メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    音楽関係を中心にしたエンタメ関連のまとめブログ

    2019年02月

    images (1)


    1: 朝一から閉店までφ ★ 2019/02/21(木) 14:08:35.26 ID:6isWL4089
    2019年2月20日 22:00
    クリトリック・リス
    https://cdnx.natalie.mu/media/news/music/2019/0108/clitoricris_art201901_fixw_640_hq.jpg 
    clitoricris_art201901_fixw_640_hq

    クリトリック・リスの楽曲「ちゃう」のミュージックビデオがYouTubeで公開された。



    「ちゃう」は本日2月20日にリリースされたニューアルバム「ENDLESS SCUMMER」の収録曲。サラリーマン時代のクリトリック・リスが先輩と東京出張中に経験した禁断の出来事が歌われている。MVのプロデュースはカンパニー松尾、監督はタイガー小堺が務め、
    先輩役を黒田悠斗、後輩役をトルティーヤ鈴木が担当した。本MVの制作にあたって出演可能なチャウチャウ犬を探していたクリトリック・リス。彼が無事チャウチャウ犬を見つけることができたのかどうか、MVを観て確認しよう。



    スギム(クリトリック・リス)コメント

    今回の「ちゃう」のMV制作にあたり、監督からの提案で、チャウチャウ犬を出演させようという事になり、SNSを通じて最近見かけなくなったチャウチャウ犬の捜索が始まりました。
    「高田馬場で見た」という情報を元に高田馬場で張り込みを行ったりもしました。雪がぱらつく中での撮影でした。チャウチャウ犬は見つかったのか?それでは、愛に溢れたMVをご覧ください。


    この記事の画像・動画一覧(全3件)大きなサイズで表示
    https://natalie.mu/music/news/320771

    【『クリトリック・リス』がサラリーマン時代の経験歌うMV公開。カンパニー松尾プロデュース。】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/02/21(木) 13:30:06.41 ID:1ZW4tzCp9
    19日に放送された『バイキング』(フジテレビ系)の中で「ZOZO離れ深刻化、前澤社長改革の功罪」という特集が組まれた。

    番組では、ファッション通販サイトZOZOTOWNに出店していた有名ブランドが次々と撤退し株価が
    急落した旨や、ZOZOの新サービスが有名ブランド撤退を加速させる結果になったことを紹介した。

     この特集の中で、番組司会の坂上忍は終始前澤社長を批判するようなトーン。
    コメンテーターも便乗して痛烈な批判を展開した。

    中でも「(前澤社長の交際相手とされる)剛力彩芽が株式会社ZOZOの面接に参加した」という内容に入ると、坂上がヒートアップ。
    同社広報はこの報道を完全否定しており真偽は不明だが、坂上の批判は止まらなかった。
    「本業よりも違ったところであまりにも影響力を及ぼしすぎて、
    これハリウッドのセレブとかが私生活も含めてオープンにして成功者!というふうに見せるじゃないですか。
    そういう思想がおありになったんですか?この人たちは」と煽るような発言を繰り返した。

    このコメントを受けてタレントのYOUが「40代の若い方たちがグーンと成長してる最中で、過渡期なんでここで大人が
    『ピンチ』とか言ってると恥ずかしい結果になる気がする…」と発言。
    「ZOZOが?」と聞き返す坂上に「うちらが」と、坂上の過激な批判をいさめた。

    坂上は「批判してるわけじゃなくって、でも結果として株価が3分の1になるってことは大きなことだから」と自らをフォロー。
    「それでもYOUさんが言ってるように株価が急上昇する可能性もあるんだから、しばらくは大人しくしてたほうがいいですよね?」
    とサンドウィッチマン冨澤に振り「そりゃそうですよ」と返答させて笑いを取り、その場を収めた。

    この放送内容を受け、ネットでは前澤社長ではなく坂上に対する批判が殺到。
    「調子乗ってるように見える経営者が下手こいたからみんなで嘲笑している姿はクズだな」
    「気持ちよくZOZO叩いてたのにYOUが逆説唱えたら露骨に不機嫌になる坂上。
    そして自分にとって楽しいことを言ってくれそうな冨澤にパス」
    「自分の意見と違うからってYOUさんにキレ気味につっかかる司会者。ほんと見苦しい」などと批判が集中した。

