メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    images (1)


    1: muffin ★@無断転載は禁止 2017/03/24(金) 18:47:54.99 ID:CAP_USER9
    https://mdpr.jp/news/detail/1673316
    2017-03-24 18:03

    タレントのスザンヌが23日、自身のInstagramで制服姿を公開し、反響を呼んでいる。

    スザンヌは「#スクール革命 でした」とコメントし、準レギュラーで出演するバラエティ番組『スクール革命!』(日本テレビ系、毎週日曜11時45分)収録現場でのオフショットを掲載。
    衣装のブレザーを着こなし、ストレートのロングヘアをおろしたキュートな学生姿を披露している。

    また、ヘアスタイルについては「そして前髪がちょっと伸びてきてね、このまま伸ばして秋頃ボブにするか←まだまだ先の話しww前髪ありのロングのままかここ1ヶ月くらい悩んでる」と明かし、
    「#今日はストレートにしてもらったよ #制服だからね #ちょっとでもの若作りよ」とお茶目にタグ付けした。


    現在30歳のスザンヌだが、違和感を感じさせないキュートな制服ルック。ファンからは「30歳でこの可愛さはズルい」「スザンヌちゃん全然現役でいけるよ!」
    「制服かわいすぎ」「こんな女子高生いたら惚れちゃう」と称賛のコメントが多数寄せられている。

    https://scontent.cdninstagram.com/t51.2885-15/e35/17332639_177607296083170_3570072929213349888_n.jpg
    17332639_177607296083170_3570072929213349888_n

    https://cdn.mdpr.jp/photo/images/4f/51e/w600c-e_248f490854521ce09f870bac7eef991d152f80adf40c26d9.jpg
    w600c-e_248f490854521ce09f870bac7eef991d152f80adf40c26d9

    https://cdn.mdpr.jp/photo/images/4e/27b/w450c-e_388fea6bd54cbf771ba83342fd249d51b859d1bfc10f8511.jpg 
     w450c-e_388fea6bd54cbf771ba83342fd249d51b859d1bfc10f8511

    【スザンヌの制服姿に絶賛の声。】の続きを読む

    images


    1: 鉄チーズ烏 ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/03/25(土) 04:42:55.29 ID:CAP_USER9
    BABYMETALが、2017年6月16日(金)現地時間にアメリカ・ロサンゼルスのThe Palladiumにてワンマンライブを開催する。

    レッド・ホット・チリ・ペッパーズ、メタリカ、ガンズ・アンド・ローゼズ、KORNのツアーにスペシャルゲストとしての出演が決定していた中、発表となったこの公演は初めてBABYMETALがゲストアクトを招く形となる。ゲストは、元パンテラのドラマーであるヴィニー・ポールを中心に結成されたヘルイェー。なお、チケットは、日本時間2017年4月1日(日)午前2時より発売される。

    ライブ情報は以下の通り。

    ●ライブ情報
    「BABYMETAL US TOUR 2017 SPECIAL HEADLINE SHOW IN LA」
    日程:2017年6月16日 (金)
    場所:Los Angeles, CA / The Palladium
    SPECIAL GUEST:Hellyeah
    チケット情報
    2017年4月1日(日)午前2:00(日本時間)よりオンセール
    http://www.ticketmaster.com/event/09005255EFA16508

    RO69(アールオーロック) 3/25(土) 2:15配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170325-00158192-rorock-musi
    http://ro69.jp/images/entry/640x520/158192/1.jpg 
     resize_image

    【BABYMETAL、LAワンマン決定。 ゲストは元PANTERAのドラマー、ヴィニー率いるHELLYEAH。】の続きを読む

    ダウンロード (3)


    1: 名無し募集中。。。@無断転載は禁止 2017/03/24(金) 16:18:55.59 0
    松林てろる@20[目黒]東西南北大集合! @10choco_magic
    今flumpoolさんがぷいぷいで「武道館は今アイドルさんが簡単に武道館でライブなどを出来しまってるので
    バンドでもう一度その価値を上げたいと思います」って言ってて流石にハァ?となった
    ドルポタキ。やってるアイドルさんは確かに増えてきたけど簡単ではないでしょう…。

