メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    音楽関係を中心にしたエンタメ関連のまとめブログ

    2018/01

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (1)


    1: 名無し募集中。。。 2017/12/31(日) 14:51:34.06 0
    2015年に解散したアイドリング!!!の元リーダーで、今日31日をもって芸能界を引退する遠藤舞(29)が胸の内を明かした。

    遠藤はツイッターで「私は所謂アイドルと言われることに昔から物凄く抵抗があった。
    私の中でアイドルとは芸能人という職種の人間がやるべき“芸”が、プロの域に達せず未熟で、その成長過程を楽しんでもらうものと考えているからだ。
    故に10代や20代前半でそれはアリだとしても、20も半ばを過ぎてそれは恥ずかしい事だとこの職についた時から思っていた」と葛藤があったことを明かした。

    2013年にグループを卒業し、ソロ歌手に転向したが、「私は未だに元アイドルの肩書きなしにはメディアに出られず、アイドル的な売り方をしなければCDも売れない。
    アイドルを卒業してから何年もたった今も、最近知り合った人にはアイドルという目で見られてしまう」という。
    その原因について「私の“芸”の才能が、アイドルの域を所詮超えられなかったからなんだと思う」と自己分析し、
    「自分の才能の無さに嫌気がさして、他の適する職業を目指す事となりました」と、引退を決意した経緯をつづった。

    引退後の進路については言及しなかったが、「また別の道で今度は未熟者を脱せるように頑張ります!」と意気込みをつづり、
    「最後まで未熟だった私を見捨てずに応援してくださりありがとうございました。
    自分自身が見切りをつけてしまったものすら諦めずに応援して下さり、感謝しています」と締めくくった。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171231-00090149-nksports-ent
    http://pbs.twimg.com/media/DC1Sly3UQAAyVlK.png 
    DC1Sly3UQAAyVlK

    【元アイドリングの遠藤舞が引退。「アイドルは低レベルな仕事。許されるのは未熟な二十歳ぐらいまで。それを越えてしがみつくのは恥。」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    images (2)


    1: 江戸領内小仏蘭西藩 ★ 2017/12/27(水) 10:06:53.18 ID:CAP_USER9
    青木さやか 収入は10年前の「10分の1」 でも生活レベル下げられず、悩む
    2017.12.27(Wed)
    https://www.daily.co.jp/gossip/2017/12/27/0010851719.shtml
    https://daily.c.yimg.jp/gossip/2017/12/27/Images/f_10851720.jpg
    f_10851720

     タレント・青木さやか(44)が26日、TBS系で放送された「明日は我がミーティングSP」に出演。
    全盛時に比べ、「収入は10分の1」になっているにもかかわらず、生活レベルを下げられない悩みを明かした。

     青木は2007年10月に3歳年下のダンサーと結婚。10年3月に第1子となる長女を出産したが、12年3月に離婚した。
     河中あい、佐藤寛子、スザンヌ、福田明日香らシングルマザーと語り合うコーナー。離婚後は都内の高級マンションに引っ越しをし、娘(7歳)と2人暮らし。
    部屋にはウォーターサーバーや300万円したという高級ピアノがあり、青木は
    「やっぱり、生活レベルを下げるってのはとても難しくて。一度上げてしまったもの、それと今も葛藤してて。(全盛期の)10年前みたいにお金使っちゃってるところがあるんで」と打ち明けた。

     公私ともに絶頂時に結婚。「収入なんか(当時の)10分の1なのに、いつまで外車乗ってるんだ、って思っちゃったりして」と生活レベルを下げられない自分にツッコミ。
    「やっぱり下げるってのはすっごい難しい」と繰り返していた。

    【青木さやか「収入は10年前の10分の1」でも生活レベル下げられず悩む。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    images (1)


    1: (^ェ^) ★ 2017/12/29(金) 13:40:12.46 ID:CAP_USER9
    http://netgeek.biz/archives/109364

    フジテレビの新報道2001に出演した勝間和代が生放送中にとんでもない爆弾を落としてネット上で絶賛されている。
    テレビ局から受け取るギャラに依存していない勝間和代だからできるテレビ批判。

    勝間和代「上の世代と下の世代が違う国に住んでると思うぐらいライフスタイルが違う。正直、このテレビ観てる人の平均年齢は私の予想だと60代。実際に10代20代の人達は地上波を観る習慣が全くない。若者はビデオサービスを見るかYouTubeを再生する形に」
    地上波テレビではっきり言う勝間さん? pic.twitter.com/GZrsMBCwyV

    — ブルー (@blue_kbx) 2017年12月24日

    ―勝間さん、世代のギャップって感じます?

