メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    カテゴリ:その他国内外アーティスト > ジャズ・フュージョン・プログレ

    images (1)


    1: 湛然 ★@無断転載は禁止 2017/06/29(木) 05:25:46.47 ID:CAP_USER9
    2017/06/28 14:51

    キング・クリムゾン(King Crimson)のライヴ・アルバム『ライヴ・イン・ウィーン 2016+ライヴ・イン・東京 2015』が日本で9月13日発売予定。
    メーカー・インフォメーションによれば、海外盤『Live In Vienna』の内容に日本盤のみのライヴ・トラック『ライヴ・イン・東京 2015』を追加した日本盤オリジナル仕様でリリースされる予定。リリース元はWOWOWエンタテインメント。

    『Live In Vienna』には2016年に行われたワールド・ツアーからウィーン公演(11月31日、12月1日)の音源を収録。

    日本盤のみに収録される『ライヴ・イン・東京 2015』には、2015年ジャパン・ツアーより、東京・渋谷オーチャード・ホール6公演からセレクトされたライヴ・トラック全10曲を収録予定。

    CD枚数は海外盤も日本盤も3枚ですが、日本盤オリジナル仕様は海外盤収録内容をCD1、CD2に詰め込み、CD3に『東京 2015』を収録する予定です。


    http://amass.jp/90792/

    【キング・クリムゾンのライヴ・アルバム『ライヴ・イン・ウィーン 2016+ライヴ・イン・東京 2015』が日本で9月発売】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 名無し募集中。。。@無断転載は禁止 2017/01/22(日) 10:23:46.13 0
    もしかして世界一ラッキーなミュージシャン?

    【ボストンって歌がうまいわけでもギターが上手いわけでもないのになぜかバカ売れしてるじゃん当時の人々にとって何がよかったの?】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 湛然 ★@無断転載は禁止 2017/03/08(水) 04:46:04.55 ID:CAP_USER9
    2017.3.8 04:05

     歌手、松田聖子(54)が29日に初のジャズアルバムを発売することが7日、分かった。構想から6年かけて制作した「SEIKO JAZZ」で、世界最強のビッグバンドらジャズ界の大御所たちとの豪華コラボで完成。デビュー37年目にして「SEIKO MATSUDA」名義でジャズシンガーに挑む聖子は「また、こうして新しいことにチャレンジできたことをうれしく思います」と喜んでいる。

     日本が誇る歌姫が、ジャズアーティスト・SEIKO MATSUDAとして一歩を踏み出す。

     「SEIKO JAZZ」は自身が愛する「遥かなる影」などの名曲をはじめ、「イパネマの娘」などのボサノバをジャズアレンジで収録した10曲入り。全曲英語詞で、聖子が優しく歌い上げるジャズアルバムだ。

     ジャズとの関係は深い。1990年代に米国を拠点に活動していた聖子は、巨匠、クインシー・ジョーンズ(83)らジャズ界のレジェンドたちと交流を深める中で「数々のジャズに触れ、魅了された」という。

     2011年にロサンゼルスで行われたクインシーの60周年公演に出演したころから、「いつかジャズを歌ってみたいという熱い気持ちがあふれた」といい、ジャズアルバム制作を視野に活動。12年にジャズグループ、フォープレイの作品にゲストボーカルとして参加するなど経験を積んだ。

     構想から6年、ついに豪華コラボでアルバムが完成。今作ではグラミー賞や数々のプラチナディスクを獲得したアレンジャー、デビッド・マシューズ(75)とタッグ。さらに彼が率いる世界最強のビッグバンド、マンハッタン・ジャズ・オーケストラも参加し、グラミー賞を受賞したプロデューサー、川島重行氏を迎えて制作した。

     東京とニューヨークでレコーディングを終えた聖子は、世界トッププレーヤーとの共演に「本当に素晴らしい経験でした。制作過程でジャズのさまざまなことを学ぶこともできました」と充実の笑み。今後もジャズをライフワークのひとつに据え、海外でも活動する予定で「デビュー37年目に、また、こうして新しいことにチャレンジできたことをとてもうれしく思います」と気合十分。

     ジャズの本場、NYで単独ライブが開催される日も遠くなさそうだ。


    ・松田聖子の初ジャズアルバム通常盤ジャケット写真。ジャズシンガーらしいムーディーな雰囲気だ
    http://www.sanspo.com/geino/images/20170308/geo17030805050010-p1.jpg
    geo17030805050010-p1

