メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    音楽関係を中心にしたエンタメ関連のまとめブログ

    2020/01

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (4)


    1: muffin ★ 2019/12/30(月) 20:42:39.34 ID:8llm9K2d9
    https://smart-flash.jp/entame/89894

    12月27日放送の『陽水の50年~5人の表現者が語る井上陽水~』で、奥田民生が井上陽水とPUFFYについて語った。

    PUFFYのデビュー曲『アジアの純真』の歌詞は陽水が書いているが、奥田は「歌詞が面白すぎて。さっき道すがら見たようなことを書いて、作品になって仕上げてしまうのがすごい」と手放しで絶賛。

    新人だったPUFFYへの提供に、奥田は「何も知らない小娘に歌わせたのが一番でかい」と強調。「『誰が責任取るんだ?』って誰も(責任)取らないパワーがあった」と、当時の奥田と陽水の勢いが化学反応をもたらした作品だと明かした。

    また、同じく陽水作詞のPUFFY『渚にまつわるエトセトラ』は、「カニ食べ行こう」のフレーズが印象的だが、奥田は「(陽水が)そこまでカニが好きとは思わなかった。何かあるとカニって出てくる。ツアーをするモチベーションの半分はカニじゃないですか」と陽水のカニ好きぶりに驚いたことを話した。

    一方、陽水は「20年以上前でも若い人の音楽に興味を持てなかった」と回想。それでも奥田と組んだ理由について、自身の息子に聴いている音楽を質問したところ、奥田所属のユニコーン『雪が降る町』をあげたという。その曲の歌詞に「いいな~。お若いのにわかってらっしゃる」と共感したことを明かしていた。

    2人はユニット「井上陽水奥田民生」でも活動。その再開について奥田は「やろうと思えば自然にできると思います。あとはスケジュールの話。何かできればいいなと思います」と前向きだった。

    小泉今日子の『月ひとしずく』も手がけている2人。またコラボする姿もぜひ見たい。

    【奥田民生、井上陽水と手がけた『PUFFY』は「何も知らない小娘に歌わせたのが一番でかい。」「誰も責任取らないパワーあった。」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (3)


    1: ひかり ★ 2020/01/01(水) 00:21:01.55 ID:fRjD9heU9
     歌手のMISIAさんが2019年12月31日、東京・渋谷のNHKホールから生中継された「第70回NHK紅白歌合戦」に登場。紅組のトリを飾ったMISIAさんの圧倒的な歌唱力に昨年に続き、
    今年もSNSが沸いた。

     MISIAさんは「アイノカタチメドレー」と銘打ち、「アイノカタチ」「INTO THE LIGHT」「Everything」のダンスバージョンを披露。
    「ふああああああああ素晴らしい!!」「MISIAの歌唱力どうなってんや」「懐かしい! イントゥーザライト」「INTO THE LIGHTキタアアアアアアア」
    「さすが歌姫」「圧巻!すごい!」「圧倒的な歌唱力。これぞトリにふさわしい」と盛り上がりを見せた。

     「第70回NHK紅白歌合戦」は、白組司会を人気グループ「嵐」の櫻井翔さん、紅組司会を女優の綾瀬はるかさんが担当。総合司会は、3年連続となるお笑いコンビ
    「ウッチャンナンチャン」の内村光良さんが同局の和久田麻由子アナウンサーと共に務めた。

    まんたんウェブ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200101-00000002-mantan-ent

    【『MISIA』紅白で今年も圧倒的な歌唱力。 懐かしの「INTO THE LIGHT」も。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (2)


    1: 牛丼 ★ 2020/01/01(水) 04:51:57.72 ID:KaiVa5kJ9
    元℃―uteでタレントの岡井千聖(25)と、競輪選手で2018年賞金王の三谷竜生(32)が年内にも結婚することが31日、分かった。東京五輪・パラリンピックで日本中が盛り上がること必至の2020年は、芸能界も寿ラッシュになりそうだ。

     元アイドルと競輪のトップレーサーという異色のカップル誕生だ。岡井は既に首都圏から関西に移住し三谷の実家に通い、2人で過ごす時間を増やしている。既にお互いの家族には顔合わせしており、日程は調整中だが今年中に婚姻届を提出する。

     岡井は2005年から17年まで℃―uteで活動。無邪気な笑顔とぶっちゃけトークで人気メンバーの一人だった。卒業後は、そのキャラクターを生かしタレントへ。バラエティー番組でお笑いタレントにいじられながらも面白く返す機転を見せていた。昨年4月、25歳を迎える前に「改めて勉強がしたい」との思いで活動休止を表明した。

     三谷は父と兄2人が競輪選手という家庭に生まれ育ち、12年に競輪デビュー。たちまち頭角を現し、17年と18年に日本選手権競輪を史上7人目となる連覇。18年12月には優勝賞金1億円の最高峰レース「KEIRINグランプリ2018」を制し、初の賞金王、MVPに輝いている。同年の獲得賞金2億5531万3000円は、史上最高獲得額となっている。

     2人は岡井が17年から競輪の関連番組に出演していた縁で知り合い、18年には初共演も果たした。三谷がかねて岡井のファンだったということもあり意気投合。昨夏、三谷が離婚してからは真剣交際へと発展した。昨年11月には共通の知人の結婚式に2人して出席している姿も目撃されている。

