メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    音楽関係を中心にしたエンタメ関連のまとめブログ

    2019年01月

    ダウンロード (1)


    1: 湛然 ★ 2019/01/22(火) 22:23:13.98 ID:U5mmAbpu9
    2019/01/22 10:12
    ウドー音楽事務所50周年記念展<海外アーティスト招聘の軌跡>開催決定

    ウドー音楽事務所が創立50周年を記念した展覧会<UDO 50th Anniversary Special Exhibition 海外アーティスト招聘の軌跡>の開催を発表。ウドー音楽事務所が日本に招聘した海外アーティストの貴重なサインやギターなどの記念品、秘蔵写真などを通じて、スターたちの素顔と足跡、日本のファンに愛された「洋楽」の歴史をたどります。3月8日(金)から3月31日(日)まで東京・有楽町マルイ 8階特設会場にて行われます。

    <UDO 50th Anniversary Special Exhibition 海外アーティスト招聘の軌跡>

    ●2019 3.8 fri - 3.31 sun
    有楽町マルイ 8階特設会場[JR有楽町駅前]

    平日 11:00~21:00[最終入場 20:30]
    日曜祝日 10:30~20:30[最終入場 20:00]

    【ABOUT】
    日本を代表する音楽プロモーターのウドー音楽事務所。

    1967年に設立されて以来半世紀以上にわたり、海外アーティストを招聘し、日本におけるコンサート事業を牽引してきました。この半世紀にわたるコンサート制作の中で、来日したアーティストが創業者の有働誠次郎氏や社員に残したギターやサインなど、貴重な品々を一堂に展示し、来日したスーパースターの軌跡をたどる展覧会を開催致します。 また、ウドー音楽事務所50年の歴史とともに、招聘当時の朝日新聞紙面も展示することにより、その時代の空気も感じ取ることができます。

    レッド・ツェッペリンの最後の来日公演となった1972年10月、KISSが日本で初めて火を吹いた1977年3月、幻に終わった1980年1月のポール・マッカトニー&ウィングス来日公演、3時間を超すライブを行った1985年4月のブルース・スプリングスティーン初来日公演、プリンスの初来日公演にしてザ・レヴォリューション最後の公演となった1988年3月、世界中が嫉妬した1991年10月のジョージ・ハリスンとエリック・クラプトンのジョイント・コンサートetc…。来日公演のポスター、チケットなどを通して、あなたの人生に深く刻まれた、熱い思い出が蘇ることは間違いありません。

    【SPECIAL ITEMS】
    エリック・クラプトン、ジェフ・ベック、リッチー・ブラックモア、サンタナなど、レジェンド・ギタリスト達からウドー音楽事務所に贈呈されたギターが一堂に会します。さらに、それらのギターを手にとることができる体験企画も特別に実施致します。

    エリック・クラプトンは“ブラッキーJr”を始め1999年のクリスティーズにて落札したギター3本、ジェフ・ベックは1986年の夏に軽井沢の野外コンサートで使用されたストラトキャスター、1985年のディープ・パープルの来日公演の際にリッチー・ブラックモアからプレゼントされたストラトキャスター、1973年の東京公演で使用されたサンタナのレスポール。その他、ジョー・ペリー、スティーヴ・ルカサーなどのギターも展示し、ロックの歴史が詰まった夢のような空間をお見せ致します。特にエリック・クラプトンの“ブラッキーJr”は、2004年のクリスティーズの競売で約1億円という価格で落札された“ブラッキー”のサブ・ギターとして知られている必見のアイテムです。

    ギター以外のメモラビリアの展示も行います。リッチー・ブラックモアが1995年の来日公演で着たステージ衣装、ボブ・ディランの直筆メッセージが入った1978年初来日公演のポスター、1991年にエリック・クラプトンとのジョイント・コンサートを行ったジョージ・ハリスンからプレゼントされたメッセージ・ブック、2008年に初の単独来日公演を行ったザ・フーが日本武道館のステージで破壊したタンバリンとマイクなど。ライブ写真は勿論のこと、日本滞在中の秘蔵オフショット写真、関係者だけに配られたグッズや、ゴールドディスク、ツアーパス、ピックなど普段は見られないアイテムを多数展示致します。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    http://amass.jp/116077/

    詳細
    https://50th-exhibition.udo.jp/

    【【伝説くるか!?】ウドー音楽事務所50周年記念展「海外アーティスト招聘の軌跡」開催決定。】の続きを読む

    images (4)


    1: 名無し募集中。。。 2019/01/21(月) 19:52:13.22 0
    The Girls Live @TGL_tx
    2m
    シャ乱Qまことに作詞の極意を学ぶ????

