メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    カテゴリ: ライブ・ツアー・イベント・フェス

    ダウンロード


    1: あちゃこ ★@無断転載は禁止 2017/09/18(月) 08:31:35.92 ID:CAP_USER9
     歌手、安室奈美恵(39)が17日、故郷の沖縄・宜野湾海浜公園野外特設会場で
    デビュー25周年を記念する2夜連続公演を締めくくった。沖縄での単独野外公演は初めて。
    2012年には台風の影響で同会場での20周年公演が中止となったため、“リベンジ凱旋”が実現。
    台風18号の接近でリハーサルが遅れるなど波乱もあったが、四半世紀を網羅した新旧交えた選曲で、
    2万6000人のファンに歌姫の神髄を見せつけた。

     琉球の風が吹き抜ける台風一過の野外ステージで歌姫が躍動した!

     巨大スクリーンに、青のミニワンピース姿の安室が、ダンサーらと円陣を組む姿が映し出され、
    ヒット曲「TRY ME~私を信じて~」のイントロが流れるとステージ最上段に“参上”。
    安室を見た瞬間、会場に悲鳴に似た大歓声が轟いた。

     SUPER MONKEY’S時代のデビュー曲「ミスターU.S.A.」を22年ぶりに歌い、
    代表曲「Don’t wanna cry」から新曲「Just You and I」まで
    27曲を熱唱。白いワンピなど5変化でも楽しませた。

     1992年9月のデビューから25年。凱旋公演は7カ月ぶり11回目だが、野外での単独公演は
    初めて。「記念イヤーは沖縄からスタートしたい」と企画した安室は「安心感と懐かしさを感じます」と
    笑顔満開だ。

     2012年9月に同所で20周年公演を予定するも、台風の影響で中止に。今回も
    台風18号の接近で会場の設営やリハーサルが遅れたが、デビュー記念日の前日16日も同日も
    予定通りライブを行い、“リベンジ”。それだけに「騒げ、沖縄!」と普段は行わないMCで
    ファンをあおるなどノリノリ。沖縄単独公演史上最多となる約2万6000人を興奮させた。

     10代で自身のファッションをマネするアムラー現象を巻き起こし、これまでシングル47枚、
    アルバム17枚、DVD20枚を発売し、総売上数は3700万枚を突破。公演数は693回、
    動員数は415万人に達した。

     約2時間、全力パフォーマンスで駆け抜けた安室は
    「25周年という記念すべきアニバーサリーイヤーを一緒に過ごすことで、また新しい思い出が
    作れれば」と宣言。

     最後は夜空を300発の花火が彩り、25周年の幕開けを祝った。

    サンスポ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170918-00000502-sanspo-musi
    デビュー当時と変わらないスレンダーボディーでキレのあるパフォーマンスを披露した安室奈美恵
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20170918-00000502-sanspo-000-1-view.jpg 
    20170918-00000502-sanspo-000-1-view

    【安室奈美恵、故郷に“リベンジ凱旋”。普段行わないMCで「騒げ、沖縄!」】の続きを読む

    images


    1: 湛然 ★@無断転載は禁止 2017/09/18(月) 06:22:04.27 ID:CAP_USER9
    [2017年9月17日21時35分]

    藤井フミヤ兄弟ツアー開幕!斉藤由貴不倫騒動ネタも

     藤井フミヤ(55)尚之(52)の兄弟ユニットF-BLOODが17日、東京・Zeppダイバーシティで、結成20周年ライブハウスツアーを開幕させた。

     ツアーは前作アルバム「Ants」のタイミング以来9年ぶり。フミヤは「台風接近の中、ギリギリな感じで来てくれてありがとう」と感謝し「昨日の夜中に2人で水を浴びて祈った」と笑わせた。
    「まだ初日なので、全体的に探っている感じだけど、緩い兄弟なので緩い感じでいきます」とベテランらしい余裕をみせた。

     フミヤが「長く生きている、といろんなことが起こる。パンツ被ったり」と、斉藤由貴の不倫騒動を連想させる冗談を言うと、尚之は「ない、ない!」と応じ、「何でパンツの話?」と問い掛けた。
    するとフミヤは「旬だから」と答えて笑った。さらに「別々に暮らすまで、尚之と同じパンツをはいていた。トランクスだから、全然気にならなかった」とパンツエピソードを明かしてファンを喜ばせた。

