メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    音楽関係を中心にしたエンタメ関連のまとめブログ

    カテゴリ:その他国内外アーティスト > その他

    images


    1: シャチ ★ 2019/02/16(土) 22:23:36.03 ID:/1i28IZi9
     1969年のデビュー以来、現在までコンスタントに作品を発表し、心地よいボーカルとハーモニーで多くのファンを魅了し続けているブレッド&バター。2015年12月4日の渋谷区文化総合センター大和田さくらホールでのコンサートを最後に、活動を休止していたが、2月15日、公式HPにて活動再開を発表。50周年を迎え、ますます磨きのかかった美しいハーモニーを再び聴くことができるとあって、早くも話題を集めている。

     ブレッド&バターは、岩沢幸矢(いわさわ さつや)と岩沢ニ弓(いわさわ ふゆみ)による兄弟デュオ。ライブハウスからホールまでライブ活動も精力的に行い、バンドでの演奏はもとより、ギター1本でのアコースティックライブでも高い評価を得ており、スティービー・ワンダーをはじめ、細野晴臣、井上陽水、松任谷由実など国内外のミュージシャンとの交流も幅広く、日本の音楽シーンの基礎を築いてきた。2015年の活動休止後も、それぞれソロ活動を行ってきたが、満を持して2人での活動が再開される。

    代表曲は「あの頃のまま」「ホテルパシフィック」「湘南ガール」「ピンクシャドウ」「マリエ」「野生の馬」など。昨年あたりから国内だけでなく、海外からも高い評価を得ている日本のシティ・ポップシーンにおいても先駆者的存在ともいえ、音楽シーンにおける輝きはまったく色褪せることはない。今回の活動再開を機に、現在のシティ・ポップシーンの盛り上がりとともに、若年層の音楽ファンから改めて支持を集めていく可能性もありそうだ。

     公式HPでの発表によると、ライブは5月頃を予定(詳細は後日発表)とのこと。再び走り始めた2人がどのような公演を見せてくるのか今後の活動が大いに注目される。

    2/16(土) 6:00配信 コンフィデンス
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190216-00000315-oriconbiz-ent
    画像
    公式HPにて活動再開を発表したブレッド&バター
    https://amd.c.yimg.jp/im_siggWc33lQ5XPvkvhZya6sMUhg---x722-y900-q90-exp3h-pril/amd/20190216-00000315-oriconbiz-000-1-view.jpg 
    20190216-00000315-oriconbiz-000-1-view

    【『ブレッド&バター』活動再開。50周年を迎え再スタート。】の続きを読む

    ダウンロード (3)


    1: 湛然 ★ 2019/01/31(木) 04:43:53.88 ID:Yq715zxn9
    オカモトズが名曲「ホネホネ・ロック」をカバー
    [2019年1月31日0時0分]

    ロックバンドのオカモトズが、フジテレビ系「ひらけ!ポンキッキ」(73~93年)から生まれた名曲「ホネホネ・ロック」をカバーすることが、分かった。3日放送のBSフジ「ガチャムク」(日曜午前8時30分)で初披露される。「ホネホネ・ロック」は歌手子門真人(75)が歌って、76年にリリースされた。

    演出を担当する鈴木一休氏は「オカモトズは、今注目されているロックバンドの1つという事はもちろん、若い世代のロックバンドに古い曲をアレンジしてもらったらどんな音楽になるのか、という期待のもと今回オファーを致しました。『ひらけ!ポンキッキ』より誕生した名曲の中で、「ホネホネ・ロック」を選んだのは、オカモトズのメンバーが幼少の頃、聞いてていたことが最大の理由。初めて聞く世代にも、当時楽しんでいただいた方にも、きっと満足がいくオカモトズ版ホネホネ・ロックになっていると思います」と話している。


    オカモトズのレコーディング中に応援に駆け付けたムック(左から3人目)。左からボーカルのオカモトショウ、ドラムのオカモトレイジ、1人おいてギターのオカモトコウキ、ベースのハマ・オカモト(C)BSフジ
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/img/201901300000710-w500_0.jpg
    201901300000710-w500_0

    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201901300000710.html

    【OKAMOTO'Sが名曲「ホネホネ・ロック」をカバー。】の続きを読む

    ダウンロード (3)


