メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    音楽関係を中心にしたエンタメ関連のまとめブログ

    2019/10

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (1)


    1: 湛然 ★ 2019/10/17(木) 13:33:41.34 ID:rkFVQbrf9
    TOTO 40周年記念ツアー終了後 活動休止へ、10月20日フィラデルフィア公演がラスト
    2019/10/17 10:10掲載
    http://amass.jp/126938/


    TOTOのスティーヴ・ルカサー(Steve Lukather)によると、TOTOは10月20日フィラデルフィア公演で終了する40周年記念ツアーを最後に再び活動を休止するようです。ルカサーはThe Morning Callのインタビューの中で「遠い将来がどうなるかはわからないが、近い将来ではフィラデルフィア公演が最後のショーになることはわかっている。TOTOのこの編成の終了は確かだ」と話し、フィラデルフィア公演を最後に現ラインナップのTOTOは活動を終えると説明しています。

    現在のTOTOのラインナップはスティーヴ・ルカサー、デヴィッド・ペイチ、スティーヴ・ポーカロ、ジョセフ・ウィリアム。

    ルカサーは、ツアーについて「このようなライフスタイルは、人々が思っているよりもずっと難しいものだ。人々は、僕たちが魔法のように街から街へと漂い、贅沢な生活をしていると考えている。僕たちのツアーがうまくいっていないと言っているのではないが、僕のように年に230日家族から離れるのは負担だ」とコメントしています。

    またTOTOが別のラインナップで再び戻ってくる可能性についてルカサーは「わからないよ。僕は未来を予測できない。このヴァージョンは10月20日に終わったと言える...。ひと休みしないと。僕たちはひどくくたびれているので、休息して、何が起こっているのかを理解しなければならない。つまり、音楽はまだそこにある。二度とこの音楽を演奏しないと言っているのではない。それは嘘になる」とコメントしています。

    [source] https://www.mcall.com/entertainment/lehigh-valley-music/mc-ent-toto-farewell-the-met-philly-20191016-36d5czgwqfgjzi6ohbns6cgsp4-story.html

    (おわり)

    【『TOTO』40周年記念ツアー終了後に活動休止へ。10月20日フィラデルフィア公演がラスト。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード


    1: 朝一から閉店までφ ★ 2019/10/17(木) 22:03:05.97 ID:UfVGhrGg9
    2019年10月16日 21:58

    175RのYOSHIAKI(Dr)が職業性ジストニアのため音楽活動を控え、治療に専念することを発表した。

    10年以上前から思うようにバスドラムが踏めなくなっていたというYOSHIAKI。彼は今回の発表に際して「今後もこのままの状態で音楽活動を続けていくか自分自身何度も悩みましたが、ここで一度音楽活動から離れ療養に専念する事に致しました」「いつ治ると断言できない病気ではありますが、またいつかメンバーと175Rとしてステージに立てるよう療養していきます」と復帰を誓っている。また175Rは今後サポートドラマーを迎えて活動を継続する。




    YOSHIAKI コメント

    175Rを応援してくれている皆様へ

    いつも応援ありがとうございます。
    実は10年以上前から自分の思う様にバスドラムが踏めなくなる等、ドラムを叩く際に違和感を感じるようになっていました。
    最初はただ調子が悪いだけかなとも思い、練習時間を増やしたり、体のバランスを見なおしたりしたのですが、ライブになると、まったく調子は変わらずで、、
    ライブを重ねる度に「辛い」という気持ちがだんだんと確実に僕の中で蓄積されてました。
    そんな時に、近年多くのミュージシャンの方々がジストニアという病気で活動をお休みするニュースを見て、自分の症状と重なる部分が多く、今回改めて診察に行ったところ医師から「職業性ジストニア」と診断されました。
    この病気は本人以外には症状がわかりにくい事もあり、活動再開時からメンバーには症状を打ち明けてなんとか今まで活動を行ってきました。
    だけど、やっぱり思い通りに叩けない悔しい気持ちをごまかしながら続ける事は僕には無理でした。
    今後もこのままの状態で音楽活動を続けていくか自分自身何度も悩みましたが、ここで一度音楽活動から離れ療養に専念する事に致しました。

