メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    音楽関係を中心にしたエンタメ関連のまとめブログ

    カテゴリ:その他国内外アーティスト > その他

    ダウンロード


    1: シャチ ★ 2019/06/16(日) 10:29:57.63 ID:DYXFfjFt9
    6/16(日) 10:27配信 スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190616-00000098-sph-ent
     歌手で俳優の武田鉄矢が16日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜・前10時)に出演。ドラマ「3年B組金八先生」で教え子役だった元女優の小嶺麗奈被告が大麻取締法違反(所持)の罪で起訴されたことに思いを明かした。

     武田は逮捕の一報を「博多で仕事をやっている時に聞いたんですけど」とし「ショックはショックですよね。まがりなりにもウソの先生と教え子の関係ですけど、警察の車に乗っている教え子って見ると切なくなりますよね」とコメントした。

     小嶺被告は95年10月から「3年B組金八先生」で激しいいじめを行うボス役を好演し、一気に注目を集めた。同ドラマでは教え子と定期的に同窓会を開いているが武田は「彼女とは24年近く会っていません。同窓会に来る子ではないんですよね」と明かし「チャンスがあったらこの番組どっかで見てたら来年は来いやと」と呼びかけていた。

     さらに今回の事件で「彼女の顔つき見てて思ったんですけど、恋人らしき男性が好きなんでしょうね。そんな顔してましたよ。一緒に一緒にどこまでもみたいな決心が伺いしれたんで、それはそれでいいことなのかな」と明かした。

     また、交際相手で「KAT―TUN」の元メンバー田口淳之介被告が保釈時に土下座謝罪したことに武田は「見た印象は惨めですよね。彼は騒ぎになってからいかに起こした騒ぎが大きかったか自分の人生とってマイナスかっていうのを思い知ったんでしょうね」と指摘。その上で2人に「なるべく早く立ち直って欲しいな」と願っていた。

    【武田鉄矢、「3年B組金八先生」で教え子だった小嶺麗奈被告の逮捕に「警察の車に乗っている教え子って見ると切なくなります。」 】の続きを読む



    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/06/09(日) 15:28:16.10 ID:VOMwzgXE9
    かつて〝史上初の黒人演歌歌手〟として名を馳せたジェロが、6月3日放送の『YOUは何しに日本へ?』(テレビ東京系)で偶然インタビューを受け、話題になった。

    番組はこの日も空港にスタッフを送り込み、外国人へ声を掛け〝日本に来た理由〟を聞くインタビューを敢行。
    日本のカレー店を巡りに来たというロシア人の密着に成功すると、続いて舞台を新橋に移して街頭インタビューを行なっていった。

    スタッフがサングラスをかけた黒人男性に声を掛けると、男性は流暢な日本語で「(インタビュー)大丈夫です」とこれを快諾。「(日本に住んで)15年くらいですかね」
    「僕の祖母が日本人です」とスラスラ答えていき、「お仕事は?」との問いには「IT系の仕事をしてます」と明かした。

    しかし、男性は「もともと演歌が好きで…」「デビューして、紅白も出させていただきました」と衝撃の告白を始め、ワイプの『バナナマン』は一気に驚いた顔に。
    スタッフが「お名前は?」と聞くと「ジェロです」と名乗り、サングラスを外してにこやかな顔を見せた。

    歌手生活晩年からセカンドキャリアを描いていた?
    その後、スタッフが「歌はもう辞めちゃったんですか?」と聞くと、ジェロは「そうなんです」
    「2年くらい歌やりながら通信の大学院に通ってた」と歌手時代からITの勉強をしていたことを告白。「いつか歌に戻らないんですか?」との質問には「ITの方を頑張ってみようかな」と答え、
    最後は「お昼休憩が終わったので」と忙しそうに自身のオフィスへ戻っていった。

    「ジェロがボストン大学大学院の通信課程に入学したのは2016年。18年に修了し、約3カ月後に〝活動休止〟を発表しているので、学業と歌手活動を両立させていたのは最後の2年間になりますね。
    おそらく、14年~15年ごろには第2の人生を見据え、IT分野で働くことを心に決めていたのでしょう」(芸能ライター)

