メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    ダウンロード (3)


    1: 砂漠のマスカレード ★@無断転載は禁止 2017/04/26(水) 20:40:57.40 ID:CAP_USER9
    フジテレビの新バラエティ番組『良かれと思って!』がスタート直後から、いきなり“終わり”を迎えている。なんと、「出演してくれるゲストがいない」という異常事態に陥っているのだ。

    水曜22時の同番組は、バカリズム、劇団ひとり、澤部佑(ハライチ)、カズレーザー(メイプル超合金)の4人が、芸能人に対して愛のあるダメ出しを“良かれと思って”ぶつけるトークバラエティ。
    しかし、4月19日放送の初回以降のキャスティングがまったく進んでいないことが先日発覚した。これは、いったいどういうことか。

    「どの芸能事務所に声をかけても、返事は『初回の放送を見てから判断する』というものだったようです。
    これはつまり、事務所としては所属タレントが出るメリットを感じられないどころか、イメージダウンも免れないと判断したということ。
    オファーに対して二の足を踏んだというわけです」(テレビ局関係者)

    こんな先行きが危うい番組を、なぜフジはスタートさせたのだろうか?

    「ズバリ、ほかに企画がないからです。同番組は1月5日の0~1時台という深夜に『良かれと思って言わせて頂きます!』というタイトルで放送されたスペシャル番組のレギュラー版。
    しかし、スペシャル番組がレギュラー化されるまでには、少なくとも4~5回は特番放送を繰り返してから判断されるのが通例ですが、今回の場合はたった一度放送されただけです」(同)

    しかも、1月放送の視聴率は2.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったという。それで「好評」と判断し、いきなり昇格に踏み切らなければならないほど、フジは追いつめられているのだろうか。

    「通常、番組編成は裏番組との兼ね合いはもちろん、前の番組との流れなど、緻密な計画の下で行われます。
    しかし、わずか3カ月でレギュラー化するフジに、そこまでの深い考えがあったとは思えません」(同)

    ●フジの危うい番組編成、放送作家から不満の声も

    ちなみに、このテレビ局関係者によれば、フジの番組編成は、各プロデューサーや編成マンから企画を募集し、それが良ければ即採用するというやり方だが、
    日本テレビの場合、仮にいい企画であっても、全体の編成から見てバランスが取れなければ保留にすることもあるという。

    http://dailynewsonline.jp/article/1304887/?page=2
    2017.04.26 20:01 ビジネスジャーナル

    【フジテレビの新番組がスタート直後に死亡。視聴率2%台で「好評」と判断して特番をレギュラー化→キャスティング難航の末期状態。】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: muffin ★@無断転載は禁止 2017/04/28(金) 16:56:44.84 ID:CAP_USER9
    https://mdpr.jp/news/detail/1682342
    2017.04.28 13:52

    ダウンタウンが司会を務めるTBS系の「水曜日のダウンタウン」の2時間スペシャルが26日放送され、壮大な“視聴者ドッキリ”が話題となっている。
    番組は、世の中のあらゆる“説”について検証していくというもので、この日も様々な説が検証されていった。

    番組終盤では「テレビに出てる人の声、実はモノマネ芸人がアテレコしていても誰も気づかない説」の検証をサバンナ高橋茂雄が提案したが、番組を通して検証はすでに“終わって”おり、
    高橋は「実はこの2時間スペシャルの頭から今までずっと、スタジオゲストの声をモノマネ芸人がアテレコしていた」ことを発表した。

    実は出演者のダウンタウン以外のゲストの声を全てモノマネ芸人がアテレコしており、松嶋尚美をみかん、天龍源一郎を河口こうへい、アンガ―ルズ田中をデルピエロ山口、YOUをミラクルひかる、ロッチコカドをむらせが担当していた。

    番組の最後にネタばらしされた視聴者からは「世にも奇妙な物語見た後みたいなゾワゾワ感」「なんか鳥肌がたった」「2時間も騙されてたなんて…」「参りました」「これは良い企画だった!」など驚きと称賛の声が多数あがった。
    また、番組のオープニングには伏線がはられており「voice of truth」、「kizukukana」(気付くかな?)などの単語もさりげなく放送されていた。
    (modelpress編集部)

