メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    音楽関係を中心にしたエンタメ関連のまとめブログ

    カテゴリ: その他国内外アーティスト

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (2)


    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/02/22(土) 17:04:03.712 ID:EfVX4SHD0
    漢はタフに生きるべき

    【男の聴く音楽は「ヘヴィメタル」一択だよな?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード


    1: フォーエバー ★ 2020/09/27(日) 11:04:45.58 ID:CAP_USER9
    ちょうど30年前のヒット曲を紹介していく連載です。今回は、1990年9月1日発売にして、言うまでもなく、1990年を代表する大ヒットとなったこの曲をご紹介します。手元の『1968-1997オリコンチャートブック』(オリジナルコンフィデンス)によれば、売上枚数は何と201.2万枚。

    なぜこれほどまでに大ヒットしたのでしょうか。この原稿を書くにあたって、30年ぶりに『愛は勝つ』を何度も聴いてみたのですが、聴いた後に口から出てくるのは「あぁ、よく出来ているなぁ」というため息です。「作品」としてもそうですが、それ以上に「商品」として、完璧な装いになっていると思ったのです。

    『愛は勝つ』の商品性の中核には、この曲が「がんばろう系カノン」になっていることがあります。

    「がんばろう系カノン」については、この連載の第2回「徳永英明『夢を信じて』はがんばろう系カノンの先駆」をご一読下さい。ごく簡単に説明すれば、「がんばろう」という内容の歌詞が「カノン進行」というコード進行に乗っかっている。

    KAN 『愛は勝つ』に加え、槇原敬之『どんなときも。』(91年)、大事MANブラザーズバンド『それが大事』(91年)、ZARD『負けないで』(93年)、岡本真夜『TOMORROW』(95年)――全て「がんばろう系カノン」、全て特大ヒット(かつ全て売上枚数150万枚以上!)。

    「カノン進行」は大仰な感じ、壮大な感じを醸し出すコード進行です。そして歌詞が「がんばろう系」ということは、当時、雨後のタケノコのように増え始めていたカラオケボックスで、大盛りあがりするのにピッタリだったのです。

    バブル絶頂期のサラリーマンの軍団が、ネクタイを鉢巻のように頭に巻いて、合コンで知り合ったボディコン女子軍団と一緒に、深夜の新宿のカラオケボックスの中、腕を突き上げて大盛りあがりをするとき、画面には『愛は勝つ』の歌詞が映っていました。

    この「がんばろう系カノン」に、新時代的なメディアのパワーがかけ合わさることで、『愛は勝つ』の人気は大爆発することとなります。「KANオフィシャルウェブサイト」内の「金曜コラム」(2009年6月5日)に、KAN自身がこう書いています。

    ――で、7月に5枚目のアルバム『野球選手が夢だった』が出ます。このアルバムの収録曲だった『愛は勝つ』をFM802は再び“ヘビーローテーション”に選んでくれました。そこからなんだかジワジワした感じが始まり、直後フジテレビの番組で取り上げていただいたりしたこともあり、後から慌ててシングルカットしたりしたものです。

    はい、2つのメディアが出て来ました。その1つは『愛は勝つ』の前年に大阪で開局したFM802。大阪出身の私は、当時、大阪の街中を走っていたクルマの多くに、FM802のステッカーがペタペタ貼られていたことを、よく憶えています。

    それほど盛り上がっていたFM802の「ヘビーローテーション」(この言葉も新時代的だった)として『愛は勝つ』が採用され、大ヒットの導火線となったのです。

    2つ目のメディア=フジテレビについては、番組名まで書かないと、その新時代感がピンと来ないかもしれません。その番組とは――『邦ちゃんのやまだかつてないテレビ』。

    「邦ちゃん」(山田邦子のこと)、「やまだかつてない」(山田邦子が出演していた大塚ファイブミニのCMコピー)と、1990年臭がぷんぷんする言葉がタイトルに散りばめられた、当時の人気番組。この番組でも『愛は勝つ』が使われ、導火線にいよいよ火が付いたのです。それも最大級の。大火事、山火事並みの。

