メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    音楽関係を中心にしたエンタメ関連のまとめブログ

    2019/12

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    1: ミマス(武蔵國) (8級) [CA] 2019/12/23(月) 18:37:16.72 ● BE:989972537-2BP(2000)
    sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
    塩月希依音@keity_1215
    生誕のセレモニー
    ありがとうございました
    https://twitter.com/keity_1215/status/1208664858075394048
    画像
    https://imgur.com/OhHzrGu.jpg
    OhHzrGu

    https://imgur.com/88B6KzH.jpg
    88B6KzH

    https://www.excite.co.jp/news/article/TokyoSports_1667667/ https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

    【14歳アイドルAKB塩月希依音さんの握手会に集まった人達がこちら。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード


    1: 1号 ★ 2019/12/24(火) 16:43:27.61 ID:VHlIg43V9
     お笑いタレントのバカリズム(44)が6人組ユニット「でんぱ組.inc」の元メンバー・夢眠ねむと結婚したことを24日、発表した。

    12/24(火) 14:01配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191224-12240067-sph-ent

    ★1が立った時間 2019/12/24(火) 14:05:06.81
    ※前スレ
    【速報】バカリズム、元「でんぱ組.inc」夢眠ねむとの結婚を発表 ★2
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1577166081/

    【バカリズム、元『でんぱ組.inc』夢眠ねむとの結婚を発表。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    1: muffin ★ 2019/12/22(日) 11:22:37.35 ID:PYM/n2OE9
    https://sirabee.com/2019/12/22/20162221609/

    21日に放送された『第7回明石家紅白!』(NHK)に、紅組枠で「さんまが会いたいアーティスト」として工藤静香が登場。視聴者の間では、そんな工藤の変わりように多くの注目が集まっている。

    現在の工藤の姿を見た視聴者からは「顔が怖いんだけど」「工藤静香顔違う…」など、怖がる声や驚く声が上がっている。

    しかしその一方で、さんまとのトーク後に披露した曲「慟哭」を歌唱した際には、「歌声が衰えてない」「歌唱力は現役だな」と、称賛する声が相次いだ。

    その他、工藤のスタイルの良さには「美ボディ!」との声が上がったが、目元やメイクに対しては「別人」という声が殺到した。以前に比べ、歌唱力が断然上がっている工藤。今後も歌唱力の進化には目が離せなさそうだ。

    https://dogatch-static-data.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/prod/kanren_news/20191220/91fe5a9e6817589855643a973db62e0a.jpg 
    91fe5a9e6817589855643a973db62e0a

    https://scontent-nrt1-1.cdninstagram.com/v/t51.2885-15/sh0.08/e35/p640x640/71234060_216692425985852_3702827344223009374_n.jpg?_nc_ht=scontent-nrt1-1.cdninstagram.com&_nc_cat=108&_nc_ohc=vUhPn_CQ3RYAX9SnmNP&oh=7e54b9bbbf3a8694ce3a527e9a871560&oe=5E973ADE&.jpg
    71234060_216692425985852_3702827344223009374_n

    https://scontent-nrt1-1.cdninstagram.com/v/t51.2885-15/sh0.08/e35/p640x640/72960157_417158372316548_4831477333509874549_n.jpg?_nc_ht=scontent-nrt1-1.cdninstagram.com&_nc_cat=108&_nc_ohc=ktakNhMNGzkAX-ldmfJ&oh=7ec214552a82417ba6b713dae5618c60&oe=5EB10757&.jpg 
    72960157_417158372316548_4831477333509874549_n

    【工藤静香、「明石家紅白」にて抜群の歌唱力見せるも、視聴者は容姿の変貌に注目。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (2)


    1: 牛丼 ★ 2019/12/23(月) 15:44:59.08 ID:fGb3ZjO09
    シンガー・ソングライターの大黒摩季(49)が23日、フジテレビ系「とくダネ!」に生出演。4月に離婚した前夫の不倫疑惑を一蹴した。

     大黒は一般男性と2003年に結婚し17年まで不妊治療を行っていた。20日、今年4月に離婚したことと、前夫の新しいパートナーに子供が誕生していることを発表。「妊娠が分かったから離婚発表」「前夫は不倫していた?」などの臆測が広がっていた。