    1: ひかり ★ 2019/01/11(金) 18:02:02.64 ID:GY46Yyel9
     過去の複数の交際女性に対する暴力や金銭問題が報じられた、ムード歌謡グループ・純烈の友井雄亮(38)が11日、都内で会見。一連の騒動について
    謝罪した上で、グループを脱退し、芸能界引退を表明した。今後については白紙であることを述べた。

     冒頭、繰り返し頭を下げた友井は「純烈のスローガンに反することをしてしまった。事務所を脱退し、芸能界から身を引きます。人として情けないことをして
    しまった」と、引退を表明。今後については「こんなこといえる立場ではないが、純烈のお仕事は一生懸命やってきた。自分としては全く芸能界を辞めて、
    引退して何をやりたいかは真っ白。考えられないです。普通の人間として、偽りなく生きていきたいというのが本心です」と語った。

     冒頭は「このたび傷つけてしまった女性の方々、ご家族の方に深くお詫び申し上げます。申し訳ございませんでした」と謝罪。続けて「今回の週刊誌の女性への
    トラブルは、事実でございます」と語った。

     友井は週刊文春の報道で、2014年ごろから交際していたA子さんへの暴力や、その後の恋人・B子さんの貯金の3000万円使い込み、度重なる浮気などが判明。
    10日は友井を除くメンバー4人でテレビ収録に臨み、新体制で再スタートを切っていた。

     念願だったNHK紅白歌合戦への初出場をかなえてから、わずか10日あまり。涙ながらに「一生懸命がんばってきたメンバー、メンバーの家族、事務所、
    レコード会社の方々、関係者の方々、僕らと一緒に純烈を支えて下さったファンの方の信頼を裏切る行動をしてしまい、大変申し訳ございませんでした」と、
    頭を下げ続けた。

    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190111-00000088-dal-ent
    https://amd.c.yimg.jp/im_sigg6BH8DsWy_B1mrItUtAtIBQ---x900-y863-q90-exp3h-pril/amd/20190111-00000088-dal-000-2-view.jpg 

    【『純烈』友井雄亮、芸能界引退後の人生は白紙。「人間としてやり直さないと」】の続きを読む

    ダウンロード


    1: ストラト ★ 2018/12/22(土) 11:18:10.54 ID:CAP_USER9
    NHKは22日、大みそかの「第69回紅白歌合戦」(後7・15)で、ギタリストの布袋寅泰(56)が石川さゆり(60)のバックでギターを演奏することが決まったと発表した。
    布袋が紅白に出場するのは2006年に妻・今井美樹(55)のバックで演奏した時以来12年ぶりとなる。

    41回目出場の石川は名曲「天城越え」を歌う。
    同局によると先月NHKホールで行われた布袋のライブに足を運んだ石川が、そのダイナミックな演奏に惚れ込みオファー。
    今回の夢の共演が決定したという。

    石川は「和の世界を探求したいと思っている私が、30人の邦楽器と布袋寅泰さんのギターの世界が触発しあい生まれる、現在とこれからの日本の音楽を紅白歌合戦でお届けしたいと思いました」とオファー理由を説明。
    「なにがおこるのか・・・私もわくわくとしています。お楽しみ下さいませ。励み歌わせて頂きます」と予告した。

    布袋も「ジャンルなんて関係ない。魂のボーカリストとの共演は『ギタリスト冥利に尽きる』の一言です」とやる気満々。
    「僕も魂を込めて弾かせていただきます。世界に届け!日本の心」とコメントしている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181222-00000080-spnannex-ent

    布袋寅泰
    http://pbs.twimg.com/media/DnR5JVlXsAAOz3S.jpg 
    DnR5JVlXsAAOz3S

    【石川さゆり本人が熱烈オファーして布袋寅泰が12年ぶり紅白出場。「天城越え」SPコラボ。】の続きを読む

    ダウンロード (10)


