メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    カテゴリ: ネタ・ニュース・社会・その他

    ダウンロード


    1: 湛然 ★@無断転載は禁止 2017/09/23(土) 22:13:33.78 ID:CAP_USER9
    2017.9.23

    ピート・タウンゼント、結婚

    ザ・フーのギタリスト、ピート・タウンゼント(72歳)が、20年以上に渡り公私共々彼の良きパートナーであり続けてきたレイチェル・フラー(44歳)と、昨年12月に結婚していたことを明かした。

    タウンゼントは水曜日(9月20日)、婚姻届に署名する2人の写真をFacebookに投稿し、
    「レイチェルがオーケストラル・アレンジャーとしての素晴らしい才能を発揮し、僕がブロードウェイ俳優のようにパフォーマンスした<Classic Quadrophenia>北米ツアーが成功裡に終わり……、彼女と僕が昨年12月に結婚したことを発表するときがきた」と、報告した。

    「これは僕ら両方にとって、とてもとてもハッピーなことだ。僕らは1996年10月、ザ・フーがNYでスタートした初の<Quadrophenia>リバイバル・ツアーの準備をしていたリハーサル・スタジオで出会い、20年以上一緒にいる。計算しろ! 
    21年だ。その後少しして、1997年12月にデートするようになった」

    これまで結婚したことを家族にしか知らせていなかったのは、「僕らは自分勝手だから」だそう。

    タウンゼントは1968年に学生時代からの恋人と結婚、3人の子供が誕生したが、1994年に別離。これが2度目の結婚となる。

    Ako Suzuki


    https://img.barks.jp/image/review/1000147130/001.jpg
    001

    https://www.barks.jp/news/?id=1000147130

    【ザ・フーのギタリスト、ピート・タウンゼントが結婚。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: muffin ★@無断転載は禁止 2017/09/25(月) 17:05:15.88 ID:CAP_USER9
    http://natalie.mu/music/news/250013
    2017年9月25日 9:24

    Ametsubこと斎藤昭人が住居侵入および窃盗の容疑で逮捕された。

    彼は音楽レーベル・flauの事務所に9月18日に空き巣に入った疑いが持たれている。
    同レーベルは今年7月にも事務所から現金、PC、音楽機材、CDなどが盗まれるという同様の空き巣被害があり、
    レーベル運営が危機的な状況に陥っていたとのことで、今回の逮捕と7月の空き巣事件との関連性などについても捜査に協力していくという。

    flauは今回の件について「弊レーベルでは、お客様・関係者様の大切な情報をお預かりしているという認識のもと日頃より事務所のセキュリティについて厳重に管理を行なっており、
    弊レーベルと無関係の人間であれば空き巣に入ることは容易ではありませんでした。
    しかし、今回は、空き巣行為を行なったのが弊レーベルと少なからぬ関係のある上記の人物であったことから、通常のセキュリティ対策では対応しきれなかった面、
    また弊レーベル及びお客様・関係者様にとってダメージの大きいものが盗む対象として選ばれてしまった面があるのは事実です。
    今後はより一層セキュリティに関する認識を引き締め、再発防止に努めていく所存です」とコメントしている。

    Ametsubは2003年にPROGRESSIVE FOrMのレーベルコンピ「forma 2.03」に参加したことを皮切りに、エレクトロニカのアーティストとして活躍。
    美しく雄大な情景を感じさせるサウンドは国内外で高い評価を得た。最近では昨年12月には東京・恵比寿ザ・ガーデンホールにてTK(凛として時雨)、原田郁子(クラムボン)と競演し、
    今年6月に発売された環ROYの最新アルバム「なぎ」に参加。7月には日本に2~3台しか存在しない楽器“アレイ・ムビラ”をフィーチャーしたCD作品「Mbira Lights 1 EP」をリリースした。

    http://cdn2.natalie.mu/media/1709/0925/extra/news_header_Ametsub_art201706.jpg 
    news_header_Ametsub_art201706

