images


1: 記憶たどり。 ★ 2018/02/04(日) 12:55:53.99 ID:CAP_USER9
https://www.j-cast.com/2018/02/04320350.html?p=all

読み終わった本は、古本屋に売るよりも「捨てる」べきなのか――そんな議論が、愛書家の間で盛り上がっている。

「売らないね。そんなに高く買ってくれる本も持ってないし......紙のゴミの日に出すかなあ」
――2018年1月30日のテレビ番組「セブンルール」(フジ系)でそんな「ルール」を語ったのは、
三省堂書店の新井見枝香さんだ。

■オードリー若林も「捨てる」派

新井さんは、「プッシュする本は必ずヒットする」といわれるほどの目利きで知られる「カリスマ書店員」だ。
番組がその働きぶりに密着する中で、新井さんの蔵書の扱いが話題に上った。

自宅の小さな書棚に積まれた本を、新井さんは数が貯まり次第「ゴミ」として処分しているという。
「たぶん、読み終わったらいいんだろうね。中身が自分の中に入ればもういい、って感じだね」として、
「もったいないとか思わない?」というスタッフの問いにも「思わない」と即答した。

スタジオでは、「読書芸人」と呼ばれるお笑いコンビ・オードリーの若林正恭さんが、
「俺は同じで、新井さんと。捨てるんですよ」と新井さんに同意、その理由をこう語った。

“「古本屋に売るとその分、作家さんに入らないから」

一方、このポリシーをめぐっては他の読書好きと過去に「言い合い」になったそうで、相手からは
「(古本で)その作家にハマったらずっと読むから、きっかけを古本屋は作るんだ」と反論されたという。
しかしこの意見に、作家の本谷有希子さんは、

“「ただ、それがきっかけでハマった人は、またその人のを古本屋で買うよ」
と冷ややかなコメントを。スタジオにはどっと笑いが広がった。

■古本屋と印税の問題はかねてから議論が

古本屋で書籍を購入しても、作者に印税などの収入が入らない――この問題は、以前から議論されてきた。
特にブックオフなどのいわゆる「新古書店」が台頭した2000年代からは明確に「脅威」と認識され、
著作者団体などが新古書店での取り扱い中止を求める声明を出したり、使用料の支払いなどが
議論されたりしたこともあったが、20年近くが経った今も明確なルールは整っていない。

こうした背景もあり、ネット上では「捨てるべき」論に、賛同の声も多い。

■「古本文化」を愛する人からは反発も

もっとも、反発する声もある。古本屋、とひとくくりに言っても、新古書店と昔ながらの古書店では違いもあるし、
すでに新品での入手が難しい本、あるいは将来難しくなってしまう本も。稀覯本を古本屋で探し求めるような、
いわゆる「古本文化」に愛着を持つ人も少なくない。

ツイッターでは、
“「若林さん、古書店や絶版本の魅力を又吉さん(※ピースの又吉直樹さん)から聴いてないのかな」
「うわぁこれ作者側にはいいのかもだけど装丁とかの『本の作り手』には少々辛い『論』だな 私はもちろん捨てられない」
「仏教書買ってる人だと本捨てられるとかただでさえ少ないし頻繁に再版されないものもあるし」
「絶版、改訂前、初回限定版とかもあるから一概に古本屋に売る行為が否とは言えない」
「成る程一理ありやすな!ただ古書マニアになると、『現存する本が100冊未満』なんてレベルの本を持っている方も
多いから、おいそれと捨てられんのんですよねぇ」
などといった反論がみられる。

中には、「まだ手に入る本は売らないで捨てる。もう手に入らない本は捨てないで売る。それでいいのだ」
と折衷案を提示する人もあった。

あなたはどちら派だろうか?

10: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 12:59:50.22 ID:DGPf9yVR0
買い取り1冊10円になります

88: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:15:13.93 ID:Y6LUbyWn0
「10冊で75円になります」

3: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 12:57:51.16 ID:43lWGiu10
古本屋が著作権料納めればいいだけなんじゃ?