    今回の決断を尊重してくれた、メンバー、スタッフの方々に言葉は難しいですが、感謝します。
    そして応援してくれてる皆さんにはごめんなさい。の気持ちでいっぱいです。
    いつ治ると断言できない病気ではありますが、またいつかメンバーと175Rとしてステージに立てるよう療養していきます。

    応援してくれてる皆様にはご心配ご迷惑をおかけしますが、今までと変わらず175Rを応援して頂けると嬉しいです。

         ===== 後略 =====
    全文は下記URLで

    https://natalie.mu/music/news/351757

    【ドラマーYOSHIAKI(175R)、”職業性ジストニア”治療のため活動休止。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    images


    1: 風吹けば名無し 2019/09/26(木) 10:12:33.39 ID:1LSePJtf0
    今夜なんやけどどうしたらええねん😭

    【同級生のバンドのチケット買ったが、客ワイだけっぽい。 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (1)


    1: 風吹けば名無し 2019/09/01(日) 07:32:40.98 ID:k0GGmnmAr
    これ楽しめると思って呼んどるんやろか
    今まで満足できた試しないわ
    知らん奴等の知らん曲爆音で聞かされて知らん奴等の馴れ合い見せられて2500円は高い

    【同級生のバンドのライブに呼ばれたんやが 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (2)


    1: 風吹けば名無し 2019/10/18(金) 19:55:08.76 ID:qXBGBciD0
    自分を誤魔化してない?

    【『スピッツ』のあいつって本当に今の音楽性で満足してるの? 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード


    1: 鉄チーズ烏 ★ 2019/10/15(火) 07:21:23.99 ID:XFIN/kl59
    15日発売となる自伝「Me」の中で大物セレブたちの驚きのエピソードを明かし、注目を集めているエルトン・ジョン(72)が自伝の中で、故マイケル・ジャクソンさんについて「精神的に病んでいた」と書いていることがわかった。

    ジョンの自伝には大物ハリウッドスターたちに加え、ボブ・ディラン、フレディ・マーキュリー、ジョン・レノンらを初めとする音楽界のスーパースターたちが続々と登場している。

    米情報サイトTMZによると、マイケルさんを13歳の時から知っていたというジョンは自伝の中で、「彼は最高に可愛い子供だった。しかし、ある時期から、世間や現実から遠ざかるようになった。エルビス・プレスリーと同じように」と書いているという。

    さらに、「彼の頭の中で何が起きていたのか、どんな処方薬を服用していたのかは誰にもわからないが、晩年の彼に会うたびに“可哀そうに、完全にイカれてる”と思っていた」と告白。「冗談で言っているのではなく、彼は本当に精神的に病んでいた。周囲の人々を不安にさせる人になっていた」と書いているという。

    マイケルさんを自宅でのパーティに招待した際、いつの間にか姿を消し、家政婦の子供と遊んでいたエピソードも明かし、「何が理由であれ、彼は大人と一緒にいることが、全く出来ないようだった」と振り返っているという。(ニューヨーク=鹿目直子)


    10/15(火) 6:47配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191015-10150032-nksports-ent

    【エルトン・ジョン「マイケル・ジャクソンは精神的に病んでいた。」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    images


    1: 湛然 ★ 2019/10/18(金) 05:43:34.27 ID:gyEMIpsP9
    久保田利伸、23年ぶりちょんまげヘア披露…新アルバム「Beautiful People」
    2019年10月18日 4時0分スポーツ報知
    https://hochi.news/articles/20191017-OHT1T50205.html

    23年ぶりにちょんまげヘアスタイルを披露した久保田利伸
    https://hochi.news/images/2019/10/17/20191017-OHT1I50176-L.jpg
    20191017-OHT1I50176-L


     歌手の久保田利伸(57)が、11月27日発売の新アルバム「Beautiful People」で、96年のヒット曲「LA・LA・LA LOVE SONG」以来、23年ぶりにちょんまげヘアスタイルを披露することが17日、分かった。

     ジャケットデザインを吟味する中、グラフィックデザイナーの千原徹也氏(43)が、「何もなくなった世界」をテーマに制作。常識、制約を脱ぎ捨てた人間に残されたのは、作り物の1つもない原始的で美しい世界。全裸の久保田に、その世界を駆け抜け、さまよってほしいとアプローチされ、同意。「(作品の世界観には)ちょんまげヘアスタイルが似合う」と自ら提案し、23年ぶりに実現した。

