メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    音楽関係を中心にしたエンタメ関連のまとめブログ

    カテゴリ:その他国内外アーティスト > メタル・ロック・パンク

    images

    1: 湛然 ★ 2019/11/25(月) 23:27:24.59 ID:DuZknmQH9
    Ultimate Guitarの読者が選ぶ「再録音した方がいいアルバム TOP20」
    2019/11/25 15:53 amass
    http://amass.jp/128469/


    海外の音楽サイトUltimate Guitarは、同サイトの読者が選ぶ「再録音した方がいいアルバム TOP20」を発表しています。同サイトは、読者の投票と300以上のコメントに基づいてTOP20ランキングを作成しています


    1. Metallica - "...And Justice For All"
    2. Trivium - Ember to Inferno
    3. Everything by the original Misfits
    4. Megadeth - Killing Is My Business... and Business Is Good!
    5. Periphery - Periphery
    6. Foo Fighters - Foo Fighters
    7. Iron Maiden - Iron Maiden
    8. Chevelle - Point #1
    9. Staind - Tormented
    10. Nine Inch Nails - Pretty Hate Machine

    11. Mastodon - Remission
    12. Tool - Undertow
    13. Opeth - Orchid
    14. Ozzy Osbourne - The Ultimate Sin
    15. Baroness - Gold & Grey
    16. The Shaggs - Philosophy of the World
    17. Dream Theater - When Dream and Day Unite
    18. Slayer - Hell Awaits
    19. Black Sabbath - Born Again
    20. AC/DC - Fly On The Wall


    詳細は以下のURLのページでご覧になれます。
    https://www.ultimate-guitar.com/articles/features/friday_top_20_albums_that_should_be_re-recorded-99911

    (おわり)

    【Ultimate Guitarの読者が選ぶ”再録音した方がいいアルバム TOP20”】の続きを読む

    ダウンロード (5)


    1: 鉄チーズ烏 ★ 2019/11/24(日) 16:37:30.22 ID:CeRHx+vP9
    BSフジ『伊藤政則のロックTV!』のYouTubeチャンネルにて、ナイト・レンジャーのインタビュー映像約25分が公開。2019年11月23日放送分のロング・ヴァージョン。

    ナイト・レンジャーは今年10月、1st『ドーン・パトロール』&2nd『ミッドナイト・マッドネス』完全再現、さらにヒット曲も加えたセットリストで14回目の来日公演を行っています。

    2019/11/24 15:58掲載
    http://amass.jp/128440/

    https://youtu.be/yj2Iltl5uqI


    【「伊藤政則のロックTV!」、『ナイト・レンジャー』のインタビュー映像(ロング・ヴァージョン)公開。】の続きを読む

    ダウンロード (2)


    1: 湛然 ★ 2019/11/18(月) 23:11:51.83 ID:tbUDlErP9
    2019/11/18 15:25 Billboard JAPAN
    超絶技巧バンド、サンズ・オブ・アポロが新作『MMXX』より7分半の1stシングルMVを公開
    http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/82209/2
    http://www.billboard-japan.com/scale/news/00000082/82209/650x_image.jpg
    650x_image

    Sons Of Apollo - Goodbye Divinity [Sons Of Apollo]
    https://www.youtube.com/watch?v=wZlyaCqqZ0A




     サンズ・オブ・アポロが2020年1月17日に世界同時リリースする2ndアルバム『MMXX』より、1stシングル「グッドバイ・ディヴィニティ」(Goodbye Divinity)の先行デジタル配信を開始。あわせて同ミュージックビデオをYoutubeで公開した。

     元ドリーム・シアターのマイク・ポートノイ(Dr)とデレク・シェリニアン(Key)、元ガンズ・アンド・ローゼズのロン・“バンブルフット”・サール(G)、MR. BIGのビリー・シーン(B)、元イングヴェイ・マルムスティーンズ・ライジング・フォースやタリスマン、ジャーニーでの活躍でもお馴染みのジェフ・スコット・ソート(Vo)が2017年に結成した、技巧派スーパーバンド:サンズ・オブ・アポロ。

     “2020”を表すローマ数字をタイトリングしたニューアルバム『MMXX』の発売決定は、既にお伝えしているとおり。プロデュースは“The Del Fuvio Brothers”ことマイク・ポートノイとデレク・シェリニアンが務め、アルバムのリミテッド・エディションには全曲のインストゥルメンタルとアカペラをDISC 2に収録。日本盤のみ高品質Blu-spec CD2仕様となる。