    懐かし芸能人の驚くべき現在が明らかになり、ネット上には、
    《久しぶりに見た!!》
    《ジェロじゃん》
    《昼休みにインタビューとかwww》
    《すっかりサラリーマンなんだなぁ》

    などといった声が。

    一発屋には私生活が荒れて転落するパターンも多いが、元気かつ真面目に過ごしているようで何よりだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1866416/
    2019.06.09 10:31 まいじつ

    https://www.youtube.com/watch?v=KFdUGs6qIuw


    ジェロ Jero - 海雪(MUSIC VIDEO)

    http://image.dailynewsonline.jp/media/a/8/a8eff54a3023f7fad76ff9a47b3f762fa80f41c0_w=666_h=329_t=r_hs=666a1e745e04dfdc49e185bf2048646e.jpeg 
    a8eff54a3023f7fad76ff9a47b3f762fa80f41c0

    【「YOUは何しに日本へ」に黒人の元演歌歌手『ジェロ』が登場。 街頭インタビューで衝撃の現在が。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2019/06/07(金) 11:19:23.49 ID:wF3wGQ2K9
    7日放送のフジテレビ系「とくダネ!」(月~金曜・前8時)でこの日発売の写真週刊誌「FRIDAY」が報じた「カラテカ」入江慎也の闇営業疑惑を報じた。

    今回の疑惑は、2015年6月に高齢者を狙った被害総額が40億円の詐欺で男女40人が一斉逮捕される事件で、
    その詐欺グループが逮捕される半年前に都内のホテルで忘年会を開催。この会の後半に雨上がり決死隊の宮迫博之、
    ロンドンブ-ツ1号2号の田村亮、レイザーラモンHGらが登場。芸人の出演を仲介したのが入江で所属事務所を通さないいわゆる「闇営業」だったという。

    番組では、2014年12月27日に開かれたこの忘年会の模様を撮影した「FRIDAYデジタル」が入手した映像を放送。
    雨上がり決死隊の宮迫博之が自身が代表のデュオ「くず」の「全てが僕の力になる!」カラオケで熱唱していた。

    番組によると、同誌の取材に宮迫は詐欺グループの会合だったことは「まったく知らないです」と答えている。
    https://hochi.news/articles/20190607-OHT1T50042.html

    【雨上がり宮迫博之、カラオケで『くず』の「全てが僕の力になる!」を熱唱。 】の続きを読む

    images


    1: フォーエバー ★ 2019/06/01(土) 23:43:04.22 ID:71oXmyh59
    演歌歌手の細川たかし(68)が、1日に放送された日本テレビ系「メレンゲの気持ち」(土曜・正午)にゲスト出演。芸能界45年を支える健康のひけつを明かした。

     「背筋を鍛えないと声が出ないので」と、スポーツに食事にと活力ある毎日を過ごす細川。自宅が北海道ということもあるが、スキーは年に60日も行くそうで、「歌の次にうまいんです」とか。また、肉を毎日のようにとっているそうで、「体のパワーが違いますね」と語った。

     さらに、毎日5リットル近く水を飲んでいると明かすと、共演者はびっくり。「起きたらペットボトル(500ミリリットル)の水を1本、食事して1本…。1日トータル10本は飲んでますね。もうデビューして50年近く続けているので」とさらりと答えた。

     ところが、楽屋での食事風景が紹介されると、細川は「すべてのものに、(調味料は)しょうゆオンリー」と、得意げにあらゆるものにしょうゆをドボドボ。少し食べるとまたしょうゆという風に、小瓶を手放さずに食べる姿に心配する声も。「のどが渇いたら水を飲む」と説明したが、「そりゃ5リットル飲みますよね」という声も飛んでいた。

    6/1(土) 21:10配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190601-00000242-sph-ent
    https://i.imgur.com/8TNQcLC.jpg 
    8TNQcLC

    【『細川たかし』、健康のため1日5リットルも水を飲む。】の続きを読む

    ダウンロード (2)


    1: muffin ★ 2019/05/25(土) 21:59:30.05 ID:6Hbx022c9
    https://ovo.kyodo.co.jp/column/a-1305194
    2019年5月25日

