メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    音楽関係を中心にしたエンタメ関連のまとめブログ

    2020/12

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    images (2)


    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/01/28(月) 14:40:26.664 ID:FCMSb6ay0
    ユーチューブ見てて今日知ったわ

    【『中森明菜』って22歳くらいまでメチャクチャ可愛いな。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (1)


    1: 名無し募集中。。。 2020/11/22(日) 19:53:39.14 0
    どうせ一生童貞なんだし

    【アイドルや女性に対して処女であることを求めてる人ってどういう感情なの?どうでもよくね?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード


    1: 名無し募集中。。。 2020/12/30(水) 19:59:31.36 0
    豆柴の大群・ミユキがレコ大で倒れるも、メンバー考案の演出「面白い印象を」

     「第62回 日本レコード大賞」の発表が30日、行われ、最優秀新人賞を真田ナオキ(31)が受賞した。Novelbright、豆柴の大群、Rin音とともに受賞した新人賞4組の中から選出された。

     司会の吉岡里帆が真田を発表した瞬間、ステージで豆柴の大群のメンバーのミユキエンジェルが飛び跳ねて、その後倒れて残りのメンバーに抱えられながら退場するという一幕があった。

     視聴者は思わぬハプニングに騒然となったが、関係者はデイリースポーツの取材に「面白い印象を残そうと、本人たちが考えたみたいです」と“演出”だったと明かした。ミユキは舞台裏では問題無く元気にしているという。

    https://www.daily.co.jp/gossip/2020/12/30/0013975444.shtml

    【『豆柴の大群』、自分たちで考えたレコ大新人賞落選演出が盛大にスベる。本人たちは面白いと思ってたかもしれないけど全然面白くなくて炎上。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (5)


    1: 名無し募集中。。。 2020/12/20(日) 18:01:05.38 0
    なに?

    【北川景子の旦那のDAIGO率いるバンド『BREAKERZ』がいまいち売れない理由。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード


    1: 風吹けば名無し 2020/11/21(土) 17:55:32.49 ID:fIDrh545a
    なんで人気あるんや

    【『ナイン・インチ・ネイルズ』とかいう聴いてて気分が沈むバンド。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (5)


    1: 爆笑ゴリラ ★ 2020/12/27(日) 08:43:23.77 ID:CAP_USER9
    12/26(土) 16:04
    SmartFLASH

    松田聖子に名曲提供した松任谷由実「アイドルが嫌いだったんです」
    Copyright (C) 2020 Kobunsha Co., Ltd. All Rights Reserved.
     松田聖子が、12月23日放送の『松田聖子スペシャル ロング・バージョン 風に向かって歌い続けた40年』(NHK総合)で、彼女を支えたクリエイターからの言葉に涙した。

     松田の8枚目のシングル『赤いスイートピー』は多くの女性の心をつかみ、彼女の代表曲となった。作詞した松本隆は同曲に「人間の繊細な心の動き、微細な心境の変化を描けたらいいなと思った」と回想。

     呉田軽穂名義で作曲の松任谷由実は、「アイドルが嫌いだったんですよ、私。アイドルの世界は強大で『仮想敵国』みたいに思わないとやっていけなかった」と本音を吐露。続けて「変な気概があったところに(作曲の依頼が)舞い込んだ。挑戦的なところがありました」と振り返った。
     
     松任谷はこのほかにも『渚のバルコニー』『秘密の花園』『瞳はダイアモンド』といった曲で松本隆とタッグを組み、松田に提供してきた。松任谷は「一緒の時間を共有できて本当に光栄だと思っています」と松田に感謝していた。

     インタビューVTRを見終えた松田は目に涙をためて、「すばらしい方々に曲を書いていただいた。皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです」と感情を吐露。「あのすばらしい曲があったから今の私がいることができるので……胸がいっぱいですね」と万感の思いを語った。

     そんな松田聖子の声を受け、SNSにはさまざまな反応が寄せられた。

    《松任谷由実が曲作ってるの知らなかった。いや、聞いたことあるかも知れないけど、忘れてた。関係するミュージシャンのインタビューや聖子ちゃんの涙ぐむ様子がとても良かったですね》

