メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    音楽関係を中心にしたエンタメ関連のまとめブログ

    カテゴリ:その他国内外アーティスト > ポップス

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード


    1: 湛然 ★ 2020/05/19(火) 22:58:06.30 ID:VXvyThqi9
    5/18(月) 16:05 Billboard JAPAN
    ライオネル・リッチー、リリース35周年を迎えた「We Are The World」をケイティ・ペリーらと熱唱
    http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/88112/2
    http://www.billboard-japan.com/common/sys/img/news/00000088/88112/image.jpg
    image

    Lionel Richie And An All-Star Line-Up Perform “We Are The World” - American Idol 2020 Finale
    https://www.youtube.com/watch?v=FH4Ow92YEDI




     現地時間2020年5月17日、ライオネル・リッチーが、審査員を務める人気オーディション番組『アメリカン・アイドル』のシーズン18最終回で、1985年にリリースされたチャリティ・シングル「We Are The World」を披露した。

     飢餓に苦しむアフリカを支援するために、リッチーと故マイケル・ジャクソンが共同制作したこの曲には、スティーヴィー・ワンダー、クインシー・ジョーンズ、ダイアナ・ロス、シンディ・ローパーなど数多くの人気アーティストが参加し、米ビルボード・ソング・チャート“Hot 100”で4週連続1位を記録する大ヒットとなった。2010年には、ハイチ地震の救済のためにリメイク版も制作されており、今月ちょうどリリースから35年を迎えた。

     この日、リッチーは、同じく番組の審査員であるケイティ・ペリー、ルーク・ブライアンに加え、今シーズンの優勝者ジャスト・サム、アレハンドロ・アランダことスケアリープールパーティー、ファンテイジア、ギャビー・バレット、ジョーダン・スパークス、キャサリン・マクフィー、ケリー・ピックラー、レイン・ハーディ、ローレン・アライナ、フィリップ・フィリップス、ルーベン・スタッダード、スコッティ・マクレアリーなど、過去の『アメリカン・アイドル』出演者とともに、楽曲のオールスター・パフォーマンスを行った。

     新型コロナウイルス感染拡大を抑制するため、アメリカ国内では今も一部外出規制の措置が続く中、参加アーティトたちの映像は、無人のNYグランド・セントラル・ステーション、ラスベガスのストリップ通り、グランド・キャニオンなどの著名なランドマークに映し出される形で編集されている。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

    【『ライオネル・リッチー』、リリース35周年を迎えた「We Are The World」を『ケイティ・ペリー』らと熱唱。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (2)


    1: 湛然 ★ 2020/04/10(金) 22:47:57.72 ID:vEjJiUzO9
    ニール・セダカ、自宅で撮影したパフォーマンス映像を公開
    2020/04/10 20:34掲載
    http://amass.jp/133396/

    Neil Sedaka - A Medley To Brighten Up Your Day
    https://www.youtube.com/watch?v=IyHWFKiZxAI




    ニール・セダカ(Neil Sedaka)は、ニューヨークシティにある自宅で撮影したパフォーマンス映像を公開。
    4月6日(現地時間)から4日間連続でメドレー・パフォーマンスを披露しています

    Today's Medley - 4/7/2020
    https://www.youtube.com/watch?v=ly_2DtASNHM


    Today's Medley - 4/8/2020
    https://www.youtube.com/watch?v=QWrgnmIvhPE


    Today's Medley - 4/9/2020
    https://www.youtube.com/watch?v=esaaBOJ-CDs



    (おわり)

    【『ニール・セダカ』、自宅で撮影したパフォーマンス映像を公開。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (1)


    1: 湛然 ★ 2020/03/22(日) 08:16:18.55 ID:ccwbFiPJ9
    ちあきなおみの「喝采」はなぜ伝説の一曲となったのか
    公開日:2020/03/22 06:00 更新日:2020/03/22 06:00 塩澤実信
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/270773

    ちあきなおみ(C)共同通信社
    https://c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp/img/article/000/270/773/2f330ac1289e0ddb47dc791de8fa4b7e20200321124816947.jpg
    2f330ac1289e0ddb47dc791de8fa4b7e20200321124816947


