メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    音楽関係を中心にしたエンタメ関連のまとめブログ

    カテゴリ: ライブ・ツアー・イベント・フェス

    images


    1: 湛然 ★ 2018/09/16(日) 05:02:48.04 ID:CAP_USER9
    2018.09.15 M-ON! MUSIC NEWS
    矢沢永吉、東京ドーム公演で愛娘・矢沢洋子と9年ぶりにステージ共演

    ■矢沢永吉と矢沢洋子は「SUGAR DADDY」を熱唱!息のぴったりあった歌声で東京ドームのオーディエンスを魅了
    9月14日に69歳を迎えた矢沢永吉。“ロック”な年を迎えた記念公演として北海道、名古屋、大阪、広島、東京の全国5ヵ所で『EIKICHI YAZAWA 69TH ANNIVERSARY TOUR2018「STAY ROCK」』を開催。本日9月15日にツアー最終公演として、東京ドーム公演が開催された。

    ライブ中盤に、娘の矢沢洋子がサプライズ登場。このサプライズに会場から割れんばかりの歓声が沸き上がった。9年ぶりのステージ共演で、ふたりは「SUGAR DADDY」を熱唱。息のぴったりあったふたりの歌声に会場は酔いしれた。

    矢沢永吉は今回のツアーで、自身初となる京セラドーム大阪も開催。東京ドームでのライブは2015年以来約3年ぶり。今回の東京ドーム公演で、国内アーティストのコンサート最年長開催記録を樹立した。

    一方、娘の矢沢洋子は、今年6月から約2ヵ月間、舞台『銀河鉄道999』~GALAXY OPERA~にリューズ役で出演するなど、アーティストとしてのみならずその活躍の場を着実に広げている。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    http://www.m-on.press/files/PostImage/music-news/83445/104202/83445_104202_180915-st-204401.jpg
    83445_104202_180915-st-204401 (1)

    http://www.m-on.press/music-news/0000166413?show_more=1

    【矢沢永吉、東京ドーム公演で愛娘・矢沢洋子と9年ぶりにステージ共演。】の続きを読む

    images (1)


    1: 湛然 ★ 2018/09/07(金) 21:33:51.24 ID:CAP_USER9
    2018/09/07
    BABYMETAL、海外からゲスト・バンドを招いたフェス形式でツアー追加公演

     BABYMETALが、ワールドツアー日本公演【WORLD TOUR 2018 in JAPAN】の追加公演を、2018年10月28日にさいたまスーパーアリーナにて開催する。

     追加公演【BABYMETAL WORLD TOUR 2018 in JAPAN EXTRA SHOW“DARK NIGHT CARNIVAL”】は、初めて海外からゲスト・バンドを招いたフェス形式での開催。
    スウェーデンの“ウォーメタルバンド” サバトン(SABATON)、銀河帝国の“スターウォーズメタルバンド”ギャラクティック・エンパイア(GALACTIC EMPIRE)という個性的なアクトを迎える。

     また、来場者も仮装して参加することができるなど、スペシャルな内容を予定。チケット受付は、『THE ONE』会員チケット最速先行(抽選)が9月18日まで実施中。

     さらに、すでに発表となっているワールドツアー日本公演では、10月23、24日に行われる幕張公演にギャラクティック・エンパイア、10月30、31日に行われる神戸公演にサバトン がそれぞれスペシャル・ゲストとして出演することも決定した。

    ◎ツアー情報
    【BABYMETAL WORLD TOUR 2018 in JAPAN】
    10月23日(火)千葉・幕張メッセイベントホール
    10月24日(水)千葉・幕張メッセイベントホール
    10月30日(火)兵庫・神戸ワールド記念ホール
    10月31日(水)兵庫・神戸ワールド記念ホール

    【BABYMETAL WORLD TOUR 2018 in JAPAN EXTRA SHOW “DARK NIGHT CARNIVAL”】
    10月28日(日)埼玉・さいたまスーパーアリーナ
    出演:BABYMETAL
    Special Guest:SABATON、GALACTIC EMPIRE


