メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    音楽関係を中心にしたエンタメ関連のまとめブログ

    2019年03月

    ダウンロード (1)


    1: 湛然 ★ 2019/03/21(木) 22:42:49.88 ID:C01/e0Nb9
    2019.3.20 19:18 BARKS
    リンゴ・スター、スティーヴ・ルカサーとスタジオ入り

    リンゴ・スターがニュー・アルバムの制作を開始した。TOTOのギタリストで、リンゴ・スター&ヒズ・オール・スター・バンドにも参加するスティーヴ・ルカサーとスタジオに入ったことを報告した。

    リンゴは先週、ルカサーとピース・サインの2ショットをTwitterに投稿し、「偉大なスティーヴ・ルカサーと再びスタジオで。なんて奴。ピース&ラブ」とつぶやいた。

    前作『Give More Love』(2017年)のレコーディング・エンジニア、ブルース・シュガーも、「スタジオでのまた素晴らしい一日…」と3人の写真をFacebookに投稿している。

    『Billboard』誌によると、リンゴのスポークスマンは、彼が「この数ヶ月、ニュー・アルバムに取りかかっている」と認めたという。

    前作『Give More Love』には、ルカサー、ポール・マッカートニー、ジョー・ウォルシュ、ピーター・フランプトン、デイヴ・スチュワート、ジェフ・リン、エドガー・ウィンターらが参加した。

    リンゴ・スター&ヒズ・オール・スター・バンドは間もなく、日本ツアーを開催する。福岡(3月27日)、広島(29日)、仙台(4月1日)、福島(2日)、東京(3、5、6、7日)、名古屋(9日)、大阪(10、11日)で公演を開く。

    リンゴ、スティーヴ・ルカサー、グレッグ・ローリー、コリン・ヘイ、ヘイミッシュ・スチュワート、ウォーレン・ハム、グレッグ・ビソネットのラインナップでパフォーマンス予定。

    Ako Suzuki


    https://img.barks.jp/image/review/1000165653/001.jpg
    001

    https://www.barks.jp/news/?id=1000165653

    【リンゴ・スター、スティーヴ・ルカサーとスタジオ入り。「ルカサーの顔がデカすぎ。」と話題。】の続きを読む

    ダウンロード (2)


    1: シャチ ★ 2019/03/21(木) 22:46:34.71 ID:qKXpGy699
    THE 夏の魔物が3月31日に行われる東名阪ツアー「THE 夏の魔物 TOUR 2019 東名阪の魔物」のツアーファイナルをもって解散する。

    バンドのフロントマンであり、ロックフェス「夏の魔物」の主催者でもある成田大致は、昨年すべてをやめようと思うほど疲弊していたが、今回こそフェスを成功させたいという気持ちになってきたと述べ、「夏の魔物フェスを存続させようと踏ん切りをつけたときに、THE夏の魔物にも区切りをつけて前に進んだ方がいいのではないかという結論に達しました」と解散の理由を説明。成田は4月から新しいバンドでライブを行うという。より詳しい内情はWebマガジン「StoryWriter」に掲載されたインタビューで語られている。

    ■ THE 夏の魔物 TOUR 2019 東名阪の魔物(※終了分は割愛)
    2019年3月21日(木・祝)愛知県 CLUB ROCK'N'ROLL
    <出演者>
    THE 夏の魔物 / GASOLINE / and more

    2019年3月31日(日)東京都 CLUB LINER
    <出演者>
    THE 夏の魔物 / FRSKID / スケルトンズ
    ゲスト:花田裕之

    ■ 成田大致 コメント
    突然のことで驚かせて申し訳ありません。詳しくは西澤さんのロングインタビューで語らせていただいたので是非読んでいただきたいです。

    これまで10年以上フェスも続けて、音楽活動も気づいたら17年以上やっていますが、
    走り続けることに疲れて、昨年すべてをやめる腹づもりでいました。
    フェスどうしよう…と毎年この時期は悩むのですが、やるなら今回こそしっかりハンドリングし絶対に成功させたい、来てくれるみなさんがもっと楽しんでくれるフェスを作りたい、という気持ちになってきました。