    《松本隆さんとユーミンに聖子ちゃんってやっぱ最強だよな!》

    《聖子ちゃんの曲の作曲者呉田軽穂がユーミンだって、40年ぶりに知った!!!》

    「同番組では、マイケル・ジャクソンなどを手がけたクインシー・ジョーンズが、ジャズを提案してきたことで、松田さんがアルバム『SEIKO JAZZ』を発表し、アメリカの配信チャートで2位を獲得した話も紹介されました。

     松田さんは『ジャズとポップスをこれからも元気で歌っていけたら』と意欲を語っていました」(芸能ライター)

     多くのクリエイターが松田の才能を引き出し、数々の名曲が生まれたのだ。

    https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20201226-00010008-flash-000-7-view.jpg
    20201226-00010008-flash-000-7-view

    https://news.yahoo.co.jp/articles/e1ef6b8081650dbdf343d5a05114a9c4804f31cb

    【松田聖子に名曲を提供した松任谷由実「アイドルが嫌いだったんです。」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/12/28(月) 17:14:07.52 ID:CAP_USER9
     頸髄完全損傷でリハビリ中のプロレスラー髙山善廣(54)の妻が28日、ブログを更新。1年の最後の感謝の言葉を投稿した。

     髙山の妻は新日本プロレスの大張社長に会い、スマートフォン用アプリ「新日コレクション」で、今年11月に髙山を応援するプロジェクトとしてスペシャルパックを販売してくれたことについて感謝の意を伝えたといい「皆さまに、たくさん応援していただいたお気持ち、高山の代わりにしっかりと受け取って参りました」と報告。

     続けて「今年もまた、皆さまにたくさん応援していただきました。コロナのせいで今までとは違う世の中になってしまって、大変じゃない人の方が少ない世の中になってしまったのに、高山のことを気にかけて下さる方が本当にたくさんいらっしゃいます。高山ともども、感謝しかありません。本当にありがとうございます」とお礼の言葉をつづった。

     一方、治療について「皆さまのおかげでリハビリに通えておりますが、こちらはなかなか思うようにはいきません。それでも心は折れず、ひたすら動ける日のことだけを考えている高山を、見守る日々が続いております」と現状を報告した。

     その上で「来年はもっとたくさん、高山のことなどを報告していきたいと思います。今年もお世話になりました。皆さま、よいお年をお迎えくださいませ」と結んだ。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/fe44f514c22b65eb8e92f323bb4482e1f8eb9c49
    12/28(月) 16:33配信

    https://www.youtube.com/watch?v=1TmF2G7Iv2o

    入場曲

    https://image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/2/f9ba226272f0852ee99cdac63a067376f5ad55f0.26.2.2.2.jpg 
    f9ba226272f0852ee99cdac63a067376f5ad55f0.26.2.2.2


    https://kakutolog.info/storage/2020/01/200129_wp_2-790x516.jpg
    200129_wp_2-790x516


    https://i2.wp.com/erimakee.com/wp-content/uploads/2020/06/200811270005-spnavi_2008112700021_thumb.jpg
    200811270005-spnavi_2008112700021_thumb


    https://www.4gamer.net/games/373/G037324/20171227019/TN/013.jpg 
    013

    【プロレスラー・髙山善廣の妻が2020年の感謝の言葉。「心は折れず、動ける日のことだけを。」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (2)


    1: muffin ★ 2020/12/25(金) 16:31:50.36 ID:CAP_USER9
    https://news.j-wave.co.jp/2020/12/post-7195.html

    J-WAVEで放送中の『Mercedes-Benz THE EXPERIENCE』(ナビゲーター:スガ シカオ)。12月20日(日)の放送ではゲストの森山直太朗。

