSUMMER SONICが20周年を迎えた。第1回目からほぼ毎年、皆勤賞で通っている。

    初日は台風の接近に伴い大阪会場の設営が遅れ一部のアーチストがキャンセルになったり、リストバンド交換所が減るなどやや混乱が伝えられたし、東京でもビーチステージがこの日だけ中止になったりした。なんせ3日間酷暑だったが、とはいえ、最高に快適で楽しいフェスだったと言っていいだろう。運営するクリエイティブマンの底力を感じた。

    ラインナップだけでなく、内容も充実していた。特に圧巻だったのは初日のB'z、3日目のザ・チェインスモーカーズだ。ともにヘッドライナーだ。

    B'zは日本人初のヘッドライナーとして注目された。彼らの起用は賛否を呼んだが、結論から言うと横綱相撲を見せつけたと言っていい。スタジアムを完全に支配する、存在感のあるロックモンスターだった。今年に入ってバックバンドのメンバーが総入れ替えになったが、新鮮味があり、個性にあふれていてナイスだった。特に弱冠23歳のインド人女性ベーシストMohini Deyは演奏、ビジュアルともに存在感があり、注目を集めていた。松本TAK孝弘のギターは良い意味で枯れた味を感じさせつつも、その独特のトーンがスタジアムを魅了した。そして、今年55歳となる稲葉浩志は、まるで20代の新人バンドを超えるようなエネルギーに満ちたパフォーマンスだった。

    「歌謡ロック」という批判もあるだろう。正直、私もB'zについてそう感じていた時期はある。しかし、この日のステージは、そんな外野からの悪口が吹き飛ぶほどの圧巻のパフォーマンスだった。鳥肌がたった。涙が出てきた。

    たしかに、誰もが楽しめて、サビを覚える、ポップなロックではある。ただ、彼らが31年間積み重ねてきたことは重みがあり。人の魂を突き動かす、何かの衝動、エネルギーを感じた。代表曲「ultra soul」や「Juice」がこれほどロックだったとは。様々な要素を取り入れつつ、誰もが歌い、盛り上がり、魂を解放できるような音楽。それが日本に残っていた。世界屈指の演奏レベルで奏でられる「ultra soul」はロック以外の何者でもなかった。書いていて思い出し、涙が出てきた。

    最終日のザ・チェインスモーカーズも、生ドラムを取り入れており、普通のEDMのライブではなかった。カルヴィン・ハリスを抜き、世界で最も稼ぐDJたちとなった彼ら。世界最先端のダンス・ミュージックでしめたところに、SUMMER SONICの20年とは何だったか、重みを感じた次第である。

    もちろん、他のラインナップもせめていた。もっとも衝撃を受けたのはVtuberのキズナアイだ。3日目のレインボーステージトップバッターだったのだが、始まる前から長蛇の列で中も超満員だった。バーチャルアイドルに合わせてみんなが歌い踊る様子は圧巻だった。他にもサカナクションがヘッドライナーを務めるオールナイト企画は彼らの出演が深夜2時なのにも関わらず、夜の20時の段階で行列ができており、盛り上がりを見せていた。

    特にフジロック信者に多い、B'zやサマソニを見下すかのような見方が私はずっと気になっていた。声を大にしていいたい。もうB'zやサマソニをバカにするな。これもまたロックだ。苗場に行くほどのお金や時間がないわけではない。都市部で多様な音楽を存分に味わう。トークショーはないが、とはいえアートの展示などもあるし、LGBTに関連したステージもあり、多様性とエネルギーに満ちていた。というわけで、B'zファン、サマソニファンは誇りを持っていきよう。マウンティングしてくるフジロック信者もきっと本当は羨ましいに違いないのだから。

    さあ、今日も「ultra soul」を胸に一歩前に進もう。ありがとう。

    常見陽平
    2019年08月19日 07:26
    https://blogos.com/article/398568/
    https://static.blogos.com/media/img/239230/raw.jpg
    raw

    ★1が立った時間 2019/08/19(月) 10:13:35.85
    前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1566190602/

    【常見陽平氏、フジロック信者に反論。「B'zとサマソニを見下すのは、もうやめにしないか。あれもロックだ。」】の続きを読む

    images (1)


    1: 47の素敵な(江戸・武蔵國) (4段) 2019/08/17(土) 14:48:18.23

    【売れない地下アイドルの営業の様子、どう見てもヲタのオモチャ。】の続きを読む

    images (1)


