メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    音楽関係を中心にしたエンタメ関連のまとめブログ

    カテゴリ: その他国内外アーティスト

    images


    1: 名無し募集中。。。 2019/08/19(月) 20:04:28.18 0

    【『BRING ME THE HORIZON』のオリバーがInstagramに『BABYMETAL』のスーメタルとイチャイチャする写真アップ。 】の続きを読む

    ダウンロード (3)


    1: 名無しさんのみボーナストラック収録 2019/05/14(火) 19:27:54.98 ID:IrYYhRO00
    日本バンドでビルボードハードロックチャートにランクインしたバンドはいないそうです



    The HUはモンゴルのウランバートルのロックバンド。2018年9月に最初の楽曲「Yuve Yuve Yu」をアップ。これまでに820万再生を突破しており、11月にアップした「Wolf Totem」も420万再生となっています。いったい彼らは何者なのでしょうか?

    The HUは自らを「Hunnu Rock Band(匈奴ロックバンド)」と名乗っています。匈奴は紀元前209年にモンゴル高原を中心とした中央ユーラシア東部に一大勢力を築いた遊牧国家の名前です。音楽としてはヘビーメタルに近いと言えるのでしょうか。
    https://youtu.be/v4xZUr0BEfE



    https://buzzap.jp/news/20190203-the-hu-band/


    http://uproda11.2ch-library.com/e/e00258351-1557829103.png 
    ダウンロード (4)

    【盛り上がりを見せるモンゴルのメタルバンド『the Hu』がビルボードにランクイン。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 鉄チーズ烏 ★ 2019/08/19(月) 19:43:57.81 ID:U2VtHjVt9
    『PPAP』で世界的な人気を集めたピコ太郎さんの新曲『Everyone must die』が注目を集めている。新曲はピコ太郎さんが取り組んできた「ピコ10プロジェクト」のラスト曲として、8月14日にユーチューブ上で公開された。PPAPはすべて英語の歌詞で1分程度の長さだったが、新曲は、サビ以外はすべて日本語で、曲の長さも3分程度に伸びている。

    MVでは、おなじみのアニマル柄の衣装に、頭上に天使の輪を付けたピコ太郎さんが冒頭、穏やかなピアノに合わせ、「空は青く晴れ 白い雲がゆっくり動き 子供達は走り回り 大人たちは大きく笑う」と語りかける。微笑みをたたえたまま、「愛してる人はいますか?好きな人はいますか?」と問いかけたと思えば、

    「人はみんな産まれて……死ぬ」

    と、曲調は一転して激しくなる。独特の世界観にネットでは「アクの強い曲出してきたな」「前衛的すぎて理解不能」と困惑が広がっている。

    ■「ピコ太郎さん大丈夫?」「話を聞いてくれる人が必要?」心配するコメントも

    MVには、ピコ太郎さんのプロデューサーである古坂大魔王さんがギター、ドラム、ボーカル、キーボードを務める様子も写っている。うねるベースラインや強めにエフェクトがかかったドラムなど、PPAPよりも現代的なテクノサウンドになっている。

    Aメロ、Bメロで繰り返される「人はみんな産まれて……死ぬ」のフレーズは、「死ぬ」の手前で音がなくなっている。『PPAP』で「ペンパイナッポーアッポーペン」の手前で音を止めていたのと同じ手法だ。「ペンパイナッポーアッポーペン」が人々の印象に残ったのと同じように、今回の曲では「死ぬ」の一言が強く記憶に残る仕組みになっている。

    サビでは、曲のタイトルにもなっている「Everyone must die」が満面の笑みで4回繰り返される。曲の最後もこの台詞で締められていて、とにかく「生き物はみな死ぬ」というメッセージが強烈だ。

    動画は19日の13時頃までに約19万回再生されている。「インフルエンザの時に見る夢」などの感想が集まっているほか、海外からのコメントも多い。「ピコ太郎さん大丈夫ですか?」「誰か話を聞いてくれる人を必要としているのか?」と心配する声のほか、

    「私の葬式で流すのに適切な曲」
    「世界の終わりにピコ太郎が天国から降りてきて、この曲を歌うんだと思う」
    「暗い。暗すぎる。でも真理だ」
    「私がなんでこの曲をこんなに好きなのか誰か教えて……」
    「ピコ太郎はいったいどうやって『PPAP』から『Everyone must die』になったのですか?」