    ■玉置浩二の「響き」だけで感動させるスゴさ

    話は変わって、森山の幼少期のことに。スガは「すっげえ訊きたいことがあって」と切り込んだ。

    スガ:「玉置浩二お風呂事件」が聞きたいな(笑)。
    森山:(森山が)高校生のころに本当に交流が頻繁で、玉置さんが毎晩のようにうちのお風呂に入りに来ていたんです。「うち銭湯なのかな?」っていうぐらい(笑)。それで玉置さんが僕の部屋にきて。僕はちょっと、大人にイジられるのが嫌な時期じゃないですか。
    スガ:思春期!
    森山:「どうしたおまえ、好きなやついるのか?」とか言われるのが嫌で、ずっと閉じこもってたら玉置さんが来て「直太朗、いるのわかってるよ? 一緒にお風呂入ろう」って言って入るんです。
    スガ:なんでお風呂入ろうなの!?
    森山:わからない!
    スガ:(笑)。
    森山:玉置さんの背中、おっきかったなあ。

    間近で関わったからこその素朴な感想に、スタッフも含めて大笑い。

    スガ:ダメだ、ダメだ……(笑)。
    森山:玉置さんはすべてにおいて大きかったです。だから僕のスーパースターは玉置さんですね。くだらない話をしていても、パッと歌うと「うわあ」って。
    スガ:世界が変わるんだよね。いやでもなんか、そんな若い高校生のときからスーパースター玉置浩二と触れられたのはきっとすごかったんだろうね、いろいろ影響というか。
    森山:いま振り返ってみるとそうですね、曲作りとか。玉置さんってコードの名前とかよく知らないんです、感覚だけでギターを弾かれていて。
    スガ:俺、友だちの誕生日パーティーで玉置さんと食事をしたの。そのとき「おーい、スガくん! あれ弾いてよ、一緒に歌おうよ!」って言われて。『夜空ノムコウ』を「弾かせていただきます」って。
    森山:すごいすごい。
    スガ:やったらさ……全然違う曲じゃんってぐらい覚えてないわけ。
    森山:(笑)。
    スガ:「いや玉置さん、覚えてないんだったら『歌おう』って言わないでくださいよ」みたいな(笑)。
    森山:玉置さんのハナモゲラ(それっぽいことを言ったりする言葉遊びの一種)ってひどいですよね。でも、最終的に感動したりするんですよね。
    スガ:(笑)。
    森山:音楽的な部分とか響きだけで。
    スガ:そうだね、すごいねえ。
    森山:「もう歌詞なくても大丈夫でしょ?」みたいな。
    スガ:そういうことあるよね(笑)。結局そのとき俺が歌ったもんね。
    森山:一緒に歌おうって言われたのに(笑)。
    スガ:俺が歌っている合間合間に「ウゥ~♪」とかさ、玉置さんが合いの手を入れるのよ。
    森山:「ヘヘヘーイ♪」と。それもカオスですけど、観てみたい。

    全文はソースをご覧ください

    【スガ シカオ×森山直太朗、玉置浩二のスゴさを語る。「“音の響き”だけで感動させる。」「歌うと世界が変わる。」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (1)


    1: 征夷大将軍 ★ 2020/12/27(日) 18:23:29.08 ID:CAP_USER9
    女子SPA2020.12.27<音楽批評・石黒隆之>
    https://joshi-spa.jp/1053662

    紅白歌合戦に松任谷由実(66)が特別企画で出場することが決まり、1981年の名曲「守ってあげたい」を歌うと発表されました(12月22日)。ユーミン本人も「私のことだから、一筋縄な出かたはしませんよー。」とコメントを寄せ、楽しみにしている様子。『77億人えがおプロジェクト』で歌われたこの曲が、コロナ禍の日本に再びエールを届けてくれるでしょうか。

    松任谷由実の“特別出場”に、反応はイマイチ?
    ところが、ネット上の反応はいまいち芳(かんば)しくない雰囲気なのです。“満を持して後出し発表した割には話題になってない”といった声の他、多くを占めたのが“あの声でちゃんと歌い通せるのか?”という不安でした。思い返すと、おととしの紅白で歌った「ひこうき雲」と「やさしさに包まれたなら」は、厳しかった。単に高い音が出ないといったパワー不足の問題ではなく、楽曲のイメージを把握するのが困難なほどに不安定だったからです。今年に入って音楽番組に出演した際のパフォーマンスを見ても、残念ながら状況は改善されていませんでした。

    熱心なファンからしたら、“あれがユーミンの味”なのかもしれませんが、それ以外の大多数の人は、現状のユーミンでは、音楽を楽しむといった気分になりにくいのではないでしょうか?

