メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    音楽関係を中心にしたエンタメ関連のまとめブログ

    カテゴリ:その他国内外アーティスト > ジャズ・フュージョン・プログレ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    images


    1: 湛然 ★@無断転載は禁止 2016/12/21(水) 22:50:58.48 ID:CAP_USER9
    2016/12/21 18:39

    23人のジャズメンの死因と音楽に迫った異色の一冊『ジャズメン死亡診断書』がシンコーミュージックから2017年2月上旬発売予定。著者はマイルス・デイヴィスの主治医を務めた小川隆夫(医師/音楽ジャーナリスト)。
    ●『ジャズメン死亡診断書』
    価格:¥2,160(本体 2,000+税)
    発売日:2月上旬発売予定
    著者:小川隆夫
    (中略)

    ※以下、インフォメーションより

    全盛期のジャズメンの生き方は「普通」ではないことが多かった。つきまとう麻薬、カネ、女……。いきおい、その死に方もドラマチックかつ壮絶なものが多い。
    そして、彼らの死に方(=生き様)は、彼らが鳴らした音楽にそのまま繋がっている。本書は、そんな角度から23人のジャズメンの死因と音楽に迫った異色の一冊である。
    著者は、現役の医師でありながら、永くジャズ・ジャーナリストとしても仕事をしてきた小川隆夫。ニューヨーク留学中に多くのジャズメンの知己を得た小川は、その後マイルス・デイヴィスの「主治医」を務めるなど、医師的な視点でもジャズメンを見つめてきた。
    そんな小川だからこそ書けた、新たな視点のジャズ論がここに完成。

    【登場する主なジャズメン(カッコ内は死因)】
    ■クリフォード・ブラウン(交通事故)
    ■チャーリー・パーカー(心臓麻痺)
    ■ビル・エヴァンス(肝硬変)
    ■チェット・ベイカー(ホテルの窓から転落死)
    ■ジョン・コルトレーン(肝臓がん)
    ■リー・モーガン(内妻が射殺)
    ■アルバート・アイラー(謎の溺死)
    ■ジャコ・パストリアス(暴行を受け脳挫傷)
    ■マイルス・デイヴィス(肺炎と呼吸不全) 他


    ・Miles Davis
    http://amassing2.sakura.ne.jp/image/jacket/large/2012c/13786.jpg
    13786

    http://amass.jp/82550/

    【23人のジャズメンの死因と音楽に迫った異色の一冊『ジャズメン死亡診断書』が発売。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    images


    1: 湛然 ★@無断転載は禁止 2016/12/04(日) 05:50:35.15 ID:CAP_USER9
    2016/12/04 02:21

    T-SQUAREの初期メンバー達による新プロジェクト、THE SQUARE Reunion。ブルーノート東京にて2日間に渡って行われるプレミアム・ライヴが2017年3月31日(金)4月1日(土)に開催決定。

    初日は1982年から85年にかけてザ・スクエア名義でリリースされたアルバム『脚線美の誘惑』『打ち水にRAINBOW』『ADVENTURES』『STARS AND THE MOON』『R・E・S・O・R・T』からの楽曲を中心にプレイ。
    2日目は1987年から90年の間の4年間に発表したアルバム『TRUTH』『YES,NO.』『WAVE』『NATURAL』からの楽曲を中心にプレイします。

    <THE SQUARE Reunion - THE LEGEND - 1982-1985>
    ●2017 3.31 fri. ブルーノート東京

    [1st]Open5:30pm Start6:30pm
    [2nd]Open8:20pm Start9:00pm

    【MEMBER】
    安藤正容(ギター)
    伊東たけし(サックス、EWI)
    和泉宏隆(ピアノ)
    田中豊雪(ベース)
    長谷部徹(ドラムス)
    河野啓三(キーボード) *サポート・メンバー

    (中略)

    人気ポップ・インストゥルメンタル・バンド“T-SQUARE”の、初期メンバーによる新プロジェクト"THE SQUARE Reunion"が始動。
    2日間に渡ってプレミアム・ライヴを行なう。初日は1982年から85年にかけてザ・スクエア名義でリリースされたアルバム『脚線美の誘惑』『打ち水にRAINBOW』『ADVENTURES』『STARS AND THE MOON』『R・E・S・O・R・T』からの楽曲を中心にプレイする。
    T-SQUAREの前身となるザ・スクエアは1976年に結成され、’78年にアルバム・デビュー。’88年の全米デビューを期にT-SQUARE と改名し、2016年には42枚目のアルバム『TREASURE HUNTER』を発表した。"Reunion"とは再会、同窓会という意味。
    安藤正容、伊東たけし、和泉宏隆、田中豊雪、長谷部徹、そしてサポートの河野啓三が、当時のサウンドを現在に蘇らせる。