     大黒は前夫に子供が誕生したことを「本当にうれしい」「手伝いに行きたいくらい」と祝福。生出演した理由を「私が守りたかったのは、ささやかな彼らの生活。私は自分で選んだ道だけど、生まれてきたおチビちゃんは大黒摩季なんて知らないんだから。そういう人のあおりで、10年後にこういった記事を読んだら、その傷を誰が負えるんですかと思ったから、私が引き受けようと思った」と説明。「ツアーでうっかり出し忘れていた」理由で提出は4月になったが「私がハンコを押して、お互いに交わしたその日が離婚した日。だから私は不倫じゃないと思っている」と強調した。続けて「普通に自然な和やかな恋愛をして、普通に生まれた子だから、その子を責めないでいただきたいと思います。一般人ゆえ、これにてそっとしておいてあげてください」と配慮を求めた。

    「不妊治療はかなり進んでいて、私の卵子と彼の精子で受精卵をつくって誰かに産んでもらうという方法もあったが、自分がおいてけぼりになるのが耐えられなかったんでしょうね」と治療断念の経緯を説明。

     離婚については「自分を救うために『一緒に生きていこう』って言ってくれた人に別れましょうって言ったの」と明かした。「今はすごく救われている。『幸せになってね』って言った瞬間に、この辺のドロドロした部分が浄化された気がする」と続けた。別れ話をする前、大黒はケンカをしたあとに鏡に映る自分を見て「ブスだなって感じた。私の中の闇子の部分が出ていた。そういう意味でも彼は被害者」と前夫をかばい続けた。

     31日に50歳の誕生日を迎える。小倉智昭(72)から新たな恋を聞かれると「大黒摩季で、50で恋をしたいとか言うと『人食い花に食われそう」っていう怖さがあると思うんですよね。怖いし、イタいし、あんまり言うのをやめようと思っている」と笑わせた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191223-00000002-tospoweb-ent

    【【怖い女】大黒摩季、前夫の不倫疑惑を一蹴。「そっとしておいてあげてください。」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (1)


    1: muffin ★ 2019/12/23(月) 09:10:15.96 ID:B5iVL2YJ9
    https://hochi.news/articles/20191223-OHT1T50016.html
    2019年12月23日 7時5分スポーツ報知

     漫才師日本一を決定する「M―1グランプリ2019」の決勝が22日に都内で行われ、初優勝したお笑いコンビ「ミルクボーイ」が決勝ファーストラウンドでM―1史上最多得点となる「681点」を記録する快挙を達成した。

     史上最高得点を記録したのは「コーンフレーク」をネタにした漫才。「母親が好きな朝ごはんの名前を忘れた」という掛け合いから、駒場孝がコーンフレークと思われる特徴を挙げると、内海崇が「コーンフレークやないか!」とツッコミ。すると今度はコーンフレークとは違う特徴を挙げ、「コーンフレークだ」「コーンフレークじゃない」と行ったり来たりの絶妙な掛け合いを展開し、大爆笑をさらった。

     その後、勢いそのままに頂点をつかんだミルクボーイに「コーンフレーク」を販売する「ケロッグ」が公式ツイッターに「ミルクボーイさんのコーンフレークのネタ、腹筋崩壊レベルでわらったw 史上最高点での優勝おめでとうございます」と祝福のメッセージ。すぐに「ぜひCM起用を!」「ケロッグさん、コーンフレーク一年分進呈お願いします」「コーンフレーク 久々に食べたくなった」など多くのリプライが寄せられた。

     あまりの反響の大きさに「こんなにたくさんの祝福コメントが!!! ありがとう、ありがとう(優勝したのはミルクボーイさんやねん)ミルクボーイさん、本当におめでとうございます」とうれしい悲鳴を上げていた。

    【コーンフレーク販売のケロッグ、M-1王者・ミルクボーイを祝福。「腹筋崩壊レベルでわらった。」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード


    1: ジョーカーマン ★ 2019/12/23(月) 15:28:57.20 ID:AMjXDWvh9
    アイドルユニット「ZOC」は23日、ツイッターで兎凪(うなぎ)さやか(20)の脱退を発表した。

