メタルは負けず嫌い

音楽関係を中心とした、エンタメ関連まとめブログ。

    ダウンロード (1)


    1: 47の素敵な(dion軍)@無断転載は禁止 ©2ch.net (ワッチョイW 3b66-QBEf) 2017/09/24(日) 11:10:34.38 ID:wOhJglTa0
    AKB全盛期の推されがどうしてこうなった… 

    金澤有希♡(GEM) @GEM_yuki_ist
    今日24日の配信です♡
    ライブの為予定になります
    なるべくこれで出来るように頑張ります!!

    さっそく5分後1枠目スタートです♡
    本気です!頑張ります!
    http://pbs.twimg.com/media/DKa1Fl1VAAA9mcS.jpg 
    DKa1Fl1VAAA9mcS

    【元AKB10期・金澤有希がSHOWROOMの地下アイドルイベントに必死過ぎて泣ける… ・゚・(ノД`;)・゚・】の続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: muffin ★@無断転載は禁止 2017/09/22(金) 20:30:29.18 ID:CAP_USER9
    http://natalie.mu/music/news/249774
    2017年9月22日 16:55

    小西真奈美がシンガーソングライターとしてのデビュー作「I miss you」を明日9月23日にAppleMusic、iTunes Storeにて配信リリースする。

    2016年6月に発売された、東京・池尻大橋の制作&リハーサルスタジオ・大橋マンデーナイトスタジオのトリビュートアルバム「monday night studio session」に参加し、KREVAの楽曲「トランキライザー」をカバーした小西。
    彼女にとって本人名義での初のオリジナル作品となる「I miss you」には、自身が作詞作曲をしたオリジナル楽曲4曲が収録される。
    なおサウンドプロデュースはKREVA、マスタリングはThe Chainsmokersなどの作品を手がけるクリス・ジェイリンガー(STERING SOUND)が担当した。

    iTunes Storeではアルバム購入者特典として小西のセルフプロデュースによるデジタルフォトブックがプレゼントされる。

    小西真奈美 Indies Debut EP 「I miss you」teaser 1
    https://youtu.be/kTfePSUWZhc



    http://cdn2.natalie.mu/media/1709/0922/extra/news_xlarge_konishimanami_jkt20170923.jpg 
    news_xlarge_konishimanami_jkt20170923

    【女優・小西真奈美が"戦慄"のシンガーソングライターデビュー。サウンドプロデュースはKREVA。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: シャチ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/09/21(木) 23:55:06.79 ID:CAP_USER9
    9/21(木) 10:23配信 ロイター
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170921-00000030-reut-eurp
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20170921-00000030-reut-000-1-view.jpg

    [ロンドン 20日 ロイター] - ビートルズの故ジョン・レノンの妻でアーティストのオノ・ヨーコさんが、レノンさんの名前をもじった
    「ジョン・レモン」の銘柄の飲料を英国で発売したポーランドの飲料メーカーに対し、商標権侵害だと抗議し、
    法的措置も辞さない姿勢を示した。

    オノ・ヨーコさんの担当弁護士らは、販売店向けに、商標権を侵害した場合1日に5000ユーロ(約67万円)、
    1本販売するごとに500ユーロの支払いを請求される可能性があると警告。これを受け、
    飲料メーカーは銘柄名を「オン・レモン」に変更することに同意した。

    オノさんの弁護士は「ジョン・レモン・アイルランド」のフェイスブック投稿にレノンさんの画像が含まれていると指摘している。
    また、宣伝資料に書かれたブランドロゴの横には「レット・イット・ビー」の文字や、丸メガネが添えられている。

    飲料メーカー側の弁護士は権利侵害はなかったとし、ジョン・レモンの商標はジョン・レノンの商標が
    欧州連合(EU)に登録される2年前の2014年に登録済みとしている。 

    2017/09/21(木) 10:33:16.85
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1505957596/

    【オノ・ヨーコさん「ジョン・レモン」の飲料名は商標権侵害と抗議。】の続きを読む

    ダウンロード (2)


    1: 湛然 ★@無断転載は禁止 2017/09/22(金) 22:07:14.91 ID:CAP_USER9
    2017.9.21 木曜日

    セックス・ピストルズ、40周年を記念して『勝手にしやがれ!!』の35周年盤が再発されることに

    セックス・ピストルズの名作『勝手にしやがれ!!』のデラックス・エディションがリリースから40周年を記念してリリースされるという。

    オリジナルのアルバムは1977年の10月28日にリリースされており、バンドにとって唯一のスタジオ・レコーディング・アルバムとなっている。リリース時は多くのレコード店が入荷を拒否したことで知られている。

