メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    音楽関係を中心にしたエンタメ関連のまとめブログ

    2019/03

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (3)


    1: れいおφ ★ 2019/03/19(火) 09:23:28.97 ID:GWJ26OfR9
    先日、Zepp Tokyo で開催された梁川奈々美のラストライブは、
    その終幕から一週間を経ても未だファンの興奮さめやらぬ見事なライブであったと評判だが、
    ライブハウスでの公演であるにも関わらず、衛星放送で生中継されたり映画館でライブビューイングが実施されたりと異例続きのものでもあった。

    (中略)

    今回、明かされた特大の “異例” もまた、その梁川の愛され具合を物語って余りある。

    2017年の7月に、”ファンのみなさまからの愛を受信するアンテナ(注・小指)を折りたたんで” 芸能界から引退した、
    ももち先輩こと、嗣永桃子が、梁川のラストライブを観覧していたというのだ。

    この情報は、一部、参加したファンからの目撃情報としても噂されていたが、ほとんどの者は “ガセ” だと見なしていた。
    というのも、嗣永は、引退後、一切表舞台には出ていないどころか、
    ほとんど(同期のBerryz工房メンバーからの情報によってすら)消息不明と言って良いほど、ファンの前から姿を消していたからだ。

    それが、愛する愛弟子の最後のステージを見届けるべくライブ会場に足を運んでいたというのだから、
    異例続きの梁川奈々美卒業ライブにあって、その最後のエピソードにふさわしい “異例” な情報だと言えよう。

    ももち先輩が梁川奈々美ラストライブを観覧していたことが明かされたのはカントリー・ガールズの
    レギュラーラジオ番組『カントリー・ガールズの只今ラジオ放送中!!』の、山木梨沙と小関舞による2019年3月17日放送分の冒頭部分にて。

    これに先立つ数週にわたって、カントリー・ガールズの公式インスタグラムなどを通じて
    “今夜のラジオで重大発表” などとファンを煽り、兼任体制からメンバーの卒業と、
    激震が続くグループの状況を背景にファンの焦燥感を掻き立てながら、”お菓子禁止令の撤廃” という、
    ある意味で兼任体制以上にグループの根幹を揺るがしかねない大きな変動について “重大” な告知を重ねていたところだった。
    そのラジオを介した “重大発表” を、ももち先輩は聴いていたのだという。

    その “お菓子禁止令の撤廃” を受けて、嗣永桃子は、ライブ観覧の後輩への差し入れとして、セロリの花束仕立てをプレゼントしたのだという。
    せめてもの “やさしさ” としてマヨネーズを添えて。

    こうした、いわば先輩からの叱責を報じる中で、そのことが中心的な話題になったわけではなくとも、
    それとなく “ももち先輩が やなみんのラストライブを観に来てくれた” ということが明らかにされたという流れだ。

    引退以来、ほとんど消息不明であった嗣永桃子が、おそらくは日常的に後輩たちのラジオを聴いていたということ。
    そして、そんな ももち先輩がついに姿を見せたのが、梁川奈々美のラストライブ観覧であったということ。

    記事全文
    https://www.entamealive.com/news/10653/

    画像
    https://pbs.twimg.com/media/D18E1pAUkAAiD85.jpg
    D18E1pAUkAAiD85

    関連スレ
    【ハロプロ】梁川奈々美(17)が笑顔で卒業、芸能界を引退 Juice=Juice&カントリー・ガールズ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1552359687/

    【ももち、現る。消息不明だった“一般人”の嗣永桃子さん、後輩の卒業コンサートを観覧し花束仕立てのセロリをプレゼント。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (3)


    1: 名無し募集中。。。 2019/03/16(土) 02:59:42.36 0
    この人らは金儲けだけのためにテクノやってたん?