     最愛の夫・郷鍈治と死別したのが平成4年9月。以来、ちあきなおみは一切の芸能活動を休止した。今日に至るも、歌手活動はおろか、その姿を公共の場で見せたことがない。それゆえ、年々“伝説の歌手”として、その存在感が強まっている。日本歌謡史上でもまれなことである。

     ちあきなおみが、今なお多くの人の記憶に残る最大の魅力は、あの独特な声にある。どうやって生まれたのか。

     芸事好きな母親の影響で4歳からタップダンスを習い、5歳にして日劇で初舞台を踏み、それからは占領軍キャンプ、ジャズ喫茶、キャバレー回り、橋幸夫やこまどり姉妹の前座歌手を務めていた。

     芸事に長けたちあきなおみが、「雨に濡れた慕情」でコロムビアからデビューしたのは昭和44年、21歳のときだった。1年4カ月の間レッスンをつけた作曲家の鈴木淳は「張りがあってハスキーさがプラスされた独自の声」であることを見いだし、「世界に二つとないようなバイオリンにも似た“名器”の響きがある」と折り紙をつけた。あの声は、デビュー前には出来上がっていたのである。

    ■歌声におびき寄せられた中村泰士が作曲

     デビュー曲の「雨に――」に続いて、育ての親の鈴木淳が翌年書いたのが「四つのお願い」。これが大ヒットし、紅白歌合戦にも出場した。

     そして、いよいよ昭和47年の「喝采」である。この曲は、鈴木淳の作品でなく、曲をつくったのは中村泰士。「四つのお願い」などでちあきなおみの魅力ある歌声に背筋をゾクゾクさせ、「ぜひ、ちあきなおみの曲を書かせてくれ」とコロムビア文芸部を訪ねてきたのだ。

     中村は当時、佐川満男の「今は幸せかい」を作詞・作曲し、歌手から作曲家に転向していたが、まだ新進。しかし、中村の熱意にほだされて、コロムビアは願いを聞き入れた。吉田旺作詞の最初の曲「禁じられた恋の島」はヒットしなかったが、同じコンビによる「喝采」が一気に爆発した。発売からわずか3カ月で第14回レコード大賞を受賞。これは最短記録だった。

     ちあきなおみのバイオリンのような歌声が、中村泰士を引き寄せ、見事当たったわけだが、大ヒットの秘密はもうひとつあった。

    ■“実話”との触れ込みで売り出されたが…

     当初、この曲はちあきなおみの悲しい実体験を基にしたとの触れ込みでプロモートされた。歌謡曲にはタブーとされた「届いた報らせは黒いふちどり」とか「喪服」といったマイナーな歌詞を使ったドラマチック歌謡は、ちあきなおみの歌唱力によって迫真力と凄みが漂い、それゆえ「現実にあったことを歌っているのか」と、聴く人を錯覚させ、胸を激しく揺さぶったものだ。

     それが実話とかフィクションという話を超越してしまったのは、彼女の歌声の幅広さのたまものであろう。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

    【『ちあきなおみ』の「喝采」はなぜ伝説の一曲となったのか。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (1)


    1: 湛然 ★ 2020/04/04(土) 05:20:02.62 ID:ewRtQQm+9
    EGO-WRAPPIN'、武道館で開催された結成20周年公演の映像をYouTubeで
    2020年4月3日 18:00
    https://natalie.mu/music/news/374020
    EGO-WRAPPIN'
    https://ogre-natalie-mu.cdn.ampproject.org/i/s/ogre.natalie.mu/media/news/music/2019/0315/egowrappin_art201903.jpg 
    30d8cf185eb4ed657a84e21a571e8291

    EGO-WRAPPIN'「ROUTE 20 HIT THE BUDOKAN ~live at 日本武道館~(DVD盤)」ジャケット
    https://ogre-natalie-mu.cdn.ampproject.org/i/s/ogre.natalie.mu/media/news/music/2020/0403/EGOWRAPPIN_JKT202004.jpg
    7d627d0edd288dbdc7d7d6312fb9716d