    最近の前澤氏には批判が集まりがちだが、坂上の言動はそれを上回っていたようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1700547/
    2019.02.20 22:30 リアルライブ

    【ZOZO前澤社長に何の恨みが? 坂上忍の異常なバッシングに視聴者から批判。】の続きを読む

    images


    1: 47の素敵な(地震なし) (7級) 2019/01/14(月) 18:40:03.66
    荻野由佳「大人の自覚を」/AKB成人式コメント
    AKB48グループが14日、東京・神田明神で、恒例となった合同成人式を行った。今年は国内外7グループの最多45人が成人を迎える世代。体調不良で欠席したSTU48三島遥香(20)を除き、44人が晴れの舞台で成人の儀式に臨んだ。
    昨年の世界選抜総選挙で4位に入ったNGT48荻野由佳(19)をセンターにした44人は、普段の衣装とはガラリと雰囲気が変わった鮮やかな振り袖姿を披露した。

    各メンバーの成人コメントは以下の通り。
    BNK48大久保美織(20)新成人になったことで、大人の仲間入りをしました。自分の言動に責任持ってそして、私は3カ国語をしゃべれるので、特技を生かして世界でもっと活躍できたらいいなと思います。
    NMB48城恵理子(20)20歳になった実感がまだないんですけれど、12歳からこの活動をさせていただいてて、やっと20歳になったかという感じです。20歳からは寝坊をなくせるよう精いっぱい頑張って起きたい。
    HKT48小田彩加(19)私はまだ19歳なんですけど、もうあと1カ月くらいで20歳になると考えると、違和感があります。自分らしさ、絵を描くのが好きなので、そういうことを発信していける年にしたい。
    NMB48川上千尋(20)20歳になった実感はまだあまり湧いていないですけど、新チームNのキャプテンになったので、仕事の面でも自分の目標としている選抜の面でも、NMB48に革命を起こせるメンバーになりたい。
    HKT48朝長美桜(20)20歳になって憧れていた神田明神で成人式に出られることをうれしく思ってます。HKTとして指原さんが4月に卒業してしまうということで、不安なんですけど、HKTのみんなで埋められるように力を合わせて頑張っていきたい。
    AKB48込山榛香(20)次世代、次世代と言われていたんですけど、20歳になって、キャプテンになって世代交代したんだなとあらためて感じることが多い。成人を迎えてAKB48を自分たちで作っていけるようがんばりたい。
    NGT48荻野由佳(19)私はまだ19歳なんだけど、20歳になるということで、NGT48の大人メンバーの仲間入りをするということで、メンバーを引っ張れるように頑張りたい。
    税金だったり、いろんなことを自分でやらないといけなくなってしまうので、大人としての自覚を持ちたい。あとは20歳になったら、人生初のショートカットに挑戦したいと思います!
    SKE48北川綾巴(20)20歳になって実感が湧いていないけど、10周年迎えて11年目に突入する。新しい風、いい風を吹かせるよう頑張ります。
    NGT48加藤美南(19)明日が誕生日なんです。20歳になるということで、NGT48も先日、3周年を迎えましたし、大人のメンバーとしても、自覚持って頑張りたい。あと、20歳になったら、お父さんとお風呂に入るのをやめたい。

    https://article.auone.jp/detail/1/5/9/108_9_r_20190114_1547441172832597
    01/14 13:38 日刊スポーツ

    【新成人NGT加藤美南、抱負を語る。「20歳になったらお父さんとお風呂に入るのをやめたい。」 】の続きを読む

    images


    1: ばーど ★ 2019/02/21(木) 15:56:34.04 ID:uao2QFZ19
     ロックバンド・GLAYのTERUが18日にインスタグラムで行った生配信が物議を醸している。

     同日夜、TERUはインスタグラムで生配信を行ったが、カメラに映されていた場所は夜景の見える大きな窓が付いた風呂。そこにはTERUの知人と思われる男性3人が缶飲料などを片手に浴槽に浸かっており、盛り上がっている様子が映されていた。TERUはカメラを持ったまま男性らに近づいたが、その際、浴槽に浸かった男性の股間が丸見えになる状態に。配信は1分ほどで終了したものの、TERUは笑って撮影していた。