    ビートルズの1966年の作品「イエロー・サブマリン」の日本語カバーである「イエロー・サブマリン音頭」は、大瀧詠一がプロデュースし、民謡歌手の金沢明子が歌ったことで話題を呼んだ。だが、当初は竹内まりやでデモ・テープが制作され、その後もお笑い芸人山田邦子が歌い手に想定されるなど、金沢明子によってカバーされるまでに紆余曲折があったというのだ。

    「イエロー・サブマリン音頭」の企画者として知られるプロデューサーおよび作曲家の川原伸司が、このほどアップリンク吉祥寺で行われたトーク・イベント「藤本国彦プロデュース ビートルズの世界 Around the Beatles」で明らかにした。

    川原の大瀧との出会いは78年にまでさかのぼる。ビートルズの音楽にはユーモアがあるという意見で、ナイアガラのメンバーともなる杉真理とも意気投合。2人で「イエロー・サブマリン」を音頭にしてみてはどうかと盛り上がっていたという。

    そこで竹内まりやにデモ・テープで歌ってもらったのだが、肝心のまりや自身が乗り気でなかった。「どうしてビートルズがこうならなきゃいけないの」、「ビートルズを冒とくしている気がする」と彼女は「ほとんど泣きそうになってしまった」(川原)。

    ビートルマニアとしても知られるまりやは「真面目だった」。

    思わぬ「抵抗」にあった川原たち。同プロジェクトは2、3年間とん挫する。

    次に「イエロー・サブマリン音頭」の歌い手候補として白羽の矢が立ったのが芸人の山田邦子だった。山田がかわい子ぶって歌うラップがそこそこヒットし、次の企画として「イエロー・サブマリン音頭」を山田でやったら面白いだろうと思ったと川原は言う。

    そしてプロデュースを大瀧詠一に任せることにした。戦後の民主主義教育が欧米的なものを美しいと刷り込んでいったが、和のもの―ダサいもの―こそがかっこいいと分かっている大瀧こそビートルズの楽曲の音頭化に適任だと思ったのだった。

    だが大瀧は「歌い手が山田邦子だと最初からコミックソングだと思われてしまう。他の人でないと真面目に受け取られない」と却下。大瀧は大真面目だった。

    そこで登場するのが「民謡界の百恵ちゃん」こと金沢明子。川原はビクターの草野昌一専務に「イエロー・サブマリンを音頭にして金沢で出したい。詞は松本隆」と直談判、了承を取り付けたという。川原は言う。「今では企画段階で断られてしまうだろう。今のビートルズをカバーする基準としては、似すぎていてもダメ、似なさすぎてもダメ。皆、サラリーマン化してしまってトラブルに巻き込まれたくないので、今では通らない」

    大瀧が音頭路線に進むきっかけとなったのは78年の「ナイアガラ音頭」だったが、この時に三味線を弾いていたのが本條秀太郎だった。その本條の弟子の一人が金沢であったという因縁もある。金沢は、大瀧が松田聖子の楽曲も手掛けていたことから「私も聖子ちゃんのようになれる」と期待したものの、もっとコブシを入れろと言われたり、歌った途端にスタッフ全員が椅子から転げ落ちたりと、自分のイメージとは違ったという。

    川原は言う「アン・ルイスにも言われたよー。ふざけすぎだって」。

    しかし、ナイアガラまわりのビートルズ好きの面々――杉真理、伊藤銀次、佐野元春らも参加。大瀧の声も「逆回転で入っている」(川原)という。

    82年に「イエロー・サブマリン音頭」はヒットする。

    このカバーをどうとらえるか? ビートルズに対する真面目なオマージュととらえるか、不真面目だとみるか――これは「あなたはビートルズをどのように好きですか?」という一種の「踏み絵」なのではないか、とビートルズ研究家の藤本国彦は言う。

    確かに、ビートルズというバンドは真面目に不真面目をやってきたユーモアセンスの持ち主であった。バンドの事実上最後のアルバムのラストが、女王陛下をからかった「ハー・マジェスティ」だし、解散前の最後のシングルのB面がおふざけ満載の「ユー・ノウ・マイ・ネーム」であることからもうかがいしれよう。

