メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    音楽関係を中心にしたエンタメ関連のまとめブログ

    カテゴリ: アイドル

    images (1)


    1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/01/26(日) 12:44:18.66 ID:3XFh7qJc9
    『NGT48』の荻野由佳が1月18日、自身のインスタグラムで、この日に行われた『NGT48選抜コンサート~TDC 選抜、合宿にて決定。初めての経験~』を振り返った。

    荻野は、《今回のボイストレーニングは、自分のできなさに悔しくて涙をこらえるのにも必死なくらいでした。でも、これを毎日やっていたら絶対にスキルアップするだろうなって思うことばかりでした》などと、厳しかった合宿について回想。さらに、《研究生メンバー含め全員での合宿というものは初めてで、あらためてみんなのことをもっとよく知れて切磋琢磨し合え、絆が深まったと感じる場面が本当に多くありました》《NGT48のみんなのことが心の底から大好きで 大切な大切な宝物です》などとつづった。

    一度いだいた嫌悪感は決して消えない
    この投稿に、ネット上では、

    《合宿でも誰かをいじめてそう》
    《あんなことしといて堂々と絆うんぬん言えるとかサイコパスかよ!》
    《きちんとイジメを認めて自白して芸能界を引退すべきじゃない?》
    《いじめっ子は好きじゃないの》
    《もう仲間ごっこでも何でもやればいい。どうせNGTにはもうまともなメンバーなんて残ってないだろうから似たもの同士の集まりで楽しくやってればいい。ただ気分悪いからメディアに出てくるな》

    などなど、相変わらず散々な言われようだ。

    荻野といえば、山口真帆暴行事件での空気を読まない発言や、その渦中にバラエティー番組でネタにするなどの言動が批判を浴びた。しかし、荻野が謝罪や態度を改めないせいか、インスタグラムには何千件もの罵倒コメントが相次いでしまうことに…。クレームが入ったためか、モデルを務めていたブランドから降板させられるという事態もあった。

    被害者の山口はNGTを脱退した後、大手芸能事務所に移籍して女優デビューを果たした。一見、事件は風化したようにも感じられるが、荻野への嫌悪感は、いまだに消えていないのが現状のようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/2168995/
    2020.01.26 10:31 まいじつ

    http://image.dailynewsonline.jp/media/b/1/b1629ade5a46fc4ed775e0177d969a4dbfe9838f_w=666_h=329_t=r_hs=3d4b94b56b6977fdd17f42c0a83679b1.jpeg 
    b1629ade5a46fc4ed775e0177d969a4dbfe9838f

    【『NGT48』荻野由佳「メンバーは大切な宝物。」】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 湛然 ★ 2020/01/24(金) 05:19:48.29 ID:0srKsn2w9
    最上もが、卒業と脱退の違い説明 - 平手友梨奈と同じ“脱退”選んだ理由
    2020年1月24日 0時19分 マイナビニュース
    https://news.mynavi.jp/article/20200124-959482/
    最上もが
    https://news.mynavi.jp/article/20200124-959482/images/001l.jpg
    001l


    アイドルグループ・でんぱ組.incの元メンバーでタレントの最上もがが23日、ツイッターでアイドルの「卒業と脱退」の違いを説明した。

    同日、欅坂46の公式サイトで、「織田奈那、鈴本美愉はこの発表をもちましてグループを卒業、平手友梨奈はグループを脱退致します」と発表された。

    ネット上でも「卒業」と「脱退」が話題になり、最上は「卒業と脱退の違いの話で、ぼくは“脱退”、ねむは“卒業”したけれど」と投稿。「続けたくても身体的にも精神的にも限界だったために、抜けざるを得ないという選択を自らしたので、どうしても卒業という表現ができなかった」と真意を明かし、「ねむはちゃんと今後のことを見据えて決めていた、の違いかなって」と推測した。

    最上は2017年8月にブログで「でんぱ組.incを脱退しました」、2019年3月末に芸能界を引退した夢眠ねむさんはツイッターで「芸能活動10周年を機にでんぱ組.incを卒業」と報告していた。

    (おわり)

    【元『でんぱ組.inc』最上もが、卒業と脱退の違い説明 。平手友梨奈と同じ“脱退”選んだ理由。】の続きを読む

    ダウンロード (4)


    1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/01/22(水) 15:04:10.50 ID:KT9QNW//9
    タレントの加護亜依が1月18日に自身のツイッターアカウントを更新し、ネット上に蔓延する法律違反の薬物との関連の噂を否定している。

