メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    カテゴリ: 映画・ドラマ・アニメーション

    ダウンロード (1)


    1: 名無しさん@涙目です。(pc?)@無断転載は禁止 ©2ch.net(5級) [US] 2017/09/04(月) 22:02:55.58 ● BE:829826275-PLT(13931) ポイント特典

    【最近の新人声優、デビュー前から脱がされる声優業界ヤバイ。】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: みつを ★@無断転載は禁止 2017/09/15(金) 23:44:09.94 ID:CAP_USER9
    https://www.cnn.co.jp/m/showbiz/35107325.html

    (CNN) 米俳優ハリソン・フォードさんが、シリーズ映画「スター・ウォーズ」で共演した女優の故キャリー・フィッシャーさんとの関係について、このほどファッション誌GQのインタビューで初めて言及した。

    フィッシャーさんは2016年に出版した回顧録「プリンセス・ダイアリスト」の中で、1977年のスター・ウォーズ第1作の撮影中、フォードさんと恋愛関係にあったことを告白していた。

    フィッシャーさんは同書が出版されて間もなく、昨年12月に死去した。

    スター・ウォーズ第1作でレイア姫を演じた当時のフィッシャーさんは19歳。33歳だったフォードさんには妻と2人の子どもがいた。

    GQのインタビューの中で、フィッシャーさんの回顧録が出版された時の感想を尋ねられたフォードさんは、「変な感じだった。僕にとっては」とコメント。事前にフィッシャーさんからの告白のことを聞かされていたのかという質問には、「まあ、ある程度は」と歯切れが悪かった。回顧録はまだ読んでいないという。

    「キャリーが不意に逝ってしまった今、この話題について語りたいとは思わない」。フォードさんはそう話すにとどめ、それ以上深くは踏み込まなかった。

    フィッシャーさんは生前、米誌ピープルのインタビューの中で、フォードさんとの関係について「熱烈だった」と振り返り、「平日はハンとレイア、週末はキャリーとハリソンだった」と打ち明けていた。

    2017.09.15 Fri posted at 10:54 JST

    1977年のスター・ウォーズ第1作でレイア姫を演じたキャリー・フィッシャーさん
    1977年のスター・ウォーズ第1作でレイア姫を演じたキャリー・フィッシャーさん

    【ハリソン・フォードが故フィッシャーさんの告白に言及。沈黙破る。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/09/04(月) 18:33:59.65 ID:CAP_USER9
     アンジェリーナ・ジョリー(42)が、ブラッド・ピットと破局後の生活について赤裸々に語った。

     12年間のパートナーシップと2年間の結婚生活の末、昨年9月にピットとの離婚を申請したジョリーは英サンデー・テレグラフ紙のインタビューで、離婚により精神的に大きなダメージを受けたと告白。

     「時々、私はすべてうまくやっているように見えるかもしれませんが、毎日、ただ乗り越えようとしているだけ。独身生活を楽しんではいない。自分でそれを望んだわけではないし、いいことなど何もない。ただ困難なだけです」と語った。

     ジョリーは2013年、ガン予防のために両乳房の切除手術を行い、2015年および昨年には卵巣摘出手術も行っている。更年期障害に加え、顔面神経まひを患うなど、健康問題が重くのしかかっているという。

     「本当に困難な1年でした。健康の問題も抱えているので、自分で管理する必要がある。身体が打撃を受けたように感じることもあるけれど、出来るだけ笑い飛ばそうとしています。抗がん剤治療を受けていても、愛し、笑う力を見つける必要があります」と明かした。

     ジョリーは2日、テルライド映画祭で開かれた最新監督作品「First They Killed My Father (原題)」のプレミアに、6人の子供たちを同伴して出席し、注目を集めた。カンボジアの人権活動家ルオン・ウン氏の回顧録を基にした同作品は、同映画祭で高い評価を受けており、ネットフリックスで15日に初公開となる。(ニューヨーク=鹿目直子)

    9/4(月) 8:16配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170904-01882541-nksports-ent

    写真
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20170904-01882541-nksports-000-5-view.jpg 
    20170904-01882541-nksports-000-5-view

    【アンジェリーナ・ジョリー「いいこと何もない。」 ブラッド・ピットと破局後語る。 】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 孤高の旅人 ★ 転載ダメ©2ch.net 2017/08/20(日) 05:58:26.00 ID:CAP_USER9
    『プレデター』人気キャラ俳優、死去 76歳
    2017年8月19日 12時42分
    https://www.cinematoday.jp/news/N0093790