    「BABYMETAL WORLD TOUR 2018 in JAPAN EXTRA SHOW "DARK NIGHT CARNIVAL"」
    http://www.billboard-japan.com/common/sys/img/news/00000067/67489/image.jpg
    image

    Sabaton
    http://www.billboard-japan.com/scale/news/00000067/67489/650x_sub_image159139.jpg
    650x_sub_image159139

    Galactic Empire
    http://www.billboard-japan.com/scale/news/00000067/67489/650x_sub_image159140.jpg
    650x_sub_image159140

    http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/67489/2

    【BABYMETAL、ツアー追加公演に海外から『Sabaton』と『Galactic Empire』がゲスト参加。】の続きを読む

    ダウンロード

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/08/29(水) 22:26:11.25 ID:CAP_USER9
    8月26日に、夏フェス「a-nation 2018」の東京公演2日目が行われた。「a-nation 2018」はこの日の公演で幕を閉じ、大トリを飾ったのは浜崎あゆみ(39)だが、
    今年もまた例年通り、同フェスの名物“ガラガラ祭り”となってしまった。

    まず今回のタイムテーブルを見てみよう。オープニングアクトを務めたのは男性ダンスボーカルユニット「Da-iCE」。
    そこから「Dream Ami」「フェアリーズ」「NEW REVIVAL」「三浦大知」「Red Velvet」「FAKY」「倖田來未」
    「lol -エルオーエル-」「EXO」「TRF」という順番で、ラストの浜崎あゆみまでバトンを繋いでいく。

    しかし会場を訪れていた観客からは、「EXO」のパフォーマンスが終わると同時に人々が帰り始めたとの報告が多数SNSに上がった。
    中にはウソかマコトか「浜崎あゆみが歌う頃には半分くらいの人が帰ってた」という報告もあるほどだ。

    これが浜崎あゆみの“ガラガラ祭り”だが、今や毎年のように繰り広げられている光景だ。
    同フェスのトリを飾る浜崎あゆみの登場目前に、客が帰り出してしまう。
    もちろんすべての観客がそうというわけでは全くないが、帰宅ラッシュに巻き込まれたくない一部のお客が先に退出しているということだ。
    こうなると、マナーの問題である。

    とはいえ前日のトリを飾った東方神起は“ガラガラ祭り”になることがなかったため、浜崎の集客力が衰えていることも一つの事実だろう。
    「a-nation 2018」では先日オーディションを経て“一座”に加入したばかりの若いダンサー3名も踊り、1
    9歳の“ペイ”は浜崎の“相手役”として恋人のような情熱的で濃厚なパフォーマンスを披露した。
    舞台上での扇情的な絡みは浜崎ライブの見どころのひとつだが、それすら観客を引き止める材料にならないとは悲しい。

    http://dailynewsonline.jp/article/1511223/
    2018.08.29 21:30 messy / メッシー

    http://image.dailynewsonline.jp/media/e/1/e1f90e893d9d9cf6c10417c1718d2ce9397e8edf_w=666_h=329_t=r_hs=7fdb0c39fe9f5fccb96c71c782ba562e.jpeg 


    【「a-nation」浜崎あゆみ“ガラガラ祭り”。濃厚パフォーマンスも虚しく大トリ前に観客帰宅。】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: 朝一から閉店までφ ★ 2018/08/25(土) 21:28:24.38 ID:CAP_USER9
    2018-08-25 21:20
     日本テレビ系で生放送中の『24時間テレビ41 愛は地球を救う』で25日、同局の伝説のバラエティー番組『ウッチャンナンチャンのウリナリ!!』(1996年4月~2002年3月)
    から誕生した音楽ユニット・ポケットビスケッツが一夜限りの復活。東京・日本武道館で18年ぶりに「YELLOW YELLOW HAPPY」「POWER」を披露した。

     通称「ポケビ」は、ウッチャンナンチャンの内村光良(TERU)、タレントの千秋(CHIAKI)、キャイ~ンのウド鈴木(UDO)の3人組。1998年のNHK紅白歌合戦にも出場した。

