メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    カテゴリ: 楽器

    ダウンロード (1)


    1: 海江田三郎 ★ 2017/03/14(火) 11:59:23.40 ID:CAP_USER
    https://dot.asahi.com/wa/2017031000057.html

    社会はどう変わり、テクノロジーの進歩は人類を幸せにするのか。現在のデータに基づき、週刊朝日が
    100周年を迎える5年後を各界の専門家に予測してもらった。今回は「CD」をテーマに送る。

    *  *  *
    「CDの媒体としての役割はもう終わっています」
     と語るのは、マーケティングコンサルタントの西川りゅうじん氏。5年後にはCD消滅という事態が訪れることもありうるという。
     日本レコード協会によると、2015年の音楽ソフトの生産額と有料音楽配信の売上額の合計は、1998年の約半分、
    3015億円まで減少。音楽を楽しむのは、動画サイトや定額配信という層は増えている。
     だが、日本の事情を考慮すると未来は変わってくる。世界ではデジタルの売り上げがCDなどのソフトを上回っているものの、
    日本ではまだ約8割をソフトが占めている。CDチャートは、アイドルや声優・アニソンなどが上位を占めており、熱いファンに支えられている市場なのだ。

     音楽評論家・宗像明将氏は、アイドル市場は5年先もまだまだ健在だと見る。
    「主役は、欅坂46になっているかも。秋元康さんなら、20年のオリンピックに合わせた展開のみならず、その先も考えているでしょう。
    アイドルを応援する文化は定着しています」

     そのうえで、宗像氏は、CDの未来をこう語る。
    「今より値段の高い嗜好品となっている可能性はある。グッズとして全種類持っていたいモノへ。モノへの思いは普遍的ですから」
     一方、前出の西川氏は、コンサートやライブの「体験消費」が人気を呼ぶ現象と、CDの関係性を説明する。
    「CDはもはや『応募券』。生の感動を得るために、CDを買う。体験消費が倍々で伸びている流れの一環です」
     ただ「音楽を聴く」という本来の役割を失うと、危うい側面もあるという。

    「CDの売り上げに代わる、ライブ動員数やグッズの売り上げなど人気と実力の実態を表す別の指標が確立したとき、
    応募券はCDに付ける必要がなくなる。Tシャツやお菓子など何に付けてもいいわけですから」
     CDが消滅してしまうかもしれない2022年。カセットテープは、演歌ファンの高齢者がいる限り、媒体として現役だったりするかも!?

    ※週刊朝日 2017年3月17日号

    【「CDの役割は終わった。」 カセットテープより早く消滅へ。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: カーディフ ★@無断転載は禁止 2017/03/06(月) 23:05:39.70 ID:CAP_USER9
    科学の力によりバンドで最重要なパートはベースだということが証明されたそうです。

    NMEの記事によると、科学ジャーナル誌のサイトPNASにて、"なぜ低音の楽器がリズムを刻むと優れた時間認識になるのか、
    低音域がそれを説明する"といった趣旨の研究報告が掲載されました。

    ベースが最重要だとする根拠は、人間の脳が低音で流れるリズムに気付きやすく理解しやすい構造になっているからとのこと。
    そのため、聴衆が手や足でリズムをとったり踊ったりするのは、ギターやドラムの高音よりも、実はベースが刻むリズムに合わせて行っているそうです。

    http://www.lifehacker.jp/2017/03/170306_mediagene_gizmodo.html

    【バンドにおいて一番重要な楽器は「ベース」だった。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 名無し募集中。。。@無断転載は禁止 2017/02/03(金) 20:03:06.08 0
    【ヤングギターの表紙がえらいことになってる。】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: シャチ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/01/26(木) 17:17:56.18 ID:CAP_USER9
    歌手の大友康平(61)が26日、都内で、オンキヨーの超高音質スマートフォン「GRANBEAT」発表イベントに登場した。

     ハイレゾ音源対応の新機種に、「デビューした37年前はレコーディングもカセットテープでした。
    こんなにいい音を持ち歩けるのは衝撃。カセットで育った世代からすると革命ですよ」と“プロ”の立場で太鼓判。
    ソロプロジェクトとなっているハウンドドッグのライブを、3~4月に控えており、「ロックンロールの楽しさ、
    だいご味、パワーをつぎ込みます。お客さんもスタミナ十分で来ていただければ」と来場を呼びかけていた。