    【エレクトロニカアーティストの「Ametsub」、空き巣容疑で逮捕。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: シャチ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/09/21(木) 23:55:06.79 ID:CAP_USER9
    9/21(木) 10:23配信 ロイター
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170921-00000030-reut-eurp
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20170921-00000030-reut-000-1-view.jpg

    [ロンドン 20日 ロイター] - ビートルズの故ジョン・レノンの妻でアーティストのオノ・ヨーコさんが、レノンさんの名前をもじった
    「ジョン・レモン」の銘柄の飲料を英国で発売したポーランドの飲料メーカーに対し、商標権侵害だと抗議し、
    法的措置も辞さない姿勢を示した。

    オノ・ヨーコさんの担当弁護士らは、販売店向けに、商標権を侵害した場合1日に5000ユーロ(約67万円)、
    1本販売するごとに500ユーロの支払いを請求される可能性があると警告。これを受け、
    飲料メーカーは銘柄名を「オン・レモン」に変更することに同意した。

    オノさんの弁護士は「ジョン・レモン・アイルランド」のフェイスブック投稿にレノンさんの画像が含まれていると指摘している。
    また、宣伝資料に書かれたブランドロゴの横には「レット・イット・ビー」の文字や、丸メガネが添えられている。

    飲料メーカー側の弁護士は権利侵害はなかったとし、ジョン・レモンの商標はジョン・レノンの商標が
    欧州連合(EU)に登録される2年前の2014年に登録済みとしている。 

    2017/09/21(木) 10:33:16.85
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1505957596/

    【オノ・ヨーコさん「ジョン・レモン」の飲料名は商標権侵害と抗議。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 湛然 ★@無断転載は禁止 2017/09/22(金) 21:40:17.42 ID:CAP_USER9
    2017.09.22 18:20

    ザ・ビートルズ、リンゴではなくジョンがボーカルの“What Goes On”未発表デモ音源がオークションに

    ザ・ビートルズの1965年のアルバム『ラバー・ソウル』の収録曲、“What Goes On”の未発表デモ音源がeBayに出品された。

    “What Goes On”は『ラバー・ソウル』の収録曲としてはリンゴ・スターがリード・ボーカルを務めているが、今回出品されているデモ音源では、リリースされた歌詞とは異なる歌詞をジョン・レノンが歌っている。

    (中略)

    オークション出品元の広報担当者によると、このデモ音源ではジョン・レノンがアコースティック・ギターを弾きつつ歌い、ポール・マッカートニーがコーラスを務めているという。


    https://rockinon.com/news/detail/167397

    【ザ・ビートルズ、リンゴではなくジョンがボーカルの“What Goes On”未発表デモ音源がオークションに。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: きゅう ★@無断転載は禁止 2017/09/22(金) 19:11:07.56 ID:CAP_USER9
     還暦を過ぎても、公私にわたっていまだ一線に立ち続けるお笑い芸人・明石家さんま(62)に新たなロマンスが持ち上がった。人気アナウンサーのカトパンこと加藤綾子(32)とのニューヨークデートを9月21日発売の『女性セブン』(小学館)が報じた。ニューヨークの人気レストランで食事をともにした2人。人目を気にせず笑いが絶えない時間を満喫していたという。

    「加藤はフジテレビ入社2年目の2009年、さんまがMCを務める『ホンマでっか!?TV』のアシスタントに大抜擢。当時はまだ初々しかった加藤が、大御所のさんまが繰り出す下ネタ含みのイジりを器用に対応。当代一のアナウンサーとしてのしあがっていくきっかけとなりました」(テレビ局関係者)

     4月の『さんまの番組向上委員会』(フジテレビ系)で共演した際は、加藤の先輩の高橋真麻(35)が、フジテレビとさんまとの連絡役を加藤が務めていることを暴露。男女の関係を疑う出演者たちのツッコミに加藤は笑顔で交際を否定し、さんまはうなだれる一方だった。

     今回の『女性セブン』の報道でも、2人が偶然ニューヨークに居合わせていることを知ったスタッフが、気を利かせてセッティングしたまでで、交際含みの密会というわけではないと指摘している。とはいえ、2人の関係が今後進展する可能性も否定できない。

