メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    音楽関係を中心にしたエンタメ関連のまとめブログ

    カテゴリ: 国内外プレイヤー

    ダウンロード (1)


    1: ストラト ★ 2018/04/23(月) 17:44:32.89 ID:CAP_USER9
    B’zの松本孝弘がSNSで情報提供を呼び掛けていた行方不明のギターが無事に発見され、約20年ぶりに本人の元へ戻ってきたことが23日、公式フェイスブックで報告された。

    情報提供を呼び掛けていたのは、松本が1990年代後半に愛用していたピンクのミュージックマン製ギター。
    この日フェイスブックでは「ギター情報ページやSNSに、短期間で沢山の方々に拡散いただき、加えて様々な有力情報が寄せられ、皆さまのご協力の甲斐あって、なんと、ピンクのミュージックマンが約20年振りに松本孝弘の元へ戻って来ました!」と朗報が伝えられた。

    発見された経緯については「皆さまに情報提供を依頼させていただいた後、ある楽器メーカーの倉庫に大切に保管されているという情報が入り、現物を確認し、松本本人が所有していたものに間違いないと判断いたしました」と説明。
    松本自身もこのピンクのミュージックマンとの奇跡の再会を大変喜んでおり、無事に手元に戻ったことと、感謝を込めて、現在開催中の『B’z 30th Year Exhibition “SCENES” 1988-2018』にて、5月11日より同ギターを展示するとしている。

    最後は「これも一重に皆様のご協力のお陰です。拡散・情報提供を行ってくださった皆さま、見つかることを祈ってくださった皆さま、本当にありがとうございました。改めて、SNSによる情報発信・拡散による奇跡をメンバー・スタッフ共に実感いたしました。重ねまして御礼申し上げます」と改めてネットユーザーの協力に感謝を述べた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180423-00000347-oric-ent

    B’z
    http://pbs.twimg.com/media/Da8aQZwV4AAnVvV.jpg 
    Da8aQZwV4AAnVvV

    【20年前に盗まれたと思っていたB’z松本孝弘の愛用ギター、SNS情報提供により楽器メーカー倉庫で無事発見。20年ぶり本人の元へ。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 胸のときめき ★ 2018/04/11(水) 08:22:26.86 ID:CAP_USER9
    4月1日付で所属事務所を独立したビートたけしの新情報が舞い込んできた。実娘である北野井子(しょうこ)から絶縁状を叩きつけられたというのだ。
    4月10日に更新された『女性自身』(光文社)のウェブ版によれば、愛人にのめり込んでゆくたけしを、娘が「気持ち悪い」「顔も見たくない」と拒絶するようになり、絶縁状も叩きつけたという。

    https://npn.co.jp/article/detail/58068460/

    【ビートたけしと絶縁状態の娘“北野井子”、手厚いデビューをした恩があるのになぜ。】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: きゅう ★ 2018/04/07(土) 18:44:33.66 ID:CAP_USER9
     「テケテケサウンド」で1960年代にエレキギターブームを巻き起こし、音楽面でも風俗面でも日本ではビートルズをしのぐ影響を及ぼしたのが米国のロックバンド、ベンチャーズだ。その中心的ギター奏者だったノーキー・エドワーズさんが3月12日、82歳で亡くなった。生前何度も日本を訪れた。親交を結んだ音楽家らが、「ギターの神様」の足跡と素顔を振り返る。(>>3月29日にアップされた記事を再掲載しています)

    哀愁

     タレントのエド山口さん(69)は、「東京ベンチャーズ」と命名したバンドを率いてギターの腕前を披露している。ベンチャーズ愛の深さを物語る。

     エドさんは、「ノーキーの演奏はしっとりとしていて哀愁を漂わせている。短調の曲に合う音色が、『わび・さび』を愛する日本人の胸に響いた」と日本で彼らが突出して愛される理由を分析する。

