メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    音楽関係を中心にしたエンタメ関連のまとめブログ

    2016年09月

    ダウンロード


    1: 海江田三郎 ★ 2016/09/09(金) 14:55:00.26 ID:CAP_USER
    http://www.j-cast.com/2016/09/08277478.html


    まもなく発売されるiPhoneシリーズの新作「iPhone7/7 Plus」から、本体のイヤホン端子が廃止される。

    本体のジャック部分は、充電ケーブルやUSBケーブルを直結できるライトニング端子ただ1つ。
    充電ケーブルをつなぐとすべての「穴」がふさがってしまうため、充電中に有線イヤホンで音楽を聴くことができない。
    ファンから「そこだけチョー不便」「なんでなくしちゃったの......」と悲鳴が上がっている。

    別売りのワイヤレスイヤホンは約1万7000円
    「iPhone7/7 Plus」は、アップルが16年9月8日(日本時間)に開いた新製品発表会で発表された。9日に予約が始まり、16日に発売される。

    ディスプレイが明るく見えやすく、カメラも高性能になり、防水機能も加わった。10月下旬からは、モバイルSuicaなどのいわゆる
    「おサイフケータイ」にも対応する。これまでのiPhoneに比べ、より「多機能」を押し出した印象だ。
    一方、イヤホン端子がなくなる、という大きな「削減」もあった。本体の端子が1つとなったため、充電中に有線イヤホンを使えなくなった。
    ちなみに、「iPhone7/7 Plus」対応の有線イヤホン「EarPods with Lightning Connector」はライトニング端子に直結する仕様となっている。
    こちらは本体に同梱される。また、ワイヤレス接続用のイヤホン「AirPods」も1万6800円(税別)で別売りされる予定だ。

    この変更に対し、ツイッター上では

    「そこだけチョー不便」
    「なんでなくしちゃったの......」
    「音楽はまだ有線(イヤホン)がいい。。。」
    「イヤホン一つで買う気が失せた」
    といった戸惑いの声が寄せられている。イヤホンの別売りについても、「儲けるねぇ~」との見方が出ている。

    「イヤホンジャックアダプター」に直結すれば使える
    「iPhone7/7 Plus」でイヤホン端子用の有線イヤホンは使えないのか。
    アップル・ジャパンの広報担当者によると、本体同梱の短い変換ケーブル「Lightning-3.5mmイヤホンジャックアダプター」に直結すれば使えるという。

    同ケーブルの先についているのは、これまでのiPhoneにあったようなイヤホン端子。もう片方をライトニング端子に直結させて、
    本体とつなげる仕組みだ。ただ、充電中は、
    「スピーカーから出る音をそのままお聞きいただくか、無線のイヤホンをお使いいただくかのどちらかです」という。
    「iPhone7/7 Plus」でイヤホン端子を廃止した理由を聞いてみたが、「公表していないので、回答できません」とのことだった。

    【iPhone7「イヤホン端子廃止」に悲鳴相次ぐ。 「音楽はまだ有線がいい」「なんで無くした」「買う気が失せた」 】の続きを読む

    ダウンロード (2)


    1: digitec ★@無断転載は禁止 2016/08/31(水) 19:23:32.45 ID:CAP_USER9
    高畑容疑者やらSMAP解散やら有吉&夏目の交際疑惑やらの芸能スキャンダルが日々飛び交う昨今のなか、こんなニュースがひっそりとネット上に流れていた。

    「衝撃の事実。元AV女優・紅音ほたるが急遽していた」

     ええ~っ! ガセじゃなくて、また!?――「また」? そう。ゴメス記者にとっては、まさに「また」なのであった。その訳とはいったい……?