    今から考えると、ビートたけし、明石家さんまなどの「お笑い第二世代」、ダウンタウンやウッチャンナンチャンの「お笑い第三世代」の谷間の時期だったと思います。そんな時期に無敵の女王となった山田邦子、その無敵の女王の力を借りて、無敵の1曲となった『愛は勝つ』――。

    90年代中盤あたり、渋谷や下北沢の中古レコード屋(と言っても、売場の半分ほどをもうCDが占めていました)に、「100円」シールを貼られた、おびただしい数のCD=KAN『野球選手が夢だった。』。おそらく『愛は勝つ』を聴きたいがためだけに大量に買われ、そして『愛は勝つ』だけダビングされて、大量に売りに出されたのでしょう。

    9/27(日) 10:02配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/800ccdf202bd8e3b6af0e38bbfcba34d566d2cad
    https://i.imgur.com/BLTsvID.jpg 
    BLTsvID

    【KAN「愛は勝つ」を”大勝利”させた要因は何か。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (1)


    1: シャチ ★ 2020/09/17(木) 20:30:03.48 ID:CAP_USER9
    「これが最後の仕事になるかもしれない、という気持ちはありました」

     '97年に放送されたフジテレビ系ドラマ『ひとつ屋根の下2』。劇中で流れ、空前のヒット曲となった『ひだまりの詩』を歌った元ル・クプルの藤田恵美は、当時の心境をこう振り返った。

    「『ひだまりの詩』は藤田恵美さんと藤田隆二さんの夫婦デュオ、ル・クプルの5枚目のシングル曲です。ドラマの放送開始からおよそ1か月後に発売され、初週はオリコン78位と低調でしたが、ドラマが盛り上がるにつれ順位がどんどん上昇。7週目には2位にまで浮上しました。ドラマ終了後も売れ続け、200万枚近いセールスを記録。'97年の日本レコード大賞優秀作品賞を受賞し、紅白歌合戦にも出場。ふたりは一躍、時の人となりました」(音楽ライター)

    ◇はじめての売れる経験
     しかしその後、この曲を超えるヒット作には恵まれず、'05年に活動を休止。'07年に離婚を発表すると、事実上の解散となった。あれから13年がたったが、当時の心境を改めて聞いてみた。

    「デビューから2年半ほどたっていたころです。それまでは鳴かず飛ばずで、私たちもそろそろクビかな、辞めたら何しようかな、なんて思っていたときにお話をいただいたのが『ひだまりの詩』でした」

    『ひだまりの詩』はドラマに合わせて作られた歌だった。その歌い手を決める際、初期のアルバムを聴いていて藤田の声を気に入っていたドラマのディレクターが、ル・クプルを抜擢したのだという。

    「当初は“劇中で使われるかどうかわからない”という話だったんですが、3話目くらいで、長いシーンのときに曲をずっと流してくれたんです」

     存在感を示したはずなのにエンドロールではタイトルも歌手名も紹介されなかった。気になった視聴者からの問い合わせがフジテレビに殺到。

    「ここまでヒットするとはまったく思っていませんでした。売れるっていうのが初めての経験だったので、とにかく毎日必死で。メディアへの露出も増えて、顔を隠さなくちゃいけなくなったり、コソコソ生活しなくちゃいけなくなったりして、ちょっと生きづらさも感じていました」

    ◇元夫との交流は現在も続いている
     '01年からはソロ活動をスタート。洋楽のカバーソングアルバム『camomile(カモミール)』はアジア圏で大当たり。“理解に苦しむほどの人気ぶり”だった。

    「香港チャートの洋楽部門で1位を獲得したんですよ。そのときは2位がエミネム、3位がMOBY。世界を代表するアーティストの上に自分の名前があることに驚きました。5万枚以上売れ、日本ならミリオンヒットに値するくらいの売れ行きでした。

     その後、台湾やシンガポール、韓国などアジア各国で同じようにヒットして、シリーズ累計で45万枚以上を売り上げたんです」

     '10年からは『OMOIYARIプロジェクト』として日本全国の学校を回る活動を開始。子どもたちやその親の世代に“思いやり”の心を伝える活動を精力的に行っている。

    「'08年にいじめ防止のキャンペーンとして『OMOIYARIのうた』をつくり、その2年後から各地の学校などを回る音楽会を始めました。10年間で181か所、3万4000人以上の人に音楽を通して思いやりの心を伝えています。'18年には小学4年生の道徳の教科書にも歌詞が載ったんです」