    1: 47の素敵な(埼玉県) (6級) 2019/08/09(金) 17:36:35.60
    intention@your_intention
    NGT荻野由佳レーン5人位しか並んでない。隣の本間日陽レーンは30人位か。荻野の方が明らかに少ない
    https://twitter.com/your_intention/status/1159679664077410304

    少将@fumihiko023
    荻野さんのレーンは閑散としてますが一体どうしたのか人気低落しすぎ!
    #AKB握手会
    https://twitter.com/fumihiko023/status/1159684766683127808
    https://i.imgur.com/kZHw8SO.jpg
    kZHw8SO

    【【個別握手会】NGT荻野レーン、ガラガラ。】の続きを読む

    images


    1: muffin ★ 2019/08/01(木) 19:50:58.32 ID:2rsBwBxv9
    https://natalie.mu/music/news/342054
    2019年8月1日

    THE YELLOW MONKEYが8月6日に東京都内で“プライベートギグ”を開催する。

    現在全国アリーナツアー「THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR 2019 -GRATEFUL SPOONFUL-」を開催中のTHE YELLOW MONKEY。今回のライブのチケットは公演当日6日の12:30よりLINEチケットにて先着販売され、会場は購入者のみに16:00に発表される。チケット料金は30円。なおライブの模様はYouTubeでも生中継される。

    https://cdnx.natalie.mu/media/news/music/2019/0307/theyellowmonkey_art201903_fixw_640_hq.jpg
    theyellowmonkey_art201903_fixw_640_hq

    ♦THE YELLOW MONKEY プライベートギグ
    2019年8月6日(火)東京都内
    OPEN 19:00 / START 19:30 / END 20:00

    ♦YouTube Live「THE YELLOW MONKEY - Private Gig / 2019.8.6 都内某所」
    配信日時:2019年8月6日(火)18:30~
    配信URL:https://www.youtube.com/watch?v=4kD2Ilst_34


    【『THE YELLOW MONKEY』が都内で“プライベートギグ”開催。チケット代は30円。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 湛然 ★ 2019/07/29(月) 22:48:18.71 ID:WprHbsNE9
    S.ヴァイ+Z.ワイルド+Y.マルムスティーン+N.ベッテンコート+T.アバシの<Generation Axe> 来日公演決定
    2019/07/29 12:00掲載(Last Update:2019/07/29 12:08)
    http://amass.jp/123704/

    Generation Axe -The Guitars That Destroyed The World-
    https://pbs.twimg.com/media/EAnIWPHVUAAzSse.jpg
    EAnIWPHVUAAzSse


    スティーヴ・ヴァイ(Steve Vai)、ザック・ワイルド(Zakk Wylde)、イングヴェイ・マルムスティーン(Yngwie Malmsteen)、エクストリーム(EXTREME)のヌーノ・ベッテンコート(Nuno Bettencourt)、アニマルズ・アズ・リーダーズ(Animals As Leader)のトシン・アバシ(Tosin Abasi)。
    現代ロック・ギター・シーンの最高峰に位置する5名の豪華プレイヤーたちが集結するライヴ・ツアー<ジェネレーション・アックス(Generation Axe)>のジャパン・ツアー決定。
    11月25日(月)に福岡・Zepp Fukuoka、26日(火)に大阪・Zepp Namba、28日(木)に名古屋・Zepp Nagoya、29日(金) に東京・豊洲 PITで行われます。

    <Generation Axe -The Guitars That Destroyed The World->

    メンバー:
    スティーヴ・ヴァイ/イングヴェイ・マルムスティーン/ザック・ワイルド/ヌーノ・ベッテンコート/トーシン・アバシ

    ●11月25日(月) 福岡・Zepp Fukuoka
    OPEN 18:00/ START 19:00
    2階指定席:\\20,000/ スタンディング:\\10,000
    (中略)

    ●11月26日(火) 大阪・Zepp Namba
    OPEN 18:00/ START 19:00
    2階指定席:\\20,000/ スタンディング:\\10,000
    (中略)

    ●11月28日(木) 名古屋・Zepp Nagoya
    OPEN 18:00/ START 19:00
    2階指定席:\\20,000/ スタンディング:\\10,000
    (中略)

    ●11月29日(金) 東京・豊洲 PIT
    OPEN 18:00/ START 19:00
    オールスタンディング:\\10,000
    (中略)

