メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    音楽関係を中心にしたエンタメ関連のまとめブログ

    2016/10

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    images (1)


    1: たんぽぽ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/10/23(日) 14:04:33.94 ID:CAP_USER9
    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/10/23/kiji/K20161023013589760.html

     フジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に“ワイドナ高校生”として不定期出演し、女優業も行っていた青木珠菜(17)が23日の放送をもって芸能界を引退すると発表した。

     「ずっと芸能界と学業の両立で、いろいろ思うところもあって、大学にも行きたいという思いもあるので、芸能界をきょうで辞めます」

     2010年、テレビ朝日「笑顔がごちそう ウチゴハン」の2代目子役オーディションに合格。長女役を務めた。映画「真夏の方程式」やテレビ朝日「ハガネの女」フジテレビ「幽かな彼女」などに出演した。

    【“ワイドナ高校生”青木珠菜さんが芸能界引退を発表。「大学に行きたい。」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード


    1: 湛然 ★@無断転載は禁止 2016/10/23(日) 15:48:22.81 ID:CAP_USER9
    (更新 2016/10/22 16:00)

    山下達郎、サザンオールスターズ、BOOWYもステージに立った、日本のロックの
    殿堂と名高い老舗ライブハウス「新宿ロフト」が、この秋40周年を迎えた。
    数多くのミュージシャンが夢見た、その輝かしい軌跡を、オーナーの平野悠氏が振り返る。

    *  *  *
    ――10月初旬、山下達郎が2日間のアコースティックライブを開いた。
    計500人のライブに6万人の応募があった。

     東京ドームが埋まっちゃう数の人が来たかったわけですからね。
    達郎さんを間近で見られ、あんないいものがウチでできるなんて思わなかった。
    マイクなしのアカペラなんか、すごかったです。ウチでやってくれたのは40年近くぶりですが、
    やっぱり帰ってきてくれるとうれしいですよ。

    ――ライブハウス・ロフトの誕生は、日本ロックの最初の転換期のころだった。

     70年代はじめ、ロックは英語でやらないといけないというような縛りがあった。
    そこに、日本語でロックを歌って何が悪いんだって出てきたのが、はっぴいえんどなんです。
    細野晴臣、大瀧詠一、松本隆、鈴木茂。4人の作る圧倒的な質の高さ。
    こんなに日本のロックって面白いのかってブッ飛びましたね。彼らのようなバンドを生で聴きたいのがきっかけでした。

    ――1971年3月、「烏山ロフト」をオープン。だが、ロックの流れるスナックだった。
    73年に念願のライブハウス「西荻窪ロフト」、その後、「荻窪ロフト」「下北沢ロフト」と出店。
    山下達郎は荻窪と下北沢を拠点としていた。

     高田渡に遠藤賢司、友部正人、久保田麻琴と夕焼け楽団──。
    新しいミュージシャンがどんどん出てきたころです。72年に解散したはっぴいえんどのメンバーが結成した
    ティン・パン・アレーも出てくれました。細野さんが歌い、鈴木茂がギターを弾く。
    そこに山下達郎に大貫妙子、吉田美奈子、そしてユーミンらが、カウンターでコーラスに参加したりもしました。
    すごい顔ぶれですよね。

    ――76年10月、西新宿に「新宿ロフト」が誕生。

     3軒のライブハウスの集大成として、本格的なライブハウスがついにできたという感じでしたね。
    70坪あって、300人まで入った。スピーカーも当時一番でっかいの、コンソールもいいものを使って、
    これなら誰にも文句を言わせないぞって、力が入りました。

    ――オープンセレモニーと銘打った10日間の公演。鈴木慶一&ムーンライダース、
    桑名正博&ゴーストタウンピープル、矢野顕子、りりィ、山崎ハコらが出演。

    “歴史的スケジュール”と言われます。「これが僕らの支持してきた音楽だよ」と、届けたかった。

    ――78年、新宿ロフトは「ザ・ベストテン」の生中継で一躍注目を集める。
    注目のアーティストを紹介する「スポットライト」のコーナーにジョギングパンツ姿で登場し、
    「勝手にシンドバッド」を披露したサザンオールスターズだ。彼らはかつて下北沢の店員だった。