     フミヤは終演後、「ゆっくりやっていたら20年たっていた。まあ、解散がないコンビだから。離れられない兄弟になってます。70歳までは一緒にやりたい」と強い絆を感じさせた。
    さらに「最後はギター2本で、ぴんから兄弟みたいに赤ちょうちんツアーをやりたい」と話すと、尚之も大きくうなずいた。

    (以下略、全文はソースをご覧ください。)


    F-BLOOD20周年記念ライブツアーの初日公演を行った藤井尚之(左)とフミヤ(撮影・川田和博)
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/img/201709170000703-w500_0.jpg
    201709170000703-w500_0

    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201709170000703.html

    【藤井フミヤ兄弟ツアー開幕。旬の"パンツ"エピソードも明かす。「兄弟で同じものをはいていた。」】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: 湛然 ★@無断転載は禁止 2017/09/14(木) 19:41:01.40 ID:CAP_USER9
    2017-09-14 18:25:33

    ドナルド・フェイゲン、急病により日本公演を中止

    ドナルド・フェイゲンが、体調不良により、今週アメリカで予定していた4公演をキャンセルした。残念なことに、来週開催されるはずだった日本公演の中止も発表された。

    新バンド、ザ・ナイトフライヤーズとともに北米ツアーを行なっていたフェイゲンは、火曜日(9月12日)、その夜ポートランドで予定していた公演をはじめ、シアトル(13日)、サラトガ(15日)、サンフランシスコ(16日)のツアー最後の4公演の中止を告知した。この地域の新聞『Mercury News』によると、プレスリリースには病気とだけあり、症状等具体的な説明はなかったという。

    彼は、スティーリー・ダンのバンド・メイト、ウォルター・ベッカーが亡くなった日(9月3日)の公演もキャンセルしていた。

    フェイゲンは月曜日(11日)、10月にアメリカでスティーリー・ダンの新ツアーを開催すると発表したばかり。これらの公演にも影響があるのか、まだ言及されていない。

    主催者からのアナウンスは以下のとおり。

       ◆   ◆   ◆

    ■DONALD FAGEN & THE NIGHTFLYERS 公演開催中止のお知らせ

    9/20(水) フェスティバルホール・9/22(金) 名古屋国際会議場 センチュリーホールにて開催予定だった「ドナルド・フェイゲン&ザ・ナイトフライヤーズ」は、ドナルド・フェイゲン氏の急病により、来日公演への出演がキャンセルとなりました。
    なお、9/23(土)・24(日)横浜赤レンガにて開催予定でした「Blue Note JAZZ FESTIVAL in JAPAN 2017」への出演もキャンセルとなります。それに伴い「Blue Note JAZZ FESTIVAL in JAPAN 2017」の開催も中止となりました。

    大阪・名古屋公演のお手持ちのチケットは払い戻しをさせて頂きます。
    払い戻しの期間は9月15日(金)~10月31日(火)、お求めのプレイガイドにて払い戻しをさせて頂きます。
    「Blue Note JAZZ FESTIVAL in JAPAN 2017」の払戻詳細は改めて後日
    http://bluenotejazzfestival.jp/
    にてご案内致します。

    本公演を楽しみにしてくださっていたお客様、関係者の皆様には多大なご迷惑をおかけしますことを深くお詫び申し上げます。

    2017年9月14日
    株式会社クリエイティブマンプロダクション
    株式会社キョードー関西
    株式会社キョードー東海

       ◆   ◆   ◆

    ■Blue Note JAZZ FESTIVAL in JAPAN 2017 開催中止のお知らせ

    2日間ヘッド・ライナーとして出演を予定していました「ドナルド・フェイゲン&ザ・ナイトフライヤーズ」は、ドナルド・フェイゲン氏の急病により、来日および本フェスティバルへの出演がキャンセルとなりました。