    ■カトパンが語っていた「さんまへの信頼感」
     芸能誌記者が指摘する。

    「加藤は最も尊敬するタレントにさんまを挙げており、2人は強い信頼関係に結ばれています。さんまは前妻の大竹しのぶ(60)や石原真理子(53)らをものにしてきた共演者キラー。加藤の先輩の八木亜希子(52)とも噂になったことがあります。また、加藤もメジャーリーガーのダルビッシュ有(31)らとも浮名を流す肉食系女子。波乱含みとも言えます」

     2人の年の差は30歳。親子ほど年の離れた2人がゴールインするという“ホンマでっか!?”な日が訪れるのか、俄然注目される。

    文・鈴木雄二(すずき・ゆうじ)
    >>1977年、神奈川県出身。全国紙社会部に在籍し、警察・検察などの事件取材や、ブラック業界、芸能界などの分野を幅広く取材している。主な著書に「警察のすべて」(宝島社刊・共著)がある。

    https://news.infoseek.co.jp/article/dailynewsonline_1356916/

    【明石家さんま&カトパンに30歳差愛?ニューヨーク密会デートの目撃談が浮上。】の続きを読む

    images (1)


    1: 湛然 ★@無断転載は禁止 2017/09/21(木) 21:54:01.53 ID:CAP_USER9
    2017/09/21

    ニュー・オーダー、元ベーシストのピーター・フックとの争いに終止符

     ニュー・オーダーと元ベーシストのピーター・フックとの間で続いていた、英高等法院での争いにようやく終止符が打たれたようだ。

     フロントマンのバーナード・サムナー、ドラマーのスティーヴン・モリス、そしてキーボーディストのジリアン・ギルバートがフック抜きでニュー・オーダーを再結成した2011年以降、約200万ポンド(約3億円)以上の未払いロイアリティが発生していた主張するフックが訴訟を起こし、今年中に裁判が始まる予定だった。

     2年前にロンドンで行われた2日間の予審でフックの弁護団が提出した書類によると、2011年には新生ニュー・オーダーの3人が<ニュー・オーダー・リミテッド>という会社も設立しており、
    1992年に<ファクトリー・レコード>がつぶれてからフックを含む4人で設立した<Vitalturn Ltd.>という会社が管理していたバンドのトレードマークや関連する営業権のライセンスを受けていた。フックはこの新たなライセンス契約について知らされておらず、許可も出していなかった為、
    彼の弁護士たちはこれが”既成事実”であると述べていた。

     その後ニュー・オーダー側も、フックの新バンド、ピーター・フック・アンド・ザ・ライトが、ニュー・オーダーやジョイ・ディヴィジョンの資産をマーチャンダイジングやライブのプロモーションに使っていたとして彼を逆告訴した。
    ピーター・フック・アンド・ザ・ライトは、ニュー・オーダーとジョイ・ディヴィジョンの楽曲を定期的に公演やツアーで演奏していた。

     ニュー・オーダーは公式ウェブサイトで2017年9月20日、双方が“完全かつ最終的な合意”に達し、「ジョイ・ディヴィジョンとニュー・オーダーの名前は多くのファンにとって大きな意味を持っており、バンドはこのレガシーを守ることが大事だと感じていました。
    この問題が解決したことを受け、バーナード、スティーヴン、そしてジリアンは、音楽を制作しライブをするという、自分たちが一番得意とすることを続けていくことができます」と無記名の声明で発表した。
    (以下略、全文はソースをご覧ください。)


    http://www.billboard-japan.com/scale/news/00000055/55623/610x_image.jpg
    610x_image

    http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/55623/2

    【ニュー・オーダー、元ベーシストのピーター・フックとの争いに終止符。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: muffin ★@無断転載は禁止 2017/09/22(金) 19:46:12.79 ID:CAP_USER9
    https://mdpr.jp/news/detail/1716238
    2017.09.22 17:00

    フジテレビ系のキッズ番組に登場するキャラクター・ガチャピンが22日、相方・ムックのピンチを報告し、話題を呼んでいる。
    ガチャピンは、Twitterで「ムック! ムックーーー! 」と叫び、救急隊員がかけつける中、倒れているムックにやや手遅れ感のある状態の画像を投稿。