    ♪ EGO-WRAPPIN' live Blu-ray & DVD『ROUTE 20 HIT THE BUDOKAN ~live at 日本武道館~』
    https://www.youtube.com/watch?v=N0B8HxstuSs




    EGO-WRAPPIN'が2017年3月に発表した映像作品「ROUTE 20 HIT THE BUDOKAN ~live at 日本武道館~」が、本日4月3日より期間限定でYouTubeにて公開された。

    EGO-WRAPPIN'は3月よりホールツアー「HALL LOTTA LOVE ~ホールに溢れる愛を~」の開催を予定していたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響により延期に。これを受けてライブ映像の公開が決定した。「ROUTE 20 HIT THE BUDOKAN ~live at 日本武道館~」は、2016年に東京・日本武道館で開催された結成20周年公演の模様を完全収録したもの。この日のライブは約3時間におよび、さまざまなミュージシャンを交えて20年間を凝縮したセットリストが届けられた。

    EGO-WRAPPIN'のオフィシャルサイトでは、延期となったホールツアーのグッズの通信販売がスタートしている。

    (おわり)

    【『EGO-WRAPPIN』、武道館で開催された結成20周年公演の映像をYouTubeで期間限定公開。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード


    1: 湛然 ★ 2020/04/04(土) 05:20:35.98 ID:ewRtQQm+9
    LOVE PSYCHEDELICO、ドラマ「行列の女神~らーめん才遊記~」OPテーマを担当
    2020年4月3日 16:00
    https://natalie.mu/music/news/373987
    LOVE PSYCHEDELICO「Swingin'」配信ジャケット
    https://ogre-natalie-mu.cdn.ampproject.org/i/s/ogre.natalie.mu/media/news/music/2020/0403/lovepsychedelico_jkt202004.jpg 
    35efcd67dd301f6bbca087fe6d9a8c28

    LOVE PSYCHEDELICO
    https://ogre-natalie-mu.cdn.ampproject.org/i/s/ogre.natalie.mu/media/news/music/2020/0107/lovepsychedelico_art202001.jpg 
    c187ef48bf6e371b17290c4dbaa0ac66

    「行列の女神~らーめん才遊記~」キャスト。左から鈴木京香、黒島結菜。
    https://ogre-natalie-mu.cdn.ampproject.org/i/s/ogre.natalie.mu/media/news/music/2020/0403/gyouretu.jpg
    edf6d835b8ecf483cc0e0143a1202c88


    ♪ LOVE PSYCHEDELICO - Swingin’(Audio Teaser)
    https://www.youtube.com/watch?v=HbfbXpf-ISU




    LOVE PSYCHEDELICOの新曲「Swingin'」が、4月20日(月)より放送されるテレビ東京系ドラマBiz「行列の女神~らーめん才遊記~」のオープニングテーマに決定した。

    「行列の女神~らーめん才遊記~」は、久部緑郎と河合単によるマンガ「らーめん才遊記」を原作としたドラマ作品。ラーメン業界をけん引する清流企画の社長・芹沢達美が、奇抜なアイデアと計算しつくされた手法で、苦境にあえぐラーメン店を繁盛店へと導く様子が描かれる。

    デリコがドラマのオープニングテーマとして提供した「Swingin'」は、KUMIのリラックスしたボーカルと、リズム隊の余白を活かした演奏が印象的なポップチューン。この曲は4月15日に配信リリースされることが決定した。YouTubeでは「Swingin'」のティザー映像と、3月発表の音源集「Complete Singles 2000-2019」のトレイラー映像を公開中。

    ◆テレビ東京系ドラマBiz「行列の女神~らーめん才遊記~」

    2020年4月20日(月)22:00~ ※毎週月曜日放送

    (おわり)

    【『LOVE PSYCHEDELICO』、ドラマ「行列の女神~らーめん才遊記~」OPテーマを担当。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (1)