     元夫の隆二さんとは今も交流があるそうで、昨年亡くなった義母の葬儀へ参列したり隆二さんの妹がライブに来てくれたりしているという。

    「誕生日にメッセージを送り合ったりしています。おせっかい焼きで今も何かあるとメッセージをくれるんです」

     離れ離れでも“ひとつ屋根の下”は変わっていない。

    ソース 週刊女性
    https://www.jprime.jp/articles/-/18876
    藤田恵美
    https://jprime.ismcdn.jp/mwimgs/3/4/620/img_346b9cd117b50d9f3a36b734d0e43134631421.jpg 
    img_346b9cd117b50d9f3a36b734d0e43134631421

    【元『ル・クプル』藤田恵美が回想する”ひだまりの詩”大ヒット当時の本音。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード


    1: muffin ★ 2020/09/13(日) 14:29:36.37 ID:CAP_USER9
    https://www.nikkansports.com/entertainment/column/songstory/news/202009130000022.html
    2020年9月13日

    20日にNHK・BSプレミアムで放送される音楽番組「秋の名曲スペシャル」に「糸」「やさしいキスをして」などの曲とともに、78年発表の杏里のデビュー曲「オリビアを聴きながら」が選ばれました。男女の恋の切ない終わりを歌った曲は、スタンダードナンバーとして今も愛されています。名曲やヒット曲の秘話を紹介する「歌っていいな」の第8回は「オリビアを聴きながら」の登場です。

    1978年(昭53)秋、フォーライフレコードの宣伝マンが当時新人で17歳だった杏里のデビューレコード「オリビアを聴きながら」をテレビ各局に持ち込んだ。テレビ出演のチャンスをうかがうためである。ところが「おたくの新人? あっ、そう」と素っ気なく対応し、レコードを机の上にポンと投げ捨てる担当者もいた。当時、フォーライフに所属していたのは小室等、吉田拓郎、井上陽水らテレビに出演しない大物ばかりだった。テレビ局にとっては“非協力的”なレコード会社と言えた。今や日本を代表する女性シンガーとなった杏里の第1歩は、決して順調とはいかなかった。

    当時「ニューミュージック」と呼ばれる新しいジャンルが日本の音楽界を席けんしていた。プロデュースなどは、まだまだ男性が主導した時代で、荒井由実(現・松任谷由実)らは少数派だったが、女性主導の音楽創作が次第に目立ってきた時期でもあった。常富さんは「杏里もそんなアーティストに育てたい」と1人で願っていた。杏里のデモテープに興味を持ってくれたシンガー・ソングライターの尾崎亜美にデビュー曲を依頼することになり、杏里と常富さんが一緒に尾崎の家を訪ねた。取りとめのない話が続き、杏里が「オリビア・ニュートンジョンがすごく好きなんです」と言って目を輝かせた。深夜のひと時に彼のことを思う女心を飾りなく歌う「オリビアを聴きながら」がデビュー曲に決まった。

    レコーディングは、当時の新人としては異例のロサンゼルスで行った。杏里にとって外国は初めてで、その時受けた新鮮な印象が、のちに持ち味となる米国西海岸のにおいにつながっていく。

    ヒットチャートは27位が最高で、当初はビッグヒットではなかった。その後、大学生ら一部のファンに支持を得たものの、83年8月に発売された日本テレビ系アニメ「CAT’S EYE(キャッツ・アイ)」の同名主題歌が大ヒットするまでの6年間は、地道な活動を続けるアーティストだった。常富さんは「6年もヒットがなければ、普通は契約解除するレコード会社もあったでしょうが、うちはそういう点でも他のレコード会社と違って異質だったんでしょうね」と振り返る。

    美人3姉妹の活躍を描いた「CAT’S EYE」主題歌のヒットで、83年のNHK紅白歌合戦に初出場を果たし、人気が一気に全国に浸透した。時期を同じくしてカラオケブームが始まり、大学時代にデビュー時の杏里の曲を聴いていたOLたちが、カラオケで歌う曲にこぞって選んだのが、「オリビアを聴きながら」だった。そしてじわじわと、代表曲と認知されていった。女性の心を歌った普遍性がこのOLたちの後の世代にも引き継がれていった。