    【ピエール瀧の事件で気づいたけど坂本龍一も細野晴臣もあとなんかもう一人も誰もテクノ音楽やってなくね? 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    images (3)


    1: 湛然 ★ 2019/03/14(木) 22:23:53.12 ID:g+6xZ+vC9
    2019.3.14 17:02 BARKS
    オジー・オズボーン「40になる前に死ぬと思ってた」

    オジー・オズボーンは若い頃、自分は40歳前に死ぬだろうと思っており、その通りになったところで誰も驚かなかっただろうと話した。

    12月に70歳の誕生日を迎えたオジーは『Metal Hammer』誌のインタビューで、こう語った。「もし何年も前に“どれくらい生きると思う?”って訊かれていたら、俺は“40になる前に死んでるよ!”って答えていただろう。俺には幸運が付いて回った。もし、“オジー・オズボーンがホテルの一室で死んでいるのが発見された”ってニュース見たって、“本当に?”とは思わなかっただろ? “そうだよな”って言ってただろ」

    「俺は窓から落ちたことがある。四輪バイク(の事故)で首の骨を折ったこともある。病院に向かう途中、2度心臓が止まった。俺はもしかしたら不死身なのかもな」

    ドラッグにはまっているときも何度か死にかけたことがあったと言い、「もう飲まない、吸わない、ドラッグはやらない」現状を「気に入っている!」という。「オジー・オズボーンがシラフでいるほうがいいなんて言う日が来るとは思ってもいなかった。でも、いまのところいい感じだ! 俺の歌は間違いなく、良くなった」

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

    Ako Suzuki


    https://img.barks.jp/image/review/1000165448/001.jpg
    001 (1)

    https://www.barks.jp/news/?id=1000165448

    【オジー・オズボーン「40になる前に死ぬと思ってた。」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (2)


    1: 湛然 ★ 2019/03/18(月) 22:55:28.60 ID:mxkhwUGg9
    2019.3.18 14:07 BARKS
    スレイヤー&アンスラックスのニュージーランド公演、同地での銃撃事件を受け中止に

    先週(3月15日)銃乱射事件が起きたニュージーランド・クライストチャーチで日曜日(17日)予定されていたスレイヤーの公演が中止された。

    会場Horncastle Arenaの運営会社であるVbaseは、事件の翌日(公演の前日)、「警察およびクライストチャーチ市議会からアドバイスを受け、Vbaseはスレイヤーの公演の中止を決定しました」
    「ファンの方々はがっかりするかもしれませんが、24時間前に起きた悲劇の後、人々の安全を最優先すべきだと考えました」との声明を出した。

    クライストチャーチにあるモスクで起きた銃乱射事件では、50名が亡くなり、数十名が負傷し、ニュージーランド史上最も悲惨な事件となった。

    サポート・アクトとして参加予定だったアンスラックスは、「ニュージーランド、俺らはあなた達を支持する。クライストチャーチ、俺らは戻ってくる #fuckracism(ファックレイシズム)」とコメントしている。

    17日の公演は、同地でのスレイヤー最後のライブ・パフォーマンスになるはずだった。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    https://img.barks.jp/image/review/1000165561/001.jpg
    001

    https://www.barks.jp/news/?id=1000165561

    【『SLAYER』&『ANTHRAX』のニュージーランド公演、同地での銃撃事件を受け中止に。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (1)


    1: 湛然 ★ 2019/03/18(月) 22:42:45.82 ID:mxkhwUGg9
    2019/03/18 21:13
    スリップノットからパーカッション奏者のクリス・フェーンが脱退

    スリップノット(Slipknot)からパーカッション奏者のクリス・フェーン(Chris Fehn)が脱退。バンドの公式サイトで発表されています。
    クリスに関しては先週、バンドとの長年のツアーで受け取るべき報酬を受け取っていないとして、クリスがスリップノットを相手取り、訴訟を起こしたと報じられていました。