    ・グラミー賞や数々のプラチナディスクを獲得したアレンジャー、デビッド・マシューズ
    http://www.sanspo.com/geino/images/20170308/geo17030805050010-p2.jpg
    geo17030805050010-p2

    http://www.sanspo.com/geino/news/20170308/geo17030805050010-n1.html

    【松田聖子、初ジャズアルバム完成。世界最強ビッグバンドと夢コラボ。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 湛然 ★@無断転載は禁止 2017/02/15(水) 05:26:41.92 ID:CAP_USER9
    2017/02/14 15:36

    巨匠チック・コリア(Chick Corea)が70歳の誕生日を記念して、2011年にニューヨーク・ブルーノートで開催した全23日間のライヴからベスト・テイクを厳選。CD3枚組アルバム『The Musician (Live at the Blue Note Jazz Club, New York, NY October-November 2011』の日本盤【邦題:ザ・ミュージシャン (ライヴ・アット・ニューヨーク・ブルーノート)】が3月8日発売。日本盤はSHM-CD仕様。

    チック・コリアの音楽キャリアを回顧した内容で、10バンド・総勢27名の豪華ミュージシャンが参加しています
    ●『ザ・ミュージシャン (ライヴ・アット・ニューヨーク・ブルーノート)】

    [Disc1]
    1 キャプテン・マーヴェル / リターン・トゥ・フォーエヴァー・アンプラグド
    2 ライト・アズ・ア・フェザー / リターン・トゥ・フォーエヴァー・アンプラグド
    3 アイ・ヒア・ア・ラプソディ / チック・コリア・トリオ with ゲイリー・ピーコック&ブライアン・ブレイド
    4 スピリット・ライズ / ファイヴ・ピース・バンド
    5 スペシャル・ビーイングス / ファイヴ・ピース・バンド
    6 アイヴ・ガット・ザ・ワールド・オン・ア・ストリング / チック・コリア&ボビー・マクファーリン・デュオ
    7 スペイン / チック・コリア&ボビー・マクファーリン・デュオ

    [Disc2]
    1 オーヴァーチュア / チック・コリア&ゲイリー・バートン with ハーレム・ストリング・カルテット
    2 ユア・アイズ・スピーク・トゥ・ミー feat. ゲイル・モラン・コリア / チック・コリア&ゲイリー・バートン with ハーレム・ストリング・カルテット
    3 イフ・アイ・ワー・ア・ベル / フロム・マイルス
    4 ネフェルティティ / フロム・マイルス
    5 シルヤブ / フラメンコ・ハート
    6 ミ・ニーニャ・ローラ / フラメンコ・ハート

    [Disc3]
    1 CCズ・バースデイ・ブルース / チック・コリア&マーカス・ロバーツ・デュオ
    2 キャラヴァン / チック・コリア&マーカス・ロバーツ・デュオ
    3 ホット・ハウス / チック・コリア&ハービー・ハンコック・デュオ
    4 ドルフィン・ダンス / チック・コリア&ハービー・ハンコック・デュオ
    5 カンタロープ・アイランド / チック・コリア&ハービー・ハンコック・デュオ
    6 リチュアル / チック・コリア・エレクトリック・バンド
    7 シルヴァー・テンプル / チック・コリア・エレクトリック・バンド


    ・Chick Corea
    http://amassing2.sakura.ne.jp/image/jacket/large/2016/59885.jpg
    59885

    http://amass.jp/84728/

    【チック・コリア、70歳誕生日記念ライヴをCD化。10バンド・総勢27名の豪華ミュージシャンが参加。】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: 鉄チーズ烏 ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/01/31(火) 21:53:51.68 ID:CAP_USER9
    2017年1月31日21時32分 スポーツ報知
     1970年代を代表するプログレッシブ・ロックバンド「キングクリムゾン」や、80年代に活躍したロックグループ「エイジア」のジョン・ウェットンさんが31日、67歳で亡くなった。「エイジア」の公式ツイッターが同日、「今朝、ジョン・ウェットンが眠りについたことをお知らせします」と発表した。ウェットンさんはがんの治療を受けるため、活動を一時休止していた。


     「エイジア」は元イエスのスティーブ・ハウとジェフ・ダウンズ、元エマーソン・レイク&パーマーのカール・パーマーとウェットンさんの4人で結成され、82年にデビュー。ウェットンさんはボーカルとベースを務めた。