    兎凪は今月16日に20歳となったが、「この度、ZOCメンバー兎凪さやかの未成年飲酒喫煙報道を受け、本人に事実確認をしたところ、記事内容が事実であると確認されました」と一部メディアの報道内容を認め、「当事実を受け、本人やZOCメンバーとも協議し、兎凪さやかはZOCから脱退とさせていただきますことをご報告いたします」とした。

    「このような事態となってしまいましたこと、応援していただいているファンの皆様や、関係各所の皆様に深くお詫び申し上げます」と謝罪。
    「皆様のご期待を裏切ることのないよう、ZOCは今後も精力的に活動してまいりますので、ご支援の程を何卒よろしくお願い申し上げます」と記した。

    兎凪は自身のツイッターで「公式発表の通り、このような記事になってしまったことについて深く反省し、事務所やメンバーとも話し合いを重ねた結果、自身でもこのことを深く受けとめ、本日を持ちましてZOCから脱退いたします」と報告。
    「ZOCとして活動できたことが私のこれまでの人生で一番の幸せで宝物です。今後、今回の事態を重く真摯に受け止め、皆様の信頼を、そして自分の尊厳を取り戻せるよう努め、生きていきたいと思っております」と記した。

    「ZOC」は2018年に結成。
    バラエティー番組などで活躍する戦慄かなの(21)らが所属している。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191223-00000148-spnannex-ent

    【ZOCメンバー兎凪さやかについてご報告】
    http://pbs.twimg.com/media/EMck3cRU4AA8fol.jpg
    EMck3cRU4AA8fol

    兎凪さやか
    http://pbs.twimg.com/media/D41axYWU4AUsHav.jpg
    D41axYWU4AUsHav

    「少年院出身アイドル」 戦慄かなの
    http://pbs.twimg.com/media/D-doS_SUcAAzbSp.jpg
    D-doS_SUcAAzbSp

    「ZOC」
    http://pbs.twimg.com/media/EKYqrz7VAAAJ7So.jpg 
    EKYqrz7VAAAJ7So


    【”少年院出身アイドル”戦慄かなの所属『ZOC』メンバー兎凪さやか、未成年飲酒&喫煙で脱退。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (1)


    1: 47の素敵な(日本のどこかに) (1級) 2019/12/21(土) 14:53:47.89

    【”NGTゲーム”の荻野由佳が「ホラーすぎる。」と話題に。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (3)


    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/23(月) 15:20:16.29 ID:AEpZr1TM9
    12月22日に放送された漫才日本一決定戦「M-1グランプリ2019」(テレビ朝日系)にて、結成12年のミルクボーイが王者に輝いた。最終審査では、審査員の松本人志だけが別のコンビに投票し、注目を集めたという。

    「最終決戦では、審査員7人のうち6人がミルクボーイに投票する中、松本だけがかまいたちに票を投じました。松本といえば過去3年間、和牛に投票し続けたものの、いずれも優勝を逃しており、今回で4回連続。
    そのため、『また松っちゃんの選んだコンビが…』『かまいたちは嬉しいだろうね』と、SNSをザワつかせることとなりました」(テレビ誌記者)

    そんな松本は、番組の最後に「過去最高と言ってもいいかもしれない。数年前なら誰が出ても優勝っていうほどレベル高かった」と、決勝コンビの評価は僅差だったことを明かした。

    今回彼が、かまいたちを選ぶ決め手となったのは、“自分の中のルール”に従った可能性があるという。

    「松本は過去、ラジオ番組で『M-1のルールブックに付け足したいこと』として『(一部のコンビは)ファーストラウンドのネタをフリにして、最終ネタに入れてくるでしょ?あれは絶対、禁じ手にしないとダメですよね』『ギャグならわかるんですけど。
    あんなもん1本目を見てない人はわからへんからね。決勝でそれはないわ。あれは絶対やめさせなあかん』と苦言を呈したことがあるのです。
    今回、ミルクボーイは決勝で『うちのオカンがね』『わからへんのがあるんでしょ??』と、最初のネタを見ていないと伝わりづらいやり取りもあったため、松本の審査に影響した可能性があります」(前出・テレビ誌記者)

