images


1: ニライカナイφ ★@無断転載は禁止 2017/07/20(木) 12:25:03.05 ID:CAP_USER9
国民的演歌歌手・吉幾三さんの出世作となった「俺ら東京さ行ぐだ」。
出身の青森県北津軽郡金木町の田舎ぶりをオーバーに歌った自虐ソングといわれ、大いに人気を博しました。

写真:金木町の荒馬踊りの様子<出典:『金木郷土史』>
http://image.itmedia.co.jp/nl/articles/1707/20/tatsu_170628yoshi01.jpg
tatsu_170628yoshi01

しかし同時に、「さすがにここまでド田舎じゃない!」と、地元金木町からはたくさんのクレームをもらってしまったとのこと。
ですがあの曲の舞台は、(歌詞の一部分を除き)曲が発表された1984年ではなかったよう。後に吉さんはこう告白しています。

***********
田舎を出てきたときの気持ちを歌にしようと思った。「なんにもないのがイヤで出てきたんだよな」。
テレビもねぇ、ラジオもねぇ、車もそれほど……。田舎にないものをぶつぶつ言いながら書き出すうち、いつしか調子をとっていた。(中略)
でも、地元の反応は散々。「今はテレビもラジオもある、ばかにするな」と事務所まで抗議の電話がきた。
吉さんが「子どもの頃はなかっただろうが」と反論し、けんかになったこともある。
<出典:朝日新聞 2008年11月29日号 日曜別冊版>
***********

つまり1984年ではなく、吉さんが東京に出てきたとき、1968年3月当時の「なんにもない」ふるさとを歌った曲だったのです。
ならば! と、「吉幾三さんのふるさと、当時のホントの姿はどうだったの?」を聞いてきました。
インタビューに答えてくれたのは、金木町ご出身で金木商工会にお勤めで吉さんより1歳下の63歳、伊藤さん。

吉さんが育った金木町。
さらに詳しくいうと、中心部から2キロ離れた農村地帯・旧嘉瀬村地域にお住まいだったそうです(昭和30年に金木町へ吸収合併)。
そこで1967~1968年ごろの金木町(および嘉瀬地域)のことについて聞きました。

「俺ら東京さ行ぐだ」歌詞のウソ・ホントを伊藤さんに1つずつ聞きました
(以下、伊藤さんの体験による見解になります)

● テレビも無ェ→× ラジオも無ェ→×

「当時からテレビもあったし、ラジオもあった。カラーテレビも既に出ていたが、ちなみにウチは白黒テレビ」
(ただし吉さんの家は、吉さんいわく「町一番の貧乏家庭」だったそうで、本当にテレビもラジオもなかったとか。つまり金木町というより、吉さん宅の事情だったよう)

● 自動車(クルマ)もそれほど走って無ェ→○ 信号無ェ→○

「確かに車はあまり走ってなかったし、信号もなかった。車の往来が少ないので、金木町の中心あたりの交差点も信号はなかったが、大丈夫だった」

● ピアノも無ェ→△

「学校にはアップライトピアノがあったが、おうちにあるのは見たことがない。ピアノなんかを習っている人はいなかった」

● バーも無ェ→○

「しゃれたバーなんてものはなかった。「一杯飲み屋」はあったが、カウンターと小上がりがあるくらいの小規模のものばかりだった」

● 巡査(おまわり)毎日ぐーるぐる→○

「本当に事件らしい事件はなかった。おまわりさんも平和に散歩しているような感じだったと思う」

● 朝起ぎで 牛連れで 二時間ちょっとの散歩道→△

「『牛』でなく『馬』ならよく見た。田んぼの道を散歩させているところ。農耕馬は田んぼをおこすのに当時はまだ使われていたので。牛を散歩させるところもほんの少し見たことがあるが、馬のほうが一般的だった」

● 電話も無ェ→△

「多くの家には電話がなかったので、よそに電話を借りに行くことが多かった。私の家にもなかったので、よそヘ借りに行っていた。電話交換手を通して、電話料金を教えてもらえるスタイルで、その都度料金を電話主に払っていた」