102: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:16:19.63 ID:diDiTPqv0
>>3
同意であります

5: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 12:58:42.42 ID:PlGLJaPJ0
立ち読み派。一番害悪だと思う

6: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 12:59:10.75 ID:RBhMIISv0
トヨタの為に、中古車にせず廃車にすべき

98: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:16:03.71 ID:V3kSSRP50
>>6
ほんとこれだよなこの理論は


なぜそんなに作家の事だけ考えるんだろ

7: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 12:59:22.36 ID:724jr1Z20
読後感の悪い本を嫌がらせのつもりでブクオフに持ってく
また読みたいほどの本ならみんな手元に置いとくだろ

8: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 12:59:31.04 ID:/wnoYopq0
神田の古本屋街は世界最大の古本の町なんだよね
日本の誇りですよ

9: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 12:59:43.15 ID:cI2gk+8+0
捨てるというか、資源としてリサイクルさせる。

2: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 12:57:21.64 ID:+vYQlkPK0
ブッコロスでタダ同然なら捨てた方が経済的だろ

11: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:00:06.55 ID:D0LPI29i0
古本は臭いから買わない

13: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:00:24.89 ID:2Zd1BOmD0
よくわからんけど図書館も悪なの?

26: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:03:45.44 ID:RXU+nIhS0
>>13
新刊を一定期間取り扱わないでって運動があるでしょ?

14: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:00:28.36 ID:lfn7oCIW0
こいつら財産権を何だと思ってんの?

15: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:00:48.19 ID:ZNeS+4x80
売りにいく手間がもはや損

18: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:01:39.67 ID:U27O3gg80
作家や販売元にとって古本屋と図書館は厄介な存在だからな。

23: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:03:04.16 ID:NaxSGEPm0
>>18
図書館は販売元や作家にとっては天国だぞ
分厚い本が普通に売れるからな
文庫本については賛否あるがな

34: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:05:53.45 ID:U27O3gg80
>>23
だからどっかの出版社が文庫本を図書館に置くのは止めて~って言ってたよな。

38: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:07:12.34 ID:2hCQ6bFX0
>>23
>分厚い本が普通に売れるからな

 一般流通させるつもりの無い意味不明な本に法外な価格付けて買い取らせるアレのこと?

19: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:02:05.99 ID:+0/Iplef0
何を今さら(笑)

神保町の古本屋の由来は明治大学に通う貧乏な中国人留学生の為に教科書を安価で提供するために卒業生から買い取った物を売る事から始まった。
それも明治時代一桁の話だぜw

165: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:24:16.24 ID:c9yHcETU0
>>19
その時代に中国が日本から学ぶことなんてあった?

176: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:26:02.52 ID:+0/Iplef0
>>165
文明開化で西洋文化をいち早く取り入れて発展させた日本を学ばせるために留学生を送り込んできた。

21: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:02:39.57 ID:HVPgTQDJ0
世の中には貴重で価値のある本もあるのにそれを捨てろとかキチガイじみてる。

22: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:02:46.71 ID:fKLEzzjJ0
重視する事項による

作者の収入→新書が売れないから古本にしない方がよい
本の内容の社会還元→また読みたい人がいるかもしれないから古本にする

いずれにしてもどうせ捨てる側には関係ない話
こだわりの違いでしかない
本当に要らない本はゴミ出しするしな

25: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:03:35.13 ID:rW1Mubet0
中古事業をしない方が馬鹿

27: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:04:01.14 ID:3gnXaJl90
電子書籍だと売れないんだよなあ。
売ったら違法だろ?

28: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:04:49.81 ID:Ets5/4ny0
ケンカ売るならFuck off♪

56: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:09:29.09 ID:p6G3hupQ0
>>28
おれは、好きだよ!