     ビートルズ旋風が吹き荒れる依然、ベンチャーズを含めギター演奏を売り物にしたバンドが多数いた。にもかかわらず、ベンチャーズが日本で圧倒的に支持されたのは、その哀愁の音色に秘密があるというわけだ。

    http://www.sankei.com/entertainments/news/180407/ent1804070002-n1.html
    http://www.sankei.com/entertainments/news/180407/ent1804070002-n2.html
    http://www.sankei.com/entertainments/news/180407/ent1804070002-n3.html
    http://www.sankei.com/entertainments/news/180407/ent1804070002-n4.html
    http://www.sankei.com/entertainments/news/180407/ent1804070002-n5.html

    船上でほほえむ加山雄三さん(左)とノーキー・エドワーズさん(C)加山プロモーション
    http://www.sankei.com/images/news/180407/ent1804070002-p1.jpg
    ent1804070002-p1

    ノーキー・エドワーズさんの略歴
    http://www.sankei.com/images/news/180407/ent1804070002-p2.jpg
    ent1804070002-p2

    ノーキー・エドワーズさん(右から2人目)らと共演する加山雄三さん(手前)(C)加山プロモーション
    http://www.sankei.com/images/news/180407/ent1804070002-p4.jpg 
    ent1804070002-p4

    【ベンチャーズのギター奏者、ノーキー・エドワーズさんが日本に残したもの。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 湛然 ★ 2018/04/17(火) 22:55:10.67 ID:CAP_USER9
    2018/04/17 18:19
    ピンク・フロイドのニック・メイスンが初期のフロイド楽曲を演奏する新バンドを結成

    ピンク・フロイド(Pink Floyd)のニック・メイスン(Nick Mason)が、初期のフロイド楽曲を演奏する新バンド、Nick Mason's Saucerful Of Secretsを結成。5月に英ロンドンで4公演を行う予定です。

    他のメンバーは、スパンダー・バレエ(Spandau Ballet)のギタリストであるゲイリー・ケンプ(Gary Kemp)、元ザ・ブロックヘッズ(The Blockheads)のドラマーであるリー・ハリス(Lee Harris)、ピンク・フロイドのレギュラー・ライヴ/セッション・ベーシストであるガイ・プラット(Guy Pratt)、プロデューサー/サウンドトラックの作曲家ドン・ベケン(Dom Beken)。

    <ライヴ日程>

    Sunday, May 20 - Dingwalls, Camden
    Monday, May 21 - Half Moon, Putney
    Wednesday, May 23 - Half Moon, Putney
    Thursday, May 24 - Half Moon, Putney


    Pink Floydさんのツイート: "The secret is now revealed... Nick Mason's Saucerful Of Secrets will be playing early Pink Floyd
    https://pbs.twimg.com/media/Da-Jf_-X0AAh2jm.jpg
    Da-Jf_-X0AAh2jm

    https://twitter.com/pinkfloyd/status/986168178056286209/photo/1

    http://amass.jp/103828/

    【ピンク・フロイドのニック・メイスンが初期のフロイド楽曲を演奏する新バンドを結成。】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: 湛然 ★ 2018/04/15(日) 06:01:03.31 ID:CAP_USER9
    2018/04/15 05:45
    ジョー・リン・ターナーが心臓発作を起こして入院 「現在は安定している」

    レインボー(Rainbow)やディープ・パープル(Deep Purple)等での活躍でも知られるジョー・リン・ターナー(Joe Lynn Turner)が、東ヨーロッパの国ベラルーシの首都ミンスクで心臓発作を起こして入院しています。地元メディアは、ベラルーシ保健省の報道担当官の話として「現在は安定している」と伝えています。友人のグラハム・ボネット(Graham Bonnet)もジョーが「心臓の問題」で入院したことを自身のFacebookページに投稿しています


    Graham Bonnet - My friend Joe was hospitalized in Minsk... | Facebook
    https://www.facebook.com/graham.bonnet.5/posts/2073396256270652

    http://amass.jp/103743/

    【ジョー・リン・ターナーが心臓発作を起こして入院。「現在は安定している。」】の続きを読む

    ダウンロード


    1: ひろし ★ 2018/04/11(水) 22:20:16.22 ID:CAP_USER9
     ロックバンド・X JAPANが11日、東京・Zepp DiverCityで、再結成10周年記念ライブを行った。YOSHIKIは、昨年5月に受けた首の手術(人工椎間板置換手術)の影響で封印していたドラム演奏を、本格的に再開。「状態は悪くないけど、まだ痛みはあります」と打ち明けつつ、代表曲「紅」などで激しいビートを刻んだ。