     生配信された動画は、それから数分ほどアーカイブされTERUのアカウントから見られる状態になっていたものの、その後削除。とはいえ、少なくない数のファンがその動画を見てしまうことに。ファンからも「怒りを通り越して恥ずかしすぎる」「GLAYの25周年を汚さないで」「こんなことばっかりやるんだったらSNSもうやめて」といった批判が相次いで聞かれている。

     「TERUといえば、先月8日、ツイッターで飛行機遅延に対する不満をぶつけ、ネット上で物議に。『安全最優先で遅延になってるのに…』『クレーマーじゃん』といった声が聞かれました。SNSの印象が悪くなっていた中でのこの不祥事なだけに、『ネットリテラシー勉強して』『誰かTERUにSNSの使い方教室開いてほしい』『TERUさん、しくじり先生にいつか出演するな』という皮肉めいた声まで聞かれています」(芸能ライター)

     騒動後の翌19日、TERUはインスタグラムを更新しているものの、昨晩自身が起こした不祥事には触れず。ネットには「普通の更新する前に謝罪したほうがいい」「なんで昨日のインスタライブの釈明ないの?」といった厳しい声も寄せられていた。

    2019年02月19日 11時23分 リアルライブ
    https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12184-46183/
    https://news.nifty.com/cms_image/news/entame/12184-46183/thumb-12184-46183-entame.jpg 
    thumb-12184-46183-entame

    【『GLAY』のTERU、入浴中のインスタ生配信で “とんでもないモノ”も丸見えに。】の続きを読む

    images


    1: 湛然 ★ 2019/02/19(火) 22:42:05.66 ID:zxHgicmE9
    2019.2.18 月曜日
    ガンズ・アンド・ローゼズのスラッシュ、アクセル・ローズとの不和をいかに解消したかについて語る

    ガンズ・アンド・ローゼズのギタリストであるスラッシュはシンガーのアクセル・ローズとの不和をいかに解消したかについて語っている。

    スラッシュは1996年にガンズ・アンド・ローゼズをアクセル・ローズとの不仲が原因とされる理由で脱退して、2016年に復帰を果たしている。

    今回、スラッシュは『ガーディアン』紙のインタヴューに応じて、ガンズ・アンド・ローゼズに復帰した当時にアクセル・ローズと交わした会話を振り返っている。

    「アクセルと初めてもう一度やろうってなった時に、かつて俺たちが抱えていた問題について話し合ったんだけどね。そもそもの原因は他の人たちにあったんじゃないかっていうことになったんだ」とスラッシュは『ガーディアン』紙に語っている。「必ずしも誰かに責任を擦りつけたっていうことではなくて、当時の騒動には他にも要因があったっていうことなんだ」

    スラッシュは同じインタヴューの中で、ドラッグやアルコールなどの昔の習慣を懐かしいと思うかという質問に答えている。「懐かしさを感じたことはないね」とスラッシュは語っている。

    「気付いたら病院のベッドにいたり、床の上で隣に救命士がいたりしたような、そういう今とは違う何年も前のことを振り返った時に思うのは、そういうのにはもうウンザリだっていうことと、もう楽しめることはないなっていうことでね。前みたいに危険な奴になりたいなんてことは考えたことがないんだ。あくまで、過去に貼られたレッテルだよ」

    スラッシュは先日、バンドとしての新作に改めて言及している。

    スラッシュは「テレヴィジョン・リスト」のインタヴューに応じて、現時点で成し遂げたいと思っている夢はあるかという質問に答えている。

    「そうだな、今は(スラッシュ ft. マイルス・ケネディ&ザ・コンスピレーターズとして)ツアーの最中だからね。ヨーロッパ・ツアーが始まったばかりなわけでさ。だから、今はこのツアーを楽しみにしているよ。すごく大規模なツアーなんだ」

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    Photo: GETTY
    https://nme-jp.com/nmesite/wp-content/uploads/2018/10/GunsGettyImages-836621522-720x458.jpg
    GunsGettyImages-836621522-720x458

    https://nme-jp.com/news/68728/

    【『ガンズ・アンド・ローゼズ』のスラッシュ、アクセル・ローズとの不和をいかに解消したかについて語る。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: シャチ ★ 2019/02/19(火) 12:42:13.96 ID:qz2VsyHG9
     昨年、デビュー40周年を迎えた米バンド、TOTO(トト)。同年2月から、その節目を祝う世界ツアーを続行中で、今月には来日公演を行う。そんなTOTOのギター奏者兼ボーカリスト、
    スティーブ・ルカサー(61)が産経新聞社の電話取材に応じた。40年を振り返りながら率直な思いを語ったルカサーは「絶好調の時もピンチの時も、常にバンドを支えてくれた日本のファンは家族のような存在。早くみんなに会いたいぜ」と呼びかけた。(岡田敏一)

