images


1: 湛然 ★ 2019/06/20(木) 23:12:37.52 ID:3DQiotyI9
2019.6.20 木曜日
メタリカのラーズ・ウルリッヒ、解散の危機をローリング・ストーンズに救われた逸話を明かす
https://nme-jp.com/news/74761/

Photo: GETTY
https://nme-jp.com/nmesite/wp-content/uploads/2015/07/2014LarsUlrich_Getty458347192041114-720x480.jpg
2014LarsUlrich_Getty458347192041114-720x480


メタリカのドラマーであるラーズ・ウルリッヒはザ・ローリング・ストーンズがメタリカを解散の危機から救ってくれたという逸話を明かしている。

ラーズ・ウルリッヒは今回、2004年公開のドキュメンタリー『メタリカ:真実の瞬間』でも描かれていた2003年発表の『セイント・アンガー』の制作時期に瀕していたバンドの解散危機を振り返り、当時、ザ・ローリング・ストーンズのサポート・アクトを務めたことがきっかけで再びバンドを健全な状態に引き戻すことができたと語っている。

ラーズ・ウルリッヒはザ・ローリング・ストーンズとのツアーのおかげでメタリカは再び第一線に戻ることができたとして、次のように語っている。

「俺たちとしては、人々を招き入れて、できる限りファンにとって近づきやすい存在になることが重要だと考えているんだけどね。(2004年の)あの時期は言うまでもなく俺たちにとって難しい時期で、あの時、俺たちは自分らの限界や沸点を学んだんだ」とラーズ・ウルリッヒは『ザ・サン』紙に語っている。

「本当の意味で俺たちが休息期間を置いたのは、あの時が最後だね。ここ14年はバンドを閉ざしたことがないけど、あの時は1年くらい姿を消していたんだ」

「その時にザ・ローリング・ストーンズが俺たちに電話をくれて、『カリフォルニアで一緒に公演をやろう』って言ってくれてね。それで、同意してみたんだ。ストーンズに『ノー』は言えないからな。そういう感じだったんだ」

「おかげで、再スタートを切るきっかけになったんだ。会社のチームの一員であれ、ロックンロール・バンドの中の1人であれ、どこかの時点で、どうすればチームとして一緒にうまくやっていけるのかを考えなければいけないんだ」

「どうでもいいと思ったら、そこから立ち去るのは簡単なわけだけどさ。けど、幸運なことに、俺たちは自分らやファンのためにもう一度バンドを機能させる方法を考えるくらいには、メタリカのことを気にかけていたんだよ。そうすることができてよかったと思っている」

(以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

20: 名無しさん@恐縮です 2019/06/21(金) 00:24:08.12 ID:A6eKgZLY0
一緒にやろう!(お前等前座な)

6: 名無しさん@恐縮です 2019/06/20(木) 23:25:21.59 ID:hkoovZoN0
このクラスのバンドに「サポートアクトやれよ」って言えて、
なおかつ拒みようがないバンドなんてストーンズぐらいしかないわな

25: 名無しさん@恐縮です 2019/06/21(金) 00:34:37.58 ID:NJhmNpof0
前座にメタリカとか豪華だな

11: 名無しさん@恐縮です 2019/06/20(木) 23:39:25.66 ID:SM48sujN0
ストーンズよりも小さい音でライブをしたのか。

3: 名無しさん@恐縮です 2019/06/20(木) 23:20:12.13 ID:FVSTGBE10

4: 名無しさん@恐縮です 2019/06/20(木) 23:21:37.11 ID:lX/DxtR30
いつまでたっても下手くそ

35: 名無しさん@恐縮です 2019/06/22(土) 06:19:12.13 ID:9ScZYx5P0
走ったり もたったり ベースのスペイン兄ちゃん大変だな

38: 名無しさん@恐縮です 2019/06/22(土) 10:02:06.57 ID:3HiNbusQ0
>>35
鶴二郎がことも無さげに合わせちゃうからラーズがどんどん下手になってる説

29: 名無しさん@恐縮です 2019/06/21(金) 07:00:38.01 ID:ycAOVKzg0
何気にパワハラ激しそうなおじさんという印象w

7: 名無しさん@恐縮です 2019/06/20(木) 23:25:49.77 ID:BsgkfhSA0
立ってドラム叩くの叱られた!?