     オープニングでYOSHIKIは、ドラムセットに仁王立ち。上着を脱ぎ捨て上半身裸になって、気合を入れた。幕開けを「JADE」で飾ると、痛み止めの薬を服用せず臨み、首の状態は完ぺきではないが「手術を受け、ドラマー生命終わったのかなって思ってた。みんなの支えでここまで来ることができました」と涙声で、胸の内をさらけ出した。

     ライブハウスでの公演は10年ぶり。「こういうところでは血が騒いで、(昔の)危険なYOSHIKIが戻って来ちゃいそう」と貴重な“近距離パフォーマンス”をファン2500人に届け、客席へのダイブも決めた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180411-00000134-dal-ent

    【YOSHIKIドラム解禁、涙声で感謝「みんなの支えで…」 客席にダイブも。】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: 湛然 ★ 2018/04/09(月) 22:19:56.95 ID:CAP_USER9
    2018/04/09 21:39
    高橋幸宏、ごく初期の網膜剥離が見つかり硝子体手術を行ったことを発表

    高橋幸宏に、ごく初期の網膜剥離が見つかり、硝子体手術を行ったことが、所属するヒンツ・ミュージックのFacebookページにて発表されています。幸い術後の経過は順調で、数日内の退院が予定されています。

    以下ヒンツ・ミュージックより

    お知らせ

    弊社所属アーティスト、高橋幸宏は、
    定期健康診断においてごく初期の網膜剥離が発見され、過日、硝子体手術を行ないました。
    幸い術後の経過も順調で、数日内の退院が予定されています。
    数週間の間、自宅での休養を要しますが、過度な運動を避ければ日常生活に支障はありません。
    5月11日開催のTHE BEATNIKSコンサートに向けてゆっくりと調整してまいる所存です。

    関係者並びにファンの皆様に、ご迷惑・ご心配をおかけしますことを深くお詫び申し上げますとともに、引き続きのご支援をどうぞよろしくお願いいたします。


    https://www.facebook.com/yt.hints/posts/1723421357752673
    http://amass.jp/103485/

    【高橋幸宏、ごく初期の網膜剥離が見つかり、硝子体手術を行ったことを発表。】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: muffin ★ 2018/03/29(木) 19:35:01.54 ID:CAP_USER9
    https://mdpr.jp/news/detail/1756455
    2018.03.29 19:04

    歌手の家入レオが29日、自身のブログにて、5月からの全国ツアーでペンライトを「お休みしたい」とファンに呼びかけた。

    家入は「わたしからのお願い」というタイトルでブログを更新。「勝手やなって怒る人もいるかもしれません」と切り出すと、「今回のツアーね、わたし、みんなを前とは少し違った形で感じたいと思ってます。なんのことかと言うと、ペンライトをお休みしたいんです」と明かした。

    「グッズでずっと出していたのに、どうして?ってなるよね。ごめんなさい」と謝罪した家入。「これまで会場で見させてもらったペンライトの色、すごく綺麗だった。みんながここにいてくれるってことが伝わってきて、歌の力になりました。ありがとう」と、今までのペンライトの応援に感謝しつつ「そしたら、もっとみんなを深いところで感じたくなりました。目を閉じても、照明がなく真っ暗でも、みんなを感じて、歌いたいと思いました」と禁止の理由をつづった。

    「それでもやっぱり、小さい子たちが一所懸命にペンライトを振ってわたしの歌を味わってくれているのが嬉しくて。わたしも、歌いながらクラップしたりすると気持ちいいもんなー、って」という家入は、「だから、ペンライトとは少し違いますが、ちょっと照れ屋さんな人とかが気持ちを少しでもオープンできたりする、違ったアイテムを今作ってます」と、ペンライト以外のアイテムを企画していることを報告。

    また会場では、スタッフにもペンライト禁止のインフォメーションをしてもらうといい、「大丈夫かと思います、が。それでもわたしの不手際で、ライブに来てくれている誰かが気を利かせてその方に『ペンライト今回はお休みみたいです』って伝えさせてしまうことになってしまったら。まず、ごめんっ!!笑。そして、その時はどうか、こころで!笑顔で!伝えることをどうぞ、お忘れなく!」と呼びかけた。