     今回公開された「グッドバイ・ディヴィニティ」MVは主にメンバーの演奏シーンで構成されており、ロン・サールとビリー・シーンはともにダブルネック手に登場。豪華なドラムセットに囲まれたポートノイのドラミングも拝める。ドリーム・シアター『Falling Into Infinity』期にも通じるデレクのスペーシーなシンセからスタートする楽曲は、サビではジェフらしいキャッチーなメロディーをフィーチャーしたおよそ7分半のドラマティックな秀曲となっている。


    ◎リリース情報
    アルバム『MMXX』
    2020年1月17日(金)リリース
    ●リミテッド・エディション(2CD) [完全生産限定盤]
    品番:SICP 31344~5
    定価:¥3,000+税
    Blu-specCD2/メディアブック仕様
    ●通常盤(1CD)
    品番:SICP 6250

    (おわり)

    【マイク・ポートノイ率いる超絶技巧バンド『サンズ・オブ・アポロ』が新作「MMXX」より7分半の1stシングルMVを公開。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: muffin ★ 2019/11/15(金) 12:33:49.27 ID:hXPCcxWL9
    https://natalie.mu/music/news/355543
    2019年11月15日

    NICO Touches the Wallsが活動を終了することが発表された。

    メンバーはオフィシャルサイトにて連名でコメントを発表。「15年という時間、そして作り上げてきた作品たちは、僕らにとって何にも代え難い宝物です。しかしミュージシャンとして、そしてそれぞれひとりの人間として、NICO Touches the Wallsという空間を飛び出し、新たな景色を見に行きたい気持ちが強くなりました」と活動終了の理由を明かし、「さあ。『壁』はなくなった! 一度きりの人生、どこまでも行くよ!」という言葉をもってメッセージを締めくくっている。

    NICO Touches the Wallsは、2004年4月に光村龍哉(Vo, G)、古村大介(G)、坂倉心悟(B)の3人で結成され、同年7月に対馬祥太郎(Dr)が加入。2007年11月にミニアルバム「How are you?」でメジャーデビューを果たし、2010年3月には初の東京・日本武道館ワンマンライブを開催した。今年6月にはオリジナルアルバム「QUIZMASTER」をリリースした。

    ♦NICO Touches the Walls コメント
    このたび、僕たち4人はNICO Touches the Wallsを終了することにいたしました。

    15年という時間、そして作り上げてきた作品たちは、僕らにとって何にも代え難い宝物です。

    しかしミュージシャンとして、そしてそれぞれひとりの人間として、NICO Touches the Wallsという空間を飛び出し、新たな景色を見に行きたい気持ちが強くなりました。

    15年間色々な場所から僕らを支えてくれたすべての方々に感謝いたします。あなたの応援があったからこそNICO Touches the Wallsを続けていくことができました。本当にありがとうございました。

    さあ。
    「壁」はなくなった!
    一度きりの人生、どこまでも行くよ!

    NICO Touches the Walls
    光村龍哉、古村大介、坂倉心悟、対馬祥太郎

    https://ogre.natalie.mu/media/news/music/2019/0322/NICOTouchestheWalls_art201903.jpg 
    10b97152ce6e8e534c9187b531f7710f

    【『NICO Touches the Walls』、活動終了を発表。「15年間本当にありがとう。」 】の続きを読む

    ダウンロード (3)


    1: 湛然 ★ 2019/11/02(土) 05:07:29.40 ID:gjKJgwoi9
    マイ・ケミカル・ロマンス復活、12月に再結成ライヴ開催
    2019/11/01 05:28
    http://amass.jp/127543/

    mychemicalromance
    https://scontent-sjc3-1.cdninstagram.com/vp/cbb88918b1f9454d2424452e03778381/5E48DC18/t51.2885-15/e35/72555714_2561658350607937_80733929276823081_n.jpg?_nc_ht=scontent-sjc3-1.cdninstagram.com&.jpg
    72555714_2561658350607937_80733929276823081_n

    https://www.instagram.com/p/B4SyPJKBvAr/


    マイ・ケミカル・ロマンス(My Chemical Romance)が復活。12月に再結成ライヴを行うことを発表しています。再結成の噂はしばらくの間広まっていましたが、バンドはSNSページで再結成ライヴの開催を正式に発表。12月20日に米カリフォルニア州ロサンゼルスのShrine Expo Hallで行われます。バンドの復活は2013年の解散以来。彼らのライヴ・パフォーマンスは2012年以来、7年ぶり。