    【flumpool「アイドルで失墜した武道館の価値を高めて見せる。」とビッグマウス。】の続きを読む

    ダウンロード (6)


    1: muffin ★@無断転載は禁止 2017/03/22(水) 21:58:58.97 ID:CAP_USER9
    http://natalie.mu/music/news/225564
    2017年3月22日 21:15

    森重樹一のソロアルバム「ROCK & ROLL SWiNGER II」が本日3月22日にリリースされた。

    この作品は2014年7月に発売された、ピアノトリオ編成でZIGGYの楽曲をセルフカバーする企画盤「ROCK & ROLL SWiNGER」の続編にあたるもの。
    今回も佐藤達哉(Key)、満園英二(Dr)、清(B)というメンバーと共にZIGGYの楽曲をレコーディングしている。
    なお同じく本日3月22日に、ZIGGYにとって約10年ぶりの新曲となるシングル「CELEBRATION DAY」も発売されている。

    ■森重樹一「ROCK & ROLL SWiNGER II」収録曲
    01. LONG AND WINDING ROAD
    02. LET'S DO IT WITH THE MUSIC
    03. 眠らない25時の街で
    04. PASSION REDのおまえを抱いて
    05. STAY GOLD
    06. FAREWELL
    07. 月が昇る頃には
    08. Till The End
    09. JUST A ROCKIN' NITE
    10. この空の下のどこかに
    11. I'M GETTING' BLUE

    http://natalie.mu/media/1703/0322/extra/news_xlarge_morishigejuichi_jkt201703.jpg 
    news_xlarge_morishigejuichi_jkt201703

    http://natalie.mu/media/1703/0322/extra/news_xlarge_ziggy_jkt201703.jpg.jpg
    jpg

    http://natalie.mu/media/1612/1210/extra/news_xlarge_ZIGGY_art201612_morishigejuichi.jpg 
    news_xlarge_ZIGGY_art201612_morishigejuichi

    【森重樹一のZIGGYピアノカバー第2弾、ZIGGYの10年ぶり新曲と同時リリース。】の続きを読む

    ダウンロード (2)


    1: イセモル ★@無断転載は禁止 2017/03/24(金) 08:50:26.47 ID:CAP_USER9
    3月11日、ジュリーこと沢田研二(68才)が新アルバムを発売した。タイトルは『ISONOMIA』

    ジュリーは今年2月、デビュー50周年を迎えた。毎年恒例の正月ライブツアー(1月8~25日)は、全公演チケット瞬殺の大盛況。

    「会場を埋めるほとんどは、全盛期からジュリーを追いかけ続けているマダム。私が参加したのは有明で行われた最終日で、当日は機材トラブルで開場が1時間遅れたのに、みな文句ひとつ言わずに待っていた。ジュリーの登場時は大歓声ですよ。往年のヒット曲は一切歌わないんだけど、それでいいんです。MCも最高に面白いの」

    興奮気味にそう話す60代の女性ファンによれば、今回のツアー中、ジュリーはMCで自分の年齢をたびたびネタにしていたという。

    「(日本老年学会の「高齢者は75才以上から」とする提言を受けて)世の中余計なことを考える人がいて、老人と思ってるのに、急に老人じゃないと言われました。年寄りをなんとかボランティアで使おうっていう魂胆が見え見えや」

    「こないだ病院で大腸の検査したんだけど、ポリープの一個もなかった。今日もトイレ入ったらウンコが止まらなくて、それで遅れちゃった」

    一世を風靡した『ザ・タイガース』時代から一転。白髪に無精髭、ポッコリお腹を携えても、ファンはジュリーの“貴重な”一挙手一投足に目が離せない。


    以下略で送りしております。 全文は下記引用元よりご覧ください|ω・)
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170324-00000004-pseven-ent
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20170324-00000004-pseven-000-1-view.jpg 
     20170324-00000004-pseven-000-1-view

    【ジュリーこと沢田研二のファン、彼の外見と内面の変化をまるごと受け入れる。】の続きを読む

    ダウンロード (6)