     メンバー全員がスーパーグループでのキャリアを持っていたため、デビュー当初から注目を集め、ファーストアルバム「ヒート・オブ・ザ・モーメント」は全米チャートで1位に輝いた。2ndアルバムからシングルカットされた「ドント・クライ」も全米1位を獲得し、80年代を代表するヒット曲になった

     ジェフ・ダウンズは自身のツイッターで「悲しい一日だ」とつぶやいている。

    http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170131-OHT1T50238.html

    【「エイジア」のジョン・ウェットンさんが死去。67歳。】の続きを読む

    images


    1: 湛然 ★@無断転載は禁止 2016/12/21(水) 22:50:58.48 ID:CAP_USER9
    2016/12/21 18:39

    23人のジャズメンの死因と音楽に迫った異色の一冊『ジャズメン死亡診断書』がシンコーミュージックから2017年2月上旬発売予定。著者はマイルス・デイヴィスの主治医を務めた小川隆夫(医師/音楽ジャーナリスト)。
    ●『ジャズメン死亡診断書』
    価格:¥2,160(本体 2,000+税)
    発売日:2月上旬発売予定
    著者:小川隆夫
    (中略)

    ※以下、インフォメーションより

    全盛期のジャズメンの生き方は「普通」ではないことが多かった。つきまとう麻薬、カネ、女……。いきおい、その死に方もドラマチックかつ壮絶なものが多い。
    そして、彼らの死に方(=生き様)は、彼らが鳴らした音楽にそのまま繋がっている。本書は、そんな角度から23人のジャズメンの死因と音楽に迫った異色の一冊である。
    著者は、現役の医師でありながら、永くジャズ・ジャーナリストとしても仕事をしてきた小川隆夫。ニューヨーク留学中に多くのジャズメンの知己を得た小川は、その後マイルス・デイヴィスの「主治医」を務めるなど、医師的な視点でもジャズメンを見つめてきた。
    そんな小川だからこそ書けた、新たな視点のジャズ論がここに完成。

    【登場する主なジャズメン(カッコ内は死因)】
    ■クリフォード・ブラウン(交通事故)
    ■チャーリー・パーカー(心臓麻痺)
    ■ビル・エヴァンス(肝硬変)
    ■チェット・ベイカー(ホテルの窓から転落死)
    ■ジョン・コルトレーン(肝臓がん)
    ■リー・モーガン(内妻が射殺)
    ■アルバート・アイラー(謎の溺死)
    ■ジャコ・パストリアス(暴行を受け脳挫傷)
    ■マイルス・デイヴィス(肺炎と呼吸不全) 他


    ・Miles Davis
    http://amassing2.sakura.ne.jp/image/jacket/large/2012c/13786.jpg
    13786

    http://amass.jp/82550/

    【23人のジャズメンの死因と音楽に迫った異色の一冊『ジャズメン死亡診断書』が発売。】の続きを読む

    images


    1: 湛然 ★@無断転載は禁止 2016/12/04(日) 05:50:35.15 ID:CAP_USER9
    2016/12/04 02:21

    T-SQUAREの初期メンバー達による新プロジェクト、THE SQUARE Reunion。ブルーノート東京にて2日間に渡って行われるプレミアム・ライヴが2017年3月31日(金)4月1日(土)に開催決定。

    初日は1982年から85年にかけてザ・スクエア名義でリリースされたアルバム『脚線美の誘惑』『打ち水にRAINBOW』『ADVENTURES』『STARS AND THE MOON』『R・E・S・O・R・T』からの楽曲を中心にプレイ。
    2日目は1987年から90年の間の4年間に発表したアルバム『TRUTH』『YES,NO.』『WAVE』『NATURAL』からの楽曲を中心にプレイします。

    <THE SQUARE Reunion - THE LEGEND - 1982-1985>
    ●2017 3.31 fri. ブルーノート東京

    [1st]Open5:30pm Start6:30pm
    [2nd]Open8:20pm Start9:00pm

    【MEMBER】
    安藤正容(ギター)
    伊東たけし(サックス、EWI)
    和泉宏隆(ピアノ)
    田中豊雪(ベース)
    長谷部徹(ドラムス)
    河野啓三(キーボード) *サポート・メンバー

    (中略)

