メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    音楽関係を中心にしたエンタメ関連のまとめブログ

    カテゴリ: 映画・ドラマ・漫画・アニメーション

    images (2)


    1: 朝一から閉店までφ ★ 2019/11/08(金) 12:06:20.38 ID:45a35g8t9
    2019年11月08日 マンガ テレビ
    バラエティー番組「しくじり先生 俺みたいになるな!!」に出演する「麒麟」の川島明さん=テレビ朝日提供
    https://storage.mantan-web.jp/images/2019/11/07/20191107dog00m200056000c/001_size6.jpg


     人気バラエティー番組「しくじり先生 俺みたいになるな!!」(テレビ朝日系、月曜深夜0時15分)の11月11日放送回で、連載40周年の人気格闘マンガ「キン肉マン」を題材にした授業が放送される。この日の放送では、大のマンガ好きというお笑いコンビ「麒麟」の川島明さんが教師として登壇。川島さんは「キン肉マン」を「日本マンガ史上最高のしくじり作品」と位置付け、作品から人生に役立つ教訓を学ぶ授業を繰り広げる。

     川島さんは、「キン肉マン」の代表的なしくじりとして、「描き間違いが異常に多い」「キャラクターのデザインを平気で変える」「設定が破綻している」の三つを挙げ、それぞれ解説。また、同作では読者から募集した超人キャラを多数採用しており、人気芸人たちが考案したものも登場しているという。放送では、お笑いコンビ「平成ノブシコブシ」の吉村崇さんら生徒たちが超人のアイデアを披露する場面も。最後に、川島さんが独自の視点で作品の根底に潜む作者の思いを分析する。

     同日深夜0時45分からのAbemaビデオでは、川島さんの授業の完全版を配信。また、オリジナル企画「お笑い研究部」で、声優の野沢雅子さんのものまねでおなじみのお笑いコンビ「アイデンティティ」が出演する「平場でのキャラの活かし方を考える!!」を配信する。

     「キン肉マン」は、ゆでたまごの人気格闘マンガ。キン肉星のダメ王子、キン肉マンが正義超人たちと共に悪の超人と戦う姿が描かれた。1983年にはテレビアニメ化され人気を集め、超人の消しゴム「キン消し」が大ブームを巻き起こした。

     1979~87年にマンガ誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載。1997年の読み切り掲載を経て、1998年から「週刊プレイボーイ」(集英社)でキン肉マンの息子が活躍する続編「キン肉マン2世」を連載。2011年からウェブサイト「週プレNEWS」で「キン肉マン」が再スタートした。今年6月17日発売の「週刊少年ジャンプ」29号に新作読み切り「さよなら、キン肉マン!!の巻」が掲載されたことも話題となった。

    https://mantan-web.jp/article/20191107dog00m200056000c.html

    【【しくじり先生 】キン肉マンは“しくじり”だらけ? 麒麟・川島が人生の教訓を伝授。】の続きを読む

    images (1)


    1: フォーエバー ★ 2019/11/05(火) 21:59:17.43 ID:ceenB5dd9
    昭和の歌謡界を牽(けん)引(いん)した作詞家、故阿久悠さん(享年70)と音楽プロデューサー、酒井政利さん(83)の物語が映画化されることが5日、分かった。映画の総合プロデューサーを務める男性グループ、BOYS AND MENの生みの親、フォーチュンエンターテイメントの谷口誠治社長(60)が同日、東京都内で行われたイベントで明かした。

     映画タイトルは「アイドル創世記」。山口百恵さん、郷ひろみ(64)、ピンク・レディーら数々のアイドルを生み出した日本歌謡界の黄金時代、1970年代を舞台に、楽曲づくりや賞取りレースなどで宿命のライバルとなった阿久さんと酒井さんの知られざる実話やヒット曲の裏話などを描く。70年代の数々のヒット曲が映画を彩るのも注目で、既存楽曲を使って創作されるジュークボックスミュージカル映画と銘打つ。

     NHKドラマ「洞窟おじさん」などを手掛けた脚本家、児島秀樹さんが5年前から温めていた企画で酒井さんに直談判して実現にこぎつけた。

     この日、谷口社長は「(阿久さん、酒井さん2人の)ライバルのたたかいを、昭和の歌謡界を映画化したい」とあいさつ。続けて、同イベントに出席した児島さんは「1人のアイドルに、おふたりが運命的に関わっていたり、おふたりの話を縦軸に、おふたりが作られた、それぞれのアイドルの曲の裏話など皆さんが知らないエピソードが盛りだくさんです」とコメントした。今回児島さんは原作、脚本を担当する。