    と、困惑しながらも受け入れようとするファンの様子が見られた。


    キャリコネ編集部2019.8.19
    https://news.careerconnection.jp/?p=76916
    https://news.careerconnection.jp/wp-content/uploads/2019/08/190819pikotaroeye.jpg
    190819pikotaroeye

    https://youtu.be/wO3WXyQbpvk


    【『ピコ太郎』の新曲に海外ネット民が困惑。「何があったらPPAPからこうなるの?」 】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 朝一から閉店までφ ★ 2019/08/15(木) 06:24:00.95 ID:k5gG0t8t9
    2019年8月15日 4:00

    左から平松愛理、薬丸裕英。
    https://cdnx.natalie.mu/media/news/music/2019/0814/hiramatsueriyakumaru01_fixw_730_hq.jpg
    hiramatsueriyakumaru01_fixw_730_hq


    平松愛理の新曲「部屋とYシャツと私~あれから~」のミュージックビデオが、YouTubeで公開された。

    この楽曲は平松が1992年3月にリリースしたシングル「部屋とYシャツと私」の続編となる作品で、結婚後20~25年が経過した女性の心情が描かれている。タレントの薬丸裕英がゲスト出演したこのMVは、夫婦がレストランで食事をするシーンから始まり、
    2人の歴史が振り返られるというストーリー仕立になっている。薬丸は夫役を演じ、平松は夫婦を見守る役どころとして登場する。MVの撮影を終えた平松は、「改めてこの曲が、生きてきた時間の行き来を感じるMVになりました」とコメントしている。


    この記事の画像・動画一覧(全5件)大きなサイズで表示
    https://natalie.mu/music/news/343649

    【平松愛理「部屋とYシャツと私」の”その後”を描いたMVに薬丸裕英登場。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2019/08/11(日) 12:09:48.81 ID:CAP_USER
    日本アイドル過去最悪事態・韓国から追放危機


    過去最悪といわれる日韓関係の中、韓国で“日本人アイドル追放”への議論が渦巻いている。

    5月にAKBを卒業した高橋朱里(21)が韓国の6人組ガールズグループ「Rocket Punch」として“韓国デビュー”。
    一方、同じくAKBを5月に卒業した竹内美宥(23)は日韓関係を考慮し、デビュー曲の発売が延期に。

    「TWICE」や「IZ*ONE」に所属する日本人メンバーにもバッシングが起きている。

    徴用工問題、レーダー照射問題などに端を発した日韓関係の亀裂。日本の半導体材料の対韓輸出規制強化をめぐり、
    韓国側はついに「日本製品の不買運動」を展開。日韓関係は過去最悪ともいえる状況にある。

    そんな中で韓国デビューしたのが、5月にAKBを卒業した高橋だ。

    韓国の6人組ガールズグループ「Rocket Punch(ロケットパンチ)」に唯一の日本人メンバーとして加入。
    7日にデビューミニアルバム「PINK PUNCH」の発売記念イベントに出演したが、いきなり洗礼を浴びたという。

    「韓国マスコミから、高橋に対して“日韓関係が悪化する中での韓国デビュー”について、質問が飛んだ。
    高橋が困惑すると、MCが『この質問に答えることは難しい』などと遮りましたが、アイドルのデビューイベントとは思えない緊張感に包まれました」(レコード会社関係者)

    昨年のAKB選抜総選挙で12位に入るなど人気メンバーだった高橋は、AKBグループメンバーが参加した韓国のオーディション番組「PRODUCE48」に挑戦。
    同番組で結成された宮脇咲良ら3人が加わった日韓アイドルグループ「IZ*ONE」のメンバーには選ばれなかったものの、
    高橋の奮闘ぶりを評価した韓国の芸能事務所からスカウトされ、同国で再デビューすることを発表していた。

    「政治と文化やスポーツ交流は分けて考えるべきとの冷静な声もあるが、韓国内では2020年東京オリンピックへのボイコット論も過熱。
    14日公開予定だったアニメ『映画ドラえもん のび太の月面探査記』も延期になった。高橋の活動について韓国メディアは厳しい論評をしている」(前同)

    高橋と同じく「PRODUCE48」に参加し、5月にAKBを卒業した竹内は、韓国の芸能プロダクションと契約。
    7月に歌手として新曲の発表を予定していたが、日韓関係の悪化を受けて、こちらも延期したことが明らかになった。