    桑田佳祐がコーヒーやビールを配っていました。彼らはお金がなくて、
    閉店後にウチの店の機材を使って練習していたんです。コンテストに優勝してましたから
    演奏はうまかったですが、最初は客が入んなかったですね(笑)。

    >>2以降につづく)


    ロフト代表・平野悠氏(撮影/岡田晃奈)
    記事「サザン、BOOWYも巣立った! 新宿ロフト40年の軌跡」より
    https://cdn.images-dot.com/S2000/upload/2016102000116_1.jpg
    2016102000116_1

    https://dot.asahi.com/wa/2016102000116.html

    【サザン、BOOWYも巣立った「新宿ロフト」40年の軌跡。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード


    1: 名無し募集中。。。@無断転載は禁止 2016/10/15(土) 18:02:57.34 0
    菊地<マネージャーが優しくて売れてる人見たことない。みんな怖い。
       ももちのマネージャーは死ぬほど怖い。ももちが怒られてるの横でみて私が泣きそうになったもん。
    https://youtu.be/95JKr0miUyg?t=1334


    【菊地亜美「ももちのマネージャーは死ぬほど怖い。」「マネージャーが優しくて売れてる人見たことない。」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    images (1)
    ダウンロード


    1: 砂漠のマスカレード ★@無断転載は禁止 2016/10/14(金) 13:04:38.30 ID:CAP_USER9
    10月4日、橋本環奈の所属するRev. from DVLからメンバー・西岡優菜が同月8日をもって脱退すると発表された。
    西岡は同グループのサブリーダーで、存在感もあるメンバーのひとりだ。
    発表を受け、グループ内での格差や男関係まで報じられ始めている。

    世間では、Rev. from DVLは「橋本環奈所属のアイドルグループ」として認知されている。橋本が一躍有名になったのは2013年。
    インターネット上に投稿された「奇跡の一枚」といわれる写真をきっかけに、「天使すぎるアイドル」と称されて瞬く間に知名度が上昇し、ネット上のみならずテレビを中心とする主要メディアにも登場するようになった。

    今や、橋本を起用するCM企業を見ると、ソフトバンク、日本マクドナルド、日清食品、ロート製薬など、そうそうたる大企業ばかりだ。
    間違いなくトップアイドルとなった彼女の周辺で、一体何が起きているのか。

    「メンバー間格差は深刻な問題になっている」とテレビ局関係者は明かす。

    「そもそも、橋本はリーダーでもサブリーダーでもなく、一メンバーという存在です。
    彼女がブレイクした13年末から14年にかけては、『これでRev. from DVLの知名度も高まるはず』という期待が関係者やファンにありました。
    しかし、現状は見ての通りです。現リーダーの今井瞳、サブリーダーの秋山美穂、そして西岡も、世間に『名前すら知られていない』というのが実情でしょう」(テレビ局関係者)

    このメンバー間格差が、新たな歪みを生んでしまった。西岡の脱退は何を意味するのか。

    4日更新の西岡のオフィシャルブログによると、
    「デビューしてから、沢山の衣装に魅了されて、私も着る人が輝ける様な衣装を作って裏方としてファッションの世界に携わってみたい!と思うようになり、
    沢山悩んだ結果、夢を叶える為にもRev.との両立は難しいと考え、今回卒業を決意しました」とコメントを残している。

    ●不透明な脱退理由、すぐに復帰の可能性も

    そもそも、Rev. from DVLは03年、男女混合ダンス&ボーカルユニットとして誕生したが、本野杏香、高橋菜々美、神谷帆南といったファンに親しまれたメンバーが次々と脱退している。
    メンバーが固定せず、悪くいえば落ち着かないチームだ。
    メンバーの新陳代謝というシステム自体は、アイドルグループでは珍しくないものの、不祥事などもないのに今回のような突然の脱退劇は違和感が拭えない。

    前出の関係者は、「復帰もありえます」と語る。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161014-00010006-bjournal-ent
    Business Journal 10月14日(金)12時50分配信

    【橋本環奈バカ売れで所属するRev.内の格差深刻。リーダーすら無名、相次ぐ脱退。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    images (4)