     主演2人や当時のアイドル役、監督はこれから選定に入る。来年秋に撮影し、2021年に公開予定。

    11/5(火) 20:09配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191105-00000553-sanspo-ent
    https://i.imgur.com/RKeFJF7.jpg 
    RKeFJF7

    【【アイドル創世記】阿久悠さんと酒井政利さんの物語が映画化。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: すらいむ ★ 2019/10/24(木) 23:01:51.55 ID:Dn1963uH9
    池袋アルタで「死ねブス」暴言、座り込み... 人気音楽ユニット「すとぷり」グッズ販売で大混乱

     商業施設・池袋サンシャインシティアルタ(東京都豊島区)が、動画配信者6人による音楽ユニット「すとろべりーぷりんす」の限定グッズ販売で大混乱に見舞われ、同施設は公式サイトで2019年10月23日、「ご不便ご迷惑をおかけし、大変申し訳ございませんでした」と謝罪した。

     販売初日の22日は数千人規模のファンが来店。施設内の通路に立ち止まったり座り込んだりし、一般客の通行にも影響が出たという報告がツイッター上であがった。
     通常の買い物で現場を通りがかったある客は取材に対し、「迷惑でした」として当時の状況を明かした。

    ■「地べたに座ったりグッズ並べたりしてて...」
     動画配信サイトを中心に活動する「すとろべりーぷりんす」(以下、すとぷり)は、16年の結成以来人気を集め続けている。
     YouTubeチャンネルの登録数は56万人、総視聴回数は1億5400万回にのぼる。
     19年7月にはファーストフルアルバムを発売し、オリコン初週10万枚を売り上げて週間アルバムランキング1位を獲得。
     7~8月は6都市9公演の全国ツアーも敢行した。

     池袋サンシャインシティアルタ(以下、池袋アルタ)は、サンシャインシティの「ワールドインポートマートビル」1階と地下1階に入っている。
     そのうち1階に構えるファンショップ「すとぷりるーむ!」では10月22日、サンリオとコラボレーションした限定ラバーキーホルダー6種が発売。
     多くのファンが詰めかけ、買い求めた。事はここで起きた。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)

    J-CASTニュース 2019年10月24日 20時36分
    https://news.livedoor.com/article/detail/17281002/

    【池袋アルタで「死ねブス」暴言、座り込み。 人気音楽ユニット『すとぷり』グッズ販売で大混乱。】の続きを読む

    images


    1: フォーエバー ★ 2019/10/11(金) 18:47:10.22 ID:NquKXVyv9
    ラグビーW杯に、いま日本中が沸いている。時をさかのぼり1984年、同じくラグビーが大きな話題を呼んだ。荒廃した高校のラグビー部が日本一になる、実話をもとにしたドラマ『スクール☆ウォーズ』がお茶の間の人気をさらったのだ。

     同作で、“高校イチのワル” から熱血ラグビー部員になった少年を演じていたのが、俳優の松村雄基(55)だ。

    「台本に『歌いながら殴る』と書いてあって、カルチャーショックを受けました。現場入りすると、『みんなマジなんだ』というのがひしひしと伝わってきて、これが大映ドラマか、と」

     当時は、全国的に不良ブームで、テレビ制作会社「大映テレビ」が作る青春ドラマが、ツッパリ文化の隆盛にひと役買っていた。

     松村は1984年、21歳のときに『少女が大人になる時 その細き道』(TBS系)で大映作品に初出演を果たして以来、『不良少女と呼ばれて』『スクール☆ウォーズ』など、同社のドラマには欠かせない存在になった。とくに松村が演じてきた不良少年役は、「カッコいい不良」の代名詞になり、絶大な人気を集めた。

    「初めて不良役を演じた『不良少女~』のとき、放送翌日には、電車のなかで僕のセリフのマネが聞こえて来るんですよ。セリフの言い方も独特で、名前を呼ぶんです、『〇〇、オマエが好きだぜー!』って(笑)。