    「ドナルド・フェイゲン&ザ・ナイトフライヤーズ」出演キャンセルを受け実行委員会で検討しました結果、本フェスティバルの開催を中止することを決定しました。

    今回のフェスティバルには、国内外の素晴らしいアーティストの皆様に出演いただく予定になっておりました。ヘッド・ライナーである「ドナルド・フェイゲン&ザ・ナイトフライヤーズ」を軸に各アーティストに出演のお願いをし、プログラムを組み立ててきたなかで、主催者としては「ドナルド・フェイゲン&ザ・ナイトフライヤーズ」の出演無くしては、この音楽フェスティバルを成り立たせることは難しいと考え、開催中止という結論に至りました。

    お手持ちのチケットは払い戻しをさせていただきます。払い戻しの方法は2017年9月22日(金)に、Blue Note JAZZ FESTIVAL in JAPAN 2017公式サイトでご案内いたします。

    本フェスティバルを楽しみにしてくださっていたお客様には、多大なご迷惑をおかけしますことを深くお詫び申し上げます。

    2017年9月14日
    Blue Note JAZZ FESTIVAL in JAPAN 実行委員会


    https://img.barks.jp/image/review/1000146864/001.jpg
    001

    https://www.barks.jp/news/?id=1000146864

    【ドナルド・フェイゲン、急病により日本公演を中止。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 湛然 ★@無断転載は禁止 2017/09/11(月) 21:22:04.68 ID:CAP_USER9
    2017/09/11 13:47

    ブライアン・セッツァー・オーケストラ、結成25周年記念のジャパン・ツアーを2018年1月に開催

     ロックンロール・アルバム『Rockabilly Riot! All Original』(2014)を携えての来日公演を昨年2月に行ったブライアン・セッツァーが、今度はリーダー・バンド“ブライアン・セッツァー・オーケストラ”を率いて2018年1月に来日。
    全8公演のジャパン・ツアーを開催します。

     今回のツアーは、ブライアン・セッツァー・オーケストラの結成25周年を記念して開催されるもの。2018年1月24日(水)北海道・札幌 ニトリ文化ホール、
    26日(金)宮城・仙台 東京エレクトロンホール宮城、29日(月)・30日(火)東京ドームシティホール、2月2日(金)大阪・なんばHatch、5日(月)福岡国際会議場メインホール、
    7日(水)広島・JMSアステールプラザ 大ホール、8日(木)愛知・名古屋国際会議場センチュリーホールの7都市8公演が決定しています。
    チケットの一般販売は2017年9月30日(土)より随時スタート。詳しくは特設ページにてご確認ください。

    ■THE BRIAN SETZER ORCHESTRA
    結成25周年記念 Japan Tour
    http://udo.jp/concert/BrianSetzerOrchestra

    (以下略、ツアー詳細はソースをご覧ください。)


    http://www.cdjournal.com/image/jacket/big/Z324019346.jpg
    Z324019346

    http://www.cdjournal.com/main/news/brian-setzer/77236

    【ブライアン・セッツァー・オーケストラ、結成25周年記念のジャパン・ツアーを2018年1月に開催。 】の続きを読む

    ダウンロード


    1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/09/11(月) 20:50:04.83 ID:CAP_USER9
    SHISHAMOが2018年7月28日、地元・神奈川県川崎市等々力陸上競技場にて自身初のスタジアムワンマンライブ<SHISHAMO NO 夏MATSURI!!! ~ただいま川崎2018~>を開催する。

    川崎フロンターレのホームスタジアムである同競技場で、アーティストのライブが行なわれるのはこれが初めて。川崎市(川崎市役所)と川崎フロンターレの全面協力を受け、開催が実現した。

    NTTドコモのCMソングに起用された「明日も」は、宮崎朝子(G&Vo)が川崎フロンターレの試合を観戦した際にサポーターの熱い応援に胸を打たれたことがきっかけで制作された楽曲。ミュージックビデオも同競技場で撮影が行なわれ、かねてよりメンバーが同チームを応援していたことはもちろん、こういった楽曲誕生の縁もあり、今シーズンから同曲が川崎フロンターレのチャント(応援歌)として歌われるなど、サポーターからも支持されているという。