    THE夏の魔物に関しては、上京しSILLYTHINGから沢山の作品を作ってきましたが、
    昨年西さんと、エンジニアの中野さんとで時間をかけて作ったアルバムで、一つの到達点に達し、最高傑作が作れた自信があります。
    どの作品も愛着はあるのですが、これからの方向性とは、ズレが生じ、それについても長く悩んでいました。
    夏の魔物フェスを存続させようと踏ん切りをつけたときに、THE夏の魔物にも区切りをつけて前に進んだ方がいいのではないかという結論に達しました。
    ここまで来れたのは自分一人の力ではなく、出会った人すべてのおかげです。これまで魔物に携わってくださった方々、本当にありがとうございました。
    THE 夏の魔物の最後のライブは自分の人生に多大なる影響を与えた一人である花田裕之さんと一緒に音を鳴らします。ぜひいらしてください。

    3/20(水) 20:01配信 音楽ナタリー
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190320-00000137-natalien-musi
    画像
    成田大致(photo by jumpei yamada)
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20190320-00000137-natalien-000-0-view.jpg 
    20190320-00000137-natalien-000-0-view

    【『THE 夏の魔物』、今月で解散。】の続きを読む

    images


    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/01/03(木) 15:06:29.076 ID:s1x075Dk0
    大学生→DragonForce

    どんなimage?

    【俺の音楽歴。小学生→『ワンオク』 中学生→『マキシマムザホルモン』 高校生→『SOUL'd OUT』】の続きを読む



    1: 湛然 ★ 2019/03/19(火) 22:46:45.18 ID:E7U4LIhg9
    Angie Martoccio |2019/03/19 19:00
    Rolling Stone Japan
    ニルヴァーナ、パール・ジャム、サウンドガーデン、90年代グランジシーンの秘蔵写真が公開

    Henry Diltz/Morrison Hotel Gallery

    全盛期のシアトル・シーンを記録した写真展『グランジ:ライズ・オブ・ア・ジェネレーション』が、ニューヨークのモリソン・ホテル・ギャラリーで開催中だ。
    展示されている貴重な写真の数々を、フォトグラファーのコメントとともに紹介する。

    (中略)

    カート・コバーン(ヘンリー・ディルツ撮影)
    1993年12月にニルヴァーナの最後のロサンゼルスのライブで演奏するカート・コバーン。後ろの『イン・ユーテロ』ツアー用の小道具である翼の生えたマネキンは人体の構造に夢中になっていたコバーンの案である。「たぶん俺は心の底では医者か何かになりたいと思っているんだと思う」と彼はその年に言っていた。
    https://images.rollingstonejapan.com/articles/30000/30254/wysiwyg/b8ce5e3588e77a155ce11311ba8a9c2f.jpg
    b8ce5e3588e77a155ce11311ba8a9c2f

    カート・コバーン(ジェシー・フローマン撮影)
    1993年、ニューヨークのオムニ・ホテルでエビアンを飲むコバーン。「そのうち彼は水を吹き出すようになったんだ。そうしながら写真を取られるのを楽しんでいたよ。小さい子どものようにね」とフローマンは振り返る。
    https://images.rollingstonejapan.com/articles/30000/30254/wysiwyg/0edc9ab39ba9a02985fcd5d058aee33a.jpg
    0edc9ab39ba9a02985fcd5d058aee33a

    (中略)

    1992年のエディ・ヴェダー
    ヴェダーはライブ中にステージの上に登ってぶら下がることで有名になっていた。「あのライブは実際、他のに比べたらおとなしいライブだったよ」と、1992年のドロップ・イン・ザ・パークでの彼らの伝説的なライブを振り返る。1991~1995年までパール・ジャムの専属フォトグラファーとして一緒にツアーを回っていたマーサーはバンドが巨大な成功を掴んでいくのを目の当たりにしてきた。「この時だよ、こんなすごいことだったんだって気づいたのは。めちゃくちゃたくさんの人がいたからね」と彼は語る。
    https://images.rollingstonejapan.com/articles/30000/30254/wysiwyg/86a3950abd45a4647db46f50551c7035.jpg
    86a3950abd45a4647db46f50551c7035