    1: 忍次郎 ★@無断転載は禁止 2016/10/22(土) 18:22:33.42 ID:CAP_USER9
     タレント時代に所属していた事務所の先輩、重盛さと美を“腹黒オンナ”扱いしたことで世間を騒がせている坂口杏里。

     艶系女優として第2の人生をスタートさせたということもあり、ツイッターで
    「親友、幼馴染以外全員切りました」と宣言。
    それを証明するかのように、かつて自身を可愛がってくれた先輩の重盛をも容赦なくこき下ろしてみせた。

     ならば坂口が“切らなかった”親友や交流を続けている人物が誰かが非常に気になるところだが、
    どうやら坂口とは絶対に交わってはいけない人物の名前が浮上したことで、ネットを中心にザワついている。

    「坂口は10月14日のツイッターでAKB48の劇場公演を観に行ったことを報告。
    同グループメンバーの大家志津香と宮崎美穂と公演終了後に撮影したであろうスリーショット写真もアップしています。大家にべったりくっついた坂口の姿を見ると、親友かどうかは定かではありませんが非常に親しい関係には見えます。そのため、坂口の“切らなかった”相手がAKBメンバーだったとファンが騒いでいるわけです」(エンタメ誌記者)

     当然、この繋がりを喜ぶAKBファンはほぼ皆無。
    「メンバーに悪い影響を及ぼす確率200%」「頼むからAKBも切ってくれ」「艶系へのルートがありありじゃないか!」「コイツとは繋がっちゃダメだ」
    など、今すぐにでも“離縁”を望む悲鳴に近い声が大半だ。

    ~続き・詳細 は以下引用元をご覧ください~

    アサ芸+ 2016年10月22日 5:59 PM
    http://www.asagei.com/excerpt/68565

    【坂口杏里が"切らなかった"親友が判明!?人気アイドル「AKB48」との写真撮影にファン悲鳴。 「コイツとは繋がっちゃダメだ。」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    images (1)


    1: 以下、無断転載禁止でVIPがお送りします 2016/10/20(木) 09:30:33.782 ID:7k1FUGaTM
    https://www.youtube.com/watch?v=fjV91oI5cL0



    バラードバージョンとインドバージョンもあってワロタ

    【PPAPのデスメタルバージョンワロタwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    images (3)


    1: 名無し募集中。。。@無断転載は禁止 2016/10/22(土) 13:33:52.86 0
    ポップスの女王、マドンナ(58)は、米民主党のクリントン候補に投票する、すべての人にオーラル●●を約束
    した。 このビックリするような発言が飛び出したのは、女性コメディアン、エイミー・シューマー出演前の、ニュー
    ヨークでの舞台だった。Lenta.ruが伝えた。

    マドンナは、舞台から観衆に向かって「もし皆が、ヒラリーに投票するのなら、希望する皆に●●してあげようか?」
    と尋ねると、観衆らは、それを喜んで受け入れる反応を示した。

    マドンナは、こうした彼女なりのやり方で、民主党のクリントン候補支持を人々に訴えた。

    マドンナによれば、自分は●●の経験が豊富なので、クリントン候補を支持した人は、きっと満足するはずだと
    のことだ。

    https://jp.sputniknews.com/entertainment/201610222931665/

    https://www.youtube.com/watch?v=JtKF1hijoVc


    【マドンナ(58)、ヒラリーに投票する全ての人に【とんでもない約束】を宣言。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (2)



    1: 名無し募集中。。。@無断転載は禁止 2016/10/22(土) 12:21:38.92 0
    ディラン氏ノーベル賞沈黙「無礼で傲慢」 選考メンバーが批判

    今年のノーベル文学賞に選ばれた米シンガー・ソングライターのボブ・ディラン氏が沈黙を続けていることに対し、選考主体の
    スウェーデン・アカデミーのメンバーが21日、スウェーデン公共放送SVTのインタビューで「無礼かつ傲慢だ」と強く批判した。

    作家らでつくる同アカデミー(定数18)の一員のペール・ウェストベリ氏で、「この事態は予測しなかった」と困惑気味に語り、
    ディラン氏の真意を「ノーベル賞を欲しくないのだろう。自分はもっと大物だと思っているのかもしれない。あるいは反抗的な
    イメージのままでいたいのかもしれない」と推測した。