     日刊SPA!の記事によると

    [元AV女優の紅音ほたるさんが、8月15日に亡くなっていたことがわかった。AV引退後の所属事務所の社長兼パートナーによると同日午前、自宅で倒れていた状態の紅音ほたるさんを発見。すでに身内のみで葬儀も執り行われたという。

    所轄する警察署によれば「発見時の状態から事件性はなく、自殺の可能性も考えづらい。現在はまだ検死中ではっきりした死因はわかっていないが、おそらく病死ではないか」という状況。

    AV引退後の所属事務所の社長も「可能性としては、呼吸器系の体調不良を頻繁に訴えていたので、その病状が急に悪化した末の事故だったのではないかと感じています。どちらにせよ、AV引退後の活動が軌道に乗り始めて今後についていろいろと相談している矢先の出来事だったので、本当に残念というか、悔しくて仕方ない」と話している]

     らしい。

     僕、ゴメス記者は7~8年ほど前だっただろうか……一度、紅音ほたるさんとグラビアの仕事でご一緒したことがある。

     当時、一般誌でのちょいエロ仕事を多くこなしていた僕は、手ブラクラスの(一般誌的には)際どいグラビア撮影の際、「水着ないし下着までは脱げるタレント」と現場で「手ブラなんて聞いてないんですけどー!」みたいな、事務所側とのコンセンサスの食い違いによる一悶着を避けるため、「手ブラよりも“もう一歩先”までできるトップクラスのAV女優」をよく起用していた。そういう経緯でこれまで、おそらく100人には満たないけど、50人は超えるくらいのAV女優と会ったことがある。さらに付け加えるなら、「僕が会ったことがあるAV女優」が、今回の紅音ほたるさんを入れ計6人がすでにお亡くなりになってしまっている。

     ざっと見積もって10人に一人の確率――「偶然」の一言で片付けてしまうには、あまりに異常な数字である。もしかすると、“その後”が不明な大半の女優さんを含めれば、もっと高い確率になってしまうのかもしれない。

     とにもかくにも、紅音ほたるさんのご冥福を心からお祈りします……と同時に「なぜAV女優は短命な人が多いんだろう?」なんてことを、つい真剣に考えてしまった。ここからの“持論”は、ゴメス記者があくまでAV業界を、僕なりに俯瞰から眺めてきた上で導き出した“一派論的な推測”として読んでもらいたい。

    http://news.infoseek.co.jp/article/spa_20160830_01189575/

    【セクシー女優はなぜ短命なケースが多いのか? 「紅音ほたる急逝」から真剣に考える。 】の続きを読む

    ダウンロード (2)


    1: 湛然 ★@無断転載は禁止 2016/09/01(木) 04:52:46.21 ID:CAP_USER9
    2016.9.1

    シンガー・ソングライターの松任谷由実(62)が、11月18日から自己最多となる
    80本の全国ツアーに挑むことが31日、分かった。

    来年9月22日まで約10カ月の“ロングラン”。
    還暦を過ぎて過酷な挑戦だが、食事やウォームアップなど
    「自己管理を楽しみながらひとつひとつに情熱を注いで走りきります」と宣言している。
    ツアーに先駆け、11月2日に3年ぶり38作目のオリジナルアルバム「宇宙図書館」を発売する。

    ユーミン62歳、“自己最多”に挑む。

    11月18日に神奈川・よこすか芸術劇場で開幕する全国ツアーは42都市80公演を予定。
    1999~2000年の79公演を更新する。
    その思いを「私の人生最大の目的は、より多くのスタンダードナンバーを世に送り出すこと。
    聴き手の思い出に深く関与すること。そのための機会を与えていただけるなら、
    一人でも多くの方に楽曲を直接お届けしたいのです」と説明した。

    現状で千秋楽は来年9月22日の東京国際フォーラムを予定。
    約10カ月の長丁場だが、日頃から節制しており体力には自信がある。
    「私の年齢の、普通に健康な女性の体重や体脂肪率より、それらをずっと低く設定しています。
    なおかつスタミナがなくては☆ユーミン☆をお見せできません」と胸を張った。