    【「水曜日のダウンタウン」の壮大な“視聴者ドッキリ”が秀逸。】の続きを読む

    ダウンロード (2)


    1: ニライカナイφ ★@無断転載は禁止 2017/04/28(金) 20:56:24.34 ID:CAP_USER9
    「ラブ注入」のネタでブームになった芸人で、整体師としても活動する楽しんごが28日、都内で行われたabegakk(アベガク)のメジャーデビュー記念イベントに出席し、近況を語った。
    2009年から11年ごろにテレビ出演が多かったころは62キロだった体重が、営業先の接待で84キロに、22キロも激太りしてしまったと恥じらいながら告白した。

    さらに、著名人が自身の失敗を振り返り、教材にするテレビ朝日系「しくじり先生 俺みたいになるな!!」に出演予定だったが、“お流れ”になってしまったこともぶちまけた。
    ボイストレーナーやインディーズ歌手として活動していたabegakkの応援団として登場し「お久しぶりでーす」とあいさつ。芸能界の生き残り方法を問われると「僕はすでに生き残ってないので。すいません!適当にマッサージと一緒にやってます」と自虐的に近況を報告した。

    音楽活動も行っているというが、実際は経済的には困ってはいない様子で、お腹まわりにはたっぷりと脂肪がつき、全体的にたくましい体つきになっていた。
    太ったことを指摘されると「結構、意外といい生活しておりまして。おいしいものばっか食べちゃってすいません。接待されたりとか。“夜のドドスコ”です」と懐かしのギャグ“ドドスコ”を織り交ぜながら、営業先などで歓待を受けていることを告白。
    さらに、「マッチョになりたくて」加圧トレーニングにも励んでいるといい、「運動した後に『すき家』の牛丼、メガ盛り食べちゃう」と肉がどんどんついてしまった理由を打ち明けた。

    13年には付き人とされる男性への傷害事件を起こし、書類送検された。
    後に不起訴処分になったとはいえ、この不祥事も影響し表舞台で見かける機会はめっきり減った。

    こうした経緯から、不祥事や失敗を経験した有名人から教訓を学ぶ「しくじり先生!!」への出演希望を公言し、一度は決まっていたというが「キャンセルになっちゃいました。
    上層部に言ったらだめだって(言われた)」と、上層部が何を指すのかまでは語らなかったが、裏話も自ら暴露していた。

    写真:接待漬けなどで体重が22キロ増量したという楽しんご=東京・池袋
    http://i.imgur.com/sZVgy0V.jpg
    sZVgy0V

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170428-00000088-dal-ent

    【楽しんごが激太り(?)で『しくじり先生』出演お流れ。「上層部に言ったらダメだって。」】の続きを読む

    images


    1: 名無しさんのみボーナストラック収録 2016/12/11(日) 20:19:51.34 ID:dseMTZGk0
    ボーカルはハイトーンも出ないしデス声もできねえし
    ドラムの禿げチビもブラストビートすら叩けないんしょ?
    この時点でメタル失格じゃんw

    【先輩、メタリカはいつ頃から駄目になったんすか?】の続きを読む

    images (1)


    1: 名無し募集中。。。@無断転載は禁止 2016/12/04(日) 14:37:42.30 0
    おっさん+ださい服装+派手な推しメンカラースニーカー

    この組み合わせが本当に気持ち悪い

    【現場でピンクとか紫とか黄色とかの推しメンカラースニーカー履いてる三十路過ぎの気持ち悪いドルヲタおっさん達すげー気持ち悪い。】の続きを読む

    images


    1: 砂漠のマスカレード ★@無断転載は禁止 2017/04/20(木) 16:22:52.65 ID:CAP_USER9
    歌手の久保田利伸が19日、都内で行われたNetflixオリジナルドラマ『ゲットダウン』のスペシャルトークショーに登場。
    ドラマの魅力や米ニューヨークでのエピソードなどを語った。