    発端は、一部メディアが報じた“元国民的アイドルA”による法律違反の薬物使用疑惑ニュースで、同メディアはその元アイドルAについて、現在30代で10代の頃から国民的アイドルのメンバーとして活動していたお騒がせキャラで、過去には男女間のトラブルもあったと説明。こうした特徴の数々がネットユーザーによる憶測を過熱させ、当該ニュースのコメント欄には“加護亜依しか考えられない”といった反応が続々と集まり、根拠のないまま加護と薬物の関連が疑われてしまう格好となってしまったのだ。

    このいわれなき疑惑に対し、加護は「私の事を示唆する内容の記事が出ているとのことで、びっくりしてます。そーゆー事とは一切無関係なので、スルーしておこうと思いましたが、家族のために私の言葉をネット社会に残して置きます。皆さま、あれは私ではありません。私は薬物とは一切関係ありません。」とツイート。自らの潔白を主張している。

    「他にも子供がいるという点や、最近目立った芸能の仕事が無い、などの特徴が“加護を思わせる”として一気に拡散してしまったわけですが、当の加護からすればいい迷惑でしょう。当然、本人が否定している以上、この“元国民的アイドルA”は加護以外の人物ということになり、ハッキリと否定の声明を出した加護にはファンからも『元加護ちゃん推しです。信じています!僕以外の皆も信じてます!』『その言葉を聞いて全国のファンは安堵したでしょう。時に言葉として発信することも大切ですね』『あいぼんを信じるよ』などとエールのリプライが届いています。濡れ衣だとして無視を貫くのも一つの手段かもしれませんが、ファンは本人からの否定の言葉を聞けたことが嬉しかったようですね」(テレビ誌ライター)

    突如、根拠のない疑惑の目を向けられてしまった加護だが、1人のタレントとしてだけでなく、子供を育てる母としても、こうした噂が急速に広まっていく状況を黙って傍観するわけにはいかなかったのだろう。

    http://dailynewsonline.jp/article/2164099/
    2020.01.22 10:15 アサジョ

    【「私ではありません。」 元『モー娘。』加護亜依が薬物との関連の疑惑を完全否定した理由。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2020/01/23(木) 21:04:57.90 ID:8nPYc2079
    欅坂46の不動のセンター、平手友梨奈(18才)がグループを脱退することを発表した。
    今夜放送のラジオ『SCHOOL OF LOCK!』(TOKYO FM)で本人が思いを語るとみられる。

    愛知県出身の平手は2015年に行われた欅坂46第1期生オーディションに合格。
    当時、メンバー最年少ながら、デビュー曲『サイレントマジョリティー』でセンターを務めた。

    楽曲の世界観へと入り込む姿が、時に「憑依型」とも評される。そのパフォーマンスで多くのファンを魅了してきた。

    これまで欅坂46のシングル8曲すべてでセンターを務め、さらには映画『響-HIBIKI-』(2018年公開)では映画初出演にして初主演も果たし、
    第42回日本アカデミー賞では新人俳優賞を受賞。「てち」「ひらち」「ひらてちゃん」などの愛称でも知られ、アイドルという枠を超えて、活動の幅を広げていた。

    そんな最中の発表。この決断にファンはどう反応するのだろうか。

    オフィシャルサイトで発表された内容は以下の通り。

    〈欅坂46のメンバーとして活動してまいりました織田奈那、鈴本美愉はこの発表をもちましてグループを卒業、
    平手友梨奈はグループを脱退致します。

    在籍中はたくさんの応援をいただきありがとうございました。

    また、佐藤詩織は本人からの申し出により活動を一時休止致します。活動再開の目途が立ちましたら改めてご案内致します。〉
    https://www.news-postseven.com/archives/20200123_1531894.html

    【『欅坂46』不動のセンター、平手友梨奈(18才)がグループ脱退発表。】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: 名無し募集中。。。 2020/01/22(水) 19:51:17.38 0

    1/22 BEYOOOOONDS @ GIRLS ROCKS

    平井小林里吉

    ①We Need a Name!
    ②ブラボー!
    雨ノ森川海
    ③GIRL ZONE
    ④そこらのやつとは同じにされたくない
    CHICA#TETSU
    ⑤高輪ゲートウェイ駅ができる頃には
    ⑥都営大江戸線の六本木駅で抱きしめて