    1: フォーエバー ★ 2020/03/28(土) 15:57:40.26 ID:PjcTsO1i9
    1999年に「あの紙ヒコーキ くもり空わって」で大ブレークしたフォークデュオ「19」の元メンバー・岩瀬敬吾(41)が26日深夜放送のテレビ東京系「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~」(木曜深夜0・12)に解散後テレビ初出演。わずか3年で解散した理由を明かした。

     幼なじみだった岩瀬と岡平健治(40)、作詞担当のイラストレーター326(みつる、42)で結成した「19」。名前の由来を聞かれると「なんだったんですかね?ミツルくんから名前を変えないかと提案があって、僕らはそんなにこだわりがなかったので、変えました」と明確な理由は分からないと答え、“ジューク(19)ボックス説”についても「それもあったかな」と反応してから「年齢もあります。19歳、20歳くらいの過渡期の気持ちとか精神的なものを言葉にしたかったと思う」と語った。

     ヒット曲「あの紙ヒコーキ」を筆頭にCDを650万枚売り上げ、一躍人気アーティストに。印税など当時のギャラを聞かれると「(あの紙ヒコーキ)は2枚目のシングルで。最初の約2年間は契約が固定給だったので、最初は10万円でした。家賃は5万3000円で」と告白。固定給だったため、その間に売れた200万枚くらいの印税はまさかの0円だったという。

     その後は「ヒットしてから契約を少し変えさせてもらって、そこからは普通に…」と契約を歩合制に変更。すると「(シングルだけでなく)アルバムとかも含めていきなり印税5000万円が振り込まれました」と明かした。

     だが、「19」はわずか3年で解散。解散の真相について「(理由は)すごく複雑に入り組んでいるんですけど、若かったのが一番大きい。若いと猪突猛進というか、こう決めたらこうと、健治くんも僕にもあったので。大きいけんかも1回あったのですが、自分の作品を世に放つまでは曲げられない部分がお互いに強く持ってて…」といい、互いに作曲を担当していたため「曲を出した方に分があるぞみたいな感覚で。親友から始まったので、感情のズレには、寂しさもありつつ…」と振り返った。

     現在は全国のライブハウスなどを回り活動を続けている岩瀬。MCの名倉潤(51)に「復活したいと思っています?」と質問されると「少し考えたことがありました。(岡平には)言ってないです」と返答。名倉は「今言おうよ!電話しようよ!こういう時に勢いで言ったほうがええねん」と続けると、岩瀬は「今は思ってないので。思った時もあったという感じですね」と笑顔で否定していた。

    3/27(金) 21:46配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200327-00000206-spnannex-ent
    https://i.imgur.com/N5Y2e9G.jpg 
    N5Y2e9G

    【人気デュオ『19』岩瀬が解散後TV初出演。月給10万から「あの紙ヒコーキ」人気で印税が・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    images


    1: 湛然 ★ 2020/02/07(金) 04:36:53.06 ID:49tSv30l9
    2/7(金) 4:00 日刊スポーツ
    「異邦人」久保田早紀 36年ぶりに1日限定復活
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200207-02060650-nksports-ent

    「久保田早紀」として36年ぶりに復活する久米小百合
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20200207-02060650-nksports-000-4-view.jpg
    20200207-02060650-nksports-000-4-view


    「異邦人」の大ヒットで知られ、84年に引退した歌手久保田早紀(現・久米小百合、61)が、36年ぶりに1日限りで復活することが6日、分かった。

    6月7日に東京・品川区のきゅりあん大ホールで開催される「ミュージック・モア otonanoコンサート」に出演、デビュー40周年の節目の復活となる。

    久保田は79年に「異邦人」でデビューした。シルクロードをイメージした楽曲で「子供たちが空に向かい 両手をひろげ…」と歌い140万枚を売り上げた。結婚を機に、84年末に約5年間の活動で引退した。
    その後、信心深いクリスチャンだったことから、本名の「久米小百合」で賛美歌などを通じてキリスト教を伝える音楽宣教師となり、「久保田早紀」は封印した。