    最後に家入は「やだなぁ、みんなにお願いしてばっかりだ、わたし。でもその分ちゃんと歌にする」と決意をつづり、「ペンライト、よろしくお願い致します」と締めくくった。(modelpress編集部)

    https://cdn.mdpr.jp/photo/images/ab/412/w700c-ez_4e631b5ef2d612df715784bd406ef870193f24eb2f4242f4.jpg
    w700c-ez_4e631b5ef2d612df715784bd406ef870193f24eb2f4242f4

    https://cdn.mdpr.jp/photo/images/31/b3c/w700c-ez_1007889e0847d8d347d17ac228bd8403e2efa7d1c312a784.jpg 
    w700c-ez_1007889e0847d8d347d17ac228bd8403e2efa7d1c312a784

    【家入レオ、ライブで“ペンライト”使用禁止に。理由も明かす。】の続きを読む

    images


    1: ストラト ★ 2018/03/20(火) 20:33:21.61 ID:CAP_USER9
    ロリータシンガーソングライターを称する有坂愛海が、亡くなったファンのための追悼ライブを開催すると発表した。

    有坂は20日に「ファンを亡くした気持ち」とのタイトルでブログを更新し、追悼ライブ開催に至るまでの経緯と心情を綴った。
    ファンの間で「おっきゃん」の愛称で知られていた55歳の男性は、10年間ほとんど全てのライブに来場していた。
    しかし、昨年に大動脈乖離の手術を受けることになり入院。
    その後、SNSの更新は止まり、ライブにも訪れなくなっていた。

    心配していた有坂は、事務所に所属しておらず、迷惑をかけるメンバーもいないことから、このファンの会いに行くことを決意。
    住所や電話番号、メールアドレスなどの連絡先は知らなかったが、本名を頼りに自宅を突き止めて訪問。
    その際、近所の住人から、退院後の昨年8月29日に自宅で亡くなったと聞いたという。

    ファンには家族がなく、葬式も行わなれなかったと知った有坂は、「みんなで集まって故人の思い出話を話す日がないと、寂しすぎる」とお別れ会の開催を決定。
    現在、有坂のほかにファンが応援していたアーティストを集めている。
    追悼ライブは、
    東京・渋谷の「初台DOORS」で「おっきゃん追悼ライブ おっきゃんがいナイト」と題し4月11日に開催する。

    http://news.livedoor.com/article/detail/14461305/

    有坂愛海
    http://pbs.twimg.com/media/DX6brWGVMAACjP-.jpg

    【シンガーソングライター・有坂愛海、10年間応援してくれていたファンが孤独死していたことを知り、そのファンの為に追悼ライブを開催すると発表。【4/11・東京・渋谷「初台DOORS」】】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: ストラト ★ 2018/03/13(火) 17:42:25.91 ID:CAP_USER9
    60年代「ウォーク・ドント・ラン」「ダイアモンド・ヘッド」「ハワイ・ファイブ・オー」などが世界中でヒットし、2008年にロックの殿堂入りを果たしたザ・ベンチャーズのリード・ギタリストだったノーキー・エドワーズが月曜日(3月12日)、腰の手術後もたらされた合併症により亡くなった。
    82歳だった。

    5歳で弦楽器をプレイし始めたエドワーズは、当初、ベーシストとしてザ・ベンチャーズに加入。
    すぐにギターへ転向し、1968年に脱退するまで数多くのアルバムを発表。
    その独自の演奏法はギター・プレイヤー達に多大な影響を与えた。

    ソロ活動を行った後、復帰と脱退を繰り返し、2012年までザ・ベンチャーズの一員として活躍し続けた。
    2016年には最後の日本ツアーを行なっている。

    エドワーズは昨年12月に手術を受けて以来、感染症と闘い続けてきたという。
    ザ・ベンチャーズは追悼文の中で「今朝、ノーキーが亡くなったと知り、大変なショックを受けている」と、その死を惜しんだ。
    また、「彼は革新者で、偉大なギタリストの1人だった。多くの若いプレイヤーに影響を与えた」とエドワーズの功績を称え、「彼の曲Ginza Lights(二人の銀座)はザ・ベンチャーズの日本での最初のヒット曲の1つで、いまでも日本でスタンダードであり続けている」と綴った。