    ツアーに合わせて、13年の「POP CLASSICO」以来となる
    オリジナルアルバム「宇宙図書館」もリリース。
    「時間」「普遍性」というテーマをさらに追求し
    「今までにないくらい、自身の内面深く旅をして、悲しみや孤独と向き合い、
    そうして紡いできたPOP ROCK」と表現した。
    映画「真田十勇士」(22日公開)の主題歌「残火」も収録している。

    「近年、親友やかけがえのないミュージシャンたちを立て続けに失った」体験から
    「フィジカルは永遠ではない」という境地に至ったユーミン。
    今ツアー中に通算動員800万人も達成見込みで
    「私自身 可能の限りを尽くすツアーです」と完全燃焼を誓っている。


    ・3年ぶりに38枚目のオリジナルアルバムを出す松任谷由実
    http://daily.c.yimg.jp/gossip/2016/09/01/Images/d_09444610.jpg
    d_09444610

    http://www.daily.co.jp/gossip/2016/09/01/0009444609.shtml

    【62歳ユーミン、パワー健在! 自己最多80公演ツアーで通算800万人動員。11月には3年ぶり新アルバム。 】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 朝一から閉店までφ ★@無断転載は禁止 がんばれ!くまモン!©2ch.net 2016/08/31(水) 19:24:48.42 ID:CAP_USER9
    東スポWeb – 東京スポーツ新聞社
    2016年08月31日 (水)

    2016年08月31日 18時31分

    ファンの前についに現れる中森明菜
    http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/587514/
     いよいよ復活だ。本紙が6月「12月にもディナーショーで本格復帰」と報じた“歌姫”中森明菜(51)のディナーショーの詳細が来月早々にも発表されるという。
    一昨年の大みそかのNHK紅白歌合戦に、米ニューヨークから生中継で出演して以降、姿を見せていない明菜。今回は本人もヤル気を見せており、2009年以来、実に7年ぶりにファンの前での歌唱が実現する。

     明菜が年末の復帰に向けて動き始めていると本紙が報じたのは今年6月だった。

    「ちょうど報じられた頃は契約する前の段階だったそうです。実際、明菜さんの健康状態は大丈夫なのかという情報もあったので各ホテル側も、
    やれればぜひやりたいが、本当にできるのかと模索しながらの交渉だったようです」とあるホテル関係者。

     帯状疱疹やストレスによる免疫力低下など体調不良に苦しみ、09年夏を最後にファンの前で歌っていない明菜。一昨年の紅白歌合戦で久々に公に姿を見せた際は
    健康面での問題はないように映っていたが、声はか細く、10年から休業する以前の健康な状態に戻ったとは言い難かった。周囲が心配したのも“前歴”があったからだ。

    「休業後も、同じように年末にディナーショーをやりましょうといろいろ動いてはいたものの、最後の最後で明菜さんの健康面の問題があって、
    やっぱりできないということもあったそうですから」(同関係者)。だからこそ、今回は慎重に進められたようだ。

     その結果、今年はそんな心配も無用と周囲が太鼓判を押すほど、明菜本人に気力が満ちているという。

     前出の関係者は「明菜さん自身に“今回は絶対にやるんだ!”との意識が強いそう。むしろやる気満々。12月中に東京・名古屋・大阪のホテル計8か所でのディナーショーをやる予定。クリスマスイブの日も予定され、
    早々に正式に発表されるそうです」と、本決まりを強調する。ファンも待ち望む“生明菜”の再始動がカウントダウン状態だが、気がかりなのは、その他の仕事の話が聞こえてこないこと。

    「ディナーショーも秘密プロジェクトなのかもしれませんが、その前にマスコミの前に出てくるとか、テレビで歌うとか、そういう話は一切、聞こえてこない。これから徐々に決まってくるのかもしれませんが、
    本当に大丈夫なのかと思ってしまう。明菜も自分のことを熱心に応援してくれるファンの前ならば安心できるから、このスタイルなのかもしれないですが…」(ある音楽関係者)

