メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    音楽関係を中心にしたエンタメ関連のまとめブログ

    カテゴリ: その他国内外アーティスト

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード


    1: muffin ★ 2020/07/03(金) 15:00:33.04 ID:uWhzjtKs9
    https://www.daily.co.jp/gossip/2020/07/03/0013476781.shtml
    2020.07.03

     日本を代表するポップ・インストゥルメンタル・バンド「T-SQUARE」が6月、実に47枚目となるニューアルバム「AI Factory」をリリースした。リーダーでギタリスト、そしてただ一人の結成メンバーでもある安藤正容(65)によると、AIとは「AI(人工知能)」でもあり、「愛」でもあるという。世代は違っても愛と友情で結ばれた4人組が、メンバーの大病を乗り越えて届けた新作について語った。

    「AI」とは何を意味するのか。ジャケットはロボットのイラストだから人工知能のAIかとも思えるが、安藤がタイトル曲を作曲した坂東慧(36)に聞いたところ、言葉を濁したという。

     「『愛』ファクトリーみたいなことを言いたかったのかな。でも、照れ臭さから『AI』にしたのかなと。こういう時代だからそういうふう(AI)になっていくけど、大事なのは愛だと言いたかったんじゃないかな」

     現在のT-SQUAREは、安藤と伊東たけし(66)が1954年、河野啓三(49)が71年、坂東が83年の生まれ。年齢差は大きいが、世代間ギャップは感じられない。

     「河野君や坂東は、SQUAREってこんな感じだよなっていうのをすごく持っている。それに添ったものを書いてくるし、一緒に演奏していて、こういうのが気持ちいいなというのは皆その都度、気持ちを共有しているから、とんでもない方向には行かない」と、取り組み方は一致しているのだという。

     安藤は4人の関係性をこう説明する。

     「僕と伊東さんは同世代で昔からの仲間。何でも言いたいことを言える。河野君と坂東もSQUARE愛をすごく持ってくれてるし、いかにいいバンドにしていくか、僕や伊東さん以上に一生懸命考えている。セットリストを考えるのが坂東だったり、譜面がない昔の曲を譜面に起こしてくれるのが河野君だったり、すごく努力してくれている」

     昨年2月には、河野が脳出血で倒れる大きな危機があった。後遺症で左半身が不自由になっているが、昨年12月にはライブに復帰。前作には参加できなかったが、今作では3曲を提供し、レコーディングにも参加した。

     安藤は「アレンジをほとんどしてもらったり、音色を考えてもらったり、構成を考えてもらったり」と、河野の大きな役割を説明。そんな河野に他の3人も応え、「立ち位置ができるよう」作編曲に工夫を凝らした。

     「僕の曲を書く時は(河野が)伊東さんとユニゾン、メロディーのハモりをすることを思って(書いた)。坂東は坂東で、僕と伊東さんのカウンターメロディーを河野君がやって一つのメロディーになるよう考えてある。坂東のバラードは音数が少なくできていて、河野君の右手だけで十分成り立つようアレンジされている」

     グループ愛と、メンバーそれぞれへの愛を全員が持っている。「AI」はやはり、メンバー同士の「愛」なのだろう。

    https://i.daily.jp/gossip/2020/07/03/Images/f_13476782.jpg 
    f_13476782

    【『T-SQUAR』47枚目のアルバム「AI Factory」リリース。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (3)


    1: 少考さん ★ 2020/06/30(火) 07:48:48.76 ID:gxU64B4r9
    GOING UNDER GROUNDが定員25人でワンマン開催、観客全員のリクエストに応える(コメントあり) - 音楽ナタリー
    https://natalie.mu/music/news/385358
    https://pbs.twimg.com/media/EbqwvO3UYAI_JRS.jpg
    EbqwvO3UYAI_JRS

    https://pbs.twimg.com/media/EbqwvO4UwAUGRcV.jpg
    EbqwvO4UwAUGRcV

    2020年6月29日 18:00

    GOING UNDER GROUNDが8月2日に東京・下北沢SHELTERでワンマンライブ「ALL REQUEST LIVE『25 flight rock with you』」を開催する。

    この公演は新型コロナウイルス感染防止のため、政府のガイドラインに沿って定員25人で実施。当日のセットリストは、事前に来場者から募集したリクエスト曲のみで構成される。