     対面して僕を見ながら、『笙子~!(いとうまい子が演じたヒロイン役)』とマネを披露してくれる人もいました。セリフから覚えてもらえることは、嬉しかったですね」

    『不良少女~』で松村が演じた西村朝男は、オールバックに、白いダボダボのスーツ、黒のサテンのシャツという、ほぼワンパターンに統一されたファッション。

    「現場入りすると、その姿でずっといて、オールバックのままご飯を食べに行くわけですよ。だから、飲食店に居合わせたお客さんから、非常に好奇な目で見られていました。

     いま思えば、セリフも衣装も、現代で『2.5次元』の舞台がやっていることを、大映ドラマで劇画チックにやっていたのかなと。『大映ドラマは劇画だ』と言われていましたし。

     僕は『大映トリップ』と呼んでいますが、大映ドラマに触れて、その世界観に飛び込んだ瞬間、日常を忘れて旅をしたような感覚に陥ります。『日常にないものを見るのがドラマの醍醐味だ』と思ってやっていましたが、10年超のあいだで10作以上に出演していると、だんだんその世界が普通になって、無いと生きていけなくなっていました(笑)」

     大映イズムが色濃くあらわれた松村のツッパリ役は、世間のリアル不良少年たちからも尊敬を集めていた。

    「20歳を超えたぐらいのころです。ある日、高速を車で走っていたら、渋滞につかまりまして。止まって動かない状態から、ようやくノロノロ動き出したんですけど、僕のまわりが、みんな暴走族車だったんですよ。よく見渡してみると、料金所に10列ぐらいで並んでいる車も、全部そう。

     そのなかの1台に見つかって、『おい、松村だぜ!』って。それで、トロトロ走る僕の車に、10代後半の不良少年たちが次々にハコ乗りして近づいてきて、『握手してくれよ!』って手を出してくるんです。しょうがないから、運転しながら握手しましたね」

     その渋滞は、警察が暴走族車の「シャコタン(車高を落とす違法改造)」に検問を敷いたためにできたものだった。

    「不良少年たちの車と一緒に料金所を出ると、彼らはみんな、『はい、こっち寄って』と警官のほうに吸収されていくわけです。僕はふつうの車なので、別の道を行くんですが、道が分かれた彼らから、『松村さーん!』と大声で呼ばれまして。よく聞いてみると、『立派な不良になりまーす!!』って言ってるんですよ。

     もちろん改造車は良くないんですが、ドラマの僕を見てシンパシーを感じてくれたところに純粋さが見えまして、『かわいいな~』と思いましたね。僕はそのとき、彼らより少し年上でしたし」

     求められて握手をすると、「やった! ケンカ強くなった!!」と喜ばれることも。そうした少年たちを、温かい目で見ていた松村だが、困った状況になることも……。

    「ニコニコしながら『ケンカしてください』と言われたこともありました。どう対応したらいいかわからなくて、『いやいや、できないよ』と答えると、『お願いしますよ、ケンカしてくださいよ』って食い下がられて。

     そういう子たちは、プロレスラーや相撲取りにチャレンジするような感覚で来るんですよ。だから、悪気はない感じでしたね」

    10/11(金) 11:31配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191011-00010003-flash-ent
    https://i.imgur.com/3RaaXZT.jpg 
    3RaaXZT

    【ほんとは優等生だった「松村雄基」が歌いながら殴る不良役に愕然。】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: フォーエバー ★ 2019/10/11(金) 18:27:41.74 ID:NquKXVyv9
    歌手・麻倉未稀が11日、日本テレビ系「スッキリ」に生出演し、ラグビー日本代表のW杯8強進出を祈念してドラマ「スクール・ウォーズ」の主題歌「ヒーロー」を大熱唱した。

     司会の加藤浩次が「なぜ朝からあんなに声が出るんですか」と感激。ネット上では「麻倉未稀」がツイッターのトレンド上位に入り、「声量オバケ」「声量がやっぱり凄い」「朝からスゴイ歌唱力 さすが」「麻倉未稀さんの生歌スゴッ!」とのコメントが相次いだ。

     番組では日本代表の快進撃により、「スクール ウォーズ」のレンタルDVDを紹介。主人公滝沢賢治(山下真司)が、闘志なく惨敗した選手たちに「悔しくないのか!」と怒る名シーンも流れた。「『殴る!』のシーンはカットしやがった(笑)」「ドキドキした」とのツッコミも入っている。

    10/11(金) 10:39配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191011-00000037-dal-ent
    https://i.imgur.com/dH3SRq3.jpg 
    dH3SRq3