    スリップノットは公式サイトの声明で

    「スリップノットの焦点はアルバム#6を作ること、そして今後の公演を過去最高のものにすることだ。
    クリスは、なぜスリップノットのメンバーではなくなったのかを知っている。
    スリップノットの一員であり続けるために必要なことをするのではなく、彼が非難をしてクレームを出すことを選んだことを俺たちは失望している。
    我々は彼が選んだ道をたどらないことを望んだが、しかし進化は何事にも、人生の必要な部分である」

    と説明しています。

    ■スリップノット 公式サイト
    https://slipknot1.com/


    https://pbs.twimg.com/media/D18ZRu5U4AAVMdB.jpg
    D18ZRu5U4AAVMdB

    https://pbs.twimg.com/media/D18TS6fU4AIfC0e.jpg
    D18TS6fU4AIfC0e

    http://amass.jp/118337/

    【『Slipknot』からパーカッション奏者のクリス・フェーンが脱退。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    images (2)


    1: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 23:49:41.37 ID:aMO8gKRS0
    桃乃木かな @
    今日はいつもより長く走れたので!!
    吉野家の!!新しいサイズ!!!
    ご馳走さまでした!!!!
    http://pbs.twimg.com/media/D1yKbyZU8AgR-Hc.jpg
    D1yKbyZU8AgR-Hc

    http://pbs.twimg.com/media/D1yKbyeU4AAGf-o.jpg
    D1yKbyeU4AAGf-o

    https://twitter.com/Kana_Momonogi/status/1106911828582387713
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

    【『恵比寿マスカッツ』桃乃木かなさん、吉野家で牛丼・超特盛を食べる 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (4)


    1: 湛然 ★ 2019/03/16(土) 22:20:44.45 ID:yUyMNuGc9
    3/16(土) 20:06 TOKYO FM+
    スピッツ、ユニコーン、小沢健二…サカナクション山口が10代に紹介

    サカナクションの山口一郎が、TOKYO FMのレギュラー番組に出演。
    サカナクション以外の音楽をあまり知らないという15歳の女子リスナーに電話をかけ、自身が影響を受けた音楽を紹介しました。
    (TOKYO FM「SCHOOL OF LOCK! サカナLOCKS!」3月14日(木)放送分)

    このリスナーは、現在中学3年生。小学校の頃からほぼサカナクションの曲しか聴いてこなかったため、流行りの曲がわからず、周りと音楽の話が合わないといいます。
    今回は、新しい音楽を知るべく、山口に「どんな曲から聴くべきか」と質問。山口は音楽の傾向を探りつつ、おすすめの数曲をオンエアしました。



    山口:サカナクション以外で、好きな音楽はあるの?

    リスナー:米津玄師さんの「春雷」が好きです。

    山口:はいはい……多分、暗いものに惹かれる傾向にないかな? サカナクションを好きな人って、性格が暗いとかじゃなくて、心の中の影の部分を愛している人が多い気がするんだよね。米津くんを好きな人にもそういう傾向があるよね。だから、底抜けに明るいものよりも、どこか影を感じるものに自分を投影しやすいっていうか……そういう感じがするけどね。

    リスナー:あ~。クラスに米津さんが大好きっていう人がいるんですけど、その人は周りと比べてみたら、めちゃくちゃはしゃいでいる感じではないなって思います……。

    山口:さすが、冷静だな(笑)。先生(山口)も、実は中学校の頃とか高校生の頃もそうなんだけど、自分が本当に好きだと思っていた音楽を周りと共有できなかったんだよね。
    小学校の頃なんて、みんな光GENJIとか……今でいう、嵐みたいな。そういうものをみんなが好きだっていう中で、先生は友部正人さんっていう、暗いフォークシンガーの音楽が好きだったんだよね。
    他にもイルカさんっていうフォークシンガーだったり。そういう音楽をひたすら弾いて歌っていたから、やっぱり共有できなかったんだよね。
    でも、光GENJIとか他の人の曲を聴くと、その中で自分が好きな曲や自分が好きなミュージシャン見つかってくるんだよね。自分の傾向が見えてくるっていうか。
    何でもいいからとりあえず聴いてみて引っかかるものがあったら、「この曲は好き」、「この曲は好きじゃない」とかを振り分けてみると、もっといろんな音楽が見つかっていくきっかけになると思うね。