    (中略)

    パール・ジャム(ダニー・クリンチ撮影)
    2013年にリグレー・フィールドで演奏するパール・ジャム。「メンバーとの関係は重要だ。彼らが“スイート・スポット”と呼ぶドラムやアンプの後ろに行くことを許してもらって、バンドのメンバーとオーディエンスと会場が繋がっているその瞬間を撮ることができるわけだからね。それが大きいとか小さいとかは関係ない」とフォトグラファー、ダニー・クリンチはローリングストーン誌に語る。
    https://images.rollingstonejapan.com/articles/30000/30254/wysiwyg/511547f60fdf815f43e564e722302699.jpg
    511547f60fdf815f43e564e722302699

    クリス・コーネル(ダスティン・ラビン撮影)
    ラビンは長年に渡って何度もサウンドガーデンを見てきた。「なぜこの写真にすごく惹かれるのかは自分でもわからない。自分がサウンドガーデンを愛す理由を思い出させてくれるあの夜の感覚が具現化されているんだ」と、2013年のトロントでのコーネルのライブを振り返る。
    https://images.rollingstonejapan.com/articles/30000/30254/wysiwyg/d9e662328395888a7758b121fb891ea4.jpg
    d9e662328395888a7758b121fb891ea4

    (中略)

    アリス・イン・チェインズ(カレン・メイソン・ブレア撮影)
    1990年、アリス・イン・チェインズの(左から)マイク・スター、レイン・ステイリー、ジェリー・カントレル、ショーン・キニー。「当時のシアトルのヴァイブはまさに家族みたいな感じだったわ。例えば、カントレルはうちのソファーでよく寝てた、とかね」とブレアは語る。
    https://images.rollingstonejapan.com/articles/30000/30254/wysiwyg/cdf33131c567b31aac26d4ed83dbdc85.jpg
    cdf33131c567b31aac26d4ed83dbdc85

    コートニー・ラヴ(クレイ・パトリック・マクブライド撮影)
    レコーディング中にタバコ休憩を取るコートニー・ラヴ
    https://images.rollingstonejapan.com/articles/30000/30254/wysiwyg/a8ef2518831a3ab1bc13381e54676b9b.jpg
    a8ef2518831a3ab1bc13381e54676b9b


    ※引用元サイトにてその他の画像もご覧になれます。
    https://rollingstonejapan.com/articles/detail/30254

    【『ニルヴァーナ』『パール・ジャム』『サウンドガーデン』、90年代グランジシーンの秘蔵写真が公開。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/03/19(火) 09:25:29.72 ID:CJkU4hLJ9
    橋本環奈のマネジャーが更新するインスタグラムに投稿された写真が、大きな反響を呼んでいる。

    3月12日、《今日は、テレビジョン連載オフショットをシェアします》というコメントとともに、3枚の写真が掲載された。

    1枚目はワイングラスを持ち、カメラに向かって軽く微笑む橋本。
    2枚目は背中を大胆に開いたドレスを着た橋本の後ろ姿。
    3枚目は何やら真剣な表情でワイングラスを傾けている橋本の姿だ

    https://img-mdpr.freetls.fastly.net/article/h5Ys/nm/h5YsrIC2FSzLVBgYZL5sZHvh6JAPD57L5qq94x1lU2I.jpg 
    h5YsrIC2FSzLVBgYZL5sZHvh6JAPD57L5qq94x1lU2I

    https://mag.moe/wp-content/uploads/2019/03/53315616_2296703593899308_1960858097804085509_n.jpg 
    53315616_2296703593899308_1960858097804085509_n

    https://image.itmedia.co.jp/nl/articles/1903/12/cover_news103.jpg
    cover_news103

    https://mag.moe/wp-content/uploads/2019/03/52917244_832269627110336_8601268638483447936_n.jpg 
    52917244_832269627110336_8601268638483447936_n