     半ばぶっつけ本番のような形を見据えているようだが、ファンにしてみれば、宣伝などで事前に明菜が出て来ないことが逆に心をくすぐるというもの。
    近く発表、発売される12月のディナーショーのチケットは、それだけプラチナ化するのは必至だ。

    【中森明菜「12月ディナーショー」決定。7年ぶりにファンの前で歌唱。】の続きを読む

    ダウンロード (2)


    1: リサとギャスパール ★@無断転載は禁止 2016/09/05(月) 23:24:37.57 ID:CAP_USER9
    BUCK-TICKが9月11日に神奈川・横浜アリーナで行うライブ「CLIMAX TOGETHER 3rd」の様子が、11月3日(木・祝)21:00からWOWOWライブにて独占オンエアされる。

    BUCK-TICKが横浜アリーナでライブを行うのは約12年ぶり。彼らは1992年と2004年に「Climax Together」というタイトルを冠したスペシャルライブを行っており、今年の公演は12年周期で開催される企画ライブの3回目にあたる。
    なおWOWOWライブではこの放送を記念し、放送日当日にBUCK-TICKの軌跡をたどるミュージックビデオ特集、「Climax Together」の過去2回のライブをオンエアする。

    WOWOWライブ「BUCK-TICK Music Video Selection 2016」
    2016年11月3日(木・祝)15:00~

    WOWOWライブ「BUCK-TICK Climax Together 1992」
    2016年11月3日(木・祝)17:00~

    WOWOWライブ「BUCK-TICK 悪魔とフロイト-Devil and Freud- Climax Together 2004」
    2016年11月3日(木・祝)19:00~

    WOWOWライブ「BUCK-TICK CLIMAX TOGETHER 3rd 2016」
    2016年11月3日(木・祝)21:00~

    BUCK-TICK「CLIMAX TOGETHER 3rd」
    2016年9月11日(日)神奈川県 横浜アリーナ

    http://natalie.mu/media/1607/0719/extra/news_header_bucktick_art201607.jpg
    news_header_bucktick_art201607

    http://natalie.mu/media/1608/0809/extra/news_xlarge_bucktick_jkt201609_limited.jpg 
    news_xlarge_bucktick_jkt201609_limited

    http://natalie.mu/media/1608/0809/extra/news_xlarge_bucktick_jkt201609_normal.jpg
    news_xlarge_bucktick_jkt201609_normal

    http://natalie.mu/music/news/200703
    2016年9月5日 18:14

    【BUCK-TICKの12年ぶり横浜アリーナ公演、WOWOWで独占放送。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 名無し募集中。。。@無断転載は禁止 2016/09/05(月) 05:57:45.35 0
    http://clare.seesaa.net/archives/20160731-1.html

    今週  先週  枚数  累積 登場週数
    *** ↓↓ 168 **,*** **,219 *1 モーニング娘。'16「演劇女子部「続・11人いる!東の地平・西の永遠」オリジナルサウンドトラック(愛の言葉/東の地平・西の永遠/好きだから・・)」(S)


    音符モーニング娘。'16(S)
    1週で圏外へ

    【お触り無しのモー娘。新曲が219枚しか売れていなかった。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: ジョーカーマン ★@無断転載は禁止 2016/09/06(火) 10:32:41.06 ID:CAP_USER9
    そこまで嫌われてたの!?

    昨年10月に解散したアイドルグループ「アイドリング!!!」の元メンバーで、現在はタレントとして活動中の菊地亜美。
    彼女のアイドル時代の嫌われぶりが想像を絶していた。

    菊地は8月29日放送のバラエティ番組「7時にあいましょう」(TBS系)に出演。
    「女のイザコザ!今夜解決」と題された、長年の確執を持つ女性芸能人同士が直接対面してわだかまりを解消する企画が放送されたのだが、
    菊地はアイドリング!!!時代の元チームメイトで、現在はモデルとして活動中の大川藍と対面。