    デイリースポーツ 1/26(木) 17:00配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170126-00000056-dal-ent
    画像
    https://amd.c.yimg.jp/im_siggpmXWLzvepYWrV5uNwktQyA---x741-y900-q90/amd/20170126-00000056-dal-000-2-view.jpg 
     20170126-00000056-dal-000-2-view

    【ハウンドドッグの大友康平、ハイレゾ対応スマホに衝撃。「カセッテープで育った世代にとっては革命。」】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/11/26(土) 22:26:59.91 ID:s4W05ZNe0
    タケモトピアノ「もっともぉっと死ねもっと」

    110: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/11/26(土) 22:46:47.50 ID:DKHyQ0wk0
    なんでCMで全国民を煽ってるんだよwww
     
     
    【タケモトピアノ「みんな死んで〜ちょーだい〜」】の続きを読む

    ダウンロード


    1: ニライカナイφ ★@無断転載は禁止 2016/11/24(木) 02:16:04.65 ID:CAP_USER9
    ◆マツコ・デラックスがCMの世界での「タケモトピアノ」の太っ腹ぶりを明かす

    22日放送の「マツコの知らない世界」(TBS系)で、マツコ・デラックスが、ピアノ買取業者「タケモトピアノ」の太っ腹な逸話を明かした。

    番組では「マツコの知らないCMソングの世界」と題して、時代を彩った名作CMとCMソングを、CMプランナーの前田康二氏が、次々に紹介していった。
    その中で「20年間かわらないCM」の1本として、前田氏がタケモトピアノのCMを紹介すると、マツコも「これはスゴいよね!」と声をあげた。

    さらにマツコは「業界も助けられてるのよ?」「CMが埋まらなかったときに、頼みに行くのよ。タケモトピアノさんには」「そうすると『おお、困ってるのかあ!』って言って、(CMを)出してくださるのよ!タケモトさんは!」と、知られざるタケモトピアノの逸話を明かしたのだ。

    (▼続きは以下のURLでどうぞ)

    トピックニュース 2016年11月23日12時35分
    http://news.livedoor.com/article/detail/12321420/

    【マツコ・デラックス「CMが埋まらないときにタケモトピアノさんに頼みに行くと『おお、困ってるのかあ』って出してくださるのよ。」】の続きを読む

    images


    1: パニックスイッチφ ★@転載は禁止 2015/03/26(木) 14:41:06.31 ID:???*
     【3月25日 AFP】米ヘビーメタルバンド、メタリカ(Metallica)が1988年にリリースした
    「メタル・ジャスティス(...And Justice For All)」は、同ジャンルの歴史において最も
    影響力のあるアルバムの一枚だが、同アルバムをめぐってはファンの間である疑問が
    上がっていた──ベースの音はどこ?

     リリースから27年、同アルバムでミキシングを務めたスティーブ・トンプソン(Steve Thompson)氏が、
    この謎の真相について語った。

     ギター関連のファンサイト「UltimateGuitar.com」に掲載されたインタビューによると、
    同アルバムのレコーディングでは、ドラムのラーズ・ウルリッヒ(Lars Ulrich)が、
    ベースの音量を下げてドラムの音を目立たせるべきと主張したのだという。
    つまり、ベースの音量をわざと下げたというのだ。

     「ラーズから『ベースの音を下げてよ。ミックスでやっと聞こえるぐらいに』と言われたので
    『冗談だろう?』って答えた」とトンプソン氏は当時のやりとりを説明。そして真剣に取り合って
    もらえなかったウルリッヒが、バンドを辞めるとまで言い出したことを明らかにした。
    このときは、本人とバンドのマネジャーたちから制止され事なきを得たという。

     しかし、ウルリッヒは、当時のことについてすっかり忘れてしまっているようで、
    ロックの殿堂(Rock and Roll Hall of Fame)入りを果たし再会した際には、
    なぜベースの音が聞こえないのかと質問されたという。「やつをぶん殴ってやりたかったよ。
    ベースの音が小さくて責められたのはこっちなんだから」

     「メタル・ジャスティス」では、バンドに加入したばかりのジェイソン・ニューステッド
    (Jason Newsted)がベースを担当。当時の彼の演奏についてトンプソン氏は賞賛している。(c)AFP

    http://www.afpbb.com/articles/-/3043525
    http://www.metallica.com/images/cover_andjusticeforall_lg.jpg
    http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/5/2/x/img_52d8409ebc77568331038e4908dc4f14182630.jpg 
    img_52d8409ebc77568331038e4908dc4f14182630