    学生時代の経験を踏まえてアドバイスをした山口でしたが、リスナーはそもそもどんな曲から聴いてみたらいいかがわからないとのこと。
    そこで、山口自身が影響を受けたという楽曲を紹介しました。

    ◆スピッツ「涙がキラリ☆」
    スピッツは、『ハチミツ』っていうアルバムから聴き始めたらいいと思うよ。『ハチミツ』は、1995年のアルバムなんだけど。先生たちが高校生の時かな……このアルバムはきっと好きだと思う。

    ◆小沢健二「ラブリー」
    (この曲が収録されている)『LIFE』は本当に好きだったな。小沢健二さんの2枚目のアルバムで、1994年に発売されている。先生たちの世代の青春だよね。スピッツも小沢健二さんもね。サカナクションが理解できているなら、オザケンさんの世界観もスピッツの世界観も理解できると思うな。良いよ、本当に。

    ◆ユニコーン「すばらしい日々」
    ユニコーンですごく好きなのは、「デーゲーム」と「すばらしい日々」っていう曲。めちゃくちゃかっこいいんですよ。歌詞の世界観は、会社員とか新入社員とかの感じ……大学生、社会に出たての人たちがぐっとくる感じなんだよね。でも、多分聴いたら分かると思う。

    ◆Oasis「Wonderwall」
    これはすごく影響を受けたね。僕ら世代のロック好きは、絶対聴いていたって感じかな。

    ◆Radiohead「Paranoid Android」
    オルタナの巨匠。ちょっと変則的で苦手な人も多いけどね。僕は『OK Computer』っていうアルバムに影響を受けて、「目が明く藍色」っていう曲を作ったんだよね。
    これはもう、研究するために聴いていた感じだったけど、聴いたり歌詞の訳を見たりすると面白いかもしれないね。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190316-00010012-tokyofm-ent

    【スピッツ、ユニコーン、小沢健二・・・サカナクション山口が10代に紹介。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    images (1)


    1: ひかり ★ 2019/03/17(日) 11:37:03.87 ID:rd3n6fN89
     お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志(55)が17日、フジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。元恋人との不倫を告白した
    元モーニング娘。の歌手、後藤真希(33)について言及した。

     松本は後藤の話題になると「前から思うんですけど、奥さんって旦那が浮気、不倫したら言うじゃないですか。なんなら子どもにも言うし、
    親にも友達にも言うじゃないですか。男って言わないよね」と持論を展開し、後藤の夫(30)が不倫相手の男性(28)を提訴し係争中であることに
    「思うのは子どもに知らせてしまったらかわいそうってこと。わざわざどうして公にしてしまうのか、同じ男して分からないところがある」と
    首をかしげた。

     この騒動を「どうでもいい」と一刀両断していた千原せいじ(49)も「今回(心配に)思うのもお子さんがおられるってそこだけですもんね」と同調。
    松本は「男は嫁が不倫しても誰にも言わんと、子どもには俺が悪いねんって言って別れるよね。泣けるわ~。こんなん言ったら俺が不倫されているみたい…」と
    笑いを誘っていた。

    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190317-00000133-spnannex-ent

    【松本人志、ゴマキ不倫騒動で夫の提訴に疑問。「子どもに知らせてしまったらかわいそう。」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    images


    1: 豆次郎 ★ 2019/03/17(日) 14:49:33.14 ID:4y2/29VX9
    [2019年3月17日13時30分]

    故マイケル・ジャクソンさんの娘パリス・ジャクソン(20)が16日、自殺を図り、病院に入院したことがわかった。

    米情報サイトTMZによると、パリスは午前7時半ごろ、ロサンゼルス市内の自宅で手首を切り、警官や救急隊員らが現場に駆けつけた後、病院に搬送され、精神病棟に監禁されたという。同日午後には退院したが、現在は担当医師らに付き添われ、自宅で休養中のようだ。