    なお本公演の模様はZAIKOで有料配信される。会場観覧チケットが1万円、配信チケットが2000円となっており、ゴーイングのオフィシャルファンクラブ「SUNSET CLUB」では7月1日12:00から7日23:59まで、会員を対象に会場観覧チケットの先行予約受付を実施している

    https://twitter.com/official_gug/status/1277527777286123520
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

    【『GOING UNDER GROUND』が下北沢SHELTERにて定員25人ワンマン開催、観客全員のリクエストに応える。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (5)


    1: 湛然 ★ 2020/07/02(木) 05:16:00.32 ID:DX3DU1dT9
    2020.7.1 水曜日 NME Japan
    ラムシュタインのクリストフ・シュナイダー、昔のバンドにはメンバーにスパイがいたと語る
    https://nme-jp.com/news/90605/
    GETTY
    https://nme-jp.com/nmesite/wp-content/uploads/2020/07/DSC8271-720x458.jpg
    DSC8271-720x458


    ラムシュタインのドラマーであるクリストフ・シュナイダーは彼が昔在籍していたディ・フィルマのメンバーに2人のスパイがいたと語っている。

    『メタル・ハマー』誌のインタヴューでクリストフ・シュナイダーは1980年代に東ベルリンの音楽シーンに参加していた当時の体験について語っている。

    「ニュー・ウェイヴ・パンク・バンド」だったというディ・フィルマの音楽性についてクリストフ・シュナイダーは「ゴスの影響を受けて少しダークだった」と語っており、「体制に抗議する歌詞」だったと述べている。

    「もちろん、許可などされていなかった。アンダーグラウンドのバンドだったんだ」と彼は語っている。「他のラムシュタインのメンバーもアンダーグラウンドのバンドにいた。フリークスだったり、ゴスだったり、パンクスのファンと共に小さなクラブで演奏していたんだ」

    彼は次のように続けている。「でも、政府の人間はどこにでもいたからね。諜報機関のスパイだよ。笑えるのはあの当時の自分たちほど大変なバンドなんて想像もできないことだね。実際、バンド内にも2人スパイがいたんだ。シンガーとキーボード・プレイヤーだよ。信じられないよね」

    「彼らはプロフェッショナルではなかった。少しの報酬をもらえる雇われスパイで、たまに音楽シーンについて報告しなきゃならなかったんだ」

    当時は政府の制限によってライヴ・イベントで演奏するためには許可を示す証明書が必要だったという。

    「証明書を入手するには審査のような委員会の前で演奏しなければならないんだ。彼らが適切な曲かを判断するんだ。カヴァーは全体のうち40%までしか演奏できなかった。残りは自作曲なんだ」とクリストフ・シュナイダーは説明している。

    「考え方としては悪くないけどね。自分たちの曲を作らなきゃいけなかったから、当時は興味深いバンドがたくさんいたんだ」

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

    【ラムシュタインのクリストフ・シュナイダー「昔のバンドにはメンバーにスパイがいた。」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (4)


    1: 少考さん ★ 2020/07/02(木) 07:10:54.71 ID:ItsnTklH9
    ホワイト・ストライプス、2000年の貴重なテレビ・パフォーマンス映像が公開 | NME Japan
    https://nme-jp.com/news/90477/

    https://nme-jp.com/nmesite/wp-content/uploads/2020/06/The-White-Stripes-720x458.jpg
    The-White-Stripes-720x458

    6月29日 19:00

    ホワイト・ストライプスはテレビ初出演となった貴重なパフォーマンス映像が公開されている。

    これはホワイト・ストライプスのセカンド・アルバム『デ・ステイル』の20周年の一環として公開されており、テレビ初出演となった映像をYouTubeチャンネルに公開している。

    「『デ・ステイル』の20周年を記念してホワイト・ストライプスがデトロイト公共テレビの『バックステージ・パス』で2000年5月28日に“Apple Blossom”と“Death Letter”を演奏した映像を御覧ください」と概要欄には書かれている。

    「これはバンドのテレビ初出演で、2000年6月にリリースされたアルバムに先立って行われました」

    ホワイト・ストライプスはブルースのスタンダード“Death Letter”を演奏する貴重な映像も先日公開されている。

    サン・ハウスが演奏したことで知られる“Death Letter”をホワイト・ストライプスはセカンド・アルバム『デ・ステイル』でカヴァーしている。公開された映像はアルバムのリリース直前である2000年6月15日にモンタナ州ミズーラのバー、ジェイズ・アップステアで収録されたものとなっている。