     『プレデター』シリーズの第1作『シュワルツェネッガー/プレデター』に、ビリー役で出演していた俳優のソニー・ランダムさんが、現地時間17日にうっ血性心不全のため、米ケンタッキー州の病院で亡くなっていたことが明らかになった。76歳だった。TMZ.comほか複数の米メディアが報じている。

     ソニーさんが『シュワルツェネッガー/プレデター』で演じたビリーは、アーノルド・シュワルツェネッガーふんする主人公ダッチが率いる特殊コマンド部隊の一人。いち早くプレデターの存在を感知し、ナイフを手に戦う姿が印象的で映画ファンからも人気があったキャラクターだった。
     ソニーさんは、同作のほかにも映画『48時間』や『ロックアップ』などにも出演。また政界進出も志し、2000年代にはケンタッキー州知事選挙などに出馬していたがいずれも落選していた。(編集部・井本早紀)

    【映画プレデターで、ナイフ一本で異星人に立ち向かった兵士役の俳優が亡くなったそうな。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 名無し募集中。。。@無断転載は禁止 2017/08/14(月) 12:54:47.07 0
    1979年の放送開始からファンに長く愛されている「機動戦士ガンダム」の第1作(通称ファーストガンダム)がリメークされる可能性が高まっていることが13日、明らかになった。
    同作のアニメーションディレクターとキャラクターデザインを担当し、現在、前日譚(たん)「機動戦士ガンダムTHE ORIGIN」で
    総監督を務める安彦良和(やすひこ・よしかず)氏(69)がデイリースポーツに、「やらないとうそだと思います」と意欲を明かした。40周年という節目に向け、大プロジェクトが動き始めた。

    アムロが、シャアが、そして白いモビルスーツが帰ってくる!アニメ界に大きな影響を与えた「ファーストガンダム」の復活が現実的になった。

    安彦氏は、ファーストガンダムで描かれた一年戦争とその前日譚を、コミック「機動戦士ガンダムTHE ORIGIN」として発表。15年から始まった同作のアニメ版では総監督を務めている。
    9月2~29日には第5話の「激突 ルウム会戦」がイベント上映され、18年には最終話の第6話「誕生 赤い彗星」が上映されるなど、ガンダムの人気はいまだ衰えていない。

    前日譚が終われば“続き”が注目される。安彦氏はデイリースポーツの取材に「本編(一年戦争)はやらないとうそだと思います。ただ、長さがはんぱないんですけどね」と語った。
    同席していた関係者も「現場も同じ気持ちです」とコメント。2019年に40周年を迎える「ガンダム」が最新技術で復活することになりそうだ。

    安彦氏はスケジュールや予算の問題で完成度が低くならざるを得なかったファーストガンダムに心残りがあったという。
    「最初の作品が1番だと自分では思ってる。でも、若い人に見せようと思ってもとても見せられない」と歯がゆい思いをしていた。

    しかし、アニメ版「THE ORIGIN」に携わり、製作技術の進化を実感。CGで表現されたメカにも違和感は無かったという。
    79年当時とは比べものにならない最先端技術の表現力に、人物、メカの表現ともに十分な手応えを感じたことで、リメークに意欲がわいたという安彦氏。
    「あの出来のものが40年愛されたんだから、今、このクオリティーなら今後50年持たすことができますよ」と自信たっぷりだった。
    https://www.daily.co.jp/gossip/2017/08/14/0010461237.shtml

    【機動戦士ガンダム(通称ファーストガンダム)が節目の40周年大プロジェクトで復活へ。リメークされる可能性大な事を安彦良和氏が明かす。】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: muffin ★@無断転載は禁止 2017/07/31(月) 11:40:54.63 ID:CAP_USER9
    http://news.livedoor.com/article/detail/13409047/
    2017年7月31日 9時12分 トピックニュース

    29日深夜放送のラジオ番組「サンドウィッチマンの週刊ラジオジャンプ」(TBSラジオ)で、アメフト漫画「アイシールド21」が、米国内で18禁になっている理由が明かされた。

    番組では、同作の作者である稲垣理一郎氏を招いて制作の裏側を語った。
    稲垣氏は作風のリアリティーを求めて、日本以外にもアメリカンフットボールの本場・米国にも取材で訪れたそうだ。