    とはいえ、M-1史上最高得点を記録したミルクボーイのファーストラウンドでは松本も97点という高得点を付けているため、彼らの漫才を評価しているのは間違いないだろう。

    http://dailynewsonline.jp/article/2128152/
    2019.12.23 14:30 アサ芸プラス

    【禁じ手だった?「M-1」松本人志だけが王者・ミルクボーイに投票しなかったワケ。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    images


    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/20(金) 18:57:57.12 ID:2AHmWQwR9
    2019年12月19日に放送された「ぐるぐるナインティナイン」(日本テレビ系)の「グルメチキンレース・ゴチになります!」
    パート20の最終戦に出演した女優の橋本環奈さん(20)について、「笑い方がえげつなかった」と視聴者の間で話題だ。

    この日の放送では来年以降のレギュラーから外される「クビ」が誰になるかが注目されており、その結果は、「Sexy Zone」の中島健人さん(25)と、女優の土屋太鳳さん(24)がクビになるというものだったが、
    それと併せ、一部の視聴者が注目したのは橋本さんの笑い方だった。

    ■大口を開けて「ガハハハ!」

    番組序盤、クビになるメンバー(この時点では未定)との入れ替わりを狙って別室で料理の値段当てに挑む、ナインティナインの矢部浩之さん(48)。
    矢部さん復帰の条件は、この日、ゲストとして「ゴチバトル」に参加していた橋本さんと加藤浩次さん(50)のどちらかに勝つというものだった。

    レストランの大広間で収録中の橋本さんたちと矢部さんの部屋同士で中継がつながると、矢部さんは「今回のVIPチャレンジャー見て確信した、戻れるって」と、早くも勝利宣言。
    これに対し、加藤さんが「非常に我々のことナメてるね」と応酬すると、大広間にいる出演者らは爆笑し、橋本さんも併せて大笑い。

    その笑い方が大口を開けて「ガハハハ!」と大声で笑うという、実に豪快なものだったのだ。

    さらに場面は変わり、ナインティナインの岡村隆史さん(49)が料理を食べていると、「今年のうちにスッキリしておこう!! 」というミニコーナーが始まった。
    「岡村さんに対してスッキリしていない方」からの手紙を預かっているという「ゴチバトル」司会の羽鳥慎一さんは、その手紙の送り主について、
    岡村さんのマネージャーの深野さんの母親であることを公表。岡村さんの目の前に深野さんが登場すると、羽鳥さんは手紙を代読し始めた。

    加藤さんの横で「フハハハ!」

    その手紙によると、深野さんの母親は岡村さんのことを深野さんからよく聞いているとのこと。仕事について、息子である深野さんは「そこそこ楽しい」と話していると明かしつつ、
    その一方で、岡村さんが自身出演のラジオ番組などで、深野さんについて「クビにする」「仕事ができない」と、至らないところを指摘していることに対して心を痛めているという。
    加えて、「岡村さんのために、いかがわしいお店を探していると知った時は、驚きました」と暴露したのだった。

    深野さんを「パシリ」にしていることを明かされてしまった岡村さんには、加藤さんから「そんなことさせてんの!」
    「今の時代、いかんですよ」といった厳しいツッコミが浴びせられたが、その際、加藤さんの横に座る橋本さんは「フハハハ!」と何度も大笑い。
    橋本さんが口を大きく開けるたびに、その高らかな笑い声がテレビから流れたのだった。

    このほかのシーンでも番組中で橋本さんはたびたび、放射熱線を発射するゴジラのような口の開け方で笑い転げていた。
    これらを見た視聴者からは、「橋本環奈ってめちゃくちゃ可愛いのに笑い方が下品でもったいない」「橋本環奈ちゃんの笑い方は、すでにおばさんのそれなんだよなぁ」といった、
    橋本さんの笑い方に驚いたとする声がツイッター上に続々。また、「橋本環奈の笑い方やべー(笑)将来的に島崎和歌子ポジションやろ」
    「橋本環奈ちゃんの笑い方が、松本明子のそれと酷似してる」と、笑い方が似ていると感じた芸能人の名前を挙げる声もある。