    パリスに近い情報筋によると、自殺未遂の理由は、最近、米国内で放送された父マイケルさんに関するドキュメンタリー番組「Leaving Neverland」で、2人の男性らが子供時代に、マイケルさんに性的虐待を受けたとして告発したことだという。

    関係者がTMZに語ったところによると、パリスは同番組を観ておらず、父親の無実を固く信じているらしい。また、15日、「公の場で父マイケルさんの弁護をするべきではないか」と非難するコメントに対し、「父を弁護することは私の役割ではない」とツイートしていたという。

    パリスは2013年にも自殺未遂を図っており、うつ病との闘いについてもインタビューなどで赤裸々に告白している。(ニューヨーク=鹿目直子)

    https://www.nikkansports.com/m/entertainment/news/201903170000289_m.html?mode=all
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/img/201903170000289-w500_0.jpg 
    201903170000289-w500_0

    【マイケル・ジャクソンさんの娘、パリス・ジャクソンさん(20)が自殺未遂、自宅で休養か。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード


    1: 湛然 ★ 2019/03/18(月) 04:56:25.50 ID:b0VvBcWy9
    3/18(月) 3:01配信 スポニチアネックス
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190318-00000001-spnannex-ent
    https://amd.c.yimg.jp/im_siggSuDaEs9YOtyy3x6S9ghz_Q---x568-y900-q90-exp3h-pril/amd/20190318-00000001-spnannex-000-3-view.jpg

     ロック歌手で映画俳優としても活躍した内田裕也(うちだ・ゆうや、本名内田雄也)さんが17日、東京都内で死去した。79歳。兵庫県西宮市出身。17年11月に脱水症状で倒れてから車椅子生活を余儀なくされていた。18年9月15日に妻で女優の樹木希林さん(享年75)に先立たれ、喪失感が消えない中での死となった。都知事選出馬など常に話題を提供し続けたロック界のカリスマだった。

     希林さんの死から半年、波乱に満ちた“ロケンロール人生”に幕が引かれた。年明けから体調が悪化し、17日に天に召された。1995年に俳優の本木雅弘(53)と結婚した長女の也哉子(43)らが裕也さんの遺体に寄り添っていた。

     晩年は病気やケガと闘う日々が続いた。16年11月に英国ロンドンのホテルの浴室で転倒し、尾てい骨を強打。17年夏には転倒して右足甲を骨折。さらに同11月に脱水症状を起こして緊急入院するなど、満身創痍(そうい)だった。

     完全復帰を目指してリハビリに励んできたが、日増しに体力は低下。自身が主催する恒例の年越しライブ「ニューイヤーロックフェスティバル」にも17~18年からは車椅子で出演。執念で立ち上がり、熱唱する状況が続いていた。12年から毎年欠かさず参列していた3月11日の東日本大震災の追悼式も今年は欠席していた。

     エルビス・プレスリーに憧れて高校を中退し、1957年にバンドボーイとして音楽活動をスタートさせた。幾つかのバンドを渡り歩き、66年のビートルズ日本公演では尾藤イサオ(75)らとの特別編成のバンドで前座を務めた。

     同年、大阪のジャズ喫茶「ナンバ一番」で活動していた沢田研二(70)らをスカウト。これが後のザ・タイガースとなった。67年には麻生レミをボーカルに据えて結成したフラワーズにジョー山中さんらが参加し、フラワー・トラベリン・バンドとして再編成。アルバムがカナダチャートで8位を記録するなど海外でも活躍し、邦楽ロックの礎を築いた。