    ユニバーサル・ミュージックは廃盤となっていた2012年リリースのデラックス・エディションが10月27日に再度リリースすることを発表している。

    ボックス・セットはCD3枚組+DVDで、オリジナル・アルバムを収録したディスク1、Bサイドとアウトテイクを収録したディスク2、ライヴ音源を収録したディスク3に加え、
    DVDにはテムズ川で行った船上ライヴならびにペンザンスのウィンター・ガーデンズやストックホルムのハッピー・ハウスでのパフォーマンスが収録されている。

    (中略)

    商品のトラックリストは以下の通り。

    Disc 1 - Never Mind The Bollocks

    1. Holidays In The Sun
    2. Bodies
    3. No Feelings
    4. Liar
    5. God Save The Queen
    6. Problems
    7. Seventeen
    8. Anarchy In The UK
    9. Submission
    10. Pretty Vacant
    11. New York
    12. EMI

    >>2以降につづく)

    http://nme-jp.com/nmesite/wp-content/uploads/2017/09/SexPistolsGettyImages-86118378-720x457.jpg
    SexPistolsGettyImages-86118378-720x457

    http://nme-jp.com/news/43677/

    【セックス・ピストルズ、40周年を記念して『勝手にしやがれ!!』の35周年盤が再発されることに。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 湛然 ★@無断転載は禁止 2017/09/22(金) 21:40:17.42 ID:CAP_USER9
    2017.09.22 18:20

    ザ・ビートルズ、リンゴではなくジョンがボーカルの“What Goes On”未発表デモ音源がオークションに

    ザ・ビートルズの1965年のアルバム『ラバー・ソウル』の収録曲、“What Goes On”の未発表デモ音源がeBayに出品された。

    “What Goes On”は『ラバー・ソウル』の収録曲としてはリンゴ・スターがリード・ボーカルを務めているが、今回出品されているデモ音源では、リリースされた歌詞とは異なる歌詞をジョン・レノンが歌っている。

    (中略)

    オークション出品元の広報担当者によると、このデモ音源ではジョン・レノンがアコースティック・ギターを弾きつつ歌い、ポール・マッカートニーがコーラスを務めているという。


    https://rockinon.com/news/detail/167397

    【ザ・ビートルズ、リンゴではなくジョンがボーカルの“What Goes On”未発表デモ音源がオークションに。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: きゅう ★@無断転載は禁止 2017/09/22(金) 19:11:07.56 ID:CAP_USER9
     還暦を過ぎても、公私にわたっていまだ一線に立ち続けるお笑い芸人・明石家さんま(62)に新たなロマンスが持ち上がった。人気アナウンサーのカトパンこと加藤綾子(32)とのニューヨークデートを9月21日発売の『女性セブン』(小学館)が報じた。ニューヨークの人気レストランで食事をともにした2人。人目を気にせず笑いが絶えない時間を満喫していたという。

    「加藤はフジテレビ入社2年目の2009年、さんまがMCを務める『ホンマでっか!?TV』のアシスタントに大抜擢。当時はまだ初々しかった加藤が、大御所のさんまが繰り出す下ネタ含みのイジりを器用に対応。当代一のアナウンサーとしてのしあがっていくきっかけとなりました」(テレビ局関係者)

     4月の『さんまの番組向上委員会』(フジテレビ系)で共演した際は、加藤の先輩の高橋真麻(35)が、フジテレビとさんまとの連絡役を加藤が務めていることを暴露。男女の関係を疑う出演者たちのツッコミに加藤は笑顔で交際を否定し、さんまはうなだれる一方だった。

     今回の『女性セブン』の報道でも、2人が偶然ニューヨークに居合わせていることを知ったスタッフが、気を利かせてセッティングしたまでで、交際含みの密会というわけではないと指摘している。とはいえ、2人の関係が今後進展する可能性も否定できない。

    ■カトパンが語っていた「さんまへの信頼感」
     芸能誌記者が指摘する。

    「加藤は最も尊敬するタレントにさんまを挙げており、2人は強い信頼関係に結ばれています。さんまは前妻の大竹しのぶ(60)や石原真理子(53)らをものにしてきた共演者キラー。加藤の先輩の八木亜希子(52)とも噂になったことがあります。また、加藤もメジャーリーガーのダルビッシュ有(31)らとも浮名を流す肉食系女子。波乱含みとも言えます」