    時間をかけて育つ名曲がある。今年の紅白でも、ファンはきっと「オリビアを聴きながら」を歌って欲しいと望んでいるだろう。

    第47回NHK紅白歌合戦で熱唱する杏里(1996年12月31日撮影)
    https://www.nikkansports.com/entertainment/column/songstory/news/img/202009130000022-w500_0.jpg 
    202009130000022-w500_0

    【杏里の「オリビアを聴きながら」ヒットは美人3姉妹アニメのおかげ?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (6)


    1: 爆笑ゴリラ ★ 2020/09/13(日) 13:08:19.69 ID:CAP_USER9
    9/13(日) 12:08配信
    デイリースポーツ

    ダウンタウン・松本人志

     ダウンタウン・松本人志が13日放送のフジテレビ「ワイドナショー」に出演。宝塚音楽学校が、後輩が先輩の乗っている阪急電車に礼をする慣習など、指導名目で先輩が後輩に課していた伝統的な慣習・作法を廃止した話題に関して「誰が言い出したのかというのがポイントかなと思うね」と語った。

     「父兄の人が言い出したなら、それはちょっと違うかな。先輩がもういいよって言うのが一番健全」とした。

     宝塚に限らず「若い子で、ため口でいきたい、敬語嫌いやっていうのは違ってて、先輩にため口でいいよって言われてはじめて成立するわけであって、なんで下の人間が言ってるの?ってのがあるじゃない。ましてや父兄は関係ない」と語った。

     東野幸治も、吉本の芸人養成所NSCでも「親御さんがクレームを言ってくるといわれてます」と説明し「うちの子がおもしろい漫才してるのに、あんまり皆さん笑ってくれないとかいう感じの」と明かした。松本と「半分、ネタもあると思うけど」と苦笑していた。

    https://amd.c.yimg.jp/im_siggX3.ncy8YnQ.CSfNk_MLLag---x640-y563-q90-exp3h-pril/amd/20200913-00000056-dal-000-3-view.jpg

    https://news.yahoo.co.jp/articles/8e645914a88fd9fb375e2580acfd86e136c12b66

    【ダウンタウン松本、宝塚の伝統指導廃止について「誰が言い出したか。先輩は健全、父兄は違う。」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (5)


    1: 記憶たどり。 ★ 2020/09/12(土) 17:52:47.19 ID:qDd7hscO9
    https://this.kiji.is/677436088241276001?c=39550187727945729

    タカラジェンヌを養成する宝塚音楽学校で、指導の名目で先輩が後輩に課していた、
    阪急電車への一礼や、大声であいさつをするなどの伝統的な作法を廃止していたことが12日、
    同校への取材で分かった。

    【宝塚音楽学校で"伝統的作法"を廃止。先輩が後輩に課していた阪急電車への一礼や、大声での挨拶など。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード


    1: 爆笑ゴリラ ★ 2020/09/04(金) 11:16:30.03 ID:CAP_USER9
    9/4(金) 10:54
    スポニチアネックス

    「ロードオブメジャー」解散の真相 ボーカル・北川賢一が語る「今の方が仲が良い」
    北川賢一
     2007年に解散したロックバンド「ロードオブメジャー」のボーカル・北川賢一(40)が、3日深夜放送のテレビ東京「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~」(木曜深夜0・12)に出演。解散の真相について語った。

     ロードオブメジャーは、テレビ東京系「ハマラジャ」の番組企画で、全国各地にいるバンドの中からヘッドハンティングされた4人のメンバーたちが集められたグループ。100日間で全国50カ所を巡ってライブを行い、インディーズレーベルから出したCDがオリコン初登場50位以内なら即メジャーデビュー、入らなければ即解散という内容だった。

     そんな中、「メンバーで一緒に書いた」というシングル「大切なもの」がオリコン初登場で16位にランクインし、条件クリアとなってデビュー。その後も「心絵」や「さらば碧き面影」など、さまざま楽曲をリリースしたが、活動約5年間での解散となった。

