ダウンロード (5)


1: 湛然 ★ 2020/07/02(木) 05:16:00.32 ID:DX3DU1dT9
2020.7.1 水曜日 NME Japan
ラムシュタインのクリストフ・シュナイダー、昔のバンドにはメンバーにスパイがいたと語る
https://nme-jp.com/news/90605/
GETTY
https://nme-jp.com/nmesite/wp-content/uploads/2020/07/DSC8271-720x458.jpg
DSC8271-720x458


ラムシュタインのドラマーであるクリストフ・シュナイダーは彼が昔在籍していたディ・フィルマのメンバーに2人のスパイがいたと語っている。

『メタル・ハマー』誌のインタヴューでクリストフ・シュナイダーは1980年代に東ベルリンの音楽シーンに参加していた当時の体験について語っている。

「ニュー・ウェイヴ・パンク・バンド」だったというディ・フィルマの音楽性についてクリストフ・シュナイダーは「ゴスの影響を受けて少しダークだった」と語っており、「体制に抗議する歌詞」だったと述べている。

「もちろん、許可などされていなかった。アンダーグラウンドのバンドだったんだ」と彼は語っている。「他のラムシュタインのメンバーもアンダーグラウンドのバンドにいた。フリークスだったり、ゴスだったり、パンクスのファンと共に小さなクラブで演奏していたんだ」

彼は次のように続けている。「でも、政府の人間はどこにでもいたからね。諜報機関のスパイだよ。笑えるのはあの当時の自分たちほど大変なバンドなんて想像もできないことだね。実際、バンド内にも2人スパイがいたんだ。シンガーとキーボード・プレイヤーだよ。信じられないよね」

「彼らはプロフェッショナルではなかった。少しの報酬をもらえる雇われスパイで、たまに音楽シーンについて報告しなきゃならなかったんだ」

当時は政府の制限によってライヴ・イベントで演奏するためには許可を示す証明書が必要だったという。

「証明書を入手するには審査のような委員会の前で演奏しなければならないんだ。彼らが適切な曲かを判断するんだ。カヴァーは全体のうち40%までしか演奏できなかった。残りは自作曲なんだ」とクリストフ・シュナイダーは説明している。

「考え方としては悪くないけどね。自分たちの曲を作らなきゃいけなかったから、当時は興味深いバンドがたくさんいたんだ」

(以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

11: 名無しさん@恐縮です 2020/07/02(木) 06:42:25.09 ID:oI6UrQ840
高校時代を思い出すわ
教室にスパイが居た

4: 名無しさん@恐縮です 2020/07/02(木) 05:39:56.98 ID:JntjVODf0
その人達ってもともとミュージシャンだったの?
それとも当局の人間がスパイするために必死に練習したの?

15: 名無しさん@恐縮です 2020/07/02(木) 07:16:07.00 ID:7vF8Y4zn0
>>4
プロフェッショナルではなかったと
語られてるから付け焼刃レベルの演奏じゃね

5: 名無しさん@恐縮です 2020/07/02(木) 06:07:43.73 ID:QdyRFRRT0
クリストフ・シュナイダーって
厨二が考えたイケメンキャラについてそうな名前だな。

7: 名無しさん@恐縮です 2020/07/02(木) 06:22:33.85 ID:xVijnL+d0
スパイよりバンド活動の方が面白くなってツアーを機に西側に亡命した、
みたいな映画が観たい

9: 名無しさん@恐縮です 2020/07/02(木) 06:34:40.15 ID:E9a+di9D0
東ドイツは成人国民の2%が秘密警察シュタージの手先だった恐怖の国。
シュタージの保管していた国民の個人別監視記録は本人と家族限定で公開されている。
家族・友人・同僚の誰が自分の監視者で、どんな風に自分の行動を秘密警察に報告していたかが丸ごと分かってしまうリアルホラー。

16: 名無しさん@恐縮です 2020/07/02(木) 07:29:21.24 ID:z46qsk4y0
ドラッグやりすぎての妄想かと思ったら、
旧東ドイツの話か

13: 名無しさん@恐縮です 2020/07/02(木) 07:00:22.50 ID:fcjtxXQa0
スパイ活動の一環でミュージシャンやるって面白そうだな。
あれよあれよと大人気になってメジャーデビュー、みたいなことになったらどうするんだろ


引用:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1593634560/