    復活のきっかけは、引退前に所属していた現ソニー・ミュージックエンタテインメントが、「久保田早紀」のデビュー40周年記念BOXを企画。数年前から久米とコミュニケーションを取ってきた。
    その過程でライブ依頼も続け、40周年のタイミングで実現した。

    「ミュージック・モア otonanoコンサート」は、大人向けの良質なコンサートで、ソニー・ミュージックダイレクトとTOKYO MXが主催する。「久保田早紀」としての36年ぶりの「異邦人」や、ゴスペルも歌唱予定だ。
    司会はクリス松村で、共演は同時代の“盟友”で、最近再注目の渡辺真知子(63)。コンサートの詳細は8日の同局の音楽番組「ミュージック・モア」(土曜午後6時59分)で発表される。

    40周年記念BOX「SAKI KUBOTA PREMIUM」(CD9枚+ブルーレイ・ディスク1枚、税込み2万4200円)は1月31日に、ソニーミュージックショップ限定で発売された。「夢がたり」から「夜の底は柔らかな幻」までの7枚のアルバムを最新音で完全収録。
    初商品化の楽曲や、引退コンサートのCDと映像もある。写真満載のブックレットに掲載されたロングインタビューでは「今、社会の中核を担っている同時代を生きた皆さんに、何かをお届けできたら幸いです」とコメントしている。

    ◆久保田早紀(くぼた・さき)
    本名・久米小百合。1958年(昭33)5月11日、東京生まれ。共立女子短大卒。81年にキリスト教の洗礼を受ける。85年に俳優で声優の久米明氏の次男で音楽家の久米大作氏と結婚。
    「異邦人」はピンク・レディー、中森明菜、庄野真代、徳永英明、石井竜也、B,zの松本孝弘とZARD、藤あや子ら多数の歌手がカバーしている。

    (おわり)

    【名曲「異邦人」の歌手『久保田早紀』、36年ぶりに1日限定復活。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (1)


    1: 名無し募集中。。。 2019/12/05(木) 18:15:27.30 0
    について知ってることある?

    【『デュラン・デュラン』とかいうバンド。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    images


    1: フォーエバー ★ 2019/12/18(水) 20:44:12.08 ID:cMHgD4ig9
    シンガー・ソングライターのスガシカオ(53)が18日、自身のツイッターを更新し、コンビニ店員の口調に怒りを覚え、店を出たことを明かした。

     スガシカオは「なんか、その口にきき方はないんじゃないの?っていうコンビニ店員のおかげで、宅急便の手続き途中でやめて、怒って出てきちゃったよ」と店員の口調に怒りを覚えたとツイート。

     普段は「あんまりそうゆうことで怒ったりすることないんだけどなぁ」と説明し「Twitterでグチりたくなるくらい頭にきちゃいましたよ。。」とつづった。

    12/18(水) 19:09配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191218-12180165-sph-ent
    https://i.imgur.com/cVdRZK5.jpg 
    cVdRZK5

    【スガシカオ、コンビニ店員の口調にイラッ。「怒って出てきちゃったよ。」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (1)


    1: シャチ ★ 2019/10/24(木) 23:02:19.78 ID:6Wf3pD5C9
     カナダのバンクーバー出身のシンガー・ソングライター、ダン・ベイハーを中心としたプロジェクト、デストロイヤー(DESTROYER)がMERGE RECORDSからDEAD OCEANSに移籍。2016年の『KEN』以来4年ぶりのアルバム『ハヴ・ウィー・メット』を2020年1月31日(金)に発表します。新作収録曲で、80年代の音楽を彷彿とさせるダンサブルな「Crimson Tide」のミュージック・ビデオが公開中。

     アルバムは全10曲入り。デストロイヤーはこのアルバムを携え、2020年2月21日(金)のオレゴン州ポートランド公演を皮切りに北米ツアーを予定しています。



    10/23(水) 15:41配信CDジャーナル
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191023-00000012-cdj-musi
    画像
    https://www.cdjournal.com/image/jacket/large/Z3/Z335002604.jpg 
    Z335002604

    【ダン・ベイハー中心のプロジェクト『デストロイヤー』、4年ぶりの新作「ハヴ・ウィー・メット」を2020年1月に発表。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード


    1: 朝一から閉店までφ ★ 2019/08/15(木) 06:24:00.95 ID:k5gG0t8t9
    2019年8月15日 4:00

    左から平松愛理、薬丸裕英。
    https://cdnx.natalie.mu/media/news/music/2019/0814/hiramatsueriyakumaru01_fixw_730_hq.jpg
    hiramatsueriyakumaru01_fixw_730_hq


    平松愛理の新曲「部屋とYシャツと私~あれから~」のミュージックビデオが、YouTubeで公開された。

    この楽曲は平松が1992年3月にリリースしたシングル「部屋とYシャツと私」の続編となる作品で、結婚後20~25年が経過した女性の心情が描かれている。タレントの薬丸裕英がゲスト出演したこのMVは、夫婦がレストランで食事をするシーンから始まり、
    2人の歴史が振り返られるというストーリー仕立になっている。薬丸は夫役を演じ、平松は夫婦を見守る役どころとして登場する。MVの撮影を終えた平松は、「改めてこの曲が、生きてきた時間の行き来を感じるMVになりました」とコメントしている。


    この記事の画像・動画一覧(全5件)大きなサイズで表示
    https://natalie.mu/music/news/343649

    【平松愛理「部屋とYシャツと私」の”その後”を描いたMVに薬丸裕英登場。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード


    1: 湛然 ★ 2019/07/28(日) 05:19:58.48 ID:y1rSnyzz9
    三浦祐太朗、2年ぶり母・百恵さんのカバーアルバム発売…「ありがとうあなた」など4曲+オリジナル
    2019年7月28日 4時0分スポーツ報知
    https://hochi.news/articles/20190727-OHT1T50359.html

    47都道府県ツアーの後半戦開幕となる大阪でライブを行った三浦祐太朗
    https://hochi.news/images/2019/07/27/20190727-OHT1I50255-L.jpg
    20190727-OHT1I50255-L


     シンガー・ソングライターの三浦祐太朗(35)が、10月2日に母親で元歌手の山口(現姓・三浦)百恵さん(60)のカバーアルバム(タイトル未定)を発売することが27日、分かった。百恵さん作品のカバーはアルバム「I’m HOME」(17年)以来2年ぶりになる。

     今作では「ありがとうあなた」(75年)を始め「横須賀ストーリー」(76年)、「しなやかに歌って」(79年)、「ロックンロール・ウィドウ」(80年)の4曲を収録。「初めて母のカバーをした時、喜んでくれた方がたくさんいた。その続きを楽しみにされている方(の期待)に応えたかった。自分じゃなきゃできないものにしたい」。百恵さんにも報告済みで「特別には何も。応援してくれています。ありがたいですね」と感謝した。

     アルバムは「小さな手」などオリジナル4曲を含む全8曲で、収録曲が「オリジナル+カバー」になるのは初の試み。「母のファンの方にもオリジナルを聴いてもらう機会になるし、その逆のチャンスもある。どちらの層にも喜んでほしい」と話した。

     「ありがとうあなた」は、百恵さん出演のTBS系「赤い疑惑」(75年)の主題歌。同局系「赤いシリーズ」(74年~80年)が中国で人気が高いため、中国語でもカバー。初訪問の上海で撮影したミュージックビデオを先行公開中だ(日本での公開時期未定)。中国版ツイッターの微博(ウェイボー)にもアカウントを開設した三浦は「じかに熱量、街の雰囲気、お国柄を肌で感じられていい経験になった。将来、現地でコンサートができたら」と新たな夢を語った。

     1月から47都道府県ツアーを敢行している。この日は、ツアー後半戦突入の大阪公演(たかいし市民文化会館)を行い、800人を前に「さよならの向う側」など15曲を披露。「行ったことのない場所で歌うのは楽しい。三浦祐太朗はこういう人物だ―と少しでも分かってもらえるように歌声を届けていきたい」と誓った。

    (おわり)

    【三浦祐太朗、また母・百恵さんのカバーアルバム発売。】の続きを読む

    このページのトップヘ