    ただ、これらの声に交じっては、「橋本環奈ちゃんのさ笑い方さすっごいすき。がはははって笑う感じ」「あんなにかわいいのに笑い方が豪快すぎる橋本環奈ちゃん、癖になるな 笑」と、
    その笑い方を良しとする声も上がっている。笑い方1つでネット上を騒がせてしまう以上、橋本さんの人気は、やはり相当なもののようだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191220-00000004-jct-ent
    12/20(金) 13:24配信

    https://newsimg.oricon.co.jp/feed/images/size640wh/20191219_145718_size640wh_1222.jpg 
    20191219_145718_size640wh_1222

    http://cdn.narinari.com/site_img/photox/201912/20/20191219043.jpg 
    20191219043

    【橋本環奈「ガハハハ!」「フハハハ!」 笑い方が豪快化する。 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (1)


    1: 名無し募集中。。。 2019/12/22(日) 08:56:40.69 0
    昨日のヤンタンにて

    横山「つい最近公式ツイッターのフォロワーが20万人になりました」
    さんま「え!モーニング娘。で公式20万人しか集まらへんのか。モー娘。で20万か、こりゃ大変やな」
    横山「ユーチューバーさんとか本当にすごいと思います」
    さんま「あー100万行ってる人とか。モー娘。でもこれだけファンあってこれだけコンサートやっててこれだけ客持ってて20万…やっぱやめとこ俺」
    藤本「さんまさんなら1日2日で100万行くんじゃないですか」
    さんま「そんな甘くないやろ。モー娘。で20万やで、ショージの店なんか1週間で客5人やで」

    【さんま「モー娘。でさえツイッターのフォロワー20万人しか集まらんのか!!」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (2)


    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/22(日) 07:32:52.39 ID:ee/l/LPV9
    モノマネ芸人のコロッケが12月17日放送の「ものまねグランプリ2019冬」(日本テレビ系)に出演し、シンガーソングライターの米津玄師を模したネタを披露している。

    “AIの米津玄師”と銘打ち、ヒット曲「Lemon」に合わせながらロボットの動きを見せたコロッケは、米津のトレードマークである無造作ヘアーのウィッグを被るなど、
    随所に米津を意識した要素を散りばめたが、中盤からは“故障した米津”という演出のもとで、
    音程やリズムを外しながら「Lemon」の歌唱を続けると、変顔を織り混ぜるお決まりのネタも挟みつつ、巧みに時代の寵児を自身の十八番芸へ落とし込んでみせた。

    しかし、これを見た米津ファンが決して愉快な印象を受けなかったことは、その後のネットの反応を見れば明らかだ。

    「コロッケからすれば、かねてより続けてきたお馴染みの変顔を取り入れたモノマネのスタイルなのですが、米津の持つ空気感やカリスマ性などを大きく崩した今回の芸には、
    『面白かったけど、米津玄師さんが好きすぎるから、見るに耐えないものだった』『コロッケの米津モノマネ最低。米津さん大好きだから半泣き。何この顔芸』『馬鹿にしてる』
    『似てないし、馬鹿にしてるみたいで嫌だった』との批判がSNSで続出しています。
    若い層からの支持を集めるためにあえて米津のモノマネを披露したのでしょうが、似せることよりも笑いを取りに行く従来のスタイルに固執してしまった為、
    米津を愛する若者からは逆に嫌われてしまいましたね」(テレビ誌ライター)

    とはいえ、モノマネ芸人による“炎上”は常に付き物であり、芸歴40年を誇るベテランにとっては痛くも痒くもないのかもしれないが…。

    http://dailynewsonline.jp/article/2125841/
    2019.12.21 18:14 アサジョ

    【『コロッケ』の”米津玄師モノマネ”がファンの怒りを買ったワケ。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    images


    1: フォーエバー ★ 2019/12/22(日) 12:18:05.84 ID:ncuec4T89
    ミュージシャンで俳優の泉谷しげる(71)が22日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。クレームが増えたことで、年越しに欠かせない伝統行事「除夜の鐘」が相次いで中止になっていることに言及した。

     泉谷は「煩悩百八つですからね。だからあれがあって当たり前だと思い込んじゃってるところがあるから、あの煩悩の鐘の音を嫌う人間はよほどの不心得者」と持論を展開した。 

    12/22(日) 11:53配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191222-00000152-spnannex-ent

    【泉谷しげる、クレームによる除夜の鐘中止に「煩悩の鐘の音を嫌う人間はよほどの不心得者。」 】の続きを読む

    このページのトップヘ