    この投稿には約13万7千以上「いいね!」が付き、コメント欄には「嗚呼、女神様~。真剣に見つめてワインを酔わす気ですか?」
    「いつの間にか素敵な大人の女性になってる」「こんなに美しいお背中は見たことがありません」
    「顔も背中もきれいとは素晴らし過ぎるわ…」「かわい過ぎて鼻血出そう」「背中がすこぶるセクシー過ぎて! おっふ」と大絶賛の声が寄せられている。


    ?一般人レベル”のスタイルが話題に
    しかし、匿名掲示板には、

    《残念ながらたくましさが隠せてない》
    《どっしりと構えております。ハシカン様》
    《かんなちゃん大好きだけど後ろ姿たくましいなw》
    《オカン体型》
    《背中というか腰のあたりのワイドさに親近感が湧く》

    など、橋本のスタイルが一般人並みだと指摘する声が相次いでいた。

    「かねて〝ぽっちゃり化〟がウワサされている橋本ですが、完璧じゃないところもまた、彼女の魅力なのでしょうね。
    2月3日に20歳となり、ついにお酒が解禁となった橋本は、3月のイベントでお酒について質問された際に、『映画とか、ドラマとかの打ち上げでお酒が飲める。
    今まではウーロン茶とかオレンジジュースで乾杯してたので楽しみ』『撮影がこの前クランクアップして、スタッフやキャストみんなで集まってビールを飲みました。
    〝仕事終わりのビールってこういうことか!〟って身にしみて思いました』と、さっそくお酒を楽しんでいることを明かしていました」(芸能記者)

    ビール腹の橋本も、魅力的かもしれない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1737577/
    2019.03.19 07:30 まいじつ

    https://img-mdpr.freetls.fastly.net/article/zyvs/nm/zyvsJ9XyYi9s9F24vUY581zalmPOJ6p77YLbulUlmoU.jpg 
    zyvsJ9XyYi9s9F24vUY581zalmPOJ6p77YLbulUlmoU

    https://www.rbbtoday.com/imgs/p/5Mv003Y5bG8YWlzdSjWJq4VMdEMsQ0JFREdG/570563.jpg 
    570563


    【橋本環奈“背中丸出し”ショットに反響。「オカン体型。」「親近感湧く。」 】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: 神々廻 ★ 2019/03/19(火) 20:31:27.01 ID:ZLM1Vcbc9
    〝遊助〟こと上地雄輔の歌手活動10周年記念ライブで、かつて上地が所属していたユニット『羞恥心』が一夜限りの再結成をした。

    ここで、久々に野久保直樹の姿を見たという人が続出し、その現況に注目が集まっている。

    野久保は番組を去った翌10年にツイッターを開設。ツイート数は現在までで1万件にも満たないほどスローペースだが、近況が知られるツールとしてファンの間では重宝していた。15年にはインスタグラムも開設し、主に全身コーディネートをアップするファッション系インスタグラマーに。ただ、その服装はかなり〝オラついた〟系統となっており、以前の好青年像とは違ったアブないニオいも漂っている。

    「ここ2年ほどの活動を見ると、役者としての仕事が年に数本ある程度。時には学生向けの講演も行うようですが、SNSではスポーツやファッションなどプライベートに関する投稿がかなり目立つ状態ですね」(同・ライター)

    今年に入ってからは、『美rush up』というYouTubeチャンネルで肉体改造に挑戦する動画に出演。しかし、チャンネル登録者はわずか500人程度で、再生回数も〝羞恥心再結成〟で注目されながら最高9000回ほどという寂しさに終わっている。総評すると、芸能活動には苦戦を続ける反面、のびのびと自由に過ごす〝趣味人間化〟していると言っていいだろう。

    https://myjitsu.jp/archives/78481

    【元『羞恥心』野久保直樹の現在に衝撃。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: ニーニーφ ★ 2019/03/18(月) 17:49:35.05 ID:vvTMnH9n9
    矢沢永吉 内田裕也さん悼む「よぼよぼになっても、もっと生きてほしかった」