    詳細は以下のURLのページでご覧になれます。
    http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/the-square-the-legend/


    <THE SQUARE Reunion - FANTASTIC HISTORY - 1987-1990>
    ●2017 4.1 sat. ブルーノート東京

    [1st]Open4:00pm Start5:00pm
    [2nd]Open7:00pm Start8:00pm

    【MEMBER】
    安藤正容(ギター)
    伊東たけし(サックス、EWI)
    和泉宏隆(ピアノ)
    則竹裕之(ドラムス)
    須藤満(ベース)
    河野啓三(キーボード) *サポート・メンバー

    (中略)

    日本が世界に誇るポップ・インストゥルメンタル・バンド“T-SQUARE”の、初期メンバーによる新プロジェクト"THE SQUARE Reunion"が奇跡の2デイズ公演を敢行。
    2日目は安藤正容、伊東たけし、和泉宏隆、則竹裕之、須藤満、そしてサポートに河野啓三を迎え、1987年から90年の間の4年間に発表したアルバム『TRUTH』『YES,NO.』『WAVE』『NATURAL』からの楽曲を中心にプレイする。
    結成から40年間に及ぶスクエアの歴史の中でも傑出したクオリティと人気を誇った、まさに黄金時代のメンバーが繰り広げるパフォーマンスの数々。これぞ王道というべき、研ぎ澄まされた技術に裏打ちされた高度な演奏力+抜群のコンビネーションによるファンタスティックなステージを堪能したい。

    詳細は以下のURLのページでご覧になれます。
    http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/the-square-fantastic-history/


    ・THE SQUARE Reunion
    http://amassing2.sakura.ne.jp/image/jacket/large/2016b/65478.jpg
    65478

    http://amass.jp/81758/

    【T-SQUAREの初期メンバー達による新プロジェクトTHE SQUARE Reunion。2日間に渡って行われるプレミアム・ライヴが開催決定。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (2)


    1: 湛然 ★@無断転載は禁止 2016/10/12(水) 20:35:21.90 ID:CAP_USER9
    2016/10/12 18:23

    6度のグラミー賞に輝くアルト・サックス界の最高峰、デヴィッド・サンボーン
    (David Sanborn)の来日公演が11、12月に決定。

    11月29日(火)に名古屋ブルーノート、30日(水)12月1日(木)2日(金)3日(土)に
    ブルーノート東京にて行われます

    <DAVID SANBORN>

    ●2016 11.30 wed., 12.1 thu., 12.2 fri., 12.3 sat. ブルーノート東

    *11.30 wed., 12.1 thu., 12.2 fri.
    [1st]Open5:30pm Start6:30pm [2nd]Open8:20pm Start9:00pm

    *12.3 sat.
    [1st]Open4:00pm Start5:00pm [2nd]Open7:00pm Start8:00pm

    【MEMBER】
    David Sanborn(sax)
    Mark Stephens(key)
    Nicky Moroch(g)
    Andre Berry(b)
    Billy Kilson(ds)

    (中略)

    詳細は以下のURLのページでご覧になれます。
    http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/david-sanborn/

    ●2016 11.29 tue. 【愛知 名古屋】名古屋ブルーノート

    (中略)

    詳細は以下のURLのページでご覧になれます。
    http://www.nagoya-bluenote.com/schedule/201611.html#1129


    ・DAVID SANBORN
    http://amassing2.sakura.ne.jp/image/jacket/large/2014b/38594.jpg
    38594

    http://amass.jp/79393/

    【アルト・サックス最高峰、デヴィッド・サンボーンの来日公演が11、12月に決定。 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    images (1)


    1: 湛然 ★@無断転載は禁止 2016/08/03(水) 20:37:30.30 ID:CAP_USER9
    2016.8.3

    10月7日から9日にかけて開催されるモントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン 2016の出演者が発表されている。

    出演が発表されたのは、以下の13組となっている。出演日についてはまだ発表されていない。

    カエターノ・ヴェローゾ
    ジャイルス・ピーターソン
    ジャイルス・ピーターソン presents ソンゼイラ・ライブ・バンド
    須永辰緒
    テレーザ・クリスチーナ
    ピート・ジョセフ
    フランチェスコ・トリスターノ presents ピアノリグ featuring デリック・メイ
    ヘンリク・シュワルツfeaturing板橋文夫&Kuniyuki
    松浦俊夫
    METAFIVE
    メラニー・デ・ビアシオ
    八代亜紀&クリヤ・マコト・ クインテット
    ルル・ゲンズブール featuring アラ・スタルク