    これまで日本武道館や大阪城ホール、日本ガイシホールなど、全国アリーナ規模の会場でワンマンライブを成功させてきたSHISHAMO。本格バンド活動とCDデビュー5周年という節目を迎えるにあたり、「SHISHAMOの全ての出発点“川崎”に恩返しが出来るよう、地元 川崎にある等々力陸上競技場でライブを開催したい! 川崎をもっともっと盛り上げていきたい!」という想いのもと、今回の開催発表となった。

    本日9月11日午前8:00より、オフィシャルサイトにてチケットの最速先行受付がスタート。あわせてイベントの特設サイトがオープンし、SHISHAMOオフィシャルYouTubeチャンネルではティザー映像が公開されたのでチェックしてみよう。

    以下、メンバーから寄せられたメッセージ。

      ◆  ◆  ◆

    ■宮崎 朝子(G&Vo) コメント
    うれしいー!!!
    川崎で、等々力で、ライブができる!!!
    それが決まってとにかく嬉しくて、今からワクワクしてます。
    私は生まれも育ちも川崎で、
    もう私の人生にはずっと川崎という街がありました。
    今までSHISHAMOとして色々な場所でライブをやってきて、
    それこそ武道館や大阪城ホールなど、
    大きな会場でもやらせていただきました。
    私たち自身にとっても、来てくれたお客さんにとっても、
    思い出に残るような大切なライブがしたいな、と思い、
    それはやっぱり川崎でしかできないのではないか、と思いました。
    私がずーっと生きてきた街でライブができること、とても感謝しています。
    当日、楽しみましょう!!!

      ◆  ◆  ◆

    ■松岡 彩(B) コメント
    松岡は18歳まで大阪に住んでいましたが
    そこからはずっと川崎に住んでいるので
    川崎が第2の故郷と言っても過言ではありません!!!
    さらにスポーツに興味がなかった松岡が
    初めて熱中している川崎フロンターレのホーム等々力陸上競技場!!!
    川崎の等々力陸上競技場という場所は
    松岡にとってとても思い入れ深い地なのです。
    その場所でライブをするというのだから、
    気持ちがはいりまくること間違いなし!!!
    さらに夏祭りなんて楽しくないはずがないじゃないですか~!!!
    皆、7月28日は等々力陸上競技場に集合だ!
    一緒に思い出に残る一日にしましょう!!!

      ◆  ◆  ◆

    ■吉川 美冴貴(Dr) コメント
    私達が出会った高校、
    ライブ前によく練習していたスタジオ、
    そしてSHISHAMOとして初めて出演したライブハウス…
    これら全て、川崎という街にあるものです。
    つまり川崎は、SHISHAMOが生まれ、
    そして育ってきた大切な大切な街なのです。
    この大切な街にある等々力陸上競技場という場所で、
    来年の7/28、私達はワンマンライブを行います。
    本当に沢山の人達の力を借りて、
    アーティストとして今まで誰も立った事のないステージに立ちます。
    その瞬間を、是非これを読んでいるあなたにも見届けて欲しいです。
    7/28、私達の地元でお待ちしています。

      ◆  ◆  ◆

    <SHISHAMO NO 夏MATSURI!!! ~ただいま川崎2018~>
    2018年7月28日(土)神奈川・等々力陸上競技場 
    15:00 開場 / 17:00 開演 / 19:45 終演予定 
    指定席 6,500円(税込)
    >>3歳以上要チケット

    2017年9月11日 10時7分 BARKS
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13595743/

    写真
    http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/4/0/40d86_69_BARKS1000146685.jpg 
    40d86_69_BARKS1000146685


    【SHISHAMO、地元・川崎で初のスタジアムワンマン決定。】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: あちゃこ ★@無断転載は禁止 2017/09/07(木) 07:01:02.60 ID:CAP_USER9
    2017.9.7(Thu)