    『上・京・物・語』『空を見なよ』など
    ヒット曲の作詞術を大公開??

    メンバーが作詞に挑戦??
    まことを唸らせた歌詞とは??

    【次回のガールズライブ『シャ乱Q』まこと、ヒット曲の作詞術を大公開。作詞の極意を学ぶ。】の続きを読む

    images


    1: 湛然 ★ 2019/01/22(火) 22:31:14.98 ID:U5mmAbpu9
    2019年1月21日 12:00
    bird デビュー20周年プロジェクト始動、約4年ぶりアルバム「波形」発売決定

    ソウルフルな歌声と独創性に満ちた楽曲で、ジャンルを問わず多くの音楽ファンを魅了するシンガー&ソング・ライターのbird。通算11枚目となる最新アルバム「波形」が3月20日にリリースされることになった。

    1999年3月20日発売のシングル「SOULS」によってデビューし、ちょうど20年目をむかえる記念すべきタイミングでのリリースとなる。

    前作の「Lush」に引き続き、プロデュースおよびサウンドメイキングは現代の音の名匠こと冨田ラボ(冨田恵一)によるもの。

    アルバムタイトルの「波形」という言葉の通り、様々なインストゥルメンツが生み出す音の“波形”の中に、birdの唯一無二の歌声が重なり、さらに研ぎ澄まされた音楽が展開されていく。

    本日1月21日、TBSラジオ「アフター6ジャンクション」通称“アトロク”に出演することも決まった。番組内では新譜に関しての制作状況を本人が語り、さらにはアコースティック・ギターを交えて代表曲をスタジオ生ライブを行う予定である。

    また、bird 20周年を記念した特設サイトがソニー・ミュージックダイレクトが運営する「otonano」内にオープンされた。最新アルバムに関する情報や、20周年スペシャルコンテンツが順次更新されていく予定だ。


    https://www.musicman-net.com/sites/default/files/2019-01/bird_ap_main_color.jpg
    bird_ap_main_color

    https://www.musicman-net.com/artist/83143

    bird 20th Anniversary『波形』
    http://www.110107.com/s/oto/page/bird

    【『bird』デビュー20周年プロジェクト始動。約4年ぶりアルバム「波形」発売決定。】の続きを読む

    images (3)


    1: 湛然 ★ 2019/01/23(水) 22:27:42.13 ID:etAZncr19
    2019/01/22 11:12
    シン・リジィ フィル・ライノットの新ドキュメンタリー『Songs For While I’m Away』が制作進行中

    サイトScreen Dailyによると、シン・リジィ(Thin Lizzy)のフィル・ライノット(Phil Lynott)の新たなドキュメンタリー『Phil Lynott: Songs For While I’m Away』が制作進行中。監督はアイルランドの映画監督エマー・レイノルズ。

    エマー・レイノルズは、2017年にエミー賞を含む多数の賞を受賞した、 無人惑星探査機ボイジャーに関するドキュメンタリー『The Farthest』などで知られています。

    今回のドキュメンタリーは、貧しい労働者階級に生まれたライノットが、シン・リジィのリード・シンガーとしてアイルランドで最も偉大なロックスターの1人になるまでを追った作品。

    ドキュメンタリーには、シン・リジィのエリック・ベル(Eric Bell)、スコット・ゴーハム(Scott Gorham)、ダレン・ウォートン、ミッジ・ユーロ(Midge Ure)、ゲイリー・ムーアを擁したスキッド・ロウのブラッシュ・シールズ、U2のアダム・クレイトン(Adam Clayton)、スージー・クアトロ(Suzi Quatro)、ヒューイ・ルイス(Huey Lewis)、メタリカ(Metallica)のジェイムズ・ヘットフィールド(James Hetfield)のインタビューも含まれます。

    『Phil Lynott: Songs For While I’m Away』にはユニバーサル・ミュージック・グループのひとつEagle Rock Filmsも制作に参加しています。まだリリース日は発表されていません。