     放送前から阿部祐二リポーターが「伝説のバンドが一夜限りの復活」とあおり、「活動期間はわずか5年」「リリースしたシングル6枚のCDの総売上枚数500万枚以上」「日本武道館ライブの模様を放送した番組の視聴率20%超」といったヒントが出されていた。

     今回、史上初のトライアスロンに挑戦しているチャリティーランナーのみやぞんが、スイム(1.55キロ)、バイク(60キロ)を終え、ラン(100キロ)をスタートさせる直前に「YELLOW YELLOW HAPPY」を披露。
    内村が「無理のないようにね」とエールを送り、みやぞんが走り出すと、「みやぞんさんと、皆さんに届きますように」(千秋)と「POWER」を歌った。

    (最終更新:2018-08-25 21:22)
    https://www.oricon.co.jp/news/2118215/full/

    【『ポケットビスケッツ』が日本武道館で18年ぶり一夜限りの復活。】の続きを読む

    images


    1: shake it off ★ 2018/08/24(金) 15:26:30.69 ID:CAP_USER9
    2018年8月22日 12:00
    BARBEE BOYS、30年前の東京ドーム公演を全国映画館でノーカット上映


    BARBEE BOYSのライブ映像上映会が10月28日に全国14都市16カ所の映画館で行われる。

    BARBEE BOYSは今からちょうど30年前の1988年8月22日に東京・東京ドームでツアー「STARS ON SPECIAL」の最終公演を実施。5万人を動員したこのライブの映像は、VHSやレーザーディスクで数曲のみしか発表されていなかったが、未発表だった15曲分ものオリジナルテープが見つかったことで、HDリマスタリング映像のノーカット上映会が行われることとなった。チケットぴあでは本日8月22日12:00から9月13日23:59までチケットの先行抽選予約を受け付けている。

    またYouTubeでは東京ドーム公演のオープニングナンバー「なんだったんだ?7DAYS」が流れるティザー映像が公開された。なおこのティザー映像にはリマスタリング前の映像が使用されている。

    ◆BARBEE BOYS「STARS ON SPECAL」
    1988年8月22日 東京ドーム セットリスト

    01. なんだったんだ?7DAYS
    02. 帰さない
    03. MIDNIGHTCALL
    04. もォやだ!
    05. あいさつはいつでも
    06. midnight peepin'
    07. 小僧-cryin' on the beach
    08. ふしだらVSよこしま
    09. タイムリミット
    10. 打ち上げ花火
    11. Dearわがままエイリアン
    12. 泣いたままでlistentome
    13. はちあわせのメッカ
    14. わぁいわぁいわい
    15. ごめんなさい
    16. ナイーヴ
    17. C'm'on Let's go!
    18. 離れろよ
    19. 負けるもんか
    20. 翔んでみせろ
    21. ラサーラ
    <アンコール>
    22. 使い放題tenderness
    23. 女ぎつねontheRun
    24. チャンス到来

    ◆30周年記念!完全ノーカット/リマスター版ライヴ・フィルム「BARBEE BOYS STARS ON 1988.8.22@東京ドーム」一夜限定プレミアム上映

    2018年10月28日(日)北海道 札幌シネマフロンティア / 宮城県 MOVIX仙台 / 埼玉県 MOVIXさいたま / 東京都 T・ジョイPRINCE品川 / 東京都 新宿ピカデリー / 千葉県 T・ジョイ蘇我 / 神奈川県 横浜ブルク13 / 静岡県 静岡東宝会館 / 新潟県 T・ジョイ新潟万代 / 愛知県 ミッドランドスクエアシネマ / 京都府 MOVIX京都 / 大阪府 梅田ブルク7 / 大阪府 なんばパークスシネマ / 兵庫県 OSシネマズミント神戸 / 広島県 広島バルト11 / 福岡県 T・ジョイ博多
    START 14:00


    BARBEE BOYS IN TOKYO DOME 1988.8.22 [Sony Music (Japan)]
    https://www.youtube.com/watch?v=D8GL0yoLax8