     歌手・浜崎あゆみ(38)のデビュー20年目で初となるホールツアーが6日、パシフィコ横浜で
    初日を迎えた。1万人以上を収容するアリーナ会場を“主戦場”としてきたが、より近くでファンに
    感謝を伝えようと、全国のホールを回るツアーを自ら発案した浜崎は
    「今日は初日だぜ!!アリーナツアーとも違うし、この感じ、新しい。めっちゃ近い。行くぜ、横浜」
    とハイテンション。追加公演も決定し、来年2月までに京都、沖縄などライブ初開催となる
    1府9県を含む、計51公演をこなすことになった。
     ヒット曲「evolution」「Boys&Girls」や、バラード調の新曲
    (タイトル未定)などを“近距離唱”。5000人で埋まった客席から選んだ男女5人をステージに
    上げる、ホールならではの大サービス演出も盛り込んだ。男性ファンは椅子に座らせ、セクシーに
    またがって顔を寄せ合い、女性ファンとは一緒に飛び跳ねて踊って、密接交流を満喫していた。

    デイリースポーツ
    https://www.daily.co.jp/gossip/2017/09/07/0010531280.shtml
    https://daily.c.yimg.jp/gossip/2017/09/07/Images/d_10531281.jpg
    d_10531281

    https://daily.c.yimg.jp/gossip/2017/09/06/Images/d_10530320.jpg 
    d_10530320

    【ちょっと痩せた浜崎あゆみ、自ら発案した20年目の初ホールツアー開幕。「めっちゃ近い。」】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 名無し募集中。。。@無断転載は禁止 2017/09/08(金) 20:18:54.64 0

    【アンジュルムのツアーグッズが少なすぎる。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: muffin ★@無断転載は禁止 2017/09/03(日) 19:42:15.75 ID:CAP_USER9
    http://www.sanspo.com/geino/news/20170903/geo17090316360028-n1.html
    2017.9.3 16:36

     「DA.YO.NE」などのヒット曲で知られるEAST END×YURIの市井由理(44)が3日、男性4人組ヒップホップグループ、MAGiC BOYZの初アルバム「第一次成長期~Baby to Boy~」の発売イベントに登場。約20年ぶりに公の場に姿を見せた。

     市井は「DA.YO.NE」でNHK紅白歌合戦に出場するなど、女性ヒップホップアーティストのパイオニア的存在。絶頂期の1997年に英国への留学を機に芸能活動を休止していた。

     市井が参加したのは、マジボの新曲「パーリーしようよ」。マジボの4人から「ヒップホップのレジェンドから学びたい」とオファーされ、「私がデビューした頃と同じ年代の子たち。やってみようと思った」と活動再開の理由を説明した。

     イベントでは、20年前と変わらぬキレキレのラップを披露。「パーリーしようよ」は、市井と親交のあるRIP SLYMEのPESが作詞作曲した楽曲で、久しぶりのライブに「ドキドキだった」と充実の表情。「20年ぶりか。人が成人するくらいですね。みんな生まれてないよね?」と、笑顔を見せた。

     マジボのリュウト(15)は「由理さんとコラボできて、成長できた一曲になりました」と感謝。トーマ(16)も「紅白(歌合戦)に一緒に出たいですね」と由理に呼びかけていた。

    http://www.sanspo.com/geino/images/20170903/geo17090316360028-p1.jpg
    geo17090316360028-p1

    http://www.sanspo.com/geino/images/20170903/geo17090316360028-p2.jpg
    geo17090316360028-p2

    http://www.sanspo.com/geino/images/20170903/geo17090316360028-p3.jpg
    geo17090316360028-p3

    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/img/et-krs-20170903-ichyr2-w500_1.jpg 
    et-krs-20170903-ichyr2-w500_1

    【EAST END×YURIの市井由理、約20年ぶりに公の場。キレキレのラップを披露。】の続きを読む

    ダウンロード (6)


    1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/08/27(日) 22:51:34.63 ID:CAP_USER9
    「a-nation 2017」

    今年で16年目を迎え、これまで延べ560万人以上を動員してきた国内最大級夏フェス「a-nation」。
    今年は26日、27日の2日間にわたり、味の素スタジアムで開催。スタジアムに2日間で計30組のアーティストが集結した。