     ロック歌手で映画俳優としても活躍した内田裕也(うちだ・ゆうや、本名内田雄也)さんが17日、東京都内の病院で死去した。79歳。
    兵庫県西宮市出身。17年11月に脱水症状で倒れてから車椅子生活を余儀なくされていた。
    18年9月15日に妻で女優の樹木希林さん(享年75)に先立たれ、喪失感が消えない中での死となった。

     訃報を受け、ロック歌手の矢沢永吉(69)は追悼のコメントを発表。
    「裕也さんがいなくなるってさみしいですね。
    じいさんになっても、よぼよぼになっても、もっと生きてほしかったです。心よりご冥福をお祈りいたします」と悼んだ。

    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/03/18/kiji/20190318s00041000174000c.html

    【矢沢永吉「裕也さんがいなくなるってさみしいですね。よぼよぼになっても、もっと生きてほしかった。」】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: 湛然 ★ 2019/03/19(火) 22:00:44.80 ID:E7U4LIhg9
    2019年3月18日 13:48
    森田童子を追悼「夜想忌2」にあがた森魚、YO-EN、筋少の内田雄一郎ら

    森田童子の追悼イベント「夜想忌2 ~みんな夢でありました~ 森田童子一周忌」が4月20日に東京・ロフトプラスワンで開催される。

    「夜想忌」は昨年4月に森田が亡くなったことを受け、同年7月に初開催された。今回はあがた森魚、内田雄一郎(筋肉少女帯)、YO-EN、映画監督の高橋伴明、小説家の綾辻行人が出演。トークのほか高橋監督の映画作品の上映、トリビュートライブなどが行われる。チケットはイープラスにて3月23日12:00に販売開始。

    ◆夜想忌2 ~みんな夢でありました~ 森田童子一周忌

    2019年4月20日(土)東京都 ロフトプラスワン
    <出演者>
    高橋伴明 / 綾辻行人 / あがた森魚 / 内田雄一郎(筋肉少女帯) / YO-EN

    ◆出演者コメント
    高橋伴明
    森田童子を聞くことは、そして語ることは、あの傷だらけの青春の日々に還ることだ。

    綾辻行人
    森田童子の歌の自分にとっての特別さを、昨年の訃報に接して痛感した。少しでも想いを語れれば、と思う。

    あがた森魚
    森田童子の童子って名前がいい。同時代同志のワラシという気がする。そんな親しみのある森田童子を語りたい。

    内田雄一郎
    森田童子さんの曲を電子音楽で演奏しています。地平線の向こうにある優しさをシンセサイザーで表現できたらと思っております。

    YO-EN
    私にはかけがえのない夜になるでしょう。森田童子さんの歌を精一杯尽くして歌う。それが私にできること。


    ※画像は引用元サイトにてご確認ください。
    https://natalie.mu/music/news/324326

    【『森田童子』を追悼。「夜想忌2」にあがた森魚、YO-EN、筋少の内田雄一郎ら。4/20 東京・ロフトプラスワンにて。】の続きを読む

    images (4)


    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/03/19(火) 06:09:58.52 ID:CJkU4hLJ9
    東京・恵比寿の路地裏に真っ赤なポルシェが止まった。3月14日、ホワイトデーの夜9時前のこと。
    誰かに電話をして、5分ほど停車した後に急発進。表通りで待ち受けていた美女を素早くピックアップして、マスク姿の田原俊彦(58)はまた車を走らせた。

    助手席に乗った20代後半とおぼしき華やかな女性は、全身ブランドものを身につけている。
    「アリスアンドオリビア」のファーコート、「ディオール」のバッグに「クリスチャンルブタン」のパンプスという鮮やかなコーデが目を引く。