    1: 名無しさん@おーぷん 2018/11/30(金)23:12:21 ID:vrE
    マリオゼルダドラクエFFロックマンゴエモン以外やで

    1中 悪魔城伝説 Dejavu(Vampire Killer)
    https://www.youtube.com/watch?v=gzal5NqnTkU


    2遊 天地を喰らうII 決戦
    https://www.youtube.com/watch?v=8U-RxfUUzUI


    3右 ダブルドラゴン タイトル
    https://www.youtube.com/watch?v=DoJ7YFUotTA


    4三 熱血高校ドッジボール部 vsソ連
    https://www.youtube.com/watch?v=8k6WbPeNEk8


    5一 ドラえもん ギガゾンビの逆襲 地底フィールドBGM
    https://www.youtube.com/watch?v=THINGtNaAJc


    6左 女神転生II Death Match~死闘
    https://www.youtube.com/watch?v=6rZKeV8HrXE


    7二 バトルフォーミュラ Stage Theme 1 00:47~
    https://www.youtube.com/watch?v=ypGBUopStcs


    8捕 キングコング2怒りのメガトンパンチ
    https://www.youtube.com/watch?v=-3aoJ1wmzNU


    9投 鮮烈のリュウ 忍者龍剣伝
    https://www.youtube.com/watch?v=Wcn10mVNg3w


    中継ぎ スターソルジャー フルパワーアップ
    https://www.youtube.com/watch?v=Wx24a3cwZ6Y




    【ファミコンのカッコいいBGMで打線組んだ。】の続きを読む

    images


    1: 江戸領内小仏蘭西藩 ★ 2018/11/21(水) 12:33:13.87 ID:CAP_USER9
    2018.11.20
    https://biz-journal.jp/i/amp/gj/2018/11/post_8641.html
    https://biz-journal.jp/images/zetubou0316.jpg
    zetubou0316

     歌手の谷村新司が「一家離散」の危機だという。
     
     詳細は21日発売の「週刊文春」(文藝春秋)を御覧いただきたいが、谷村が甘やかしてきた長男が数年前、所属事務所の「女子トイレを複数回盗撮」したことが発覚、その後絶縁し、息子の嫁や孫にも手を差し伸べなかったことや、歌手である長女の詩織とも関係が希薄になったこと、そして谷村が心酔する「謎の人物」についても語られている。

     フォークグループ「アリス」のリーダーとして絶大な知名度を有する谷村。現在でも精力的な音楽活動で知られているが、その裏では家族問題で悩んでいたようだ。

    「富豪ということで、息子を相当甘やかしていたようですね。そんな中でトイレ盗撮ですから、完全なドラ息子なのは間違いないですが......。

    女優の三田佳子の次男で、9月に覚醒剤取締法違反の容疑で逮捕された高橋祐也の件もありましたが、特に金銭的に甘やかされた子どもが道を踏み外す典型です。『これだから2世は......』という世間の声がまた聞こえてきそうですね」(記者)

     有名タレント2世の醜聞というのは枚挙に暇がないが、今回クローズアップされているのは、息子のみならず谷村自身にも向けられている。

     紹介されている谷村が心酔するという人物はスピリチュアルな力を有しているようだが、以前から谷村はそうした発言をする機会があった。

    「2014年の自著『谷村新司の不思議すぎる話』(マガジンハウス)では霊的な話が多く出てきます。代表曲『昴』が『プレアデス星団からのメッセージをキャッチして書いた詞』とも。これには困惑したファンも多かったようですね。よく勉強もしていたようです。
    もともとそうした"素養"があった上、スピリチュアルに強い人物と知り合えばそれは仲良くなってしまうというものでしょう。そうしたつながりは深くなりがちですから」(同)

     常人の及ばない世界に行ってしまった印象の谷村。家族もそれはついていけない?

    【アリス・谷村新司、「謎のスピリチュアル」傾倒、息子は「トイレ盗撮」で一家離散間際か。】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: 湛然 ★ 2018/11/19(月) 05:19:11.35 ID:CAP_USER9
    2018.11.19 デイリースポーツ
    前川清 106キロの次女・侑那がメジャーデビュー “巨漢”ロックユニットで
     
     歌手・前川清(70)の次女・前川侑那(ゆきな・27)が18日、沖縄コンベンションセンターで父の50周年記念ツアーファイナル公演に出演。Yuの名でボーカルを務める男女2人組ロックユニット「Dire Wolf」として来年1月16日にアルバム「SHINKA」でメジャーデビューすると発表した。