    映像は2000年6月20日にリリースされたアルバム『デ・ステイル』の20周年を記念してサード・マン・レコーズによって公開されている。『デ・ステイル』は20周年を記念してアナログ盤でリリースされることが2月に発表されているが、映像は「サード・マン・レコーズのアーカイヴにあったオリジナル・テープから取られた」ものだという。

    ※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。

    The White Stripes - “Apple Blossom” & “Death Letter” Live on ‘Backstage Pass’ (May 28, 2000)
    https://youtu.be/EetYv8XxR88



    The White Stripes - “Death Letter” Live at Jay’s Upstairs (June 15, 2000)
    https://youtu.be/b47vf_vD60o



    Watch The White Stripes' unearthed TV debut from 2000
    https://www.nme.com/news/music/watch-the-white-stripes-unearthed-tv-debut-from-2000-2696549

    【『ホワイト・ストライプス』、2000年の貴重なテレビ・パフォーマンス映像が公開。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード


    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/04/20(月) 19:31:03.670 ID:R9ctmJGt0
    いい

    【『メタリカ』とかいうバンド。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (2)


    1: 少考さん ★ 2020/06/21(日) 12:28:29.36 ID:87R5Jwze9
    「だよねー」「そやなー」25年前、日本ヒップホップ初100万枚「DA.YO.NE」ブームとは何だったのか? | 文春オンライン:
    https://news.yahoo.co.jp/articles/7ea553605f120e7f0670bb5868afe1a4e498f24b
    https://bunshun.jp/articles/-/38581?page=1

    6/21(日) 11:00配信

    1994年から翌年にかけて、日本のヒップホップシーンから初めて本格的なヒット曲が生まれた。それはまず、1994年3月にリリースされたスチャダラパーと小沢健二による「今夜はブギー・バック」であり、そして同年8月リリースのEAST END×YURIの「DA.YO.NE」である。いずれの曲も、ヒップホップグループと出身ジャンルの異なる者によるコラボレーションであり、また、いきなり売れたわけではなく、地方のFM局などでかかるうち、じわじわと人気に火がついた点でも共通する。「DA.YO.NE」にいたっては、もともとインディーズのレコード会社(ファイルレコード)から出した企画物のミニアルバム『denim-ed soul』(1994年6月発売)収録の1曲にすぎなかった。

     EAST END×YURIは、ヒップホップグループ・EAST ENDと、アイドルグループ・東京パフォーマンスドール(TPD)のメンバーだった市井由理によるユニットである。EAST ENDは1990年、GAKU-MC・ROCK-Tee・YOGGYの3人により結成された。市井とは所属事務所の関係から親しくなった彼らは、1994年1月、TPDのライブで20分ほどのラップコーナーにゲスト出演する。それを観ていたファイルレコード社長の佐藤善雄の「おまえら良いから、コレやれよ」という一言をきっかけに、EAST END×YURIが誕生した(>>1。市井は同年9月にTPDを卒業)。

     ラッツ&スターのメンバーでもある佐藤が設立したファイルレコードは、それまでにも多くのヒップホップアーティストの作品を世に送り出していたが、セールス的にはあまり芳しくなかった。何しろ日本語ラップはウケないと言われていた時代である。ファイル側は、EAST END×YURIの結成にあたり、これで売れなければ、ほかのアーティストからも手を引くつもりだったらしい。YOGGYによれば、《それ聞いて、『やらなきゃ』って思って。そこで今まで自分で思ってたものを否定する……否定まではいかないけど、すげえ普通の人に分かるようなものを作ろうって思って出来たのが〈DA.YO.NE〉だった》という(>>2�。

     作詞したのはGAKU-MCと、EAST ENDとは同じヒップホップコミュニティ「FUNKY GRAMMAR UNIT」に所属する仲間だったRHYMESTERのMummy-D。サビには自分たちが普段使っている言葉を持ってこようと考え、最初は「なんだ、そりゃ」にしようと言っていたのが、《でも、「『なんだ、そりゃ』はちょっとなあ」「どうかな」「売れないでしょう」「だよね」(笑)「『だよね』は売れそうだね」「おっ、だよね」って感じで》決まったとか(>>3�。