    (おわり)

    【『マイ・ケミカル・ロマンス』復活。12月に再結成ライヴ開催。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 朝一から閉店までφ ★ 2019/10/17(木) 22:00:14.09 ID:UfVGhrGg9
    CKB横山剣に聞く横浜不良音楽の系譜
    カップスからSuchmosまで世代を超えて受け継がれるハマのDNA
    2019年10月16日 22:47
    横浜の海の玄関口、横浜港が開港したのは1859年のことだった。国際的な貿易港となったこの港からはさまざまな外来文化が輸入され、戦後になると米軍基地および米軍関連施設経由でアメリカのユースカルチャーがダイレクトに輸入された。横浜はそうした背景のもと、不良の匂いのするグループやアーティストを数多く輩出してきた町でもある。
    1960年代のザ・ゴールデン・カップスやパワーハウス、90年代のダンスホールレゲエやヒップホップ勢、近年のSuchmosに至るまで、なぜ横浜の地からは不良性感度の高い音楽が生まれてきたのだろうか。世代を超えたミュージシャンたちと交流があり、さる8月に横浜不良音楽の最新型ともいえるクレイジーケンバンドの新作「PACIFIC」を完成させた横山剣に、彼の地の不良音楽の変遷について解説していただいた。

    取材・文 / 大石始 撮影 / 沼田学




    60年代:ザ・ゴールデン・カップスとパワーハウス、そして横浜の不良少年少女たち

    横浜の不良音楽史を考える際、原点となるのはやはりザ・ゴールデン・カップスだ。1966年12月に活動を開始した彼らは、グループサウンズ全盛期の中で異端のグループでもあった(当初の名前は「平尾時宗とグループ・アンド・アイ」)。村井邦彦らプロの作曲家による楽曲も歌い、歌謡界にも打って出た彼らだが、グループとしての本質はあくまでもアメリカのR&Bやサイケデリックロック。デイヴ平尾のシャウト、エディ藩のファズの効いたギター、ルイズルイス加部の強烈にドライブするベースは、90年代以降も再評価され続けている。

    「当時は子供にも人気があったし、僕もシングルやアルバムを通じてカップスを知ったんです。ほかのGSグループみたいにおそろいの服を着たりしないところもカッコいいなと思いました。カップスは今で言うとSuchmos的な立ち位置だったんですよ。クリエイティブで、それまでやってきたことをぶん投げてすぐ次にいっちゃう。ポップセンスもあって、そういうところもSuchmos的だったんです。
    僕より10歳ぐらい年上のいとこがカップスを追いかけていて、当時いろいろ教えてもらいました。彼らがライブをやっていた本牧のゴールデン・カップはすごく小さな店なので、メンバーはカウンターの上に座って演奏していたとか。当時は米兵もいっぱいいたわけで、すごく狭い中で演奏していたんだと思います」


         ===== 後略 =====
    全文は下記URLで

    https://natalie.mu/music/column/351287

    【『CKB』横山剣に聞く横浜不良音楽の系譜。『カップス』から『Suchmos』まで世代を超えて受け継がれる”ハマ”のDNA。】の続きを読む

    images (1)


    1: 名無し募集中。。。 2019/08/19(月) 22:49:10.66 0
    有名な曲もほとんどない
    本当に売れてるの?

    【『ラッドウィンプス』『バックナンバー』『サカナクション』『バンプオブチキン』 ←このあたりの売れてるのか売れてないのかよくわからないバンド。】の続きを読む

    images (1)


    1: muffin ★ 2019/10/10(木) 18:08:41.41 ID:M8XBYx0C9
    https://www.daily.co.jp/gossip/2019/10/10/0012777379.shtml
    2019.10.10

     ロックバンド「ガガガSP」のボーカル・コザック前田(40)が10日、自身の公式ツイッターを更新。教員によるいじめ問題が発覚した神戸市立東須磨小学校出身であることから、活動自粛を求めるダイレクトメールを送られたことを明かし、「関係あらへん。バカが多いぜ、世の中は」と反論した。

