メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    音楽関係を中心にしたエンタメ関連のまとめブログ

    2018年12月

    ダウンロード


    1: 湛然 ★ 2018/12/21(金) 22:43:04.31 ID:CAP_USER9
    12/21(金) 14:58 rockinon.com
    ノエル・ギャラガーが2018年でムカついたこと。「スーパーでクーポンを使ってる奴」

    ノエル・ギャラガーが、今年で5回目となる年末恒例の「BBC Radio 6 Music」のラジオ企画「Noel's Noel Christmas」に出演し、2018年でムカついたことについて話していたことが分かった。

    同番組中で「イラッとさせられること」の話になった際、司会者のSteve Lamacqが今年もっともムカついたのは「バーで客がカードではなく現金で払うとちょっとイラっとする店員」だと話すと、ノエルは自身がムカついたことについて以下のように話していたとのことだ。

    スーパーに行ってさ、大量の商品をクーポン使って買おうとしてる奴を見るとちょっとイラつくんだよな。

    ポール・カーフ(>>0�っぽくなりたくはないんだけど、この前家の近くのウェイトローズ(英高級スーパーマーケット)に行った時レジに列ができててさ、「何が起きてんだ?」って見たんだよ。

    そしたら、なんでか知らないけど、とんでもない量のオレンジを買ってる男がいて、すげー量のクーポンを持ってるわけ。

    それを見て、俺はポール・カーフがよく言ってた「フィッシュ・アンド・チップス屋にいる男子学生が小切手で支払ってる」ってのを思い出して、ポール・カーフみたいに文句言いたくなったんだよな。

    クーポン? 頼むぜ。今どき誰がクーポンなんて持ってんだよ。ダサすぎ。クーポンは禁止にすべき。
    ※英コメディアンのスティーヴ・クーガンが演じる架空のキャラクター。無職で浪費家で、特に学生のことを嫌っているマンチェスター出身者という設定。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181221-00000014-rorock-musi

    【ノエル・ギャラガーが2018年でムカついたこと。「スーパーでクーポンを使ってる奴。」 】の続きを読む

    images (2)


    1: 湛然 ★ 2018/12/28(金) 23:08:20.99 ID:CAP_USER9
    2018.12.28 12:01 BARKS
    メタリカのラーズ「2018年1番聴いていた音楽はアークティック・モンキーズ」

    メタリカのラーズ・ウルリッヒ(Ds)にとっての2018年のベスト・アルバムは、アークティック・モンキーズが5月にリリースした6枚目のスタジオ・アルバム『Tranquility Base Hotel & Casino』だそう。

    『Maxim』誌のインタビューで2018年インスパイアされた新しい音楽について問われたラーズは、彼らの最新作を「今年の音楽的な中核だった」とコメントした。

    「ワークアウト中や、A地点からB地点へドライブ中、ほかの何よりもアークティック・モンキーズを聴いている。5月に出た彼らの新作、あれは正に素晴らしいアルバムだ。
    彼らのバック・カタログをあらためて聴きたくなるよ。だって、それぞれのアルバムがホントに違うからね。
    以前の作品を聴き直してみると、5年前、8年前とは違った理由で惚れる。2018年のことを考えると、俺にとっての音楽的な中核は間違いなく、アークティック・モンキーズだ」

    ラーズがアークティック・モンキーズを称賛するのは、これが初めてではなく、過去に、「俺は、彼らはインディ・バンドを装うヘヴィ・メタル・バンドだと思ってる。
    “Perhaps Vampires Is a Bit Strong But...”なんかの曲を聴いてごらん。ラッシュの要素があるよ」「“R U Mine?”はリリースされてから、多分、900万回くらい聴いてる」などと、彼らのファンであることを公言していた。

    Ako Suzuki


    https://www.barks.jp/news/?id=1000163181

    【『メタリカ』のラーズ・ウルリッヒ「2018年1番聴いていた音楽は・・・」 】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: カーディフ ★ 2018/12/30(日) 20:46:18.79 ID:CAP_USER9
    東野幸治と加藤浩次のダブルMCがゲストに忖度なしのトークを展開する、異色の音楽番組『東野・加藤この歌が聴きたいベストテン2』(日本テレビ系)が29日深夜に放送された。

    その中で、バラエティー番組での活躍も目立つDAIGOが登場し、加藤の本音が炸裂。あまりにも「失礼な発言」に視聴者から怒りの声が漏れている。



    ■世間が聴きたい曲

    独自調査で世間が「聴きたい歌」をジャンルごとにランク付け。そのランキングの中からゲストを招くのが、同番組の概要だ。

    「年末年始に聴きたい新曲ランキング」6位以下は、6位にRADWIMPSの『ANTI ANTI GENERATION』、10位に劇場版『ドラゴンボール超』の主題歌でもある三浦大知の『Blizzard』などが名を連ねていく。