    伊達みきおが、米国内における出版状況を尋ねると、稲垣氏は「一応、出してるんですけど。18禁レーベルになってたような気が…」と告白する。

    稲垣氏は年齢制限がかかった理由として「(作中の)高校生が銃を乱射するんで。アメリカだとちょっとヤバイんですよ」「日本だとギャグなんですけど」と語った。

    両国の認識の違いに、相方の富澤たけしが「文化の違いで、こんなことになるんですね」というと、伊達も「銃社会だからね、向こうは。ダメなんだ」と驚きを隠せないようだった。

    【漫画「アイシールド21」作者、アメリカで”18禁”になっている理由を語る。「日本だとギャグなんですけど。」】の続きを読む

    ダウンロード (2)


    1: 名無し募集中。。。@無断転載は禁止 2017/08/05(土) 11:18:48.50 0
    最新デイリーランキング
    [順位] [販売数] [映画作品タイトル名]
     *1 *16731 劇場版 仮面ライダーエグゼイ…
     *2 **9236 怪盗グルーのミニオン大脱走
     *3 **8372 トランスフォーマー/最後の騎…
     *4 **3952 劇場版ポケットモンスター キ…
     *5 **3852 ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤ…
     *6 **2550 ザ・マミー/呪われた砂漠の王女
     *7 **2305 カーズ/クロスロード
     *8 **2193 君の膵臓をたべたい
     *9 **2027 パイレーツ・オブ・カリビアン…
     10 **1643 銀魂
    [2017/08/05 10:16 更新]

    【ジョジョ案の定コケた模様。三池崇史何連敗だよ!!依頼する方もする方だろ!】の続きを読む

    images


    1: 名無しさん@涙目です。(東日本)@無断転載は禁止 [IS] 2017/07/06(木) 18:32:53.47 ID:QWaSPq7B0 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典
    ■5位:天空の城ラピュタ(89票)
    放映回数は15回。もはや作品の内容よりも、地上波放送されるたび、作中に登場する「バルス!」という呪文をほぼ同時にTwitterや2ちゃんねるに投稿し、
    サーバが持ち堪えるのか…などが話題になる人気作。

    ■4位:風の谷のナウシカ(104票)
    ジブリの普及の名作として名高い『風の谷のナウシカ』。宮崎駿監督の出世作ということもあってか、テレビ放映回数は最多の17回。
    その放送回数が裏目に出たのかも…。

    ■3位:ルパン三世 カリオストロの城(105票)
    宮崎駿の映画初監督作品で、放映15回を数える『カリオストロの城』がTOP3にランク入り。このランキングではもっとも古い作品となるため、
    飽きてしまう人も多かったのかもしれない。

    ■2位:火垂るの墓(108票)
    戦争体験を題材にした作品ということもあり、娯楽作品として見るには少しばかりテーマが重い。放映は12回だが、飽きたというよりは、
    何度も見られないという意味合いが強いのかも…。

    ■1位:となりのトトロ(155票)
    1位に選ばれたのは、放映回数15回の『となりのトトロ』。のんびりとした田舎の風景に加え、トトロや猫バスなどの愛らしいキャラクターが根強い人気の作品。
    しかし、子供の頃にDVDなどでも繰り返し観た世代や、その親も多くいるのだろうか、2位と50票近い差が開いた。

    なお、その他の作品の順位は以下の通りだ。

    ・6位:千と千尋の神隠し(85票)
    ・7位:魔女の宅急便(70票)
    ・8位:もののけ姫(61票)
    ・9位:紅の豚(41票)
    ・10位:耳をすませば(38票)
    ・11位:平成狸合戦ぽんぽこ(37票)
    ・12位:おもひでぽろぽろ(36票)
    ・13位:猫の恩返し(29票)
    ・14位:ハウルの動く城(28票)

    http://dailynewsonline.jp/intro/1331544/
    http://image.dailynewsonline.jp/media/3/6/36a4a77d1aa123e8a675fddd8d1b15414af13bab_w=845_h=329_t=r_hs=ba53191bf040f3457f838a438e3ae7f1.png 
    36a4a77d1aa123e8a675fddd8d1b15414af13bab


    【「もう見飽きた」と思う宮崎駿監督&ジブリ映画ランキング。】の続きを読む

    images (1)


    1: サーバル ★@無断転載は禁止 2017/07/23(日) 15:53:51.44 ID:CAP_USER9
    2017/7/21(金)18:22

    バズプラス Buzz Plus
    人気漫画「GANTZ」の作者であり、高評価を得た映画「GANTZ:O」の原作者でもある奥浩哉先生のTwitterコメントが、インターネット上で大きな注目を集めている。