     前田はこの日未明、ツイッターで「『東須磨小学校卒業なんですね。活動自粛してください』ってDMが来た」と告白。「舐めるな!東須磨を!『東須磨小学校は優秀ですよ。僕が卒業してますから。貴方はDMを自粛したらどうですか』て返してやった。笑」と明かし、「関係あらへん。バカが多いぜ、世の中は」とバッサリ斬って捨てた。当該ツイートには、同日午後2時現在で1300件を超える「いいね」が付いている。

     東須磨小学校では、20代の教員が、同僚の先輩教員4人から目に激辛カレーをこすりつけられるなどのいじめを受けていたことが発覚。9日には同校の仁王美貴校長が神戸市役所で涙ながらに会見し、「教員間のハラスメント事案について、児童や保護者、関係者の皆様に多大なご迷惑や心配をおかけしましたことをお詫び致します。大変、申し訳ございませんでした」と謝罪した。

     前田は神戸市出身で、東須磨小から市立飛松中、神戸高塚高校を卒業。1997年に「ガガガSP」を結成し、2002年にシングル「卒業」でメジャーデビューした。東須磨小は、将棋の谷川浩司九段(57)、フィギュアスケート選手の三原舞依(20)らが卒業している。

    【東須磨小出身『ガガガSP』コザック前田、活動自粛求めるメッセージに反論。「関係あらへん。バカが多いぜ、世の中は。」 】の続きを読む

    ダウンロード (3)


    1: 鉄チーズ烏 ★ 2019/10/09(水) 19:43:03.86 ID:LhmpBlOV9
     伝説のロックバンド「AUTO―MOD(オートモッド)」が9年ぶりに新作CD+DVD「祈り」(11月13日発売)をリリースする。それに先駆け19日に東京・高円寺のKOENJI HIGHでの主催イベント「時の葬列~方舟の章 Vol.6」にて先行発売する。


     ボーカルのGENET(ジュネ)は「世界が本気でヤバくなりだしている。無力のかけらができることは人を愛すること、そして祈ること…AUTO―MODはそんなバンドです…。昔のロックが持っていた愛と自由と戦い、そして祈り、AUTO―MODはそんなロックが好きなんです。ロックしましょうよ」と語る。

     同バンドは、「BOOWY」のギタリスト・布袋寅泰とドラムの高橋まこと、「PERSONZ」のベーシストの渡邉貢、「レベッカ」のギタリストの友森昭一らを輩出した。

     音楽ライターは「海外に日本のビジュアル系、耽美的なロックが認識されるきっかけになったバンドの一つで、寺山修司の世界をほうふつとさせる劇場型のステージが伝説となり、ヨーロッパでも人気があります。商業的なビートロックとは異なるゴシック路線。ティム・バートン監督のような世界観も女性受けがよく、新たな若いファンをもつかんでいます」と言う。

     1980年に結成され、日本のポジティブパンク・シーンをけん引し85年にメジャーデビュー。同年、解散を最終目的とした13回限定のシリーズ・ギグ「時の葬列」を主催し、同11月3日に「時の葬列・終末の予感<最終夜>」を後楽園ホールで行い解散した。

     97年に再結成。令和の新活動のメンバーは耽美系の祖「EX―ANS」出身ギタリストYukino、ベースにHikaru(「JUSTY―NASTY」)、ドラムは「LUNA SEA」などのプロデューサーして活躍するEBY(元「ZI:KILL」)という90年代のビジュアル系ブームを引っ張った布陣だ。


    2019年10月09日 11時00分
    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/1578156/
    https://img.tokyo-sports.co.jp/wp-content/uploads/2019/10/fc61118431ebaa06ee456c727a06a6f4.jpg 
    fc61118431ebaa06ee456c727a06a6f4

    【布袋寅泰らを輩出した伝説伝説のロックバンド『AUTO-MOD』とは。 】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: muffin ★ 2019/09/23(月) 20:06:28.71 ID:gvj0b/aI9
    https://natalie.mu/music/news/348656
    2019年9月23日

    9月30日(月)にフジテレビ系で放送される「HEY! HEY! NEO」に、蒼井翔太、Official髭男dism、ニガミ17才、MY FIRST STORYが出演する。

    「HEY! HEY! NEO」は人気音楽番組「HEY! HEY! HEY! MUSIC CHAMP」のスピンオフ番組で、アーティストのライブパフォーマンスに加え、出演者とMCのダウンタウンとのトークが楽しめる。スタジオライブで蒼井翔太は「Harmony」、Official髭男dismは「イエスタデイ」、ニガミ17才は「ただし、BGM」、MY FIRST STORYは「無告」をパフォーマンスする。また、今回出演する4組はいずれもダウンタウンとは初共演。トークではどんな話題が飛び出すのか注目が集まる。