     2人の年の差は30歳。親子ほど年の離れた2人がゴールインするという“ホンマでっか!?”な日が訪れるのか、俄然注目される。

    文・鈴木雄二(すずき・ゆうじ)
    >>1977年、神奈川県出身。全国紙社会部に在籍し、警察・検察などの事件取材や、ブラック業界、芸能界などの分野を幅広く取材している。主な著書に「警察のすべて」(宝島社刊・共著)がある。

    https://news.infoseek.co.jp/article/dailynewsonline_1356916/

    【明石家さんま&カトパンに30歳差愛?ニューヨーク密会デートの目撃談が浮上。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 砂漠のマスカレード ★@無断転載は禁止 2017/09/18(月) 21:11:30.20 ID:CAP_USER9
    6月に『しゃべくり007』に出演、突然の“バラエティ進出”が話題を集めている歌手の浜崎あゆみ(38)だが、彼女のニュースといえば凋落ぶりが報じられることが多い。
    ここ最近注目されている“激太り”に関しては、ネット上だけでなく業界関係者も炎上騒動に巻き込まれていたのだという。

    ライブツアーでの様子や、『ミュージックステーション』出演時の様子が、「あきらかに別人」「まるで小向美奈子(32)のよう」と言われていたものだった。

    「本人も体型は相当気にしているようで、夏頃から本格的なダイエットを決行。
    その甲斐もあってか、今では全盛期とまるで変わらないプロポーションを取り戻しているのですが、
    ほんの一瞬とはいえ『あゆが激太り』と話題になったことが、本人的には許せなかったようです」(芸能プロ関係者)

    この時期、浜崎は各メディアに対しても、激太りを連想させる伝え方をしないよう、徹底して圧力を敷いていたのだという。

    ■浜崎あゆみの取り巻きが”番宣用VTR”にもクレーム?

    芸能記者が語る。

    「顕著だったのは、あるテレビ番組に出演した際、番宣用に撮り下ろししたVTRが『太って見える』とクレームを入れてきたこと。
    また、雑誌のグラビアに関しても『ルックスをバカにされた』と騒ぎ出し、所属事務所の幹部が猛クレームを入れてきた、という話も耳にしました。
    彼女がSNSにアップしている写真は『加工のしすぎ』と批判されている浜崎ですが、雑誌やテレビの映像にまで文句をつけるなら、そもそも公の場に出てこなければいいだけの話。
    その裏で、一瞬でダイエットに成功して元の姿を取り戻すという部分だけは、賞賛に値すると思いますが……」

    こうして“激太り”の話題も、体型を再び戻してほんの一瞬にしてなかったことに昇華させる浜崎。
    願わくば、再びこうした事態が発生してしまわぬよう、こと外見の変化に関しては今後も自ら注意を払ってほしいものだが……。

    http://dailynewsonline.jp/article/1356185/
    2017.09.18 19:00 デイリーニュースオンライン

    【浜崎あゆみの”激太り”が業界内で波紋?番宣VTRにも関係者が苦慮。】の続きを読む

    ダウンロード (2)


    3: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2017/09/14(木) 22:24:14.67 ID:HTI3xChw0
    桃乃木かな @Kana_Momonogi
    西台二郎????

    ラーメン+青ネギ+玉子

    本当は金曜限定の油そばを狙ってたんだけど明後日はお仕事なのでまたの機会に...!

    でも久々の西台、安定に美味しすぎたなぁ??
    珍しくトッピングで追加した青ネギの風味が加わって爽やかに!でも脂と豚の甘さは健在でした????