     70年代からは映画俳優としても活躍。崔洋一監督の「十階のモスキート」(83年)、自ら脚本を手掛けた滝田洋二郎監督の「コミック雑誌なんかいらない!」(86年)など話題作に主演した。  私生活では故かまやつひろしさんの紹介で出会った希林(当時悠木千帆)さんと73年10月にスピード結婚。裕也さんの家庭内暴力などもあり、1年半で別居生活に入った。81年には一方的に離婚届を提出。希林さんが訴訟を起こし離婚成立を阻止する一幕もあった。

     別居生活は43年半にも及び、裕也さんは大麻取締法違反(77年)、銃刀法違反(83年)、そして強要未遂と住居侵入容疑(11年)と3度の逮捕歴を重ねた。それでも離婚には踏み切らなかった。

     2人にとってお互いは特別で最愛の存在だった。長女の也哉子が離婚しない理由を聞いた際に希林さんは「彼にはひとかけらの純なものがあるから」とし、一方の裕也さんも「一生頭が上がらない」と話していた。

     91年には東京都知事選に出馬。政見放送で「パワー・トゥ・ザ・ピープル」と「コミック雑誌なんかいらない!」を歌うなど自由奔放な人生を貫き「シェキナベイベー」の名言も残した。

     ◆内田 裕也(うちだ・ゆうや)1939年(昭14)11月17日生まれ、兵庫県出身。神戸のジャズ喫茶でならし、エルビス・プレスリーに憧れて上京。58年にブルージーン・バップスを結成し59年にデビュー。渡辺プロ退社後の67年からヨーロッパを1年あまり放浪。帰国後、日本ロックの振興に大きく貢献した。阪神大震災、東日本大震災発生後はいち早く被災地に入り、ジョー山中さんや安岡力也さんら“ファミリー”を引き連れ炊き出しなどを行った。


    前スレ(★1=2019/03/18(月) 03:07:01.78)
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1552846021/

    【内田裕也さん、死去。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (6)


    1: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 20:42:51.32 ID:vhQHsRkD0
    1.(二) AKB五輪開会式出演説? 頼むから恥ずかしくない開会式にして

    2.(遊) 指原のHKT卒業とかなんで大々的に報道するの?ファン以外興味なくない?

    3.(中) AKBは別に歌も上手くないしスタイルも良くない

    4.(三) AKB嫌いだからAKBとの仕事は極力断ってる

    5.(一) 秋元康はアイドルの格を下げた

    6.(左) 文春はAKBみたいなクソアイドルの悪口記事書いて金稼いで恥ずかしくないの?

    7.(右) 欅坂46平手友理奈が山口百恵の再来?(笑)誰がこんなこと言ってんの?(笑)

    8.(捕) AKBの歌詞みたいな気持ち悪いオタク向けの歌詞なんて
    多くの日本国民は1ミリも心に刺さらない

    9.(指) (NGT48について)新潟には元々negiccoが居るんだから邪魔すんなよ! そもそもNMB SKE HKTと来たら普通に考えて次は札幌だよね?

    【マツコ「AKB系列みたいなクソアイドル大嫌い。頼むから五輪開会式には出さないで。」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード


    1: 湛然 ★ 2019/03/15(金) 23:11:18.03 ID:33iCdIRj9
    2019/03/15 20:25
    プライマル・スクリーム、シングル・コンピ盤『Maximum Rock 'N' Roll』発売

    プライマル・スクリーム(Primal Scream)は、シングル曲をまとめた新しいコンピレーション・アルバム『Maximum Rock 'N' Roll: The Singles』を海外で5月24日に発売します。CD2枚組版、デジタル版に加え、2種類のアナログレコード2枚組版『Maximum Rock 'N' Roll: The Singles Volume 1 1986-2000』『Maximum Rock 'N' Roll: The Singles Volume 2 2000-2016』も発売します。

    アルバムには、全11枚のオリジナル・スタジオ・アルバムから30曲を収録。さらに、英NME誌が1986年にリリースしたコンピレーション・カセット『C86』に収録されていた「Velocity Girl」を加えた計31曲を最新リマスター音源にて収録。