    ガチャピンはブログにムックが倒れるまでの一部始終をレポートしており、ムックが蘇生処置を行われている様子なども投稿されている。

    SNSでは「ムックさんがコードブルー状態…」「ムックさんがやばい」「ドクターヘリを要請してください」「なにこれ」「衝撃的な図」と、
    18日に最終回を迎えたばかりの同局の人気ドラマ「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」になぞられた声も多数あがっていた。

    なお、ムックの安否については、今後ガチャピンのSNSのブログで報告されるという。(modelpress編集部)

    https://cdn.mdpr.jp/photo/images/a0/d1f/0_6b8c993cdd303e9f7a83b263140e2a450bd177a5d37e20d6.jpg 
    0_6b8c993cdd303e9f7a83b263140e2a450bd177a5d37e20d6

    https://cdn.mdpr.jp/photo/images/f0/5f1/0_7412b8650d3d7a77ddf5ae57a309cc8451995eaeea59321f.jpg 
    0_7412b8650d3d7a77ddf5ae57a309cc8451995eaeea59321f

    https://cdn.mdpr.jp/photo/images/4d/db3/0_da7c26b02803d7ffff6c4072a9183a7790ed89d4144fd590.jpg 
    0_da7c26b02803d7ffff6c4072a9183a7790ed89d4144fd590

    【ガチャピン、ムックが倒れたことを報告。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2017/09/08(金) 20:09:53.77 ID:CAP_USER9
    最近よく聞かれるようになった「薩長史観」という言葉がある。明治維新を成し遂げた薩摩・長州(薩長)の側からの歴史解釈ということである。要は「勝者が歴史をつくる」ということであり、「薩長=官軍=開明派」「旧幕府=賊軍=守旧派」という単純な図式で色分けされた歴史観だといわれる。明治以来、政府の歴史教育はこの薩長史観に基づいて行われ、国民の「通史」を形作ってきた。

    ところが、ここにきて、この薩長史観に異議を申し立て、旧幕府側にこそ正義があったとする書籍が相次いで刊行されている。原田伊織著『明治維新という過ち』を皮切りに、『三流の維新 一流の江戸』『明治維新という幻想』『明治維新という名の洗脳』『大西郷という虚像』『もう一つの幕末史』『明治維新の正体』といった書籍がさまざまな著者により刊行され、ベストセラーになっているものも多い。雑誌でも『SAPIO』(小学館)9月号が「明治維新 150年の過ち」という大特集を組んでいる。

    来年の「明治維新150年」を前に、反「薩長史観」本がブームになっているわけだが、そもそもこの「薩長史観」とは何なのか。なぜここに来てブームになっているのか。このたび『薩長史観の正体』を刊行した武田鏡村氏に解説していただいた。

    ■「薩長史観」により偽装された幕末維新史

    薩長史観――明治維新から太平洋戦争の敗戦まで日本人の心を支配し続けてきた歴史観のことである。それは、薩摩と長州が中心となって成しとげた明治維新は、頑迷な徳川幕府を打ち破って文明開化をもたらし、富国強兵によって世界に伍する国家を創り上げた、とするものである。

    だが、薩長史観は明治新政府がその成立を正当化するために創り上げた、偽装された歴史観であることは、意外に知られていない。

    それは、薩摩や長州が幕末から明治維新にかけて行った策謀・謀反・暴虐・殺戮・強奪・強姦など、ありとあらゆる犯罪行為を隠蔽するために創られた欺瞞に満ちた歴史観である。

    (続きは 東洋経済オンライン で)

    https://news.nifty.com/article/magazine/12208-20170908-187322/
    2017年09月08日 13時35分

    https://i.imgur.com/YaJJqxw.jpg
    YaJJqxw

    敗者となった会津藩をはじめとする「旧幕府側」からの、「もう一つの幕末維新史」とは?(写真は会津若松城:shira / PIXTA)

    【【明治維新150年】なぜいま、反「薩長史観」本がブームなのか。】の続きを読む

    images (1)


    1: 黄金伝説 ★@無断転載は禁止 2017/09/12(火) 20:14:33.20 ID:CAP_USER9
    ちょっと心配なレベル?鶴田真由が書いた「オカルト本」の「ぶっ飛んだ中身」!