9: 名無しさん@恐縮です 2019/06/20(木) 23:36:38.54 ID:IJMmV+y30
しかし、老けたなさすがに

8: 名無しさん@恐縮です 2019/06/20(木) 23:26:52.81 ID:336cixhR0
メタリカもハゲるんだ

32: 名無しさん@恐縮です 2019/06/21(金) 16:55:27.02 ID:TsVN9dVU0
解散の危機ってお前らがジェイソンいじめただけじゃねえかよ

19: 名無しさん@恐縮です 2019/06/21(金) 00:01:50.57 ID:k/478lMQ0
One のビデオでストーンズ前座の時のライブ映像あったな

15: 名無しさん@恐縮です 2019/06/20(木) 23:56:40.81 ID:xdir1zye0
St.angerという黒歴史

17: 名無しさん@恐縮です 2019/06/20(木) 23:58:59.07 ID:SSAPCWx50
結局今でも聴くのはファーストだけだなあ

22: 名無しさん@恐縮です 2019/06/21(金) 00:27:51.97 ID://Y0To780
メタリカはメタル・ジャスティスから入ったから 
てっきり普段からこういう音のバンドなんだと 
その時は思い込んで聞いてた。

23: 名無しさん@恐縮です 2019/06/21(金) 00:31:50.53 ID:zzy8V5Ai0
ブラックアルバムの後は全くの空気バンドなんだから解散しておk 
つまらなすぎ

36: 名無しさん@恐縮です 2019/06/22(土) 06:32:13.44 ID:PK2aGss30
メタリカは、なんていうかメロディがないような気がする

42: 名無しさん@恐縮です 2019/06/22(土) 14:54:32.83 ID:Hhkh4QmNO
パペッツくらいで解散しとけばスレイヤー以上の名を残せたのに

43: 名無しさん@恐縮です 2019/06/23(日) 21:00:17.89 ID:hLP4cxWZ0
>>42 
確かになあ 
クリフ・バートンの次のベースがしょぼすぎた 
もうちょっとマシなベースが入ってりゃあよかったのに 

ロバート・トゥルージロはいいけど入るのが遅すぎて腐りきった後だった

45: 名無しさん@恐縮です 2019/06/23(日) 21:06:16.49 ID:T/wVTCW70
高崎晃が入っていれば伝説のバンドになれたのにな

10: 名無しさん@恐縮です 2019/06/20(木) 23:37:02.67 ID:GbLyv4l90
ガンズサポート付けたときも不仲のバンドに捧げるとかいって
Mixed Emotions演ってたり結構大阪のオバちゃんみたいな世話好きなんか

24: 名無しさん@恐縮です 2019/06/21(金) 00:33:18.68 ID:NxlZTlpx0
>>10
恐らくミックがそういう人なんだろう
あのシドビシャスのことも気にかけて面倒見てたっていうし

39: 名無しさん@恐縮です 2019/06/22(土) 10:13:21.28 ID:RqEm/Akc0
>>24
そういや前座のプリンスが客から腐ったものとか色んなものを投げつけられてたのをミックが助けに行って「こいつの音楽はおまえ等にはまだ早い」とか言った話も有ったな
ミック男前過ぎる

13: 名無しさん@恐縮です 2019/06/20(木) 23:50:34.08 ID:2qPtJTDc0
ストーンズのサポートアクトは出世する
ジージートップ
ストレイキャッツ
プリンス
などもかつて出てた
客が桁違いに多いからな

18: 名無しさん@恐縮です 2019/06/20(木) 23:59:47.24 ID:pucEsWjn0
ディープ・パープルの名曲「スモーク・オン・ザ・ウォーター」も
ストーンズが所有していた移動式録音スタジオを使って録音されたんやで

フランク・ザッパとマザーズのコンサート中に火災が起きたという
どうでもいい歌詞だけどw

31: 名無しさん@恐縮です 2019/06/21(金) 16:49:43.11 ID:SvgQ7L280
ミックは昔日本に入国拒否されて、「刺し身でも食ってろ!」みたいなヘイトスピーチをしたので初来日が10年以上遅れた

33: 名無しさん@恐縮です 2019/06/21(金) 22:50:14.56 ID:MH/tCWXE0
ストーンズの前座は幅広いよな
しかもすごいメンツばっかだし

34: 名無しさん@恐縮です 2019/06/22(土) 02:02:26.74 ID:brWKDVyB0
>>33
日本のバンドも出たよね

41: 名無しさん@恐縮です 2019/06/22(土) 14:24:53.61 ID:MLYLWYCRO
だけど、キースはメタルが嫌いなんだろ?
よく受け入れたな?やはり、フロントマンの意見は強いのか?


メタリカ 真実の瞬間 [DVD]
ジェームス・ヘットフィールド
パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
2006-09-08