    15分ほど走った田原の車から先に降り立った女性が向かったのは、和食店。よく見ると「ミュウミュウ」の紙袋を手にしていた。
    田原からのプレゼントだろうか。田原は車を駐車場に止めてから、時間差で和食店に入っていった。

    田原は93年10月に元『CanCam』モデルの向井田彩子(47)と結婚。2女を授かった。

    3月1日、田原は『あさイチ』(NHK総合)に生出演し、40周年を記念した10分に及ぶスペシャルメドレーを歌い踊った。
    58歳、成人した2人の娘の父親とは思えぬ圧巻のパフォーマンスだった。

    その後、田原の33歳のときのインタビュー映像が流れ、「コンサートはいつまで続ける?」との質問に「肉体と魂がある限りは歌って踊っていきたい。50歳でいいです」と回答していた。
    現在の田原にMCが同じ質問をすると、「まだローンがだいぶ残っております……」と苦笑いしながら、
    「僕が止まったら終わっちゃうんでね」と力強く語っていた。

    入店から1時間余り。またも数分の時間差で別々に店を出た2人。今度は田原が先に出た。
    周囲を警戒しながら、くわえたばこで店から少し歩いたところにあるコインパーキングへ。遅れてきた女性と合流して車に乗り込んだ。

    しばらく車を走らせると、田原は突如、右折したり左折したり、行く先をごまかそうとする運転に変わった。
    われわれの動きに気づいたのだろうか。六本木の人気のない路地裏で女性を降ろした。

    ハンドルを握ったままの田原に向かって、女性は名残り惜しそうに笑顔で挨拶。
    田原は車を再発進させると、速度を上げて夜の街に消えていった。この夜も田原は、都内の自宅マンションに帰ることはなかった――。

    所属事務所にこの日のデートについて確認したが「コメントはありません」との回答だった。
    “止まったら終わってしまう”妻子持ちの田原は、どこへ向かうのか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190319-00010001-jisin-ent
    3/19(火) 0:03配信

    【田原俊彦、ポルシェで密会。ブランド美女とホワイトデーの夜。】の続きを読む

    ダウンロード (4)


    1: ひかり ★ 2019/03/19(火) 19:13:24.64 ID:9IwbVy389
     今年2月に無期限で活動を休止した歌手の西野カナが、スポニチ本紙既報の通り19日、結婚を発表した。30歳の誕生日を迎えた18日に婚姻届を提出した。

     「いつも応援してくれる皆さんへ ご報告が遅くなりましたが、私、西野カナは、3月18日に結婚いたしました」と報告。相手について「相手の方は、
    以前からお付き合いしていた一般の方です」と記し、「お互いに助け合い、楽しい家庭を築いていきたいと思います。温かく見守っていただければ幸いです。
    これからもどうぞよろしくお願いします」と思いをつづった。

     関係者によると、お相手は16年に写真誌で交際が報じられた元マネジャーの会社員。16年11月に写真誌でジョギングデートするツーショットとともに
    お泊まり愛が報じられ、目力が強い海老蔵似のイケメンと評された。マネジメント能力が高く、仕事ができると評判だったが、知人は「報道後はマネジャーを
    外れて、現在はカナさんの事務所のグループ会社で働いています」と明かした。

     2月3日に横浜アリーナで開催した休止前のラストライブでは、ファンに「またね!」と元気よく再会を誓った。充実感に満ちた幸せそうな表情に、
    一部のファンの間で「結婚が近いのではないか」と噂になっていた。

     ◆西野 カナ(にしの・かな)1989年(平元)3月18日生まれ、三重県出身の30歳。大学生だった08年2月にシングル「I」でメジャーデビュー。
    10~18年まで9年連続でNHK紅白歌合戦に出場。16年に「あなたの好きなところ」で日本レコード大賞を受賞。17年には平成生まれの女性ソロ歌手として
    史上初のドーム公演を開催。ヒット曲に「Darling」「トリセツ」など。愛称はカナやん。血液型A。

    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190319-00000202-spnannex-ent

    【西野カナ、結婚を正式発表。】の続きを読む

    このページのトップヘ