    ご馳走様でした????
    http://pbs.twimg.com/media/DJrxW2HV4AMBTJV.jpg
    DJrxW2HV4AMBTJV

    http://pbs.twimg.com/media/DJrxW2GU8AEv1rA.jpg
    DJrxW2GU8AEv1rA

    http://pbs.twimg.com/media/DJrxW2IV4Ac3ndT.jpg
    DJrxW2IV4Ac3ndT

    http://pbs.twimg.com/media/DJrxW2GUEAAppeN.jpg
    DJrxW2GUEAAppeN

    https://twitter.com/Kana_Momonogi/status/908303667698089989

    桃乃木かな @Kana_Momonogi
    からの西台駅前でミスタードーナツ??
    と、スタバのほうじ茶フラペチーノが飲みたくてスタバに行ったら明日からだった_(:D 」∠)_??笑
    http://pbs.twimg.com/media/DJryy_TUMAAmaR5.jpg
    DJryy_TUMAAmaR5

    http://pbs.twimg.com/media/DJryy_dUMAA-VH9.jpg
    DJryy_dUMAA-VH9

    https://twitter.com/Kana_Momonogi/status/908305246128021505

    【恵比寿マスカッツの桃乃木かなさん、ラーメン二郎西台駅前店で完食した後、ミスタードーナツを食べる。】の続きを読む

    ダウンロード


    1: アンドローラ ★@無断転載は禁止 2017/09/09(土) 21:58:14.18 ID:CAP_USER9
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170909-01392380-sspa-soci

    <文/山野車輪 連載第2回>

    ◆ジャパメタが2ちゃんで話題に

     前回の記事「今や世界が熱狂する「ジャパニーズ・メタル」 長らく押し込められた暗黒の時代を振り返る」にはたくさんの反響をいただいた。
    2ちゃんねるでもスレッドが立ち、BABYMETALやX JAPANだけでなく、LOUDNESS、ANTHEM、聖飢魔II、VOW WOW、SHOW-YA、浜田麻里など、
    さまざまなアーティストの名が飛び交い、筆者としても嬉しいかぎりです。

     ところでジャパメタ・リスナーには、LOUDNESSやX JAPANはともかく、JAM Project、DIR EN GREY、BABYMETALまでも
    “ジャパニーズ・メタル”(“ジャパメタ”)に含めることに違和感を感じた人もいるかもしれない。

     というのも、“ジャパメタ”という言葉には、特有の音像が内包されているからである。
    それは、LOUDNESSやEARTHSHAKER、浜田麻里、ACTION!、BLIZARDなどの80年代に活動していたバンドやアーティストによって構築されたあの時代の音であったり、
    歌謡曲に通ずる臭いメロディ(「クサメロ」と称される)や、海外のRainbow、イングウェイ・マルムスティーン、
    HELLOWEENなどのメロディアスなHR/HM(ハードロック/ヘヴィメタル)を、ジャパメタの典型的フォーマットと考えてきただろうからだ。

     80年代に活動を開始し、歌謡曲のエッセンスが混ざったデビュー当時のX(X JAPAN)の「紅」や「X」などの楽曲は、ジャパメタの典型的フォーマットと言える。
    この頃のインディーズ・メタルには、ホントにクサい楽曲を持つバンドが少なくなかった。

     世界デビュー以降のLOUDNESSや、本格派ハードロックのVOW WOWは、80年代ジャパニーズ・メタルの中心バンドでありながらも、洋楽ヘヴィメタルっぽすぎて、
    “ジャパメタ”という言葉はあまり似合わないし、00年代以降登場したバンドも同様に似合わない。だが、この際、言葉のイメージとは関係なく、本連載では、日本のヘヴィメタルであれば、とりあえず“ジャパメタ”ということにしたい。

    ◆♪BABYMETAL DEATH、♪X……テーマ曲を持つジャパメタ・バンド

     BABYMETALは、コンサートにて「We Are BABYMETAL!」と叫んでいる。これはX JAPANのコンサートでの「We Are X!」のオマージュであることは言わずもがなだろう。
    この「We Are X!」は、X JAPANのドキュメンタリー映画『WE ARE X』のタイトルにも使用されており、また彼らのインディーズ時代には同名の楽曲もあった。
    YOSHIKIメロディが炸裂しつつも、IRON MAIDENのニオイも感じさせ、今からでも新録でリリースしてほしいくらいの美味しい楽曲だ。

     そしてジャパメタの黎明期には、X JAPANの他にも、大阪出身のヘヴィメタルバンド魔女卵(まじょらん)が「We Are 魔女卵」というバンドのテーマ曲を持っていた。
    この楽曲は、ジャパメタラーにとって重要な実写映画『魔女卵』(1984年)のオープニングテーマにもなっている。
    余談ではあるが、同映画のキャッチコピーは“ツッパリ魂+OSAKA=ヘヴィ・メタル・キッズ”というもので、
    その内容は、関西のライヴハウス“BAHAMA”を舞台に、ロックバンドのメンバーに恋したツッパリ少女が奔走する青春ツッパリメタルモノ(なんじゃそりゃ……)だった。