     19年の三谷は春先からスランプに陥り、9人しか選ばれない「S級S班」の座から20年はS級1班に陥落。しかし、昨年後半から調子を取り戻しつつあり、今年のS班復帰を狙っている。新しい伴侶を得て2020年のグランプリへの弾みにする。

     ◆岡井 千聖(おかい・ちさと)1994年6月21日、埼玉県出身。25歳。2002年6月、ハロプロキッズオーディションに合格。05年6月に結成された「℃―ute」に参加。07年、NHK紅白歌合戦に初出場。17年6月、グループ解散によりハロプロを卒業し、タレントに転向。昨年4月に活動休止。身長152センチ、血液型A。特技は藤本美貴のものまね。

     ◆三谷 竜生(みたに・りゅうき)1987年9月5日、滋賀・大津市生まれ。32歳。神奈川・関東学院大ではラグビー部に所属し、W杯日本代表・稲垣啓太(29)とプレー。卒業後、101期生として日本競輪学校に入学。2012年7月にデビュー。17年の京王閣「日本選手権」(ダービー)でG1初制覇。18年のダービー(平塚)で史上7人目の連覇を果たした。168センチ、77.1キロ。血液型B。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200101-01010040-sph-ent

    【元『℃-ute』岡井千聖、18年競輪賞金王・三谷竜生と結婚。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (2)


    1: 名無し募集中。。。 2019/12/30(月) 10:19:41.64 0
    広告収入の減少による番組制作費の削減、それはフジテレビだけでなく現在、テレビ各局が頭を悩ませていることだ。
    ただ今回のフジテレビの場合、制作費の大幅カットを要請されている番組が、局の看板番組というから穏やかではない。


    「その番組はフジテレビの元日特番の顔『爆笑ヒットパレード』なんです。
    元旦の朝、テレビをつけると、正月らしいド派手なセットで人気芸人が面白いネタをやっている、
    フジテレビというより、日本の元旦を象徴するような番組が今、お金の面で危機を迎えているんです」(前出の放送作家)

    『爆笑ヒットパレード』といえば、1968年にスタートし、元日の朝から昼にかけて生放送される、フジテレビのお笑い演芸特別番組。
    2008年以降、司会をナインティナインの2人が務め、53回目を迎える来年は、アインシュタイン、EXIT、霜降り明星、千鳥、ミキ、和牛、
    そして、先日の『M‐1グランプリ2019』で優勝を飾ったミルクボーイなど、今を時めく数々の人気芸人が出演することが明らかになっている。

    「『爆笑ヒットパレード』は、芸人たちが漫才やコントを披露するネタ番組ですが、
    合間にはゲームコーナーや街頭インタビューといったVTR企画も恒例になっています。
    ただ、同番組の予算が大幅に削られた結果、ゲームコーナーのセットにかけられる予算は、なんとゼロ円になったとか……。

    『爆笑ヒットパレード』はなんといってもネタ番組ですから、芸人が中心なのは揺るがない。
    10年以上にわたって司会を務めているナインティナインをギャラの安い若手芸人に差し替えるわけにもいかないし、
    番組に出演するオール阪神・巨人、爆笑問題といった大御所へのオファーを取り下げるわけにもいきません。

    そのため、番組を盛り上げるためのタレントへのオファーをやめたりしたそうですが、外注スタッフの数を減らしたりしたそうですが、焼け石に水。
    なので今回は、どうやら、特別なセットの制作はしない、最悪の場合はゲームコーナー自体がなくなるという話まで聞こえてきています」(前同)

    なぜフジテレビのバラエティの歴史が詰まった元旦特番が、そんな“金欠事態”になっているのか。
    「元凶は今年夏まで放送されていた『アオハルTV』にあるそうです」と放送作家は話す。

    『アオハルTV』は、昨年4月と9月に2回放送された『青春アオハルTV』をレギュラー化した番組。
    全国各地で「青春な人」を発掘し、紹介するといった内容で、ヒロミ(54)がMCを務め、Sexy Zoneの菊池風磨(24)と
    佐藤勝利(23)、ビビる大木(45)とDAIGO(41)がレギュラー出演していた。

    「今年の1月から毎週日曜21時の枠でレギュラー放送がスタートしましたが、平均視聴率はわずか3~4%と壊滅的で、8月には打ち切りとなりました。
    番組開始にあたっては数千万円の予算を投じて舞台セットを作ったにもかかわらず、放送されたのはわずか16回。
    総合演出を手がけていたM氏もその責任を取ってなのか11月末にはフジテレビを退社。番組が垂れ流した赤字は億単位にもなるとささやかれています。

    毎年、制作費が削減されていく中での大幅な赤字。局の上層部から“出した赤字は自分たちで埋めろ”と命令が下っているようで、
    『アオハルTV』の赤字は同番組を制作したバラエティ制作で埋めないといけないそうです。

    各バラエティ番組にも制作費削減の指令は出ているのですが、それが『爆笑ヒットパレード』にも来た、ということのようです。
    それにしても、フジテレビの元旦特番がセット費も捻出できないなんて。なんとも寂しい話ですよね……」(放送作家)
    https://taishu.jp/articles/-/71306?page=1

    【フジテレビで仕事をする放送作家 「いよいよヤバいようです。とにかくお金がないと。」】の続きを読む

    このページのトップヘ