    左からいまみちともたか、KONTA。
    https://cdnx.natalie.mu/media/news/music/2018/0822/STARSON1_fixw_730_hq.jpg 
    STARSON1_fixw_730_hq

    杏子
    https://cdnx.natalie.mu/media/news/music/2018/0822/BARBEEBOYS8_fixw_640_hq.jpg 

    BARBEE BOYSのキャラクター。
    https://cdnx.natalie.mu/media/news/music/2018/0822/barbeeboy_fixw_640_hq.jpg 
    barbeeboy_fixw_640_hq

    https://natalie.mu/music/news/296360

    ※前スレ
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1534968133/

    【BARBEE BOYS、30年前の東京ドーム公演の未発表オリジナルテープを発見。全国映画館で一夜だけの"ノーカット上映"が決定。】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: muffin ★ 2018/08/24(金) 15:50:11.46 ID:CAP_USER9
    https://natalie.mu/music/news/296588
    2018年8月23日 14:12

    BABYMETALが12月7~9日にオーストラリアで行われる音楽フェスティバル「Good Things Festival 2018」に出演することが発表された。

    この音楽フェスは12月7日にメルボルンのSHOWGROUNDS、8日にシドニーのPARRAMATTA PARK、9日にブリスベンのSHOWGROUNDSという3カ所で実施されるもの。BABYMETALがオーストラリアでライブを行うのはこれが初めてとなる。

    出演者にはBABYMETALのほか、The Offspring、Stone Sour、Dropkick Murphys、Bullet for My Valentine、The Usedらがラインナップされており、このうちThe Offspringは1994年の大ヒット作「Smash」の全曲演奏を予定している。チケットなど詳細はイベントのオフィシャルサイトで確認を。

    ♦︎Good Things Festival 2018
    2018年12月7日(金)オーストラリア メルボルン SHOWGROUNDS
    2018年12月8日(土)オーストラリア シドニー PARRAMATTA PARK
    2018年12月9日(日)オーストラリア ブリスベン SHOWGROUNDS

    <出演者>
    The Offspring / Stone Sour / All Time Low / Dropkick Murphys / Bullet for My Valentine / The Used / BABYMETAL / The Smith Street Band / Dashboard Confessional / Mayday Parade / La Dispute / Northlane / The Wonder Years / Waterparks / Tonight Alive / Scarlxrd / Emmure / Palaye Royale / Make Them Suffer / Waax / Boston Manor / Void of Vision / Ecca Vandal

    https://cdnx.natalie.mu/media/news/music/2018/0507/babymetal_art201805_fixw_640_hq.jpg 
    babymetal_art201805_fixw_640_hq

    【BABYMETAL、オーストラリア音楽フェス「Good Things Festival」出演決定。】の続きを読む

    images (1)


    1: 豆次郎 ★ 2018/08/03(金) 16:30:00.87 ID:CAP_USER9
    2018/8/ 3 14:53
    野外音楽フェス「フジロック・フェスティバル」の会場に、故・西城秀樹さんらの姿を骸骨で再現したアート作品が展示されていたことが、「不謹慎ではないか」などと賛否を呼んでいる。

    西城さんをかたどった骸骨には、茶髪のカツラと星条旗が。そして、代表曲の「YOUNG MAN(Y.M.C.A.)」の振り付けをモチーフにしているのか、両手で大きく「C」のポーズを取っていた。

    Aviciiの骸骨アートも

    2018年のフジロックは7月27日から29日まで、例年通り新潟県の苗場スキー場で開催された。その会場で展示されたのが、4月に亡くなった人気DJのAvicii(アヴィーチー)さんと西城さんの追悼アートだった。

    どちらも、棺桶に入った骸骨の模型に、生前の2人を象徴するアイテムを身に着けさせた作品だ。Aviciiさんの骸骨は自らの名前をデザインしたTシャツとキャップ姿で、棺桶の中には多くの花が添えられている。