     ジャケット写真は、CG(コンピューターグラフィックス)による合成、加工などはしておらず、生身の肉体で撮影に挑んだ。

     4年ぶりの新アルバムには、男子プロバスケットボールリーグ「B.LEAGUE」の2019―20SEASON公式テーマソング「JAM fo’ freedom」や、コーセー エスプリークCM曲「You Go Lady」「So Beautiful」など14曲を収録。「人間賛歌」「女性賛歌」をメッセージとして込めた。

     久保田は「“人間ってやっぱり素晴らしい”“音楽ってやっぱり素晴らしい”という気持ちでアルバムを作りました」とコメント。「悲しみと喜びの、人それぞれのツボを、とことん肯定した人間愛に溢(あふ)れたあったかいかいアルバムです。もちろん、得意のラブソングも満載です!」と自信をみせた。

     〇…久保田は19日の神奈川・ハーモニーホール座間から全国ツアー(来年3月まで29都市35公演)を行う。新曲だけでなく、ヒット曲や名曲を、時間の許す限り披露する予定という。

    (おわり)

    【『久保田利伸』、23年ぶりちょんまげヘア披露。新アルバム「Beautiful People」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (1)


    1: 湛然 ★ 2019/10/17(木) 23:18:46.30 ID:lGUUing89
    10/15(火) 18:15 rockinon.com
    エディ・ヴァン・ヘイレン、ドイツにて咽頭がんの治療中と報道。過去には舌がんを克服した経験も
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191015-00000018-rorock-musi

    https://amd.c.yimg.jp/amd/20191015-00000018-rorock-000-1-view.jpg
    20191015-00000018-rorock-000-1-view


    ヴァン・ヘイレンのギタリスト、エディ・ヴァン・ヘイレンがドイツで咽頭がんの治療を受けていると報じられていることが明らかとなった。

    「TMZ」の報道を伝えた「Consequence of Sound」によると、エディは咽頭がんを患っており、過去5年間にわたりドイツで放射線治療を受けているとのことだ。

    かなりがんの進行を抑えることが出来ているため、治療の効果があったとも伝えられているが、現時点でエディ本人からのコメントはないという。

    2000年に舌がんを診断されたエディは、舌の一部を除去する手術を受け、2002年にがんを克服したと発表していた。ヘビースモーカーとして知られる彼は、舌がんを患ったのはライブの演奏中にメタルのギターピックを口にくわえていたからだと主張していたそうだ。

    なお、昨年末には、1984年以来となるクラシック・ラインナップでツアーを開始するのではないかと噂されていたヴァン・ヘイレンだが、今月初めにデイヴィッド・リー・ロスがこの件について「ヴァン・ヘイレンは終わったと思う。みんなが知っているような形で、ヴァン・ヘイレンが戻ってくることはないだろうな。といっても、エディにも言い分があると思うけど。俺からは何とも言えないね」とコメントしていたそうだ。

    そして、エディの健康状態について尋ねられたデイヴィッドは、「君たちと同じ噂を耳にしてるけど、俺は推測する立場じゃないから」と答えていたという。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

    【エディ・ヴァン・ヘイレン、ドイツにて咽頭がんの治療中と報道。過去には舌がんを克服した経験も。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    images


    1: 名無し募集中。。。 2019/10/18(金) 22:07:21.13 0
    今後は「カントリー・ガールズ」という名を残し、メンバーを一新し再始動することを考えているという。
    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/helloproject/1590396/

    【『カントリー・ガールズ』、メンバー全入れ替えで再始動のお知らせ。  ←誰が応援すんねん。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード


    1: 47の素敵な(神奈川県) (初段) 2019/10/18(金) 23:05:58.00
    ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「カントリー・ガールズ」が12月26日に東京・渋谷の「LINE CUBE SHIBUYA」で行われるコンサートをもって活動休止することが分かった。
    18日、グループの公式サイトで発表された。
    山木梨沙(21)、森戸知沙希(19)、小関舞(17)、船木結(17)のメンバー4人はグループを卒業する。
    同グループは里田まい(35)が在籍した「カントリー娘。」から改名し、2014年11月に再始動。
    里田をスーパーバイザーに迎え、「Berryz工房」メンバーだった嗣永桃子さん(17年引退)がプレイングマネジャーとして参加し、翌年3月に6人でシングル「愛おしくってごめんね/恋泥棒」でCDデビューを果たした。
    メンバーの卒業、脱退と新加入を経て、17年夏からは森戸、船木と梁川奈々美さん(今年3月に卒業、引退)はハロプロの他グループと兼任、山木と小関は「学業との両立」のため学校の長期休暇などでの稼働をメインに活動することを決定。
    その後、今年になってメンバーから「今後の活動について相談したい」と話があり、次の目標に進む意志が固いことから活動休止が決まったという。
    今後、山木は兼任する「カレッジ・コスモス」とハロプロも卒業し、芸能活動を引退。
    小関はハロプロを卒業するが、大学進学を目指しつつ個人で芸能活動は継続するという。
    船木は来年3月をもって兼任する「アンジュルム」とハロプロを卒業し、芸能活動を休止。
    ダンスを中心に学び、表現する職業を目指していく。
    森戸は引き続き「モーニング娘。」メンバーとして活動する。
    グループは今後、「メンバーを一新し再始動することを考えています」といい、「これまでカントリー・ガールズを応援していただいたすべての皆様に心から感謝いたします。今後も引き続き応援いただきますよう、お願いいたします」としている。
    メンバーは公式サイトでコメントを発表。
    山木は2年前から「卒業」の言葉が浮かんでいたことを明かし、「残された時間は約2ヶ月と短くはありますが、それまで全力で4人で駆け抜けていきたいと思います」と決意を記した。
    スーパーバイザーの里田もコメントを寄せ、「カントリー娘。時代からの楽曲を引き継いで歌ってもらい、その名前を大切に守り、活動してくれたことへの感謝の気持ちでいっぱいです」とメンバーに感謝。
    「まだ若い彼女たちが、自分自身でそれぞれ新たな道を選び、進んでいく決断をした事を、私は素晴らしいと思うし、絶対に応援したいと思います」とエールを送った。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191018-00000228-spnannex-ent

    【『カントリー・ガールズ』事実上の解散。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード


    1: ネギうどん ★ 2019/10/17(木) 11:55:55.19 ID:cA13MXSn9
    元「ももいろクローバー」のメンバーで女優の早見あかり(24)が16日深夜放送のテレビ朝日「すじがねファンです!」(水曜深夜0・15)に出演。グループ“脱退”の真相を語った。
     早見は2008年11月から「ももいろクローバーZ」の前身「ももいろクローバー」に加入。しかし2011年4月、活動期間わずか2年半で16歳の時にグループを脱退。以後、女優として活動している。

     当時は“卒業”ではなく、“脱退”を選んだこともインパクトがあった。アイドルファンを公言し、自身も今年、アイドルグループ「HKT48」を卒業した指原莉乃(26)からも指摘を受けると、「“卒業”という言葉を使うこともできたんですけど、あえて使わなったのは私はももクロでやりたいと思っていたことを成し遂げてないから、途中で抜けるから脱退。頑張り切ってないのにやめたから、厚かましいと思って、決別の意味を込めて“脱退”って強く使っただけ。別にネガティブではない」とそのこだわりを明かした。

     突然の脱退に集まったすじがね入りのファンたちは「めちゃめちゃショックでした」と回顧。早見が「アイドルは私には向いてなかった」と涙ながらに話す当時の映像にも「何度見てもつらいです」と吐露。ファンとして「応援が足らなかったのではないか」と後悔していることを聞かされると、早見は「ずっとつらかったわけではない。楽しかったんですけど、向いてなかっただけ。(応援は足りてた?)もちろんです!」とファンに感謝の思いを伝え、涙。その姿に、指原も「本当のことを言うのも恥ずかしいし、今さらなのに、ちゃんと足りてたって言ったのが凄い泣けて…。良かった」と思わずもらい泣きした。

    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/10/17/kiji/20191017s00041000141000c.html

    【早見あかり、『ももクロ』“脱退の真相”に指原莉乃ももらい泣き。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    images (1)


    1: 名無し募集中。。。 2019/08/19(月) 22:49:10.66 0
    有名な曲もほとんどない
    本当に売れてるの?

    【『ラッドウィンプス』『バックナンバー』『サカナクション』『バンプオブチキン』 ←このあたりの売れてるのか売れてないのかよくわからないバンド。】の続きを読む

    このページのトップヘ