    以外略、サブタイトルのみ

    ■北海道でブレイクからの「オリコン7位」
    ■「あの曲を越えるヒップホップ作品は、まだ我が国には存在していない」(近田春夫)
    ■「そやなー」「だべさー」「そーたい」
    ■博多華丸もサンド伊達の妻も熱唱していた
    ■市井由理、2017年の「ダヨネ」

    省略していますので全文はソース元を参照して下さい。

    【25年前、日本ヒップホップ初100万枚、「DA.YO.NE」ブームとは何だったのか。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (2)


    1: 湛然 ★ 2020/06/19(金) 23:06:13.13 ID:ujwxsOvv9
    KIRINJIから田村玄一が脱退「7年間ありがとうございました」
    2020年6月19日 18:34
    https://natalie.mu/music/news/384061
    KIRINJI(写真右から2番目が田村玄一)
    https://ogre.natalie.mu/media/news/music/2019/1023/KIRINJI_art201910.jpg
    KIRINJI_art201910


    KIRINJIから田村玄一(Pedal Steel, Steel Pan, Vo)が脱退した。

    バンドのオフィシャルサイトでは田村の脱退理由について「音楽制作やライブに対する価値観の相違」と説明。田村は自身のTwitterアカウントにて「ファンの皆さまをがっかりさせるようなお知らせで申しわけありません。7年間ありがとうございました」とファンに向けてメッセージをつづっている。

    田村は2013年4月に堀込高樹(G, Vo)を中心とした体制のKIRINJIにメンバーとして加入。自身の活動と並行してバンドの一員として活躍した。なおKIRINJIは2020年末をもってバンドとしての活動を終了することを発表している。

    (おわり)

    【『KIRINJI』から田村玄一が脱退。「7年間ありがとうございました。」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (3)


    1: muffin ★ 2020/06/15(月) 20:05:43.61 ID:aAicGe+X9
    http://amass.jp/135724/
    2020/06/15

    世界30の国&地域から、それぞれの国・地域を代表する最高のメタルバンドを1つだけ厳選。「世界30カ国のベストメタルバンド」を米サイトnoisecreepが発表

    イギリス: Black Sabbath
    アメリカ: Metallica
    ドイツ: Scorpions
    ポーランド: Behemoth
    日本: X Japan
    フィンランド: Children of Bodom
    アイスランド: Solstafir
    スウェーデン: Opeth
    デンマーク: King Diamond
    ブラジル: Sepultura
    イスラエル: Melechesh
    オーストリア: Belphegor
    カナダ: Gorguts
    ノルウェー: Emperor
    フランス: Gojira
    オーストラリア: Portal
    ギリシャ: Rotting Christ
    アイルランド: Primordial
    イタリア: Rhapsody of Fire
    メキシコ: Brujeria
    台湾: Chthonic
    ポルトガル Moonspell
    インド: Demonic Resurrection
    オランダ: Within Temptation
    ニュージーランド: Ulcerate
    シンガポール: Wormrot
    スペイン: Wormed
    スイス: Celtic Frost
    ロシア: Arkona
    ベルギー: Aborted

    詳細は以下のURLのページでご覧になれます
    https://noisecreep.com/the-best-metal-bands-from-30-countries/

    https://townsquare.media/site/366/files/2017/03/BandsCountriesFeat.jpg 
    BandsCountriesFeat

    【各国から最高のメタルバンドを厳選。”世界30カ国のベストメタルバンド”米サイト発表。日本からは『 X Japan』 が選出。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (5)


    1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/06/14(日) 12:27:23.93 ID:mGZQ3xSm9
    NHK紅白歌合戦出場31回を誇る歌手坂本冬美(53)のYouTubeでの弾けぶりが話題だ。大物歌手にもかかわらず、セーラー服姿を披露したり、自撮り棒にGoProをつけて撮影するなど孤軍奮闘。再生回数も40万回近くに達し、着物姿の演歌歌手のイメージとのギャップがファンの裾野を広げている。新曲「俺でいいのか 追撃盤」も17日に発売され、この日は生配信ライブが予定されている。

       ◇   ◇   ◇

    年に1~2カ月の劇場公演に全国でのコンサート。加えてテレビの歌番組などスケジュールがぎっしりの坂本でも、新型コロナウイルスの前では無力だった。活動がすべて止まり「俺でいいのか 追撃盤」のPRのためにスタジオで無観客ライブを開催する予定だったが、これも「密閉、密集、密接」の3密のため中止に。「仕方なく」と書くと語弊があるが「できることをやろう」ということで、自宅での練習風景をYouTubeにアップしたのが、4月中旬だった。

    着物ではなく体のラインが分かるカラフルなセーター姿。もともとコメディエンヌの評価は高かったが、セーラー服姿まで披露するなど、トークもうまく、スナックの美人ママといったところだ。

    坂本 普段の自分をさらしてしまいましたが、和服姿で真面目に歌う私とのギャップに大変驚いたようです。面白いおばちゃんが、少し浸透したかな? 