    西城さんの骸骨は茶髪のカツラを被り、腰の辺りが星条旗で覆われていた。棺桶の下には、手書きで「西城秀樹1958-2018」などと記したボードもあった。

    こうした展示物が、インターネット上で物議を醸すことになった。複数のフェス参加者が作品を写真付きで紹介したところ、ツイッターやネット掲示板に、

    「亡き方への冒涜、ご遺族の気持ちを踏みにじっているとしか思えません」
    「Aviciiを讃える為のアートなんだかなんだか知らないけど...個人的には不愉快になった」
    「ユーモアもセンスも芸術性も無い。なにより、西城秀樹という偉大なアーティストに対するリスペクトが全く感じられない」
    「西城秀樹さんであろうがAviciiであろうが、遊びで死者をあのように扱うことが問題」
    といった反発の声が相次いで寄せられたのだ。

    「個人的には好き」「敬意が感じられる」

    一方で、作品のコンセプトに理解を示すユーザーも少なくない。あくまで、アーティストとしての功績を称える目的の作品だなどとして、「個人的には好き」「ロックスピリットからすると最高の敬意の表れだと思います」との好意的な声も目立った。

    会場でこれらのアートを目撃したフェス参加者の1人は、J-CASTニュースの取材に「(発見時は)びっくりしました」と説明。その上で、

    「2人は亡くなってしまったが、2人の音楽は死んでいないんだという運営側の敬意の気持ちが感じられるアートだと思いました。不謹慎だとは1ミリも思いませんでした」
    と振り返った。

    なおJ-CASTニュースでは、7月31日からフジロックを運営するスマッシュ(東京都港区)に対し、(1)骸骨アートを設置した意図は何なのか(2)遺族への許可は取っているのか――などについて取材を依頼しているが、3日13時までに回答はなかった。

    https://www.j-cast.com/2018/08/03335458.html?p=all
    https://www.j-cast.com/assets_c/2018/08/news_20180803144230-thumb-autox380-142043.jpg 
    news_20180803144230-thumb-autox380-142043

    【フジロックで西城秀樹さん”追悼アート”で骸骨。】の続きを読む

    images


    1: Egg ★ 2018/07/28(土) 18:19:25.35 ID:CAP_USER9
    女性3人組バンド・SHISHAMOが28日、台風12号の接近に伴い、この日、地元・川崎市の等々力陸上競技場で予定していた単独スタジアムライブ(後5時)を中止することを公式サイトで発表した。

     開催に向けて直前まで協議を重ねてきたが、この日午前、気象庁から川崎市に暴風波浪警報が発令されたため、来場者への安全第一を考え、中止の決断となった。同サイトでは「公演を楽しみにお待ちいただいていたお客様には、大変ご迷惑をおかけしますこと、また、直前のご案内となりましたこと、心よりお詫(わ)び申し上げます。何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます」とコメントした。

     SHISHAMOは2010年、川崎総合科学高の軽音楽部で「柳葉魚(ししゃも)」(当時)を結成。高校卒業後も同地域で活動を続け、17年のNHK紅白歌合戦に出場するまでに成長を遂げた。

     スタジアムライブは昨年2月、3人が川崎市役所を表敬訪問した際に「等々力陸上競技場でライブをするのが夢」と告白したことがきっかけ。熱い思いを知った市側が、夢の実現のために調整を進め、ホームスタジアムのサッカーJ1・川崎フロンターレの理解、協力も得たことから、昨年9月に開催が決まった。

     3人は地道な努力も続けていた。7月中旬、地元商店街やスタジアムの近隣住民の民家、アパートを1軒、1軒訪ねてあいさつ回りするなど、10か月かけて準備を進めていた。

     なお、チケットの払い戻しに関しては、近日中に公式サイトでお知らせされる。

    7/28(土) 11:28配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180728-00000111-sph-soci

    写真
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20180728-00000111-sph-000-6-view.jpg 
    20180728-00000111-sph-000-6-view

    【強運ガールズバンド『SHISHAMO』がとうとう躓く。10か月かけて準備を進めていた等々力での単独スタジアムライブが台風のため中止に。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: (地震なし) (2段) 2018/07/28(土) 13:21:14.98
    ともに坂道に負けたオワコングループ