     前川家では長男・紘毅(33)に続くメジャーデビューで、侑那は身長168センチ、体重106キロで父が「0・1トンの娘」と称する“最後の大物”。今回メジャーデビューするユニットは相方のベース・SHISYO(27)も体重160キロと巨漢同士。激しいロックからバラードまで幅広いジャンルながら、高い音楽性に関係者が注目してメジャーデビューに至った。計266キロの2人が激しく動き回るステージもウリ。アルバムのMVも特性を生かして土俵の上で相撲テイストたっぷりに撮影した。

     多くの2世が親の背中を見て育ったように、侑那も父・清の影響で小3から歌のレッスンに通った。中学、高校ではバンド活動に励む一方、女子サッカー部に所属。高校時代にはGKで東京都選抜に選ばれ、その素質は将来の「なでしこJAPAN」入りも期待されたほど。結局、ひざの故障で音楽の道に専念し洗足学園音楽大学ロック学科に進学。ボーカリストとして学び、卒業後にユニットを結成した。

     この日は父にエスコートされ、ステージで新たな門出を発表。祝福の拍手を浴びながら持ち歌の「Hi boy」を熱唱し「父の存在は自分の強み。使えるものは使う。でもこれからは自分の力。それに賭けてみたい」と決意表明した。

     娘の晴れ舞台となったこの日、父・前川清も自身の50周年記念ツアーを完走。さらに所有する競走馬(名義は前川企画)で侑那が名付けたファイトアローン号が福島競馬2Rで7番人気ながら1着と慶事が重なりウハウハ。公演では笑顔いっぱいに新曲「初恋 Love in fall」などを熱唱した。愛娘の門出には「この世界は厳しい。いつかつぶれる。でもそれができるだけ遅くなってほしいな」と愛のエール。そんな父に侑那も「(活躍して)馬を1頭買ってあげたい」と恩返しを誓った。

     21日にデジタルシングル「SHINKA」を先行配信。


    父・前川清(左)の沖縄公演でメジャーデビューを発表した次女・前川侑那=沖縄県宜野湾市
    https://i.daily.jp/gossip/2018/11/19/Images/d_11832999.jpg
    d_11832999

    https://i.daily.jp/gossip/2018/11/19/Images/d_11833000.jpg
    d_11833000

    https://www.daily.co.jp/gossip/2018/11/19/0011832998.shtml

    【前川清の次女(体重106kg)・侑那が“巨漢”ロックユニットでメジャーデビュー。】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: muffin ★ 2018/11/09(金) 12:54:15.17 ID:CAP_USER9
    https://www.cinematoday.jp/news/N0104813
    2018年11月9日 11時24分

    米女優メグ・ライアン(56)が現地時間8日、長年交際していたミュージシャンのジョン・メレンキャンプ(67)と婚約したことをInstagramで認めた。

    映画『恋人たちの予感』(1989)などで人気を博し、“ロマコメの女王”といわれたメグ。ジョンとは2010年末ごろから交際をスタートし、その後別れたりくっついたりしていたが、先日すでに結婚したのではないかとの報道が。さらに、ニューヨークで左手薬指に結婚指輪と思しきリングをはめて歩く姿がキャッチされていた。

    そんな中、Instagramを更新したメグは「ENGAGED!(婚約したわ!)」というメッセージと共に、自身とジョンとみられる男女が手をつないだイラストを投稿。ついに婚約を決めたようだ。

    メグは1991年に俳優のデニス・クエイドと結婚し、翌年息子のジャックが誕生したが、2001年に離婚。一方、ジョンはこれまでに3回結婚しており、5人の子供がいる。(編集部・中山雄一朗)

    https://img.cinematoday.jp/a/N0065627/_size_560x/_v_1408609677/main.jpg
    main

    https://img.cinematoday.jp/a/N0104813/_size_640x/_v_1541735395/main.jpg 
    main (1)

    【女優メグ・ライアン(56)が,ミュージシャンのジョン・メレンキャンプ(67)と婚約。】の続きを読む

    images


    1: 湛然 ★ 2018/10/29(月) 05:10:13.90 ID:CAP_USER9
    [2018年10月28日18時34分]
    新沼謙治、自作の提供曲を「毎日有線でリクエスト」

    歌手新沼謙治(62)が28日、都内で、アンテナショップ「いわて銀河プラザ」20周年記念祭に出席した。

    岩手県出身の新沼は、同店の一日店長に就任し、ミニライブを行った。“ミニライブ”と銘打ってはいるが、新沼の呼びかけで参加した早瀬ひとみ、みち乃く兄弟、さわち美欧、大沢桃子がゲストに参加する約1時間半におよぶ本格的なライブとなった。