    大川はアイドリング!!!時代の菊地亜美について、「ずっと言われへんかったんですけど、正直、ホンマに苦手で…ホンマに怖かった…」と、当時を述懐。
    なんでも、菊地はいつ怒りのスイッチが入るかわからないつかみどころがないキャラだったため、常に菊地の機嫌を伺っていたのだという。
    大川は「本当に地獄やったんですよ」と本音をぶちまけていた。

    しかし、菊地はそれに対抗するように「私も、藍ちゃん苦手だった」「別に友達とも思ってなかったから。ライバルだと思ってた」と強気のコメント。

    さらに大川は、菊地が怖くてメディアなどで発言できない後輩たちがたくさんいたことも説明したのだが、
    当の菊地はこれに対しても、「それはおかしい。私がいることで(自分を)出せないようじゃ、芸能界やっていけないよね」と一蹴した。

    最終的には菊地が大川の現在の活躍ぶりを認め、2人は和解したものの、視聴者からの支持は圧倒的に大川寄り。
    「菊地はいかにも嫌われてそうだったけど、本当に嫌われてたとは」「人気ないヤツほど先輩風吹かすよな」「芸能界やっていけないって…お前が芸能界を語るなよ」といった、怒とうのネガティブコメントが連打された。

    「菊地のグループ卒業について、大川は『メンバーのほとんどがホッとしていた』とも話していましたから、よほど近寄りづらいメンバーだったようですね。むしろそれだけ嫌われても気づいていなかった菊地の鈍感力に感嘆しましたよ」(エンタメ誌記者)

    現在は世間でも“嫌われキャラ”が浸透している菊地だが、どうやら演技ではなく、根っからの嫌われ者だったようだ。

    http://news.infoseek.co.jp/article/asageiplus_65377/

    元アイドリング!!!大川藍
    https://pbs.twimg.com/media/CrTDB-AVMAAenNG.jpg
    CrTDB-AVMAAenNG

    菊地亜美
    https://pbs.twimg.com/media/CqrdvLXVIAEPyxX.jpg 
    CqrdvLXVIAEPyxX
     

    【元アイドリング!!!の大川藍、菊地亜美との日々は「地獄だった」と告白。「卒業してメンバーのほとんどがホッとしていた」】の続きを読む

    images


    1: キドクラッチ(東京都)@無断転載は禁止 2016/09/07(水) 07:33:29.56 ID:lyd7g8sf0● BE:273822876-PLT(13000) ポイント特典
    https://twitter.com/AIMAwards
    AIMアワード2016 ベスト・ライブ・アクト BEST LIVE ACT

    https://pbs.twimg.com/media/Crsg9RdWcAAq55_.jpg
    Crsg9RdWcAAq55_

    イギリスのオールジャンル独立系レーベルの音楽賞
    アルバム賞はアデル

    https://twitter.com/murrayonly/status/773266238474772481

    会場で普通に笑いを取る三人

    【BABYMETAL がイギリスの音楽賞を取ってもなんか妥当かな的な空気が流れ始める。 】の続きを読む

    images


    1: リサとギャスパール ★ 転載ダメ©2ch.net 2016/09/06(火) 12:12:53.90 ID:CAP_USER9
     不良文化を応援する雑誌「チャンプロード」が11月26日発売号をもって休刊することが、チャンプロード編集部への取材で明らかとなりました。
    1987年に創刊した「チャンプロード」は“ヤンキーのバイブル雑誌”と呼ばれ、読者が投稿した愛車カスタム写真、ファッションスタイルなどが人気を博していました。

     ねとらぼ編集部の取材によると、休刊が決まったのは9月5日のことで、出版元の「笠倉出版社」の意向とのこと。今後も詳しい情報が分かり次第、続報でお知らせします。

    http://lpt.c.yimg.jp/amd/20160906-00000035-it_nlab-000-view.jpg
    20160906-00000035-it_nlab-000-view

    休刊が決まった「チャンプロード」(書影は2016年10月分)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160906-00000035-it_nlab-life
    ねとらぼ 9月6日(火)11時53分配信