    各グループ曲だけの構成。初めての試み。

    【アイドルフェスに出演した『BEYOOOOONDS』のセットリストがひどい】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: 風吹けば名無し 2020/01/20(月) 20:38:12.97 ID:KJjv5LGS0
    桜もこ @moko_sakura3
    どきっ??
    http://iup.2ch-library.com/i/i2041919-1579520000.jpg
    i2041919-1579520000

    http://iup.2ch-library.com/i/i2041920-1579520000.jpg
    i2041920-1579520000

    https://twitter.com/moko_sakura3/status/1219160737156714496

    元「バクステ外神田一丁目」メンバー
    1991年3月19日生まれ(28歳)
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

    【元アイドルのセクシー女優・桜もこさんがAKB風の衣装を着たらAKBより可愛い件。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/01/20(月) 04:56:40.78 ID:IrdWmIPq9
    昨年の大みそか、テレビ番組『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで! 絶対に笑ってはいけない青春ハイスクール24時!』(日本テレビ系)で、元SMAPの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の3人が揃って出演。これが“地上波出演本格解禁”として話題を呼んでいる一方、そんな“祝福ムード”に水を差す声が上がり始めているようだ。

    「元SMAPマネージャーで3人が所属するCULEN代表の飯島三智さんの天狗ぶりに呆れるメディアが、出始めています。ジャニーズ事務所取締役だった飯島さんのメディア対応は、いまだに“ジャニーズ方式”。ジャニーズという大きな後ろ盾がない今、そんな天狗対応ではやっていけないのですが、いまだにご本人はそれに気づいていない様子です。昨年は公正取引委員会から注意を受けたりしたこともあり、ジャニーズが影響力を利用してメディアに圧力をかけていると、よく指摘されますが、それだって飯島さんがかつて使っていた手法。そうやってSMAPを国民的アイドルに仕立て上げたんですから」(テレビ局関係者)

     そんな飯島氏の姿勢は、タレントも同様だという。今月10日、草なぎが主演の舞台『アルトゥロ・ウイの興隆』の公開舞台稽古と囲み取材に登場したときのことだ。

    「当日昼頃に、取材時間の変更連絡がメディアにきたんです。午後5時20分からの予定だった囲み取材が、午後6時からに。舞台稽古中ですから時間がずれるのは珍しくもないので、特段気にしていませんでした。しかし、草なぎ本人が囲み取材中に『さっき40分くらい昼寝したんですけど』と言ったんです。40分押しは、まさかの草なぎの昼寝待ちだったのでしょうか。

     さらに、舞台初日の前日なのに『まだセリフを覚えていない』とか『芝居って難しいですよね、怒ってないのに怒ったり、悲しくないのに泣いたり』などと、とてもプロとは思えないような発言ばかり。SMAP時代なら許された言動かもしれませんが、ただの怠慢にしか見えませんね。正直呆れました」(メディア関係者)

    深夜会見でメディアから反感
     翌11日には、稲垣と香取が東京パラリンピック関連イベント「NO LIMITS SPECIAL 2020」に小池百合子都知事とともに出演した。

    「囲み取材は用意されていませんでしたが、スポーツ紙6紙だけが集められての囲み取材が行われていました。スポーツ紙の事務所担当記者だけを別室に呼んで、レクチャーや囲み取材をしたりするのは、ジャニーズ事務所のやり方です。社名と記者の顔もしっかり把握できているので下手なことを書かれなくてすみますし、都合の良いことを吹き込めばいいわけです。

     スポーツ紙に扱われた記事は、翌日朝の民放情報番組が紹介することで一気に拡散されるため、情報をコントロールしやすい方法なんです。しかし、今となってはスポーツ紙だってそこまでこの3人の情報を欲しがってはいません。この日も何紙かの記者はすでに現場を離れて、事務所サイドから呼び出しをかけられるほど。メディアも興味をなくしているんですよ」(テレビ局関係者)

     3人は2017年9月に「新しい地図」というユニットを立ち上げ再始動したが、こんなこともあったという。

    「再始動当初、東京・千代田区の帝国ホテルで期間限定のグッズ売り場を開設する際も、深夜にメディアを集めて会見を開くなどして、メディアからの反感を買っていました。こうしたことの積み重ねが、今後の活動にボディーブローのように効いてくると思いますよ」(スポーツ紙記者)

    地上波への“本格復帰”を果たしたこのタイミングだけに、新しい地図サイドは“配慮ある”対応を求められそうだ。

    2020.01.19
    https://biz-journal.jp/2020/01/post_137578_entry.html

    前スレ 2020/01/19(日) 20:01
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1579431718/