    1: 湛然 ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/03/23(木) 21:34:14.45 ID:CAP_USER9
    2017/03/23 15:36

    クリーム(Cream)の50周年を記念してメンバーのファミリーが集結。
    ジャック・ブルース(Jack Bruce)の息子マルコム・ブルース、ジンジャー・ベイカー(Ginger Baker)の息子コフィ・ベイカー、
    エリック・クラプトン(Eric Clapton)の甥というウィル・ジョーンズ(レッド・ツェッペリン、ローリング・ストーンズ、クラプトンのサウンド・エンジニアとして知られるアンディ・ジョーンズの息子)による
    スペシャル・バンドがライヴ・ツアー<The Music of Cream 50th Anniversary Tour>を5月と6月にオーストラリア&ニュージーランドで行います。

    ツアーには、スぺシャル・ゲストとしてグレン・ヒューズ(Glenn Hughes)とロベン・フォード(Robben Ford)も参加する予定です。

    ※公式サイト
    https://www.musicofcream.com/


    ・The Music of Cream 50th Anniversary Tour
    http://amassing2.sakura.ne.jp/image/jacket/large/2017/69455.jpg
    69455

    http://amass.jp/86404/


    ∥動画∥
    The Music of Cream 50th Anniversary Tour [Liberty Stage]
    https://www.youtube.com/watch?v=3Et5fpSiycM


    【クリーム50周年記念のどさくさで、ジャック・ブルースの息子+ジンジャー・ベイカーの息子+エリック・クラプトンの甥がライヴツアーを開催。「なにこれ」と話題に。】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: 鉄チーズ烏 ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/01/27(金) 18:42:19.79 ID:CAP_USER9
     歌手の西野カナ(27)が、「あなたの好きなところ」で昨年末の日本レコード大賞に初めて輝いた。名前を呼ばれると驚いた表情を見せ「言葉が出ません。鳥肌が…」と感激した様子だったが、最後まで涙をこぼすとはなく、しっかりと受賞曲を歌いきった。号泣と嗚咽(おえつ)で歌えなくなるというのが、レコ大受賞後の歌唱の定番だっただけに、クールにも聞こえる歌声が“新時代の歌姫”を強く印象づけた。

     関係者によれば、その後に都内ホテルで行われた祝賀会で、スタッフから「泣けよ~」とつっこまれた西野は「エへへヘ」と照れ笑い。「あまりにビックリしたのと、しっかり歌わなきゃという思いが強くて、涙が出なかった」と理由を明かしたという。

     ベテランの芸能プロ関係者は、感極まった状況での堂々とした歌いぶりとともに、もう一つ感心したことがあると話した。「あの状況で、ピッチが正確に取れていた。あらためて歌唱力が高いと証明したね」。

     西野といえば、若い女性の恋愛観を巧みに描いた歌詞と、ファッションアイコンという側面が注目されがちだが、音楽業界の間では、独特の歌唱法に基づいた歌のうまさに定評がある。所属レコード会社ソニーミュージックの関係者がその秘密をいくつか明かしてくれた。

     その一つは「民謡」。現代的なポップスを歌う西野と日本の伝統音楽に接点があったとは意外だが「16歳から18歳の約2年間、お母さんの知人に師事して、津軽民謡を習っていたそうです。正確な音程は民謡から来ているようです」と関係者。「ファルセットなどの発声法は、民謡のこぶし回しを参考にしています。ルーツの一つといえます」と付け加えた。

     もう一つは「携帯電話を徹底研究したこと」にあるという。西野はビブラートをあまりかけず、ハイキーを多用する歌い方に特徴がある。これらの歌唱法は「携帯電話のスピーカーからきれいに聞こえるように、スタッフが研究した末にたどり着いた結果なのです」と証言した。

     「ビブラートを強くかけると、携帯電話のスピーカーでは聴き心地が良くない。キャッチーな歌詞をよりクリアに聴かせるために、歌い終わりにあまり余韻を残さずに、ノンビブラートでキーを上げ、あえてさっぱりとした歌唱法を目指したんです」。