     TOTOは1976年、米ロサンゼルスで、デビッド・ペイチ(キーボード兼ボーカル担当)やルカサーら凄腕(すごうで)のスタジオ演奏家が集まって結成。78年にアルバム「宇宙の騎士」で華々しくデビューし、全世界にAOR(大人向けロック)ブームを作り出した。

     米ロサンゼルス郡サンフェルナンド・バレーで生まれたルカサーは、12歳で既にセミプロのバンドマンとして金を稼ぐなど、早熟の天才として知られた。

     「僕の音楽活動の全ては、『アビイ・ロード』(69年)に代表されるビートルズのアルバムを聞いたことから始まったんだ」

     4作目「TOTO IV~聖なる剣~」(82年)からは「ロザーナ」や「アフリカ」が大ヒット。このアルバムは全世界で約1200万枚を売り、米グラミー賞で6部門に輝いた。しかし、以降、徐々に失速。2008年に解散するが、10年に再結成し、精力的に活動を続ける。

     「この40年で最もうれしかったことは、デビューアルバムから『ホールド・ザ・ライン』が初ヒットしたことだな。僕が19歳の時だ。TOTOは当初から批評家受けが良くなかったから本当にうれしかった。
    つらかったのはメンバーのポーカロ3兄弟のうちジェフ(ドラム奏者)が1992年に、マイク(ベース奏者)が2015年に亡くなったことだ。2人とも僕にとっては家族同然だったから…」

    (以下ソースで)

    2/19(火) 11:29配信 産経新聞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190219-00000522-san-musi
    画像 「日本は第二の故郷」と話したTOTOのスティーブ・ルカサー(土居政則撮影)
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20190219-00000522-san-000-1-view.jpg 
    20190219-00000522-san-000-1-view

    【『TOTO』のスティーヴ・ルカサー、来日公演へ。「日本は第二の故郷。」 】の続きを読む

    images


    1: 湛然 ★ 2019/02/19(火) 22:26:12.69 ID:zxHgicmE9
    2019.2.18 月曜日
    ホワイトスネイクのデイヴィッド・カヴァデール、当分ツアーから引退するつもりはないと語る

    ホワイトスネイクのデイヴィッド・カヴァデールはかつての発言とは裏腹に、当分引退する予定はないと語っている。

    2016年、ホワイトスネイクのフロントマンであるデイヴィッド・カヴァデールは、ディープ・パープルのリード・シンガー時代の楽曲をセルフ・カヴァーした2015年作『ザ・パープル・アルバム』を携えたツアーの後、キャリアを退くつもりだと語っていた。

    しかし、デイヴィッド・カヴァデールは今回ツアーをやめるつもりはないことを明かしている。

    「ああ、続けていきたいと思っているよ」とデイヴィッド・カヴァデールは衛星ラジオ局「シリウスXM」の番組「トランク・ネイション」で語っている。
    「衝動だよね。新しいオリジナル・アルバムが作れたのはホワイトスネイクのファンのおかげだと本当に感じているしさ。
    本作を作っていく上で自分の考えの一番根本にあったのはそのことでね。自分が67歳ってことは抗えない事実だけど、すごく楽しかったからね」

    「みんなが俺に言ってくれたんだ。お世辞を言う必要なんてない中で、みんな去年の夏の俺のパフォーマンスについて凄く讃えてくれたんだよ。
    自分をできるだけ健康かつ良い状態に保つというのは本当に自分次第のことであってさ。2017年の俺の歳では、身体とか自分の状態について調子を整えるのは大変なことだったけどね。
    でも、自分はパフォーマンスするのが大好きなんだ。いつか羊飼いみたいに杖で俺をどけてもらわなきゃならないだろうね。もう脇に退いてくれってさ。
    でも、いいんだ。また力がみなぎって、奮起して、自分の持てるものすべてをぶつけられるようになっているんだ。どのくらい続くかは分からないけどさ」