    ももクロ@西武ドーム
    https://i.imgur.com/37aR2jH.jpg 
    37aR2jH

    【『ももクロ@西武ドーム』のステージ構成が『AKB48G@ナゴド』なみに酷いんだが。】の続きを読む

    ダウンロード (2)


    1: 湛然 ★ 2018/07/20(金) 22:20:55.81 ID:CAP_USER9
    Rolling Stone Japan 編集部 | 2018/07/19 20:15
    ビリー・ジョエルが大記録、NYマディソン・スクエア・ガーデン100回公演を達成

    昨夜7月18日、ビリー・ジョエルがマディソン・スクエア・ガーデンで通算100回目となる公演を開催した。

    ビリーが初めてマディソン・スクエア・ガーデンで公演を行なったのは、1978年12月14日のこと。2014年1月27日からはレジデンシャル・ショーとして定期公演を毎月行っており、そこから約4年半での大記録となった。

    通算100回目のMSG公演には、友人のブルース・スプリングスティーンが飛び入りし、「Tenth Avenue Freeze-Out」と「Born To Run」の2曲を共演。ビリーは以前、定期公演について「需要がなくなるまでやる!」と公言しており、今後も多彩なゲストを迎えながら継続していくという。

    ちなみに、このMSGにおいて、ビリーは2015年1月に13公演連続のチケット売り切れ新記録を樹立。同年7月1日に行った通算65回目の公演で、エルトン・ジョンを抜いて単独アーティストによる最多回数記録1位となった。


    大記録を達成したビリー・ジョエル(Photo by Tomohiro Akutsu)
    http://images.rollingstonejapan.com/articles/28691/ORG/7d32c04df24b4eaa5c95f522275ae1a6.jpg 
    7d32c04df24b4eaa5c95f522275ae1a6

    http://rollingstonejapan.com/articles/detail/28691

    【ビリー・ジョエルがNYマディソン・スクエア・ガーデン100回公演を達成の大記録。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: muffin ★ 2018/07/14(土) 14:09:13.38 ID:CAP_USER9
    https://www.daily.co.jp/opinion-d/2018/07/14/0011442907.shtml
    2018.07.14

     世界的にも知られる国内最大級のロックフェス「FUJI ROCK FESTIVAL’18」(27~29日、新潟・苗場スキー場)が、22年目の今年、大きな変化を迎えようとしている。
    6日に確定した最終ラインアップとタイムテーブルでは、なんといっても米国のヒップホップ勢が目を引く。最も大きなグリーンステージで初日がN.E.R.D、2日目がケンドリック・ラマーと、3日間中2日間のヘッドライナーを占めているのだ。

      ◇  ◇
     N.E.R.Dは3人組で、本隊の活動に加え、チャド・ヒューゴとファレル・ウィリアムスの2人はプロデューサーチーム「ネプチューンズ」としても音楽界に大きな影響を及ぼし、ウィリアムスはソロの「ハッピー」やダフト・パンクに客演した「ゲット・ラッキー」など、ワールドワイドな大ヒットを連発している。

     ラマーはグラミー賞で2015年に2部門、16年に4部門、今年は5部門を制しており、今年はまた、ラッパーとして初めてピュリツァー賞を受賞。ヒップホップの枠を越えて現在、米国で最も重要なアーティストと目されている。

     米国では既にポップスのメインストリームとなっているヒップホップ、フジロックでも01年にエミネム、07年にビースティ・ボーイズがグリーンのヘッドライナーを務め、00年にランDMC、09年にパブリック・エネミー、14年にアウトキャストといったレジェンドが、2番目に大きなホワイトステージのヘッドライナーを務めたこともある。

     14年にはヘッドライナーとして発表されていた超大物カニエ・ウエストがキャンセルする“事件”が起きた。カニエが予定通り出演していれば、この年は先述したようにアウトキャストがホワイトのヘッドライナーを務め、グリーンでは佐野元春がヒップホップアルバム「ビジターズ」(1984年)の再現ライブを行ったため、ヒップホップ色を強く感じさせる年になっていたと思われる。