29: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:04:52.70 ID:OWAW9obf0
本を売るために必要なのは古本屋の撤廃じゃなくていかに新刊の宣伝をするかだろ

30: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:04:58.71 ID:/AuLD80r0
紙だけだと客が買ってくれないから、客のよろこびそうなデザインを印刷したもの。それが本。

33: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:05:38.76 ID:iF6u/LSU0
服や本なんかは買取屋に売ってふざけた値段で買い取りさせるくらいなら、捨てた方がまし。

100円で売った服が5000円くらいで売ってるから頭にくる。

店に儲けさせるな

35: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:05:53.52 ID:HCl9JV600
なぜ本だけがクローズアップされるのか
古着もダメ
中古車もダメ
中古のものはみんなダメ

49: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:08:17.33 ID:/YUXHiK/0
>>35
家と女もか

65: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:11:07.91 ID:NeTETBet0
>>49
すべてのものが中古になると価格が半額以下になるのに

女の中古だけは、価値が減らないと主張する中古女達

39: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:07:12.65 ID:QMuPfwtT0
海賊版などのコピーは論外だが出版、販売した分の利益は著作者に渡ってる
それ以上の儲けを期待するのは外れてるだろ
売れる確信があるならデジタルで無限に売れよ

回し読みされるのが嫌なら図書館廃止を叫べ
結局第三者が利益を得てるのが気に食わんってだけだろ

40: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:07:16.08 ID:EhoO1P950
貧すれば鈍する

どツボにハマった出版界の詰まらん議論だ。

44: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:07:43.47 ID:IFng94SK0
今の小説家とか食っていくだけでも大変だろ
新書を読んですぐ売るようなことしてると間口がどんどん狭くなっていくだろうに

48: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:08:13.91 ID:/AuLD80r0
わざわざ古本屋などやる連中はよっぽどのインテリで資金や機会あれば
出版や編集やりたいとおもってるような連中なんだろうから、さっさと
電子書籍出版にきりかえりゃいいんだよ。なんでアマゾンばかりに利益与えるのか。

50: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:08:23.91 ID:9U6/A6UT0
出たばっかりの本は読んで、刊行から一月以内にヤフオク出品
他はダンボールで送り付けで引き取るネットオフ

51: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:08:27.87 ID:v/ur9WBu0
取り敢えず買うのに中古はいい値段よ
気に入れば続刊や他のシリーズは定価で買い出す

あと中古しか存在してない本が多すぎる

52: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:08:46.16 ID:ZykWnO8A0
古本屋は悪だよ
だから俺は古本屋で立ち読みしたり
古本屋で本買って捨ててる

89: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:15:16.85 ID:R09vFX260
>>52
古書店や本のレンタル業態なんて400年以上昔の江戸時代前期からあるけれどな

53: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:08:47.87 ID:HgDsIoox0
売らないが、ご近所の福祉施設で年に何回かバザーやってたりするんで、読まなくなったのはそれ用に差し上げてる。

あと、古本屋で買うのは絶版のが多いので、どっちにしろ作者に印税なんか行かないと思うが。

54: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:09:02.70 ID:uNUjDQiw0
探してた絶版本を古本で見つけたときは
売りに出した人に感謝するわ。
古本屋に売るのは、文化の保護だと思う

80: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:14:22.20 ID:HgDsIoox0
>>54
そういう瞬間があるよな。
あと、昔読んで処分しちゃったのがもう一回読みたくなったりすることがあるが、
そういうのってたいてい絶版だから。

55: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:09:14.75 ID:IFng94SK0
誰も貴重な古書とかを捨てろなんて話はしてないのにな

109: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:17:13.93 ID:R09vFX260
>>55
古書とは言わなくても数刷で絶版になって市中に出回らない本なんて幾らでもあるよ

117: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:18:40.43 ID:sY641WIf0
>>109
むしろ、重版されずに絶版になる本のほうが多いしね

58: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:09:48.80 ID:obtX6i740
数年前の本すら買うの難しんだから古本屋に売れ
嫌なら絶版にするな
継続中のシリーズ物の初期の巻すら新品で買うの難しいこともザラなんだから