    加藤は9位にランクインした吉本坂46『泣かせてくれよ』を指し「吉本坂が来たら帰るからな」と宣言。ザワついたスタジオに現れたのは、カバーアルバム『Deing』をリリースする8位のDAIGOだった。



    ■バラエティー色の強さ

    ミュージシャンモードのDAIGOはサングラス姿で登場。すぐに外して「直前までサングラスを迷った」と照れ笑いを浮かべた。

    加藤は「バラエティーのかた」とDAIGOの印象を口にすると、DAIGOはお馴染みのDAI語で「SNですね。それはない」と反論。さらに加藤は「正直言って音楽に関しては鳴かず飛ばず」と本音を吐露する。

    これに再びDAI語で「AMJ。あながち間違いじゃない」と流石の対応力をみせると、「否定せえよ」「完全にバラエティーじゃん」とツッコミが飛び、スタジオは笑いに包まれた。

    加藤は「鳴かず飛ばず」と揶揄したが、DAIGOがボーカルを務めるBREAKERZで出したシングルは19枚で、そのほとんどがオリコンランキングトップ10にランクインするほどの人気実力派アーティスト。

    それを知っているファンからすれば加藤の発言は許せなかったのだろう。怒りの声で溢れていた。



    https://sirabee.com/2018/12/30/20161945841/

    【極楽とんぼ・加藤浩次、『DAIGO』を「音楽では鳴かず飛ばず」とコケにする。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 自治郎 ★ 2018/12/30(日) 19:21:55.23 ID:CAP_USER9
     九大フィルハーモニー・オーケストラが1924(大正13)年、福岡市でベートーベンの交響曲第9番を演奏した際に使った楽譜が見つかり、当時の演奏の詳細が明らかになった。「歓喜の歌」で知られる第4楽章から、合唱とともに10分ほどの演奏だったという。

     この演奏は24年1月26日、摂政宮(のちの昭和天皇)の結婚を祝う音楽会で、九州帝国大学フィルハーモニー会が披露した。当日のプログラムから、日本人による初めての「歓喜の歌」の演奏と知られていた。第4楽章の一部が奏でられたことは分かっていたが、どの部分をどう演奏したかは不明だった。

     今回調べたのは、九大フィル顧問の松村晶・九大工学研究院教授。今秋完了した九大のキャンパス移転作業に伴い、オーケストラの古い楽譜786点を所蔵していた九大文書館で、手書きのパート譜10点を見つけた。当日の合唱用総譜は、東京芸術大付属図書館が所蔵。両者を照らし合わせ、合唱譜への書き込みなどから演奏部分を特定した。

     松村教授によると、演奏は331小節目から始まり、627小節から654小節をリピートした。その間にあるテノールの独唱はソプラノ歌手が担い、10分ほどの演奏だったという。

     九大フィルの設立は1909(…

    (残り:282文字/全文:787文字)

    (続きは会員登録で読めます)

    2018年12月30日11時16分
    https://www.asahi.com/articles/ASLDT3Q0VLDTTIPE00P.html

    福岡市記念館で1924年1月26日に行われた「摂政宮殿下御成婚奉祝音楽会」の様子(九大フィル提供)
    https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20181227003743_comm.jpg
    AS20181227003743_comm

    1924年1月26日の音楽会で実際に使われた第1バイオリンのパート譜(九大フィル提供)
    https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20181227003748_comm.jpg
    AS20181227003748_comm

    公演当日のプログラム(九大フィル提供)
    https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20181227003763_comm.jpg 
    AS20181227003763_comm

    【大正時代の「第九」の楽譜が見つかる。演奏10分の詳細が判明。】の続きを読む

    images


    1: ぴこぐらむ ★ 2018/12/29(土) 21:23:38.16 ID:CAP_USER9
    ロックバンド、BUCK-TICK(バクチク)が29日、19年連続となる年末恒例の東京・日本武道館公演を行った。

    ボーカル桜井敦司(52)が今月9日の公演後に体調不良を訴え、「消化管出血」と診断されて4公演を延期。この日が復帰公演だった。

    オープニングから、桜井は体調を崩す前と変わらぬ力強い歌声を披露。ステージを縦横無尽に動き回り、会場のボルテージを一気にヒートアップさせた。3曲目の「美醜LOVE」を歌唱後、普段は寡黙なステージングで知られる桜井が「ご心配をおかけしました。みさなん一緒にダンスしましょう」。約1万人のファンで埋まった会場が大きな歓声と拍手に包まれた。