    人気ポップ・インストゥルメンタル・バンド“T-SQUARE”の、初期メンバーによる新プロジェクト"THE SQUARE Reunion"が始動。
    2日間に渡ってプレミアム・ライヴを行なう。初日は1982年から85年にかけてザ・スクエア名義でリリースされたアルバム『脚線美の誘惑』『打ち水にRAINBOW』『ADVENTURES』『STARS AND THE MOON』『R・E・S・O・R・T』からの楽曲を中心にプレイする。
    T-SQUAREの前身となるザ・スクエアは1976年に結成され、’78年にアルバム・デビュー。’88年の全米デビューを期にT-SQUARE と改名し、2016年には42枚目のアルバム『TREASURE HUNTER』を発表した。"Reunion"とは再会、同窓会という意味。
    安藤正容、伊東たけし、和泉宏隆、田中豊雪、長谷部徹、そしてサポートの河野啓三が、当時のサウンドを現在に蘇らせる。

    詳細は以下のURLのページでご覧になれます。
    http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/the-square-the-legend/


    <THE SQUARE Reunion - FANTASTIC HISTORY - 1987-1990>
    ●2017 4.1 sat. ブルーノート東京

    [1st]Open4:00pm Start5:00pm
    [2nd]Open7:00pm Start8:00pm

    【MEMBER】
    安藤正容(ギター)
    伊東たけし(サックス、EWI)
    和泉宏隆(ピアノ)
    則竹裕之(ドラムス)
    須藤満(ベース)
    河野啓三(キーボード) *サポート・メンバー

    (中略)

    日本が世界に誇るポップ・インストゥルメンタル・バンド“T-SQUARE”の、初期メンバーによる新プロジェクト"THE SQUARE Reunion"が奇跡の2デイズ公演を敢行。
    2日目は安藤正容、伊東たけし、和泉宏隆、則竹裕之、須藤満、そしてサポートに河野啓三を迎え、1987年から90年の間の4年間に発表したアルバム『TRUTH』『YES,NO.』『WAVE』『NATURAL』からの楽曲を中心にプレイする。
    結成から40年間に及ぶスクエアの歴史の中でも傑出したクオリティと人気を誇った、まさに黄金時代のメンバーが繰り広げるパフォーマンスの数々。これぞ王道というべき、研ぎ澄まされた技術に裏打ちされた高度な演奏力+抜群のコンビネーションによるファンタスティックなステージを堪能したい。

    詳細は以下のURLのページでご覧になれます。
    http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/the-square-fantastic-history/


    ・THE SQUARE Reunion
    http://amassing2.sakura.ne.jp/image/jacket/large/2016b/65478.jpg
    65478

    http://amass.jp/81758/

    【T-SQUAREの初期メンバー達による新プロジェクトTHE SQUARE Reunion。2日間に渡って行われるプレミアム・ライヴが開催決定。】の続きを読む

    ダウンロード (2)


    1: 湛然 ★@無断転載は禁止 2016/10/12(水) 20:35:21.90 ID:CAP_USER9
    2016/10/12 18:23

    6度のグラミー賞に輝くアルト・サックス界の最高峰、デヴィッド・サンボーン
    (David Sanborn)の来日公演が11、12月に決定。

    11月29日(火)に名古屋ブルーノート、30日(水)12月1日(木)2日(金)3日(土)に
    ブルーノート東京にて行われます

    <DAVID SANBORN>

    ●2016 11.30 wed., 12.1 thu., 12.2 fri., 12.3 sat. ブルーノート東

    *11.30 wed., 12.1 thu., 12.2 fri.
    [1st]Open5:30pm Start6:30pm [2nd]Open8:20pm Start9:00pm

    *12.3 sat.
    [1st]Open4:00pm Start5:00pm [2nd]Open7:00pm Start8:00pm

    【MEMBER】
    David Sanborn(sax)
    Mark Stephens(key)
    Nicky Moroch(g)
    Andre Berry(b)
    Billy Kilson(ds)

    (中略)

    詳細は以下のURLのページでご覧になれます。
    http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/david-sanborn/

    ●2016 11.29 tue. 【愛知 名古屋】名古屋ブルーノート

    (中略)

    詳細は以下のURLのページでご覧になれます。
    http://www.nagoya-bluenote.com/schedule/201611.html#1129


    ・DAVID SANBORN
    http://amassing2.sakura.ne.jp/image/jacket/large/2014b/38594.jpg
    38594

    http://amass.jp/79393/

    【アルト・サックス最高峰、デヴィッド・サンボーンの来日公演が11、12月に決定。 】の続きを読む

    images (1)


    1: 湛然 ★@無断転載は禁止 2016/08/03(水) 20:37:30.30 ID:CAP_USER9
    2016.8.3

    10月7日から9日にかけて開催されるモントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン 2016の出演者が発表されている。