    ボビー・ギレスピーは「1985年のデビュー作“オール・フォール・ダウン”からというもの、僕たちはシングルを美的な選択肢ととらえてアプローチしてきた。バンドとしての僕たちの意思表示としてね」「僕たちはラジオから(デヴィッド・ボウイの)“サフラジェット・シティ”や(T・レックスの)“メタル・グルー”が流れてくる中で育ってきた。セックス・ピストルズの4枚のシングルは素晴らしかった。PiL(パブリック・イメージ・リミテッド)の“パブリック・イメージ”は他のどんな曲とも違って聞こえた。プリンスやマドンナは見事なヒット曲を生み出してきた。そういうのが僕たちのアプローチであり続けたんだ。僕は昔からトップ40もののポップ・ラジオが大好きだったし、ザ・フーの『ミーティ・ビーティ・ビッグ・アンド・バウンシィ』みたいなグレイテスト・ヒッツ・アルバムが大好きなんだ。アラン・マッギーが「ハイヤー・ザン・ザ・サン」についてこんなことを言っていたのを憶えているよ。これはヒットにはならないだろうけど意思表示にはなるだろうってね。素晴らしいシングルは世の中に出て、主流じゃない考え方もあるってことを人々に見せることができる。孤独感を和らげてくれるんだ」とコメントしています。

    ■『Maximum Rock 'N' Roll: The Singles』[CD]

    [CD1]
    1. Velocity Girl(「Crystal Crescent」B面 1986年)
    2. Gentle Tuesday(『Sonic Flower Groove』 1987年 )
    3. Imperial(『Sonic Flower Groove』 1987年)
    4. Ivy Ivy Ivy(『Primal Scream』 1989年)
    5. Loaded(『Screamadelica』 1991年)
    6. Come Together(『Screamadelica』 1991年)
    7. Higher Than The Sun(『Screamadelica』 1991年)
    8. Don’t Fight It, Feel It(『Screamadelica』 1991年)
    9. Movin’ On Up(『Screamadelica』 1991年)
    10. Rocks(『Give Out But Don't Give Up』 1994年)
    11. Jailbird (『Give Out But Don't Give Up』 1994年)
    12. (I’m Gonna) Cry Myself Blind(『Give Out But Don't Give Up』 1994年)
    13. Kowalski(『Vanishing Point』 1997年)
    14. Star(『Vanishing Point』 1997年)
    15. Burning Wheel(『Vanishing Point』 1997年)
    16. Swastika Eyes(『XTRMNTR』 2000年)
    17. Kill All Hippies(『XTRMNTR』 2000年)

    [CD2]
    1. Accelerator(『XTRMNTR』 2000年)
    2. Miss Lucifer(『Evil Heat』 2002年)
    3. Autobahn 66(『Evil Heat』 2002年)
    4. Some Velvet Morning (with Kate Moss)(『Evil Heat』 2002年)
    5. Country Girl(『Riot City Blues』2006年)
    6. Dolls (Sweet Rock and Roll)(『Riot City Blues』 2006年)
    7. Sometimes I Feel So Lonely(『Riot City Blues』 2006年)
    8. Can’t Go Back(『Beautiful Future』 2008年)
    9. Uptown (Weatherall mix)(『Beautiful Future』 2008年)
    10. 2013(『More Light』 2013年)
    11. It’s Alright, It’s OK(『More Light』 2013年)
    12. Goodbye Johnny(『More Light』 2013年)
    13. Where the Light Gets In (With Sky Ferreira)(『Chaosmosis』 2016年)
    14. 100% or Nothing(『Chaosmosis』 2016年)


    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    https://pbs.twimg.com/media/D1snbiaWoAAteXs.jpg
    D1snbiaWoAAteXs

    http://amass.jp/118255/

    【『プライマル・スクリーム』、シングル・コンピ盤『Maximum Rock 'N' Roll』発売。】の続きを読む

    このページのトップヘ