    アンコールになると、「病室でみんなの…」と切り出したところで涙をこらえるようなしぐさを見せ、「たくさんのお見舞いのメール、励ましのお手紙たくさんいただきました。本当にありがとう」とファンに感謝した。

    休止となった福岡2公演と熊本、京都公演についても触れ、「(振替公演の)良い機会をもらったので遊びに行きます。スタッフ、メンバーは何もいわないけれど…、たくさんのLOVEありがとう」と感謝の言葉を口にした。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181229-00431780-nksports-ent

    【『BUCK-TICK』桜井敦司が復帰、涙こらえ感謝。「ありがとう。」】の続きを読む

    ダウンロード


    1: Toy Soldiers ★ 2018/12/31(月) 01:15:39.44 ID:CAP_USER9
    レコード大賞、空前のペテンだった。
    事務所の力が影響しているとしか思えない。
    誰だって今年を代表するヒット曲は「USA」だと
    思っていただろう。
    審査員もどうしようもない堕落した連中だ。

    年末になっても、まだ子供から老人までDA PUMP
    の「USA」のダンスを踊りたがっている。
    わしだって手術してなければ思いっきり踊りたい
    くらいに跳ねまくってるダンスだ。

    今どき「USA」への憧れなんて、それをあの絶妙に
    ダサい歌詞とダンスで表現してパロってしまい、
    それがまたカッコイイとも思わせるという恐るべき
    楽曲だったのに!!

    これを、今年を代表する楽曲として残さなかった
    審査員は万死に値する。
    さっさと辞めちまえ!
    絶対、事務所の力関係が影響してるな。
    ペテン!ペテン!空前の大ペテンだ!

    アメリカ大嫌いなわしが、これほど押してるのだから、
    「USA」は捻りに捻った名曲なのだ!
    くっそ~~~~。
    音楽界は堕落しとるな~~~~~。

    https://www.gosen-dojo.com/blog/20698/

    【小林よしのり激怒。「レコード大賞、空前のペテンだ!」 】の続きを読む

    images (1)


    1: 名無し募集中。。。 2018/12/26(水) 19:01:37.13 0
    メンバー脱走
    メインヴォーカルのブス化
    新曲爆死
    映像円盤も大激減
    国内ライブは幕張(笑)

    もはや心の拠り所はオワコンベテランバンドの前座のみ 
    なぜこうなったのか?





    【なぜ『BABYMETAL』がオワコン化したのか、理由を考える。】の続きを読む

    images (2)


    1: 名無し募集中。。。 2018/12/22(土) 17:49:27.85 0
    @
    「メンバーの中で彼女にしたい人ベスト5に自分が入ってると思う人」が立ち上がるゲームで立った小田さん

    从´‘e‘リ<私、個別握手会で驚くほどに結婚を申し込まれるんですよ

    【モー娘。の小田さくら、個握で驚くほどに結婚を申し込まれる。】の続きを読む

    ダウンロード (4)


    1: 湛然 ★ 2018/12/25(火) 05:06:35.91 ID:CAP_USER9
    12/24(月) 20:04 SmartFLASH
    森山良子が語る「泉谷しげると吉田拓郎のケンカ」伝説の真相

     昭和と平成の芸能界を駆け抜けた、歌手の森山良子。同世代の大物歌手との親交も深い。知られざる森山の「武勇伝」について、直撃取材を敢行した!

     その武勇伝とは、こういうものだ。

    「吉田拓郎と泉谷しげるが若いころ取っ組み合いの大喧嘩をしたとき、森山が間に入って制止。その後、かなり強く叱られた泉谷が、今でも『(森山良子が)世界で一番怖い』と恐れている」

    ――この話は本当なんですか?

    「いやん、もう~。……本当なんだけど(笑)。

     ただ他人には言ってはいけない仲間内のことだから、私はずっと黙ってたんです。でもいつの間にか、その話が一人歩きするようになっていって、それで泉谷が私を『一番恐ろしい女だ』っていう話になってるんです。

     ムッシュ(かまやつ)の還暦のお誕生日での出来事だったんですよね。だからもう20年近く前の話かな。

     お互いに酔っ払って、言い争いから取っ組み合いになって、泉谷の拳が上がったところで、私がこう、間に割って入って、『あんたたち、やるんだったら、外でやりなさいよ』って言ったんです。だってそこはレストランで、他の人たちもいっぱいいたんですよ」

    ――怖くなかったんですか?

