メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    音楽関係を中心にしたエンタメ関連のまとめブログ

    カテゴリ: アイドル

    ダウンロード (3)


    1: Egg ★ 2018/04/18(水) 18:53:13.60 ID:CAP_USER9
    元でんぱ組.incの最上もが(29)が、左手薬指に指輪をはめた写真をインスタグラムにアップしてファンを動揺させ、その後「29歳の遊び心でした」と謝罪した。

     最上は17日、「きらりん」と左手薬指にキラリと光る指輪をはめた思わせぶりな写真をアップ。ファンから「もしかして結婚したの?」など動揺するコメントが多数寄せられ、18日に「『ちょっと紛らわしい事するのはやめなさい』と言われているみたいです。ごめんなさい」と謝罪した。

     「こんな反応がくるとは思わずびっくりしてしまいました」と反響の大きさに驚き、「ばっちり独身、そして恋人もいません」と“電撃結婚”を完全否定。「撮影で使った指輪が綺麗だったので、いつかこんな日がくるのだろうかとはめてみた29歳の遊び心でした・・・」と釈明し、「なんか、お祝いしてくれたのに申し訳なかったです・・・」と反省した。

     最上は「良さげな相手もいないです・・・ときめき皆無です・・・募集中です・・・笑」とあらためて強調。ファンからは「あせったぜ」「びっくりしました。もうやめてくださいね」と安堵(あんど)するコメントとともに、「複雑な気分です。おめでたいような寂しいような」と最上をおもんばかるコメントも寄せられた。

    4/18(水) 18:37配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180418-00183269-nksports-ent

    写真
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20180418-00183269-nksports-000-2-view.jpg 
    20180418-00183269-nksports-000-2-view

    【最上もが、”薬指に指輪”写真を謝罪。「遊び心」電撃結婚否定。「こんな反応がくるとは思わずびっくりしてしまいました。」】の続きを読む

    ダウンロード


    1: Egg ★ 2018/04/14(土) 18:55:13.31 ID:CAP_USER9
    4月10日放送の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)の“世代対抗トークSP”に若者タレントとして薬丸裕英(52)と石川秀美(51)の娘・薬丸玲美(21)が初出演。
    放送中からネット上で「二世タレントらしさが爆発している」とバッシングが相次いだ。

    まず、番組冒頭でMCの明石家さんま(62)から「やっくんの娘か!」と紹介されたシーンでは、薬丸玲美は挨拶もそこそこに「そんなことより、さんまさんに話したいことあって」
    「すごい親近感あって」と話し始めた。これを受け、明石家さんまは「やっくんと俺は仲良かったからな~」とトークを膨らまそうとしたのだが、
    薬丸礼美は「いや、そういうことじゃなくて」とタメ語で話を中断し、「歯の形や笑い方が似ている」という類似点をあげた。

    薬丸礼美が話を遮った際、明石家さんまは「やっくん、どういう教育してきてるんやろ?」と首をかしげていたが、ネット上でも「さんまの話をタメ口で中断するって失礼すぎる」
    「一瞬でイライラしたこの子」「また馬鹿な二世が出てきたよ」と早速、非難殺到。

    その後、「オジサンオバサンへの苦情」とのテーマでは「家族でカラオケに行く際にママが“横ノリ”でリズムを取る」、「ジェネレーションギャップを感じたこと」とのテーマでは
    「自分はあんまりパパに怒られたことないんですけど」と前置きしつつ、「パパが、お兄ちゃんとか弟が怒られてる時に、わざわざ難しいことわざ入れてくる」というエピソードをそれぞれ披露。…

    トーク自体は、共演者のフォローもあって盛り上がっていたものの、ネット上では「どうせ親のしょーもないエピソードで2~3回くらい呼ばれて終了だろ」
    「何か秀でたものがあるならいいが、何もなくてただ誰々の息子・娘ってのばっかり」「生まれた時からハイレベルの生活しか知らない人」
    「ガツガツしててめっちゃウザい」と親の七光りのみで出演していることに対するバッシングが相次いだ。

    さらに、「ひどいブスすぎてビビった」「顔も喋りもブスとても残念です」「ブサイク、しゃべり気持ち悪い、生理的にキライ、消えて」
    と容姿の中傷も続出。一時の坂口杏里(27)を彷彿させるとんでもない叩かれ方となっている。

    たしかに、薬丸礼美に親の七光りがなければ芸能界デビュー出来ていない可能性はある。
    しかし、二世タレントとして「親のしょーもないエピソード」で番組出演できることこそが彼女の「秀でたもの」なのではないだろうか。

    もし「生まれた時からハイレベルな生活しか知らない」のであれば、世間知らずというネタにもなる。
    テレビタレントが量産している現代において、そろそろ“親の七光りしかないタレント”という枠が出来ても良いのではないだろうか。