59: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:10:18.69 ID:riojvuSG0
既刊分を激安中古で読んで新刊購入という購入ルート。
まず知ってもらってこそだろ。
若い子が読みやすい環境作らないとな。

62: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:10:44.09 ID:Lz5INgB30
初版から5年くらいは、古本屋で販売した時点で著者にいくらかの金が入るようにするのか最善の解決策だと思うが

77: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:13:54.24 ID:bYGS28cE0
>>62
しかし、一度はその本に因って印税が著者に入っているんだぜ。

64: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:11:03.30 ID:EIJG/6oX0
結論から言えば
只の金儲けでやってる訳ではないだろうから
何れかの形で残して>他の人の目に触れるのが、いいんでないかなと

66: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:11:13.47 ID:GBHwMYDJ0
人それぞれなんじゃねーの

67: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:11:30.12 ID:RKhAs76R0
捨てるのめんどいときは古物商
売れそうなものはメルカリ

70: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:11:58.83 ID:ccfd24aP0
市場に出回った商品に対してなんで著作者に忖度しないといけんのよ
ならば車も株も売買すんな

73: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:12:32.98 ID:LBhrGANf0
電子書籍にするが、正解だな
地球温暖化、資源の節約に協力しよう
捨ててしまったら焼却され、ダイオキシンや二酸化炭素を排出します

85: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:14:50.85 ID:EIJG/6oX0
>>73
知財として考えるのであれば、電子化して残す、ってのも方法の一つっすな

81: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:14:23.80 ID:5ZAgRrtA0
ブックオフ持って行くなら、捨てるかな
以前ならある程度の金額になったけど、今は捨てた方が楽

143: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:21:44.91 ID:W+14rxoW0
>>81
段ボール2箱持って行って計1300円だもんな
新本1冊も買えんわ

83: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:14:31.32 ID:/AuLD80r0
過渡的だとおもうよ。ゆくゆくは美術商みたいに本当の稀覯本しか古本で流通しなくなるだろさ。
大衆向けのなんか著者死亡50年ですぐ公開になる

131: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:20:00.85 ID:oDmz5BAc0
>>83
やたらカラフルでゴミクズな焼き直し本が量産されているからそういうのは0円でいいと思う
残すべきではないし買うべきでもなく駆逐されるべき
ああいうのがなければ本の価値は上がり売上はもっと上がるだろうに

86: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:14:53.54 ID:FggZia5m0
別に著者のために買ってるわけじゃないんだが単にめんどくさい
金になるほどの本を持ってないしそもそも大事に扱わないからボロボロになってるしね

それはそれとして絶版本はなるべく市場に流しておいてほしいかな
どこでも買えるのは捨ててくれていいが

93: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:15:42.48 ID:dDbw1DUi0
江戸期の頃から古書の流通は文化の保持の為に重要だったんだが……。
何でもかんでも直ぐに絶版にする出版状況が続く限り、古書店は日本文化には必須だろう。

94: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:15:56.38 ID:zd6tImBo0
西洋紙なんて100年でボロボロだよ
文化的な価値はそうした本にはないよ
1000年保つ和紙とか羊皮紙じゃないと

173: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:25:38.20 ID:dDbw1DUi0
>>94
だった数年で絶版になる日本の馬鹿げた出版状況なら、数十年の間古書業界で入手できるだけで文化的価値があるだろう。

95: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:15:57.19 ID:MSYyZ4TA0
まあ正直、他人が古本屋でその本買えないように古本屋に売らないってのは無駄な正義感って感じw

99: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:16:06.33 ID:eW4j2mGO0
著者に金が、なんて変な理由付けるから反論される
単に要らないから捨てるだけ

103: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:16:31.28 ID:ey6ZKvTI0
すべて売れ
自分と読者のために

104: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:16:41.17 ID:0Ks2jOtI0
買わない
これが正義

105: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:16:42.50 ID:5ZAgRrtA0
ヤフオクで、あまり売れてない本を出品したら、その著者に落札されたことが数回ある。
全部別の人だけど、本が出来た時に完成したものはもらえないんだろうか?