    「全然怖くない。だって2人とも根がすごくいいやつだから。『やめなさいやめなさい』って言っても意味ないし、そう言うしかないじゃないですか。だって、やりたいんだから」

    ――やりたいんだから(笑)。

    「さすがにそのときは言いませんでしたけど、なんなら厨房に行ったらいろんなものもあるしね(笑)。私は男たちがいい年して喧嘩するっていう、あの世代の文化はすっごい好きなんですよ。あのとき、スマホでもあれば撮っておけばよかった(笑)」

    ――肝が座っているんですね。

    「私、昔からなんだか平気っぽいんです。昔はコンサートとかしてると、興行関係の怖い人たちが『誰に断ってやってんだあ?』って来るんですよね。それに対して『いえいえいえ、誰にも断ってませんよ』って言うと、『ちぇっ!』とか言っていなくなるんですよ。

     あと、危ない人のベンツが通ったときにふと『あ~、ベンちゃんが通ってる~』って言ったら、『俺の車のこと、ベンちゃんって言いやがって!』って怒鳴られたんですね。
     だから、『あら、私ジャガーに乗ってて、ジャガ子ちゃんって言ってますけど何か?』って返したら、これも『む、むむう~』っていなくなっちゃった。そういう危ない人とも普通にしゃべれるんです」

    ――な、なるほど。

    「だっていわれのないこと言われても、こっちにはこっちの生き方があるから。昔っから、会社の社長とかが偉そうにしてるとすっごいムカついてきて、みんなが敬語を使ってるなかで、『絶対に敬語使わない』って思ったりね。

     もともと上下関係を強調してくる人たちが好きじゃないんですよ。こっちはこっちの価値観があるから、みたいな。

     ミュージシャン仲間たちからよく『パンク精神の塊だ』って言われます。半分男ですから……いやほとんどかな(笑)」

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    Copyright (C) 2018 Kobunsha Co., Ltd. All Rights Reserved.
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20181224-00010009-flash-000-7-view.jpg
    20181224-00010009-flash-000-7-view

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181224-00010009-flash-ent

    【森山良子が語る”泉谷しげると吉田拓郎のケンカ”伝説の真相。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 湛然 ★ 2018/12/26(水) 22:55:16.94 ID:CAP_USER9
    2018/12/22 11:05
    エマーソン、レイク&パーマー 50周年を迎える2020年に豪華スター参加のトリビュート公演&ドキュメンタリーを計画

    2020年に結成50周年を迎えるエマーソン、レイク&パーマー(Emerson, Lake And Palmer)。カール・パーマー(Carl Palmer)によると、同年にアニヴァーサリーを記念した企画が計画されています。

    パーマーは米ビルボード誌のインタビューで、バンドの過去作品の再リリースに加え、スペシャル・トリビュート・コンサートの開催も計画されていると述べています。
    パーマーは「ちょうど今それをまとめ上げているところ」「アメリカで何人かの豪華スターと一緒にショーを行いたいと考えている」「誰であるかは言えないけど、基本的にプロジェクトとしてはうまくいっているようだ」とコメントしています。

    またパーマーは、バンドがSanctuary Recordsと契約した時に制作されたEL&Pの6時間のドキュメンタリーを再編集して、数時間の未公開映像で構成されたドキュメンタリー作品を制作したいとも述べています。

    またパーマーはエイジア(Asia)についてもコメントしており、「エイジアに関しては、現時点では何も計画されていない」と述べています。
    ただ、パーマーもキーボード奏者のジェフ・ダウンズも「完全に葬るつもりはない」と考えており、「話し合いの結果によっては来年夏にツアーをしているかもしれない」とも付け加えています。


    Carl Palmer Plotting ELP 50th Anniversary Celebration, Including Show With 'Some A-Listers'
    https://www.billboard.com/files/styles/article_main_image/public/media/Emerson-Lake-Palmer-1970-billboard-1548.jpg
    Emerson-Lake-Palmer-1970-billboard-1548

    https://www.billboard.com/articles/columns/rock/8491223/emerson-lake-palmer-50th-anniversary-celebration

    http://amass.jp/115044/

    【『エマーソン、レイク&パーマー(EL&P)』50周年を迎える2020年に豪華スター参加のトリビュート公演&ドキュメンタリーを計画。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 47の素敵な(pc?) (8段) 2018/12/26(水) 20:13:35.52
    【目に涙をためる沖ぽ】
    (某ネットでの反応を)それを見てたら悲しくなっちゃって、親に初めて相談して…とりあえず一回実家に帰って来なさいって言われたから、一回帰って今後のことを考えたいなって思いました #沖侑果
    https://video.twimg.com/ext_tw_video/1077667020852740097/pu/vid/640x360/wWaR4kL1H3mk3d5a.mp4

    【『STU48』沖侑果「(某ネットの反応)見てたら悲しくなって親に初めて相談して実家帰って来なさいって言われたから帰って今後のこと考えたい。」】の続きを読む

    このページのトップヘ