    川原は言う。「ポール・マッカートニーの福岡公演を観に行ったのだ。すると開演前に会場に流されるDJミックスで『イエロー・サブマリン音頭』が流れていた。思わず『やった!』となったね」。

    https://d10tw3woq6mt3i.cloudfront.net/wp-content/uploads/2019/05/16c43cbd6882a33ca0ff2e549671acda-1022x1024.jpg 
    16c43cbd6882a33ca0ff2e549671acda-1022x1024

    【竹内まりやに拒否された? イエロー・サブマリン音頭秘話。「ビートルズを冒とくしている気がする。」】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/05/06(月) 16:15:05.52 ID:U2kYE5v09
    6日放送の日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」(月~金曜・後1時55分)では、年内限りでの芸能界引退を発表した歌手・森昌子(60)と宮根誠司キャスター(56)が生共演。東京・浅草を出発し、都内を巡る形で本音の会話を展開した。

    現在、北海道から沖縄まで回る全国ツアーの最中という森は「非常にとても自分が素直になって、ファンの皆様の前でも充実した日々を送らせていただいてます」と笑顔で話した。

    森の長男は人気ロックバンド「ONE OK ROCK」のTaka(31)、三男も「MY FIRST STORY」のHiro(25)だが、3月に引退を公表した際は「『母さん、お疲れ様』って言われました」と2人の息子からの言葉を明かした。

    その上でTakaらについて「ライブを見に行ったこともありますけど、子供たちは自分たちの思ったことができて、幸せな子たちだと思います」と母親としての思いを明かしていた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16418217/
    2019年5月6日 15時19分 スポーツ報知

    http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/0/0/0078a_60_8dc1a93d_efff23f6.jpg
    0078a_60_8dc1a93d_efff23f6

    https://www.youtube.com/watch?v=5jcEcT13QjA


    【 越冬つばめ 】 森昌子

    【森昌子、引退公表で長男のワンオクTakaから「母さん、お疲れ様って言われました。」 】の続きを読む

    ダウンロード (2)


    1: 湛然 ★ 2019/04/10(水) 23:01:06.34 ID:fEqahxPi9
    2019.4.10 12:23 BARKS
    マリリン・マンソン、カントリー歌手とのコラボに「変化のとき」

    先月、「俺のニュー・アルバムを完成させるため、@shooterjenningsのとこへ向かうところ」とのメッセージをSNSに投稿し、
    カントリー系のシンガー・ソングライター、シューター・ジェニングスと新作でコラボしていることを明かしたマリリン・マンソンが、ジェニングスのことや新作のサウンドについて語った。

    月曜日(4月8日)、SiriusXMの『Trunk Nation LA Invasion: Live From The Rainbow Bar & Grill』に出演したマンソンは、ジェニングスとコラボすることにした理由をこう説明した。
    「変化に相応しいときなんじゃないかって感じたんだ。それにシューターと友達になってたし、彼は音楽の天才だ。彼は『ビッグ・リボウスキ』のデュードを思い起こさせる。
    俺らの間には、俺が何を考えているかいちいち言わなくていい特異なヴァイブがある。知らなかったんだけど、彼は俺が若いときやってたことのファンで、それに彼の父ウェイロン・ジェニングス(カントリー歌手)の影響もある。
    だから、彼は全く違う要素を加えてくれている」

    マンソンとジェニングスは、以前、ジェニングスのアルバム『Countach (For Giorgio)』(2016年)に収録されたデヴィッド・ボウイの「Cat People」のカバーでコラボしている。

    マンソンはまた、新作のサウンドについてはデヴィッド・ボウイの『Diamond Dogs』(1974年)とキリング・ジョークを「ちょっとミックスしたような感じが基本」と話した。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