    「一日店長ということでこのメンバーでライブをやりたかった。また、来年もここで、このメンバーでやりますので、その時は集まってくださいね」とファンに呼びかけると約150人のファンが拍手で応えた。

    みち乃く兄弟が歌うデビュー30周年記念曲「帰郷」は、新沼の作詞作曲だ。「曲を作っている途中である人に聞かせたら、『こんな良い曲、自分で歌えばいいのに』と言われた」と明かした。「人に渡す曲だから、自分が納得できて、他人が聞いても良いと思ってもらえる曲にしたかったので良かったですよ。毎日、有線でリクエストしている」と笑った。

    4月発売の自身の新曲「盛川」については、「子どものころおやじに、魚釣りに釣れていってもらった川なんです」と話した。「カラオケで歌いたいと言ってもらいますが、『もりがわ』と入れてしまって曲が見つからない人が多いらしいんです。『さかりがわ』ですから!」とアピールした。

    この日、同曲をはじめ大ヒット曲「嫁に来ないか」などを披露した。


    「いわて銀河プラザ」20周年記念祭ミニライブで歌う新沼謙治(撮影・川田和博)
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/img/201810280000787-w500_0.jpg
    201810280000787-w500_0

    「いわて銀河プラザ」20周年記念祭ミニライブに出席した新沼謙治(中央左)(撮影・川田和博)
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/img/201810280000788-w500_1.jpg
    201810280000788-w500_1

    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201810280000780.html

    【新沼謙治、自作の提供曲を「毎日有線でリクエスト。」】の続きを読む

    ダウンロード


    1: マイメロディ ★ 2018/10/29(月) 11:01:15.73 ID:CAP_USER9
    2018.10.29 10:39
    https://myjitsu.jp/archives/65903

    10月28日に『下町ロケット』(TBS系)の第3話が放送され、お笑い芸人の古坂大魔王がゲスト出演し、話題となっている。イモトアヤコや福澤朗など、「非俳優」の面々も多く出演している同ドラマ。そのタレントたちの演技はしばしば物議を醸すが、今回の古坂の演技も、やはり賛否両論となってしまったようだ。

    古坂が演じるのは帝国重工の審査部信用管理室の安本年男。阿部寛が社長役を演じる佃製作所の“やっかいな敵”として物語に登場した。

    帝国重工には航平(阿部)の娘・利菜(土屋太鳳)が勤めているのだが、安本は利菜に向かって、佃製作所を「ずいぶんとちっぽけな会社」、「しょせん、中小企業で安定しているところはないんだよな」などとバカにする。そして迎えた航平との直接対決の際にも、卑劣な言動で追い詰めていき、ヒール役として存在感を存分に発揮していた。

    古坂は今回がドラマ初出演。一部からはその演技力を不安視する声も上がっていたが、視聴者からは

    《ピコ太郎、嫌な奴を上手く演じてたな》
    《古坂大魔王の悪役良かった……!》
    《古坂大魔王の演技凄くなかった?あの嫌味な感じ似合ってたなぁ》
    《古坂さんの目の奥が笑ってない感じが、この役に上手く合ってる》

    といった好意的な声も上がっている。

    芸人だらけのキャスティングに困惑

    古坂が健闘する一方で、前作から引き続き指摘されているのは、芸人の起用が多すぎるという点。立川談春やイモトアヤコ、元『キングオブコメディ』今野浩喜など、主要な役どころに芸人を起用していることに対して、

    《重厚感あるドラマにしたいように見えるんだけど、お笑い芸人使いまくってるから、いまいち入り込めない》
    《下町ロケットの夢中になれないところは、畑違いの人を出しすぎるとこ》
    《芸人が多すぎて、まるでお正月のかくし芸大会のコントを見ているような気分》

    といった声が相変わらず噴出中。

    視聴率も思ったほど伸びてこず、なんとか挽回したいところだが、果たしてドラマ並みの“逆転劇”はあるのだろうか。

    【古坂大魔王(ピコ太郎)登場。『下町ロケット』での演技に視聴者の反応は。】の続きを読む

    このページのトップヘ