107: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:17:08.74 ID:XQ5sNo3G0
>>1
ベストセラー本ばっかり買ってるヤツの意見だな。
新刊本の本屋には売ってないし、すぐ絶版になるし
古本屋を利用するしかないだろ。

110: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:17:15.72 ID:ccfd24aP0
全ての商品に著作権権利をつけて、中古販売時において1%を著作権者へ還付するようにすればいいだろ
特に本はすべて著作権があるのだから販売価格に1%のせてそれを著作権協会に
売れた本のQRコードと共にデーターを送付すればいいだけ

112: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:17:38.52 ID:sY641WIf0
しかし、ネット社会になってから古本屋を巡って欲しい絶版本さがすって行為が
なくなったな。ネットで探したほうが早いし安いし、若干味気ない感じがする

116: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:18:36.72 ID:1RlUzWlv0
こいつらバカなのは
古本がない→じゃ、新品買うか!
ってなると思ってること
ブックオフ層は一冊1000円の本なんて買えんよ

121: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:18:52.18 ID:v/ur9WBu0
村上春樹が一般に受け入れ始めた切っ掛けって、
インテリアみたいで家に置いておくのがおしゃれな本だったせいやん

あれで行きゃいいんだよ

124: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:19:06.97 ID:/hHIdnpi0
少し経てば二束三文にもならない紙の束になるような本を出す方が悪い
嫌なら全部電子書籍にしろ

126: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:19:35.72 ID:cDJiYFzF0
売るヤツは赤線とか引かないでくれ
折り目とかも迷惑なんだよ

184: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:26:43.57 ID:u2vIeQv60
>>126
新品買えよ せこいな

129: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:19:49.58 ID:DhzgFY2k0
ブックオフはごみ捨て場

132: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:20:08.77 ID:HEqqS/Cy0
本だけ特殊なのは一度読んだら二度読む人が圧倒的に少ないからだろう
車や家など物は持ってる間は使い続ける
逆に言えば読んで終わりのものにコストをかけすぎてきた

133: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:20:13.98 ID:VEnkaZsd0
CDを大量に捨てている奴は、そういうことだったのか。

136: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:20:47.58 ID:fAUseZpF0
読書家で古本買ったことない人いるのか
読みたいけど絶版で古本じゃないと手に入らないものが山ほどあるのに

164: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:24:13.25 ID:HgDsIoox0
>>136
そう。
さらには、検索ワードすら思いつかないようなのに面白いのがあったりする。
そういう文化なのにな。

139: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:21:02.71 ID:+NWFHwTX0
新品で買えと言っても、最近は本屋も新刊しか置かないしな。
ちょっと古いとおいてないし、ネット通販は送料が
バカにならないしで結局、ブクオフを使っちゃうな。

140: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:21:08.72 ID:24G3yqPa0
少しばかりの人が本を捨てようがどうしようが
世の中は変わらないし古本で買いたい人は新刊では買わない

141: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:21:17.27 ID:pYVKzlBp0
本を買わなければ出版社が潰れる
作者が電子媒体で自由に発表できる環境を整える
本を買うのをやめよう!

151: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:22:43.48 ID:sY641WIf0
>>141
校正とか入らないと誤字だらけで品質が低いものばっかり出回りそう

145: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:22:08.54 ID:zd6tImBo0
一年でボロボロになる紙で本出せばいいよ
中古もなくなる

149: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:22:36.05 ID:5EOXhMPZ0
買うのは、小難しい本が主流
新品を買う
そういう本は、また読むかもしれないから、古本屋にはもっていかない

エンターテイメントの本だとどうだろ
古本屋で買ったりしてたな
古本屋に売ろうとは思わないな
「いらない」と思えばゴミとして捨ててた
俺の中では「ゴミ」という認識になってたからだろうな

150: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:22:38.62 ID:OCEZTtzt0
ブックオフで漁ってる連中は新刊なんぞ買わないし、
立ち読みしてる連中は古本すら買わないぞw
そんなやつらいくら啓蒙しても無駄。