    2日目は4万5千人、2日間で合計10万人を動員した。

    2017.08.27 21:25
    https://mdpr.jp/music/detail/1709987

    歌姫・浜崎あゆみ(38)が夏を締めた! エイベックス主催の音楽イベント「a―nation」が27日、東京・味の素スタジアムで行われ、浜崎が大トリの大役を務め上げた。

    東京では21日連続で雨が降るなど、この夏は冷夏となったが、夏休み最後の日曜日の味スタは熱く盛り上がった。26、27日と行われたa―nationは2日間で合計10万人を動員。最終日の最後に登場したのが浜崎だ。

    「いくぜ、東京ー!」とファンをあおると「talkin’2 myself」「Fly high」と続けてパワフルにパフォーマンスした。

    ミリタリー柄のミニスカドレス、白いドレス、浴衣、Tシャツと4パターンの衣装チェンジをした浜崎はファンの後押しを受けて、最後の「July 1st」まで合計10曲を歌い上げた。

    今年で16回目、合計560万人を動員したa―nationで、浜崎は今年が14回目のトリとなった。浜崎以外にも「TRF」「GENERATIONS」「BLACKPINK」、Beverly(23)などが出演した。

    8/27(日) 21:32配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170827-00000027-tospoweb-ent


    GENERATIONS、「a-nation」で堂々8曲パフォーマンス 野外スタジアムに黄色い歓声やまず
    https://mdpr.jp/music/1709964

    BIGBANG・D-LITE、ソロで3万人釘付けの圧巻パフォーマンス ドS対応も
    https://mdpr.jp/music/1709977

    写真
    https://lpt.c.yimg.jp/amd/20170827-00000568-sanspo-000-view.jpg
    20170827-00000568-sanspo-000-view

    https://lpt.c.yimg.jp/amd/20170827-00000027-tospoweb-000-view.jpg
    20170827-00000027-tospoweb-000-view

    https://cdn.mdpr.jp/photo/images/3e/fd8/w700c-ez_d53640547e197caf110eb923ae18a1119f94ca61c7f4084d.jpg
    w700c-ez_d53640547e197caf110eb923ae18a1119f94ca61c7f4084d

    公式
    http://a-nation.net/

    【浜崎あゆみ「いくぜ、東京ー!」【a-nation 2017】大トリで熱唱。ミニスカドレスも披露。2日間で合計10万人を動員】の続きを読む

    ダウンロード (2)


    1: シャチ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/08/26(土) 23:55:38.43 ID:CAP_USER9
     アニソンライブ「アニメロサマーライブ2017」(通称アニサマ)2日目が26日、
    さいたまスーパーアリーナで行われ、18組の声優、歌手らが全53曲を披露した。

     この日は「angela×fripSide」の「僕は僕であって」で開幕。angelaはトップバッターとしてそのままステージに残った。
    ボーカルのatsukoは「改めまして、fripSideです」と自己紹介し、fripSideの「sister’s noise」をアカペラで歌うなど、
    終始楽しそうな表情でパフォーマンスした。

     一方のfripSideはトリで「only my railgun」など3曲を披露。ボーカルの南條愛乃は
    「初めて出た時に右も左も分からなかった私が今、トリを務めています」と感慨深げな表情を浮かべた。

     終盤には演歌歌手の氷川きよし(39)がシークレットゲストとしてアニサマ初出演。自身が歌う
    テレビアニメ「ドラゴンボール超」OPテーマの「限界突破×サバイバー」、大好きな曲だという
    「CHA―LA HEAD―CHA―LA」を熱唱した。MCでは「きよしのズンドコ節」のサビを歌い、
    2万7000人の「きよしコール」に「みんなサイコー!」と満面の笑顔を見せた。

     アニサマ恒例のコラボでは、いずれも声優の鈴村健一と羽多野渉による「ウルトラマンネクサス」OPテーマの「英雄」、
    三森すずこと茅原実里の「Minorin Mimorin」による「けいおん!」EDテーマ「Don’t say “lazy”」、
    スフィアとi☆Risによる「おジャ魔女どれみ」OPテーマ「おジャ魔女カーニバル!!」などが披露された。

     27日の最終日にはLiSA(30)、水樹奈々(37)、奥華子(39)らが出演する。

    8/26(土) 23:00配信 スポニチアネックス
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170826-00000166-spnannex-ent