    Emer Reynolds to direct feature doc about Thin Lizzy's Phil Lynott (exclusive)
    https://www.screendaily.com/news/emer-reynolds-to-direct-feature-doc-about-thin-lizzys-phil-lynott-exclusive-/5135974.article

    http://amass.jp/116080/

    【『シン・リジィ』、フィル・ライノットの新ドキュメンタリー『Songs For While I’m Away』が制作進行中。】の続きを読む

    ダウンロード (4)


    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/01/24(木) 17:00:22.48 ID:nrxteeQ19
    1月21日放送の『スッキリ』でMCの加藤浩次(49)が、東京都町田市の都立高校で起きた男性教師による暴行問題にコメント。
    その言葉にネット上で賛同する声が多くあがった。

    この日の番組では教師が生徒を殴った様子がSNSに投稿され、問題となっているニュースを取り上げた。番組によると、当初、SNSにアップされた動画は、教師の暴力が中心の20秒の動画だったが、
    その後、暴行が起こる前から撮影された1分15秒の動画がSNSにアップされていたという。また、その動画には撮影者の「ツイッターで炎上させようぜ」という音声や、殴られた生徒が教師をしつこく挑発するような発言があったと伝えられた。

    これに関して、加藤浩次がハリセンボンの近藤春菜(35)に意見を求めると、近藤は炎上を狙って隠し撮りをしている生徒がいること、生徒がしつこく挑発していることを指摘し、
    「この生徒も暴力じゃん」と、教師に対する暴力行為ではないかとコメント。続けて動画の前後を見て判断をしなければいけないと語った。

    また、元女子プロテニス選手の杉山愛(43)は、「“へへ、やっちゃってるよ”みたいな雰囲気が出ている」と、生徒が面白がっているとし、
    「なんか先生に同情したくなるような思いすら、私には出てきてしまいますよね」と、教師をかばった。

    これらのコメントを受けて加藤浩次は、教師が手をあげることには賛否があるとしながらも、「やっぱり生徒も裁かれるべきでしょ。僕は思う。正直言うと。これは生徒もはめられるんだもん、先生を」と、
    教師だけが加害者とすることに疑問を呈した。さらに加藤は、生徒が面白がってやったのだとしたら、「大人なめんなって話ですよ。僕は正直、そう思ってしまう」と、強く言い切っていた。

    この日の加藤浩次の発言はネット上で話題になり、「加藤浩次さんの発言、めっちゃスッキリした!」「本当に正論! ド正論! 加藤さんいつもズバっと言ってくれるので好きです!」と、称賛の声が多くあがっていた。

    http://dailynewsonline.jp/article/1664489/
    2019.01.24 07:15 日刊大衆

    【加藤浩次「大人なめんな。」教師暴行騒動へのコメントに同意が続々。 】の続きを読む

    images


    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/01/23(水) 16:57:13.35 ID:TPrVz0PA9
    歌手・misono(34)が23日放送のフジテレビ系「バイキング」(月~金曜・前11時55分)でインタビューに応じ、写真誌でのグラビアが金銭目的だと批判を受けていることに反論した。

    misonoは22日発売の写真週刊誌「FLASH」でセクシーなグラビアに挑戦。
    さらに「精巣がんによる胚細胞腫瘍」のために闘病している夫でプロドラマーのNosuke(29)と昨年9月に入籍したことを告白した。

    ネット上では売名行為や金目当てなどの批判が上がっているが、misonoは「すごいお金を積まれてやったんじゃないかみたいな声もあったんですけども、
    お金のためにセミヌード、人妻グラビアをやったんだと思われるのだけは、否定しておきたくて」と強調。

    「Nosukeの方が『俺は純粋に見たいと思うよ』って言ってくれたので、Nosukeがそうやって喜んでくれるんだったらやろうかなっていう、感じでしたね」
    と夫の賛同が大きかったと明かした。さらに「misonoがすごく出しゃばってるとか、仕事もやめて、近くで支えろって声もあります」とした上で「それを受け入れて先へ進まなきゃいけない」と語った。

    MCの坂上忍(51)は「何やっても言われちゃうんですかね」とため息をつき、
    「僕は逆に思うんですけど、なんでお金のためじゃダメなんですか? 仕事なんだから。ギャラだって発生するわけだから。お金のためでいいじゃない」とコメント。

    続けて「旦那さんも大変な時で、そういう時にmisonoちゃんが頑張って働いて稼いで。
    いっぱい色々お金かかるわけだから。毅然と何が悪いんだって(言えばいい)」と語っていた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15913883/
    2019年1月23日 14時22分 スポーツ報知