    Ako Suzuki


    https://img.barks.jp/image/review/1000166312/001.jpg
    001

    https://www.barks.jp/news/?id=1000166312

    【マリリン・マンソンがカントリー歌手とコラボ。「変化のとき。」 】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/04/06(土) 12:51:34.92 ID:WK8u/EjB9
    タレントの三船美佳(36)が6日、レギュラー出演するテレビ朝日系「朝だ!生です旅サラダ」(土曜前8・00)に出演し、再婚したことを生報告。
    元夫でロックバンド「THE虎舞竜」の高橋ジョージ(60)がこの日、所属事務所を通じてコメントを発表。三船の新たな門出を祝福した。

    三船の再婚についてはこの日早朝、レコーディング中にネットニュースで知ったといい、
    「おめでとうございます。幸せをお祈りしてます 高橋ジョージ」とのコメントを発表した。

    三船はこの日、レギュラー出演しているテレビ朝日系「朝だ!生です旅サラダ」(土曜前8・00)で「このたび、私、結婚いたしました」と生報告。
    左手薬指には結婚指輪が輝いていた。

    三船と高橋は三船が16歳の誕生日を迎えた98年9月12日に結婚、04年11月に長女が誕生した。
    15年1月に高橋の精神的な暴力行為「モラルハラスメント」を理由に三船が、離婚と長女の親権を求めて東京家裁に提訴。
    離婚裁判はドロ沼化したが、16年3月29日に成立した。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16275775/
    2019年4月6日 12時2分 スポニチアネックス

    https://www.youtube.com/watch?v=nN0s9aBjgC4


    ロード / ROAD - 高橋ジョージ / TAKAHASHI JO-JI

    https://www.youtube.com/watch?v=MuEIbIgi4bk


    THE 虎舞竜「ロード?第二章」PV

    https://image.entertainment-topics.jp/article/original/27643.jpg
    27643

    https://i.daily.jp/gossip/marriage/2016/03/29/Images/d_08941065.jpg 
    d_08941065

    【高橋ジョージ、元妻・三船美佳の再婚を祝福。「幸せをお祈りしてます。」 】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 湛然 ★ 2019/04/01(月) 22:15:58.01 ID:qgMR2EaX9
    2019-04-01 19:31
    ZYYGが20年ぶり再結成、7月ワンマン開催へ 『スラダン』OP曲がヒット

     テレビアニメ『スラムダンク』第2期オープニングテーマ「ぜったいに 誰も」などで知られ、1999年に活動を終了したロックバンド・ZYYG(ジーグ)が、20年ぶりに再結成することを発表した。
    7月14日に東京・下北沢ReGでワンマンライブを行う。

     ZYYGは1993年にシングル「君が欲しくてたまらない」でデビュー。サントリービール『ダイナミック』のCMで起用され、当時70万枚という売り上げで華々しいデビューを飾った。
    『スラムダンク』オープニング曲に起用された「ぜったいに 誰も」もオリコントップ3入りというスマッシュヒットを記録。
    1999年に活動を終了するまで、アルバム3枚、シングル10枚をリリースした。

     その後ボーカルの高山輝征とベースの加藤直樹は完全に音楽業界から身を引き、ドラムの藤本健一はSound HorizonやGERARDなどのプロジェクトに参加、
    ギターの後藤康二はAKB48、乃木坂46やBAND-MAIDなどの作曲・編曲を手がけるなど音楽活動を続けきた。
    このたび、ギター後藤の強い呼びかけにより、オリジナルメンバーが集まり、活動再開に至った。

     再始動を呼びかけた後藤は「何処かでずっと胸の奥に棘のようにチクリ刺さっていた『ROCKへの衝動』それはまぎれも無く『ZYYG』そのものでした」とし、
    「自身のささやかな音楽キャリアの大いなる総括として『ZYYG』ともう一度向き合い、決着を付けなければ」と心境。
    「そして今は、またこれからZYYGとしてこの4人で時間を重ねられる喜びと高揚感に溢れています」と意気込んでいる。