154: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:23:14.11 ID:uW1Xx3nB0
ものによるかね。
安価で大量販売されてる小説なんか捨てていいだろ。
特に、文庫化されるようなものは、単行本残しておいてもな。
学術書なんかは、「こりゃ欲しい人いるだろ」ってんで古本屋にもってくことは
あるけどな。

155: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:23:29.78 ID:JxCjHNNj0
綺麗なものを捨てるのはなぁ…
個人的には1回読んだらすぐ捨てるってのはあまり受け入れられない
服も1回着ただけで捨てたりはしないし
紙と違って電子書籍なら惜しくないかな

157: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:23:33.86 ID:8ACTBRyB0
私財をどう処分するかは持ち主に決める権利がある
中古販売が嫌なら税金でも取ればいい

160: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:23:47.04 ID:j1hVe7RE0
買ったら負け
図書館でリクエストすればタダやで

188: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:27:58.98 ID:U3R6yt8K0
>>160
そのせいでリクエストが大量になり新刊売筋は図書館が何冊も保有することになる
そしてそのうちリサイクル資料として放出される
それをもらう
なんだ悪くないな

175: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:25:51.60 ID:81BmBUnV0
引越しで大量に本を処分した時は
古本屋に運んでも疲れるだけであぶく銭に
しかならないから、近所の地下鉄の駅に
本棚コーナーに全部つっこんどいたわ。
数日で大半はなくなってたな。

179: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:26:05.93 ID:YYKPuhTs0
JASRACみたいになるのでは・・・

180: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:26:25.01 ID:ES0Dnzy50
こいつには又吉とぜひ激論をかわしてもらいたいね

181: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:26:41.53 ID:t75quKtc0
価値のある本なら売られない
売られるのは価値の無い本
なら売って良い

182: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:26:41.73 ID:CBrRdBw60
作家、漫画家にアンケートとればおもしろそう。
自著が古本屋に並んでるのと、ゴミ捨て場に置いてあるの、
どっちが悲しいか

197: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:29:27.71 ID:pYVKzlBp0
>>182
てめーら!読まなくてもいいから買え!売るなよ!買って燃やせ!

183: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:26:42.83 ID:w7oOPhrB0
>>1
本が読まれる度に著作権料を取ってやろうとか
音楽が聴かれる度に著作権料を取ってやろうとか
そんな風に考え出したのが間違いだろ

絵画なんか、見られる度に著作権料を取るか?

本は印刷分、音楽は楽譜の版権分だっけってのが
本来あるべき姿だ

191: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:28:11.02 ID:/8FXmNiB0
>>183
美術館の絵画を観に行ったら、入館する都度、入館料を取られるわけだが?

185: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:27:03.46 ID:Vlq13Mka0
ゴミとして捨てるくらいならば無料で誰かにあげれば良い

190: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:28:00.22 ID:uW1Xx3nB0
>>185
誰が欲しいんだよ。
若林が読むのって、現在の若い小説家の本がほとんどだぞ。
ゴミだよ、ゴミ。

194: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:28:46.92 ID:0CfiwXCI0
最初から買わない選択ww

あっゲームもかwww

200: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:29:53.82 ID:S5x4wfXS0
中古ゲームでも以前似たような論争が
BESTとかはそれで出来たんだっけ?

195: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:28:53.57 ID:b7Cn5gnX0
古本じゃないと手に入らないSF小説多すぎ

196: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:29:26.25 ID:5q91QcG40
正直大きなお世話
作家は数が売れるような面白い本を書けばいい
文句言ってるのは売れない本を書いてる作家だけだろ

198: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:29:46.69 ID:CbeMJafP0
でも本捨てるってちょっと忍びないんだよな・・・

193: 名無しさん@1周年 2018/02/04(日) 13:28:36.32 ID:arSDJZX10
本がダンボール3個分溜まったので今度ブッコフに投棄してこよう


引用:https://www.logsoku.com/r/2ch.sc/newsplus/1517716553/