     一度レコーディングをしたあとにスタッフが携帯電話にダウンロードして聴き、調整を繰り返した。西野はデビュー時から、「着うた」などの配信チャートがCD売り上げランキングよりも上回る傾向があり、そのことこそが若者からの支持を集める象徴となっていたが、確かな戦略が存在し、また戦略に耐えうる歌唱力というわけだ。

     伝統音楽と現代ツールのミックスで完成された確かさと奥行きを持つ歌声。歌謡界の頂点に立った西野が、今年も新時代の音楽界を引っ張っていく。(デイリースポーツ・杉村峰達)


    2017.1.27
    https://www.daily.co.jp/opinion-d/2017/01/27/0009865040.shtml
    https://daily.c.yimg.jp/opinion-d/2017/01/27/Images/d_09865041.jpg 
     d_09865041

    【西野カナの安定した歌声の秘密は”民謡”。正確な音程は十代の2年間に培われた。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: セイバー・ブライド ★@無断転載は禁止 2017/02/03(金) 11:50:44.11 ID:CAP_USER9
    ●曲名のような長いバンド名 なぜ増加?

    「水中、それは苦しい」「死んだ僕の彼女」「それでも世界が続くなら」「忘れらんねえよ」…まるで歌のフレーズのような、ポエムのような、長いバンド名を付けるバンドが年々増えてきている。
    ファンたちの間では、そういった長い名前を「SEKAI NO OWARI」=“セカオワ”、「ゲスの極み乙女。」=“ゲス乙女”などと略称で呼ぶこともすっかり定着し、流行に疎い中高年には、いささか理解しづらい現状になってきているようだ。
    ポエム調&略前提の長い珍名バンドはなぜ増加しているのだろうか?

    ■“曲名のようなバンド”の先がけはスピッツ!?

    “珍名”のバンドということだけであれば、過去にも多くあった。
    『三宅裕司のいかすバンド天国』(TBS系)に代表される1980年代後半~90年代前半のバンドブーム時には、差別化のためか「カブキロックス」「人間椅子」「宮尾すすむと日本の社長」「たま」などといった変わった名のバンドが競い合った。
    これらの珍名バンドは実力派も多かったが、インパクト狙いのコミックバンド扱いにもされ、実際そういうバンドも多かったのである。

    また、今回の“曲名のようなバンド名”ブームの流れは、1995年に大ヒットしたスピッツの「ロビンソン」が、当時“どっちがバンド名かわからない”と物議を醸したことに端を発していると言えるかもしれない。
    実際、スピッツのシングルタイトルは「君が思い出になる前に」や「空も飛べるはず」などといった、どことなく現代のバンド名にも通じるような、名詞や体言止めではない“センテンス”重視の世界観を打ち出している感がある。

    ■一速の“ラノベブーム”からの影響も

    長文かつ詩的となれば、2000年代の『涼宮ハルヒの憂鬱』『とある魔術の禁書目録』『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』などに代表される、ラノベ(ライトノベル)ブームによる“作品タイトルの長文化・状況説明化”の影響もあるかもしれない。
    その影響はテレビドラマのタイトルなどにも広がり、同時にそれを略することも当たり前となった。
    『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(フジテレビ系)=“いつ恋”、『ダメな私に恋してください』(TBS系)=“ダメ恋”、そして昨年の大ヒットドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(同)=“逃げ恥”もそうである。
    こうした略名を前提に長いタイトルをつけることが、今はエンタメ界全体に拡がっているトレンドなのであろう。
    こうしたバンド名はインパクト重視であろうが、自分たちの好みやノリであろうが、何となくそのバンドの世界観を表わしていたり、あるいはまったく音楽性が逆だったりもして、面白いと言えば面白い。