    イベントの詳細は以下の通り。

    モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン 2016
    開催日時:
    10月7日(金)18:00(開場)/19:00(開演)
    10月8日(土)17:00(開場)/18:00(開演)
    10月9日(日)17:00(開場)/18:00(開演)
    会場:恵比寿ザ・ガーデンホール、代官山UNIT

    (以下略、チケット販売の詳細についてはソースをご覧ください。)



    http://nme-jp.com/nmesite/wp-content/uploads/2016/08/MJFJ_LOGO-720x414.jpg 
    ダウンロード (2)

    http://nme-jp.com/news/24167/

    【モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン 2016、出演者が発表に。カエターノ・ヴェローゾらの来日が決定。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード


    1: 失恋レストラソ ★@\(^o^)/ 投稿日:2016/04/15(金) 16:56:04.84 ID:CAP
    月刊ストレンジ・デイズ一時休刊のお知らせ


    月刊ストレンジ・デイズは諸般の事情により
    既刊の第198号をもって一旦発刊が休止となります。

    尚、初夏までには内容・ページ数・価格を変更した
    ストレンジ・デイズを発行予定です。

    詳細については本ストレンジ・デイズ・ウェヴ・サイトにて
    随時報告させていただきます。
    引き続きご支援のほどをよろしくお願い致します。

    平成28年4月15日
    ストレンジ・デイズ編集長 岩本晃市郎


    ◆ストレンジ・デイズ公式サイト
    http://www.strange-ds.com?p=8857

    【プログレ雑誌「月刊ストレンジ・デイズ」が休刊。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (2)


    1: casillas ★@\(^o^)/ 投稿日:2015/10/05(月) 17:31:47.11
    ジャズピアニストの西山瞳が、学生時代に影響を受けたヘヴィメタルの名曲をピアノトリオでカバーするという新プロジェクト・NHORHMを始動。
    10月21日にアルバム「New Heritage Of Real Heavy Metal」をリリースする。

    この作品には、彼女が所有する膨大なハードロック&ヘヴィメタルのアルバムの中から厳選した9曲のカバーと、自身のオリジナル曲の計10トラックを収録。
    Deep Purple、U.K.などのクラシックなナンバーから、彼女が学生時代に聴いていたというMegadeth、Mr.Bigの楽曲、そしてBABYMETALなど近年の楽曲までが選曲されている。

    バンドメンバーは西山のほか、フレットレスベース奏者としてジャズからポップスまで幅広いジャンルで活躍する織原良次、その織原と長年コンビを組んで活動しているドラマーの橋本学という編成。
    Megadethのカバー「Skin O' My Teeth」で小田朋美(dCprG)がボーカルを務めているほか、馬場孝喜がアコースティックギター、市原ひかりがトランペット、橋爪亮督がサックスでゲスト参加している。
    またジャケットでは、女優でコスプレイヤーとしても知られる藤崎ルキノのヌード写真が使用されている。

    NHORHM「New Heritage Of Real Heavy Metal」収録曲
    01. In the Dead of Night(U.K.)
    02. Walk(Pantera)
    03. Man on the Silver Mountain(Rainbow)
    04. Skin O' My Teeth(Megadeth)
    05. Fear of the Dark(Iron Maiden)
    06. Upper Levels(Angra)
    07. 悪夢の輪舞曲(BABYMETAL)
    08. Demon's Eye(Deep Purple)
    09. The Halfway to Babylon(西山瞳)
    10. Green-Tinted Sixties Mind(Mr.Big)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151005-00000040-natalien-musi

    【メガデスからベビメタまで! 女性ジャズピアニストがメタルの名曲をカバー。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (2)


    1: 失恋レストラソ ★@\(^o^)/ 投稿日:2016/02/05(金) 14:04:34.77 ID:CAP
    カシオペアのオリジナルアルバム18タイトルが、一気にiTunes、mora、レコチョクで配信開始となった。

    1979年のデビュー以来、40枚近くのアルバムをリリースしているCASIOPEA(現グループ名はCASIOPEA 3rd)だが、今回配信されたのは、「ASAYAKE」「DOMINO LINE」といった初期の名作/代表曲を含むアルファレコード時代のオリジナルアルバム18タイトルだ。

    カシオペア人気を決定づけた作品群だが、同時に1980年代のジャパニーズ・フュージョン・シーンを築き上げたプロダクトの数々であり、名盤/名演のオンパレードである。詳細はソニーミュージックのスペシャルサイトにてご確認を。