    薬丸礼美は、番組終了後「今回の出演が楽しかったので、バラエティーに出て行きたいです。出させていただく番組すべて全力で駆け抜けていきたいと思います!」
    「父に認められるぐらい頑張って、父と共演するのが夢です」と今後の目標を語っている。夢を達成できるよう頑張ってほしい。

    2018年4月14日 14時00分 (2018年4月14日 18時37分 更新)
    https://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20180414/Messy_63660.html

    写真
    https://imgc.eximg.jp/i=https%253A%252F%252Fs.eximg.jp%252Fexnews%252Ffeed%252FMessy%252FMessy_63660_0347_1.jpg,quality=100,type=webp 
    jp%2Fexnews%2Ffeed%2FMessy%2FMessy_63660_0347_1

    【薬丸裕英と石川秀美の娘・薬丸礼美が『キツい』と話題に。「親の七光り&マジでブス」の大バッシングを喰らう。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 47の素敵な(東京都) (ラクラッペ MMa7-ycE0) 2018/04/13(金) 18:18:53.49 ID:3Unkf+2IM
    1週間先行で公開してるのに地下アイドルにボロ負け

    2018/03/26 に公開
    Someday Somewhere「この恋はトランジット」MV(Short ver.)
    視聴回数 418,851 回
    https://www.youtube.com/watch?v=1MTPUc2f5KM



    2018/03/19 に公開
    NGT48 3rdシングル「春はどこから来るのか?」
    視聴回数 360,392 回
    https://www.youtube.com/watch?v=_YybtAuT4YE


    【”NGT48”「春はどこから来るのか?」が、地下アイドル”Someday Somewhere”「この恋はトランジット」にボロ負け。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 湛然 ★ 2018/04/14(土) 05:06:14.06 ID:CAP_USER9
    2018年4月14日(土) 00時40分
    松本人志、荻野目洋子と性格合わず言い合いに

     荻野目洋子が13日放送の『ダウンタウンなう2時間スペシャル』(フジテレビ系)に出演。ダウンタウン・松本人志と言い合いになるひと幕があった。

     昨年「ダンシング・ヒーロー」のリバイバルヒットで再ブレイクした荻野目。だが松本が「荻野目ちゃんはずっと芸能界にいますよね」と言うと、彼女は「それは(松本に)お言葉をお返ししますよ」と苦笑い。

     荻野目は以前、そんな松本から、「ダンシング・ヒーロー」のイントロのダンスをした際、「鼻くそほじくってるよね」と言われたことを明かした。だが松本は「それは良いイメージなんです。荻野目ちゃんと野口五郎は歌うとき鼻くそほじくる」と、モノマネをするコロッケになぞらえてボケると、荻野目は呆れていた。

     夫とは高校時代にすでに知り合い、好きだったという荻野目。たが、当時の事務所の社長に止められて恋心を封印。その後、彼は別の女性と結婚し、荻野目もそれなりに恋をしてきたが、たまたま共通の知り合いを介して再会。その頃彼はすでに離婚していたため、自然と交際に発展し、ゴールインに至ったと話した。

     だが、この話を聞いていた松本が「なんか上手く行き過ぎ。作ってるでしょ?」と話を創作しているのではと追及。荻野目は「作ってない。人のことばっかり」と責めると、松本は「なんか…腹立つなあ」。荻野目はこの言葉にカチンときたのか「は?」と凝視。

     その後も松本と荻野目は何かとお互いの話に突っかかり、噛み合わないまま。

     松本が「僕は結構、亭主関白で…」と言うと、荻野目は「それは結構と言うほどのことじゃなくて、イメージ通りかな」とグサリ。

     さらに荻野目は、松本に「いつから鍛えだしたのか」聞いてみたかったと言いつつ、「ムッキムキの人があんまり好きじゃない」と大笑い。松本は表情を変え「なんじゃコイツ……。再々ブレイクは絶対ないからな!再ブレイク止まりやからな!」と絶叫していた。


    https://www.rbbtoday.com/article/2018/04/14/159778.html

    【松本人志、荻野目洋子と性格が合わず言い合いに。 】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: 名無し募集中。。。 2018/04/12(木) 15:17:36.85 0
    弊社所属アーティスト「Cheeky Parade」についてのご報告