    ・酷評ともいえる書き込み
    週刊少年ジャンプの漫画作品を原作とする実写映画「銀魂」を奥浩哉先生が鑑賞し、その感想をTwitterに書いたのだが、その内容が酷評ともいえるものだったからである。以下は、奥浩哉先生のコメントの引用である。

    ・奥浩哉先生のコメント
    「映画 銀魂、原作未読ですが観て来ました。大変大盛況で、場内ドッカンうけてました。自分的には福田監督作品だから観たのですが、苦痛過ぎる2時間強でした。世間とのズレを感じました」

    映画 銀魂、原作未読ですが観て来ました。大変大盛況で、場内ドッカンうけてました。自分的には福田監督作品だから観たのですが、苦痛過ぎる2時間強でした。世間とのズレを感じました。

    ― 奥 浩哉 (@hiroya_oku) 2017年7月17日

    ・さすが物語を紡ぐ作家
    酷評ともとれる書き込みでありながら、奥浩哉先生を責める怒りの声は限りなく少ない。それは、奥浩哉先生が誠実に「原作を未読であること」と「世間とのズレを感じたということ」を書いており、単なる批判ではなく、あくまで「原作未読の自分が観た感想」として書いているからである。ファンや原作者を責めたり、悲しませる書き方をしていないのだ。さすが物語を紡ぐ作家である。

    ・かなり苦痛だったようだ
    この件に関して、映画評論家として有名な桃色のガンダルフ先生に話を聞いたところ「映画作品の感想として苦痛という言葉を使った時点で酷評しているといえるでしょう。お金を払って苦痛を買ったということになりますから、よほど酷かったのでしょう」と語っていた。

    http://buzz-plus.com/article/2017/07/21/gintama-gantz-movie/
    【人気漫画GANTZ作者・奥浩哉先生が映画銀魂を酷評。「苦痛過ぎる2時間強でした。」】の続きを読む

    images


    1: ◆Penguin/Js @( ´ヮ`)<わはーφ ★ 投稿日:2011/10/19(水) 19:08:23.21
     メタリカのラーズ・ウルリッヒが、クエンティン・タランティーノからのオファーを
    断っていたことを明かした。
     ラーズは米「Newsweek」誌にて、タランティーノから映画「キル・ビル」への
    楽曲提供を打診されていた件について言及。タランティーノからディナーの誘いを
    受けたラーズは、その席でメタリカの“Enter Sandman”と“Sad But True”を使った
    2つの格闘シーンの内容がどういうものになるか事細かに説明されたという。
     当初は乗り気だったラーズだが、その後届けられた180ページにおよぶ脚本を
    読み進めるうちに、自分の理解を超えた言葉やアジアの格闘技が描かれた
    ストーリーに困惑するようになったとのこと。
    最終的にタランティーノに連絡を入れず、
    オファーを断る形になったそうだ。
    この判断について、彼は次のように述べている。
     「俺がクリエイティヴな分野でやらかした最大の間違いだろうね。もちろん
    「キル・ビル」は素晴らしい映画に仕上がった。それ以降の彼の映画と同様にね。
    それらの映画は、2000年代の俺の人生において重要な位置を占めているんだ」。

    ソース:OOPS!
    http://oops-music.com/news.php?nid=69880
    メタリカ公式サイト
    http://www.metallica.com/

    【メタリカのラーズ・ウルリッヒ、映画「キル・ビル」への楽曲提供を断ったことを後悔。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 名無し募集中。。。@無断転載は禁止 2017/07/14(金) 19:43:59.53 0
    最新デイリーランキング(約20分毎更新)
    [順位] [販売数] [映画作品タイトル名]
     *1 *60819 銀魂
    (19時中間集計):20170714(金)


    金曜公開の当時のシンゴジラ↓


    デイリー上映25分前販売数(含AEON)合計ランキング(19時中間集計):20160729(金)
    順位 販売数 座席数 回数 館数 先週比 映画(作品名)
    *1 57038 385568 1371 229 ****** シン・ゴジラ

    【元Rev. from DVL 橋本環奈ヒロインの「銀魂」が初日出だしの比較でシンゴジラを超えるという異常事態に。 】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 名無し募集中。。。@無断転載は禁止 2017/06/17(土) 05:43:22.27 0
    当時問題にならなかったの?

    【「毎度おさわがせします」ってドラマ、中学生アイドルを凄い格好させて出演させてたけど・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