    【misono、金銭目的のセクシーグラビア否定。坂上忍「なんでお金のためじゃダメなんですか?」 】の続きを読む

    images (1)


    1: 鉄チーズ烏 ★ 2019/01/23(水) 19:40:12.17 ID:1sA6bTxY9
    ロックミュージシャン・矢沢永吉さん(69)の公式サイトが、迷惑なファンの一人を「コンサートへの一切の出入り禁止やファンクラブの強制脱会等の措置を取らせていただきました」と発表した。

    以前から定めていたルールを順守しなかったためとしている。

    ■「コンサートに行きたいけど怖くて行けない」

    2019年1月21日の発表によれば、この人物は私設応援団の総会長をつとめている。だが、公式では私設応援団の結成は認めていない。

    その理由を、「私設応援団を名乗る一部の集団が威圧や強要、一部のファンの飲酒による周囲への迷惑行為」が後を絶たないためと説明する。そのため、「コンサートに行きたいけど怖くて行けない」との声が多数寄せられていたそうだ。

    そこで、矢沢さんが「どなたでも来場しやすいコンサート」を実現するため私設応援団を禁止したものの、先の人物は従わなかったとして「追放」を決めた。

    矢沢さんのコンサートでは、(1)旗振り、特攻服などの威圧行為(2)周囲に迷惑となる永ちゃんコールの強要・煽り(3)飲酒入場などを禁止している。

    18年9月のコンサートでは、矢沢さんの誕生日が近かったため、ファンが「ハッピーバースデー」の歌を合唱しようとツイッターで呼びかけたところ、公式ツイッターが、

    「お客様が一斉にハッピーバースデーの合唱をしたり風船を飛ばす等の計画をSNS等で拡散している方がいらっしゃいますが、これらの行為は矢沢永吉のコンサート演出の妨げとなり周りのお客様の迷惑にもなりますので絶対におやめください」
    などと注意喚起し話題となった。



    2019/1/23 19:19
    https://www.j-cast.com/2019/01/23348700.html

    【矢沢永吉、迷惑ファンを出入り禁止措置。私設応援団名乗り”威圧”行為。】の続きを読む

    images (2)


    1: 記憶たどり。 ★ 2019/01/23(水) 19:17:01.52 ID:VDsavxLI9
    https://www.j-cast.com/tv/2019/01/22348513.html

    路上ライブをする女性から男がCDを買い、その場で踏みつけて壊すという動画がSNSに投稿され、
    「最低以外に言葉がない」「許しちゃいけない」と批判が殺到、大炎上した。30秒ほどの動画の最後には
    「ハハハ」の笑い声までが入るのだから、ひどい話だ。

    被害にあった女性シンガーは「瞬間、何が起きたかわからなかった。ここで泣いちゃいけないと思って
    立ち去りましたが、帰ってからスタッフに泣いてしまいました」と、きのう21日(2019年1月)深夜、「ビビット」に話した。
    ソロデビューして初めてのCDで、誕生日にリリースしたものだった。

    ■投稿者の男は「正義のためにやった」というが...

    一方の男は「女性はテレビに名前が出て有名になって、最終的には還元されている」
    「許可なしの路上ライブはどうなのか。やめさせるためにやった」と、顔を出さずに上路雪江リポーターの取材に応じた。
    「僕の中に正義感がある。必要悪というか」とも語り、罪悪感はまるっきりなさそうだ。
    この動画は再生回数が8万回を超し、「再生を増やせば(路上ライブを)防げると思った」という。

    司会の国分太一「怒りと寂しさが同時にやってくるような動画でした」

    千原ジュニア(タレント)「ゼロからものを作ったことがない人だ。方向が間違っている」

    倉田真由美(漫画家)「路上ライブに誰もが賛成するわけではないが、生理的嫌悪感が先に立ちます。こんなことが許されるのか」

    西川研一弁護士によると、女性の体に触れなくても暴行罪の可能性がある。

    キャスターの真矢ミキ「本当に正義感があるのなら、(男は)顔を出して話せばいい」

    動画で女性の顔は写ったのに、自分の顔は出さず、反撃の恐れがある男性シンガーでなく女性を狙った点も卑劣すぎる。


    動画
    https://www.youtube.com/watch?v=btEa28SOZZM



    前スレ
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1548215646/
    1が建った時刻:2019/01/22(火) 13:39:30.80

    【違法路上ライブ許さないマン「正義のためにやった。」 】の続きを読む

    ダウンロード (3)