    【ヤンキーのバイブル「チャンプロード」11月26日発売号で休刊へ。29年の歴史に幕。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 海江田三郎 ★ 2016/08/25(木) 14:08:10.00 ID:CAP_USER
    http://diamond.jp/articles/-/99852

    筆者は、大学で経済学を教えている。授業のネタには、もってこいの題材を見つけた。
     8月23日、一般社団法人日本音楽制作連盟(音制連)、日本音楽事業者協会(音事協)、コンサートプロモーターズ協会(ACPC)、
    コンピュータ・チケッティング協議会の4団体が「チケット高額転売取引問題の防止」を求める共同声明を発表した
    http://www.tenbai-no.jp/)。その声明には、国内アーティスト116組の賛同が加えられていた。
     CDをはじめとする音楽ソフトの売上は減少傾向であるが、ライブやフェスなどは、音楽をリアルに体験できるとして
    入場者数は増加傾向になっている。有名なアーティストのコンサートはチケットを購入するのも至難の業であり、
    発売当日のネット予約には購入したい人が殺到する。
     その結果、コンサートによってはチケットを購入できない人も出てくる。そこで、ネット上でのチケット転売ビジネスが出てくる。
    かつてはダフ屋がやっていたことと似ているところもあるが、良心的な業者もいる。
     チケット転売での問題として、次のようなことが言われている。(1)チケットを買い占めて、転売して不当な利益を上げている、
    (2)チケット買い占めによってファンが正規料金で購入できない、(3)転売チケットを購入したファンが入場拒否される。
     そこで、冒頭のような「転売NO」という声が出てくる。転売防止のために、顔認証などのシステムが導入され始めている。
     こうした問題について、経済学ではどう考えるのだろうか。これが経済学授業のネタというわけだ。

    「需要」と「供給」のバッテン図で
    チケット転売の経済学を考える
     ジョークで「経済学者は需要と供給という言葉を覚えていればなんとかなる」というものがある。これはある意味で正しい。
    多くの経済問題への処方箋は、需要と供給の図(例のバッテンの図)を応用すれば、出てくるのは事実だ。

    もちろん、経済問題ごとに、データを参照しながら需要と供給の図を具体的に書くのは結構難しい作業であるが、概念的な話であれば、
    バッテンの図を書けばなんとかなる。筆者の経済学講義でも、このバッテンの図をいろいろな経済問題に適用して、経済学が役立つかを説明している。
     そこで、チケット転売の経済学を考えたい。人気のあるコンサートでは、入場できない人が続出する。これは、下図のような状態である。


    この場合の需要は、これだけの価格を払ってもいい人を価格の高い水準から数えていったものだ、右下がりになるのは、
    高い価格だと入場した人は少ないが、価格が低くなるにつれて入場したい人が増えるからだ。
     ただし、コンサートでは会場の物理的な制約から、入場できる人に限りがある。コンサート主催者の決めた定価が低すぎると、
    入場できる人とできない人がでてしまう。
     ここで、チケット転売が出てくる。どうしてもコンサートに行きたい人はいるし、チケットを購入したもののコンサートに行けなくなった人や、
    お金(転売価格と定価との差額)がもらえるならコンサートをあきらめる人が必ずいるからだ。そこで、転売される。

    【高橋洋一「コンサートは高い価格を払った人を優遇するのは当然、転売は非難されることではない。主催者の価格設定が間違い。」】の続きを読む

    images


    1: 名無し募集中。。。@無断転載は禁止 2016/08/01(月) 01:15:47.30 0
    10年前、モーニング娘はその黄金期を終え、静かにブームの終息へと向かっていた。
    だが、スタッフ達は熱く、もう一度、彼女たちを何とかしようと必死にもがいていた。
    そんな時、たった一人の身勝手な行動により、モーニング娘は完全に終わった。もう、誰も立ち上がれなくなっていた
    https://7gogo.jp/slRMDMXtyEtl/21068