    平素は多大なるご高配を賜り誠に有難うございます。
    弊社所属アーティスト「Cheeky Parade」は、2012年2月19日に結成。2013年1月9日にメジャーデビューしアイドル活動をしてきました。
    この度、2018年7月31日をもって、解散いたしますことをご報告させていただきます。
    併せまして、解散LIVEを7人で実施いたしますこともご報告させていただきます。
    詳細は後日ホームページにて発表してまいります。もう暫くお待ちください。
    グループとしての活動は、この解散ライブをもって終了となります。
    皆様には突然の発表となり、大変申し訳ございません。
    今後は、各メンバーそれぞれの夢への道を歩んでいきますので皆様の変わらぬご支援とご声援をいただけますと幸いです。
    以上、何卒ご理解頂けますようお願い申し上げます。

    最後に、突然の発表となり、多大なるご迷惑をおかけしている全ての関係者の皆様、応援して下さっているファンの皆様に対し、あらためて深くお詫び申し上げます。

    2018年4月12日
    エイベックス・マネジメント株式会社
    http://www.cheekyparade.jp/news/detail.php?id=1060416

    【チキパこと『Cheeky Parade』、7月31日をもって解散を発表。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: muffin ★ 2018/04/10(火) 19:18:06.04 ID:CAP_USER9
    https://natalie.mu/music/news/277432
    2018年4月10日 18:00

    1981年に「まちぶせ」を大ヒットさせた石川ひとみが、実に35年ぶりとなるオリジナルアルバム「わたしの毎日」を6月20日にリリースすることが決定した。

    石川は1978年5月にシングル「右向け右」でデビューしたのち、NHKの番組「レッツゴーヤング」では司会を務め、NHK人形劇「プリンプリン物語」ではヒロインのプリンセス・プリンプリン役で声優としても活躍するなど、幅広い活動で人気を集めた。1981年には「まちぶせ」で「NHK紅白歌合戦」への出場も果たしたが、1987年にB型肝炎のため一時期活動を休止。療養を経てのちに活動を再開し、2004年からはBEGINの開発した楽器・一五一会をフィーチャーした企画アルバムをシリーズで発表している。

    デビュー40周年を祝して制作されたニューアルバム「わたしの毎日」には、オリジナルの新曲8曲にカバー2曲を収録。さらに「まちぶせ」のオリジナルマスターに現在の石川の声を重ね、時代を超えたデュエットを実現させた「まちぶせ」2018年バージョンも収められる。新曲にはデビュー曲「右向け右」の作詞をした三浦徳子をはじめ、山田ひろし、鈴木祥子、バーゲンズの田島由紀子と三宅修一、BLACK BOTTOM BRASS BANDのIGGY、BEGINの上地等、そして本作のプロデューサーであり公私共に石川のパートナーである山田直毅ら多彩な作家陣が参加。バラエティに富んだ楽曲が楽しめる1枚となりそうだ。

    石川は本作のリリースのほか、今年はこれまで以上に積極的な活動を行う予定で、テレビやラジオなど多くのメディアに精力的に出演していくとのこと。また7月と10月にはデビュー40周年記念コンサートの開催も決定した。

    ■石川ひとみ コメント
    久しぶりのオリジナル・アルバム「わたしの毎日」。
    一曲一曲レコーディングするたびに、歌える喜びとアルバム制作ができる嬉しさで胸がいっぱいです。
    このアルバムを携え、この先も定例ライブに加え、アルバム発売コンサートや40周年記念コンサートがあります。
    今まで以上に歌を大切に、そして前を向いて思いっきり歌っていきたいと思っています。
    みなさまに楽しんでいただけるようこれからも頑張ります。
    どうぞよろしくお願いいたします。

    ■石川ひとみ デビュー40周年記念アルバム「わたしの毎日」発売記念ライブ
    2018年7月26日(木)東京都 TIAT SKY HALL

    https://cdnx.natalie.mu/media/news/music/2018/0410/ishikawahitomi_art201804_fixw_640_hq.jpg 
    ishikawahitomi_art201804_fixw_640_hq

    【石川ひとみ、35年ぶりアルバムリリース。1981年の自分とデュエットした「まちぶせ」も。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 名無し募集中。。。 2018/03/31(土) 10:47:52.47 0
    加賀 中2になってからです。他のクラスの人たちが、いつも早く帰る
    私のことを不審に思って調べたらしいんですよ。バレたら、おもいっきり
    バカにされましたね(笑)。
    研修生うんぬんよりも、モーニング娘。の
    オーディションに落ちたことのほうが面白かったみたいで、「モー娘。 モー娘。」
    って冷やかしてくるんです。
    最初はイラッてきたけど、そのうち慣れました。
    バカを相手にしてもしょうがないですし(笑)。

    【加賀の同級生「あのブス、アイドル目指してんだってw」「モー娘。受かった?無理だよな!キャハハ!!」加賀14歳「…………」】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 名無し募集中。。。 2018/04/09(月) 14:38:00.33 0

    【とんでもないお胸のアイドルが発見される。 】の続きを読む

    このページのトップヘ