    出演が発表されたのは、以下の13組となっている。出演日についてはまだ発表されていない。

    カエターノ・ヴェローゾ
    ジャイルス・ピーターソン
    ジャイルス・ピーターソン presents ソンゼイラ・ライブ・バンド
    須永辰緒
    テレーザ・クリスチーナ
    ピート・ジョセフ
    フランチェスコ・トリスターノ presents ピアノリグ featuring デリック・メイ
    ヘンリク・シュワルツfeaturing板橋文夫&Kuniyuki
    松浦俊夫
    METAFIVE
    メラニー・デ・ビアシオ
    八代亜紀&クリヤ・マコト・ クインテット
    ルル・ゲンズブール featuring アラ・スタルク

    イベントの詳細は以下の通り。

    モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン 2016
    開催日時:
    10月7日(金)18:00(開場)/19:00(開演)
    10月8日(土)17:00(開場)/18:00(開演)
    10月9日(日)17:00(開場)/18:00(開演)
    会場:恵比寿ザ・ガーデンホール、代官山UNIT

    (以下略、チケット販売の詳細についてはソースをご覧ください。)



    http://nme-jp.com/nmesite/wp-content/uploads/2016/08/MJFJ_LOGO-720x414.jpg 
    ダウンロード (2)

    http://nme-jp.com/news/24167/

    【モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン 2016、出演者が発表に。カエターノ・ヴェローゾらの来日が決定。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 失恋レストラソ ★@\(^o^)/ 投稿日:2016/04/15(金) 16:56:04.84 ID:CAP
    月刊ストレンジ・デイズ一時休刊のお知らせ


    月刊ストレンジ・デイズは諸般の事情により
    既刊の第198号をもって一旦発刊が休止となります。

    尚、初夏までには内容・ページ数・価格を変更した
    ストレンジ・デイズを発行予定です。

    詳細については本ストレンジ・デイズ・ウェヴ・サイトにて
    随時報告させていただきます。
    引き続きご支援のほどをよろしくお願い致します。

    平成28年4月15日
    ストレンジ・デイズ編集長 岩本晃市郎


    ◆ストレンジ・デイズ公式サイト
    http://www.strange-ds.com?p=8857

    【プログレ雑誌「月刊ストレンジ・デイズ」が休刊。】の続きを読む

    ダウンロード (2)


    1: casillas ★@\(^o^)/ 投稿日:2015/10/05(月) 17:31:47.11
    ジャズピアニストの西山瞳が、学生時代に影響を受けたヘヴィメタルの名曲をピアノトリオでカバーするという新プロジェクト・NHORHMを始動。
    10月21日にアルバム「New Heritage Of Real Heavy Metal」をリリースする。

    この作品には、彼女が所有する膨大なハードロック&ヘヴィメタルのアルバムの中から厳選した9曲のカバーと、自身のオリジナル曲の計10トラックを収録。
    Deep Purple、U.K.などのクラシックなナンバーから、彼女が学生時代に聴いていたというMegadeth、Mr.Bigの楽曲、そしてBABYMETALなど近年の楽曲までが選曲されている。

    バンドメンバーは西山のほか、フレットレスベース奏者としてジャズからポップスまで幅広いジャンルで活躍する織原良次、その織原と長年コンビを組んで活動しているドラマーの橋本学という編成。
    Megadethのカバー「Skin O' My Teeth」で小田朋美(dCprG)がボーカルを務めているほか、馬場孝喜がアコースティックギター、市原ひかりがトランペット、橋爪亮督がサックスでゲスト参加している。
    またジャケットでは、女優でコスプレイヤーとしても知られる藤崎ルキノのヌード写真が使用されている。

    NHORHM「New Heritage Of Real Heavy Metal」収録曲
    01. In the Dead of Night(U.K.)
    02. Walk(Pantera)
    03. Man on the Silver Mountain(Rainbow)
    04. Skin O' My Teeth(Megadeth)
    05. Fear of the Dark(Iron Maiden)
    06. Upper Levels(Angra)
    07. 悪夢の輪舞曲(BABYMETAL)
    08. Demon's Eye(Deep Purple)
    09. The Halfway to Babylon(西山瞳)
    10. Green-Tinted Sixties Mind(Mr.Big)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151005-00000040-natalien-musi

    【メガデスからベビメタまで! 女性ジャズピアニストがメタルの名曲をカバー。】の続きを読む

    このページのトップヘ