    アカデミーは13日の授賞発表後、ディラン氏に再三連絡を試みてきたが、接触できないまま既に1週間が経過。
    12月の授賞式に来るのかどうかも不明で、権威を傷つけられたいら立ちが噴出した形だ。

    http://www.nikkei.com/article/DGXLAS0040001_S6A021C1000000/

    【ボブディランにノーベル賞側がついにブチ切れ。「賞をやると言っているのに、ディラン氏は無礼で傲慢。」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    images


    1: 砂漠のマスカレード ★@無断転載は禁止 2016/10/21(金) 20:32:10.80 ID:CAP_USER9
    一斉を風靡した韓流ブームに乗り、「ミスター」など次々とヒットを飛ばした韓国のアイドルグループKARA。
    日本ではアリーナライブを成功させるなど、本国以上に人気を獲得した。ところがその後は一転しての嫌韓時代、メンバー脱退なども響いて失速していったのは記憶に新しい。
    所属事務所との契約も今年初頭に終了し、かつてのメンバーもバラバラ、ほとんど情報が入ってこない状況だ。

    ところが、リーダーだったギュリがここにきてインスタグラムなどに近況写真をアップすることが増えたことで再び注目を集めている。
    しかも「昔の広末涼子みたい」「えっ、こんなに美人だっけ」「めっちゃ可愛い」など、そのルックスの評判がすごいのだ。

    「元メンバーの知英(ジヨン)は日本のアミューズに所属して活躍中。
    先日の初ミュージカルの舞台には、元メンバーのスンヨンやハラが駆けつけてKARAファンを喜ばせましたが、
    リーダーだったギュリの情報は聞こえてきませんでした。
    そういった意味でも現在は芸能活動とは距離を置いている可能性も高く、インスタで写真を見ればわかりますが、完全に“大人の美人”という雰囲気。
    元から美人でしたが、アイドル時代はキツめのメイクで派手な印象だっただけに、現在のルックスのナチュラルさには驚きます。昔の広末にも確かに似ていますね」(女性誌記者)

    現在は28歳のギュリ。日本で活動中は韓国からのバッシングにも悩んだと聞くが、現在はその板ばさみからも解放され、美に磨きがかかったのだろうか。
    あの艶っぽいダンスは無理でも、いずれは日本でも再び活躍が見たいものだが‥‥。

    http://dailynewsonline.jp/article/1214735/
    2016.10.21 09:58 アサジョ

    http://stat.ameba.jp/user_images/20100128/21/kara-dream/89/fd/j/t02200293_0240032010392309983.jpg
    t02200293_0240032010392309983


    https://www.youtube.com/watch?v=pHtDaScwNjU


    KARA Mr. "ミスター"

    https://www.youtube.com/watch?v=kEbFTYJbgZ0


    Kara"カラ" Jumping

    【元KARAギュリの近況写真が「全盛期のヒロスエ」と絶賛。"お姉様"好きにはたまらん容姿。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    images


    1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/10/21(金) 08:34:06.81 ID:CAP_USER9
     世界的人気歌手のジャスティン・ビーバーが、コンサートで絶叫するファンに対して不快感をあらわにした。ジャスティンは現地時間17日に英国でおこなった『パーパス・ワールド・ツアー』の英・バーミンガム公演中に、パフォーマンスを一時中断して観客に大声を出さないように注意した。

     当時の様子を収めた動画で、ジャスティンは以下の通りに話している。

     「違う方法で君たちの僕への愛を見せるようにしてくれよ。分かるからさ」
     「叫ぶのはただ不快なだけなんだ」
     「分かるよ。コンサートに行って叫びまくるっていうのは根付いていることだし楽しいよね」
     「ただ歌の後に叫んでくれるといいんだ…歌は楽しんでもらってさ...叫ぶのは良いよ。それは構わないんだけど、ちょっと落ち着いて僕の話を聞いてくれよ」
     「だってたまに誰も聞いてくれていないんじゃないかと感じるんだ。それがちょっとプレッシャーになってきているんだよ」
     「だから僕が話している時は声のかぎりに叫ぶのをやめてくれるかな。分かってもらえるかな?」