    合掌。

    Ako Suzuki

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180313-00000798-bark-musi

    ノーキー・エドワーズ
    http://img.barks.jp/image/review/1000152798/001.jpg 
    001

    【元ザ・ベンチャーズのノーキー・エドワーズ氏が死去。】の続きを読む

    ダウンロード (8)


    1: Egg ★ 2018/03/11(日) 13:49:36.76 ID:CAP_USER9
    長渕剛(61)といえば「とんぼ」「巡恋歌」をはじめ、数々のヒット曲を持つシンガー・ソングライターだ。
    これまでに様々な騒動が取りざたされてきたものの、そのカリスマ性は今もなお衰えていない。

    その長渕の次男・蓮(24)こと「ReN」が、父と同じシンガー・ソングライターの道を歩んでいることをご存じだろうか。

    長渕の関係者が語る。
    「もともとはレーシングドライバーでした。車好きが高じて12歳からレースを始めたそうです。

    2010年にイギリスに渡って転戦し、ベストルーキーアワードを2回受賞したほど才能があったんですが、腰を負傷し、15年には引退してしまいます。
    で、イギリスにいたときに衝撃を受けたのがロックでした。そこで、ミュージシャンに転身したのです」

    オフィシャルHPのプロフィルを見ると、長渕や母の志穂美悦子のことはまったく触れられていないが、鼻筋から唇、顔の輪郭は父親にそっくり。ギターを肩に担いだ姿は、まさに長渕の面影がありありと分かる。
    「父と母のことを隠しているわけではありませんが、あえて触れないようにしているんです。というのも、自分と父はそれぞれの音楽をやっているという自負があるし、やはり父の七光りというのはイヤだという思いがあるんですよ」(同関係者)

    とはいえ、やはりミュージシャンとしてのDNAは確実に息子に受け継がれているようだ。レーシングドライバーを引退した15年に、いきなり102本のライブを敢行。しかも「FUJI ROCK FESTIVAL」にも出演を果たす。

    翌年には初アルバム「Lights」をリリースし、iTunesオルタナティブ部門で1位を獲得。ツアーファイナルとなった渋谷のライブハウス「エッグマン」を超満員にさせた。
    17年にはスペースシャワーTVの「New Force2017」に選出されるなど、破竹の勢いなのだ。

    音楽関係者の話。
    「音楽活動をやる上で背中を後押してくれたのが『ONE OK ROCK』(以下ワンオク)のTakaです。偶然知り合いだったそうで、Takaにデモテープを聞かせたところ『これ、いいじゃん!』と大絶賛。
    当時、TakaはReNの父親が長渕と知らなかったようですが(笑い)。そこで『ワンオク』のオープニングアクトに抜てきされたのが大きいでしょうね」

    今でもTakaとは大の仲良しだという。それにしても、気になるのは長渕本人だ。息子の活動をどう思っているのだろうか。

    前出の長渕の関係者が明かす。
    「それはそれは喜んでいます。やはり子はかわいいですからね(笑い)。ReNがあるアイドル雑誌に取り上げられることがあったんですよ。そしたら、掲載用の写真を何百枚の中から自ら選んだほどです。
    『これがいいんじゃねえか』と我が子のことに真剣そのものでした。親子ライブ? ReNがキャリアを積み重ねればあり得るでしょうね」

    いつか富士山の麓で、一緒にギターをかき鳴らす日が来るかもしれない。

    2018年3月11日 11時0分 東スポWeb
    http://news.livedoor.com/article/detail/14416607/

    写真
    http://care-send.com/wp-content/uploads/2017/08/ReN201702top.jpg

    ReN - Lights [Offcial Video]
    https://www.youtube.com/watch?v=wrtiKQ3B25M


    【長渕剛の息子ReN、七光り頼らず独力で躍進。ワンオクのTakaも「いいじゃん!」と大絶賛。】の続きを読む

    このページのトップヘ