    「衰弱性の関節炎に何年も苦しんできたんだけど、両膝とも人工関節に入れ替えたんだ」と彼は明かしている。
    「去年は2ヶ月しかツアーに出られなかったんだ。友達のフォリナーとジェイソン・ボーナムとやったんだけど、膝の様子を見なくてはいけなくてね。
    あの時はワールド・ツアーをやる勇気はなかった。幸い膝は完璧に動いてくれたよ。俺を診てくれた医者のブラッド・ペネンバーグには感謝だね。
    ちょうど今朝(ホワイトスネイクの元ベーシストである)マルコ・メンドーサに話したんだ。あいつもすぐに何かやるだろうね。
    あいつにはブラッド・ペネンバーグはとにかく最高だってことをよく言っておいたからさ。スティーヴン・テイラーが勧めてくれた医師なんだ。
    俺たちはみんなそんな感じの問題を抱えているからね。でも、これからショウにくり出せるのは本当にワクワクすするよ。
    今年はおかしなくらい忙しい年になる予定なんだ。1ヶ月も全米ツアーをやることになっていて、つい最近ツアーしたばかりのところだから凄く驚いているよ。
    でもプロモーターはそのアイディアにめちゃくちゃ乗り気なんだ。その後、ヨーロッパを回るよ」

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    Photo: Tyler Bourns
    https://nme-jp.com/nmesite/wp-content/uploads/2019/02/Whitesnake-2018-Band-Photo-DSC04346-No-Sabers-APPROVED-photo-by-Tyler-Bourns-720x490.jpg
    1a20f0a3fd0228abac55c3e0179a3ccc

    https://nme-jp.com/news/68759/

    【ホワイトスネイクのデイヴィッド・カヴァデール「当分ツアーから引退するつもりはない。」】の続きを読む

    ダウンロード (3)


    1: 湛然 ★ 2019/02/18(月) 22:11:13.71 ID:bQpOmAZp9
    2019.2.18 月曜日
    リアム・ギャラガー、ドキュメンタリーをめぐってノエルから訴えられそうになっていると明かす

    リアム・ギャラガーはノエル・ギャラガーから来たるドキュメンタリー作品でオアシス時代の映像を1曲でも使えば訴訟を起こすと言われたことを明かしている。

    リアム・ギャラガーは今年『アズ・イット・ワズ(原題)』と題されたドキュメンタリーを公開することが見込まれている。『アズ・イット・ワズ』は、オアシス解散後の波乱に満ちたビーディ・アイ時代や、リアム・ギャラガーがソロとして成功するまでを描いた作品になっている。

    しかしながら、リアム・ギャラガーは今回、ノエル・ギャラガーのマネージメントを手がけるイグニションから、ドキュメンタリー作品でオアシス時代の映像を一つでも使えば訴訟を起こすと脅されたことを明かしている。

    「もし俺が『アズ・イット・ワズ』でオアシスの曲を歌っている映像を使ったら、大して偉大でもないチビ野郎と、イグニションにいるあいつの取り巻き連中から訴えられるらしいんだ」とリアム・ギャラガーはツイートしている。

    「根に持ってるのはどっちだよ。追伸。チケットは手売りしてほしいか?」

    『NME』はこの件についてノエル・ギャラガーの担当者にコメントを求めたものの、回答を拒否されている。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    Photo: GETTY
    https://nme-jp.com/nmesite/wp-content/uploads/2018/08/GettyImages-86140596_oasis_reunion_1000-1-720x457.jpg
    GettyImages-86140596_oasis_reunion_1000-1-720x457

    https://nme-jp.com/news/68757/

    【リアム・ギャラガー「ドキュメンタリーをめぐってノエルから訴えられそうになっている。」】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: 湛然 ★ 2019/02/18(月) 22:49:23.38 ID:bQpOmAZp9
    2019/02/18(月) 22:46
    鬼束ちひろ、BLドラマ『ポルノグラファー』続編のドラマ主題歌を担当

     鬼束ちひろが、前作に引き続きFODオリジナルドラマ『ポルノグラファー~インディゴの気分』の主題歌を担当することが決定した。

     本番組のために書き下ろされた主題歌のタイトルは「End of the world」。様々な傷を抱えた者同士が寄り添い合うような、そんな姿を独特な言葉の世界で美しく描く、鬼束ちひろ流の究極の純愛ソングに仕上がっている。