     その中で、一人の女性が「ノー」と叫んでいるのが聞き取れるものの、ジャスティンはそのまま話を続ける。

     「さっきも言ったけど、けっこうな間、ツアーをやっているから、友達からも離れていて、たまに辛くなるんだ」
     「君たちのような美しい人たちが僕を寂しくないようにしてくれているのさ」

     そんなジャスティンからのお願いを良く思っていないファンもいるようで、同公演にマンチェスターから駆け付けたというアマンダ・ボーランドさん(26)はバーミンガム・メール紙に以下の通りに不快感を示した。

     「ジャスティンが自分のファン達を軽視しているようにとても感じました」
     「私たちというよりは、特に一番前に行こうと長く並んでいた若い女の子たちにです」
     「私はこれまでに耳にしたことがないほどうるさい叫び声とは思わなかったので、ファン達が騒いでいる様子を録画したんですが、予想外にもビーバーがファンに『2フィート(約61センチ)ほどのところ』にいることに文句を言って、『自分を表現する別の方法を見つける必要がある』と批判したところを写す結果になってしまいました」

     ツアー中に一部のファンとの溝は埋められるか。

    MusicVoice 10月21日 7時24分
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161021-00010005-musicv-ent

    【ジャスティン・ビーバー、コンサートで絶叫するファンに不快感。「叫ぶのはただ不快なだけなんだ。」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    images (3)


    1: muffin ★@無断転載は禁止 2016/10/20(木) 19:16:37.92 ID:CAP_USER9
    http://www.oricon.co.jp/news/2080205/full/
    2016-10-20 13:00

     元レベッカ/RED WARRIORSのギタリスト、木暮“shake”武彦(56)が、12月21日にソロ5枚目のアルバム『惑星にて』を発売することが決定した。

     長男誕生を機に富士山麓へ移住した2003年以降はインストゥルメンタルを中心に、11年以降はアコースティックを中心として活動してきたが、
    フォークロックをテーマにした今作では「エレキもアコギも、心のバイオリズムに合わせて好きに鳴らせるアルバムを作りたかった」との思いから、6年ぶりにエレクトリックギターを演奏。
    シャケの集大成とも言える作品に仕上がっている。

     11月からは全国29ヶ所を回るソロツアー『木暮“shake”武彦 TOUR 2016 “惑星にて”』を開催。
    年内は単独で行い、年明けからはバンド・Big Moutain BLueとともに各地を訪れる。

    http://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20161020/2080205_201610200276596001476955150c.jpg 
    2080205_201610200276596001476955150c

    http://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20161020/2080205_201610200276741001476955150c.jpg 
     2080205_201610200276741001476955150c

    【元レベッカ、RED WARRIORSギタリストの木暮“shake”武彦が12/21にソロアルバムを発売。6年ぶりにエレキ演奏。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    images (1)


    1: 記憶たどり。 ★ 2016/10/21(金) 22:55:02.07 ID:CAP_USER9
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161021-00000109-asahi-musi

    今年のノーベル文学賞の受賞が決まった米国のミュージシャン、
    ボブ・ディランさん(75)の公式ウェブサイトから、「ノーベル文学賞
    受賞者」の文言が削除されたことが21日、分かった。

    各国メディアによると、ディランさんの公式サイト「bobdylan.com」の
    書籍紹介ページでは、17日付で掲載されたとみられる歌詞集の
    紹介文で「ノーベル文学賞受賞者」と記されていた。ディランさん側が
    受賞を歓迎したものと思われたが、21日までに削除された。文学賞を
    選考するアカデミーがあるスウェーデンのメディアは、関係筋の情報
    として「削除はディラン自身の指示だ」と報じた。

    ディランさんは13日の受賞発表から、受賞について
    一切コメントしていない。


    題名の下に「ノーベル文学賞受賞者」と記されていた
    歌詞集の紹介ページ。21日までに削除された。
    http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20161021004580_comm.jpg
    AS20161021004580_comm

    「ノーベル文学賞受賞者」の文字が削除された歌詞集の紹介ページ
    http://lpt.c.yimg.jp/amd/20161021-00000109-asahi-000-view.jpg 
     20161021-00000109-asahi-000-view

    【ボブ・ディラン氏の公式サイトから「ノーベル文学賞受賞者」の文言が削除される。】の続きを読む

    このページのトップヘ