    ◆BARKS
    http://www.barks.jp/news/?id=1000123906
    http://www.110107.com/mob/pageShw.php?site=OTONANO&ima=0218&cd=casiopea_haishin

    【カシオペア、アルファレコード時代のオリジナルアルバム18タイトルがiTunes等で配信開始!!なんでもいいけどリマスターしてくれw】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (2)


    1: 湛然 ★@\(^o^)/ 投稿日:2016/01/29(金) 21:20:41.44 ID:CAP
    2016/01/29 16:44

    御年85歳のジャズ・サックスの巨人、ソニー・ロリンズ(Sonny Rollins)が新アルバム
    『Holding the Stage: Road Shows, vol. 4(邦題:ロード・ショウズ Vol.4)』を海外で4月8日、
    日本で4月6日発売。リリース元はOKeh/ソニーミュージック

    2014年の『Road Shows, Vol. 3』に続く2年ぶりのアルバムで、
    1979年から2012年に行われたライヴからの音源を厳選した全10曲入り。
    ロンドン、ポリ(フィンランド)、マルセイユ、プラハ、トゥールーズ、パリ、ボストンで
    行われた公演には、アル・フォスター、スティーヴン・スコット、ボブ・クランショウ、
    クリフトン・アンダーソン等が参加しています

    ●『Holding the Stage: Road Shows, vol. 4』

    1. In A Sentimental Mood
    2. Professor Paul
    3. Mixed Emotions
    4. Keep Hold Of Yourself
    5. Disco Monk
    6. Your Mine You
    7. H.S.
    8. Sweet Leilani
    9. Solo
    10. Don’t Stop The Carneval


    ・Sonny Rollins
    http://amassing2.sakura.ne.jp/image/jacket/large/2016/54741.jpg
    54741

    http://amass.jp/68347/

    【【ジャズジャイアンツ】ジャズ・サックスの巨人 ソニー・ロリンズが新ライヴ・アルバム『Holding the Stage: Road Shows, vol. 4』を発売!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    images (1)


    1: 失恋レストラソ ★@\(^o^)/ 投稿日:2015/09/24(木) 14:39:15.51
    数々の名演を残した偉大なベーシスト、ジャコ・パストリアス(Jaco Pastorius)のドキュメンタリー映画『Jaco』。
    海外でのDVD/Blu-rayリリースが決定。発売は11月27日で、同日にはオリジナル・サウンドトラック・アルバムもSony/Legacyから発売される予定。

    11月27日は、米国のブラック・フライデー期間に行われるレコードストアデイ(Record Store Day's Black Friday)が開催される日。
    映画のエグゼクティブ・プロデューサーを務めたメタリカ(Metallica)のロバート・トゥルージロ(Robert Trujillo)はこの日、ニューヨークのショップにてインストア・イベントを開催する予定です。

    この作品は、リリースに向けてのキャンペーンがクラウドファンディングサイトPledgeMusicにて行われたもの。キャンペーンは無事成功となりリリースに漕ぎ着けています。

    映画は、およそ4年の月日をかけて製作された作品で、ジャコの家族や友人のほか、ラッシュ(RUSH)のゲディー・リー(Geddy Lee)、スティング(Sting)、
    レッド・ホット・チリ・ペッパーズ(Red Hot Chili Peppers)のフリー(Flea)、ブーツィー・コリンズ(Bootsy Collins)、ジョニ・ミッチェル(Joni Mitchell)、
    ウェイン・ショーター、ハービー・ハンコック、カルロス・サンタナらの証言によって、ジャコパスの音楽や人生、死などを描いています。


    ◇関連動画(YouTube)
    Jaco: The Film - Jonas Hellborg on the Importance of Being a "Fan"
    http://youtu.be/aXcciRheTcg



    Jaco: The Film - Lenny White on the Music Industry in 1976
    http://youtu.be/PMEHXmstJuA



    Jaco: The Film - Geddy Lee on "Fusion" Music
    http://youtu.be/JO-ftLZWu9c



    Jaco: The Film - Herbie Hancock on Jaco's Work Ethic
    http://youtu.be/_GI5F21VVRo



    Jaco: The Film - Flea on Jaco's Musicianship
    http://youtu.be/lAsE0HI2DJc



    Jaco: The Film - A Note From Robert Trujillo
    http://youtu.be/4VuF_PYBOWQ



    Jaco: The Film - Be Part of the Journey w/ Robert Trujillo of Metallica
    http://youtu.be/tU59tLIT_cQ