    <松任谷由実の紅白出場年と曲名>
    ①2005年 紅組「Smile again」松任谷由実 with Friends Of Love The Earthとして
    ②2011年 紅組「春よ、来い」
    ③2018年 紅組「私が好きなユーミンのうた~紅白スペシャル~」
    ④2019年 特別企画「ノーサイド」
    ⑤2020年 特別企画「守ってあげたい」

    「私のことだから」…大物らしからぬギラつき感
    もちろん、そうした音楽的、身体的な“キツさ”は、ある面では仕方ありません。それよりも、気になったのは超大物のユーミンらしからぬ前ノリなやる気です。全盛期には、「おせちを作らないといけないから」と出演を拒み続けた紅白に、ここへきて積極的な関わろうとする姿勢。ここに、ちょっとした違和感を覚えるのですね。
    人は変わるものとはいえ、その変わり方に、よからぬ切迫感が漂っている。

    たとえば、コメントの「私のことだから」というフレーズからは、いまだに自身が第一線で世間の耳目を集める存在であるとのプライドが感じられます。確かに、出場歌手の中でも抜群の知名度を誇り、ひとつの時代を象徴してきた輝きは記録にも記憶にも残るものです。

    けれども、そうした時代を過ぎて、なお“特別枠の私”を強調する言い方をしてしまうのは、大きなブランドが本来かもし出す余裕とは相反するものなのではないでしょうか? キャリア晩年を迎える大御所にしては、ちょっとギラつきすぎのような気が…。視聴者から“歌えるのか?”と心配されている割には、強気で頼もしいと言えばいいのか。

    一歩引いて、若手をサポートする大御所も
    そこで、ピークを過ぎたアーティストにとって、どのように立ち位置を変えていくべきかという問題が浮上します。
    ボブ・ディラン(79)やレナード・コーエン(1934-2016 カナダのシンガーソングライター。代表曲に「Hallelujah」や「Bird on the Wire」など)のように、死ぬまで曲を書き続け、それが社会的にインパクトを残せる例は、極めてレアケースです。大体は、ある程度のところまで来たら、あとは一歩引いて後進のサポートをするとか、作詞や作曲のノウハウをシェアするとか、自らの力を業界に還元するミュージシャンがほとんどでしょう。

    たとえば、エルトン・ジョン(73)は早くから若手ミュージシャンのサポートに尽力し(ツバを付ける目的もあったでしょうが)、近年ではエド・シーラン(29)という大スターの発掘にも成功しました。さらに、自身の出身校である英国王立音楽院に奨学金も寄付しています。

    紅白というちっぽけな舞台で…
    アメリカのソングライター、ジミー・ウェッブ(74 代表曲に「MacArthur Park」や「By The Time I Get To Phoenix」など)は、『Tunesmith: Inside the Art of Songwriting』という書籍を残しました。この本自体が、長い曲作りの行程になっているという驚きの一冊。歌詞の語句のチョイスから、韻の踏み方、メロディの起伏や和音、ハーモニーの構成など、盛りだくさん。さらには、作曲家として生計を立てるための心得も説くなど、まさに決定版といったところ。いずれも、あとに続く人たちのための公共財を残すことを考えているのですね。

    「私のことだから」と張り切るユーミン。これが残念なのは、紅白というちっぽけなステージにおいて、さらに自身の価値を小さくしてしまいかねない発言だからなのだと思います。
    往時の光が強烈だった分、なおさらさびしさが募るのです。