    詳細は以下のURLのページでご覧になれます。
    https://www.livenation.co.jp/artist/generation-axe-tickets

    (おわり)

    【S.ヴァイ+Z.ワイルド+Y.マルムスティーン+N.ベッテンコート+T.アバシの<Generation Axe>、来日公演決定。】の続きを読む

    images (1)


    1: muffin ★ 2019/07/29(月) 17:13:00.83 ID:vR5bVPcU9
    https://rooftop.cc/report/2019/07/29133624.php
    2019.07.29

    7月26日、東京・豊洲PITにて、人間椅子が〈三十周年記念オリジナルアルバム『新青年』リリースワンマンツアー〉の最終夜を華々しく締め括った。6月末より全国12都市で展開された本ツアーは、各地で過去最高の動員数を記録。早々にソールドアウトとなったここ豊洲PITには、彼らの勇姿を見届けようと、期待で胸いっぱいの観客が詰めかけた。なお、この夜の模様はYouTubeにて生配信され、期間限定でアーカイヴ配信中なので、是非ともお見逃しなく。

     午後7時を少し回った頃、客電が落ち、周囲が真っ暗になると同時にSE「新青年まえがき」が妖しく高らかに響く。フロアからの大きな歓声と手拍子を受けて、和嶋慎治(Vo&G)、鈴木研一(Vo&B)、ナカジマノブ(Vo&Dr)の3人が悠然とステージに歩み出る。アルバム『新青年』からの「あなたの知らない世界」で幕を開け、見事なまでの一体感を生むと、続いて炸裂したのは、このアルバムのボーナス・トラックにして怒涛のヘヴィネスを誇る「地獄のご馳走」だ。この楽曲の中間部で和嶋がテルミンを奏でるなど、視覚的にも楽しませてくれる彼らのサービス精神に、オーディエンスは夢中で拳を振り上げ応えている。

    和嶋、鈴木、ナカジマの3人の阿吽の呼吸は今宵も絶品。どこか不気味な曲調であるにもかかわらず、観ていて清々しくなるのが人間椅子のマジックだ。緻密かつ大胆に表現された怪奇世界を目の前にすると、不思議なことに笑顔が止まらなくなってくる。隙あらば互いのプレイを褒め合うなど、ユーモア溢れるMCは今夜も絶好調だ。

    江戸川乱歩の同名小説を題材とした「鏡地獄」でミステリアスな狂気を見せたかと思えば、「地獄の料理人」でどっしりとコミカルに爆音を轟かせる。こうしたバランスがいつ観ても巧みである。「人間椅子がやらなくなった曲ベストテンに入る古い曲」と鈴木が紹介した「盗人讃歌」や終盤のポリリズムがたまらない「幻色の孤島」といったレアな大曲が連続で放たれると、フロアには感嘆の声が広がってゆく。
    続きはソースをご覧下さい

    https://rooftop.cc/report/aae4704d9dddd5cc8d99c3ffa8ab3f35116b0d87.JPG
    aae4704d9dddd5cc8d99c3ffa8ab3f35116b0d87

    https://rooftop.cc/report/IMG_1647.JPG
    IMG_1647

    https://rooftop.cc/report/IMG_1845.JPG
    IMG_1845

    https://rooftop.cc/report/assets_c/2019/07/IMG_1437-thumb-600x400-120471.jpg
    IMG_1437-thumb-600x400-120471

    https://rooftop.cc/report/2826b88df249bb0517197d063d36805b4866f13d.JPG
    2826b88df249bb0517197d063d36805b4866f13d

    https://rooftop.cc/report/IMG_2025.JPG 
    IMG_2025

    【人間椅子、デビュー30周年記念『新青年』ツアーファイナル。豊洲PITが満員。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 風吹けば名無し 2019/07/27(土) 23:40:16.85 ID:11yBh9XI0

    【今年のフジロックが大惨事に。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 湛然 ★ 2019/07/25(木) 23:08:15.37 ID:Kq8YsJxc9
    2019.7.24 水曜日
    レッド・ツェッペリンのジョン・ポール・ジョーンズ、9月に来日公演が決定
    https://nme-jp.com/news/76372/

    Photo: PRESS
    https://nme-jp.com/nmesite/wp-content/uploads/2019/07/content_SonsOfChipotle_LR-720x462.jpg
    content_SonsOfChipotle_LR-720x462