    1: ひかり ★ 2019/01/23(水) 20:12:27.79 ID:D4nWJGO79
    アイドルとの交際を目的とした熱狂的な追っかけファン「アイドルハンター軍団」が起こした、NGT48・山口真帆(23)暴行事件。
    事件直後からメンバーの関与が噂される中、事態収拾のために運営会社「AKS」側が全メンバーを含む関係者48人に送ったLINEには、
    “犯人捜し”とも言える記述があった。3通のLINEを「週刊文春」が入手した。

    〈過去も現在も含めて、自分はファンと繋がっている、または繋がっていたというメンバーは、正直に今村に申し出てください〉(2通目のLINEより)

    これは昨年12月20日、今村悦朗支配人(当時)が送ったものだ。メッセージの中では、メンバーへの損害賠償請求の可能性や、
    グループ内での処分について言及した上で、〈正直に申し出たメンバー〉は〈処分の緩和を検討〉すると、申告を促している。

    これについて3通目のLINEでは、数名のメンバーが“自供”したことを報告している。

    約40名のメンバーのうち、数名がファンと繋がっていた事実は、運営による事件の真相究明を大幅に遅らせている。

    1月24日(木)発売の「週刊文春」では、その数名の中に現在進行形でファンと交際していると告白したメンバーがいたという事実や、
    NGT運営の責任者であるAKS取締役の松村匠氏直撃取材の様子などを報じる。

    「 週刊文春デジタル 」では同日朝5時、入手したLINE3通の全文を関連動画の中で公開する。
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190123-00010496-bunshun-ent

    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1548227083/

    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1548233007/

    【証拠LINE入手か。NGT48運営 「ファンと繋がっている者は正直に申し出よ。」にメンバー数名が “自供”。】の続きを読む

    ダウンロード (2)


    1: 湛然 ★ 2019/01/23(水) 22:25:02.83 ID:etAZncr19
    2019.1.23 水曜日
    グリーン・デイ、これまでに使用してきた100を超える機材を販売することが明らかに

    グリーン・デイはこれまでに実際に使用してきた貴重な楽器の一部を売りに出すことが明らかになっている。

    代表作の『ドゥーキー』がリリースされてから今年で25周年を迎えるグリーン・デイは、これまでのキャリアで彼らが実際に使用した100を超える機材が楽器販売サイトの「リヴァーヴ」で販売されることが明らかになっている。

    フロントマンであるビリー・ジョー・アームストロングは彼にまつわる50種類近いギターが販売されるほか、ドラマーのトレ・クールは5つのドラムキットや12のスネアドラムが販売される。販売される楽器のほとんどは、彼らがライヴで使用したものやレコーディング・セッションで使用したものになっている。

    「すべてのギターは、それぞれのキャラクターを持っているんだ」とビリー・ジョー・アームストロングは述べている。「一つ一つが使っている人自身を映し出しているんだよ。その人がどんなソングライターで、どんなギタリストなのかをね。とりわけ使用済みのギターには、それぞれに歴史が詰まっているんだ。30年以上にわたってガラクタや素晴らしい楽器たちを集めてきたから、その一部を売ってしまおうと思ったんだ」

    トレ・クールは次のように述べている。「もし価値のある物をある程度ためていたら、コレクターって呼ばれるよな。だから、俺は俺のコレクションの一部を少しだけ手放すことにしたんだ。誰かが使えるのに置いておくのはもったいないだろう。こういうものは今まで売ったことがなかったんだけどね。これが初めてなんだ。主治医の精神科医から、売ったほうがいいって言われたみたいな感じだね」

    「真面目なことを言うと、俺の楽器を買ってくれた人がそれを楽しんでくれることを願っているよ……ステージで叩いてもらったり、スタジオで使ってくれたら嬉しいよ。単に置きっ放しになって、埃まみれになってしまうのだけは勘弁だね」

    販売される楽器の一部は以下の通り。

    ビリー・ジョー・アームストロングがライヴで愛用していた1958年製のギブソン・レスポール・ゴールドトップ

    ビリー・ジョー・アームストロングが『アメリカン・イディオット』ツアーのツアー・バスで使用していた1950年代製のギブソン・ES-140T・エレクトリック・ギター

    ビリー・ジョー・アームストロングが2012年のアイハートラジオ・ミュージック・フェスティバルで破壊した2011年製のTVイエロー・ギブソン・レスポール・ジュニア(修復され、弾けるようになっているのでご心配なく)