    Steve Thompson: 'When Lars Asked Me, What Happened to the Bass in '... Justice', I Wanted to Cold Cock Him' | Interviews @ Ultimate-Guitar.Com
    http://www.ultimate-guitar.com/interviews/interviews/steve_thompson_when_lars_asked_me_what_happened_to_the_bass_in__justice_i_wanted_to_cold_cock_him.html

    【メタリカ「メタル・ジャスティス(...And Justice For All)」 “聞こえないベース”の真相判明。】の続きを読む

    ダウンロード (3)


    1: リサとギャスパール ★ 転載ダメ©2ch.net 2016/10/06(木) 23:25:57.26 ID:CAP_USER9
     日立マクセルは10月6日、1972年に発売したカセットテープ「UD」のデザインを復刻した製品を、11月25日から数量限定で発売すると発表した。
    10分、46分、60分、90分の4種類で、オープン価格。

     マクセルは66年に国内で初めてカセットテープを製品化し、今年で50周年を迎えた。
    復刻版は日本製で、ブラックのカセットハーフを採用した。デザインのみの復刻で、中身は現行の「UR」グレード相当という。

     カセットテープになじみ深い世代にはノスタルジーを、若い世代には新鮮さが感じられる製品として発売する。
    同社によるとカセットテープは近年、アナログレコードとともに見直されており、カセットテープで新曲をリリースするアーティストが増えているほか、車載用などのカセットデッキ発売などの動きがあるという。

    http://news.biglobe.ne.jp/it/1006/9995644632/yx_maxell_thum630.jpg
    yx_maxell_thum630

    http://news.biglobe.ne.jp/it/1006/imn_161006_9995644632.html
    ITmedia ニュース10月6日(木)13時11分

    【カセットテープ50周年記念。日立マクセル音楽カセット「UD」復刻版発売。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: シャチ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/08/16(火) 12:35:13.69 ID:CAP_USER9
    【東京】オーディオシステムの音質を極限まで高めるために、森田武男さん(82)は電柱を一本買うことにした。

     弁護士の森田さんは、6万ドル(約607万円)する米国製アンプのほか、劇場で使われていた1960年代のドイツ製スピーカー、
    金と銀を使用している日本製のケーブルなど、多くの高級オーディオ機器を使っている。

     通常の電源ではとても満足できない――。森田さんは「ピュアな」電源を求め、
    約1万ドルをかけて庭に高さ12メートルほどのコンクリート製電柱を設置した。
    電柱の真ん中に付いている円柱形のトランスから自分の家だけに電気が供給される「マイ電柱」だ。

     「電気は血液みたいなものだから、そこが悪いと体すべてがよくなくなってしまう。
    どんな高級な機器を使っても血液部分で駄目だとどうしようもない」と森田さんは言う。

     クイーンの「I’m in Love With My Car」のレコードをターンテーブルに乗せ、満足げにソファに腰をかける森田さん。
    電柱を設置する前と比べると、ボーカルはライブのような音に変わり、
    まるでクイーンが家に来て自分のためだけに演奏しているようだと語る。

    際立つ日本の完璧主義
     世界中どこでもオーディオマニアのこだわりは相当なものだが、日本のマニアの完璧主義は際立っている。
    アンプやスピーカだけでなく、ピュアな電源を確保することが非常に重要だと彼らは主張する。

     通常の電柱ではトランスを近隣の多くの家と共用しているため、電気的干渉で信号にノイズが生じ、
    微妙な音が聴こえなくなったり、演奏に奥行きがなくなったりするのだという。

     森田さんの電柱工事を担当したのは、出水電器というオーディオ電源工事専門の会社。
    マイ電柱を建てると「音が部屋の空間に溶け込んでゆく」と出水電器の島元澄夫社長は説明する。
    同社は過去10年ほどで全国に約40件のマイ電柱設置工事を担当したという。

     日本には「電源&アクセサリー大全」という、マイ電柱も含めたオーディオ用電源に特化した雑誌がある。

     「日本のオーディオマニアはとても熱心に音を追求する」と語るのは、米カリフォルニア州を拠点とする
    オーディオ機器販売会社ロータスグループのジョー・コーエン社長。「一度はまったら全てを犠牲にする」