     同作は、祥伝社の発行する漫画雑誌「on BLUE」に2016年8月から連載されていた同作名の漫画を原作としたドラマ。前作『ポルノグラファー』は、作家である木島理生と久住春彦という純愛ボーイズ・ラブだったが、
    本作ではラブストーリーに加え、木島の同級生であり、現在は編集担当を務める城戸士郎が木島に対して抱く憧れと嫉妬、また木島の苦悩や欲情が入り混じったストーリーとなっている。
    メインキャストは木島理生役を竹財輝之助が、城戸士郎役を吉田宗洋が、久住春彦役を猪塚健太と前作『ポルノグラファー』からのメンバーが引き続き演じる。

    ◎清水一幸氏(フジテレビ) コメント
    前作『ポルノグラファー』という非常にエッジの効いた作品において、15年ぶりのドラマ主題歌を引き受けて下さり、その主題歌「Twilight Dreams」は、歌詞もドラマの内容にピッタリで、“ドラマ×主題歌”の相乗効果というものを、遺憾なく発揮していただきました。
    今回、続編が決定したところですぐに「また是非、鬼束さんにお願い出来ないか?」とオファーしたところ、快諾をいただき、しかも内容に合わせて書き下ろしてくださいました。
    ですので、完成した主題歌「End of the world」は、もちろんこの『ポルノグラファー~インディゴの気分~』にピッタリです。ピュアな純愛を歌う鬼束さんとこのドラマの親和性は鉄板で、今回も間違いなくドラマを盛り上げてくれるだろうと確信しております。
    皆様、楽しみにしていてください!


    http://www.billboard-japan.com/scale/news/00000072/72773/650x_image.jpg
    650x_image

    http://www.billboard-japan.com/common/sys/img/news/00000072/72773/sub_image171774.jpg
    sub_image171774

    http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/72773/2

    【『鬼束ちひろ』、BLドラマ「ポルノグラファー」続編のドラマ主題歌を担当。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: muffin ★ 2019/02/20(水) 12:00:37.17 ID:hnMVj7419
    https://33man.jp/article/006598.html
    2019/2/19 17:41

    2月19日、タレントで歌手の掘ちえみがブログにて、口腔がんであることを公表した。SNSでもさまざまな著名人が掘へのエールを送るなか、4人組ロックバンド・マキシマム ザ ホルモンのドラマー・ナヲが同バンドのTwitterおよびInstagramを更新。「口腔ガンを公表された堀ちえみさんへ…」とのコメントとともに、1本の動画を公開した。

    動画にて彼らは、アルバム『ロッキンポ殺し』(2005年)収録楽曲の『falling jimmy』を演奏。同曲は歌詞の一部が「掘ちえみ」と聴こえることでも知られている。同エントリーの動画では歌詞を一部変更したそうで、投稿には「僕泣いて 希望膨らんで 前進ストーリー 不安でも (中略) 俺ら本気なら“生きる”っちゅーの」と、掘へのメッセージが込められた一節も綴られている。

    さらにナヲは「ちえみさん、それとついでに⁈笑 神戸の @matsubara_kobe にも届けて!てんとう虫!!」と綴り、腎細胞がんを公表している起業家・音楽プロデューサーの松原裕氏にもエールを送っている。

    マキシマム ザ ホルモンはボーカリストのダイスケはんが頚椎椎間板ヘルニアの治療に専念するためライブ活動を一時休止中。そのため同エントリーの動画にもダイスケはんは参加していないが、彼もきっとメンバーと同じ気持ちでいることだろう。今回の投稿にネットでは、「魂のこもった“falling jimmy”堀ちえみさんに届きますように!」「苦しんでいる人全てに美しい春が来ますように」「ホルモンのこの思いよ届け!!こっそり一緒に応援してます」といった反響が寄せられ、話題となっている。

    https://scontent-nrt1-1.cdninstagram.com/vp/4d0b30050f0f42ba776d1992cb24e330/5C6ED694/t50.2886-16/53149991_640220303081430_1159083751884455936_n.mp4?_nc_ht=scontent-nrt1-1.cdninstagram.com

    https://twitter.com/MTH_OFFICIAL/status/1097725635324047360

    https://33man.jp/img/mmm/docs/006/598/001_o.png
    001_o

    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

    【『マキシマム ザ ホルモン』、口腔がん公表の堀ちえみに演奏動画でエール送る。】の続きを読む

    ダウンロード (4)