    【『松任谷由実』の紅白出場がイマイチ話題にならない理由。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード


    1: Anonymous ★ 2020/12/27(日) 19:07:25.31 ID:CAP_USER9
    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/19447208/


     「『鬼滅』は公開から1カ月経った後から観客に来場御礼入場者特典として数の上限が決まったオリジナルグッズの配布をスタートさせた。その後もほぼ隔週で特典を用意しているので、公開1カ月以内に鑑賞してしまいグッズをもらいそびれた客や、特典欲しさのリピーターが殺到。某アイドルグループが特典を付けて100万枚以上CDを売り上げているのを同じような戦略。それに対して、『千と千尋』は特典なしの“ガチンコ”で集客を重ねたので、そもそも“真っ向勝負”ではなかった」(映画業界関係者) 記録を抜かれても、「千と千尋」の関係者には堂々と胸を張ってほしいものだ。


    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1609054162/

    【業界関係者「”鬼滅”の興行収入はアイドルの特典商法と変わらない。特典なしのガチンコで集客した”千と千尋”とは違う。」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード


    1: ネギうどん ★ 2020/12/27(日) 14:59:10.69 ID:CAP_USER9
     ダウンタウンの松本人志が27日、フジテレビ系「ワイドナショー」に出演し、「正当派漫才」への思いを明かした。

     「M-1グランプリ 2020」で優勝したマヂカルラブリーのネタについて「漫才か、漫才じゃないか」が論争となっている。マヂラブのネタが「邪道」寄りであることから、対照的に論争の中で「正当派漫才」という言葉がしばしば使われている。

     これを松本は「『正当派漫才』なんてさぁ、正直ベテランの漫才師さんで、いまいち爆発力に欠ける人を何とか言わなあかんから言うてるだけや」とバッサリ。とがった発言に周囲が慌てふためく中、さらに「『個性派俳優』みたいなもんや。なんとか褒めなあかんから」と続け、笑いを巻き起こしていた。

    https://www.daily.co.jp/gossip/2020/12/27/0013968327.shtml

    【松本人志「”正統派漫才”はベテランの漫才師で爆発力に欠ける人を何とか言わなあかんから言うてるだけや。」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード


    1: 爆笑ゴリラ ★ 2020/12/27(日) 14:33:52.14 ID:CAP_USER9 BE:496914761-2BP(0)
    sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
    12/27(日) 13:28
    日刊スポーツ

    マイケル・ジャクソンさん自宅、死後10年で売却
    東京ドーム公演のマイケル・ジャクソン(1992年12月12日撮影)
    2009年に急死した米歌手マイケル・ジャクソンさんがかつて所有していた住居兼遊戯施設ネバーランドが、死後10年余りを経過してようやく売却されたことが明らかになった。

    【写真】マイケル・ジャクソンさん(2006年5月撮影)

    購入したのは生前ジャクソンさんと交流のあった富豪投資家のロン・バークル氏で、ウォルストリート・ジャーナル紙によると金額は2200万ドルだという。ジャクソンさんは87年にロサンゼルス北部サンタバーバラ郊外にあるネバーランドを1950万ドルで購入し、敷地内には50人収容できる映画館や動物園、汽車、遊園地の乗り物などもあった。

    しかし、ネバーランドを訪問した子供に性的虐待をした罪に問われたジャクソンさんは、05年に裁判で無罪判決が下されたものの、その後はネバーランドに戻ることは2度となかった。

    ジャクソンさんの死後、遊園地の乗り物は解体され、シカモア・バレー・ランチと名称を変え、15年に1億ドルで売りに出されたが買い手がつかず、その後何度か値下げされていた。(ロサンゼルス=千歳香奈子通信員)

    https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20201227-22270280-nksports-000-3-view.jpg 
    20201227-22270280-nksports-000-3-view

    https://news.yahoo.co.jp/articles/bd7014f172c0e4d7ccd0bdccb85ae11258956c87

    【『マイケル・ジャクソン』さんの自宅、死後10年で売却。】の続きを読む

    このページのトップヘ