    あくまでも、ステージで会えないファンのためだった。

    坂本 生の歌を届けられないので何とか届けようと、YouTubeでのライブ配信を予定したのですが、それもコロナの影響で延期となり、仕方なく自宅から普段練習している姿を皆さんに見て頂こうと思いました。あんなおバカなところをお見せするなんて…。今回のようなことがなければなかったことですね。

    ステイホームでは、歌のレッスンはもちろんだが、映画を見たり読書するなど充電に務めたという。中でも、地方の仕事が多いことからできなかったガーデニングにも目覚めたという。

    坂本 時間に追われる生活をずっと続けてきたわけですが、いま与えられた時間をどう過ごすかを考えさせられました。殺風景だったベランダにお花やお野菜を植えて育てようと思い、この3カ月でぬくもりのあるベランダになりました。仕事だけに生きてきた感がある人生でしたが、もともと田舎者なので、ゆったりとした時を過ごすことが性に合っていると再認識しました。正直、ブランド物を買ったり着飾る事も、面倒になったので、これからはシンプルに細やかな幸せを感じながら生きていきたいです。

    それでも、今一番したいことは? との問いに「何をおいても生のステージ、コンサート」と答えた。人の価値観も変えたコロナ禍後の坂本のステージが期待される。【竹村章】

    ○…新曲「俺でいいのか 追撃盤」は昨年リリースした同曲のリメークだ。坂本が歌うあでやかな男唄をギターバージョンでブラッシュアップ。オリジナルのほか、ギターバージョン、男性キーバージョンを収録している。坂本は「さらなるヒットを目指し、何かもうひと押しとスタッフと考えて、さらに哀愁のあるギターバージョンと男性にも歌って頂けるように、作曲の徳久広司先生に歌唱をお願いしました」。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/36df633d45d6b408c8d6dd842110e5e03df0bf5

    6/14(日) 5:00配信

    https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/e/6/e6b8c_1401_fe104851_4eaceceb.jpg
    e6b8c_1401_fe104851_4eaceceb

    https://www.youtube.com/watch?v=bVYu3f4qfsU


    坂本冬美 - また君に恋してる

    https://www.youtube.com/watch?v=1gSH1BK7lKw


    坂本冬美 - 夜桜お七

    【『坂本冬美』53歳のセーラー服姿、今弾けまくる胸の内。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (4)


    1: 久太郎 ★ 2020/06/11(木) 18:28:35.88 ID:hvWol45h9
    【ウィーン共同】新型コロナウイルスの大流行を受け、500年超の歴史を誇るオーストリア伝統の「ウィーン少年合唱団」が窮地に追い込まれている。運営費用の大半を賄うコンサートが相次ぎ中止になっているためだ。こうした状況が続けば破綻の恐れもあり、ホームページなどで支援を呼び掛けている。

     同合唱団の報道担当者によると、オーストリアで感染対策のイベント規制などが始まった3月以降、日本公演を含む110超のコンサートがキャンセルとなった。年間収入の3分の1に迫る100万ユーロ(約1億2千万円)近くの収入も消えた。

     現在は非営利団体のため利益は蓄えられず、政府補助もない。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/5ec65d0ac6a32db8e82d6a8f070ca1bac6e10b2a

    【『ウィーン少年合唱団』が窮地。コロナ流行で公演休止、資金難で政府補助もなし。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (3)


    1: 風吹けば名無し 2020/06/12(金) 00:51:15.42 ID:Ehp4Ihz20
    なんでやねん確固たる地位を築くまでもう少しだったのになんで我慢できなかったんや

    【『Aqua Timez』とかいうガチで天下取れる器だったのに惜しいところで活動やめたバンド。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード


    1: 名無しさん@おーぷん 20/06/03(水)17:07:15 ID:v4I
    美術で例えるとピカソみたいな存在やろコイツ

    【『ドビュッシー』とかいう不協和音を鳴らしただけで天才扱いされた音楽家。】の続きを読む

    このページのトップヘ