    【AKBスタッフ「モー娘。は再起不能」】の続きを読む

    ダウンロード (2)


    1: 湛然 ★@無断転載は禁止 2016/09/01(木) 21:30:28.19 ID:CAP_USER9
    9月1日(木)14時48分

    スティングのニューアルバム『ニューヨーク9番街57丁目』(原題:57th & 9th)の最新情報が届いた。

    「新作は、ここ数作よりも、よりロックなアルバムだ。」(スティング)、
    「スティングがこんなにロックなのはポリスの『シンクロニシティ』以来ではないか。」(マネージャー)と、

    7月に米Rolling Stone誌に記事が出てから1か月半。
    生まれ故郷のイングランド北東部ウォールズエンド(造船業で栄えた町)を舞台にした
    ブロードウェイ・ミュージカルのために書き下ろした前作『ザ・ラスト・シップ』(2013)で人生を振り返ったスティングの、
    音楽人生第2章の幕開けといえる新作は、ファンが聴きたかったロックアルバムとなった。

    ニューアルバム『ニューヨーク9番街57丁目』は、1stシングルで力強いギターが唸る
    「アイ・キャント・ストップ・シンキング・アバウト・ユー」を筆頭に、
    映画『マッドマックス2』のイメージを想起させる激しい「ペトロール・ヘッド」、アンセミックな「50,000」など、
    作曲スタイルの幅の広さを象徴している。

    本作には、スティングのサポートを長期間にわたり務めるドミニク・ミラー(g)、ヴィニー・カリウタ(dr)のほか、
    ジョシュ・フリース(dr)(ナイン・インチ・ネイルズ、ガンズ・アンド・ローゼズ)、ライル・ワークマン(g)、
    テキサス州サン・アントニオに基点を置くテックスメックス・バンドのザ・ラスト・バンドレーロスなども参加。

    「あっという間だった。気づいたら出来ていたという感じかな。
    僕はいつも、時に自分自身をも驚かせ、そして一緒に作品を作っている人たちも驚かせようと考えている。
    リスナーもそのように感じてくれたら」と、スティングが語るように、多くのインスピレーションの波とともに、
    わずか数週間のセッションで衝動的に仕上げた作品だという。

    アルバム・タイトルは、レコーディングが行われた、マンハッタンのヘルズ・キッチンにあるスタジオに歩いて向かう際、
    スティングが毎日渡っていた交差点の場所に因んだもの。
    またこのアルバムを通して、もし歌詞にテーマがあるとすれば、それは旅や移住のイメージだとスティングは語る。
    テーマが最もはっきりと反映されているのは、自伝的な「ヘディング・サウス・オン・ザ・グレート・ノース・ロード」と、
    もう1曲、人道的な見地から世界的な難民危機を扱った「インシャラ」だ。

    「未知なる魅力で誘引するその道を探し求め、旅すること。
    このアルバムは、エネルギッシュで喧騒に満ちながら、それでいて思慮深い作品に仕上がった」(スティング)
    とあるように、本作の期待度は高い。まずは、リリースされたばかりのシングル
    『アイ・キャント・ストップ・シンキング・アバウト・ユー』を聴いて、本アルバムのリリースを待とう。

    9月30日には、スティングのソロ・アルバム8枚をまとめた初のアナログ・ボックス『The A&M Studio Collection』が発売される。
    是非こちらも併せてチェックしてほしい。

    ◎アルバム『ニューヨーク9番街57丁目』
    2016/11/11 RELEASE
    [SHM-CD] UICA-1067 2,600円+税 
    [SHM-CD+DVDデラックス] UICA-1068 3,400円+税


    http://www.billboard-japan.com/common/sys/img/news/00000041/41504/image.jpg
    image

    http://www.billboard-japan.com/common/sys/img/news/00000041/41504/sub_image92587.jpg
    sub_image92587

    http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/41504/2

    【スティング、11月リリースの新作は10数年ぶりのロック・アルバムに。 】の続きを読む

    このページのトップヘ