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1707/20/news009.html

※続きます

2: ニライカナイφ ★@無断転載は禁止 2017/07/20(木) 12:25:56.43 ID:CAP_USER9
※続きです

● 瓦斯(ガス)も無ェ→○

「確かにあまりにプロパンガスは普及していなかった。かまどや薪ストーブを使っていた」

● バスは一日一度来る→×

「一日一度っていうことはなかったはず。午前2本、午後2本などだったのでは。ちなみに今も1日3度くらい。ただ、当時の金木町よりもっと田舎のところはあったので、そこではバスが1日1度というのもあったと思う」

● ギターも無ェ→○

「『ギター』はほとんど見なかった。持っている人はとても少なかったはず。当時のグループサウンズなどの歌をテレビで目にするにしても、ギターは持っていなかった。隣の五所川原市には楽器店があったので、それを吉さんたちもうらやましく見ていたのでは」
(ただ、吉さんの父親は民謡歌手のため、家にギターやバイオリンはあったそうです)

● ステレオ無ェ→○

「ステレオもない家が多かったはず。当時はかなりお金持ちの趣味人しか買えなかった。五所川原市に行くと電気店があったので、それをショーウィンドウでうらやましく眺めていた金木町民も多かったと思う」

● 喫茶も無ェ→○

「金木町に喫茶店はなかった。初めてできたのは昭和40年代後半だが、それも1店だけだった」

● 集(つど)いも無ェ→×

「みんなが集まる『劇場』はあった。映画やお芝居やのど自慢コンクールなど、いろいろイベントをやる場所だった。さらに青年団や消防団もあった。ただ少年野球チームのようなものはなかった(中学以上の部活はあった)」

● まったぐ若者ァ俺一人→×

 「さすがにこれはない。むしろ今より若者は多かった。ただ、若い人が働き手として都会へいっぱい出ていってしまうのは当時からあったので、その寂しさを歌詞に込めたのかも……」

● 婆さんと爺さんと 数珠を握って空拝む→×

「実際に空へ向かって拝んでいたことはない。だが自然相手の農村は、作物を育てるのにお天道さまへ拝んでいたので、それを言っているのかもしれない」

● 薬屋無ェ→○

「薬屋はなかった。当時は置き薬の時代だったこともあるが」

● 映画も無ェ→×

「前述の『劇場』で、映画も上映されていた」

● たまに来るのは紙芝居→○

「紙芝居は“たまに”どころでなく毎日来ていた。神社の境内に紙芝居屋が来て、水アメや型抜きなどを売っていた。子どもたちの楽しみの1つだった」

● 新聞無ェ→×

「新聞はあった。当時から新聞少年らが東奥日報を配達してくれた。ただmお金がなくて購読できない家庭もあった」

● 雑誌も無ェ→×(△)

「本屋は金木町に一軒だけあった。ただ、嘉瀬地域にはない。今より雑誌自体が少なかったがマンガ誌の少年マガジンや少年サンデーなどはあった」

● たまに来るのは回覧板→○

「地域の連絡手段としてあった」

※続きます

3: ニライカナイφ ★@無断転載は禁止 2017/07/20(木) 12:26:36.55 ID:CAP_USER9
※続きです

● 俺らの村には電気が無ェ→×

「さすがに電気はあった。ただ、金木町より田舎の『山間部の開拓村』では、まだ電気の通っていない地域はあったと思う」

● のぞきも無ェ→○

「風呂屋さんはあったが、のぞき事件があったことなどは把握していない」

続いて以下の数項目は、曲の舞台が楽曲が発表された1984年当時になっているようなので、1984年当時の金木町を基準に検証します。

● ディスコも無ェ→○

「もちろんない」

● レーザー・ディスクは何者だ?→○

「84年当時でも金木町では全然普及していなかったはず」

● カラオケはあるけれど かける機械を見だごとァ無ェ→△

「8トラックカラオケはあったし、見たことはあった」

いかがでしょう。思ったよりも、かなり「○」が多かったのではないでしょうか。
さすがにオーバーに歌っていた部分もあったようですが、あの歌詞にはホントの部分も実は多かったのです。

■ 「東京賛歌のウラにある、ふるさとへの愛は感じました」

ここまで歌詞の一問一答にお答えくださった伊藤さんに、こぼれ話を聞きました。

――「俺ら東京さ行ぐだ」を初めて聞いたとき、どう思いましたか?