    レッド・ツェッペリンのベーシストであるジョン・ポール・ジョーンズは9月に来日公演を行うことが決定している。

    この公演はジョン・ポール・ジョーンズとチェロ奏者のアンシ・カルトゥネンのデュオ、サンズ・オブ・チポトレによるもので、全編即興演奏のなか、ジョン・ポール・ジョーンズはピアノとエレクトロニクスを、そしてアンシ・カルトゥネンはチェロとエレクトロニクスを担当し、ゲストとしてジム・オルークと大友良英も参加する。

    来日公演の詳細は以下の通り。

    2019年9月3日(火)、5日(木) @ 新宿PIT INN
    1st 開場19:30 開演20:00 / 2nd 開場21:30 開演22:00(入れ替え制)
    チケット:¥6,000+税

    <9月3日>
    1st set:
    ジョン・ポール・ジョーンズ(P, Electronics)、アンシ・カルトゥネン(Cello, Electronics)
    ゲスト:大友良英(G)、ジム・オルーク(Electronics)

    2nd set:
    ジョン・ポール・ジョーンズ(P, Electronics)、アンシ・カルトゥネン(Cello, Electronics)
    ゲスト:大友良英(G)、ジム・オルーク(Electronics)

    <9月5日>
    1st set:
    ジョン・ポール・ジョーンズ(P, Electronics)、アンシ・カルトゥネン(Cello, Electronics)
    ゲスト:大友良英(G)、ジム・オルーク(Electronics)、芳垣安洋(Per)

    2nd set:
    ジョン・ポール・ジョーンズ(P, Electronics)、アンシ・カルトゥネン(Cello, Electronics)
    ゲスト:大友良英(G)、ジム・オルーク(Electronics)、芳垣安洋(Per)

    更なる公演の詳細は以下のサイトでご確認ください。

    http://www.pit-inn.com/index_j.php

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

    【『レッド・ツェッペリン』のジョン・ポール・ジョーンズ、9月に来日公演が決定。「内容がイマイチ分からない。」と話題。】の続きを読む

    images


    1: 湛然 ★ 2019/07/24(水) 22:52:58.00 ID:+fCHotjW9
    7/24(水) 17:00 Rolling Stone Japan
    シンディ・ローパー来日公演、東京2デイズ即完につき追加公演が決定
    https://rollingstonejapan.com/articles/detail/31562
    10月に4年9か月ぶりのジャパン・ツアーを開催するシンディ・ローパー(Courtesy of SONY MUSIC)
    https://images.rollingstonejapan.com/articles/31000/31562/ORG/9c44772f938f7d14b4222a15e82ba2e7.jpg
    9c44772f938f7d14b4222a15e82ba2e7


    10月に4年9か月ぶりとなる来日公演を行うシンディ・ローパーが、東京2公演が即日ソールドアウトとなったことを受けて、急遽追加公演を発表した。

    今回の来日公演は、シンディのデビュー35周年を記念したアニバーサリー・ツアー。東京以外にも既に大阪と名古屋がソールドアウトしており、他地域も売れ行き好調とのこと。追加公演はツアー千秋楽となる10月25日に、Bunkamuraオーチャードホールにて開催。チケットは本日から7月26日9:59まで、ウドープレミアム・メンバーズにて先行予約を実施中だ。

    また、彼女のデビュー35周年&来日を記念して、8月28日に日本独自企画の最新ベスト盤『ジャパニーズ・シングル・コレクション -グレイテスト・ヒッツ-』もリリースされる。2枚組のDISC1には、1984年~1995年に日本で発売された全シングル曲(マキシ・シングルを除く)を、発売順にシングル・バージョンに準じて収録。さらに、シンディ自身も患っている皮膚病「乾癬」についての意識向上キャンペーンにあわせて、2017年末に発表された最新曲「HOPE」もボーナス・トラックとして追加収録。「HOPE」は、彼女自身の病気の経験からインスピレーションを得た、乾癬に苦しむ人々に希望と勇気を与える楽曲で、このたび世界初CD化となる。

    DISC2のDVDには、シンディがEPIC在籍時に発表したすべてのミュージック・ビデオを収録。加えて56ページにおよぶブックレットには、収録曲の当時の日本盤全シングル・ジャケット(ドーナツ盤/一部8㎝CD盤)を12㎝CDジャケット・サイズで復刻再現して掲載した、ファン垂涎のコレクションとなっている。