     マイ電柱によって音にどれほどの違いが生じるのかについては、オーディオファンの間でも懐疑的な意見がある。

     しかし、米ロチェスター大学で音響工学プログラムのディレクターを務めるマーク・ボッコ教授は
    「マニアたちは音に関して少しの妥協もしない」と指摘。「隣の家で使われている家電製品による電気的干渉が、
    共用する電柱のトランスを通じて(自分の家の)音に影響を与える可能性はある。根拠のない話ではない」と語る。

    ウォール・ストリート・ジャーナル 8月16日(火)12時7分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160816-00011283-wsj-int
    >>2に続く

    【音質にこだわる日本のオーディオマニア。「マイ電柱」を設置してピュアな電源を確保する酔狂ぶり。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 海江田三郎 ★ 2016/09/09(金) 14:55:00.26 ID:CAP_USER
    http://www.j-cast.com/2016/09/08277478.html


    まもなく発売されるiPhoneシリーズの新作「iPhone7/7 Plus」から、本体のイヤホン端子が廃止される。

    本体のジャック部分は、充電ケーブルやUSBケーブルを直結できるライトニング端子ただ1つ。
    充電ケーブルをつなぐとすべての「穴」がふさがってしまうため、充電中に有線イヤホンで音楽を聴くことができない。
    ファンから「そこだけチョー不便」「なんでなくしちゃったの......」と悲鳴が上がっている。

    別売りのワイヤレスイヤホンは約1万7000円
    「iPhone7/7 Plus」は、アップルが16年9月8日(日本時間)に開いた新製品発表会で発表された。9日に予約が始まり、16日に発売される。

    ディスプレイが明るく見えやすく、カメラも高性能になり、防水機能も加わった。10月下旬からは、モバイルSuicaなどのいわゆる
    「おサイフケータイ」にも対応する。これまでのiPhoneに比べ、より「多機能」を押し出した印象だ。
    一方、イヤホン端子がなくなる、という大きな「削減」もあった。本体の端子が1つとなったため、充電中に有線イヤホンを使えなくなった。
    ちなみに、「iPhone7/7 Plus」対応の有線イヤホン「EarPods with Lightning Connector」はライトニング端子に直結する仕様となっている。
    こちらは本体に同梱される。また、ワイヤレス接続用のイヤホン「AirPods」も1万6800円(税別)で別売りされる予定だ。

    この変更に対し、ツイッター上では

    「そこだけチョー不便」
    「なんでなくしちゃったの......」
    「音楽はまだ有線(イヤホン)がいい。。。」
    「イヤホン一つで買う気が失せた」
    といった戸惑いの声が寄せられている。イヤホンの別売りについても、「儲けるねぇ~」との見方が出ている。

    「イヤホンジャックアダプター」に直結すれば使える
    「iPhone7/7 Plus」でイヤホン端子用の有線イヤホンは使えないのか。
    アップル・ジャパンの広報担当者によると、本体同梱の短い変換ケーブル「Lightning-3.5mmイヤホンジャックアダプター」に直結すれば使えるという。

    同ケーブルの先についているのは、これまでのiPhoneにあったようなイヤホン端子。もう片方をライトニング端子に直結させて、
    本体とつなげる仕組みだ。ただ、充電中は、
    「スピーカーから出る音をそのままお聞きいただくか、無線のイヤホンをお使いいただくかのどちらかです」という。
    「iPhone7/7 Plus」でイヤホン端子を廃止した理由を聞いてみたが、「公表していないので、回答できません」とのことだった。

    【iPhone7「イヤホン端子廃止」に悲鳴相次ぐ。 「音楽はまだ有線がいい」「なんで無くした」「買う気が失せた」 】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: たんぽぽ ★ 転載ダメ©2ch.net 2016/08/17(水) 17:45:17.10 ID:CAP_USER9
    http://www.sankei.com/life/news/160817/lif1608170028-n1.html


     VHS方式の家庭用ビデオデッキの生産が終了し、ビデオテープに録画した大切な映像を、DVDやブルーレイディスクにダビングするサービスが注目されている。今後は、交換部品の不足により、デッキが故障しても修理できなくなると見込まれるためだ。

     VHS方式のビデオデッキは、国内企業で唯一生産を続けていた船井電機(大阪府大東市)が7月末で生産を終了。担当者は「生産を続けたいが、部品の調達が難しく断念せざるを得なかった」と説明する。同社には、「まだ買える場所はないか」「生産を続けて」といったVHSファンの声が殺到しているという。