    【麻倉未稀、伝説のドラマ「スクール・ウォーズ」主題歌熱唱に衝撃。「殴る!」放送されず。】の続きを読む

    ダウンロード (8)


    1: 朝一から閉店までφ ★ 2019/09/27(金) 22:42:43.65 ID:CAP_USER
    2019年9月25日 14:08

    1981年から1986年まで放送された高橋留美子原作のアニメ「うる星やつら」の初代オープニングテーマ「ラムのラブソング」とエンディングテーマ「宇宙は大ヘンだ!」の配信が、各種音楽配信サイトで本日9月25日にスタートした。

    「ラムのラブソング」「宇宙は大ヘンだ!」は、1981年に松谷祐子のデビューシングルとしてアナログ盤で発売された楽曲。配信ジャケットには発売当時のレコードジャケットと同じビジュアルが使用されている。

    また2曲の配信に伴い、作品のヒロイン・ラム役の声優である平野文による「ラムのバラード」「恋にダンス!ダンス!ダンス!」や、うる星やつらオールスターズの「ア・リ・ガ・ト!」「星のメモリー」、小林泉美の「Dancing Star」「夢はLove me more」といったアニメで使用されたテーマ曲やBGMも配信された。


    https://amp.natalie.mu/music/news/348882

    【『うる星やつら』関連楽曲配信スタート。「ラムのラブソング」などのテーマ曲やBGMも。】の続きを読む

    images


    1: ひかり ★ 2019/09/12(木) 14:08:37.97 ID:p2bL2N/a9
     創作あーちすとで女優・のん(26)が12日、千葉・ホテルニューオータニ幕張で『エヴァンゲリオン バトルフィールズ』製作発表会に登場した。

     新プロジェクト『エヴァンゲリオン バトルフィールズ』はリアルタイムのネットワーク対戦できるゲームであることが明かされ、制作陣らは意気込みなどを語った。

     劇中の組織『ネルフ』を意識したという紅いコーデで登場したのん。今回のオファーへ「すごく嬉しかったですね。とても有名なエヴァンゲリオンのイベントだということで
    呼んで頂けて嬉しかったです」と、ニッコリ。

     『エヴァンゲリオン』は今年に入って原作を観たというのんは、「今回の発表とは別のタイミングで観させて頂いて、大感動しました!アニメ版、劇場版と新劇場版とを
    拝見させて頂いて、なんでこんな大傑作アニメを観ていなかったんだって後悔しました。アクションもすごいし、演出もすごくて驚きがたくさんあって、
    心理描写がすごいからつらくて、シンジくんが悩んでいると胸を締め付けられて」と、没入したのだとか。

     印象的だったというのはTVアニメ版の『第拾九話:男の戰い』を挙げ「使徒を食べてるというシーンが衝撃的でいろんな恐怖があったんです。やっとシンジくんが
    気持ちが前向きになりかけたときに、使徒に飲み込まれるんじゃないかという状況になって、恐怖におののくところがすごいリアルで鳥肌がたちました」と、
    熱弁していた。

     すでに、ゲームに触れてみたというのんは、制作陣が感心するほどの腕前だったのだとか。「自分がエヴァに乗って、アニメと違うキャラクターで戦えるから面白くて、
    これは胸が熱くなりますね」と、感想を寄せていた。

    http://www.edgeline-tokyo.com/entertainment/36606
    http://www.edgeline-tokyo.com/wp-content/uploads/2019/09/20190912kc005.jpg
    20190912kc005

    http://www.edgeline-tokyo.com/wp-content/uploads/2019/09/20190912kc003.jpg
    20190912kc003

    http://www.edgeline-tokyo.com/wp-content/uploads/2019/09/20190912kc004.jpg 
    20190912kc004

    【のん、『エヴァンゲリオン』を初鑑賞。「なんでこんな大傑作アニメを観ていなかったんだって後悔。」 】の続きを読む

    ダウンロード (2)


    1: 牛丼 ★ 2019/08/30(金) 15:08:15.61 ID:fTXMJJtw9
    国産の高級車から降り立つと、車をスタッフに預けて長渕は颯爽とリュックサックを担いで歩き出した
    8月下旬、自らハンドルを握り都内の個人事務所に現れた長渕剛は、62歳という年齢を感じさせない精悍さ。今年デビュー40周年を迎え、意気軒高のようだ。