     北川は当時のことを「寄せ集めっていうのは難しかった」と振り返りながら、メンバー同士との関係を「話し合いとかをあんまりしなかったんですよ」と打ち明けた。

     他人同士が集まったグループだったため、活動における方向性などの「話し合いをしなかったのが大きい」と、あらためて強調し、解散危機を「乗り越えられなかった」と語った。

     それでも、現在はソロアーティストとして活動している北川。解散後の関係性については「今の方が仲が良いんですよ」と話した。

    https://amd.c.yimg.jp/im_sigg29EidAg38cC7M8HhiRtYBQ---x480-y640-q90-exp3h-pril/amd/20200904-00000128-spnannex-000-3-view.jpg

    https://news.yahoo.co.jp/articles/047e827c70e3e4703bee7cfaa9eae9c250ce8d10

    【『ロードオブメジャー』解散の真相。 ボーカル・北川賢一「今の方が仲が良い。」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード


    1: 爆笑ゴリラ ★ 2020/09/03(木) 23:42:29.21 ID:CAP_USER9
    9/3(木) 22:15配信
    リアルサウンド

    和楽器バンド(Photo by KEIKO TANABE)

     和楽器バンドが、8月15日・16日に開催した横浜アリーナ公演から2週間が経過し、全観客・スタッフ・出演者・関係者に新型コロナウイルスの新規感染者がゼロであったことを報告した。

     同ライブは、新型コロナウイルス感染拡大後、アリーナ規模では初となる有観客ライブとなった。国からのガイドラインに沿い、会場キャパシティ50%以下での動員となる、各日5000人を集めて2日間にわたり開催された。ライブでは様々な感染症対策が施され、事前の動画募集や歓声が上げられない代わりに撮影タイムを設けるなど、新しいライブの楽しみ方が提示して行われた。

     和楽器バンドは、ライブ開催から2週間が経過し、全観客・スタッフ・出演者・関係者に新型コロナウイルスの新規感染者がゼロであったこと報告。これを受け、会場を訪れたファンや関係者を中心に、SNS上ではコロナに打ち勝った同ライブは、エンタメ業界の大きな希望になるとポジティブな意見で話題となっている。

    ■『和楽器バンド 真夏の大新年会 2020 横浜アリーナ ~天球の架け橋~』 御礼とご報告
    改めまして、『和楽器バンド 真夏の大新年会 2020 横浜アリーナ ~天球の架け橋~』2days ありがとうございました。

    公演から2週間経過しまして、本公演における新型コロナウイルスによるクラスターの発生及び感染が無かった事、ご報告させて頂きます。

    これもひとえに、会場に足を運んでくださったお客様、配信にてご覧頂いたお客様を始め、関わって頂いたスタッフ、関係各位の皆様、多くの方々の感染防止策へご協力頂いた結果によるものと思っており、心より感謝申し上げます。

    また、ファンの皆様におかれましてはソーシャルディスタンスの確保、検温及びアルコール消毒、場内での大声での声援の自粛など、数々の制限を設けさせて頂きながらも、全てにおいて丁寧にご協力を頂けましたのは、改めて和楽器バンドのファンの皆様のマナーの良さに、メンバー、スタッフ一同感動しました。

    現在は10/24(土)、25(日)、11/14(土)、28(土)の3会場4公演で行われます『和楽器バンド JAPAN TOUR 2020 TOKYO SINGING』に向けて準備を進めております。

    まだ新型コロナウイルスの感染拡大に予断を許さない状況ではございますが、引き続き気を引き締めながらも皆様に安心して喜んで頂けるライブエンターテイメントを提供できるようにしてまいりますので、これからも和楽器バンドを応援よろしくお願い致します。

    https://amd.c.yimg.jp/im_siggeG0O3NSErPra_xUV4.zUvg---x640-y427-q90-exp3h-pril/amd/20200903-00010051-realsound-000-1-view.jpg
    20200903-00010051-realsound-000-1-view

    全文はソース元で
    https://news.yahoo.co.jp/articles/5fee55553d6ed90433c4976dc1f697740ad4eddc

    【『和楽器バンド』、横浜アリーナ2daysにおける新型コロナウイルス新規感染者ゼロを報告。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード


    1: 湛然 ★ 2020/08/31(月) 05:33:58.28 ID:CAP_USER9
    SEX MACHINEGUNS、
    無料配信ライブの開催を発表
    OKMusic編集部
    2020年08月30日 21:00
    https://okmusic.jp/news/395658/
    https://c.okmusic.jp/news_items/images/395658/extra_large.jpg
    extra_large



    デビュー22年目のベテランヘヴィメタルバンドSEX MACHINEGUNSが、9月5日(土)19時より無料配信ライブを行なうことを発表した。

    コロナ禍により3 月以来活動自粛を余儀なくされてきただが、7月より人数限定ライブ、有料配信ライブと徐々に活動を再開していたSEX MACHINEGUNS。今回の配信ライブは特別に無料で行われ、公式You Tubeチャンネルで配信される予定。

    ■SEX MACHINEGUNS公式You Tubeチャンネル
    https://www.youtube.com/user/smgfireTV

    (おわり)

    【『SEX MACHINEGUNS』、無料配信ライブの開催を発表。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード


    1: 湛然 ★ 2020/08/26(水) 21:45:40.38 ID:CAP_USER9
    ちあきなおみ 28年の「沈黙の理由」
    8/26(水) 6:00 デイリー新潮
    https://news.yahoo.co.jp/articles/1c748d3f207a2e69d1c69690ddae95dd01d90b00


    〈「ちあきさんは、本当にもう歌わないのですか?」

     私は復帰については無関心を装い、周りの関係者の口うるさい程の要請にも、「御本人がしないと仰っているのだから、もう放っておいてほしい」とさえ口にしていた。(中略)にもかかわらず、私はこの時初めて、復帰のことを口にしてみた〉

     歌手・ちあきなおみが突然、芸能活動を休止し、表舞台から姿を消して今年で28年になる。日本レコード大賞受賞曲『喝采』をはじめ『紅い花』、『紅とんぼ』『矢切の渡し』『黄昏のビギン』など、その卓越した歌唱力と表現力は、一般ファンだけでなく、業界関係者にも根強い支持者がいることで知られ、現在でもその復帰を願うファンは数多い。

     ちあきなおみはなぜ、歌うことを止めたのか――。

     その理由として長らく語られてきたのが、ちあきの最愛の夫であり、個人事務所の社長でもあった郷鍈治氏の死去(1992年9月)がきっかけとなり、歌う意欲がなくなった、というものだ。

     冒頭の一文は新潮社刊『ちあきなおみ 沈黙の理由』からの引用である。著者の古賀慎一郎氏は、郷氏が亡くなる前年にちあきの事務所に入り、8年間、付き人兼マネージャーを務めた。

     この時、郷氏の死去から3年が過ぎていた。最後のシングルとなった『紅い花』が、石井隆監督の映画『GONIN』の挿入歌に使われ、企画CDなどが発売。周囲から「もうそろそろ」と、復帰待望論が広がっていた時期でもあった。その最中、古賀氏はちあきに向かって初めて「復帰」を口にしたのだという(以下、引用はすべて同書から)。

    〈「私はもう、十分働いた……」

    「それは仕事ということですよね。でもちあきさんが歌うということは、それ以上の何かがあると思うんです。だからこんなにも復帰待望の声が」

     私は食い下がった。

    「……今、私が郷さんと一緒にやってきたことが、間違いではなかったということが分かったはずです」

     私はこの言葉が、どこへ向けられてのものか理解できなかった。真剣な顔で言い放たれたので、本音であることは理解できた〉

     本書の中で詳述されているが、ちあきと郷氏が結婚した際(1978年)、レコード会社からの契約解除や、活動休止を余儀なくされるなど、業界からの様々な「圧力」が二人に加えられたという。それでも、郷氏はちあきのイメージとブランドを頑なに護り、二人は手を取り合って数多の苦難を乗り越えてきたのだが、

    〈しかし、御二人の結婚に顔をしかめ、「ちあきなおみ」を護る郷さんを元凶扱いした業界への不信感や怒りが、拭えない事実として、未だちあきさんの心の中に存在しているのが見て取れた。(中略)しかし、それは「沈黙」の理由ではない。