伊藤さん:衝撃的でもあったし、歌詞そのものが、逆に笑えました。

さすがにこんなはずはないと思っていました。
当時は歌詞の舞台の多くが1967~68年ごろであることを知りませんでしたので。

――「俺ら東京さ言ぐだ」をご自身で歌ったことはありますか?

伊藤さん:東京で行われた青森県出身者の結婚式余興で、ギター弾き語りで歌いました。すごくウケましたよ。

――「俺ら東京さ行ぐだ」のメッセージを聞いてどう思われましたか?

伊藤さん:吉幾三さんと同じように金木町民は、みんな東京にあこがれていたと思います。

悪いですが、仙台などには目もくれず、東京に目が向いていましたね。出稼ぎ場所ももっぱら東京でしたから。
それと同時に……東京賛歌のような歌詞のウラにある、「金木町への愛情」も強く感じました。それは分かりましたよ。

※続きます

5: ニライカナイφ ★@無断転載は禁止 2017/07/20(木) 12:26:47.26 ID:CAP_USER9
※続きです

■ 「何にもない田舎がやっぱり大好きなんだ」

吉さんは語っています。

***********
何もかも遅れていたが「それはそれで良かった。
いまのようにモノがいっぱいあって、不自由な思いをしない子どもたちが、果たして幸せなのかどうか」
<出典:吉幾三さんの著書『酒よ、歌よ、津軽よ(徳間書店)』>
***********

モノがあるのが幸せか、それともないほうが幸せなのか。
答えは出ませんが、吉さんはこうも言っています。

***********
「確かに田舎には何もないよ。でも東京には山ねえだろ、ベゴ(牛)ひけねえだろ。
それぞれ、あるもの、ないものがある。何にもない田舎が、おれはやっぱり大好きなんだ」
<出典:朝日新聞 2008年11月29日号 日曜別冊版>
***********

※以上です

4: 名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 2017/07/20(木) 12:26:44.92 ID:2U//3pE90
>>1
青森では夕方に笑っていいともやってた(´・ω・`)

96: 名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 2017/07/20(木) 12:58:47.24 ID:RQVSSpHY0
>>4
山梨もな

167: 名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 2017/07/20(木) 13:46:48.32 ID:zz5keFrs0
>>4
おかげでお昼休みはウキウキウオッチングの意味がわからなかったわ……

6: 名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 2017/07/20(木) 12:27:23.82 ID:i07rCSpl0
10年前の記事?

7: 名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 2017/07/20(木) 12:28:40.73 ID:1RLRVtdR0
今はやりのファクトチェックってやつか

8: 名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 2017/07/20(木) 12:29:06.57 ID:v8NlDtg00
何もない春と歌っただけで逆切れる地元民、その割には石碑を建てる地元民

9: 名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 2017/07/20(木) 12:29:37.36 ID:Ha/YQGTg0
都会に出て来て20年近くになるけど、ストレスのほとんどが人間関係だから、人がいない田舎でのんびり過ごしたい。

46: 名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 2017/07/20(木) 12:39:57.83 ID:IY26FtrF0
>>9
そう思って田舎に住むだろ

でも実は田舎の方が人間関係は大変なんだぜ
たぶん都会の方が楽って思えるよ

148: 名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 2017/07/20(木) 13:35:41.76 ID:j36lebg30
>>9
田舎特有の、どこ行っても知ってる人がいるってのも大変だよ