    【『新しい地図』マネージャー、飯島三智氏の“天狗ぶり”にメディアが総スカン? ジャニーズ方式抜けず。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: あずささん ★ 2020/01/20(月) 21:38:39.96 ID:v4Yy+IkB9
    AKB48グループを運営する株式会社AKSが、2月に社名を「株式会社ヴァーナロッサム」に変更し、国内の48グループの運営からは撤退することが20日、発表された。同社は現在募集中も含めた海外の9グループと、グローバルガールズグループ・IZ*ONEの運営を行う。

    現在、AKSが運営しているAKB48、HKT48、NGT48はそれぞれ独立し、株式会社AKB、HKT、NGT(それぞれ仮)となり、すでに独立済みのSKE48、NMB48、STU48と合わせ、国内6グループがすべて独立採算制を敷くことになる。関係者によると、グループが巨大化したことを受け、「運営側とメンバーがより密接なコミュニケーションを行ったり、地域との連携をより深めるため」という理由だという。

    独立する新会社は、株式会社AKBが4月、HKT&NGTが3月に発足予定。AKBは現AKS取締役・内村和樹氏が、HKTは同・前田治昌氏が、NGTは現NGT48劇場副支配人の岡田剛氏が社長に就任する。また、選抜総選挙やグループ全体のコンサートなど、全グループ合同で行うイベントについては、ヴァーナロッサムが管轄するという。

    AKSは2006年、AKB48の運営管理を主たる事業として設立された。国内姉妹グループの中で、STU48以外の6グループは、過去にAKSの運営管理下に置かれていた。昨年2月にはSKE48の運営事業を株式会社KeyHolderに30億円で譲渡。NMB48については、16年10月にKYORAKU吉本.ホールディングスから運営事業を譲渡されたが、昨年6月に再譲渡していた。STU48は17年3月の発足から、株式会社STUが運営を行っている。

    ソース/デイリー
    https://www.daily.co.jp/gossip/2020/01/20/0013049833.shtml

    【AKSが国内AKB全グループから撤退。HKT、NGTなど6グループは独立採算制に。】の続きを読む

    ダウンロード (5)


    1: 47の素敵な(庭) 2020/01/18(土) 07:34:44.09
    みんな知ってるのね

    【伊集院光がラジオで「裏垢にメンバーの悪口を書き込んでたアイドル云々」と言ってたけど、これって渡辺麻友のことだよね。】の続きを読む

    ダウンロード (6)


    1: フォーエバー ★ 2020/01/18(土) 19:33:41.27 ID:MjYcKvf/9
    歌手の城之内早苗(51)が18日、都内でファン100人限定のプレミアム・ライブを開催した。会場のファンからのリクエストに応え、城之内は第2位の「空港物語」(2015年)と第1位の「流氷の手紙」(1986年)を熱唱。「『流氷-』はびっくりしました。1年に1回、歌わない方が多い曲。胸に来るものがありましたね。覚えてくれているもんなんですね」と振り返った。

    【写真】ノースリーブの新田恵利 衰えぬ輝き

     同曲はおニャン子クラブ卒業直後のソロデビュー第2弾。城之内は出演していたテレビ番組「夕やけニャンニャン」について「頑張ったという記憶がない。仕事じゃなかったですね。部活?青春…。(歌うのも)だるかったら、だれかが歌ってくれたしね」と笑った。

     おニャン子を卒業した後、演歌歌手としてのデビューが決まったが、城之内は「歌がうまいと言われたのは、おニャン子の世界だけ。外に出ると、演歌はうまくて当たり前と言われて、『え~』と思いました。厳しくて優しい所じゃないと分かりました」と明かした。

     小学生からファンだった森昌子(61)は昨年限りで引退したが、城之内は「ドレスを3着いただきました。森さんと最初で最後になったコンサートでは手紙を渡しました」と明かした。

     ライブでは1月29日発売の芸能生活35周年記念曲「恋衣/あなたで良かった」も披露し、城之内は「歌手ですから、頂点(紅白)は目標にしています」と誓った。

    1/18(土) 17:32配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200118-00000088-dal-ent
    https://i.imgur.com/s75u4d4.jpg
    s75u4d4

    https://i.imgur.com/h2XtwJt.jpg 
    h2XtwJt

    【城之内早苗、”夕ニャン”は仕事じゃなかった。「頑張った記憶はない。」】の続きを読む

    このページのトップヘ