    本作は、『ロミオ+ジュリエット』『ムーラン・ルージュ』『華麗なるギャツビー』などで知られる映画監督バズ・ラーマン初のドラマシリーズで、
    70年代後半のニューヨークを舞台に、"新たなダンス・ムーヴメント"誕生の瞬間を5人の若者たちの成長を通して描いた音楽ドラマ。
    4月7日よりパート2が全世界で配信開始となった。

    日本のR&B界のパイオニアである久保田は、ドラマの舞台であるニューヨークを拠点に活動した期間も長く、登場人物たちとは同年代。
    この日もイベントに出演するためにニューヨークから駆けつけ、「何と言ってもタイトルがいい。
    "ゲットダウン"は自分の曲の中でもよく使う言葉」「ヒップホップ、ブレイクダンス、ラブストーリーもあるし、僕の好きなものばっかり出てくる」とドラマの魅力を熱く語った。

    登場人物たちのように若い頃はディスコに通っていたそうで、「30年以上前、どこの場所に行ってどんなお店だったか覚えてないんですが、当時はよく行きました。
    渋谷や六本木など、週1回は行って、オープンの19時くらいから閉店までずっといました」と回顧。
    「踊っているのが好きだし、仲間といて楽しいし、帰りたくなかった感じでした」と振り返った。

    ニューヨークで撮影した自身の写真を紹介しながらエピソードも披露。
    治安の悪いエリアもあり、危ない目に遭ったことも「いっぱいありました」と話し、「お巡りさんと泥棒がチェイシングしていて足元にピストルが転がってきた」と笑いながら明かした。
    そんなニューヨークでの活動について、「好きなもの…ソウル、R&B、ブラックミュージックの本場だから大変なことは決まっている。勇気、覚悟がないと」と話した。

    さらに、ニューヨークでの成功を夢見る人たちへのアドバイスを求められると、「勇気をもっていろんな人とコミュニケーションを」と答え、具体的に「パーティーに行くこと」と説明。
    「日本の100倍くらいある。僕は嫌いだったけど、もっとパーティーに出ていればもっとスムーズにいったかもしれない」と自身の経験からアドバイスした。

    http://news.livedoor.com/article/detail/12959157/
    2017年4月20日 7時0分 マイナビニュース

    http://image.news.livedoor.com/newsimage/5/6/56ba9_1223_e918292c_cb0b003e.jpg
    56ba9_1223_e918292c_cb0b003e

    https://www.youtube.com/watch?v=aEcUeMIEbiA


    久保田利伸 『Missing』

    https://www.youtube.com/watch?v=5wCC02E3w3c


    久保田利伸 『LA・LA・LA LOVE SONG』

    【久保田利伸が伝授。ニューヨークで成功するには「パーティーに出ろ。」】の続きを読む

    ダウンロード
    images (1)


    1: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2017/03/06(月) 09:07:00.76 ID:Ur2kaPc30
    ■鬼束ちひろ(19)
    I am GOD'S CHILD
    この腐敗した世界に堕とされた
    こんなもののために生まれたんじゃない

    突風に埋もれる足取り
    倒れそうになるのを
    この鎖が 許さない

    ■西野カナ(27)
    5分おきに鳴る目覚まし お願い寝かせてもう少し
    まだ眠いしテレビも見たいしお腹すいた (Good morning!)
    スマホを片手にコーヒー 気づけばヤバいもう8時
    よっしゃ!駅まではダッシュするしかない

    愛とか恋とかラララララ
    気になる彼は彼女がいた
    ドンマイ ドンマイ  これも運命

    I say, がんばれ私! がんばれ今日も
    「行ってきます」「行ってらっしゃい」

    【・鬼束ちひろ(19)「I am GOD'S CHILD この腐敗した世界に堕とされた」 ・西野カナ(27)「愛とか恋とかラララララ」】の続きを読む

    このページのトップヘ