128: 名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 2017/07/20(木) 13:17:37.16 ID:nMwaSmJJ0
>>9
都会は仕事関係だけでしょ?
田舎は仕事外の人間関係がクソ面倒。特に祭り関係な。

13: 名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 2017/07/20(木) 12:31:06.32 ID:TpwliuZM0
金木町って太宰治の実家の豪邸があるところだよな
格差凄いんだろな

38: 名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 2017/07/20(木) 12:37:40.10 ID:l6Um/tOR0
>>13
太宰の実家なら大正にはもうピアノも電話もあったんだろうな

18: 名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 2017/07/20(木) 12:32:04.84 ID:+J5Z68sT0
自分の生まれて育った地域で
働いて恩返しができないなんて

祖国の危機に立ち向かわず逃げて
他国にタダ乗りしようとする難民みたい

25: 名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 2017/07/20(木) 12:33:50.17 ID:iKWEW1JD0
>>18
頻繁に帰ってきてるし青森では吉さん愛されてるよ
義剛と違って

19: 名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 2017/07/20(木) 12:32:05.32 ID:OAXQQgnM0
水曜日のダウンタウンで検証してただろ

187: 名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 2017/07/20(木) 14:08:44.76 ID:mut0uX4M0
>>19
『吉幾三、同じ状況の村現存する説』ケニア共和国のサマリア村、俺ら東京さ行ぐだ、歌詞とのシンクロ率77%

21: 名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 2017/07/20(木) 12:32:34.37 ID:nrXkDGcM0
30代だけど地元の小中高の母校ググッてみたら全部全学年1クラスになってた
1クラスあたりの人数もヤバい
元々田舎だけど、せいぜい20年前後前でここまでさらに寂れるとは…
こんなとこもう帰る気しねえわ
老人だらけの哀愁に包まれた田舎

41: 名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 2017/07/20(木) 12:38:13.36 ID:Ufhb+qdJ0
津軽三味線があるだろ
だからなんだって話だが
>>21
ここらへん高校4つ統合するんだっけな
悲惨だなあ

74: 名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 2017/07/20(木) 12:47:37.47 ID:bjcgv+AaO
>>21
今でもあるだけいいよ。
統合でなく母校が廃校と聞いた時は、ほんと寂しかった。

23: 名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 2017/07/20(木) 12:33:18.58 ID:Xu9cFVu20
はぁ生理がねぇ

69: 名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 2017/07/20(木) 12:46:27.73 ID:OCU2NXI30
>>23
ワロタw

24: 名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 2017/07/20(木) 12:33:44.04 ID:1lpmNWo00
旅行に行ってテレビのチャンネルがNHKと他1民放だけなのにはビックリした
コンビニなんてないし

35: 名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 2017/07/20(木) 12:36:44.66 ID:PFd0g6n60
どんな曲にもシンクロしてしまう、稀代の名曲

91: 名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 2017/07/20(木) 12:57:05.41 ID:Lfgh3oK90
>>35
ファンクだからな
本当にファンクを理解できているのは左とん平と吉幾三だけだと思う

40: 名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 2017/07/20(木) 12:37:56.97 ID:cuS2UlUr0
http://image.itmedia.co.jp/nl/articles/1707/20/l_tatsu_170628yoshi05.jpg
l_tatsu_170628yoshi05

お母さんの名前が「セル」って凄いな
吉幾三はセルジュニアじゃん(´・ω・`)

172: 名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 2017/07/20(木) 13:50:58.74 ID:8UQhBVmE0
>>40
カッケーw

53: 名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 2017/07/20(木) 12:41:28.43 ID:AF73YjBD0
東京でも奥多摩なら山だがね

58: 名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 2017/07/20(木) 12:42:46.43 ID:KRrvDCm10
韻の踏み方がうまいよなこの歌。歌いやすい

61: 名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 2017/07/20(木) 12:43:35.21 ID:XjlQEFAf0
エレベータ乗ったこと無いって東北の同期はいた