    ♦フジテレビ系「HEY! HEY! NEO」
    2019年9月30日(月)23:00~24:00
    <出演者および披露曲>
    ・蒼井翔太「Harmony」
    ・Official髭男dism「イエスタデイ」
    ・ニガミ17才「ただし、BGM」
    ・MY FIRST STORY「無告」

    MC:ダウンタウン

    蒼井翔太
    https://ogre.natalie.mu/media/news/music/2019/0903/aoishota_art201909.jpg
    7826623bee32d5db6bfc0362429c89e3

    Official髭男dism
    https://ogre.natalie.mu/media/news/music/2019/0616/officialhigedandism_art201906.jpg 
    02aff08015bb5bf00d1b14ca74d0a62b

    ニガミ17才
    https://ogre.natalie.mu/media/news/music/2018/0503/nigami17sai_art201805.jpg 
    a5824477a847612a08dbb4e78f23daa5
     
    MY FIRST STORY
    https://ogre.natalie.mu/media/news/music/2019/0415/myfirststory_art201904.jpg 
    b042196b7592ca08c8a2a1ce6be6c844

    【ダウンタウン「HEY! HEY! NEO」に『蒼井翔太』『Official髭男dism』『ニガミ17才』『マイファーストストーリー』が出演。】の続きを読む

    images


    1: muffin ★ 2019/09/21(土) 17:40:21.36 ID:aFDPUyyZ9
    https://natalie.mu/music/news/348513
    2019年9月21日 12:57

    長崎出身のエクストリームデスコアバンド・HOTOKEのREIGA(Vo)とKEISUKE(G)が本日9月21日未明に大麻取締法違反の容疑で逮捕されたことが明らかになった。

    これに伴ってバンドは本日9月21日に福岡・grafで行われるPOSTHUMANITYのリリースパーティと、明日9月22日に大阪・Socore Factoryで行われるWithin Destructionの来日公演への出演をキャンセルすることを発表。事実確認が取れ次第、今後の活動と出演予定のライブに関しても発表するという。

    中央がREIGA(Vo)、その右隣がKEISUKE(G)
    https://ogre.natalie.mu/media/news/music/2019/0921/HOTOKE_art201902.jpg 
    HOTOKE_art201902

    【長崎のエクストリームデスコアバンド『HOTOKE』のREIGAとKEISUKEが大麻取締法違反で逮捕。】の続きを読む

    images (1)


    1: 湛然 ★ 2019/09/18(水) 23:42:35.01 ID:j5ZQ7dPV9
    NHKで<ダウンロード・フェスティバル 2019>特番、デフ・レパード、スラッシュ、スレイヤー、スリップノット他
    2019/09/14 10:23掲載
    http://amass.jp/125588/

    英国の野外ロック・フェスティバル<ダウンロード・フェスティバル(Download Festival)>。2019年6月に行われた公演から8組のパフォーマンスを放送する『洋楽倶楽部 ダウンロード・フェスティバル 2019』がNHK BSプレミアムで9月28日(土)深夜放送されます。解説は音楽評論家の伊藤政則。

    出演アーティスト:デフ・レパード、ヘイルストーム、スラッシュfeat. マイルス・ケネディ&ザ・コンスピレイターズ、スレイヤー、スマッシング・パンプキンズ、ホワイトスネイク、ロブ・ゾンビ、スリップノット

    ■『洋楽倶楽部 ダウンロード・フェスティバル 2019』
    NHK BSプレミアム 9月29日(日)午前1時15分~午前3時25分>>28日(土)深夜

    出演アーティスト:デフ・レパード、ヘイルストーム、スラッシュfeat.マイルス・ケネディ&ザ・コンスピレイターズ、スレイヤー、スマッシング・パンプキンズ、ホワイトスネイク、ロブ・ゾンビ、スリップノット。解説:伊藤政則(音楽評論家)

    番組ページ:
    https://www4.nhk.or.jp/P4653/
    https://www4.nhk.or.jp/prog/img/4653/top.jpg
    top

    (おわり)

    【NHKで「ダウンロード・フェスティバル 2019」特番。『スリップノット』『デフ・レパード』『スラッシュ』『スレイヤー』『ホワイトスネイク』他。解説は伊藤政則。 】の続きを読む

    このページのトップヘ