    両国の関係悪化の影響は、日本人メンバーが所属するTWICEやIZ*ONEら日本でも人気の高い韓流ガールズグループにも波及している。

    「TWICEにはサナ、モモ、ミナと3人の日本人メンバーがいるが、『日本に帰れ』などネット上で韓国からの追放を求めるバッシングが起きている。
    そんなTWICEは日本で3月に1枚のアルバム、7月に2枚のシングルをリリースしたばかりで、好調な売り上げを記録している。
    国と違い、日本では日韓の関係悪化の影響はそれほど感じられない」(前同)

    IZ*ONEには、AKB48グループの活動を一時休止して、参加している宮脇咲良(21)、
    本田仁美(17)、矢吹奈子(18)が所属しているだけに、ファンからは不安の声が噴出している。

    「昨今、韓国グループによる日本市場への熱烈な売り込みが続き、若者を中心に『第3次韓流ブーム』といわれる。
    だが、一方で日本人が韓国の音楽界で稼ぐことは拒絶する傾向がある。日本で稼ぎたいが、韓国では稼がれたくないという二面性がある」(前同)

    昨年9月、韓国の男性7人組グループ「防弾少年団(BTS)」の新シングル収録曲「Bird」の作詞を秋元康氏が担当したことが発表されると、
    歴史問題に結びつけるとともに“韓流ビジネスに狙いをつけた”と猛反発されたのも記憶に新しい。

    一部ファンが「シングルの発売を中止しなければ、不買運動を行う」と声明文を出す事態に発展し、発表からわずか3日で収録中止が決定する事態が起きていた。

    夢を持って海を渡った日本人アイドルたちに罪はないのだが…。
    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/1506675/

    【日本人アイドル、韓国から追放危機。】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: 湛然 ★ 2019/08/10(土) 05:15:27.87 ID:9uIO9XX+9
    King Gnuの井口理が12kgのダイエットに成功! 「笑いはとれてませんが脂肪はとれました」
    [2019/8/9 19:55]
    https://33man.jp/article/007394.html
    King Gnu井口のスリムボディに注目!
    https://video.twimg.com/ext_tw_video/1159382443884830724/pu/vid/720x1280/x_fs3yDbO-3ZA-PA.mp4


    ミクスチャーロックバンド・King Gnuの井口理(ボーカル、キーボード)が8月8日に自身のTwitterを更新し、約12kgという大幅なダイエットに成功したことを報告した。体重を測定する動画が180万回以上も再生されるなど、ネット上で話題になっている。

    5ヶ月間で-12kgのダイエットに成功。

    78.5kg→66.7kg

    笑いはとれてませんが脂肪はとれました。
    井口理 (@Satoru_191)August 8, 2019


    今年1月から放送されたドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』の主題歌『白日』をきっかけに、爆発的なブレイクを果たしたKing Gnu。同バンドのムードメーカー的な存在である井口は、『King Gnu 井口理のオールナイトニッポン0(ZERO)』でパーソナリティを担当。また、Twitterでジャスティン・ビーバーやクリスティアーノ・ロナウド、バラク・オバマやローマ法王といったビッグネームを相手にKing GnuのMVのリンクを貼った“クソリプ”を送りつけることや、ネタ的な動画をたびたび投稿することでも知られている。

    ひょうきんなキャラクターで多くのリスナーに愛されている井口だが、不摂生な生活で体重が増加してしまったことが悩みだったようだ。しかし地道なランニングやジム通いの結果、「5ヶ月間で-12kgのダイエットに成功。78.5kg→66.7kg」と大幅なシェイプアップを果たしたことをTwitterで報告。ツイートに添付された動画では、アーノルド・シュワルツェネッガーの写真がプリントされたタンクトップを着用して「ぼく、ターミネーター!」とダイエットに至った経緯を寸劇で説明した。「これじゃあターミネーターじゃなくて、お腹の肉がハーミデーター」というダジャレで酒席を盛り上げた井口は、周囲が見守る中「あのころの僕、アイル・ビー・バック」と体重を測定。体重計のモニターにはたしかに「66.7」と減量の成果が表示されていた。

    「偉すぎる!」「有言実行カッコイイ!!」と称賛の声

    「笑いはとれてませんが脂肪はとれました」という井口の報告ツイートに対して、「偉すぎる!」「有言実行カッコイイ!!」「めちゃめちゃ痩せましたね!おめでとうございます!」「すごいじゃないですか!」「目標にします」など称賛と祝福のリプライが殺到。また「井口の面積が減った…」「余った12kg分の井口さん下さい」「ただの変態かと思ってましたが立派です」「タンクトップもシュワちゃんで草」「痩せたことよりもシュワちゃんタンクトップ持ってるのが驚き」など、ほんのりと屈折した反応も続々と寄せられていた。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