    ◆amass.jp
    http://amass.jp/62707/

    【【ウェザー・リポート】ジャコ・パストリアスのドキュメンタリー映画『Jaco』海外でのDVD/Blu-rayリリースが決定】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (2)


    1: 失恋レストラソ ★@\(^o^)/ 投稿日:2015/08/30(日) 01:10:12.57
    スイスはレマン湖畔の街モントルーで1967年にクロード・ノブスがスタートさせたジャズの祭典〈モントルー・ジャズ・フェスティバル〉。
    現在では世界最大級のジャズ・イベントとして世界中の音楽ファンから注目を集め、7月の上旬から中旬にかけて行なわれるこのフェスティバルには、毎年25万人を超えるファンが足を運び、
    ジャズのみならず、ロック、ブルース、レゲエ、ソウル、ワールドミュージックなど、全世界から集まった幅広いジャンルの一流アーティストたちが競演を繰り広げます。

    そんなモントルー・ジャズ・フェスティバルが、日本で新たに〈モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン2015〉として東京(恵比寿 / 代官山 / 青山)を拠点に開催決定。
    10月1日(木)を皮切りに12公演(10月25日までの間)が予定されています。

    公演内容は“本家”のスタンスを踏襲し、ジャズをキーワードとしながらも、音楽ジャンルやスタイルに固執せず、さまざまなミュージシャン、バンド、ユニット、DJの出演を予定。
    すでに出演が決定している主なアーティストは、ジャイルス・ピーターソン、松浦俊夫、サイケマジック、エディー・C、メラニー・デ・ビアシオ、マーラ、デヴィッド・サンボーンなど。

    注目の出演者のひとりであるジャイルス・ピーターソンは、「若い頃からスイスのモントルーに出掛けては、ジャズのエネルギーを存分に味わったものだよ。アンディ・ナレル、マイケル・アーバニアック、ミシェル・ペトルチアーニ……みんなから、いろいろ学んだんだ。
    あれから10年。今回、日本での出演者に加われたのは、自然の成り行きと言っていいね。素晴らしい一夜を楽しみにしているよ」と語る。

    また“地元代表”を自認する松浦俊夫は、「半世紀続くヨーロッパ最大のジャズ・フェスティバルの東京開催を祝うとともに、その記念すべきときに自分がDJとして、そして、バンドHEXを率いてステージに立てるのは、この上ない喜びです。
    地元代表として全力で日本のクリエイティビティを皆さんの前で披露したいと思います」とコメントを寄せています。


    ◆CDジャーナル
    http://www.cdjournal.com/main/news/gilles-peterson/68067
    ◆モントルージャズフェスティバルジャパン2015公式サイト
    http://www.montreuxjazz.jp

    【モントルージャズフェスティバルが日本版イベントを10月に開催】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    images (1)


    1: アンクルホールド(福岡県)@\(^o^)/ 投稿日:2015/08/16(日) 10:35:38.69 ID:9dY8JA9W0
    アートディレクターの佐野研二郎氏(43)が火だるまだ。東京五輪のエンブレムがベルギーの劇場のロゴに似ていると
    「盗作」を疑われ、その後、サントリーのトートバッグのデザインについても同様の声が上がった。13日、サントリーは
    バッグのデザイン30種類のうち8種類を撤回。佐野氏は14日、トートバッグの盗作を認めただけに立場は苦しい。

     その佐野氏にまた、新たな疑惑が浮上した。
    同氏が手掛けたTシャツのデザインに、あるアーティストの写真が使われたのではないかというのだ。

     Tシャツは英国のロックグループ「ローリング・ストーンズ」の意匠をあしらったもので、キャンペーン名は
    「ザ・ローリング・ストーンズ OFFICIAL T―SHIRTS」。佐野氏は数種類のデザインを手掛けたが、
    そのひとつにフランスのギタリスト、ビレリ・ラグレーンに似た写真が使われているのだ。ラグレーンはジプシージャズの第一人者である。

     佐野氏に詳しい事情を聞こうと事務所に電話したが、「担当者が会議中」との答え。
    その後、深夜になってHPを見るよう連絡があった。HPでは
    「過去の作品については、制作過程に、法的・道徳的問題は確認されていない」という主張だった。

     騒動は簡単にはおさまりそうにない。
    http://static.nikkan-gendai.com/img/article/000/162/771/b491dac8c3ac7dc9526984d193bf7f7920150815140919010.jpg

    http://nikkan-gendai.com/articles/view/news/162771/1

    【【やりおった!!】東京五輪ロゴの佐野研二郎氏、ローリング・ストーンズのTシャツに無関係のジャズ奏者の写真をコピペ】の続きを読む

    このページのトップヘ