メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    音楽関係を中心にしたエンタメ関連のまとめブログ

    2018/03

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    images


    1: 名無し募集中。。。 2018/01/11(木) 18:52:54.79 0
    今日ふと自分の年齢を考えたら40歳だった
    それで我に返って何してんだろ俺って思った
    あと10年で50歳
    10年なんてあっという間なのに
    40歳の響きとか最悪
    40とかクソジジイだぜ
    これでアイドルやバンドのライブ行って高齢の部類
    冷静に考えたら恥ずかしいな
    まだ正社員で仕事と貯蓄があるなら全然マシだろうけど
    俺の人生絶望すわ

    【今年で40歳なんだけどアルバイトで独身で実家暮らしでアイドルやバンドのライブに行ってる自分を省みたら絶望の言葉しか浮かばなかった。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード


    1: Egg ★ 2018/02/24(土) 07:08:34.99 ID:CAP_USER9
    テレビ東京「リトルトーキョーライフ」(21日深夜放送分)では、
    新日本プロレス・棚橋弘至がゲスト出演。「プロレス技」をテーマに、棚橋がジャニーズWESTらレギュラーメンバーの素朴な疑問に答えた。

    何度かプロレスの試合を観たことがあるという中間淳太は、「ロープの上からジャンプして、くらわせる技って避けれる気がするんです」と前置きすると、
    「なんで(相手の技を)受けるまで待つのかな?」と疑問を述べた。

    この質問に対し、「その答えは、ぶっちゃけ、かわせます」とキッパリ言い切る棚橋だったが、「かわせますが、プロレスラーはあえてかわさない」とも。

    その理由を「受けの美学」と語ると「技をくってもまだまだ立ち上がれるんだぞという男としての強さを競い合う競技」と説明した。

    すると中間は「かわすのって恥ずかしいことなんですか?」と質問。棚橋は「これくらったらやばいなって時は逃げます」といい笑いを誘ったが、
    「相手の力を9引き出して、自分の力を10出して勝つ」というアントニオ猪木の言葉なども紹介した。

    「そうすると試合が盛り上がっていって、お客さんもワーってなって、1番盛り上がった時に勝負を決める」と言葉を続けた棚橋は、
    「レスラーたちが痛さに耐えて立ち上がる気持ちを感じて欲しい」などと訴えた。

    2018年2月23日 17時0分 Sports Watch
    http://news.livedoor.com/article/detail/14343816/

    写真
    http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/3/b/3ba078ec4afc8b6ea4c1ea1722fa3bba.jpg 
    3ba078ec4afc8b6ea4c1ea1722fa3bba

    【「なんで受けるまで待つの? 」棚橋弘至がプロレス技の疑問に返答。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード


    1: 風吹けば名無し 2018/01/18(木) 09:54:44.07 ID:6Fybmx+c0
    馬鹿女「へ、へ~そういう今風なのも聞くんだ…」
    俺「うん後FLOWとかラルクとかも聞くよw(勝ったw)」

    【クラスの馬鹿女「なんの音楽聞いてんの?アニメとかアイドルとか?w」 俺「オレンジレンジだよ。」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (2)


    1: 名無し募集中。。。 2018/01/23(火) 21:46:44.54 0
    社会的ブームになったファミコンのが凄かったんだろうか?

    【ファミコン発売当時の人気とプレステ発売した時の人気、どっちが凄かった?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (5)


    1: 名無し募集中。。。 2018/02/28(水) 22:09:22.77 0
    http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180228-00006376-bunshun-spo


    2016年のリオ五輪で4連覇を達成し、国民栄誉賞に輝いた女子レスリングの伊調馨(33)。
    週刊文春の直撃取材に応じ、栄和人強化本部長(57)に対する複雑な心境を語った。

    伊調、栄氏の双方と親交の深いレスリング関係者が事情を明かす。

    「栄さんは五輪3連覇で国民栄誉賞を受賞した吉田沙保里をはじめ、計6人の金メダリストを輩出しています。紛れもなく女子レスリング隆盛の立役者です。
    その圧倒的な実績を背景に強化本部長に君臨し、レスリング協会で絶大な影響力を持つようになった。
    伊調への嫌がらせは2010年頃に始まり、エスカレートするばかりです。このままでは東京五輪はとてもじゃないけど目指せない。本人もそう話しています」

    1月18日、内閣府の公益認定等委員会に提出された1通の告発状。
    そこに記されていたのは、協会の強化本部長である栄氏による伊調に対する“パワハラ”だった。
    告発状が指摘する“パワハラ”は大きく分けて次の3点だ。
    1つは伊調が師事する田南部力コーチ(42)に対する不当な圧力、2つ目は伊調の男子合宿への参加禁止、そして最後は、彼女がリオ五輪まで練習拠点とした警視庁レスリングクラブへの“出禁”処分である。

    この告発状を元に本誌は取材を進め、伊調を直撃すると、30分にわたり取材に応じた。

    東京五輪が2年後に迫っているなか、5連覇に向け練習もままならない状況だという。

    「練習……そうですね、自分が求めていけば、練習させてくれるところはたくさんあると思うんですけど、私が(練習に)行ったことで、
    栄監督による圧力が周りの方にかかるというのはちょっと懸念している部分ではあるので。
    うーん、『来て欲しい』って言って下さる方はたくさんいるんですけど、『私が行ったらどうなるのかな』って……」

    ――練習したくても練習場に行けない状況なのか。

    「現役を続けるとなると、栄体制の元でやるしかないので、また色んなことを我慢しながらやっていくとなると……。朝練とか午後練も練習環境がしっかり整わないと、なかなか腹をくくれない部分があります」

    栄氏は週刊文春の取材に対し、“パワハラ”の事実を否定し、「(東京五輪に)出たければ出ればいいだけの話」などと語った。

    3月1日(木)発売の「週刊文春」では、伊調へのインタビューに加え、栄氏への直撃取材、告発状の中身など、6ページにわたって詳報している。
    また、本記事に関連する動画が、同日朝5時より「 週刊文春デジタル 」にて公開される予定。

    「週刊文春」編集部

    告発状
    http://bunshun.jp/mwimgs/d/c/1500wm/img_dcf24819cb3b499f32ebc440d6f8a02d137881.jpg 
    img_dcf24819cb3b499f32ebc440d6f8a02d137881

    伊調馨
    http://bunshun.jp/mwimgs/f/c/1500wm/img_fc0a7d1e44961b07214e4eac91f1c17c235358.jpg 
    img_fc0a7d1e44961b07214e4eac91f1c17c235358

    栄和人強化本部長
    http://bunshun.jp/mwimgs/a/e/1500wm/img_ae94907f7277ab09e08ba59ca8f96ff290284.jpg 
    img_ae94907f7277ab09e08ba59ca8f96ff290284

    北京五輪までは関係良好だった
    http://bunshun.jp/mwimgs/8/4/1500wm/img_845f8e9ba53413487e2e1ee94734bf80331633.jpg 
    img_845f8e9ba53413487e2e1ee94734bf80331633

    【【文春砲】朝起きたら国民栄誉賞のレスリング伊調馨選手が栄和人コーチを告発して大騒ぎになってる件。】の続きを読む

    このページのトップヘ