    「もう無理して歌わなくてもいいよ……郷さんもそう言っていたんです」

     私にとっては、殺し文句だった。郷さんがそう仰っていたのなら、諦めるしかない。

     ちあきさんは郷さんを失い、もう望むべきものなど何もなく、全てのエネルギーを使い果たしてしまったのだろう……。

     私はもはや返す言葉もなく、黙り込んだ。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

    週刊新潮WEB取材班

    2020年8月26日 掲載

    【ちあきなおみ、”28年の沈黙”の理由。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (2)


    1: 湛然 ★ 2020/08/22(土) 05:28:55.30 ID:CAP_USER9
    ルイ・アームストロング「この素晴らしき世界」の新規制作ミュージックビデオ公開
    2020/08/20 19:39 amass
    http://amass.jp/138182/
    Louis Armstrong - What A Wonderful World (Official Video)
    https://www.youtube.com/watch?v=rBrd_3VMC3c




    ルイ・アームストロング(Louis Armstrong)の代表曲のひとつ、「この素晴らしき世界(原題:What a Wonderful World)」の新規制作ミュージックビデオが公開されています。

    (おわり)

    【『ルイ・アームストロング』、「この素晴らしき世界」の新規制作ミュージックビデオ公開。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (3)


    1: 新種のホケモン ★ 2020/07/30(木) 09:41:20.56 ID:CAP_USER
     韓国で許されないことの一つに“兵役逃れ”がある。例えば、過去には人気韓流スターのソン・スンホンも兵役逃れがバレて国民から批判を受け、慌てて入隊した。賢明な判断だったと思う。

    「江南スタイル」が世界的にヒットした歌手のPSY(サイ)もお灸を据えられた。兵役特例で企業に勤務していたが、後に不正な勤務だったことが発覚。兵務庁の命令でなんと再入隊となった。後にPSYは「軍隊に2度も入隊した伝説の男」となり、ネタにしている。

     こうした笑い話にできないのが、元祖K―POPアイドルのユ・スンジュンだ。90年代に韓国で圧倒的な人気を誇り、一世を風靡したが、2002年に兵役逃れの烙印を押されて国外追放。これはかなりの衝撃だった。

     そもそも「軍隊に入る」と言っていたのに、入隊の3カ月前に韓国国籍を放棄したのが問題だった。アメリカ市民権を取得し、まさかの兵役免除。あまりにも国民をバカにした裏切り行為に違いない。こうした行動に国民の批判が殺到。兵役逃れと認められ、入国禁止措置となる。もう18年前のことだ。親戚の葬儀で1度だけ入国できたが、今もユ・スンジュンは韓国の地を踏めずにいる。

     その後は中国で活動を続けながら、韓国の国民に対して頭を下げて謝罪。一方でビザ発給拒否の取り消しを求めて訴訟を起こし、勝訴している。まさに愛国心のかたまりとも思えるが、18年が過ぎた今も国民の目は冷たい。「もうそろそろ許して入国を認めてもいいのでは」と思わなくもないが、それを口にすると韓国人からは「とんでもない!」と怒られる。「彼は自ら望んで米国人になったんです。今さら韓国に戻ろうなんて虫が良すぎる」という女性もいれば、男性にいたってはもっと厳しい。

    「たとえ裁判で入国が認められても国民は許さない。今もユ・スンジュンの入国反対に多くの国民が署名していますよ」

     実際、世論調査では7割がユ・スンジュンの入国許可に反対しているという。

     一方、アイドルグループ「2PM」のテギョンはアメリカ永住権を持っており兵役免除だったにもかかわらず、これを放棄して入隊した。しかも模範兵に選ばれ、除隊した今は芸能活動を再開させている。放棄する国籍を間違えたユ・スンジュンの目にはさぞ苦々しく映っていることだろう。

    (児玉愛子/韓国ウオッチャー)

    日刊ゲンダイ 7/30(木) 9:26
    https://news.yahoo.co.jp/articles/4d466a1eb9327fb2ba8cac98fb695ebdea9e2e07

    【韓国で“兵役逃れ”は大罪。『PSY』は不正で再入隊、国籍放棄で国外追放されたK-POPアイドルも。】の続きを読む

    このページのトップヘ