    実際、「このバンド名には僕の高校時代の恋愛が関係してるんです。
    当時、僕には10回くらい告白するぐらい好きだった女の子がいたんですけど、そのころの『なんで俺のことをわかってくれねーんだよ!』っていう感情が、ずっと残ってて忘れられないんですよ。
    そういう誰もが経験したことがある“中2病”的な感情を音楽にも込めたいと思った時に頭に浮かんだのが『忘れらんねえよ』というバンド名だったのです」(忘れらんねえよのギター&ボーカル・柴田隆浩)、
    「僕はバンド名を考える時に『~~ズ』とか『~~バンド』とかのバンド名っぽい名前を付けるのがカッコ悪いと思ってたんです。
    だから、何か意味ありげで、聞いた人が思わずツッコミたくなるような名前にしたいと思って、『鉄分たっぷり教室』『全裸ドライブ』など300個以上のツッコミたくなる候補を出しました。
    その中でメンバーが一番大爆笑してくれたのが、『水中、それは苦しい』だったんです」(水中、それは苦しいのギター&ボーカル・ジョニー大蔵大臣/以上、『R25』2012年10月10日インタビューより)などの発言を見てもわかるように、実に自由気ままなノリで命名しているのがわかる。

    写真:セカオワの愛称で親しまれる“SEKAI NO OWARI”
    http://i.imgur.com/5RoIDTY.jpg
    5RoIDTY

    オリコン 2017/2/3(金) 8:40
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170202-00000339-oric-ent

    - 続きます -

    【「水中、それは苦しい」「死んだ僕の彼女」「それでも世界が続くなら」曲名のような長いバンド名、なぜ増加?】の続きを読む

    images


    1: 名無し募集中。。。@無断転載は禁止 2017/03/22(水) 17:18:26.24 0
    どーすんのこれコバカス

    https://i.imgur.com/C1CUxlW.png
    C1CUxlW

    手抜き過去映像映画館ツアーとかTシャツ売ってる場合かよ

    【BABYMETALの人気が一時期の1/4まで急降下。3年前の水準まで堕ちる。 】の続きを読む

    ダウンロード (2)


    1: 47の素敵な(玉音放送)@無断転載は禁止 ©2ch.net(初段) 2017/03/22(水) 09:27:29.40
    しがみつく老害がいるから若手が前に出られない 
    アイドルとしての自覚ないメンバー多いし25才定年制を導入すべき 
     
    http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/664379/
    ――これから

    須田:SKEを卒業する気は全然ないです! 
    卒業できるほどタレント性もないし、今卒業しても、一瞬で消えちゃうと思う。
    須田亜香里として、いろんな経験をいろんな人から吸収して、
    成長したいなと思います。

    【SKE48 須田亜香里(26)「卒業してもすぐに消えるしまだまだ卒業する気は全然ない。」】の続きを読む

    ダウンロード


    1: イセモル ★@無断転載は禁止 2017/03/22(水) 00:39:00.87 ID:CAP_USER9
    バイオリニストの高嶋ちさ子(48)が、21日放送の日本テレビ系「火曜サプライズ3時間SP」(火曜・後7時)でスピリチュアリストでタレントの江原啓之(52)に悩みを相談した。

    高嶋は、昨年、子供のゲーム機をへし折ったことを新聞紙上で告白。直後にツイッターが炎上した。また、歯に衣着せぬ物言いで「キレキャラ」が定着した。

    高嶋は「どこに行っても怖いと言われる。DSを折って以来…。怖いイメージで見られる」と告白。DS“事件”について「うちのルールとして、平日はゲーム禁止。土日はやっていいという約束だった。仕事で帰ってこないことをいいことに、金曜の夜7時にゲームをしていた。突然、帰ってきて(2人の)顔がヤバイとなったけど、次やったら折るからと言っていたから、ウチは連帯責任なので、2人のDSをバキ、バキとやった」と振り返った。

    江原は「繊細な方。気づきも多い人。それが怒りに全部行く。分かっている人もいるからファンの方が多いわけ」と高嶋の性格を分析。さらに、穏やかになるためにはと聞かれ「バイオリンをもっていたほうがいい。ただ、心の安らぎと(これまでの)トラウマが両方出ちゃう。音楽を楽しんで」とアドバイスを送った。

    カキソースです|ω・)
    http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170321-OHT1T50093.html

    【高嶋ちさ子、“ゲーム機事件”後の悩みを江原啓之に告白。「どこに行っても怖いと言われる。」】の続きを読む

    このページのトップヘ