     1980年代後半にデビューし、現在も映画やドラマで活躍を続ける女優の鶴田真由。今年47歳を迎えた彼女だが、相変わらずの美貌を保ち、女優としてのキャリアを重ねている。

     そんな彼女は今年6月に「神社めぐりをしていたらエルサレムに立っていた」と題した旅エッセイの自著を刊行。同書は、大型書店の旅行書コーナーに平積みされ、売上も上々のようだが、その内容から彼女を心配する声も上がっている。

    「最初は『面白そうだ』と思って手に取ったのですが、読み進めるうちに鶴田さんが“オカルト系のエキセントリックな人”のように思えてきました」と語るのは構成作家だ。

     いったい、どのような内容の本なのか。

    「日本国内で『古事記』をたどる旅をしていた鶴田さんが、行く先々で『エルサレム』との関連性に気づき、イスラエルに旅立つという内容です。読みやすい文章で展開もスリリングなんですが、荒唐無稽としか言いようのないこじつけのオンパレード。推測の形ではあるものの、本気で書いているのだとしたら、ちょっと大丈夫か?というレベルのオカルト本でした」

     そこまで驚かれてしまった同書の鶴田による記述とは──。

    「徳島県の剣山に『ユダヤの三種の神器』が隠されている、ユダヤの預言者が伊勢神宮にたどりついていた、童謡の『かごめかごめ』の歌詞はユダヤを意味していた等々、とにかくユダヤ関係のこじつけ尽くし。彼女がこれらの根拠として挙げているのも、オカルト系のサイトやオカルト本ばかりで『鶴田さんは誰かに相当感化されてしまったのか』と思いました」(前出・構成作家)

     人気女優としてのイメージとはかけ離れた内容だが、鶴田の今後の女優活動にも何らかの影響を及ぼすのだろうか。

    http://www.asagei.com/excerpt/88548

    【ちょっと心配。鶴田真由が書いた「オカルト本」のぶっ飛んだ中身。「ユダヤの預言者が伊勢神宮に。かごめかごめの歌詞はユダヤ。」】の続きを読む

    ダウンロード (2)


    1: 湛然 ★@無断転載は禁止 2017/09/11(月) 22:08:31.63 ID:CAP_USER9
    2017.9.11 月曜日

    リアム・ギャラガー、マンチェスター・アリーナ再オープン公演でのノエル・ギャラガーを批判

    リアム・ギャラガーは現地時間9月9日に行われた「ウィ・アー・マンチェスター」チャリティ・コンサートでのノエル・ギャラガーのパフォーマンスを批判している。

    ツイッターでリアム・ギャラガーは、テロ被害者を追悼する恒久的な記念碑の資金を集めるために開催されたこのコンサートでのノエル・ギャラガーの発言とパフォーマンスの真摯さに疑問を投げかけている。

    「ノエル・ギャラガーが泣いちまったんだってな。あんなの真面目に真に受けるなよ。あいつは気にしちゃいないんだ」とリアム・ギャラガーはツイートし、次のように続けている。
    「あいつのPR行為を真に受けるなよ。あいつは気にしちゃいないんだ。もし同じことがエジンバラで起きていたら、すぐに行っていたはずだよ」

    (以下略、全文はソースをご覧ください。)


    http://nme-jp.com/nmesite/wp-content/uploads/2017/08/GettyImages-839992308_LIAM_GALLAGHER_1000-720x457.jpg
    GettyImages-839992308_LIAM_GALLAGHER_1000-720x457

    http://nme-jp.com/nmesite/wp-content/uploads/2017/09/noel-gallagher-we-are-manchester-720x457.jpg
    noel-gallagher-we-are-manchester-720x457

    http://nme-jp.com/news/43170/

    【リアム・ギャラガー、マンチェスター・アリーナ再オープン公演でのノエルを批判。 「あいつのPR行為を真に受けるなよ。」 】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 湛然 ★@無断転載は禁止 2017/09/20(水) 22:22:01.46 ID:CAP_USER9
    2017/09/20 14:10