64: 名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 2017/07/20(木) 12:44:03.01 ID:Diyy2hPP0
津軽はまだ狭いからいざとなりゃ結構近い青森市内まで行けばそれなりに文明に触れられただろうし、そこまで悲惨ではなかっただろう
今もだけど結局、島や無駄に広い県なんかでほんの少し都会っぽいとこに行くのにえらい遠いとこなんかが一番悲惨

66: 名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 2017/07/20(木) 12:44:27.16 ID:wlnb4F4L0
この曲はベースが秀逸って最近気がついた

70: 名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 2017/07/20(木) 12:46:49.01 ID:l6Um/tOR0
>>66
ねぶた祭りの「らっせらーらっせらー」の節に合わせてるんだよな

67: 名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 2017/07/20(木) 12:45:26.42 ID:M4JwzbIl0
レーザーディスクは何者だ←ここ好き

78: 名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 2017/07/20(木) 12:50:23.53 ID:OCU2NXI30
セブンもある。
スタバもある。
もはや今ではなんでもある。

83: 名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 2017/07/20(木) 12:52:16.84 ID:h79w1BRO0
日本語ラップの金字塔

85: 名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 2017/07/20(木) 12:53:06.22 ID:eAKrAZhz0
日本人初のラッパーだぜ!

87: 名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 2017/07/20(木) 12:54:44.25 ID:z5xJpTCW0
森進一の「襟裳岬」もクレームがきたらしい
これはマジで

124: 名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 2017/07/20(木) 13:16:01.46 ID:nMwaSmJJ0
>>87
襟裳はマジで何もないよ。
海岸沿いに潮風でサビて寂れた個人商店が散見される程度

89: 名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 2017/07/20(木) 12:55:47.27 ID:SQ+X0mlI0
南部人はなぜか盛岡行くんだよね。素人からすると盛岡も八戸も何も変わらんだろと思うんだが
どのみち仙台には行かないらしい。仙台くらいまでの距離になると東京に、ってなるっぽい

94: 名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 2017/07/20(木) 12:58:00.30 ID:V2/kRHit0
和製HIPHOPの傑作

95: 名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 2017/07/20(木) 12:58:24.03 ID:2yTdaQCB0
これくらいぶっ飛んだ歌詞を書く作詞家がもっと増えればいいのにな。
最近は同じような歌詞ばっかり。ラジオつけてみ。1時間以内に誰かが
抱きしめたいとか、繋いだ手を離さないでと叫ぶから。

121: 名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 2017/07/20(木) 13:13:47.06 ID:9dGvgfHP0
>>95
ほんとほんと
どれもこれも結婚式ソングみたいな歌詞ばかり

138: 名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 2017/07/20(木) 13:28:36.55 ID:0AOl4nKU0
まあ実際昭和の田舎なんて明治時代に毛が生えたようなもんだろう。

ただ日本って田舎でも人の交流や行き来は盛んにあったりしたみたいね。
田舎でも意外にハイカラなもんがあったりとかって侮れない

>>95
中学生の日記みたいな歌詞多いよな。セカオワとかいうバンドのスノウなんちゃら
とかいう曲の詩は特に酷かったな。まあ対象が対象だから正解といえば正解なんだ
ろうけど

107: 名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 2017/07/20(木) 13:05:41.89 ID:2bEai5130
ツンデレ曲だよな

109: 名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 2017/07/20(木) 13:06:08.91 ID:KawU9K0w0
信号無え!
あるわけ無え!
オラの村には電気が無え!