    【『King Gnu』の井口理が12kgのダイエットに成功。 「笑いはとれてませんが脂肪はとれました。」 】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: 朝一から閉店までφ ★ 2019/08/03(土) 00:04:33.03 ID:+K7rG2tN9
    [2019年8月2日23時24分]

    ビジュアル系メタルロックバンド、NOCTURNAL BLOODLUSTのホームページは2日、ギターのLinが、大麻取締法違反容疑で逮捕されたことを報告した。

    現在、事実関係を確認中だという。

    8月3日に開催を予定してした東京・渋谷WWW-Xでの公演中止を決定。12日の豊洲PITでのイベント出演、9月から開催予定の主催ツアー「Monster Park」も全てキャンセル。東京、名古屋、大阪にて予定していたインストアイベントも全て中止にすることを決めた。

    同バンドは09年に結成。昨年、2人のギタリストが脱退。今年に入り、Linが加入し、先月24日に新ミニアルバムを発売したばかりだった。

    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201908020001334.html

    【V系バンド『NOCTURNAL BLOODLUST』のギタリスト「Lin」が加入直後なのに大麻で逮捕。】の続きを読む

    ダウンロード (2)


    1: 湛然 ★ 2019/08/04(日) 05:16:52.03 ID:mBlQR2ff9
    ヒロシ×かまいたちの「はちゃめちゃ狂バンド」が初のワンマンライブ「ヒロシさんは本当マジメ」  
    2019年8月3日 22時0分スポーツ報知
    https://hochi.news/articles/20190803-OHT1T50179.html

    初のワンマンライブを行った「はちゃめちゃ狂バンド」のヒロシ(左)とSCEANA
    https://hochi.news/images/2019/08/03/20190803-OHT1I50140-L.jpg
    20190803-OHT1I50140-L


     タレントのヒロシ(47)と1980年代に活躍したロックバンド「かまいたち」のメンバーがタッグを組んだ「はちゃめちゃ狂バンド」が3日、東京・目黒区のライブハウス「目黒鹿鳴館」で初のワンマンライブを開催した。

     高校時代にかまいたちのファンだったヒロシが、昨年11月に行われたボーカル・SCEANA(シイナ)のバースデーライブにベーシストとして参加したことがきっかけで結成。ヒロシは「高校生の時にバンドをやっていたんですが、友達に『かまいたち』のビデオをダビングさせてもらっていた。その方たちとステージに立つのは畏れ多いし、不思議な感じがしますね」と話した。

     一方、再結成後の2017年8月に「かまいたち」としての活動を終え、現在はそれぞれ音楽活動などを行っている他メンバーも、ヒロシの“加入”には刺激を受けている様子。SCEANAが「(ヒロシの)純粋さ、音楽好きから学ぶことが多い」と言えば、サポートギターの屍忌蛇(シイジャ)は「ヒロシさんは自分を持っていて、本当にマジメですね。あと、自分は普段は激しめの音楽をやっていて、お笑いの世界とは遠いので、ヒロシさんと知り合いになれてよかった」と笑った。

     かまいたちではベースだったMOGWAI(モグワイ)は、ヒロシがベースを弾くことから「はちゃめちゃ―」ではギターに持ち替えてプレー。恐縮するヒロシに「まさか自分がギターを弾くとは夢にも思わなかった」としながらも「でも、ヒロシさんが来なかったら挑戦することはなかったと思うし、楽しいですよ」。ドラマーのCRAZY DANGER NANCY けんchanも「ヒロシさんは僕が休憩していても『もう1回練習させてもらってもいいですか?』と言ってくる。ハートがありますね」。仲間の一人として認めている様子だった。

     ライブでは、かまいたちの楽曲を披露したが、ファンにとってはオリジナルの新曲も待ち遠しいところ。SCEANAが「ヒロシさんが曲を作ってくれるなら、やってもいいかな」と話すと、ヒロシは「本当ですか? ハードルが高過ぎるくらい高いですが、それなら頑張ってみますよ」と意欲十分。MOGWAIも「協力するよ。考えてみようか」と前向きだった。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

    【ヒロシ×かまいたちの『はちゃめちゃ狂バンド』が初のワンマンライブ「ヒロシさんは本当マジメ。」 】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 湛然 ★ 2019/07/28(日) 05:19:58.48 ID:y1rSnyzz9
    三浦祐太朗、2年ぶり母・百恵さんのカバーアルバム発売…「ありがとうあなた」など4曲+オリジナル
    2019年7月28日 4時0分スポーツ報知
    https://hochi.news/articles/20190727-OHT1T50359.html