    「いま長渕さんが力を入れているのが、主演映画『太陽の家』です。長渕さんは人情に厚い大工の棟梁の役。彼が広末涼子演じるシングルマザーのために家を作るというストーリーだとか」(映画ライター)

    長渕が映画に主演するのは、ドラマ『とんぼ』のその後を描いた『英二』以来、実に20年ぶり。4月1日にクランクインし、5月上旬に撮影は終了。あとは公開を待つだけだが、ファンの間では、「本当に観られるのか」という不安が広がっている。肝心の公開日がいつまで経っても『2020年予定』としか公表されていないからだ。

    『FRIDAY』は事務所から出てきた長渕に聞いた。

    ―公開日は決まりましたか?
    「公開日はね、まだ言っちゃいけないの」

    ―ファンが心配しています。
    「そうですよね、まもなくね。近いうちに発表します。ちゃんとしないといけないからね」

    ただ、その言葉を額面通りに受けとっていいのか。映画会社関係者が語る。

    「大手の配給会社とは話がまとまらなかったのでしょう。長渕さんは映画業界でも、トラブルメーカーですからね。20年前の『英二』の際には、シナリオをめぐって、親友だった黒土三男監督と大ゲンカ。’89年の主演映画『ウォータームーン』でも、長渕さんについていけないと、巨匠・工藤栄一監督が途中降板するアクシデントがありました」

    9月7日は長渕の63歳の誕生日。映画を待ち望むファンたちは、その日までに何らかの発表を期待している。

    8月30日発売の『FRIDAY』最新号では、長渕の主演映画の公開日が決まらないより詳しい事情を報じている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190830-00000003-friday-ent

    【『長渕剛』20年ぶりの主演映画の公開日が決まらない。 】の続きを読む

    ダウンロード (5)


    1: muffin ★ 2019/08/18(日) 11:58:05.89 ID:lDZc7yAn9
    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/1514208/
    2019年08月18日

    タレントのマツコ・デラックス(46)が、まさかの大逆風にさらされている。

    そんななか頭を抱えているのがテレビ朝日だ。マツコを主役にした人気漫画「笑ゥせぇるすまん」の実写化プランが危機に陥った――。

    きっかけは「週刊文春」だった。8月8日号で、ジャニーズ事務所を退所した元SMAPの3人(稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾)をテレビ出演させないよう同事務所が各局に圧力をかけた疑いを特集。その中でマツコを取材した。

    一方、N国党とも場外バトルを展開中だ。

    ある芸能プロの幹部は「元SMAP3人に対しては、いつものとがったコメントが裏目に出た格好でしょう。また、N国党は今話題になればなるほど存在感を発揮するので、巻き込まれた格好ですね。いずれにしても、炎上したのは、露出が増えたマツコに視聴者のうっぷんがたまっていたことが背景にあったのではないでしょうか」と指摘する。

     同幹部によると、マツコはこのようなネガティブな情報が拡散することで、CMなど他の仕事に影響が出るのを懸念しているという。

    「その悪夢が現実になるかもしれません…」と耳打ちするのは、ある制作会社の関係者だ。

    「テレビ朝日では漫画家・藤子不二雄(A)氏の『笑ゥせぇるすまん』のアニメ化と実写版ドラマ化の企画が進行中なんです。主役の謎のセールスマン喪黒福造の声優と実写版の主役に、マツコの名前が挙げられていて、現在最有力候補。ブラックユーモアな漫画のイメージが、マツコと合っていますからね」

     同漫画の実写化といえば、1999年に伊東四朗で実現したことがある。このときもテレ朝がドラマ化し大好評だったことから今回もがぜん乗り気。マツコ版で新たな喪黒像を作り出そうとしているという。

    「素のマツコをそのまま出すような大胆な意見も出ています。実現したらかなり視聴率も期待できます」と同関係者。

     おネエの喪黒福造も見てみたい!? もっとも、現在は企画段階。放送枠もスポンサーも未定だというが、そんな中で今回の騒動が勃発したため、テレ朝は頭を抱えているという。

    「今、マツコを起用するのが正解なのかどうか決めかねているようです。炎上後、鎮火しないまま何かをやらかすと、再び炎上する可能性がありますからね。下手するとテレ朝にも飛び火しかねない。難しいところです」(同)

    【マツコ・デラックスが大逆風。テレ朝でプラン進行中の実写版「笑ゥせぇるすまん」お蔵入りか。】の続きを読む

    このページのトップヘ