     話がそれたが、今回は黎明期のジャパメタ・バンドの多くがバンドのテーマ曲を持っていたという話を紹介したい。

     BABYMETALは「BABYMETAL DEATH」、X JAPANは「X」という楽曲を持っている。
    ほかには、Earthshakerの「EARTHSHAKER」、ACTION!の「ACTION! 100,000VOLT」、BLIZARD「BLIZZARD」、
    ANTHEMの「WILD ANTHEM」、聖飢魔IIの「The end of the Century」などがこれに当てはまる。

     おそらく、日本のヘヴィメタルの始祖であるLOUDNESSが、デビュー・アルバム『THE BIRTHDAY EVE ~誕生前夜~』(1981年)の1曲目に、
    「LOUDNESS」というナンバーを入れていたから、後続バンドらもそのフォーマットに則ったのではないだろうか。

    【ジャパニーズ・メタルバンドが“自身のバンドのテーマ曲”を持っているワケ――「BABYMETAL DEATH」「X」「LOUDNESS」…】の続きを読む

    ダウンロード


    1: 湛然 ★@無断転載は禁止 2017/09/21(木) 21:52:18.78 ID:CAP_USER9
    2017/09/21

    スーパーカー アルバム5枚のアナログ盤順次リリース

     スーパーカーのデビュー20周年を記念して、オリジナルアルバム5枚のアナログ盤が順次リリースされる。

     1997年9月21日、スーパーカーはシングル『cream soda』でデビュー。天性のポップセンスと卓越したソングライティング、そして斬新な言語感覚を持ち、後期はバンドサウンドにエレクトロテイストを取り入れるなど、
    アルバムをリリースするごとに飛躍的な変化を遂げて行った彼らだが、2005年2月26日のラストライブをもって解散した。

     アナログ盤リリース第一弾は轟音ギターバンドとして鮮烈な印象を残し、新しい時代の幕開けを感じさせた1stアルバム『スリーアウトチェンジ』。リマスタリング、カッティングには世界的名匠、バーニーグランドマンを起用。
    本作は2017年10月25日にリリースとなり、ハイレゾ配信も同時に開始される。

     第二弾は2ndアルバム『JUMP UP』と3rdアルバム『Futurama』で、12月20日にリリース予定。以降4thアルバム『HIGHVISION』と5thアルバム『ANSWER』は2018年初頭にリリースを予定している。


    ◎リリース情報
    アルバム『スリーアウトチェンジ』
    2017/10/25 RELEASE
    <完全生産限定盤(LP)>MHJL-23~24 / 5,000円(tax out.)
    ※スリーアウトチェンジ特製ステッカー封入
    ※ハイレゾ同時配信

    【Side A】
    01.cream soda
    02.(Am I)confusing you?
    03.smart
    04.DRIVE
    05.Greenage
    06.u

    【Side B】
    01.Autmatic wing
    02.Lucky
    03.333
    04.Top 10
    05.My Way
    06.Sea Girl

    【Side C】
    01.Happy talking
    02.Trash & Lemmon
    03.PLANET
    04.Yes.
    05.I need the sun

    【Side D】
    01.Hello
    02.TRIP SKY

    >>2以降につづく)


    http://www.billboard-japan.com/common/sys/img/news/00000055/55643/image.jpg
    image

    http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/55643/2

    【スーパーカー、アルバム5枚のアナログ盤順次リリース。】の続きを読む

    images


    1: 砂漠のマスカレード ★@無断転載は禁止 2017/09/17(日) 18:57:30.61 ID:CAP_USER9
    女優で歌手の南野陽子(50)が17日放送の日本テレビ系「チカラウタ」(日曜・後5時)に出演し、人生を変えた歌について語った。

    17歳でスカウトされデビューしたが、「興味がなくて断ろうと思っていた」と南野は当時を振り返った。
    テレビ番組の観覧で訪れた際に、カメラマンから誘いを受けたという。
    そんなタイミングで良く聞いていたのが松田聖子の「Rock’n Rouge」で、南野は「お声かけしてもらった時に、毎日、この曲がかかってきて…。
    想像がふくらんで聞くたびに、私はどんな歌を歌えるんだろうなと思うようになった」と芸能界デビューに導いてくれた曲だったと説明した。