    テイラー・スウィフト、「シェイク・イット・オフ」の歌詞を巡り告訴される

     テイラー・スウィフトが「シェイク・イット・オフ」の歌詞を巡り、2000年代初期に活躍した女性R&Bトリオ、3LWの楽曲「Playas Gon’ Play」(プレイヤズ・ゴン・プレイ)のソングライターたちに告訴された。

     米カリフォルニア州連邦地裁に提出された訴状によると、3LW側は「シェイク・イット・オフ」がリリースされる10年以上前に「Playas Gon’ Play」で“Playas, they gonna play / And haters, they gonna hate”という歌詞を使っており、テイラーの楽曲のサビ“the players gonna play, play, play, play, play and the haters gonna hate, hate, hate, hate, hate”が盗用であると指摘している。

     2001年にリリースされた「Playas Gon’ Play」を共作したショーン・ホールとネイサン・バトラーは、今ではあちこちで耳にするこのフレーズを広めたのは自分たちの楽曲であると主張している。

     弁護士のジェラルド・フォックスは訴状で、「“playas/players”のplayingが“hatas/haters”のhatingとセットで表現されるこのコンビネーションは、今となっては一般的な言い回しに思えるかもしれないが、2001年当時は完全にオリジナルでユニークだった」と主張。「“Playas Gon’ Play”には全体で4種の人々(playas、haters、callers、ballers)が4種の活動(playing、hating、calling、balling)に従事するシーケンスがフィーチャーされている。“playas”と“haters”という言葉を使ってこのようなシーケンスを組み立てたのは原告が初めてであり、それから被告が(ここで問題とされている楽曲で)使用するまでこのコンビネーションがポピュラー音楽で使用されることはなかった」と指摘している。

     ホールとバトラーは、「シェイク・イット・オフ」は自分たちの楽曲の“4パートからなる歌詞シーケンス”を盗用しているといい、後半に“callersとballers”ではなく“heartbreakersとfakers”を使用しているとは言え、一語一句反復していなくても歌詞の使用に関して著作権所有者から許可を得ることは業界の常識であると主張している。

     テイラー側の代理人は2017年9月19日に声明を出し、「これはバカバカしい主張であり、単なる金目当てだ。法はシンプルでクリアだ。彼らに勝ち目はない」とコメントしている。

    (以下略、全文はソースをご覧ください。)


    http://www.billboard-japan.com/common/sys/img/news/00000055/55579/image.jpg
    image

    http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/55579/2

    【テイラー・スウィフト、「シェイク・イット・オフ」の歌詞を巡り告訴される。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 名無しさん@涙目です。(北海道)@無断転載は禁止 [IE] 2017/09/17(日) 05:41:06.39 ID:mRCX5mEx0● BE:299336179-PLT(13500) ポイント特典
     水原は16日、ツイッターで「一日も早く、この世の中の人種や性別などへの偏見がなくなってほしい。そして、世界中の人がどこにいても自分らしく生きていける世の中になるように、
    まずは私が私らしくこれからも強い心を持って、生きていこうと想います」とツイートした。

     水原はアメリカ人の父と韓国人の母を両親にもつアメリカ生まれのハーフで、ネット上で人種差別的な誹謗(ひぼう)中傷を受けることがたびたびあった。
    フィフィは同じく日本で活動する外国人タレントとしての立場から、ツイッターで「偏見がなくなって欲しいと願うなら、彼女の場合は分からないけど、

    例えば生まれ持った名前で活動する方が素敵だと思う。

    それを躊躇することこそ偏見って思われちゃうからね」と助言。「頑張って!」とエールを送った。https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170916-00004828-nksports-ent

    【【通名やめれば?】フィフィ、差別撲滅を訴えた水原希子に最適なアドバイスへ。 】の続きを読む

    このページのトップヘ