     VHS方式のビデオデッキは昭和51年、日本ビクター(現JVCケンウッド)が発売。ソニーが発売したベータ方式とシェアを争った。最終的に、長時間録画できる点などが評価されVHS方式が勝利し、ベータ方式は平成14年に生産を終えた。しかし、VHS方式も、DVDレコーダーの普及に押されメーカーが続々撤退した経緯がある。

     船井電機によると、最盛期の12年ごろには世界で年間1500万台以上を販売していたが、27年には約75万台まで減少。下請けメーカーから納入していた部品も製造中止となり、同社は「今後はデッキが故障しても修理が難しいケースが出てくるだろう」とする。

     こうした状況を受け、ビデオテープからDVDやブルーレイディスクへのダビングサービスが活況だ。サービスを手がける「カメラのキタムラ」によると、生産終了が知らされた7月中旬から約1カ月の受注件数が、昨年同時期の1・5倍増。子供の運動会や家族旅行などを録画した思い出のビデオテープを持ち込む客が多いという。同様のサービスを行う「富士フイルム」でも、7月4~5週の依頼数が、前年同期に比べ2倍になった。

     入手可能なVHS方式のビデオデッキは、一部の家電量販店などの在庫分だけだ。船井電機製を販売している家電量販店大手「ビックカメラ新宿西口店」(新宿区)の家電製品アドバイザー、石川貴大さんは「ビデオ全盛期を経験している40~60代からの問い合わせが多い」と指摘。7月中旬以前は、月に数台売れる程度だったが、最近は1日10台以上が売れることも。石川さんは「VHS方式のビデオテープは劣化しやすく、映像が乱れることもある。早めに他のメディアに転換しておくことを薦めたい」と話している。

    【VHSのビデオデッキ、ついに生産終了。「続けて」とファンの声殺到。大切に撮りためた思い出ビデオはどうする?】の続きを読む

    images


    1: リサとギャスパール ★@無断転載は禁止 2016/07/14(木) 17:48:10.66 ID:CAP_USER9
     ベース専門誌「ベース・マガジン」の連載コーナー「MY DEAR BASS」をまとめた書籍「MY DEAR BASS ベーシストが愛してやまぬ“この1本”」が7月25日に刊行される。

     1990年から26年続いている「MY DEAR BASS」は、著名ベーシストの愛器を紹介する人気コーナー。
    本には連載全281回の中から約100人のアーティストをピックアップし、新規収録分として
    亀田誠治、JIRO(GLAY)、KenKen(RIZE)、ハマ・オカモト(OKAMOTO'S)がそれぞれの愛器への思いを語っている。
    誌面を大きく使った美麗なグラフィックと詳細な解説で送る専門誌ならではの内容とあって、ベースマニア必読の1冊となりそうだ。

    ♦「MY DEAR BASS ベーシストが愛してやまぬ“この1本”」掲載予定ベーシスト
    亀田誠治 / JIRO / KenKen / ハマ・オカモト / 細野晴臣 / 岡沢章 / 佐久間正英 / 美久月千晴 / 伊藤広規 / 松原秀樹 / IKUO / 高水健司
    / 鳴瀬喜博 / 江藤勲 / 岡野ハジメ / TOKIE / IKUZONE / マーカス・ミラー / ブーツィー・コリンズ / スティーヴ・ハリス / レミー / ミック・カーン
    / ウィル・リー / ジョン・マイアング / アンソニー・ジャクソン / チャック・レイニー / トレイ・ガン / T.M.スティーヴンス / and more

    http://natalie.mu/media/1607/0714/extra/news_xlarge_ph01.jpg
    news_xlarge_ph01

    http://natalie.mu/media/1607/0714/extra/news_xlarge_ph02.jpg
    news_xlarge_ph02

    http://natalie.mu/media/1607/0714/extra/news_xlarge_ph03.jpg
    news_xlarge_ph03

    http://natalie.mu/media/1607/0714/extra/news_xlarge_ph04.jpg
    news_xlarge_ph04

    http://natalie.mu/media/1607/0714/extra/news_xlarge_ph05.jpg
    news_xlarge_ph05

    http://natalie.mu/media/1607/0714/extra/news_xlarge_ph06.jpg
    news_xlarge_ph06

    http://natalie.mu/music/news/194573
    (2016年7月14日 )

    【亀田誠治、JIRO、鳴瀬喜博、松原秀樹、細野晴臣、佐久間正英、岡野ハジメらの愛器詳細「ベース・マガジン」連載書籍化。】の続きを読む

    このページのトップヘ