    <来日公演情報>

    シンディ・ローパー デビュー35周年Anniversary Tour

    【仙台】10月8日(火)仙台サンプラザホール
    【東京】10月10日(木)・11日(金)Bunkamuraオーチャードホール
    【名古屋】10月15日(火)名古屋市公会堂
    【金沢】10月18日(金)本多の森ホール
    【広島】10月21日(月)広島上野学園ホール
    【大阪】10月23日(水)グランキューブ大阪
    【東京追加】10月25日(金)Bunkamuraオーチャードホール

    詳細:https://udo.jp/concert/CyndiLauper

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

    【『シンディ・ローパー』来日公演、東京2デイズ即完につき追加公演が決定。】の続きを読む

    images (2)


    1: 湛然 ★ 2019/07/17(水) 22:24:45.36 ID:vpxemewX9
    REBECCA、1989年の東京ドーム公演ライブ映像を16都市で上映会開催
    2019年7月17日 12:29
    https://natalie.mu/music/news/340014

    REBECCA
    https://cdnx.natalie.mu/media/news/music/2015/0629/REBECCA_art201506_fixw_730_hq.jpg 
    REBECCA_art201506_fixw_730_hq

    REBECCA「ライヴ・フィルム『REBECCA BLOND SAURUS TOUR' 89 in BIG EGG-Complete Edition-』(5.1chリマスター版)」ティザー画像
    https://cdnx.natalie.mu/media/news/music/2019/0717/REBECCA_1989_fixw_640_hq.jpg
    REBECCA_1989_fixw_640_hq

    REBECCA BLOND SAURUS TOUR '89 in BIG EGG-Complete Edition-
    https://www.youtube.com/watch?v=_EPnfQI6r-c




    REBECCAが1989年に行った公演のライブ映像が、9月23日に全国の映画館で同時上映される。

    REBECCA「ライヴ・フィルム『REBECCA BLOND SAURUS TOUR' 89 in BIG EGG-Complete Edition-』(5.1chリマスター版)」ティザー画像

    このライブ映像は、今からちょうど30年前の1989年7月17日にREBECCAが実施したライブツアー「REBECCA BLOND SAURUS TOUR' 89」の東京・東京ドーム公演の模様を収めたもの。1990年2月にVHSとレーザーディスクで販売された映像作品「BLONDSAURUS IN BIG EGG」には10曲分のライブ映像しか収められていなかったが、今回はREBECCAが東京ドームで披露した全18曲が1日限定で上映される。映像にはレストアリマスタリングが施され、音源はミックスエンジニアのGOH HOTODAがリミックスを手がけている。

    ローソンチケットでは、8月17日まで上映会のチケットの先行抽選予約を受け付けている。

    また上映会の開催を記念して、「BLONDSAURUS IN BIG EGG」のティザー映像がYouTubeで公開された。


    ◆REBECCA「ライヴ・フィルム『REBECCA BLOND SAURUS TOUR' 89 in BIG EGG-Complete Edition-』(5.1chリマスター版)」

    2019年9月23日(月・祝)全国各地の映画館
    START 16:30

    主催・企画・配給 ソニー・ミュージックダイレクト (c) 2019 Ki/oon Music . All rights reserved. 

    (おわり)

    【『REBECCA』、1989年の東京ドーム公演ライブ映像を16都市で上映会開催。】の続きを読む

    images


    1: 湛然 ★ 2019/07/15(月) 05:18:09.56 ID:kUECRcvB9
    ポール・マッカートニーの最新ライヴにリンゴ・スターがゲスト参加
    2019/07/14 19:38
    http://amass.jp/123135/
    ※引用元サイトにて動画をご覧になれます。


    ポール・マッカートニー(Paul McCartney)の最新ライヴ(7月13日 米ロサンゼルス)にリンゴ・スター(Ringo Starr)がゲスト参加。「Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise)」「Helter Skelter」の演奏に加わっています。ファン撮影の映像あり。

    またこの公演にはイーグルス(Eagles)のジョー・ウォルシュ(Joe Walsh)もゲスト参加しており、「The End」の演奏に加わっています。ファン撮影の映像あり。

    ■with Ringo Starr
    Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise)
    Helter Skelter
    https://www.setlist.fm/widgets/setlist-image-v1?id=639e826f
    setlist-image-v1

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

    【「ポール・マッカートニー」の最新ライヴに「リンゴ・スター」がゲスト参加。】の続きを読む

    このページのトップヘ