    20190219-downloadjapan_full


    1: 湛然 ★ 2019/02/19(火) 22:26:50.24 ID:zxHgicmE9
    2019/02/19 12:14
    オジー・オズボーンが『DOWNLOAD JAPAN』出演キャンセル、肺炎のため

    オジー・オズボーンが音楽イベント『DOWNLOAD JAPAN 2019』の出演をキャンセルすることがわかった。

    2003年から開催されているイギリスの音楽フェスティバル『Download Festival』の日本版として、3月21日に千葉・幕張メッセで初開催される同イベント。
    オジー・オズボーンは肺炎を患って先日入院したが、現在は退院し、6週間の自宅静養が必要と医師から指示を受けているという。
    イギリスおよびヨーロッパツアーは延期となった。オジー・オズボーンは1948年生まれ。現在70歳となる。

    同イベントの出演者はSLAYER、SUM 41、ANTHRAX、ARCH ENEMY、HALESTORM、MAN WITH A MISSION、AMARANTHE、LIKE A STORM。
    オジー・オズボーンのキャンセルに伴い、急遽追加出演者の調整をしているとのこと。ラインナップ変更によるチケットの払い戻しは実施しない。


    ◆イベント情報
    『DOWNLOAD JAPAN 2019』

    2019年3月21日(木・祝)
    会場:千葉県 幕張メッセ国際展示場9~11


    『DOWNLOAD JAPAN 2019』ビジュアル
    https://www.cinra.net/uploads/img/news/2019/20190219-downloadjapan_full.jpg
    20190219-downloadjapan_full

    https://www.cinra.net/news/20190219-downloadjapan

    【オジー・オズボーンが肺炎のため 『DOWNLOAD JAPAN』出演キャンセル。 】の続きを読む

    images (1)


    1: 湛然 ★ 2019/02/19(火) 05:04:56.00 ID:zxHgicmE9
    2/19(火) 4:00 スポニチアネックス
    中条あやみがアヴリルになった! 憧れの歌姫の5年ぶり復帰を祝福 “ロックスタイル”でプロモ映像出演

     女優の中条あやみ(22)が、カナダ人歌手アヴリル・ラヴィーン(34)の最新アルバム「ヘッド・アバーヴ・ウォーター」のプロモーション映像に出演する。

     ライム病を克服し、5年ぶりのアルバムとなる同作を発売した歌姫の完全復活を祝福する企画。「初めてライブに行ったのがアヴリル」という大ファンの中条が、アヴリルの「ロックガール・スタイル」に扮し、トリビュートした。

     題材にしたのは、2002年のデビュー作「レット・ゴー」から今作まで、アルバム6枚の各代表曲のミュージックビデオ。一番のお気に入りは、ブルーのチェックスカートに網タイツをはき、前髪を上げた「ガールフレンド」(07年)のファッション。「自分が見ていた当時のアヴリルの姿だったので“あぁ凄い懐かしい~”と思いました」と興奮しきりだ。きょう19日にアヴリルの公式ホームページで公開される。

     9歳の時にアヴリルの「スケーター・ボーイ」を聴いてファンになった。「人生で初めて歌手を好きになって、CDを買った」。ファンを公言していたことでオファーを受け「アヴリルの復活だけでも喜んでいたのに、まさか自分にこのお仕事が来るなんて」と感激した。

     6回の衣装、メークチェンジを含め、撮影は10時間以上に及んだ。疲れた様子は見せず「アヴリルの曲を聴きながら、アヴリルのような格好をして、一秒一秒が楽しくて、幸せな時間でした」と声を弾ませた。


    アヴリル・ラヴィーンの「ガールフレンド」の世界観を表現する中条あやみ
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20190219-00000001-spnannex-000-2-view.jpg
    20190219-00000001-spnannex-000-2-view

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190219-00000001-spnannex-ent

    【中条あやみがアヴリル・ラヴィーンになった? 憧れの歌姫の5年ぶり復帰を祝福。“ロックスタイル”でプロモ映像出演。】の続きを読む

    このページのトップヘ