    勝間和代「物凄く感じます。上の世代と下の世代が違う国に住んでいるんじゃないかと思うぐらいライフスタイルが違うんですよ。例えばこのテレビ見ている人って何歳だと思います?平均年齢が。私の予想は60代です」

    ※出演者たちが首と体を斜めに傾け、不機嫌そうにしているのが映る(そう見えるだけかもしれないが)

    勝間和代「10代、20代の人たちは地上波を見る習慣が全くないんです。もうテレビをつけたときにはせいぜいビデオサービスを見るか、YouTubeを再生するか」

    言っていることは極めて正論で今の若者のライフスタイルを的確に捉えている。スマホを使ってYouTubeを開けば好きなタイミングで動画を見始められるという大きな利点があり、今やテレビの前に座って番組を待つのは苦痛に感じられるようになってしまった。
    勝間和代はその後、自身のブログにて話を発展させて大手企業がベンチャー企業に負ける理由についての考察を展開した。

    生放送の地上波でこんなコメントをする人はほとんどいないので、SNS系ではよく言った、という声が上がっていて逆に驚きました。私は、もうずっとそれを感じているからです。

    そしてこのような情報ギャップやジェネレーションデバイドが、大企業では若年層が活躍ができないという鬱屈感をもたらしていると考えています。幹部は、若年層がやりたいことをネイティブで理解できません。また、古い既存の顧客を大事にしすぎているため、新しいことができません。

    なぜ新興企業系、特にIT系の企業の成長率が高いかと言うと、社内にも、顧客にも、成長を阻害するようなオールドジェネレーションがいないからです。

    http://katsumakazuyo.hatenablog.com/entry/2017/12/24/101231?platform=hootsuite

    文中でマイルドに「オールドジェネレーション」と表現している箇所は要するに「老害」ということだろう。若者の感覚が理解できず、また知ろうともしない老害が古いやり方に固執するから事業は衰退していく。テレビ局はまさにその渦中にあるように思える。

    今やテレビは時代についていけない60代のもの。老害の老害による老害のためのメディアだ。

    【フジテレビに出た勝間和代がテレビ批判。「この番組の視聴者の平均年齢60代でしょ。若者はテレビ見ねーから。」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード


    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2017/12/31(日) 23:52:46.64 ID:CAP_USER9
    NHK紅白歌合戦で、アイドルグループ「欅坂46」のメンバー3人が31日夜、
    出演後に過呼吸のような症状が出たため、待機していた看護師の手当てを受けた。

    NHKによると、3人は平手友梨奈さんと鈴本美愉さん、志田愛佳さん。
    いずれも症状は軽く、病院には運ばれておらず回復に向かっている。
    https://this.kiji.is/320208820016907361?c=39546741839462401

    【【紅白歌合戦】 「欅坂46」メンバー3人が過呼吸で倒れる。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード


    1: 金魚 ★ 2018/01/01(月) 00:28:44.76 ID:CAP_USER9
     昨年6月から体調不良のため活動を休止していた女性ボーカル・越智志帆(33)によるソロユニット・Superflyが、
    31日放送の「第68回NHK紅白歌合戦」(後7時15分)でテレビ復帰した。

     15年の「第66回NHK紅白歌合戦」に出演も、その3か月後から体調不良のため、ライブ活動を休止していたSuperflyは、
    テレビ出演は2年前の紅白以来となる。

     Superflyは、08年発表の大ヒット曲「愛をこめて花束を」を熱唱。
    4年連続で副音声の紅白・ウラトークチャンネルの司会を務める「バナナマン」の設楽統(44)は
    「歌がうまい。めちゃめちゃよかった。かっこいい」と力強い歌声を絶賛し感動していた。

     Superflyは11月15日、東京・初台の東京オペラシティでデビュー10周年記念コンサートを開催。
    約1年8か月ぶりのライブで復活の歌声をパワフルに響かせていた。

    http://www.hochi.co.jp/entertainment/20171231-OHT1T50236.html

    【【紅白歌合戦】喉を痛めて休養後にテレビ復帰のSuperfly、ベリーショートにイメチェンして「愛をこめて花束を」を魂を込めて熱唱。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (4)


    1: 湛然 ★ 2017/12/31(日) 22:06:21.88 ID:CAP_USER9
    2017-12-31 21:49

    ベッキー、ガキ使『笑ってはいけない』で“逆ドッキリ” タイキックにもん絶

     タレントのベッキーが、31日放送の日本テレビ系の人気バラエティー番組『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』の大みそか年越しスペシャル『絶対に笑ってはいけない』に出演。
    ココリコの田中直樹にタイキックを仕向ける仕掛け人として登場したはずが、逆ドッキリにかかり、タイキックのえじきとなり「ヤバいコレ…」ともん絶した。

     仕掛け人としての役目を終えて、すっかり安心していたベッキーに横澤夏子から逆ドッキリを発表。「ベッキー 禊のタイキック」と題して、これまでの騒動にケリをつけるとばかりに、女性のムエタイ選手からタイキックを食らったベッキーは「ヤバいコレ」ともん絶。
    「痛い、重い。うそー」と放心状態のまま、その場を立ち去っていった。

    (以下略、全文はソースをご覧ください。)


    ベッキー
    https://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20171231/2103483_201712310226489001514724781c.jpg 
    2103483_201712310226489001514724781c

    https://www.oricon.co.jp/news/2103483/full/

    【ベッキー、ガキ使『笑ってはいけない』で“逆ドッキリ” 。タイキックにもん絶。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (3)


    1: シャチ ★ 2017/12/31(日) 21:21:59.30 ID:CAP_USER9
    12/31(日) 21:18配信 デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171231-00000089-dal-fight
     「RIZIN」(31日、さいたまスーパーアリーナ)

     女子スーパーアトム級トーナメント決勝で浅倉カンナ(20)=パラエストラ松戸=が、
    シュートボクシング世界女子フライ級王者のRENA(26)=シーザージム=を
    1回終盤にチョークスリーパーでTKO、優勝した。

    【【RIZIN】女子トーナメントは浅倉カンナがエースのRENAを絞め落とし優勝。】の続きを読む

    このページのトップヘ