ここの韻の踏み方最高w
カッコええわw

115: 名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 2017/07/20(木) 13:09:39.01 ID:pedS9skH0
ちょっと盛ってるけど小気味の良いないないづくしが田舎の人にも都会の人にもうけたよ

116: 名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 2017/07/20(木) 13:10:10.31 ID:NLfNvNHk0
多くの家には電話がなかったので、よそに電話を借りに行くことが多かった。私の家にもなかったので、よそヘ借りに行っていた。

1968年で多くの家に電話がないってのがなんかこれはすごいわ
テレビはあるのに電話がないのか
電話のほうが大事なような気がするけどw

120: 名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 2017/07/20(木) 13:12:53.10 ID:QzYHMet50
>>116
テレビ番組で視聴者のハガキ募集する際には
住所氏名年齢、電話のある方は電話番号をお書きになって・・・
って言ってたそうだ

135: 名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 2017/07/20(木) 13:26:15.85 ID:ClwIgn9V0
>>116
1970年代後半の札幌だけど電話の無い家はクラスに2,3件あった。全部母子家庭だったけど
60年代なんて一般家庭に無くても不思議でもなんでもないだろう

137: 名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 2017/07/20(木) 13:27:15.52 ID:bkVpDJxn0
>>116
実際は有線放送電話があったはず
市外通話のみ地域団体加入電話から手動式交換機置いてる電報電話局経由
田舎は交換機が自動化し始めたのが70年代後半からだからね

119: 名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 2017/07/20(木) 13:11:18.75 ID:YGRCCAGX0
数珠持って空を拝んでたのは知らんが、
戦前の人間は起きたときと寝る前は仏様に手を合わせたみたいだよ

122: 名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 2017/07/20(木) 13:14:29.60 ID:lLHXIvW/0
1984年の曲も
住み慣れた我が家に♪も
ワークマンも

「ああこの曲知ってる」ってなる吉幾三って実は凄い人なんじゃないか

130: 名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 2017/07/20(木) 13:18:53.18 ID:9dGvgfHP0
確かに歌もすごいけど
あのグルーヴ感が素晴らしい
ギターは物悲しさを奏でるのに
ベースとドラムは吉の歌の緩さの中で音をビシッと締めている
昔のミュージシャンの演奏力はさすが

134: 名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 2017/07/20(木) 13:26:01.28 ID:M337yXuA0
この曲が日本初のラップ曲って冗談かと思ったら
アメリカで見たまだ出始めだったHIPHOPをネタ元にしたという本当の話なんだよな

143: 名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 2017/07/20(木) 13:32:53.22 ID:oJYeiqoAO
お巡り毎日ぐーるぐると、数珠を握って空拝むが好き

153: 名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 2017/07/20(木) 13:38:21.97 ID:hEPWcj3D0
三上寛のパクリ

161: 名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 2017/07/20(木) 13:44:09.89 ID:qWsP3prd0
>>153
なら訴えろ

170: 名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 2017/07/20(木) 13:48:22.76 ID:h1nS+hJp0
未だにフジテレビ映らないんだろ

175: 名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 2017/07/20(木) 13:53:42.17 ID:fhbbL0yj0
さすがジャパニーズラップの先駆者だな
たしかアメリカ旅行に行ってこんな音楽あるんだって感じで作ったんだよな

151: 名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 2017/07/20(木) 13:37:49.88 ID:q40Tfv+x0
吉幾三、1984年の時点でラップをやろうと思ったという発想の時点で 
田舎者どころか超オサレさんとか感度高いというか流行に敏感だったんじゃないか 

まだ本国アメリカでもアングラでマイナー音楽だった時代だぞ

192: 名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 2017/07/20(木) 14:13:21.08 ID:vi/Bp0Pm0
お笑い的な要素が入ると 
日本のものでも猿真似感がなくなるんだよな 

何となくかっこいいではすまない分野だから

188: 名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 2017/07/20(木) 14:09:46.38 ID:079Bc/3V0
吉幾三は凄い音楽家だ 
良い曲たくさん作ってる

169: 名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 2017/07/20(木) 13:47:47.15 ID:ep5N5/+70
日本のラップは平和だのう


引用:https://www.logsoku.com/r/2ch.sc/mnewsplus/1500521103/


俺ら東京さ行ぐだ
徳間ジャパンコミュニケーションズ
2017-05-31