    斉藤由貴、中山美穂、本田美奈子、おニャン子クラブと同期だった南野は、
    もっとも忙しい時は睡眠が3時間程度で「学校の前だったり、次の撮影場所に車に行って(車の中で)寝ていた。家には10か月帰らなかったことも…」と話した。

    今でも「Rock’n Rouge」が南野の“チカラウタ”になっているという。
    「仕事を辞めたいことも、人生を辞めてしまおうかと思ったこともありましたけど、車の中で(この曲を)聞いたりして、あのときの自分の思いに戻って、切り開くことが大事、“よし、頑張ろう”と思えた」と話した。

    歌手活動再開について問われると、「32年間(芸能活動を)やってきて、歌を歌ったのは4年ちょっと。
    でもそう言われるのならば、アイドルはちょっと無理だけど、歌は関わっていきたい」と歌手活動への意欲を見せていた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13625818/
    2017年9月17日 18時15分 スポーツ報知

    http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/0/a/0abc0_60_6f0bd3f5977b306296e048f78e453c6c.jpg
    0abc0_60_6f0bd3f5977b306296e048f78e453c6c

    https://www.youtube.com/watch?v=zWuJdLWd7Rc


    楽園のDoor 南野陽子

    https://www.youtube.com/watch?v=7tYE9pc6eNs


    南野陽子 さよならのめまい (1985)

    https://www.youtube.com/watch?v=Tg4WHwphhTU


    秋からもそばにいて

    https://www.youtube.com/watch?v=X9a_Ec5Jwxo


    南野陽子 秋のIndication

    【南野陽子、アイドル・デビューのきっかけは松田聖子だった? 】の続きを読む

    images


    1: ジョーカーマン ★@無断転載は禁止 2017/09/20(水) 17:38:52.37 ID:CAP_USER9
    元AKB48でタレントの小嶋陽菜(29)が19日のInstagramにセクシーで刺激的な画像を投稿した。
    「チェリーパイきゃあ」「すごい! マシュマロみたい!」と大きな反響を呼んでいる。

    今月2日に放送されたフジテレビ系『有吉の夏休み2017密着77時間inハワイ 過去最多!芸能人15人で海、風、グルメを大満喫したら笑顔がこぼれすぎちゃったSP』で、大胆な水着を披露していた小嶋陽菜。
    同番組に出演していた田中卓志(アンガールズ)は、8月30日放送のラジオ番組『アッパレやってまーす!』で「こじはるの水着、オッパイ7割くらい出てた」と興奮気味に報告していた。
    小嶋は今年4月にAKB48を卒業してから、より大胆な露出が増えてきているようだ。

    今回の『Haruna Kojima nyanchan22 Instagram』で披露したのは鼻から下、胸の部分が大写しになった写真だ。
    真っ白な肌が眩しい胸の谷間にはさくらんぼが一つあり、キャミソールがベージュピンクと肌に近い色のためか妙に艶かしい。

    フォロワーもこの写真には驚いたようで「悩殺されました!」「女が見てもうっとりします」「えろいきれいかわいいよ」「美しすぎてLINEの背景にしました」などのコメントが殺到している。
    その一方で「こんなことあまりしないでほしいな」「ん~、なんか違う」と小嶋陽菜のセクシー路線に抵抗を示す声も見受けられた。

    http://news.infoseek.co.jp/article/japantechinsight_426158/

    小嶋陽菜がセクシーショット公開
    http://scontent-sjc2-1.cdninstagram.com/t51.2885-15/e35/21879399_169169636992698_4508786277121785856_n.jpg
    21879399_169169636992698_4508786277121785856_n

    http://pbs.twimg.com/media/DJwAdPuUEAAEHUN.jpg
    DJwAdPuUEAAEHUN

    元AKB48 小嶋陽菜
    http://pbs.twimg.com/media/DH4SKYLWsAAjZNy.jpg
    DH4SKYLWsAAjZNy

    http://pbs.twimg.com/media/DIuhMwiUwAAMqWe.jpg
    DIuhMwiUwAAMqWe

    http://pbs.twimg.com/media/CA88ER7UgAAoSeQ.jpg 
    CA88ER7UgAAoSeQ

    【小嶋陽菜のセクシー大胆ショットに「こんなことあまりしないで。」】の続きを読む

    このページのトップヘ