    『21世紀のブレイクダウン』ツアー、『ウノ!』『ドス!』『トレ!』ツアー、『レボリューション・レディオ』ツアーで使われた1950年代製のギブソン・ES-125 TCD・エレクトリック・ギター

    2002年の「ポップ・ディザスター」ツアーでトレ・クールが燃やしたOCDP製のシルバースパークルのドラム・キット。こちらは修復が施されておらず、当時の焦げなどが残っているという。

    1995年の『インソムニアック』ツアーで使われたエイヨットの緑のメイプル製ドラム・キット

    1990年代後半から2000年代の初頭にかけて作られた、「スピットファイア」と名付けられたスリンガーランド製のトレ・クールのシグネチャー・モデルのドラム・キット。トレ・クールはいくつかを自身で保有していたというものの、今回販売されるものが「おそらく現存する唯一のもの」だという(残りは燃やしてしまったらしい)。

    グリーン・デイの一連の機材は現地時間2月7日から「リヴァーヴ」で販売される。「リヴァーヴ」の公式サイトでは商品の一部やトレ・クールのインタヴューなどを観ることができる。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    Photo: GETTY
    https://nme-jp.com/nmesite/wp-content/uploads/2019/01/greenday-GettyImages-873804996-720x458.jpg
    greenday-GettyImages-873804996-720x458

    https://nme-jp.com/news/67350/

    【『グリーン・デイ』、これまでに使用してきた100を超える機材を販売。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 湛然 ★ 2019/01/23(水) 22:26:44.58 ID:etAZncr19
    2019.1.23 19:00
    <ARABAKI ROCK FEST.19>にバービーボーイズ、崎山蒼志、勝手にしやがれ、ZIGGYら24組

    4月27日(土)、28日(日)に宮城・みちのく公園北地区 エコキャンプみちのくにて開催される<ARABAKI ROCK FEST.19>の第二弾出演アーティストが発表となった。

    今回出演が明らかになったのは、打首獄門同好会、男鹿ナマハゲ太鼓推進協議会(OxNxDxA)arabaki special、勝手にしやがれ、崎山蒼志、ZAZEN BOYS、ZIGGY、SIX LOUNGE、女王蜂、SCANDAL、
    spike shoes、チャラン・ポ・ランタン、the telephones、東京スカパラダイスオーケストラ、ドレスコーズ、バービーボーイズ、the HIATUS、PUSHIM、フラワーカンパニーズ、古市コータロー、フレデリック、
    ヤバイTシャツ屋さん、UNISON SQUARE GARDEN、LUCKY TAPES、ROTTENGRAFFTYの計24組だ。
    出演日は後日発表予定となっている。

    また、各プレイガイドでは本日1月23日(水)よりチケットの先行受付がスタートする。受付期間等の詳細はオフィシャルサイトでチェックしよう。

    <ARABAKI ROCK FEST.19>
    2019年4月27日(土)、28日(日)
    宮城・みちのく公園北地区 エコキャンプみちのく

    出演アーティスト:
    浅井健一 & THE INTERCHANGE KILLS / ACIDMAN / eastern youth / indigo la End / 打首獄門同好会 / 男鹿ナマハゲ太鼓推進協議会(OxNxDxA)arabaki special / 勝手にしやがれ /
    川内太鼓 / 9mm Parabellum Bullet -15th ANNIVERSARY CARNIVAL OF CHAOS in ARABAKI- / THE King ALL STARS -2019 ARABAKI MAXIMUM- / Creepy Nuts / go!go!vanillas /
    崎山蒼志 / ZAZEN BOYS / サンボマスター / ZIGGY / SHISHAMO / SIX LOUNGE / SiM / SHADOWS / 女王蜂 / SIRUP / 水曜日のカンパネラ / SCANDAL / spike shoes /
    ソウル・フラワー・ユニオン / 曽我部恵一BAND / チャラン・ポ・ランタン / Dizzy Sunfist / the telephones / 10-FEET / 東京スカパラダイスオーケストラ / 堂島孝平(荒吐親善大使) /
    ドレスコーズ / 西馬音内盆踊り / 人間椅子 / The Birthday / BARBEE BOYS / the HIATUS / THE BACK HORN / ハンバート ハンバート / BIGMAMA / the pillows -30th ANNIVERSARY CARNIVAL OF BUSTERS in ARABAKI- /
    04 Limited Sazabys / 藤原美幸(秋田民謡) / PUSHIM / a flood of circle / フラワーカンパニーズ / 古市コータロー / フレデリック / THE BAWDIES / ポルカドットスティングレイ /
    みちのくプロレス / 夢弦会(津軽三味線) / ヤバイTシャツ屋さん / ユアネス / UNISON SQUARE GARDEN / LUCKY TAPES / リーガルリリー / 緑黄色社会 / LOW IQ 01 & THE RHYTHM MAKERS / ROTTENGRAFFTY
    and more...
    >>50音順
    ※出演者は4月27日(土)、28日(日)いずれかの日に出演。出演日は後日発表。
    ※出演者の変更・キャンセルに伴うチケットの払戻しはございません。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    https://img.barks.jp/image/review/1000163843/001.jpg
    001