    アニサマに初出演した氷川きよし (C)Animelo Summer Live 2017/MAGES.
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20170826-00000166-spnannex-000-1-view.jpg 
    20170826-00000166-spnannex-000-1-view


    【アニサマに氷川きよしが初出演。「ドラゴンボール超」OPテーマ熱唱】の続きを読む

    ダウンロード (3)


    1: 湛然 ★@無断転載は禁止 2017/08/23(水) 05:08:37.84 ID:CAP_USER9
    8/23(水) 5:01 スポーツ報知

     シンガー・ソングライターの長渕剛(60)が22日、東京・北の丸公園の日本武道館で、3年ぶりとなる同所でのコンサートを行った。

     やまない剛コールの中、1万2000人と拳を突き上げた。今年1発目のライブ。「楽しいか? おい、楽しいか? もうビンビン、ビンビンだぞ、きょうは。ガンガン、一緒に歌おうぜ」。開演直後からアドレナリン全開で歌い、叫び、飛んだ。

     新アルバム「BLACK TRAIN」の表題曲「Black Train」で幕開けした。「2年前の富士(のライブ)に比べたら、お茶の子さいさいだよな? 天井をぶち破れ」とシャウト。「いくぞー!」「やるぞー!」と何度もあおった。ギターを手に、代表曲「とんぼ」を大合唱。「しゃぼん玉」やアルバム収録曲「誰かがこの僕を」「Can you hear me?」など2時間半、21曲で完全燃焼した。

     心も体も万全の状態で、この日を迎えた。7月末から大自然の中に身を置き、トレーニングで肉体強化を図った。今月11日からスタジオリハーサルをスタート。15日には、異例とも呼べる報道陣向けの公開リハーサルを行うほどの充実ぶりだった。

     8月22日は特別な日だ。2004年、故郷の鹿児島・桜島で7万5000人と歌った。15年には、富士山麓のキャンプ施設・ふもとっぱら(静岡・富士宮市)で10万人とのオールナイトライブを成功させた。「俺にとって、ファンにとって、聖なる復活祭とも言うべく数字でもある」と語るほど、思い入れが強い。

     本編終了後、大歓声に応え、予定になかったダブルアンコールを実施。長渕は「こんなにたくさん来てくれて、本当に感謝しています。ありがとう。また会おうな」と喜びをかみ締めた。音楽の聖地での特別な一日を、格別のパフォーマンスで終えた。

     ◆9・5大阪でバースデーライブ ステージでは、9月5日に大阪城ホールでバースデーライブ(午後7時)を開催すると発表した。長渕は「9月7日が誕生日だけど、バースデーパーティー、やりたいじゃねーかー。箱(会場)、空いてたよ」とニヤリ。
    (以下略、全文はソースをご覧ください。)


    3年ぶりの日本武道館公演で熱唱する長渕剛
    http://amd.c.yimg.jp/amd/20170822-00000286-sph-000-3-view.jpg
    20170822-00000286-sph-000-3-view

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170822-00000286-sph-ent

    【長渕剛、3年ぶり武道館ライブで「もうビンビン、ビンビンだぞ、きょうは!!」と攻めの発破。】の続きを読む

    images

    images (1)


    1: 鉄チーズ烏 ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/08/20(日) 08:27:16.32 ID:CAP_USER9
     ロックバンド、44マグナムとアースシェイカーが19日、都内で「殴り込みギグREBORN2017」ライブを開催した。

     両バンドが83年、「東京殴り込みギグ」として開催したライブが34年ぶりによみがえった。若年性パーキンソン病を患いながらも歌う、44マグナムの梅原達也(56)は「俺はまだまだいける」。来年は結成35周年を迎えるが「40周年、50周年までやってやる」と会場を盛り上げた。


    [2017年8月20日7時37分 紙面から]
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1874818.html
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/img/gi-magunamu-hy-20170820-w300_0.jpg 
    gi-magunamu-hy-20170820-w300_0


    【【ナツジャパメタ】44マグナム&アースシェイカー、34年ぶりライブ。】の続きを読む

    このページのトップヘ