    47都道府県ツアーの後半戦開幕となる大阪でライブを行った三浦祐太朗
    https://hochi.news/images/2019/07/27/20190727-OHT1I50255-L.jpg
    20190727-OHT1I50255-L


     シンガー・ソングライターの三浦祐太朗(35)が、10月2日に母親で元歌手の山口(現姓・三浦)百恵さん(60)のカバーアルバム(タイトル未定)を発売することが27日、分かった。百恵さん作品のカバーはアルバム「I’m HOME」(17年)以来2年ぶりになる。

     今作では「ありがとうあなた」(75年)を始め「横須賀ストーリー」(76年)、「しなやかに歌って」(79年)、「ロックンロール・ウィドウ」(80年)の4曲を収録。「初めて母のカバーをした時、喜んでくれた方がたくさんいた。その続きを楽しみにされている方(の期待)に応えたかった。自分じゃなきゃできないものにしたい」。百恵さんにも報告済みで「特別には何も。応援してくれています。ありがたいですね」と感謝した。

     アルバムは「小さな手」などオリジナル4曲を含む全8曲で、収録曲が「オリジナル+カバー」になるのは初の試み。「母のファンの方にもオリジナルを聴いてもらう機会になるし、その逆のチャンスもある。どちらの層にも喜んでほしい」と話した。

     「ありがとうあなた」は、百恵さん出演のTBS系「赤い疑惑」(75年)の主題歌。同局系「赤いシリーズ」(74年~80年)が中国で人気が高いため、中国語でもカバー。初訪問の上海で撮影したミュージックビデオを先行公開中だ(日本での公開時期未定)。中国版ツイッターの微博(ウェイボー)にもアカウントを開設した三浦は「じかに熱量、街の雰囲気、お国柄を肌で感じられていい経験になった。将来、現地でコンサートができたら」と新たな夢を語った。

     1月から47都道府県ツアーを敢行している。この日は、ツアー後半戦突入の大阪公演(たかいし市民文化会館)を行い、800人を前に「さよならの向う側」など15曲を披露。「行ったことのない場所で歌うのは楽しい。三浦祐太朗はこういう人物だ―と少しでも分かってもらえるように歌声を届けていきたい」と誓った。

    (おわり)

    【三浦祐太朗、また母・百恵さんのカバーアルバム発売。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/01/19(土) 20:44:15.045 ID:dwHRV3DF0
    ぼく「そもそもV系のルーツはイギリスのニューロマンティックで云々」
    「当時のイギリスは不景気でそれ故にロックシーンには刹那主義が云々」
    「シンセサイザーの導入がロックの刹那主義化と耽美化を加速させ云々」
    「その退廃的耽美主義がゲイカルチャーと結びついて云々」
    「そもそも何故デカダンがゲイと結びつくのかというと云々」
    「日本におけるニューウェーブの影響はまず先にサウンド面が云々」

    敵「あっもういいです」

    何故なのか





    【敵「V系って何で化粧してんの?音楽に必要ないじゃんwww」 ぼく「よろしいならば説明しよう。」 】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: muffin ★ 2019/07/19(金) 23:37:44.28 ID:RUeEG3rq9
    https://natalie.mu/music/news/340489
    2019年7月19日

    戸川純を中心として1983年に結成されたバンド、ヤプーズがひさびさに活動を再開。8月17日に東京・渋谷CLUB QUATTROで「戸川純40周年 ヤプーズの不審な行動『令和元年』レコーディング・ライヴ」と題したライブを開催する。

    このライブではタイトルの通り、年内に発売予定のライブアルバムのレコーディングを実施。中原信雄(B)やライオンメリィ(Key)といった以前からのメンバーに加えて、今回初めてdipのヤマジカズヒデ(G)が正式メンバーとして参加する。チケットは現在一般発売中。

    戸川純40周年 ヤプーズの不審な行動「令和元年」レコーディング・ライヴ
    2019年8月17日(土)東京都 渋谷CLUB QUATTRO
    <出演者>
    ヤプーズ<戸川純(Vo)、中原信雄(B)、ライオン・メリィ(Key)、矢壁アツノブ(Ds)、山口慎一(Key)、ヤマジカズヒデ(G)>

    【戸川純率いる『ヤプーズ』が復活。ヤマジカズヒデをメンバーに迎えレコーディングライブ開催。】の続きを読む

    このページのトップヘ