    https://www.barks.jp/news/?id=1000163843

    【『ARABAKI ROCK FEST.19』にバービーボーイズ、崎山蒼志、勝手にしやがれ、ZIGGYら24組。】の続きを読む

    images (2)


    1: muffin ★ 2019/01/16(水) 19:56:33.50 ID:nKJQW+RB9
    https://www.musicvoice.jp/news/201901160111938/
    19年01月16日06時33分

     米津玄師が15日に自身のツイッターを更新し、吉田拓郎がラジオで自身を称賛したことに感謝。各方面からの「嬉しい言葉」を励みに2019年に臨む心境を明かしている。

     米津は「吉田拓郎さんがラジオでびっくりするくらい褒めてくださっている。嬉しすぎるな…。ありがとうございます」と感謝のツイートをおこない、radiko.jpで配信されているニッポン放送『吉田拓郎 ラジオでナイト』のリンクを貼った。

     吉田がパーソナリティを務め、毎週日曜夜に放送されている同番組。1月13日の放送の中で吉田は、家族で“米津漬け”の状態になっていることを明かした。

     この正月から自身も米津の過去の楽曲やライブ映像を視聴し続けていることを話す吉田。米津の音楽性について研究したといい、「男の僕が言うのもなんだけど、彼はセクシーです。率直に言ってセクシーな歌手です。なかなかね、セクシーな歌手は男性でいないんです」などと絶賛した。

     さらに、「明暗で言うと、僕は明るい方だと思う。詞の内容とか寂しい歌詞を歌ってたとしても、彼のボーカルが明なんで、聴く側の僕たちは救われるんですよ。どっぷり暗い方向に持って行かれると嫌なんだけどね、彼のボーカルが救ってくれる」などと、自らの言葉で米津の魅力を口にしていた。

     この吉田をはじめ、12日にはTOKYO FM『桑田佳祐のやさしい夜遊び』の中で、サザンオールスターズの桑田佳祐も米津を絶賛。紅白歌合戦で披露した生歌歌唱は多くの視聴者を釘付けにしたが、同業のアーティストにとっても語らずにはいられないパフォーマンスだったようだ。

     米津は前段のツイートに続けて投稿。「最近偉大な方々から嬉しい言葉をいただく機会が沢山あって、なにが起きてるのかよくわからずちょっと他人事っぽくも感じてるんだけど、しっかり受け止めて励みにしようと思う。今更だけど2019年もよろしくお願いします」とメッセージを書き込み、気持ちを新たに活動に挑みたい気持ちを寄せている。

     前段の番組のなかで、吉田は「彼の曲にはね、古い日本の歌謡曲的なノスタルジーを感じる時がね、曲の中にフワッとある。なんか聞き覚えがある、なんだろうっていう風に考える」などと世代や性別を超える力があることにも言及。

     さらに、「どんな新しい人がどんどんヒット曲を出そうと、どんなライバルが人気が出ようが、うらやましいとか、やきもちをやくとか、ジェラシーの感情は一切なかったです」とこれまでの自身を振り返りつつ、「自分は自分の音楽を進むだけと思っていたんですが、米津玄師、ちょっとやきもちをやいてる(笑)。ちょっとジェラシーを感じてる」と率直な心境を明かしていた。

    https://www.musicvoice.jp/wp-content/uploads/2019/01/photonews190107-K018.jpg
    photonews190107-K018

    ★1が立った日時:2019/01/16(水) 14:12:13.94
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1547615533/

    【吉田拓郎も認める米津玄師の才能。「ちょっとジェラシーを感じてる。」】の続きを読む

    このページのトップヘ