     とはいえ、過去21回、グリーンのヘッドライナーを務めてきたアーティストを便宜的にカテゴライズすると、ロック系アーティストで3分の2を占めており、次いでダンス系となる。ヒップホップ系は先述した2組しかいなかった。

     それが今年は一変した。N.E.R.Dとラマーの他にも、ホワイト初日のヘッドライナーにポスト・マローン、グリーン最終日の3組目にアンダーソン・パーク&ザ・フリー・ナショナルズとヒップホップの旬なアーティストが配置され、ヒップホップがかつてなく重要なポジションを占めている。

      ◇  ◇
     今年、もう一つの大きなトピックが、62年のデビューから米国のポピュラー音楽をリードしてきたレジェンド中のレジェンド、ボブ・ディランが16年のノーベル文学賞受賞後、初来日を果たし、最終日のグリーンステージにヘッドライナーとして登場することだ。

     101回目の日本公演でもある今回は、ヘッドライナーでありながら出番はトリ前(トリは米ロックバンドのヴァンパイア・ウィークエンド)という、極めて異例の出演順となっている。ミステリアスなことで知られるディランらしい“事件”ともいえる。

     2日目のヘッドライナーであるラマーは音楽性のみならずリリックの面でも高い評価を受けており、カリスマ的な影響力も含めてディランとの共通点は多い。ラマー~ディランという流れは、強引な言い方をすれば、米国のポピュラー音楽史を通観できるラインアップともいえる。

      ◇  ◇
     攻めの姿勢が光る今年のフジロック。2018年は、歴史的な転換点となるかもしれない。(デイリースポーツ・藤澤浩之)

    フジロック初日のヘッドライナーを務めるN.E.R.D
    https://i.daily.jp/opinion-d/2018/07/13/Images/f_11442908.jpg 
    f_11442908

    【『フジロック』22年目の大変化。ヒップホップがメインのポジションに。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 鉄チーズ烏 ★ 2018/07/07(土) 15:05:43.49 ID:CAP_USER9
    京都在住の3ピース・ロック・バンド 10-FEETが主催するイベント"京都大作戦"。7月7日、8日開催を予定している"京都大作戦2018~去年は雷雨でごめんな祭!~"について、1日目の本日7月7日に続き、2日目となる明日7月8日の開催中止も発表された。
     
    オフィシャル・サイトの発表は以下のとおり。
     
    ■京都大作戦2018~去年は雷雨でごめんな祭!~ DAY2開催に関するお知らせ(7月7日 13:00更新)
     
    先日から続いております降雨、またそれに伴う二次的被害の可能性、気象庁の今後の予想、鉄道や高速道路の状況を踏まえまして、
    ご来場者様、出演者様の安全を考慮し、10-FEETメンバー、及び各セクションスタッフで開催の可否を協議させて頂いた結果、
    7月8日(DAY2)の開催を中止とさせて頂きます。
    誠に申し訳ございません。
    皆様へのお知らせが遅くなりました事お詫び申し上げます。

    ※京都大作戦2018は中止となります。延期日程等はございません。
    ※チケット、シャトルバス券、臨時直行バス券、駐車券の払い戻しに関しては7月9日にお知らせさせて頂く予定です。

    ご理解のほどよろしくお願い致します。

    ▼イベント情報
    "京都大作戦2018~去年は雷雨でごめんな祭~"
    7月7日(土)、8日(日)※両日とも開催中止
    会場:京都府立山城総合運動公園 太陽が丘特設野外ステージ
     
    ■オフィシャル・サイト:http://kyoto-daisakusen.kyoto/18/
    ■Twitter:ハッシュタグ #mik2018

    http://gekirock.com/news/2018/07/10-feet_kyoto_daisakusen_day2_cancelled.php

    【10-FEET主催イベント"京都大作戦2018"、2日目となる明日7/8も開催中止を発表。】の続きを読む

    このページのトップヘ