    20年ぶりの再結成を発表したZYYG
    https://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20190401/2132730_201904010160529001554114693c.jpg 
    2132730_201904010160529001554114693c

    https://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20190401/2132730_201904010160620001554114693c.jpg 
    2132730_201904010160620001554114693c


    https://www.oricon.co.jp/news/2132730/full/

    【『ZYYG』が20年ぶり再結成、7月ワンマン開催へ。】の続きを読む

    images


    1: シャチ ★ 2019/02/16(土) 22:23:36.03 ID:/1i28IZi9
     1969年のデビュー以来、現在までコンスタントに作品を発表し、心地よいボーカルとハーモニーで多くのファンを魅了し続けているブレッド&バター。2015年12月4日の渋谷区文化総合センター大和田さくらホールでのコンサートを最後に、活動を休止していたが、2月15日、公式HPにて活動再開を発表。50周年を迎え、ますます磨きのかかった美しいハーモニーを再び聴くことができるとあって、早くも話題を集めている。

     ブレッド&バターは、岩沢幸矢(いわさわ さつや)と岩沢ニ弓(いわさわ ふゆみ)による兄弟デュオ。ライブハウスからホールまでライブ活動も精力的に行い、バンドでの演奏はもとより、ギター1本でのアコースティックライブでも高い評価を得ており、スティービー・ワンダーをはじめ、細野晴臣、井上陽水、松任谷由実など国内外のミュージシャンとの交流も幅広く、日本の音楽シーンの基礎を築いてきた。2015年の活動休止後も、それぞれソロ活動を行ってきたが、満を持して2人での活動が再開される。

    代表曲は「あの頃のまま」「ホテルパシフィック」「湘南ガール」「ピンクシャドウ」「マリエ」「野生の馬」など。昨年あたりから国内だけでなく、海外からも高い評価を得ている日本のシティ・ポップシーンにおいても先駆者的存在ともいえ、音楽シーンにおける輝きはまったく色褪せることはない。今回の活動再開を機に、現在のシティ・ポップシーンの盛り上がりとともに、若年層の音楽ファンから改めて支持を集めていく可能性もありそうだ。

     公式HPでの発表によると、ライブは5月頃を予定(詳細は後日発表)とのこと。再び走り始めた2人がどのような公演を見せてくるのか今後の活動が大いに注目される。

    2/16(土) 6:00配信 コンフィデンス
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190216-00000315-oriconbiz-ent
    画像
    公式HPにて活動再開を発表したブレッド&バター
    https://amd.c.yimg.jp/im_siggWc33lQ5XPvkvhZya6sMUhg---x722-y900-q90-exp3h-pril/amd/20190216-00000315-oriconbiz-000-1-view.jpg 
    20190216-00000315-oriconbiz-000-1-view

    【『ブレッド&バター』活動再開。50周年を迎え再スタート。】の続きを読む

    ダウンロード (3)


    1: 湛然 ★ 2019/01/31(木) 04:43:53.88 ID:Yq715zxn9
    オカモトズが名曲「ホネホネ・ロック」をカバー
    [2019年1月31日0時0分]

    ロックバンドのオカモトズが、フジテレビ系「ひらけ!ポンキッキ」(73~93年)から生まれた名曲「ホネホネ・ロック」をカバーすることが、分かった。3日放送のBSフジ「ガチャムク」(日曜午前8時30分)で初披露される。「ホネホネ・ロック」は歌手子門真人(75)が歌って、76年にリリースされた。

    演出を担当する鈴木一休氏は「オカモトズは、今注目されているロックバンドの1つという事はもちろん、若い世代のロックバンドに古い曲をアレンジしてもらったらどんな音楽になるのか、という期待のもと今回オファーを致しました。『ひらけ!ポンキッキ』より誕生した名曲の中で、「ホネホネ・ロック」を選んだのは、オカモトズのメンバーが幼少の頃、聞いてていたことが最大の理由。初めて聞く世代にも、当時楽しんでいただいた方にも、きっと満足がいくオカモトズ版ホネホネ・ロックになっていると思います」と話している。


    オカモトズのレコーディング中に応援に駆け付けたムック(左から3人目)。左からボーカルのオカモトショウ、ドラムのオカモトレイジ、1人おいてギターのオカモトコウキ、ベースのハマ・オカモト(C)BSフジ
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/img/201901300000710-w500_0.jpg
    201901300000710-w500_0

    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201901300000710.html

    【OKAMOTO'Sが名曲「ホネホネ・ロック」をカバー。】の続きを読む

    このページのトップヘ